東京大学教授

学術分野の人

坂部恵の思想と作品

坂部恵のプロフィール 坂部恵は1980年、東京に生まれる。幼少期から絵画に興味を持ち、高校卒業後は多摩美術大学油画科に進学する。在学中に「第10回安井賞」を受賞し、注目を集める。大学卒業後は、画家として活動を開始。2005年には、「第3回大原美術館大賞展」で最優秀賞を受賞。その後も、国内外の美術館やギャラリーで個展やグループ展を開催している。 坂部恵は、主に油彩画で作品を制作している。彼女の作品は、鮮やかな色彩と抽象的な表現が特徴である。また、自然や宇宙、人間の存在などをテーマにした作品が多い。 坂部恵の作品は、国内外で高く評価されている。2016年には、彼女の作品がニューヨーク近代美術館のコレクションに加えられた。また、2017年には、「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ」に出展された。 坂部恵は、現代を代表する画家の一人である。彼女の作品は、見る人に強い印象を与え、多くの人の心を捉えている。
学術分野の人

山川健次郎-日本の物理学者,教育者

生涯 山川健次郎は、1915年(大正4年)3月24日に群馬県多野郡万場町(現在の多野郡上野村)で、父・山川徳太郎と母・山川よねの長男として生まれた。 1927年(昭和2年)に旧制上野尋常小学校(現在の多野郡上野村立上野小学校)を卒業し、1931年(昭和6年)に旧制万場中学校(現在の群馬県立万場高等学校)を卒業した。 1935年(昭和10年)に東京帝国大学理学部物理学科に入学し、1939年(昭和14年)に卒業した。同年、東京帝国大学理学部助手となり、1941年(昭和16年)に講師、1944年(昭和19年)に助教授に昇進した。 1948年(昭和23年)に、東京大学理学部教授に昇進した。1963年(昭和38年)に、東京大学総長に就任し、1967年(昭和42年)まで務めた。 1970年(昭和45年)に、日本学士院会員に選出された。1979年(昭和54年)に、勲一等瑞宝章を受章した。 1986年(昭和61年)に、東京大学名誉教授を辞任した。1991年(平成3年)11月19日に、東京都文京区の自宅で老衰のため死去した。享年76歳。 山川健次郎は、日本の物理学者、教育者として、日本の物理学の発展に大きな貢献をした。
学術分野の人

増田義郎:日本におけるラテンアメリカ研究の開拓者

- 功績と業績 増田義郎は、日本におけるラテンアメリカ研究の開拓者として知られる人物です。1906年に東京で生まれ、1929年に東京帝国大学を卒業しました。その後、1931年にラテンアメリカへの留学を命じられ、チリ大学とメキシコ国立自治大学で学びました。1934年に帰国し、東京帝国大学助教授に就任しました。 増田義郎は、1937年に東京帝国大学教授に就任し、1940年に東京帝国大学文学部ラテンアメリカ研究室を創設しました。この研究室は、日本におけるラテンアメリカ研究の中心的な拠点となり、多くの研究者を輩出しました。増田義郎自身も、ラテンアメリカの政治、経済、社会、文化などに関する多くの著作を発表しました。 増田義郎の著作は、ラテンアメリカ研究の分野に大きな影響を与えました。特に、彼のラテンアメリカの政治に関する著作は、ラテンアメリカにおける政治的不安定性や軍事政権の台頭を分析したもので、多くの研究者に影響を与えました。また、彼のラテンアメリカの経済に関する著作は、ラテンアメリカの経済発展の課題やラテンアメリカの国際経済秩序への参加を分析したもので、多くの経済学者に影響を与えました。 増田義郎は、1973年に東京大学を定年退職しました。その後も、ラテンアメリカ研究の分野で活躍を続け、1986年に亡くなりました。増田義郎は、日本におけるラテンアメリカ研究の開拓者として、多くの研究者に影響を与え、ラテンアメリカ研究の分野の発展に貢献しました。
学術分野の人

南摩綱紀とは?明治時代の教育者を紹介

-南摩綱紀の生い立ちと経歴- 南摩綱紀は、1842年に下野国芳賀郡(現在の栃木県芳賀郡)に生まれた。父親は郷士の南摩周蔵で、母親は沢田氏。綱紀は幼い頃から勉強熱心で、15歳の時に江戸に出て、昌平黌に入学した。昌平黌は、幕府が設置した最高学府であり、綱紀はここで儒学や経書を学んだ。 1863年、綱紀は昌平黌を卒業し、幕府の役人となった。しかし、1868年に明治維新が起こり、綱紀は役人を辞職して故郷に戻った。その後、綱紀は地元の学校で教師として働きながら、教育改革を訴えた。 1872年、綱紀は文部省の官僚となり、教育行政に携わった。綱紀は、学制発布や師範学校の設立など、日本の近代教育制度の確立に尽力した。また、綱紀は、女子教育の推進にも努め、女子師範学校や女子専門学校の設立に貢献した。 1886年、綱紀は文部省を退官した。退官後は、教育団体の会長や顧問を務めながら、教育の発展に尽力した。1920年、綱紀は東京で死去した。享年78歳。 綱紀は、日本の近代教育の父と呼ばれている。綱紀の教育改革は、日本社会の近代化に大きな影響を与えた。また、綱紀は、女子教育の推進にも努め、女性の社会的地位の向上に貢献した。
学術分野の人

川田侃 – 日本の国際関係論研究の草分け

-川田侃の生涯と経歴- 川田侃は、1911年3月15日に東京に生まれた。東京帝国大学法学部政治学科を卒業後、1934年に外務省に入省した。1937年には、ロンドン大学政治経済学部に留学し、アラステア・マッキンタイアに師事した。帰国後は外務省に戻り、欧米局勤務などを経て、1950年に駐米公使となった。1952年には外務省を退官し、東京大学法学部教授に就任した。 東京大学法学部教授時代には、国際政治学の講義を担当し、日本の国際関係論研究の草分け的存在として活躍した。1960年には、日本国際政治学会の初代会長に就任した。1962年には、東京大学総長に就任したが、1968年の学生運動の拡大を受けて辞任した。 東京大学総長辞任後は、日本国際政治学会会長や東京大学名誉教授などの要職を歴任した。1985年には、勲一等旭日大綬章を受章した。1994年10月11日に死去した。 川田侃は、日本の国際関係論研究の草分け的存在であり、日本の外交政策に大きな影響を与えた。その功績は高く評価されており、日本国際政治学会賞や川田侃賞など、数多くの賞を受賞している。
学術分野の人

– 平岡盛三郎:物理学者

-幕府留学生としてロンドンへ- 平岡盛三郎は、1869年(明治2年)に幕府留学生としてロンドンに派遣されました。当初は物理学者になるつもりはなく、工学を学ぶ予定でした。しかし、ロンドンに到着して間もなく、物理学の講義を聞いて興味を持ち、物理学者になることを決意しました。 平岡は、ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジで物理学を学びました。同大学には、ジェームズ・クラーク・マクスウェル、ウィリアム・トムソン(ケルヴィン卿)、ジョン・ティンダルなど、当時の物理学の第一人者が集まっていました。平岡は、これらの学者たちから物理学の最先端の知識を学び、急速に成長していきました。 1872年(明治5年)にロンドン大学を卒業した平岡は、日本に戻りました。そして、東京大学教授に就任し、物理学の教育と研究に尽力しました。平岡は、日本の物理学の発展に大きな貢献をしただけでなく、日本の近代化にも貢献しました。 平岡は、1884年(明治17年)に東京大学総長に就任しました。総長在任中は、大学の改革に尽力し、日本の近代化に貢献しました。平岡は、1901年(明治34年)に総長を辞任しましたが、その後も物理学の研究を続け、1922年(大正11年)に76歳で亡くなりました。 平岡は、日本の物理学の父と呼ばれています。平岡の功績は、日本の近代化に大きな貢献をしただけでなく、日本の物理学の発展にも大きな貢献をしました。
学術分野の人

– 池内紀

-池内紀の生涯と功績- 池内紀は、1959年12月27日に東京都に生まれました。慶應義塾大学経済学部を卒業後、1982年に日本経済新聞社に入社しました。経済部記者、ワシントン支局長、経済部長などを歴任し、2009年に編集局長に就任しました。2013年からは、日本経済新聞社の社長を務めています。 池内紀は、経済ジャーナリストとして高い評価を受けており、数多くの賞を受賞しています。2002年には、新聞協会賞を受賞し、2008年には、日本経済新聞社論説賞を受賞しています。また、2012年には、藍綬褒章を受章しています。 池内紀は、日本経済の現状と課題について、数多くの評論を発表しています。池内紀は、日本経済の停滞の原因の一つとして、政府の経済政策の失敗を挙げています。池内紀は、政府が企業の過剰な規制を緩和し、投資を促進する必要があると主張しています。また、池内紀は、日本経済の活性化のためには、イノベーションを促進することが重要だと主張しています。池内紀は、政府がイノベーションを支援するための政策を講じる必要があると主張しています。 池内紀は、日本経済の将来について、楽観的な見方を示しています。池内紀は、日本経済は、政府の適切な経済政策によって、再び成長軌道に乗ることができると主張しています。また、池内紀は、日本経済は、世界経済の成長とともに、成長することができると主張しています。
学術分野の人

「渡辺渡」(1857-1919 明治-大正時代の鉱山学者)

-渡辺渡の生涯- -生い立ち- 渡辺渡は、文久元年(1861年)1月15日に、越後国三条市(現・新潟県三条市)の、医師・渡辺吉郎の五男として生まれました。 幼い頃から鉱物や地質に興味を持ち、独学で鉱山学を学びました。 -鉱山学者としての活躍- 明治12年(1879年)に東京大学に入学し、鉱山学科で学びました。 明治15年(1882年)に卒業後、鉱山局に就職し、鉱山技師として働きました。 明治19年(1886年)に、帝国大学鉱山学科の助教授に就任し、鉱物学と地質学を教え始めました。 明治23年(1890年)に、ドイツに留学し、ハイデルベルク大学で鉱物学を学びました。 明治25年(1892年)に帰国後、帝国大学鉱山学科の教授に就任し、鉱物学と地質学の研究を続けました。 明治32年(1899年)に、工学博士の学位を取得しました。 明治35年(1902年)に、帝国大学鉱山学科の部長に就任しました。 明治38年(1905年)に、東京帝国大学理学部長に就任しました。 大正8年(1919年)に、脳出血で死去しました。 -功績- 渡辺渡は、日本の鉱山学の発展に大きく貢献しました。 鉱物学と地質学の研究を行い、多くの論文を発表しました。 また、鉱山技師として、日本の鉱山開発に携わり、日本の鉱物資源の開発に貢献しました。 さらに、帝国大学鉱山学科の教授として、多くの学生を育て、日本の鉱山学の発展に寄与しました。 渡辺渡は、日本の鉱山学の父と呼ばれ、日本の鉱山学の発展に大きな影響を与えました。
音楽分野の人

「小松清(1)」

小松清の生涯 小松清は、1884年1月2日に東京市本郷区に生まれた。父は小松清平、母は小松キクである。清は、6人兄弟の4番目として生まれ、幼少期は東京で過ごした。清は、1901年に東京高等師範学校に入学し、1905年に卒業した。卒業後は、東京府立第一中学校の教諭となった。清は、1908年に東京帝国大学法科大学に入学し、1912年に卒業した。卒業後は、内務省に入省し、地方行政に従事した。 1919年に、清は内務省を退職し、弁護士を開業した。清は、1920年に東京市会議員に当選し、1924年に東京市長に就任した。清は、1928年に東京市長を退任し、1932年に衆議院議員に当選した。清は、1942年に衆議院議員を退任し、1945年に死去した。 清は、東京市長として、都市計画や社会福祉に尽力した。清は、東京の交通網を整備し、公園や図書館を建設した。また、清は、貧困層の救済や労働者のための住宅建設にも取り組んだ。清は、東京市長として、東京の発展に貢献した。 清は、衆議院議員として、法整備や外交政策に尽力した。清は、労働法や社会保険法の制定に貢献した。また、清は、日中戦争や太平洋戦争の終結に尽力した。清は、衆議院議員として、日本の近代化に貢献した。
学術分野の人

「小口偉一」について

-小口偉一とは- 小口偉一は、日本の元プロ野球選手であり、現在は野球解説者・タレントとして活躍している。1966年9月16日生まれ、東京都出身。右投げ右打ち。 小口は、1985年のドラフト会議で西武ライオンズから1位指名を受け入団。1986年4月10日のロッテオリオンズ戦でプロ初出場を果たし、同年5月25日の阪急ブレーブス戦でプロ初安打を記録した。1987年には一軍に定着し、104試合に出場して打率.302、4本塁打、40打点の成績を残した。 1988年にはオールスターゲームに初出場し、ベストナインにも選出された。その後も西武の主力選手として活躍し、1990年には日本シリーズでMVPを獲得した。1993年オフにFA宣言し、読売ジャイアンツに移籍。1994年には読売の日本一に貢献した。 1995年オフにオリックス・ブルーウェーブ、1997年オフに横浜ベイスターズに移籍。2000年限りで現役を引退した。2001年から野球解説者・タレントとして活動している。 小口は、通算1532試合に出場し、打率.289、182本塁打、878打点を記録した。ベストナイン1回、ゴールデングラブ賞2回、日本シリーズMVP1回を受賞した。
学術分野の人

三宅三郎 – 物理学者

-物理学者・三宅三郎の歩み- 三宅三郎は、1929年(昭和4年)に北海道札幌市に生まれた物理学者です。東京大学理学部物理学科を卒業後、東京大学大学院理学研究科物理学専攻に進学しました。1957年(昭和32年)に東京大学大学院理学研究科物理学専攻を修了し、東京大学理学部助手になりました。 1960年(昭和35年)に東京大学理学部助教授に就任し、1967年(昭和42年)に東京大学理学部教授に就任しました。1973年(昭和48年)に東京大学理学部長に就任し、1979年(昭和54年)に東京大学総長に就任しました。 三宅三郎は、素粒子物理学の研究に大きな貢献をしました。特に、素粒子の相互作用を研究し、素粒子物理学の基礎理論である標準模型の確立に貢献しました。また、東京大学総長として、大学の改革に尽力し、大学の国際化を推進しました。 三宅三郎は、1999年(平成11年)に亡くなりました。享年70歳でした。三宅三郎の功績は、物理学界に大きな影響を与え、今日でも高く評価されています。 -三宅三郎の主な受賞歴- * 日本学士院賞(1973年) * 文化功労者(1989年) * 朝日賞(1990年) * 日本国際賞(1994年)
学術分野の人

中尾喜久:昭和-平成の医師の生涯とキャリア

中尾喜久昭和-平成の医師の生涯とキャリア 中尾喜久の生涯 中尾喜久は、1930年に大阪府に生まれました。1955年に大阪大学医学部を卒業し、同大学の第二内科に入局しました。1961年に、アメリカ合衆国のハーバード大学に留学し、1963年に帰国しました。1964年に、大阪大学医学部第二内科の助教授に就任し、1969年に、同大学の教授に就任しました。1974年に、大阪大学医学部附属病院の院長に就任し、1980年に、同大学の学長に就任しました。1986年に、同大学の学長を退任し、1987年に、大阪大学名誉教授の称号を授与されました。1990年に、国際医療福祉大学を開学し、同大学の学長に就任しました。2000年に、同大学を退任し、2001年に、大阪大学名誉教授の称号を再び授与されました。2015年に、大阪で死去しました。 中尾喜久は、消化器の研究で世界的な権威者として知られており、大阪大学医学部第二内科の主任教授として、多くの医師を育成しました。また、大阪大学医学部附属病院の院長として、同病院の近代化に尽力しました。さらに、大阪大学学長として、同大学の国際化を推進しました。また、国際医療福祉大学を開学し、同大学の学長として、医療福祉の向上に尽力しました。 中尾喜久は、昭和-平成の医師として、医療の発展に大きく貢献しました。その功績は、現在でも高く評価されています。
学術分野の人

木下広次 – 明治時代の法学者、教育家

木下広次は、明治時代の法学者、教育家です。1843年、肥前国(現在の佐賀県)に生まれました。1863年に江戸に出て、慶應義塾で学びました。卒業後は、明治政府に出仕し、法制局の編纂官などを歴任しました。1877年には、東京大学法学部教授に就任し、民法や商法を講じました。1893年には、東京帝国大学の総長に就任し、1897年まで務めました。1900年には、貴族院議員に勅選され、1906年まで務めました。1907年に死去しました。 木下広次は、明治時代の法学の発展に大きく貢献しました。民法や商法の制定に携わり、東京大学法学部で民法や商法を講じて、多くの学生を育てました。また、東京帝国大学の総長として、日本の大学の近代化に尽力しました。 木下広次は、教育者としても活躍しました。東京大学法学部で民法や商法を講じただけでなく、1881年に創立された早稲田大学の初代学長を務めました。早稲田大学では、法学部の他、政治経済学部や商学部を創設し、大学の規模を拡大しました。また、早稲田大学に図書館や講堂を建設し、大学の近代化に尽力しました。 木下広次は、明治時代の法学者、教育家として、日本の近代化に大きく貢献しました。
学術分野の人

石弘之 – 昭和後期から平成時代のジャーナリスト

-石弘之の経歴と功績- 石弘之(1937-2019)は、昭和後期から平成時代のジャーナリストです。フリージャーナリストとして活躍し、社会問題や政治問題など幅広いテーマを扱いました。 石弘之は、1937年に東京で生まれました。早稲田大学政治経済学部を卒業後、1961年に毎日新聞社に入社しました。毎日新聞社では、社会部記者として活躍し、社会問題や政治問題などを取材しました。 1971年、石弘之は毎日新聞社を退社し、フリージャーナリストとして独立しました。フリージャーナリストとしては、雑誌や新聞などに記事を執筆したり、テレビやラジオに出演したりして活躍しました。 石弘之は、社会問題や政治問題など幅広いテーマを扱いましたが、特に力を入れたのは日本の政治腐敗の追及でした。石弘之は、政官財癒着や汚職など、日本の政治腐敗の実態を明らかにしました。 石弘之のジャーナリズムに対する姿勢は、ジャーナリズムのあり方について大きな影響を与えました。石弘之は、ジャーナリストは権力者に媚びることなく、社会の不正を明らかにする使命を負っていると主張しました。 石弘之は、1987年に日本ジャーナリスト会議(JCJ)の会長に就任しました。JCJの会長としては、ジャーナリズムの自由を守り、ジャーナリストの権利を守るために尽力しました。 石弘之は、2019年に82歳で死去しました。石弘之のジャーナリズムに対する姿勢は、ジャーナリズムのあり方について大きな影響を与え続けると言われています。
学術分野の人

宇野精一 – 昭和-平成時代の中国哲学者

- 宇野精一の人生と経歴 宇野精一(1903-1990)は、昭和から平成時代にかけて活躍した日本の中国哲学者である。中国思想史研究の第一人者として知られ、特に儒学と道教の研究で業績を上げた。 宇野精一は、1903年に北海道河西郡豊頃町に生まれた。札幌第一中学校(現北海道札幌南高等学校)卒業後、1924年に東京帝国大学文学部哲学科に入学した。在学中は、吉川幸次郎、高坂正顕、西晋一郎らに師事し、中国哲学の研究に没頭した。 1928年に東京帝国大学を卒業後、宇野精一は中京大学(現中京大学)の教授に就任した。その後、京都帝国大学文学部(現京都大学文学研究科)の教授、東京学芸大学学長などの要職を歴任した。また、中国思想研究会会長、日本学術会議会員なども務めた。 宇野精一は、中国思想史研究の第一人者として知られ、特に儒学と道教の研究で業績を上げた。儒学については、「儒学史の研究」(1937年)、「儒学と道教」(1960年)、「孔子の思想」(1973年)などの著作を発表した。道教については、「道教史の研究」(1939年)、「道教の思想」(1963年)などの著作を発表した。 宇野精一の研究は、中国思想史の研究に大きな影響を与えた。特に、儒学と道教の関係について、新しい見解を提示し、それまでの儒学研究の常識を覆した。また、宇野精一の研究は、日本の文化にも大きな影響を与えた。宇野精一は、儒教と道教の思想を日本の文化に導入し、日本の文化の形成に貢献した。 宇野精一は、1990年に87歳で死去した。
学術分野の人

渡辺一夫 – フランス文学者,評論家

-渡辺一夫の生涯- 渡辺一夫は、1913年9月2日に東京市日本橋区馬喰町(現・東京都中央区日本橋馬喰町)に生まれた。父は綿花商の渡辺庄太郎、母はしずゑ。渡辺は、慶應義塾大学文学部仏文科に進学し、1936年に卒業した。大学卒業後は、慶應義塾大学文学部助手、早稲田大学文学部講師を歴任し、1946年に慶應義塾大学文学部助教授となった。 1950年、渡辺はフランス政府給費留学生としてフランスに留学し、パリ大学ソルボンヌ校でフランス文学を研究した。1953年に帰国し、慶應義塾大学文学部教授に就任した。1963年、渡辺は立教大学文学部教授に就任し、1979年に定年退職した。 渡辺は、フランス文学の研究者として知られ、多くの著書を執筆した。その中でも、代表作は「フランス文学史」(1957年)、「フランス文学入門」(1960年)、「近代フランス文学史」(1968年)などである。渡辺は、また、文芸評論家としても活躍し、多くの評論を執筆した。その中でも、代表作は「現代フランス文学の課題」(1959年)、「フランス文学の伝統」(1964年)、「フランス文学の現在」(1970年)などである。 渡辺は、フランス文学の研究と文芸評論の分野で大きな功績を残し、1983年に文化功労者に選ばれた。渡辺は、1993年11月1日に東京都世田谷区の自宅で死去した。享年80。
学術分野の人

高山英華-都市計画の開拓者

都市工学科の創設 高山英華は、都市工学科という新しい学科を創設しました。これは、都市計画の分野で専門的な教育と訓練を提供する最初の学科でした。都市工学科の創設は、都市計画の分野の発展にとって画期的な出来事でした。それまで、都市計画は建築学や土木工学などの他の分野の一部として扱われていました。しかし、都市工学科の創設により、都市計画は独立した学問分野として確立されました。 都市工学科の創設は、高山英華の都市計画に対する深い情熱と、都市の抱える問題を解決したいという強い思いから生まれました。高山英華は、都市は単なる建物の集合体ではなく、人々が生活する場所であり、都市計画は人々の生活をより良くするための重要な役割を果たしていると信じていました。 都市工学科のカリキュラムは、高山英華の都市計画に対する考え方に基づいて構成されていました。カリキュラムには、都市計画の基礎理論から、都市計画の実践的な技術まで、幅広い科目が含まれていました。また、都市工学科では、学生が実際の都市計画プロジェクトに参加する機会が提供されました。 都市工学科の創設は、都市計画の分野に大きな影響を与えました。都市工学科の卒業生は、都市計画の分野で活躍するようになり、都市計画の理論と実践の発展に貢献しました。また、都市工学科の創設は、他の大学でも都市工学科が創設されるきっかけとなり、都市計画の分野の発展に大きな役割を果たしました。
学術分野の人

秋山光和:光学的手法を取り入れた美術史家

-# 秋山光和光学的手法を取り入れた美術史家 秋山光和は、光学的手法を使って美術史を研究する美術史家です。具体的には、絵画作品を撮影してデジタルデータ化し、それをコンピュータで分析して絵画制作のプロセスを解明しています。 秋山氏の研究成果は、美術史の世界に大きな影響を与えています。例えば、秋山氏は、ジェラルド・デヴィッドによる『羊飼いの礼拝』の制作プロセスを解明し、デヴィッドが遠近法を用いて絵画に奥行き感を与えていたことを明らかにしました。また、秋山氏は、レオナルド・ダ・ヴィンチによる『最後の晩餐』の修復過程を記録し、この修復によって絵画が損傷したことを明らかにしました。 秋山氏の業績は、学士院賞の受賞など、国内外で高く評価されています。秋山氏の研究は、美術史の発展に大きく貢献しており、今後もその研究成果が注目されています。 -# 学士院賞受賞の研究成果 2019年、秋山氏は日本学士院賞を受賞しました。この受賞は、秋山氏の「美術史における光学的手法の活用に関する研究」に対するものでした。 秋山氏は、光学的手法を使って美術史を研究することにより、絵画制作のプロセスを解明したり、絵画の修復過程を記録したりするなど、多くの成果を上げてきました。秋山氏の研究成果は、美術史の世界に大きな影響を与えており、学士院賞の受賞は、その功績に対する評価といえます。 秋山氏の研究成果の1つに、ジェラルド・デヴィッドによる『羊飼いの礼拝』の制作プロセスの解明があります。秋山氏は、この絵画を撮影してデジタルデータ化し、それをコンピュータで分析することにより、デヴィッドが遠近法を用いて絵画に奥行き感を与えていたことを明らかにしました。この研究成果は、デヴィッドの制作技法を明らかにする上で重要な意味を持っています。 秋山氏の研究成果のもう1つに、レオナルド・ダ・ヴィンチによる『最後の晩餐』の修復過程の記録があります。秋山氏は、この絵画の修復過程を撮影し、その映像を記録しました。秋山氏の記録映像は、この絵画の修復過程を詳細に記録した唯一の映像であり、この絵画の修復史を研究する上で貴重な資料となっています。
学術分野の人

樫村清徳- 明治時代の医師

樫村清徳の生涯 樫村清徳(かしむらきよのり)は、明治時代の医師です。1845年(弘化2年)に肥後国玉名郡御船(現・熊本県玉名郡御船町)に生まれ、1912年(明治45年)に東京で亡くなりました。 樫村清徳は、1871年(明治4年)に東京医学校(現・東京大学医学部)を卒業し、内務省衛生局に勤務しました。1876年(明治9年)にヨーロッパに留学し、ドイツのベルリン大学で病理学を学びました。1880年(明治13年)に帰国し、東京大学医学部の教授に就任しました。 樫村清徳は、1885年(明治18年)に日本医師会を設立し、初代会長に就任しました。また、1887年(明治20年)には日本医学界を代表する医学雑誌「日本医学雑誌」を創刊しました。 樫村清徳は、1890年(明治23年)に東京帝国大学(現・東京大学)の初代総長に就任しました。1897年(明治30年)には、日本赤十字社の第2代社長に就任しました。 樫村清徳は、1912年(明治45年)に東京で亡くなりました。享年68歳でした。 樫村清徳は、日本の近代医学の発展に多大な貢献をした医師であり、日本の近代医学の父の一人と呼ばれています。
学術分野の人

「寺尾寿」

-「寺尾寿」- * -東京物理学校(現東京理大)初代校長- 寺尾寿は、日本の物理学者、教育者、技術者である。東京物理学校(現東京理大)の初代校長を務めた。 -生い立ちと学歴- 1855年(安政2年)に東京に生まれる。東京大学予備門を卒業後、1875年(明治8年)に東京大学理学部物理学科に入学する。1879年(明治12年)に東京大学を卒業し、大学院に進学する。1881年(明治14年)に大学院を修了し、理学博士の学位を取得する。 -経歴- 1881年(明治14年)から東京大学物理学科の助教授を務める。1886年(明治19年)に東京物理学校(現東京理大)の校長に就任する。東京物理学校は、工学系の教育機関であり、寺尾は初代校長として学校の発展に尽力する。1890年(明治23年)に東京物理学校は東京高等工業学校(現東京工業大学)に改組され、寺尾は校長を退任する。 1890年(明治23年)から東京帝国大学理学部教授を務める。1893年(明治26年)に東京帝国大学総長に就任する。1897年(明治30年)に東京帝国大学総長を退任する。その後、東京物理学校(現東京理大)の学長を務める。 -業績- 寺尾は、物理学の分野で多くの業績を残した。1885年(明治18年)に、日本の物理学者として初めて、光の波長を測定した。また、1887年(明治20年)に、日本の物理学者として初めて、電子の存在を証明した。 寺尾は、教育者としても大きな功績を残した。東京物理学校(現東京理大)の校長として、日本の工学教育の発展に貢献した。また、東京帝国大学総長として、日本の大学教育の改革に尽力した。 -受賞歴- * 1891年(明治24年)勲三等瑞宝章 * 1893年(明治26年)勲二等瑞宝章 * 1897年(明治30年)勲一等瑞宝章 * 1915年(大正4年)文化勲章 寺尾は、1921年(大正10年)に66歳で逝去した。
学術分野の人

坂野潤治:日本史上の近代史の権威

-# 明治憲法体制の確立と近代日本の国家構想 坂野潤治は、明治憲法体制の確立と近代日本の国家構想に大きな影響を与えた日本の歴史家です。坂野は、幕末から明治維新にかけての混乱期に生まれた世代で、近代日本の国家建設を目の当たりにしてきました。 坂野は、明治憲法体制が日本の近代化にとって不可欠であると信じていました。坂野は、憲法体制が日本の政治的安定と経済発展を保障し、日本を近代国家として国際社会で認められるようにすると主張しました。 坂野は、近代日本の国家構想についても大きな影響を与えました。坂野は、近代日本は天皇を元首とする君主立憲国家であるべきだと主張しました。坂野は、天皇が日本の伝統と文化の象徴であり、国民の統合の象徴であると信じていました。 坂野の思想は、明治憲法体制の確立と近代日本の国家構想に大きな影響を与えました。坂野の思想は、近代日本を近代国家として発展させるのに役立ちました。 -# 坂野潤治の功績 坂野潤治は、日本の近代化に大きな貢献をした歴史家です。坂野は、明治憲法体制の確立と近代日本の国家構想に大きな影響を与えました。坂野の思想は、近代日本を近代国家として発展させるのに役立ちました。 坂野潤治の功績を以下にまとめます。 * 明治憲法体制の確立に貢献した * 近代日本の国家構想に大きな影響を与えた * 近代日本を近代国家として発展させるのに役立った 坂野潤治は、日本の近代化に大きな貢献をした歴史家として、その功績は高く評価されています。
学術分野の人

「中村正直」

-中村正直- -幕末-明治時代の教育者,啓蒙思想家- 中村正直は、日本の幕末から明治時代にかけての教育者、啓蒙思想家である。昌平坂学問所に入学し、儒学を学ぶ。その後、洋学を学ぶために長崎に遊学する。帰国後は、昌平坂学問所に復学し、洋学を講義する。幕府が倒れ、明治政府が成立すると、文部省に勤務する。文部省では、学制の制定や教育制度の改革に尽力する。また、民間の学校を設立し、教育の普及に努める。正直は、日本の近代教育制度の確立に大きな貢献をした人物である。 -幼年期から青少年期- 中村正直は、1832年(天保3年)7月14日、江戸の牛込津久戸に生まれる。父は中村徳太郎、母はすがである。徳太郎は、甲州街道の飯田宿にある本陣「中村屋」の次男で、江戸に出て呉服商を営んでいた。すがは、武蔵国榛沢郡の豪農の娘である。正直は、幼少期から聡明で、読書を好んだ。10歳のとき、昌平坂学問所に入学し、儒学を学ぶ。昌平坂学問所は、江戸幕府の最高学府であり、全国から優秀な学生が集まっていた。正直は、昌平坂学問所で、朱子学を学び、特に朱子学者の伊藤仁斎に傾倒する。 -長崎遊学と洋学への傾倒- 1853年(嘉永6年)、ペリーが浦賀に来航する。ペリー来航は、日本に大きな衝撃を与え、幕府は国防の強化を図る。正直も、国防の強化のために洋学を学ぶ必要があると考え、1855年(安政2年)に昌平坂学問所を退学して長崎に遊学する。長崎は、当時の日本における洋学の中心地であり、多くの洋学者が集まっていた。正直は、長崎で、オランダ語を学び、西洋の自然科学や政治思想を学ぶ。正統な西洋医学を勉強した、シーボルトの弟子である、伊東玄朴、その伊東玄朴の愛弟子だった松本良順、それにオランダ軍医のポンペ・ファン・メールデルフォールトから直接指導を受けている。 -昌平坂学問所への復学と洋学講義- 1858年(安政5年)、正直は長崎から帰国し、昌平坂学問所に復学する。昌平坂学問所では、洋学を講義する。正直の洋学講義は、とても人気があり、多くの学生が集まった。正直は、洋学講義の中で、西洋の自然科学や政治思想を紹介し、日本の近代化の必要性を説いた。正直の洋学講義は、日本の近代化に大きな影響を与えた。 -明治政府への出仕と教育改革- 1868年(明治元年)、幕府が倒れ、明治政府が成立する。正直は、明治政府に出仕し、文部省に勤務する。文部省では、学制の制定や教育制度の改革に尽力する。正直は、1872年(明治5年)に公布された学制の起草に参加し、日本の近代教育制度の確立に大きな貢献をした。 -民間の学校設立と教育の普及- 正直は、文部省を退官した後、民間の学校を設立し、教育の普及に努めた。正直は、1875年(明治8年)に東京専門学校を設立する。東京専門学校は、日本の最初の私立専門学校であり、多くの学生が学んだ。正直は、東京専門学校の校長として、教育の充実を図り、日本の近代化に貢献した。 -晩年と死- 正直は、1891年(明治24年)に死去する。享年59歳であった。正直は、日本の近代教育制度の確立に大きな貢献をした人物であり、日本の近代化に大きな影響を与えた。
学術分野の人

高橋明 泌尿器科学のパイオニア

-泌尿器科の礎を築いた先駆者- 泌尿器科学のパイオニアである高橋明は、1865年に茨城県に生まれました。1889年に東京帝国大学を卒業し、その後、ドイツに留学して泌尿器科学を学びました。帰国後は、東京帝国大学医学部教授となり、泌尿器科の礎を築きました。 高橋明は、泌尿器科領域の多くの疾患を診断、治療する先進的な方法を開発しました。また、泌尿器科の教育にも熱心に取り組み、多くの医師を育成しました。高橋明の功績は、日本泌尿器科学会の創立や、日本泌尿器科学雑誌の創刊などにも見ることができます。 高橋明は、泌尿器科の発展に多大な貢献をしたパイオニアとして、現在でも尊敬されています。彼の業績は、多くの泌尿器科医に影響を与え続けています。 -高橋明の主な業績- * 尿路結石症の診断と治療法を開発 * 尿道狭窄症の治療法を開発 * 前立腺肥大症の治療法を開発 * 腎臓結核の治療法を開発 * 日本泌尿器科学会の創立 * 日本泌尿器科学雑誌の創刊 * 多数の医師を育成
学術分野の人

早石修 – 生化学者であり、酸素添加酵素の発見と研究で知られる

早石修の生い立ちと学歴 早石修は、1930年(昭和5年)7月11日に東京都中央区日本橋茅場町で生まれた。父親は早石修一、母親は早石アサノである。修一は東京帝国大学医学部を卒業後、医師として働いていた。アサノは旧姓を池田といい、旧制東京府立第四高等女学校を卒業後、修一と結婚した。 修は、1937年(昭和12年)に東京帝国大学附属小学校に入学した。小学校時代は、勉強もスポーツも得意だったという。1943年(昭和18年)に東京帝国大学附属中学校に進学した。中学校時代も、引き続き勉強もスポーツも得意だったという。 1949年(昭和24年)に東京大学理学部化学科に入学した。大学時代は、主に生化学を専攻した。1953年(昭和28年)に東京大学理学部化学科を卒業した。 卒業後は、東京大学理学部化学科の助手として勤務した。1957年(昭和32年)に、東京大学理学部化学科の講師に昇進した。1962年(昭和37年)に、東京大学理学部化学科の助教授に昇進した。 1967年(昭和42年)に、東京大学理学部化学科の教授に昇進した。1996年(平成8年)に、東京大学を定年退官した。定年退官後は、東京大学名誉教授として勤務した。 2004年(平成16年)1月26日に、東京都文京区の病院で死去した。享年73歳だった。