木曾路発句集

作家

菊舎太兵衛 – 江戸時代中期から後期の版元・俳人の生涯

菊舎太兵衛の生い立ちと創業 菊舎太兵衛は江戸時代中期から後期の版元・俳人である。 菊舎太兵衛は安永9年(1780年)に江戸の日本橋横町に生まれた。幼名は弥蔵、後に利平と改めた。 太兵衛は、祖父の菊舎太兵衛(初代)と、父の菊舎利平(二代)が営んでいた版元「菊舎」を継いだ。 菊舎は、享保年間(1716~1736年)に初代太兵衛が創業した。 初代太兵衛は、京都から江戸に出て、日本橋横町に書店を開いた。 後に版元業を始め、俳諧の書や浮世絵版画を出版した。 二代目利平は、初代太兵衛の死後に菊舎を継いだ。 利平は、俳諧の書や浮世絵版画だけでなく、黄表紙や洒落本も出版した。 黄表紙や洒落本は、当時の江戸庶民に人気があり、菊舎は版元として成功を収めた。 三代目太兵衛は、二代目利平の死後に菊舎を継いだ。 三代目太兵衛は、俳諧の書や浮世絵版画、黄表紙、洒落本の出版を続けた。 また、三代目太兵衛は俳人としても活躍し、蕉門の俳諧を学んだ。 三代目太兵衛は、文化11年(1814年)に菊舎を廃業した。 廃業の理由は、幕府の出版統制が厳しくなったためである。 幕府は、黄表紙や洒落本を風俗を乱すとして禁止した。 そのため、菊舎は版元として経営が困難になったのである。 三代目太兵衛は、菊舎を廃業した後も、俳人として活動を続けた。 三代目太兵衛は、天保11年(1840年)に亡くなった。