東京国際大学

研究者

「清川雪彦」- 経済学者の歩み

-昭和後期-平成時代の経済学者- 清川雪彦氏は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した経済学者です。1980年代以降の日本経済の課題を分析し、経済政策を提言しました。 清川氏は、1926年に東京に生まれました。東京大学経済学部を卒業後、同大学院で経済学を学びました。1956年に東京大学経済学部助教授に就任し、1964年に教授に昇進しました。1980年に東京大学名誉教授となり、その後は日本経済研究センター所長や経済審議会委員などを歴任しました。 清川氏の経済学への貢献は、主に以下の3点です。 1. 日本経済の構造分析 清川氏は、日本経済の構造を分析し、日本経済の課題を明らかにしました。清川氏は、日本経済が「過剰貯蓄、過剰投資、過剰輸出」という構造を抱えており、この構造が日本経済の低迷の原因であると主張しました。 2. 経済政策の提言 清川氏は、日本経済の課題を踏まえて、経済政策を提言しました。清川氏は、公共投資の拡大や規制緩和、財政赤字の削減などが必要だと主張しました。 3. 国際経済への貢献 清川氏は、国際経済への貢献もしました。清川氏は、国際通貨基金(IMF)や世界銀行の理事などを歴任し、国際経済の秩序維持に貢献しました。 清川氏は、2014年に亡くなりましたが、その経済学への貢献は現在も高く評価されています。
研究者

住谷一彦の研究業績と主要著作

- -大正14年1月1日に京都で生まれた住谷一彦の生涯- 住谷一彦は、大正14年(1925年)1月1日に京都市に生まれました。京都大学工学部を卒業後、同大学院に進学。昭和28年(1953年)に工学博士号を取得しました。 住谷一彦の研究業績は多岐にわたりますが、その中でも特に注目されるのが、燃焼工学の分野における研究です。彼は、燃料の燃焼速度や燃焼効率を向上させるための技術を開発し、日本の燃焼工学の発展に大きく貢献しました。 また、住谷一彦は、京都大学教授として後進の育成にも尽力しました。彼の教え子の中には、後に日本の燃焼工学を牽引する研究者となった人も多くいます。 住谷一彦は、平成19年(2007年)11月22日に京都市で亡くなりました。享年82歳でした。 住谷一彦の主要著作には、以下のものがあります。 * 『燃焼工学』(昭和36年、コロナ社) * 『燃焼計測法』(昭和41年、コロナ社) * 『燃料の燃焼特性』(昭和46年、コロナ社) * 『エネルギー工学』(昭和51年、コロナ社) * 『燃焼の科学』(昭和56年、コロナ社)
研究者

篠原三代平 → 経済学への貢献

-日本経済の成長と循環の研究- 篠原三代平は、日本経済の成長と循環の研究に大きな貢献をした経済学者です。彼は、戦後日本の経済成長を牽引した要因を分析し、その成長が循環的なパターンをたどることを明らかにしました。 篠原三代平は、日本経済の成長を分析する際に、経済成長の源泉となる要因に注目しました。彼は、日本経済の成長は、労働力人口の増加、資本ストックの増加、技術革新の3つの要因によって支えられていると主張しました。 篠原三代平は、労働力人口の増加は、経済成長を促進する重要な要因であると主張しました。彼は、労働力人口の増加が、生産量を増加させ、経済成長を促進すると考えました。 篠原三代平は、資本ストックの増加も、経済成長を促進する重要な要因であると主張しました。彼は、資本ストックの増加が、生産性を向上させ、経済成長を促進すると考えました。 篠原三代平は、技術革しも、経済成長を促進する重要な要因であると主張しました。彼は、技術革新が、新しい製品やサービスを生み出し、生産性を向上させ、経済成長を促進すると考えました。 篠原三代平は、日本経済の成長が循環的なパターンをたどることも明らかにしました。彼は、日本経済が、景気拡大期と景気後退期を交互に繰り返していると主張しました。 篠原三代平は、景気拡大期には、投資や消費が活発になり、経済成長が促進されると主張しました。彼は、景気後退期には、投資や消費が低迷し、経済成長が鈍化すると考えました。 篠原三代平の研究は、日本経済の成長と循環を理解する上で大きな貢献をしました。彼の研究は、日本経済の政策立案にも大きな影響を与えました。
経済分野で活躍した人

経済学者・大川政三の人生と功績

大川政三の生い立ちと経歴 大川政三は、1864年(元治元年)12月24日、現在の長野県松本市で生まれました。父親は松本藩士の大川六蔵、母親はすえ。政三は、6人兄弟の三男でした。 政三は、幼い頃から聡明で、早くから漢学を学びました。1882年(明治15年)には、上京して東京大学の予備門に入学。1886年(明治19年)には、東京帝国大学法科大学に入学しました。 政三は、大学卒業後、大蔵省に入省。主税局に配属され、税制の研究に従事しました。1899年(明治32年)には、欧米に出張し、各国の税制を調査しました。 1903年(明治36年)に帰国した政三は、大蔵省主税局長に就任。1906年(明治39年)には、大蔵次官に昇進しました。しかし、1908年(明治41年)に、政三は政友会との癒着が疑われて、大蔵次官を辞任しました。 政三は、その後、日本興業銀行の初代頭取に就任。1915年(大正4年)には、貴族院議員に勅選されました。政三は、貴族院議員として、経済政策について積極的に発言しました。 1923年(大正12年)、政三は、東京市長に就任。東京に水道や下水道、道路などのインフラ整備を行い、東京の発展に貢献しました。 政三は、1929年(昭和4年)に、東京市長を辞任。その後は、貴族院議員として活動を続けました。1937年(昭和12年)、政三は、死去しました。