東京出身

歴史上の人物

– 望月カズ

-望月カズ- -満州で孤児に- 望月カズは、1927年に満州で生まれた。父は日本の軍人、母は満州人だった。父はカズが生まれる前に亡くなり、母はカズを連れて再婚した。再婚相手は中国人だったが、カズは中国人であることを隠して生活しなければならなかった。 カズは7歳のときに母を亡くし、孤児となった。カズはその後、満州各地を転々とし、物乞いをして生活した。12歳のときに日本軍に保護され、日本に送られた。 日本に到着したカズは、孤児院に収容された。カズは孤児院で日本語を学び、日本の文化を学んだ。18歳のときにカズは孤児院を退院し、働き始めた。カズは工場で働きながら、夜間学校に通った。 20歳のときにカズは結婚し、2人の子供を授かった。カズは家族を養うために一生懸命働いた。カズは工場で働きながら、夜間学校に通い続けた。30歳のときにカズは大学を卒業し、教師となった。 カズは教師として働きながら、満州で孤児となった子供たちのために支援活動を行った。カズは孤児院を設立し、孤児たちを支援した。カズはまた、満州で孤児となった子供たちのことを世界に発信した。 カズは満州で孤児となった子供たちのために一生懸命働いた。カズの活動は多くの人々に影響を与えた。カズは満州で孤児となった子供たちのために尽くした偉大な女性である。
学術分野の人

吉川弘之

吉川弘之 精密工学,ロボット工学から学際的な工学の開拓をめざす 1. 精密工学 吉川弘之は,1932年に東京で生まれました。東京大学工学部機械工学科を卒業後,同大学大学院博士課程に進学しました。博士課程在学中に,精密工学の分野で研究を行い,1960年に博士号を取得しました。 精密工学とは,機械や製品を極めて高い精度で製造する技術です。吉川弘之は,精密工学の分野で,加工方法,測定方法,工作機械の開発などに関する研究を行い,多くの成果をあげました。 2. ロボット工学 1970年代に入ると,吉川弘之は,ロボット工学の分野に興味を持ち始めました。ロボット工学とは,ロボットを設計,製作,制御する技術です。吉川弘之は,ロボット工学の分野で,ロボットの運動制御,ロボットの知能化,ロボットの応用などに関する研究を行い,多くの成果をあげました。 3. 学際的な工学の開拓 吉川弘之は,精密工学とロボット工学の分野で多くの成果をあげましたが,それにとどまらず,学際的な工学の開拓にも取り組みました。学際的な工学とは,異なる分野の工学を融合して新しい工学分野を開拓するものです。 吉川弘之は,精密工学とロボット工学を融合して,ロボットの精密加工技術を開発しました。ロボットの精密加工技術とは,ロボットを使って機械や製品を極めて高い精度で加工する技術です。 吉川弘之は,ロボットの精密加工技術を開発することで,製造業の生産性向上に貢献しました。吉川弘之は,精密工学,ロボット工学,学際的な工学の開拓に貢献した偉大な工学者です。
学術分野の人

黒田善雄 – 日本体育界のパイオニア

-黒田善雄氏の生涯と功績- 黒田善雄氏は、1892年(明治25年)に東京に生まれた。氏は、幼い頃からスポーツを愛好し、早稲田大学では野球部に所属していた。卒業後は、大日本体育協会に入職し、体育の普及に尽力した。 氏が最も力を注いだのは、オリンピックへの日本の参加だった。氏は、1912年(明治45年)に開催されたストックホルムオリンピックに日本選手団の監督として参加し、その後もオリンピックへの参加を推進した。氏の努力が実り、1952年(昭和27年)に開催されたヘルシンキオリンピックに日本が初めて参加することができた。 氏はオリンピックへの参加以外にも、体育の普及に貢献した。氏は、全国高等学校野球選手権大会や国民体育大会など、数多くのスポーツ大会を創設した。また、体育の指導者を養成する学校を設立し、体育の指導者の地位向上に努めた。 氏の功績は、日本のスポーツ界の発展に多大な影響を与えた。氏は、日本のスポーツ界のパイオニアとして、後世に長く尊敬される人物である。 -黒田善雄氏の生涯- * 1892年(明治25年)東京に生まれる。 * 1912年(明治45年)早稲田大学卒業。 * 1913年(大正2年)大日本体育協会に入職。 * 1916年(大正5年)ストックホルムオリンピックに日本選手団の監督として参加。 * 1924年(大正13年)全国高等学校野球選手権大会を創設。 * 1946年(昭和21年)国民体育大会を創設。 * 1952年(昭和27年)ヘルシンキオリンピックに日本が初めて参加。 * 1968年(昭和43年)日本体育協会会長に就任。 * 1970年(昭和45年)文化勲章を受章。 * 1978年(昭和53年)逝去。 -黒田善雄氏の功績- * オリンピックへの日本の参加を推進。 * 全国高等学校野球選手権大会、国民体育大会など、数多くのスポーツ大会を創設。 * 体育の指導者を養成する学校を設立。 * 体育の指導者の地位向上に努めた。
学術分野の人

一柳満喜子:日本の教育者

- 一柳満喜子日本の教育者 -# 生涯 一柳満喜子は、1875年12月24日に長野県松本市で生まれました。10人きょうだいの末っ子で、幼い頃から勉強が得意な子どもでした。松本女学校を卒業後、1895年に上京し、日本女子大学校に入学しました。日本女子大学校では、英語と教育学を専攻しました。 卒業後は、東京府立第一高等女学校(現・東京都立白百合高等学校)の教員として働き始めました。1902年に、東京府立第二高等女学校(現・東京都立駒場高等学校)に転任しました。第二高等女学校では、英語と国語を教えていました。 1907年に、ニューヨーク州のコーネル大学に留学しました。コーネル大学では、教育学を専攻し、1910年に修士号を取得しました。 留学から帰国後、第二高等女学校に復職しました。1918年には、第二高等女学校の校長に就任しました。校長在任中は、教育改革に尽力し、第二高等女学校を日本のトップレベルの女子校に育て上げました。 1922年に、日本女子大学校の教授に就任しました。日本女子大学校では、教育学と英語を教えていました。また、日本女子大学校付属中学校の校長も務めました。 1939年に、日本女子大学校の学長に就任しました。学長在任中は、日本女子大学校の発展に努め、日本女子大学校を日本の最高峰の女子校にしました。 1945年に、終戦を迎えると、一柳満喜子は日本女子大学校の学長を辞任しました。その後は、日本女子大学校の名誉教授として、教育活動に携わりました。 1959年12月14日に、一柳満喜子は東京で亡くなりました。享年83歳でした。 一柳満喜子は、日本の女子教育の発展に大きく貢献した教育者です。彼女の尽力により、日本の女子校は世界のトップレベルにまで引き上げられました。
スポーツ分野の人

呼出太郎

-呼出太郎角界の名物男- 呼出太郎は、角界の名物男である。その名の通り、彼は呼出として長年相撲界に奉仕してきた。しかし、彼は単なる呼出ではない。彼はまた、相撲界の様々なエピソードを語る名物男でもある。 呼出太郎は、1960年に東京に生まれた。幼い頃から相撲が好きで、小学校卒業後すぐに相撲部屋に入門した。彼は厳しい稽古に耐え、1980年に初土俵を踏んだ。しかし、彼の成績は振るわず、三段目で長く低迷していた。 1990年、呼出太郎は呼出に転向した。呼出とは、相撲の取組前後に土俵の四方を回る役目のことである。呼出太郎は、その軽妙な口調とユーモアのある仕草でたちまち人気者になった。 1995年、呼出太郎は日本相撲協会の理事長に就任した。理事長として、彼は相撲界の改革に尽力した。彼は、相撲の興行を活性化し、相撲の普及に努めた。また、彼は相撲界の不祥事を厳正に処分し、相撲界の健全化を図った。 2005年、呼出太郎は理事長を退任した。しかし、彼はその後も相撲界に貢献し続けた。彼は、相撲関連のイベントに出演したり、相撲の解説をしたりして、相撲の普及に努めた。 2015年、呼出太郎は相撲界を引退した。しかし、彼は今でも相撲界の名物男として愛され続けている。彼は、相撲界の様々なエピソードを語る名物男であり、相撲界の発展に貢献した功労者である。
芸能分野の人

狂言師山本東次郎(4代)の人生と功績

-狂言師として歩み- 山本東次郎 (4代)は、狂言師として活躍した人物です。1930年に三世山本東次郎の長男として生まれ、幼い頃から狂言を学びました。1950年に四世山本東次郎を襲名し、本格的に狂言師としての活動をスタートさせました。 山本東次郎は、数々の名演を残しました。特に、彼の得意とした演目は『釣狐』と『附子』です。『釣狐』は、狐が釣り人に化けて、人間をだますという物語です。山本東次郎は、狐の狡猾さと人間らしさを巧みに演じ分け、観客を魅了しました。『附子』は、男が附子という薬を飲んで、狂ってしまうという物語です。山本東次郎は、狂った男の滑稽さと悲哀をリアルに演じ、観客の共感を呼びました。 山本東次郎は、狂言師としての活動を続けながら、後進の指導にも努めました。彼は、1970年に東京芸術大学教授に就任し、多くの学生を指導しました。また、1982年には財団法人狂言会を創設し、狂言の普及に努めました。 山本東次郎は、2000年に亡くなりましたが、彼の残した足跡は今もなお狂言界に大きな影響を与えています。彼の演じる狂言は、そのユーモアと人間味あふれる演技で、多くの人々を感動させました。また、彼の指導を受けた弟子たちは、現在も第一線で活躍しており、山本東次郎の芸を継承しています。
文学分野の人

文芸評論家・渡辺澄子の人生と功績

-渡辺澄子の生涯- 渡辺澄子は、1913年(大正2年)3月26日、東京市下谷区(現・東京都台東区)に生まれ、東京府立第三高等女学校(現・東京都立八潮高等学校)卒業後、東京女子大学英文科に進学。卒業後、出版社に勤務した後、文芸評論家として独立しました。 1937年(昭和12年)に文芸評論誌「新潮」に「湯ヶ原にて」を発表し、文芸評論家としてデビュー。1941年(昭和16年)、「新潮」に連載した文芸評論「無常感と官能」が第1回新潮社文学賞を受賞しました。 1954年(昭和29年)に、女性では初めて日本文芸家協会の理事となり、1962年(昭和37年)には、日本芸術院会員に選出されました。 1965年(昭和40年)、「現代日本文学の輪郭」で第3回菊池寛賞を受賞。1978年(昭和53年)に、文化功労者に選出されました。 1982年(昭和57年)に逝去。享年68歳でした。 渡辺澄子は、戦後日本の文芸評論界を代表する評論家の一人であり、その評論は、鋭い洞察力と、明晰で美しい文章で知られています。 渡辺澄子は、また、多くの作家や評論家と親交があり、その交流は、彼女の評論活動に大きな影響を与えました。 渡辺澄子は、その評論活動を通じて、日本の文学の発展に大きな貢献をした評論家であり、その功績は高く評価されています。
文学分野の人

三輪裕子:児童文学作家と彼女の作品

-三輪裕子の生涯と経歴- 三輪裕子は、1926年1月11日に東京都で生まれました。東京女子大学英文科を卒業後、1951年に結婚し、二児をもうけました。1963年に夫を亡くし、その後は児童文学作家として活躍しました。 三輪裕子は、1966年に『ちいさいもう一つの世界』でデビューしました。この作品は、小学校低学年向けの童話を集めたもので、その温かい語り口とユーモラスな描写で人気を博しました。その後も、『とんちあたまのうばすてやま』(1967年)、『ふしぎなお城』(1968年)など、数多くの児童文学作品を発表しました。 三輪裕子の作品は、その温かい語り口とユーモラスな描写で、子どもたちから愛されました。また、彼女の作品には、子どもたちに生きる勇気を与えるようなメッセージが込められており、大人からも高く評価されました。 三輪裕子は、1998年に児童文学の功績が認められ、日本児童文学者協会賞を受賞しました。また、2002年には、紫綬褒章を受章しました。 三輪裕子は、2017年3月21日に91歳で亡くなりましたが、彼女の作品は今もなお多くの子どもたちに読み継がれています。
学術分野の人

ー「加藤橘夫」ーその生涯と功績

加藤橘夫の生涯ー北海道で過ごした幼年期から東京大学教授への就任まで 加藤橘夫は、1907年(明治40年)北海道上川郡旭川町(現・旭川市)に生まれた。父は、旭川区裁判所の判事、母は旧士族の娘で、加藤は8人兄弟姉妹の4番目であった。加藤は幼い頃から聡明な子供で、小学校時代は常に成績優秀であった。また、スポーツにも優れており、野球やテニスを得意とした。 1923年(大正12年)に旭川中学校を卒業した加藤は、第一高等学校に進学した。第一高等学校時代も加藤は成績優秀で、特に数学と物理を得意とした。また、学生運動にも積極的に参加し、反戦運動や社会主義運動に関わった。 1929年(昭和4年)に第一高等学校を卒業した加藤は、東京帝国大学理学部数学科に入学した。東京帝国大学時代も加藤は成績優秀で、特に解析学と代数学を得意とした。また、研究にも熱心で、大学院在学中に解析学に関する論文を発表した。 1934年(昭和9年)に東京帝国大学理学部を卒業した加藤は、東京帝国大学理学部助手となった。1936年(昭和11年)には、東京帝国大学助教授に昇進した。加藤は、東京帝国大学で解析学の研究を続け、1939年(昭和14年)には、関数論 に関する論文を発表した。この論文は、解析関数論の発展に大きく貢献し、加藤は国内外の数学者から高く評価されることとなった。 1941年(昭和16年)に加藤は、東京帝国大学教授に就任した。加藤は、東京帝国大学で解析学の研究と教育に尽力し、多くの優れた数学者を育て上げた。また、加藤は、1948年(昭和23年)に日本数学会会長に就任し、日本の数学の発展に貢献した。 加藤は、1980年(昭和55年)に73歳で亡くなった。加藤は、解析関数論の発展に大きく貢献した数学者であり、日本の数学の発展に貢献した教育者であった。
芸能分野の人

「映画評論家 小森和子」について

-小森和子の生涯と映画評論家としての軌跡- 小森和子は、1930年に東京で生まれ、1992年に死去した日本の映画評論家である。彼女は、映画評論家としてだけでなく、ラジオやテレビのパーソナリティ、エッセイストとしても活躍した。 小森は、早稲田大学第一文学部を卒業後、映画雑誌「キネマ旬報」の記者としてキャリアをスタートさせた。その後、フリーランスの映画評論家として活動し、1962年には「キネマ旬報」の編集長に就任した。彼女は、編集長として「キネマ旬報」を映画評論誌として確立し、映画評論家の地位を向上させるのに貢献した。 小森は、映画評論家として、「映画は人生の鏡である」という信念を持っていた。彼女は、映画を単なる娯楽ではなく、社会を映し出す鏡として捉え、映画を通して社会の問題を提起することを目指していた。小森の映画評論は、鋭い洞察と明晰な文体で知られ、多くの読者から支持を得た。 小森は、映画評論家としてだけでなく、ラジオやテレビのパーソナリティとしても活躍した。彼女は、NHKの「映画サロン」や「映画批評」などの番組に出演し、映画の魅力を視聴者に伝えた。また、エッセイストとしても活躍し、映画に関するエッセイを数多く執筆した。 小森は、映画評論家として、映画評論誌「キネマ旬報」を映画評論誌として確立し、映画評論家の地位を向上させるのに貢献した。また、ラジオやテレビのパーソナリティ、エッセイストとしても活躍し、映画の魅力を多くの人々に伝えた。小森は、映画界に大きな足跡を残した偉大な映画評論家である。
歴史上の人物

辻暎 – 明治-昭和時代前期の大陸浪人

- 辻暎の生涯 辻暎(つじえい)は、1867年に京都府舞鶴市に生まれた、明治から昭和時代前期にかけて活躍した大陸浪人です。 父は舞鶴藩士・辻儀右衛門、母は宮川トキです。幼名は源之助。5歳のときに父を亡くし、8歳のときに母と再婚した義父・中川与惣右衛門の養子となりました。 1884年、17歳のときに上京し、東京府立第一中学校(現・日比谷高校)に入学します。 1889年、第一中学校を卒業後、東京専門学校(現・早稲田大学)に進学します。 1893年、東京専門学校を卒業後、清国に渡り、孫文の革命運動に参加します。 1895年、日清戦争が勃発すると、日本軍に従軍し、遼東半島で戦います。 1896年、日清戦争が終結すると、清国に残り、革命運動を続けます。 1900年、義和団の乱が勃発すると、日本軍に従軍し、北京を救援します。 1904年、日露戦争が勃発すると、日本軍に従軍し、遼東半島で戦います。 1905年、日露戦争が終結すると、清国に残り、革命運動を続けます。 1911年、辛亥革命が勃発すると、革命派に参加し、北京を占領します。 1912年、中華民国が成立すると、臨時政府の参議に任命されます。 1913年、二次革命が勃発すると、革命派に参加し、袁世凱と戦います。 1914年、二次革命が失敗すると、日本に亡命します。 1922年、日本に帰国し、満州に移住します。 1924年、義兄の川島浪速が満州で病死すると、その遺志を継いで満蒙独立運動に参加します。 1925年、満州事変が発生すると、日本軍に従軍し、満州を占領します。 1926年、満洲国が成立すると、満洲国政府の参議に任命されます。 1928年、奉天で病死します。享年61。
学術分野の人

緒方知三郎について

緒方知三郎の生涯 緒方知三郎は、1899年(明治32年)11月13日に広島県賀茂郡黒瀬町(現・東広島市)に生まれました。家は裕福な農家の次男坊で、幼少期はのんびりとした環境で育ちました。 小学校卒業後は、広島県立賀茂高等女学校(現・広島県立賀茂高等学校)に進学。ここで、緒方は初めて海外の文化に触れ、世界への憧れを抱くようになりました。 女学校卒業後は、上京して日本女子大学校(現・日本女子大学)に進学。ここで緒方は、社会学や経済学を学び、社会問題への関心を深めました。 大学卒業後は、大阪の出版社に就職し、編集者として働きました。しかし、緒方はすぐにこの仕事に飽きてしまい、1923年(大正12年)に退職。その後、緒方は知人と一緒に中国に渡り、上海で貿易商を営みました。 しかし、緒方は上海での生活にも満足できず、1928年(昭和3年)に帰国。その後、緒方は東京で出版社を立ち上げ、雑誌や書籍の出版を始めました。 緒方は、1931年(昭和6年)に満州事変が勃発すると、すぐに満州に渡り、現地で調査を行いました。そして、緒方は満州の現状を日本に伝えるために、雑誌『満州』を創刊しました。 緒方は、1932年(昭和7年)に満州国が建国されると、すぐに満州国政府の顧問に任命されました。そして、緒方は満州国政府の施政に協力し、満州国の発展に貢献しました。 しかし、緒方はやがて満州国政府の腐敗と堕落に失望し、1936年(昭和11年)に満州国政府を辞任しました。そして、緒方は東京に戻り、再び出版社を立ち上げました。 緒方は、1945年(昭和20年)に太平洋戦争が終結すると、すぐに戦後の日本の復興に取り組みました。そして、緒方は雑誌『世界』を創刊し、日本の民主化と平和を訴えました。 緒方は、1958年(昭和33年)に58歳で亡くなりました。緒方は、生涯をかけて日本の発展と平和に尽くした偉大な人物でした。
音楽分野の人

音楽界の巨星→ 佐藤功太郎の生涯と功績

-佐藤功太郎の生い立ちと音楽への情熱- 佐藤功太郎は、音楽界の巨星の1人として知られる作曲家、ピアニスト、指揮者です。19XX年、北海道札幌市に生まれ、幼い頃より音楽に興味を持ち始めました。彼は、音楽の才能をいかんなく発揮し、作編曲、演奏、指揮など、音楽のあらゆる分野で活躍しました。 佐藤功太郎の音楽への情熱は、幼少期にさかのぼります。彼は、両親が音楽好きだったこともあり、幼い頃からクラシック音楽に親しみ、ピアノを弾き始めました。その後、音楽の才能を開花させ、札幌市内の音楽学校に入学。そこで、作曲と指揮を学びました。 音楽学校を卒業後、佐藤功太郎は東京藝術大学に進学し、作曲を専攻。在学中から、ピアノの演奏や指揮者として活躍し、将来を嘱望されていました。大学卒業後は、ヨーロッパに留学し、音楽をさらに深く学びます。帰国後は、作曲家、ピアニスト、指揮者として活動を行い、多くの名曲を生み出しました。 佐藤功太郎は、音楽界において、数々の功績を残しました。彼の作品は、世界中のオーケストラや合唱団によって演奏され、高く評価されています。また、彼は、日本国内外の多くの音楽コンクールの審査員を務め、後進の指導にも尽力しました。 佐藤功太郎は、20XX年に永眠しましたが、彼の音楽は、今もなお多くの人々に愛され続けています。彼の音楽は、音楽界に大きな影響を与え、後世の作曲家や演奏家に多大な影響を与えています。
芸能分野の人

坂野比呂志 – 漫談の巨匠

-坂野比呂志 - 漫談の巨匠- -活動弁士から漫談家へ- 坂野比呂志は、1960年代に活躍した漫談家である。その巧みな話術とユーモアで、多くの人々に愛された。 坂野は、1914年に大阪に生まれた。幼い頃から映画が好きで、映画館に通いつめていた。1930年代に活動弁士になり、映画の上映に合わせて説明や解説を行う仕事をした。 坂野は、活動弁士として活躍する傍ら、漫談にも興味を持ち、1940年代には漫談家としてデビューした。1950年代には、漫談の才能を認められ、ラジオやテレビに出演するようになった。 坂野の漫談は、 everydayの話題や社会問題を取り上げた内容が多かった。そのユーモラスな語り口で、人々を笑わせながら考えさせる漫談を披露した。 坂野は、1960年代に亡くなったが、その漫談は今もなお多くの人々に愛され続けている。 坂野の漫談の特徴の一つは、 its timelinessにあった。彼は、その時代の話題や社会問題をネタにして、人々を笑わせた。例えば、1960年代に流行した「ツイスト」というダンスをネタにした漫談では、ツイストを踊る人々をユーモラスに表現し、人々を大笑いさせた。 坂野の漫談の特徴のもう一つは、そのユーモアにあった。彼は、言葉遊びやジェスチャーを駆使して、人々を笑わせた。例えば、彼は「お金持ちと貧乏人の違い」について話す漫談の中で、「お金持ちは財布の中に札束が入っているが、貧乏人は財布の中に小銭しか入ってない」というジョークを言った。このジョークは、人々を大笑いさせた。 坂野の漫談は、人々を笑わせながら考えさせる内容が多かった。彼は、その時代の問題点を指摘し、人々にその問題について考えるきっかけを与えた。例えば、彼は「公害問題」について話す漫談の中で、「工場から排出される煙が環境を汚染している」という問題を指摘し、人々に公害問題について考えるきっかけを与えた。 坂野の漫談は、今でも多くの人々に愛され続けている。そのユーモアと timeliness は、時代を超えて人々を笑わせ、考えさせる。
美術分野の人

芸術家たちの木工芸:秋山逸生の生涯と作品

-漆と金属の芸術家秋山逸生- 秋山逸生は、1901年(明治34年)に岩手県盛岡市に生まれた木工芸家である。盛岡藩の御用木工であった秋山半七の息子として生まれ、幼い頃から木工の技術を身につけた。 秋山は、1919年(大正8年)に東京高等工業学校(現・東京工業大学)に入学し、木工科で学び始める。在学中、漆芸や金属工芸にも興味を持ち、これらの技術も習得した。 1923年(大正12年)に卒業後、秋山は東京で木工工房を開業する。主に漆器や金属製の工芸品を制作しており、その作品は高い評価を受けた。1927年(昭和2年)には、パリ万国博覧会に出展し、金賞を受賞する。 1930年(昭和5年)に、秋山は岩手県盛岡市に戻り、木工研究所を開設する。研究所では、木工技術の研究・開発を行い、多くの後進を育成した。 秋山の作品は、漆と金属を組み合わせたものが多く、その斬新なデザインと精巧な細工が高く評価されている。漆と金属の組み合わせは、日本古来の伝統工芸である漆器と、近代的な素材である金属の融合であり、秋山独自の芸術性を表現している。 秋山の作品は、国内外の美術館やギャラリーに所蔵されており、その功績は広く認められている。1955年(昭和30年)には、国の重要無形文化財保持者に認定され、1968年(昭和43年)には、文化勲章を受章した。 秋山逸生は、日本の木工芸界に大きな影響を与えた偉大な芸術家である。その作品は、伝統と革新を融合させた独創的なものであり、人々に感動を与え続けている。
音楽分野の人

高柳昌行についてのブログ記事

-高柳昌行の生い立ち- 大阪出身。幼い頃から野球を始め、小学5年生の時に全国大会に出場。中学では野球部に入部したが、高校では野球部を辞め、バンド活動を始める。 1982年、友人の誘いでバンド「BARBEE BOYS」を結成。1983年、シングル「負けるなBaby」でデビュー。1984年、3枚目のシングル「女泪」がヒット。1985年、4枚目のシングル「泣かないでマイ・ガール」もヒット。 1987年、BARBEE BOYSが解散。高柳昌行はソロ活動を開始。1988年、1枚目のソロアルバム「TOUGH BOY」をリリース。1989年、2枚目のソロアルバム「SAIL AWAY」をリリース。 1990年、3枚目のソロアルバム「HIGH and MIGHTY」をリリース。このアルバムには、後にヒットする「情熱の薔薇」が収録されている。1991年、4枚目のソロアルバム「LIFE」をリリース。 1992年、5枚目のソロアルバム「愛と欲望の日々」をリリース。このアルバムには、後にヒットする「恋の罠」が収録されている。1993年、6枚目のソロアルバム「HEAVEN」をリリース。 1994年、7枚目のソロアルバム「MAGNOLIA」をリリース。1995年、8枚目のソロアルバム「IMITATION BLUE」をリリース。1996年、9枚目のソロアルバム「FOOL FOR LOVE」をリリース。 1997年、10枚目のソロアルバム「EXTREME」をリリース。1998年、11枚目のソロアルバム「LIBERATION」をリリース。1999年、12枚目のソロアルバム「ALIVE」をリリース。 2000年、13枚目のソロアルバム「STEAL THIS」をリリース。2001年、14枚目のソロアルバム「KILL or BE KILLED」をリリース。2002年、15枚目のソロアルバム「WORLD WITHIN A WORLD」をリリース。 2003年、16枚目のソロアルバム「A THOUSAND WORDS」をリリース。2004年、17枚目のソロアルバム「OCEAN」をリリース。2005年、18枚目のソロアルバム「ACROSS THE UNIVERSE」をリリース。 2006年、19枚目のソロアルバム「LOVE IS THE ANSWER」をリリース。2007年、20枚目のソロアルバム「IN MY LIFE」をリリース。2008年、21枚目のソロアルバム「DREAMS COME TRUE」をリリース。 2009年、BARBEE BOYSを再結成。2010年、BARBEE BOYSのシングル「FLY HIGH」をリリース。2011年、BARBEE BOYSのアルバム「NEW ERA」をリリース。 2012年、BARBEE BOYSが再び解散。高柳昌行はソロ活動を再開。2013年、22枚目のソロアルバム「22」をリリース。2014年、23枚目のソロアルバム「23」をリリース。 2015年、24枚目のソロアルバム「24」をリリース。2016年、25枚目のソロアルバム「25」をリリース。2017年、26枚目のソロアルバム「26」をリリース。 2018年、27枚目のソロアルバム「27」をリリース。2019年、28枚目のソロアルバム「28」をリリース。2020年、29枚目のソロアルバム「29」をリリース。 2021年、30枚目のソロアルバム「30」をリリース。30年間、毎年ソロアルバムをリリースするという偉業を達成した。 2022年、31枚目のソロアルバム「31」をリリース。精力的な活動を続けている。
芸能分野の人

金子信雄:昭和後期・平成時代の俳優の生涯

-金子信雄の生い立ちと経歴- 金子信雄は、1932年(昭和7年)12月8日に、東京都文京区で生まれた。父は、銀行員で、母は、専業主婦であった。金子信雄は、幼少期から映画が好きで、よく映画館に通っていた。1951年(昭和26年)に、早稲田大学第一商学部に入学し、在学中に演劇部に所属した。1955年(昭和30年)に、早稲田大学を卒業し、東映に入社した。 東映では、主にやくざ映画や時代劇に出演し、その渋い演技で人気を集めた。1960年(昭和35年)に、東映を退社し、フリーになった。フリーになってからも、映画やドラマに出演し続け、その活躍は目覚ましかった。1970年(昭和45年)に、映画「緋牡丹博徒」で、主演を務め、その演技が高く評価された。1975年(昭和50年)に、映画「仁義なき戦い」で、主演を務め、その演技で、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した。 1980年(昭和55年)に、映画「影の軍団」で、主演を務め、その演技で、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した。1985年(昭和60年)に、映画「野獣死すべし」で、主演を務め、その演技で、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した。1990年(平成2年)に、映画「阿修羅のごとく」で、主演を務め、その演技で、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した。 金子信雄は、1995年(平成7年)12月8日に、東京都世田谷区の自宅で、心筋梗塞のため死去した。享年62歳であった。
文学分野の人

木原孝一:昭和を彩る詩人

-木原孝一の人生と歩み- 木原孝一は、1915年(大正4年)3月19日に長野県上伊那郡南箕輪村(現・箕輪町)に生まれました。彼の父・木原信三郎は小学校の校長を務め、母・サトは農家の娘でした。 木原孝一は、長野県師範学校(現・信州大学教育学部)を卒業後、小学校の教師となりました。しかし、すぐに結核を患い、療養生活を送ることになります。 療養生活を送る中、木原孝一は詩作を始めます。1936年(昭和11年)、彼の詩集『青猫』が出版され、詩壇にデビューしました。 『青猫』は、木原孝一の療養生活や故郷の風景を題材にした詩集です。その瑞々しい感性と叙情的な表現は、多くの読者に共感され、木原孝一は一躍注目を集める詩人となりました。 1937年(昭和12年)、木原孝一は詩集『梨の花』を出版します。この詩集は、故郷の風景を題材にした詩が多く収められており、木原孝一の故郷愛が感じられます。 1940年(昭和15年)、木原孝一は詩集『月光とピエロ』を出版します。この詩集は、木原孝一の戦争体験を題材にした詩が多く収められており、戦争の悲惨さを訴えています。 1945年(昭和20年)、終戦後、木原孝一は詩集『木々への elegie (エレジー)』を出版します。この詩集は、戦後日本の復興と平和を願う詩が多く収められています。 1954年(昭和29年)、木原孝一は詩集『夏のをはり』を出版します。この詩集には、木原孝一の故郷の風景や人生の旅を題材にした詩が多く収められており、木原孝一の人生観が感じられます。 1959年(昭和34年)、木原孝一は詩集『花なるもの』を出版します。この詩集は、花を題材にした詩が多く収められており、木原孝一の花への愛が感じられます。 1970年(昭和45年)、木原孝一は詩集『海へ』を出版します。この詩集には、海を題材にした詩が多く収められており、木原孝一の大自然への畏敬の念が感じられます。 1977年(昭和52年)、木原孝一は詩集『火の鳥の歌』を出版します。この詩集は、生命の尊さを題材にした詩が多く収められており、木原孝一の人生哲学が感じられます。 1980年(昭和55年)、木原孝一は詩集『星に架ける橋』を出版します。この詩集には、星を題材にした詩が多く収められており、木原孝一が宇宙への憧れを表現しています。 木原孝一は、1984年(昭和59年)1月1日に68歳で亡くなりました。しかし、彼の詩は今なお多くの人々に愛され続けています。
スポーツ分野の人

「石井小一郎」

石井小一郎の生涯と功績 石井小一郎は、1868年(慶応4年)に現在の栃木県那珂川町に生まれた日本の政治家、実業家である。第23代衆議院議長を務め、日中友好協会の創設に尽力した人物としても知られている。 石井は、1893年(明治26年)に東京帝国大学法科大学を卒業し、司法省に入省した。その後、衆議院議員に当選し、1914年(大正3年)に第23代衆議院議長に就任した。議長在任中は、大正デモクラシーの推進に尽力し、普選法の制定に貢献した。 石井は、1925年(大正14年)に政治家を引退し、実業界に転身した。その後、東京電燈社長、日本産業銀行頭取、日本商工会議所会頭を歴任した。また、1934年(昭和9年)には、日中友好協会を設立し、日中友好に尽力した。 石井は、1944年(昭和19年)に死去した。享年76。石井の功績を称えて、那珂川町には石井小一郎記念館が建立されている。 石井小一郎は、日本の民主主義の発展に貢献した人物である。大正デモクラシーの推進や普選法の制定に尽力し、日中友好にも貢献した。石井の功績は、現在もなお高く評価されている。
その他

田島震→ 三鱗無煙炭からミツウロコの経営者たちへ

三鱗無煙炭からミツウロコへ 田島震が三鱗無煙炭の経営者として活躍していた1920年代前半、日本は石炭産業の黄金期を迎えていました。しかし、1929年の世界恐慌により、石炭産業は大きな打撃を受け、三鱗無煙炭も経営難に陥りました。 田島震は、三鱗無煙炭の経営を立て直すべく、様々な施策を講じました。しかし、経営状況は悪化の一途をたどりました。1932年、田島震は三鱗無煙炭の経営を断念し、会社を解散しました。 三鱗無煙炭の経営が破綻したことで、多くの従業員が職を失いました。田島震は、職を失った従業員たちを救済するため、新しい会社を立ち上げました。それが、ミツウロコです。 ミツウロコは、1933年に田島震が設立した会社です。ミツウロコの事業内容は、石炭の販売と運輸でした。田島震は、ミツウロコを経営するにあたって、三鱗無煙炭での失敗を教訓にしました。ミツウロコは、従業員の福利厚生に力を入れるなど、経営の安定化を図りました。 ミツウロコは、田島震の経営手腕によって、順調に業績を伸ばしました。1937年には、東京証券取引所に上場しました。ミツウロコは、日本を代表する石炭会社として成長しました。 田島震は、1960年にミツウロコの社長を辞任しました。しかし、その後もミツウロコの経営に参画し続けました。田島震は、1982年に亡くなりました。 田島震は、三鱗無煙炭の経営を立て直すことはできませんでしたが、ミツウロコを成功に導きました。田島震は、日本の石炭産業の発展に貢献した人物として知られています。
芸能分野の人

春日清鶴 – 明治-昭和時代の浪曲師

-春日清鶴の生涯- 春日清鶴(かすが せいかく、1860年1月1日 - 1938年7月13日)は、明治-昭和時代の浪曲師。本名、田中嘉平。 1860年1月1日、愛知県蒲郡市に生まれる。幼少期より浪曲を好み、15歳の時に名古屋に出て浪曲師となる。 1880年代に上京し、浪曲界の第一人者として活躍。1900年には、東京浅草に「清鶴館」という劇場を設立する。 1910年代には、映画にも出演するようになる。1913年には、初の浪曲映画「清鶴一代記」が公開される。 1920年代には、ラジオ放送にも出演するようになる。1925年には、初の浪曲ラジオ放送が放送される。 1930年代には、文楽や新派などの芝居にも出演するようになる。1935年には、初の浪曲芝居「清鶴一代記」が上演される。 1938年7月13日、東京都文京区の自宅で死去する。享年78。
音楽分野の人

諏訪根自子:日本のバイオリニスト

-# 諏訪根自子の生涯 諏訪根自子は、1913年6月13日に東京市芝区芝公園(現在の東京都港区芝公園)に生まれた。父親は諏訪宗太郎、母親は諏訪くみ。宗太郎は東京帝国大学の教授であり、くみは伯爵松方正義の娘であった。根自子は4人兄弟の次女であり、兄に諏訪宗一、弟に諏訪宗雄、妹に諏訪静子がいる。 根自子は幼い頃から音楽に親しみ、4歳でピアノを始めた。7歳の時にバイオリンを始め、10歳の時に東京音楽学校(現在の東京芸術大学)に入学した。音楽学校では、菊池悌次、河野元、「ジョナタン・ゲイトハウス(Jonathan Gatehouse)」の各氏に師事した。 1931年に音楽学校を卒業後、欧州に留学した。ベルリン音楽大学でカール・フレッシュに師事し、その後パリ音楽院でジャック・ティボーに師事した。1934年に帰国し、同年11月に日比谷公会堂でデビューリサイタルを行った。 1936年に、日本交響楽団(現在のNHK交響楽団)のコンサートマスターに就任した。1941年には、東京音楽学校の教授に就任した。1945年に音楽学校を退任し、1946年に東京芸術大学が開学すると、同大学の教授に就任した。 1950年に、フランス政府から芸術文化勲章を受章した。1953年に、NHK交響楽団のコンサートマスターを退任した。1954年に、桐朋学園大学音楽学部の教授に就任した。1963年に、桐朋学園大学の学長に就任した。 1972年に、紫綬褒章を受章した。1974年に、桐朋学園大学を退任した。1975年に、勲三等瑞宝章を受章した。1977年に、東京芸術大学の学長に就任した。1978年に、東京芸術大学を退任した。 根自子は、1981年12月25日に東京で死去した。享年68。 諏訪根自子は、日本のバイオリン界を代表する人物であり、その功績は大きく評価されている。彼女は、日本のバイオリン界の発展に貢献しただけでなく、欧米の音楽界にも日本の音楽を紹介するなど、国際的な活躍をした。彼女の死は、日本の音楽界にとって大きな損失となった。
美術分野の人

寺島竜一:エキゾチックな女性像で知られる洋画家

-寺島竜一の生涯と経歴- 寺島竜一は、1878年12月17日に愛知県中島郡西成海村(現・稲沢市)で生まれました。本名は竜一(りゅういち)です。幼少期から絵に興味を持ち、14歳の時に上京して東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学しました。 東京美術学校では、黒田清輝に師事し、西洋画を学びました。1907年に卒業後はフランスに留学し、パリで2年間過ごしました。パリでは、アンリ・マティスやパブロ・ピカソなど、当時の前衛的な芸術家たちと交流し、多くの影響を受けました。 1909年に帰国後は、東京美術学校で教鞭を執りながら、画家として活躍しました。1914年には文部省の海外研究員として、再びフランスに留学しました。この留学中に、寺島竜一はエキゾチックな女性像を描き始めました。 エキゾチックな女性像とは、外国の女性を題材にした絵画のことです。当時は、欧米の文化が日本に流入しており、エキゾチックな女性像は日本人の憧れを表現したものでした。寺島竜一のエキゾチックな女性像は、その美しさや官能性で人気を博し、寺島竜一は一躍有名になりました。 1920年に帰国後は、東京美術学校で教授を務め、多くの弟子を育てました。1926年には帝国美術院会員に選出され、1935年には文化勲章を受賞しました。1955年には東京美術学校を退官し、翌年にはイタリアに旅行しました。1964年に76歳で亡くなりました。 寺島竜一は、日本の洋画界に大きな足跡を残した画家です。その作品は、国内外の美術館に所蔵されています。
芸能分野の人

坂東三津五郎(7代) – 明治から昭和にかけて活躍した歌舞伎役者

歌舞伎界の重鎮 坂東三津五郎(7代)は、明治から昭和にかけて活躍した歌舞伎役者である。 1876年、6代目坂東三津五郎の長男として東京に生まれる。 1884年、8歳で初舞台を踏み、1895年に三代目坂東彦三郎を襲名。 1907年には七代目坂東三津五郎を襲名し、歌舞伎界のトップスターとして活躍した。 三津五郎は、容姿端麗で声量豊かで、芸の幅が広く、世話物から時代物まであらゆる役柄をこなした。 特に、世話物の敵役を演じさせると右に出る者がいないといわれ、「東の三津五郎、西の鴈治郎」と称された。 また、三津五郎は歌舞伎界の重鎮として、歌舞伎の振興に尽力した。 歌舞伎座や新橋演舞場の経営に関わり、歌舞伎俳優の養成にも力を注いだ。 1942年には歌舞伎座理事長に就任し、歌舞伎の伝統を守りながら、新しい歌舞伎の創造にも取り組んだ。 三津五郎は、1958年に死去した。 享年82歳であった。 三津五郎の死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くの人々から惜しまれた。 三津五郎は、歌舞伎界の重鎮として、歌舞伎の振興に尽力し、歌舞伎の伝統を守りながら、新しい歌舞伎の創造にも取り組んだ。 三津五郎の功績は、今日まで語り継がれており、歌舞伎界の発展に大きく貢献した人物として、今もなお尊敬されている。