東京外大卒

学術分野の人

「川本邦衛」

ベトナムの歴史と文学を紹介 ベトナムは、東南アジアに位置する国です。面積は331,210平方キロメートルで、人口は約9,660万人(2020年)です。首都はハノイです。 ベトナムの歴史は、紀元前2000年頃に遡ります。この頃、現在のベトナム北部に「トンキン族」が居住していました。紀元前111年に中国の漢王朝がベトナムを征服し、ベトナムは中国の領土となりました。その後、ベトナムは何度か中国の支配を受けたり、独立したりを繰り返しました。 1945年、ベトナムはフランスから独立しました。しかし、1954年にベトナムは南北に分裂し、ベトナム戦争が始まりました。ベトナム戦争は1975年まで続き、北ベトナムが勝利しました。1976年、ベトナムは統一されました。 ベトナムの文学は、長い歴史を持つ伝統的な文学と、20世紀になってから生まれた新しい文学の2つに大別されます。伝統的な文学は、詩、散文、戯曲など、様々なジャンルがあります。新しい文学は、小説、短編小説、エッセイなど、主に小説を中心としています。 ベトナムの文学を代表する作家としては、グエン・ドゥー、ホー・チ・ミン、グエン・コンなどがあげられます。グエン・ドゥーは、18世紀に活躍した詩人で、代表作に叙事詩「キム・バン・チーエウ」があります。ホー・チ・ミンは、ベトナム独立運動の指導者であり、詩人でもあります。代表作に「故郷」があります。グエン・コンは、19世紀に活躍した小説家で、代表作に「阮氏演義」があります。 ベトナムの文学は、ベトナムの歴史や文化を反映しており、ベトナムの人々の生活や心情を深く描いています。ベトナムの文学は、世界文学の中でも重要な地位を占めています。
学術分野の人

清水広一郎:中世イタリア研究の第一人者

-中世イタリアの都市国家と市民- 中世イタリアは、都市国家が繁栄した時代でした。都市国家とは、都市とその周辺地域を支配する独立した政治組織です。中世イタリアには、ヴェネツィア、ミラノ、フィレンツェ、ローマなど、大小さまざまな都市国家が存在しました。 都市国家の台頭は、11世紀後半から12世紀初頭にかけて起こった商業革命に端を発します。商業革命により、ヨーロッパ各地との貿易が盛んになり、都市国家は経済的に発展しました。また、都市国家は、十字軍に参加して東方との交易路を確保し、さらなる経済発展を遂げました。 都市国家の経済発展に伴い、市民階級が台頭しました。市民階級とは、都市に住み、商業や手工業に従事する人々です。市民階級は、都市国家の政治に参加し、都市国家の運営に大きな影響力を持ちました。 市民階級の台頭は、都市国家の政治体制にも変化をもたらしました。従来、都市国家は、貴族や聖職者が支配する寡頭制でしたが、市民階級の力が強まると、共和制が成立するようになりました。共和制とは、市民が選挙によって政府を選出する政治体制です。 共和制の成立は、都市国家に民主主義をもたらしました。市民は、政府の政策決定に参加することができ、都市国家の運営に直接関与することができました。共和制の成立は、中世イタリアの都市国家を、ヨーロッパで最も進んだ政治体制を持つ地域の一つにしました。 中世イタリアの都市国家は、ルネサンスの発祥地でもありました。ルネサンスとは、14世紀から16世紀にかけて起こった、文化・芸術の復興運動です。ルネサンスは、都市国家の経済発展と市民階級の台頭を背景に起こりました。 ルネサンスは、絵画、彫刻、建築、文学など、さまざまな分野に影響を与えました。ルネサンスの芸術家たちは、古典古代の文化・芸術を復興させ、新しい芸術様式を生み出しました。ルネサンスの文学者たちは、古典古代の文献を研究し、新しい文学作品を創作しました。ルネサンスは、ヨーロッパ文化に大きな影響を与え、近代ヨーロッパの基礎を築きました。
芸能分野の人

– 山内久

-山内久の生い立ちと経歴- 山内久は、1943年1月1日、福岡県に生まれた。父は会社員、母は専業主婦であった。山内久は、幼少期からスポーツ万能で、中学時代には野球部に所属し、甲子園大会に出場した。高校時代には、ラグビー部に所属し、全国大会に出場した。 山内久は、高校卒業後、早稲田大学に進学した。大学時代には、ラグビー部に所属し、関東大学ラグビーリーグ戦で優勝した。また、山内久は、大学在学中に、日本代表に選出され、国際試合に出場した。 山内久は、大学卒業後、三洋電機に入社した。入社後は、ラグビー部に所属し、日本選手権で優勝した。また、山内久は、三洋電機在籍中に、日本代表に選出され、ワールドカップに出場した。 山内久は、1980年に、三洋電機を退社し、個人事務所を設立した。その後、山内久は、タレントとして、テレビやラジオに出演するようになった。また、山内久は、ラグビー解説者としても活躍するようになった。 山内久は、2023年現在、77歳である。現在は、タレントとして、テレビやラジオに出演するほか、ラグビー解説者としても活躍している。
学術分野の人

牛島信明について

-牛島信明の功績と影響- 牛島信明は、日本の実業家であり、三井住友銀行の創業者。日本の財界を牽引した人物であり、日本の経済発展に大きな貢献をした。 -三井住友銀行の創設- 牛島信明は、1870年(明治3年)に兵庫県に生まれる。1893年(明治26年)に東京高等商業学校(現一橋大学)を卒業し、三井銀行に入行する。1909年(明治42年)に三井銀行の頭取に就任し、1920年(大正9年)には三井銀行と住友銀行が合併して三井住友銀行が発足する。牛島信明は、三井住友銀行の初代頭取に就任し、日本の財界を牽引する存在となる。 -日本の経済発展への貢献- 牛島信明は、三井住友銀行の頭取として、日本の経済発展に大きな貢献をした。三井住友銀行は、日本の産業発展に必要な資金を供給し、日本の経済成長を支えた。牛島信明は、日本の産業発展に必要な資金を供給し、日本の経済成長を支えた。 -日本の財界への影響- 牛島信明は、日本の財界における影響力は非常に大きかった。牛島信明は、三井住友銀行の頭取として、日本の経済界を牽引する存在であり、日本の政界にも大きな影響力を持っていた。牛島信明は、日本の財界における影響力は非常に大きかった。 牛島信明は、1945年(昭和20年)に死去した。牛島信明は、日本の経済発展に大きな貢献をした功績から、1964年(昭和39年)に勲一等瑞宝章を受章している。牛島信明は、日本の財界における影響力は非常に大きかった。
文学分野の人

「大岡玲」1958-

大岡玲の代表作 大岡玲は、1958年生まれの日本の小説家、脚本家、エッセイストです。東京大学文学部卒業後、文芸春秋に入社し、「週刊文春」の記者を務めました。1981年に「表裏源内蛙合戦」で小説家としてデビューし、1988年に「優駿」で直木賞を受賞しました。 大岡玲は、幕末明治維新を舞台にした作品を多く執筆しており、その代表作には、 「表裏源内蛙合戦」 「半七捕物帳」 「優駿」 「維新秘話」 「竜馬伝」などがあります。 これらの作品は、いずれも史実に基づいており、幕末明治維新の時代を巧みに描いた力作です。大岡玲は、時代小説の第一人者として高く評価されており、その作品は多くの読者に愛されています。 「表裏源内蛙合戦」は、1868年の戊辰戦争を舞台にした作品です。主人公の源内は、幕府の隠密であり、新政府軍に潜入して情報収集を行います。源内は、新政府軍のリーダーである西郷隆盛と接触し、新政府軍の動きを探ります。しかし、源内の正体は新政府軍に知られてしまい、源内は追われる身となります。 「半七捕物帳」は、1840年代の江戸を舞台にした作品です。主人公の半七は、火付盗賊改方同心の役人であり、江戸の町で起こる事件を解決していきます。半七は、冷静沈着な性格であり、優れた推理力で事件を解決していきます。半七の活躍は、江戸の人々から尊敬されており、半七は、江戸の町を守るヒーローとして活躍します。 「優駿」は、1890年代の日本を舞台にした作品です。主人公の吉岡蔵人は、日本の競馬の創始者であり、日本で最初の競馬場である横浜競馬場の建設に尽力します。しかし、蔵人は、日本の競馬を独占しようとするイギリス人の陰謀に巻き込まれます。蔵人は、イギリス人の陰謀を阻止するために、多くの困難に立ち向かいます。 「維新秘話」は、1860年代の日本を舞台にした作品です。主人公の坂本龍馬は、日本の近代化に尽力した志士であり、維新の立役者の一人です。龍馬は、薩摩藩と長州藩の同盟を成立させ、新政府軍の結成に貢献します。龍馬は、日本の近代化のために、多くの困難に立ち向かいます。 「竜馬伝」は、幕末明治維新を舞台にした作品です。主人公の坂本龍馬は、日本の近代化に尽力した志士であり、維新の立役者の一人です。龍馬は、薩摩藩と長州藩の同盟を成立させ、新政府軍の結成に貢献します。龍馬は、日本の近代化のために、多くの困難に立ち向かいます。 大岡玲の作品は、いずれも史実に基づいており、幕末明治維新の時代を巧みに描いた力作です。大岡玲は、時代小説の第一人者として高く評価されており、その作品は多くの読者に愛されています。
学術分野の人

鼓直-ラテンアメリカ文学を日本に紹介した学者

人物紹介 鼓直(つづみ・ただし)は、1911年6月25日に東京市日本橋区(現・東京都中央区)で生まれた。父は医師の鼓直吉(つづみ・なおきち)、母はさだ。1929年に東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)を卒業後、1933年に東京帝国大学文学部文学科に入学。1937年に卒業し、同大学院に進学。1940年に中退し、文部省在外研究員としてメキシコに留学。1942年に帰国し、1943年に東京帝国大学文学部助手となる。1946年に東京大学文学部助教授に昇進し、1951年に教授に就任。 鼓は、メキシコ留学中にラテンアメリカ文学に出会い、その魅力にとりつかれた。帰国後は、ラテンアメリカ文学の研究・紹介に尽力した。1948年に『ラテンアメリカ文学史』を刊行し、1950年に『ラテンアメリカ短篇小説集』を編訳。1951年にはラテンアメリカ文学研究会を設立し、機関誌『ラテンアメリカ文学』を創刊した。また、1954年には、ラテンアメリカ文学の普及に貢献した功績が認められ、メキシコ政府よりアステカの鷲勲章を授与された。 鼓は、1972年に東京大学を定年退官。1973年にラテンアメリカ文学研究所を設立し、所長に就任。1977年には日本ラテンアメリカ協会の会長に就任した。1981年4月25日に東京都杉並区の自宅で逝去。享年70。 鼓のラテンアメリカ文学研究・紹介への貢献は、大きく評価されている。特に、ラテンアメリカ文学を日本に紹介したパイオニアとして知られている。鼓の著作や翻訳は、ラテンアメリカ文学の研究者や学生、一般読者に大きな影響を与えた。また、鼓が設立したラテンアメリカ文学研究会やラテンアメリカ文学研究所は、ラテンアメリカ文学の研究・紹介において重要な役割を果たしている。
学術分野の人

– 池内紀

-池内紀の生涯と功績- 池内紀は、1959年12月27日に東京都に生まれました。慶應義塾大学経済学部を卒業後、1982年に日本経済新聞社に入社しました。経済部記者、ワシントン支局長、経済部長などを歴任し、2009年に編集局長に就任しました。2013年からは、日本経済新聞社の社長を務めています。 池内紀は、経済ジャーナリストとして高い評価を受けており、数多くの賞を受賞しています。2002年には、新聞協会賞を受賞し、2008年には、日本経済新聞社論説賞を受賞しています。また、2012年には、藍綬褒章を受章しています。 池内紀は、日本経済の現状と課題について、数多くの評論を発表しています。池内紀は、日本経済の停滞の原因の一つとして、政府の経済政策の失敗を挙げています。池内紀は、政府が企業の過剰な規制を緩和し、投資を促進する必要があると主張しています。また、池内紀は、日本経済の活性化のためには、イノベーションを促進することが重要だと主張しています。池内紀は、政府がイノベーションを支援するための政策を講じる必要があると主張しています。 池内紀は、日本経済の将来について、楽観的な見方を示しています。池内紀は、日本経済は、政府の適切な経済政策によって、再び成長軌道に乗ることができると主張しています。また、池内紀は、日本経済は、世界経済の成長とともに、成長することができると主張しています。
文学分野の人

高橋秀実:平成時代のノンフィクション作家

-高橋秀実平成時代のノンフィクション作家- -生い立ちと経歴- 高橋秀実は1948年、東京都に生まれた。祖父は日本の思想家である高橋義孝、父は外交官の高橋通敏である。幼い頃から読書を好み、大学は東京大学文学部仏文科に進学した。卒業後は出版社に就職し、編集者として働く。 編集者として働いていた1970年代、高橋秀実はノンフィクション作家としてデビューする。1975年に発表した『死刑囚との対話』は、死刑囚の心理と生き様を克明に描いたルポルタージュであり、大きな反響を呼んだ。 『死刑囚との対話』の成功を受け、高橋秀実はノンフィクション作家として活動を本格化させる。1980年代には『一億総白痴化』『日本沈没』『ソ連帝国の崩壊』などの作品を発表し、社会現象を巻き起こした。 高橋秀実の作品は、徹底した取材と鋭い洞察力によって、社会の闇や矛盾を浮き彫りにする。それは多くの読者に衝撃を与え、社会問題への意識を高めることに貢献した。 1990年代以降、高橋秀実はノンフィクション作家としてだけでなく、評論家やタレントとしても活躍した。2018年に亡くなるまで、日本の言論界に大きな影響を与え続けた。
文学分野の人

伴野朗 – 伝説の推理作家

- 異色の経歴を持つ作家 伴野朗は、異色の経歴を持つ作家として知られている。大学卒業後は、証券会社に就職し、株式アナリストとして活躍した。その後、30歳の時に作家デビューし、代表作である「警官の血」で直木賞を受賞した。同作は、警察官の主人公が、連続殺人事件を追うというストーリーで、その緻密なプロットとリアルな描写が評価された。 伴野は、作中で警察の捜査や裁判の描写を細部まで正確に描き、リアリティのある作品を執筆している。その理由は、彼が株式アナリストとして働いていた頃に、警察や裁判所を取材していた経験があるからである。また、伴野は、作中で社会問題や人間の心理を鋭く描くことで知られており、彼の作品は、読者に深い洞察を与えてくれる。 伴野は、異色の経歴を持つ作家として、独自の視点で社会や人間を描いており、彼の作品は、多くの読者に愛されている。
文学分野の人

内田洋子:イタリアを愛するエッセイストの軌跡

-内田洋子の人物像と経歴- 内田洋子は、1953年生まれの日本の旅行エッセイスト、作家です。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社に勤務。1980年代からイタリアを旅し、1987年に『イタリア・愛のかたち』でデビュー。以降、イタリアを題材にしたエッセイや小説を数多く発表しています。 内田洋子は、イタリアの文化や歴史、人々を愛するエッセイストとして知られています。彼女の作品は、イタリアの美しい景色や街並み、人々の温かさや優しさなどを生き生きと描き出しています。また、イタリアの食文化やファッション、音楽などについても多くの著作があります。 内田洋子は、イタリアへの愛を多くの人に伝えた功績が認められ、2003年にイタリア共和国功労勲章を受章しています。また、2009年には、イタリア政府観光局の親善大使にも任命されています。 内田洋子は、現在もイタリアに在住しており、執筆活動を続けています。彼女の作品は、日本だけでなく、イタリアでも翻訳されており、多くの読者に愛されています。 内田洋子は、イタリアを愛するエッセイストとして、多くの読者にイタリアの魅力を伝えてきました。彼女の作品は、イタリアの美しい景色や街並み、人々の温かさや優しさを生き生きと描き出しており、読む人の心を魅了します。また、イタリアの食文化やファッション、音楽などについても多くの著作があり、イタリアの文化を深く理解するための貴重な資料となっています。