朝山梵灯庵

歴史上の偉人

真下満広 – 室町時代の武士と連歌師

-真下満広の生涯と活躍- 真下満広は、生年は不詳だが、永禄10(1567)年頃に亡くなったと推測される。摂津国の出身で、室町時代の武士であり、連歌師でもあった。 満広は、室町幕府第15代将軍足利義昭の家臣として仕えた。足利義昭が京都を追われた後は、織田信長に仕え、近江国守護代となった。天正10(1582)年の本能寺の変で信長が亡くなった後は、羽柴秀吉に仕えた。 真下満広は、連歌師としても知られていた。天文17(1548)年には、連歌師宗祇の塔所、京都市東山区の塔頭蓮華寺に「蓮華寺奉納之歌」をした。また、満広は「真下満広連歌集」という連歌集も残している。 真下満広は、室町時代の武士として活躍しただけでなく、連歌師としても名を馳せた人物であった。その功績は、現在でも語り継がれている。
作家

信永 – 南北朝・室町時代の連歌師

- 信永 - 南北朝・室町時代の連歌師 -# 二条良基や朝山梵灯庵に学ぶ 信永は、南北朝・室町時代の連歌師です。慶長16年(1411年)に生まれ、永享3年(1431年)に21歳で没しました。京都の人で、二条良基や朝山梵灯庵に連歌を学びました。連歌師としては、応永28年(1421年)に「曽我物語」を題材とした連歌会に参加したことが記録に残っています。信永は、連歌の新しい表現を模索し、新しい連歌の形式を創造しました。彼の連歌は、当時の連歌師の間で高く評価され、連歌の発展に大きな影響を与えました。 二条良基(1330年 - 1392年)は、南北朝時代の公卿・歌人です。和歌・連歌・国学の三道に秀で、当時の文壇で大きな影響力を持ちました。良基は、信永に連歌の手ほどきをし、信永の連歌の才能を高く評価しました。 朝山梵灯庵(1353年 - 1421年)は、南北朝時代の連歌師です。連歌の新しい表現を模索し、新しい連歌の形式を創造しました。梵灯庵は、信永に連歌の新しい表現を伝え、信永の連歌の発展に大きな影響を与えました。 信永は、二条良基や朝山梵灯庵に連歌を学び、連歌の新しい表現を模索しました。彼の連歌は、当時の連歌師の間で高く評価され、連歌の発展に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

梵灯庵(朝山梵灯庵)

梵灯庵とは 梵灯庵(朝山梵灯庵)とは、京都市右京区にある酒蔵・佐々木酒造が運営する寺。 正式名称は円明山東本願寺鏡円坊朝山梵灯庵。 梵灯庵は、1999年に佐々木酒造が自社敷地内に開いた寺で、本尊は阿弥陀如来。境内に梵字が描かれた梵灯が祀られていることから、梵灯庵と名付けられた。 梵灯庵は、佐々木酒造が「酒蔵でありながら、人々との交流の場を提供したい」という思いから開設したもので、敷地内には、本堂や庫裏の他に、茶室やギャラリー、カフェなどが設けられている。 梵灯庵は、一般公開されており、誰でも参拝することができる。また、各種イベントや展覧会なども開催されており、地元住民や観光客に親しまれている。
歴史上の偉人

「朝山師綱」

-朝山師綱の生涯について- 朝山師綱(あさやま もろつな)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武士、武将。鎌倉幕府の御家人。新田義貞の側近として楠木正成らとともに活躍した。 師綱は、武蔵国朝山郷(現在の埼玉県日高市)の豪族、朝山氏の出身。生年は不詳だが、鎌倉時代末期に生まれたとみられる。父は朝山信重、母は不明。 師綱は、若くして新田義貞に仕え、義貞の側近として活躍した。1331年、義貞が鎌倉幕府打倒の兵を挙げると、師綱もこれに従った。義貞軍は、箱根・竹ノ下で幕府軍を破り、鎌倉を攻略して幕府を滅亡させた。 鎌倉幕府滅亡後、師綱は義貞の関東統治を補佐した。しかし、1333年に足利尊氏が鎌倉を攻撃すると、義貞は敗れて越後国に逃れた。師綱も義貞に従い、越後国に落ち延びた。 1335年、尊氏は義貞を討伐するために越後国に侵攻した。義貞軍は、越後国湊川の戦いで尊氏軍に敗れ、義貞は戦死した。師綱も湊川の戦いで戦死した。 師綱は、義貞に忠義を尽くした武将として知られている。師綱の死は、義貞軍にとって大きな痛手となった。
作家

高山宗砌:室町時代の連歌師

- 高山宗砌の生涯 高山宗砌は、室町時代後期の連歌師であり、三条西実隆、宗祇とともに三船連歌三哲の一人と称される。1430年、京都の公家・万里小路時房の子として生まれ、1488年に58歳で没した。 宗砌は10代の頃から連歌を学び、20代の頃には連歌師として活躍するようになった。1464年には、三条西実隆、宗祇とともに、室町幕府8代将軍・足利義政の命を受けて、東国へ向かう旅に出た。この旅は、宗砌の連歌師としての名声を高めるきっかけとなった。 1467年に、宗砌は三条西実隆、宗祇とともに、連歌集『新撰菟玖波集』を編纂した。『新撰菟玖波集』は、室町時代を代表する連歌集であり、宗砌の連歌師としての地位を確立したものとなった。 1477年に、宗砌は連歌師として最高位である「連歌奉行」に任命された。連歌奉行は、室町幕府の命を受けて、連歌の会を主催したり、連歌のルールを定めたりする役職である。宗砌は連歌奉行として、連歌の発展に貢献した。 1488年に、宗砌は58歳で没した。宗砌は、連歌師として優れた業績を残しただけでなく、連歌に関する多くの著作を残した。宗砌の著作は、後世の連歌師に大きな影響を与えた。
作家

朝山梵灯庵-南北朝-室町時代を彩った連歌師の軌跡

-朝山梵灯庵の生涯と経歴- 朝山梵灯庵は、南北朝時代から室町時代にかけて活躍した連歌師です。連歌とは、複数の歌人が交互に歌を詠み継いでいく和歌の一種で、室町時代には非常に流行しました。梵灯庵は、連歌の第一人者として知られ、多くの連歌会に参加し、数多くの作品を残しました。 梵灯庵の本名は、朝山信濃守義長(義経)といい、1320年頃、近江国に生まれました。父は、朝山信濃守義顕といい、鎌倉幕府の御家人でした。梵灯庵は、幼い頃から和歌を学び、連歌にも親しんでいました。 1336年、梵灯庵は17歳のとき、足利尊氏が挙兵し、鎌倉幕府を倒した建武の新政に参加しました。尊氏は、梵灯庵の才能を認め、連歌師として仕えるように命じました。梵灯庵は、尊氏の側近として、各地を転戦し、連歌を詠みました。 1338年、尊氏が京都に幕府を開くと、梵灯庵も京都に移り住み、連歌師として活躍しました。梵灯庵は、公家や武家、僧侶など、様々な身分の人々と親交を結び、多くの連歌会に参加しました。梵灯庵は、その優れた連歌の才能で、人々から尊敬を集め、連歌の第一人者として名声を博しました。 1364年、梵灯庵は45歳のとき、尊氏が亡くなり、足利義満が二代将軍になると、梵灯庵は義満の側近として仕えました。梵灯庵は、義満の命により、多くの連歌会を主催し、連歌の普及に努めました。梵灯庵は、連歌の第一人者として、室町時代の連歌界を代表する人物として活躍しました。 1378年、梵灯庵は59歳のとき、京都で亡くなりました。梵灯庵は、その優れた連歌の才能で、人々から尊敬を集め、連歌の第一人者として名声を博しました。梵灯庵の作品は、現在も多くの連歌集に収録されており、連歌の歴史の中で重要な位置を占めています。