来名戸之祖神

歴史上の人物

来名戸之祖神-「日本書紀」に登場する神

-来名戸之祖神とは?- 来名戸之祖神(きなとのおやのことかみ)は、日本の神道における神です。「日本書紀」の第三巻、神代下の段に記載され、イザナギとイザナミの間に生まれた17の神々の最初の神です。 来名戸之祖神は、イザナギとイザナミが天ノ御柱(あまのみはしら)の周りを回って、互いに求愛をした際に生まれたとされています。二人の神が手に持っていた矛(ほこ)が交わった際に、矛の先端から来名戸之祖神が生まれました。 来名戸之祖神については、「日本書紀」に記載されている以外に、詳しい情報は残っていません。しかし、その名前から、穀物の収穫や豊穣を司る神と考えられています。また、来名戸之祖神は、イザナギとイザナミの間に生まれた最初の神であり、日本の神々の祖霊であることから、非常に重要な神とされています。 来名戸之祖神は、日本各地の神社で祀られており、特に、沖縄県の来名戸之祖神神社では、来名戸之祖神を主祭神として祀っています。来名戸之祖神神社は、沖縄県の最北端に位置する神社であり、その景観の美しさからも、多くの観光客が訪れます。 来名戸之祖神は、日本の神道の重要な神であり、現在でも多くの神社で祀られています。その名前から、穀物の収穫や豊穣を司る神と考えられており、また、日本の神々の祖霊であることから、非常に重要な神とされています。