朋誠堂喜三二

その他のカテゴリー

– 「喜三二(⇒朋誠堂喜三二)」

-朋誠堂喜三二とは?- 朋誠堂喜三二は、1895年に創業した眼鏡の老舗。 創業者は、三村喜三二氏。 三村喜三二氏は、東京府下葛飾郡小菅村(現東京都葛飾区小菅)に生まれ、幼い頃から眼鏡に親しみ、18歳で眼鏡店に奉公して眼鏡製作の技術を学びました。 1895年に、東京・神田に「喜三二眼鏡店」を開業。 以来、眼鏡の製造・販売事業を展開し、現在では国内に約100店舗、海外に約40店舗を展開しています。 朋誠堂喜三二は、眼鏡の老舗として知られており、高い品質と優れたデザインの眼鏡を数多く取り揃えています。 また、眼鏡の調整や修理などのアフターサービスも充実しており、多くのお客様から支持されています。 朋誠堂喜三二の眼鏡は、日本人の顔の形状に合わせて設計されており、掛け心地のよさが特徴です。 また、フレームには、チタンやアセテートなどの高品質な素材を使用しており、耐久性にも優れています。 朋誠堂喜三二の眼鏡のデザインは、シンプルで上品なものが多く、ビジネスシーンやフォーマルな場面にも適しています。 また、カジュアルなシーンに適したデザインの眼鏡も数多く取り揃えています。
作家

浅黄裏成(朋誠堂喜三二)について

-浅黄裏成(朋誠堂喜三二)とは- 浅黄裏成(あさぎうらなり)とは、朋誠堂喜三二作の浮世絵の一種です。朋誠堂喜三二は、江戸時代後期の浮世絵師で、歌川国芳の門人として知られています。 浅黄裏成は、喜三二が1840年頃に描いた作品で、お化けが描かれた浮世絵です。お化けは、黄色の着物を着ており、顔は骸骨のような姿をしています。お化けの周りには、黒い髪の毛のようなものが無数に生えており、お化けの口からは牙のようなものが突き出ています。 浅黄裏成は、喜三二の作品の中でも最も有名な作品の一つであり、多くの浮世絵ファンに愛されています。作品は、現在も東京国立博物館に所蔵されており、一般公開されています。 浅黄裏成は、そのお化けの恐ろしい姿が印象的な作品であり、浮世絵の持つ独特の雰囲気を味わうことができる作品です。また、喜三二の浮世絵師としての才能を垣間見ることができる作品でもあります。
その他のカテゴリー

「手柄岡持」とは?

「手柄岡持」という雅号を持つ人物は? 「手柄岡持」という雅号を持つ人物は、歌川国芳です。歌川国芳は、江戸時代後期の浮世絵師で、3代歌川豊国、歌川豊国の弟子「白鵬堂国芳」として活躍しました。 歌川国芳は、1797年に江戸に生まれました。1811年に3代歌川豊国に入門し、1814年に「白鵬堂国芳」として独立しました。その後、1825年に歌川国芳を名乗るようになりました。 歌川国芳は、浮世絵の様々なジャンルで活躍しましたが、特に歴史画や武者絵を得意としました。その作品は、躍動感あふれる筆致と、大胆な構図が特徴です。 歌川国芳は、1861年に江戸で亡くなりました。享年65歳でした。 歌川国芳は、浮世絵史上最も偉大な浮世絵師の一人として知られています。その作品は、世界中の美術館やコレクターに所蔵されています。