杉並学院高

エンターテインメント

浅丘ルリ子:昭和後期-平成時代の女優

浅丘ルリ子:昭和後期-平成時代の女優
スポーツカテゴリー

天才ゴルファー、石川遼の軌跡

-天才ゴルファー、石川遼の軌跡- -6歳でゴルフを始め、その才能を開花させる- 石川遼は、1991年9月17日に埼玉県上尾市に生まれた。父浩樹さんと母久美子さん、兄姉の5人家族である。 2002年、6歳の時に地元埼玉県の「秩父国際カントリークラブ」のジュニア教室でゴルフを始める。 2003年、7歳の時に「全国小学生ゴルフトーナメント」に出場し、日本人最年少優勝。 2004年、8歳の時に「全国中学校ゴルフトーナメント」に出場し、日本人最年少優勝。 2005年、9歳の時に「全国高等学校ゴルフ選手権大会」に出場し、日本人最年少優勝を飾る。同年、日本のプロゴルフ公式戦「マイナビABCチャンピオンシップ」に出場し、日本人最年少出場を果たす。 2006年、10歳の時に「全国高等学校ゴルフ選手権大会」に連覇し、日本人最年少連覇を達成。同年、アメリカの「全米ジュニア・アマチュア選手権」に出場し、日本人最年少出場を果たす。 -高校1年で日本ツアー最年少優勝- 2007年、11歳の時に「全国高等学校ゴルフ選手権大会」に3連覇し、日本人最年少3連覇を達成。同年、アメリカの「全米アマチュア選手権」に出場し、日本人最年少出場を果たす。 2008年、12歳の時に「東北福祉大学」のゴルフ部に入学。同年、日本ツアーの「マンシングウェアオープン KSBカップ」で、高校生最年少優勝を飾り、国内史上最年少プロ勝利を果たす。同年、アメリカの「マスターズ・トーナメント」に出場し、日本人最年少出場を果たす。 2009年、13歳の時に「日本オープンゴルフ選手権競技」に出場し、日本人最年少出場を果たす。同年、プロ転向を宣言する。 -プロ転向後は次々と記録を打ち立てる- プロ転向後は、次々と記録を打ち立てる。 2010年、14歳の時に「ザ・ツアーチャンピオンシップ」に出場し、日本人最年少出場を果たす。 2011年、15歳の時に「日本プロゴルフ選手権大会」に出場し、日本人最年少出場を果たす。同年、世界ランク50位以内に入る。 2012年、16歳の時に「マスターズ・トーナメント」に出場し、日本人最年少ベスト10入りを果たす。同年、世界ランク30位以内に入る。 2013年、17歳の時に「全米オープンゴルフ選手権」に出場し、日本人最年少ベスト10入りを果たす。同年、世界ランク20位以内に入る。 2014年、18歳の時に「全英オープンゴルフ選手権」に出場し、日本人最年少ベスト10入りを果たす。同年、世界ランク10位以内に入る。 2015年、19歳の時に「全米オープンゴルフ選手権」で日本人最年少優勝を果たす。同年、世界ランク5位以内に入る。 2016年、20歳の時に「マスターズ・トーナメント」で日本人最年少優勝を果たす。同年、世界ランク3位以内に入る。 2017年、21歳の時に「全英オープンゴルフ選手権」で日本人最年少優勝を果たす。同年、世界ランク1位以内に入る。 石川遼は、現在もなお、世界で活躍するトップゴルファーとして活躍している。