東京帝大

学術分野の人

小島三郎先生→ 細菌学と公衆衛生に偉大な功績を示した人物

小島三郎先生の人物像と業績 小島三郎先生は、1844年(弘化元年)に現在の茨城県古河市で生まれ、1928年(昭和3年)に亡くなった細菌学者、公衆衛生学者です。東京大学教授、帝國学士院会員、日本医学会会長などを歴任し、日本の細菌学と公衆衛生の発展に多大なる貢献をしました。 小島三郎先生は、幼少の頃から学問に優れ、1867年(慶応3年)に東京大学の前身である開成学校に入学しました。1870年(明治3年)に大学を卒業後、文部省に勤務し、1873年(明治6年)に文部省医学校(現在の東京大学医学部)の教授に就任しました。1876年(明治9年)には、ドイツに留学し、コッホやペトリなど当時の世界を代表する細菌学者のもとで学びました。 1880年(明治13年)に帰国後、小島三郎先生は、東京大学教授に復職し、細菌学の研究と教育に力を注ぎました。1885年(明治18年)には、日本初の細菌学の教科書である「細菌学」を出版し、日本の細菌学の発展に大きな貢献をしました。また、1892年(明治25年)には、日本初の公衆衛生学会である日本公衆衛生学会を設立し、日本の公衆衛生の発展にも尽力しました。 小島三郎先生の主な業績としては、以下のものが挙げられます。 * コレラ菌の発見1885年(明治18年)、コレラ菌を発見し、コレラの原因解明に大きく貢献しました。 * ペスト菌の発見1894年(明治27年)、ペスト菌を発見し、ペストの予防と治療に貢献しました。 * 日本初の公衆衛生学会の設立1892年(明治25年)、日本初の公衆衛生学会である日本公衆衛生学会を設立し、日本の公衆衛生の発展に尽力しました。 * 日本初の細菌学の教科書の執筆1885年(明治18年)、日本初の細菌学の教科書である「細菌学」を出版し、日本の細菌学の発展に大きな貢献をしました。 小島三郎先生は、その功績から、1906年(明治39年)には男爵に叙せられました。1928年(昭和3年)に84歳で亡くなるまで、日本の細菌学と公衆衛生の発展に尽力し、その功績は現在でも高く評価されています。
学術分野の人

「松田二郎」

-松田二郎- -松田二郎の経歴- 松田二郎は、1990年4月1日、東京都杉並区に生まれた。父親は松田聖子、母親は神田正輝である。幼少期から芸能界に興味を持ち、2002年に子役としてデビューした。その後、数々のドラマや映画に出演し、2010年には『LIAR GAME』で主演を務めた。また、2012年にはジャニーズ事務所に入所し、アイドルとしても活動している。 松田二郎の経歴は、順風満帆なものであった。しかし、2016年に週刊誌に未成年飲酒疑惑が報じられた。これにより、松田二郎はジャニーズ事務所から謹慎処分を受けた。謹慎期間中は、芸能活動を自粛していたが、2017年に活動を再開した。 松田二郎は、現在も俳優として活動している。また、2021年には『松田二郎のオールナイトニッポン0(ZERO)』というラジオ番組を担当した。松田二郎は、今後も俳優として活躍していくことが期待されている。 -松田二郎の主な出演作品- * ドラマ * 『3年B組金八先生』 * 『LIAR GAME』 * 『花より男子』 * 『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』 * 映画 * 『デスノート』 * 『L change the WorLd』 * 『暗殺教室』 * 『銀魂』 * ラジオ * 『松田二郎のオールナイトニッポン0(ZERO)』
学術分野の人

電気工学者・福田節雄の功績

-福田節雄の生い立ちと学歴- 福田節雄は、1923年1月1日に東京市で生まれた。父親は福田清太郎、母親は福田シヅで、5人兄弟の4番目である。福田は幼い頃から数学と理科に興味があり、東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)に進学した。 第一中学校卒業後は、東京帝国大学(現・東京大学)工学部電気工学科に進学した。大学では、電気工学の基礎を学び、特に送電線や変圧器の研究に興味を持った。1945年に大学を卒業し、東京芝浦電気株式会社(現・東芝)に入社した。 東芝に入社後は、送電線や変圧器の研究開発に従事した。1950年に、新しいタイプの送電線である「架空送電線」の開発に成功した。架空送電線は、地中に埋設するのではなく、電柱の上に架設する送電線であり、建設費が安く、メンテナンスがしやすいというメリットがある。 1955年に、新しいタイプの変圧器である「油入り変圧器」の開発に成功した。油入り変圧器は、従来の変圧器よりも小型・軽量であり、効率が高いというメリットがある。 1960年に、東芝の研究所長に就任した。研究所長在任中は、送電線や変圧器の研究開発を推進し、多くの成果を上げた。また、電気工学に関する多くの論文を発表し、電気工学の発展に貢献した。 1965年に、東芝を退社し、東京大学工学部電気工学科の教授に就任した。東京大学では、電気工学の講義を行い、多くの学生を指導した。また、電気工学に関する多くの研究を行い、多くの成果を上げた。 1983年に、東京大学を定年退職した。退職後は、電気工学に関する多くの講演を行い、電気工学の普及に努めた。また、電気工学に関する多くの著書を執筆し、電気工学の発展に貢献した。 2006年3月9日に、東京で逝去した。享年83歳。
学術分野の人

館稔の人口学者としての生涯

館稔の生涯と功績 館稔は、1916年に東京に生まれました。1941年に東京帝国大学に入学し、社会学科を専攻しました。大学卒業後は、1945年に陸軍に入隊し、戦後復員しました。1947年に東京帝国大学に戻り、社会学科の助手となりました。1949年に助教授となり、1954年に教授となりました。そして1981年に定年退官しました。 館稔の人口学への貢献は多岐にわたっています。まず、人口学の理論的基盤を確立しました。人口学における理論的な研究は、それまでほとんど行われていませんでしたが、館稔は人口学の理論的枠組みを構築しました。そして、人口学の研究方法を発展させました。人口学の研究方法は、それまで主に統計的方法が用いられていましたが、館稔は人口学の研究方法に社会調査や人類学的方法を導入しました。館稔の人口学への貢献は、日本のみならず、世界にも影響を与えました。 館稔は、1983年に逝去しました。享年67でした。館稔は、日本の人口学のパイオニアであり、人口学の発展に大きな貢献をした偉大な学者でした。館稔の業績は、今日でも高く評価されています。
学術分野の人

「鈴木梅太郎」について

-明治-昭和時代前期の農芸化学者,栄養化学者- 鈴木梅太郎(すずき うめたろう、1874年(明治7年)2月10日 - 1943年(昭和18年)10月12日)は、明治から昭和時代前期の農芸化学者、栄養化学者である。ビタミンB1を発見し、その単離に成功した。ビタミンに関する研究では世界的な先駆者として知られている。 鈴木梅太郎は、1874年(明治7年)2月10日、愛知県愛知郡熱田村(現在の名古屋市熱田区)に生まれた。1899年(明治32年)に東京帝国大学農科大学を卒業し、1901年(明治34年)に同大学の農科大学助教授となった。1906年(明治39年)に欧米に留学し、ドイツのベルリン大学、フランスのパリ大学、スイスのチューリッヒ大学で学び、1909年(明治42年)に帰国した。 鈴木梅太郎は、1909年(明治42年)に東京帝国大学農科大学教授に就任し、1926年(大正15年)まで務めた。1927年(昭和2年)に東京帝国大学農学部長に就任し、1930年(昭和5年)まで務めた。1931年(昭和6年)に農芸化学研究所を設立し、1943年(昭和18年)まで所長を務めた。 鈴木梅太郎は、1910年(明治43年)に「米中のビタミンB」という論文を発表し、ビタミンBの存在を世界で初めて明らかにした。1911年(明治44年)には、ビタミンB1を単離することに成功した。1912年(大正元年)には、脚気予防法としてビタミンB1の摂取を推奨した。鈴木梅太郎の研究は、脚気の予防と治療に大きな貢献をした。 鈴木梅太郎は、1943年(昭和18年)10月12日に亡くなった。享年69歳。鈴木梅太郎の研究は、ビタミン学の発展に大きな貢献をした。
政治分野の人

→ 中馬興丸

-中馬興丸の生涯- 中馬興丸は、1881年12月18日に福岡県柳川市で生まれました。彼は幼い頃から相撲に興味を持ち、1899年に柳川市から上京して相撲部屋に入門しました。 中馬興丸は、1906年に十両に昇進し、1908年には幕内に昇進しました。彼は力士として活躍し、1911年に大関に昇進しました。1914年には横綱に昇進し、1917年に引退するまで横綱として活躍しました。 中馬興丸は、力士として活躍しただけではなく、相撲界の発展にも貢献しました。彼は、1925年に日本相撲協会の理事長に就任し、1931年まで理事長を務めました。 中馬興丸は、1935年10月30日に東京都で亡くなりました。享年53歳でした。 中馬興丸は、力士として活躍しただけではなく、相撲界の発展にも貢献した偉大な人物です。彼は、相撲界の歴史に名を残す人物として今もなお語り継がれています。
経済分野の人

土井正治 – 日本の発展に貢献した経営者

住友総本店に入社し、経営の道を歩み始める 土井正治は、1883年(明治16 年)に大阪で生まれた。1907 年(明治40年)に東京高等商業学校(現・一橋大学)を卒業し、住友総本店に入社した。住友総本店は、江戸時代から続く総合商社であり、日本の近代化に大きく貢献した企業である。土井は、住友総本店に入社後、様々な部署を歴任し、1939年(昭和14年)に社長に就任した。 土井は、社長就任後、住友総本店の経営を大きく改革した。従来、住友総本店は、各事業部が独立して経営を行っており、全体的な統制がとれていなかった。土井は、事業部制を廃止し、本社を中心とした集中管理体制を導入した。また、生産性向上とコスト削減のための合理化政策を推進し、住友総本店の経営を近代化した。 土井の経営改革は、大きな成果を上げた。住友総本店の業績は、大きく改善され、日本の経済成長に大きく貢献した。また、土井の経営改革は、他の企業にも大きな影響を与え、日本の近代化を促進した。 土井は、1956 年(昭和31年)に社長を退任した。しかし、その後も住友総本店の相談役を務め、日本の経済界に大きな影響を与え続けた。土井は、1959 年(昭和34年)に死去したが、その功績は今もなお称賛されている。
学術分野の人

地質学者 津屋弘逵

-津屋弘逵の経歴と研究- 津屋弘逵(つやひろたか)は、1873年(明治6年)に高知県に生まれた日本の地質学者である。1901年に東京帝国大学を卒業した後、欧米に留学し、地質学を研究した。帰国後は、東京帝国大学で教授を務め、日本の地質学の発展に貢献した。 津屋弘逵は、日本の地質学の発展に大きく貢献した人物である。津屋弘逵の研究は、日本の地質構造や地質年代を明らかにし、また、日本の地質学教育の基礎を築いた。 津屋弘逵は、日本の地質学の発展のために、以下のような研究を行った。 * 日本の地質構造の研究津屋弘逵は、日本の地質構造を明らかにするために、日本の各地で地質調査を行った。その結果、日本の地質構造は、太平洋プレートとユーラシアプレートの衝突によって形成されたことを明らかにした。 * 日本の地質年代の研究津屋弘逵は、日本の地質年代を明らかにするために、日本の各地で地質調査を行った。その結果、日本の地質年代は、古生代、中生代、新生代に分けられることを明らかにした。 * 日本の地質学教育の基礎を築く津屋弘逵は、日本の地質学教育の基礎を築くために、東京帝国大学で地質学の講義を行った。また、地質学の教科書を執筆し、日本の地質学教育の発展に貢献した。 津屋弘逵の研究は、日本の地質学の発展に大きく貢献した。津屋弘逵の研究成果は、日本の地質学の基礎を築き、日本の地質学の発展に寄与した。
学術分野の人

茅誠司 – 物理学者、東大総長、平和アピール七人委員会の設立者

-茅誠司の生涯と功績- 茅誠司は、1906年1月17日に広島県広島市で生まれた物理学者で、東京大学総長や平和アピール七人委員会の設立者などを歴任しました。 1926年に東京帝国大学理学部物理学科を卒業し、1929年に同大学院を修了しました。その後、東京帝国大学理学部助手、助教授、教授を歴任し、1941年に同大学の総長に就任しました。 東京帝国大学総長在任中は、太平洋戦争の激化に伴い、多くの学生や研究者が戦場に赴く中、大学の教育研究活動を維持することに尽力しました。また、戦後には、大学の再建と改革に尽力し、1947年に東京大学が国立大学として発足する際に、初代総長に就任しました。 1951年に東京大学総長を退任した後も、日本学術会議会長、日本原子力研究所理事長、日本物理学会会長など、多くの要職を歴任しました。また、1954年には、ノーベル物理学賞の選考委員に任命されました。 1955年には、平和アピール七人委員会の設立者となり、核兵器廃絶や世界平和の実現に尽力しました。また、1966年には、日本政府の核兵器不拡散条約への署名を促すために、アメリカ合衆国に渡航し、ジョンソン大統領と会談しました。 茅誠司は、1980年11月11日に東京で逝去しました。享年74歳でした。 茅誠司は、日本の物理学の発展に貢献した偉大な物理学者であり、また、核兵器廃絶や世界平和の実現に尽力した平和活動家でもありました。
学術分野の人

– 木越邦彦

-化学者木越邦彦の生涯- 木越邦彦は、明治26年(1893年)に愛知県名古屋市に生まれました。 東京帝国大学理学部化学科を卒業後、東京帝国大学理学部助手として働き、その後、九州帝国大学理学部教授に就任しました。 木越邦彦の研究分野は、有機化学と生化学であり、特に、ビタミンB1の研究で知られています。 ビタミンB1は、炭水化物や脂肪の代謝に不可欠なビタミンであり、その欠乏症である脚気は、江戸時代には死者が出るほど蔓延していました。 木越邦彦は、ビタミンB1の抽出と結晶化に成功し、その化学構造を明らかにしました。 また、木越邦彦は、ビタミンB1の合成法も開発し、ビタミンB1の大量生産を可能にしました。 この業績により、木越邦彦は、昭和14年(1939年)に帝国学士院賞を受賞しました。 木越邦彦は、昭和22年(1947年)に九州帝国大学総長に就任し、その後、九州大学総長も務めました。 木越邦彦は、昭和44年(1969年)に死去しました。 木越邦彦は、日本の化学者として大きな功績を残した人物であり、その業績は現在も高く評価されています。
歴史上の人物

力石雄一郎-明治-昭和時代前期の官僚

-経歴- 力石雄一郎は、1876年(明治9年)4月2日に、東京都に生まれた。父は、陸軍省の官僚であった力石精一郎で、母は、旧熊本藩士の娘であった。力石雄一郎は、幼少期から学業優秀で、東京高等師範学校を経て、1899年(明治32年)に東京帝国大学法科大学を卒業した。 卒業後は、内務省に入省し、地方官を歴任した。1918年(大正7年)には、内務次官に就任し、1924年(大正13年)には、文部大臣に就任した。文部大臣在任中は、学校教育の充実を図り、また、社会教育の振興にも努めた。 1927年(昭和2年)には、内務大臣に就任した。内務大臣在任中は、治安維持法の制定や、普通選挙の実施など、近代日本の政治体制の整備に大きな役割を果たした。1931年(昭和6年)には、満洲事変が勃発し、力石雄一郎は、内務大臣として、軍部の暴走を抑えようとしたが、成功しなかった。 1932年(昭和7年)には、内務大臣を辞任し、政界を引退した。その後は、実業界に転じ、日本産業銀行の頭取などを歴任した。1945年(昭和20年)に、第二次世界大戦が終結すると、公職追放となり、公職から遠ざけられた。1951年(昭和26年)に、公職追放が解除され、政界に復帰した。 1952年(昭和27年)には、第3次吉田内閣の文部大臣に就任し、1954年(昭和29年)には、第1次鳩山内閣の文部大臣に就任した。文部大臣在任中は、教育改革を推進し、また、日本ユネスコ国内委員会の設立にも尽力した。 1960年(昭和35年)には、政界を引退し、その後は、日本体育協会の会長や、日本赤十字社の社長などを歴任した。1969年(昭和44年)12月10日に、東京都で死去した。
学術分野の人

ー「鈴木達治(1871年-1961年)」

-「鈴木達治(1871年-1961年)」- -広島高師,東京高工教授を経て,横浜高工初代校長- 鈴木達治は,1871年(明治4年),長野県に生まれた。1897年(明治30年),東京帝国大学工科大学を卒業し,広島高等師範学校教授に任命された。その後,東京高等工業学校教授を経て,1920年(大正9年),横浜高等工業学校(現横浜国立大学)の初代校長に就任した。 鈴木は,横浜高工在職中,機械工学科,電気工学科,応用化学科の3学科を設置し,工学教育の充実を図った。また,工学研究所を設立し,研究を奨励した。鈴木の指導の下,横浜高工は,工学教育と研究の拠点として発展していった。 鈴木は,1937年(昭和12年),横浜高工を退任した後も,工学教育の普及に尽力した。1938年(昭和13年),東京工業大学(現東京工業大学)の総長に就任し,1944年(昭和19年)まで務めた。また,1946年(昭和21年)には,日本工学会の初代会長に就任し,工学の発展に貢献した。 鈴木は,1961年(昭和36年),東京で死去した。享年90。鈴木は,工学教育の振興に貢献した功績で,1962年(昭和37年)に勲一等旭日大綬章を授与された。
学術分野の人

人物小辞典『浅見与七』

-経歴- 浅見与七は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した日本の剣術家である。名は正敬、号は心斉。尾張国中島郡福崎村(現在の愛知県一宮市)に生まれる。幼い頃から剣術を好み、15歳の時に江戸に出て、浅山一伝流の浅山伊織に師事する。その後、他流試合で多くの勝利を収め、名を馳せる。 1862年(文久2年)、将軍徳川家茂の上洛に従い、京都に赴く。そこで、尊攘派の志士たちと親交を深め、尊王攘夷運動に参加する。1863年(文久3年)、薩摩藩の島津久光が率いる薩摩軍が京都に進軍すると、与七もこれに加わり、禁門の変で幕府軍と戦う。 1868年(慶応4年)、戊辰戦争が勃発すると、与七は薩摩軍に加わり、東北地方を転戦する。会津戦争では、白河口の戦いで幕府軍を破るなどの功績を挙げる。戊辰戦争後、与七は明治政府に出仕し、陸軍少佐に任命される。1877年(明治10年)、西南戦争が勃発すると、与七は政府軍に加わり、西南軍と戦う。 西南戦争後、与七は陸軍を退役し、剣術の指導に専念する。1884年(明治17年)、東京に剣術道場「浅見塾」を開き、多くの弟子を育成する。1896年(明治29年)、64歳で死去する。 与七は、剣術の達人としてだけでなく、尊王攘夷運動や戊辰戦争、西南戦争にも参加した勤皇の志士としても知られている。その功績は、多くの小説や戯曲、映画などで取り上げられ、現在もなお、多くの人々に親しまれている。
政治分野の人

大橋八郎:官僚から政界へ、そして電電公社の総裁まで

-逓信次官から法制局長官へ大橋八郎の官僚としてのキャリア- 大橋八郎は、日本の政治家であり、第6代電電公社総裁を務めました。1923年(大正12年)に逓信省(現・総務省)に入省し、逓信次官、法制局長官などの要職を歴任しました。 大橋八郎は、1923年(大正12年)に逓信省(現・総務省)に入省しました。入省後は、通信技術の研究に携わり、1934年(昭和9年)には逓信省電務局長に任命されました。その後、1937年(昭和12年)には逓信省次官に就任し、1939年(昭和14年)には法制局長官に就任しました。 法制局長官として、大橋八郎は政府の法律案の作成や審査を担当しました。また、1940年(昭和15年)には、日本とドイツの間で締結された日独防共協定の交渉にも携わりました。 戦後、大橋八郎は電電公社の総裁に就任しました。総裁としては、電電公社の民営化に尽力し、1985年(昭和60年)に電電公社は民営化されました。 大橋八郎は、1991年(平成3年)に死去しました。享年87歳でした。
経済分野の人

小笠原光雄の人物像

- 小笠原光雄の生涯 小笠原光雄は、1927年1月1日に兵庫県神戸市で生まれました。父は小笠原貞雄、母は小笠原千代です。光雄は、3人兄弟の長男として育ちました。 光雄は、子供の頃から勉強熱心で、成績は常にトップクラスでした。また、スポーツも得意で、特に野球と水泳が大好きでした。光雄は、地元の神戸市立葺合小学校、神戸市立葺合中学校を卒業後、神戸大学理学部に進学しました。 神戸大学卒業後は、大阪大学大学院に進学し、物理学を専攻しました。大学院卒業後は、大阪大学で助手として勤務し、1963年に助教授に昇進しました。1968年に、大阪大学教授に昇進し、1970年に理学部長に就任しました。 光雄は、1973年に東京大学総長に就任しました。東京大学総長在任中は、大学の改革に尽力し、東京大学の国際化を推進しました。また、光雄は、日本の科学技術振興に貢献し、1980年に日本学術振興会会長に就任しました。 光雄は、1985年に東京大学総長を退任し、1986年に日本学術振興会会長を退任しました。その後は、日本科学技術連盟会長、日本原子力研究所理事長などの要職を歴任しました。 光雄は、2015年3月14日に、88歳で亡くなりました。光雄は、日本の科学技術の発展に貢献した偉大な科学者でした。
学術分野の人

石川登喜治とは?生涯功績を語る

石川登喜治の生い立ちと経歴 石川登喜治は、1850年(嘉永3年)11月23日、加賀国江沼郡白山村(現在の石川県白山市白峰)に生まれました。幼名は文吉。父は石川文左衛門、母は石川ふきでした。 登喜治は、幼い頃から頭脳明晰で、読書を好み、特に日本の古典を好んで読みました。1868年(明治元年)、戊辰戦争が勃発すると、登喜治は白山村の有志とともに、官軍に加わって戦いました。 戊辰戦争後、登喜治は、白山村に戻り、農業を営みながら、村の公共事業に尽力しました。1874年(明治7年)、白山村の戸長に就任し、その後、白山村の村長を歴任しました。 1889年(明治22年)、白山村が白峰村と合併して白峰村となった後、登喜治は、白峰村の初代村長に就任しました。登喜治は、白峰村の村長として、村の産業振興や教育の充実などに尽力し、白峰村の発展に貢献しました。 1897年(明治30年)、登喜治は、石川県会議員に当選し、その後、5期連続で県会議員を務めました。石川県会議員として、登喜治は、石川県の産業振興や教育の充実などに尽力し、石川県の発展に貢献しました。 1921年(大正10年)11月23日、登喜治は、71歳で永眠しました。登喜治は、白峰村の発展と石川県の発展に貢献した偉人として、現在も地元の人々に敬愛されています。
学術分野の人

松沢武雄 – 地震学の分野で偉大な功績を残した先駆者

- 松沢武雄のプロフィールと経歴 松沢武雄は、1874年11月2日に現在の福島県会津若松市で生まれました。幼い頃から自然科学に興味を持ち、小学校卒業後、東京の地質学専門学校に入学しました。その後、帝国大学(現在の東京大学)の理学部地質学科に進学し、1903年に卒業しました。 卒業後は、地質調査所(現在の国立研究開発法人産業技術総合研究所地質調査総合センター)に就職し、全国各地を巡って地質調査を行いました。1906年に発生した明治38年の大地震(サンフランシスコ地震)をきっかけに地震学に興味を持ち、1908年に地質調査所の地震学部門に異動しました。 1911年、松沢武雄は、アメリカ合衆国に留学し、カリフォルニア大学バークレー校で地震学を研究しました。留学中は、アメリカの地震学者チャールズ・F・リヒターと出会い、親交を深めました。リヒターは、後にマグニチュードという地震の大きさを表す指標を開発し、地震学の発展に大きな貢献を果たしました。 松沢武雄は、1914年に帰国し、地質調査所に戻りました。その後、1925年に東京帝国大学教授に就任し、1936年に東京帝国大学地震研究所所長に就任しました。 松沢武雄は、地震学の分野で数多くの業績を残しました。特に、1920年に発表した「地震の震源の深さに就いて」という論文は、地震の震源の深さを推定する方法を確立した画期的な論文として知られています。また、1931年に発生した北伊豆地震の調査では、地震によって地表が変動したことを明らかにし、地震のメカニズムの解明に貢献しました。 松沢武雄は、1941年に66歳で亡くなりました。しかし、その業績は今日でも高く評価されており、地震学の分野のパイオニアとして知られています。
学術分野の人

「吉川晴十」

-「吉川晴十」- -大正から昭和時代の冶金学者- 吉川晴十(よしかわ せいじ、1893年9月18日 - 1972年11月10日)は、日本の冶金学者。工学博士。第4代東京工業大学学長。 -生い立ちと教育- 1893年9月18日、石川県金沢市に生まれる。石川県立金沢第一中学校(現・石川県立金沢泉丘高等学校)を経て、1918年3月に東京帝国大学工学部冶金学科を卒業。その後、大学院に進学し、1922年3月に工学博士号を取得。 -研究と教育- 大学院修了後は、東京帝国大学工学部冶金学科の助教授となる。1928年3月、教授に昇進。1938年4月から1942年3月まで、同工学部長を務める。1942年4月、東京工業大学が設立されると、同大学教授に転任。1946年4月から1948年3月まで、同大学学長を務める。 吉川の研究は、鉄鋼材料の熱処理、金属の表面処理、金属の腐食など、幅広い分野にわたっている。特に、熱処理の分野では、日本国内で初めてマルテンサイトの組織を明らかにし、マルテンサイトの硬さや強度に及ぼす炭素量や合金元素の影響を明らかにした。また、表面処理の分野では、日本国内で初めて金属の表面に酸化皮膜を形成する陽極酸化法を開発し、金属の耐食性を向上させた。 -受章歴- 1941年11月、帝国学士院会員に選出される。1944年11月、文化勲章を受章。1964年には、日本学士院賞を受賞。 -没後- 1972年11月10日、東京都新宿区の慶應義塾大学病院で死去。享年79。
学術分野の人

– 三井礼子

-三井礼子 偉大な女性歴史学者と女性活動家の生涯- -序論- 三井礼子は、明治から昭和にかけて活躍した、日本を代表する女性歴史学者であり、女性活動家です。彼女は、女性の地位向上のための活動に尽力し、女性参政権の獲得に貢献しました。また、女子高等教育の振興にも努め、多くの女性を社会に送り出しました。 -生い立ちと教育- 三井礼子は、1871年(明治4年)に、京都の旧華族の家に生まれました。幼い頃から聡明で、読書を好みました。1892年(明治25年)に、東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)に入学し、歴史学を専攻しました。在学中に、女性参政権運動に共鳴し、女性参政権獲得のための活動を開始しました。 -女性参政権運動- 1898年(明治31年)、三井礼子は、女性参政権獲得のための団体である、「婦人参政権獲得同盟会」を結成しました。この団体は、女性の参政権獲得のための署名活動や講演会などを行い、世論の喚起に努めました。しかし、当時の日本社会は、女性の参政権に反対する勢力が強く、三井礼子の活動は、大きな困難に直面しました。 -女子高等教育の振興- 三井礼子は、女性参政権運動と並行して、女子高等教育の振興にも力を入れました。1901年(明治34年)、彼女は、女子高等教育機関である、「日本女子大学校」を設立しました。この大学は、多くの女性を社会に送り出し、女性の地位向上に大きく貢献しました。 -晩年- 三井礼子は、1959年(昭和34年)に、88歳で亡くなりました。彼女は、女性参政権の獲得と女子高等教育の振興に生涯を捧げた、偉大な女性歴史学者であり、女性活動家でした。 -三井礼子の功績- 三井礼子は、女性の地位向上のための活動に尽力し、女性参政権の獲得と女子高等教育の振興に貢献しました。彼女は、日本の女性解放運動の先駆者であり、その功績は、今もなお語り継がれています。
学術分野の人

幾代通の人物像と経歴

- 幾代通の経歴と業績 幾代通は、1862年に江戸で生まれた。1881年に東京帝国大学法学部に入学し、1885年に卒業した。卒業後は司法省に入り、判事や検事を務めた。1896年に衆議院議員に当選し、1900年に法務大臣に就任した。1901年に内務大臣に就任し、1902年に総理大臣に就任した。 総理大臣として、幾代通は日英同盟を締結し、日露戦争に勝利した。また、鉄道や道路の建設を推進し、産業の発展を図った。1906年に総理大臣を辞任したが、引き続き政治家として活躍した。1910年に死去した。 幾代通は、明治維新後の日本を代表する政治家の一人である。日英同盟の締結や日露戦争の勝利など、日本の近代化に大きく貢献した。また、鉄道や道路の建設を推進し、産業の発展を図った。幾代通の功績は、今日の日本に大きな影響を与えている。
学術分野の人

「茅野蕭々」について ~明治-昭和時代のドイツ文学者、歌人

-茅野蕭々の生涯と経歴- 茅野蕭々(かやの しょうしょう、1880年(明治13年)1月25日 - 1933年(昭和8年)5月27日)は、明治から昭和にかけて活躍した、ドイツ文学者、歌人です。 -生い立ちと学歴- 茅野蕭々は、1880年(明治13年)1月25日に、長野県諏訪郡茅野町(現在の茅野市)に生まれました。旧姓は毛利と言います。 1898年(明治31年)に長野県諏訪中学校(現在の長野県諏訪清陵高等学校)を卒業。その後、1902年(明治35年)に東京帝国大学(現在の東京大学)文学部独文学科を卒業します。 -ドイツ文学者としての活動- 茅野蕭々は大学卒業後、ドイツに留学。ハイデルベルク大学、ミュンヘン大学に学びました。1906年(明治39年)に帰国し、東京帝国大学教授、法政大学教授を歴任しました。 ドイツ文学者としては、ゲオルク・ビュヒナー、ハインリヒ・ハイネ、フリードリヒ・ニーチェなどのドイツ語圏の文学者の作品を翻訳・紹介しました。 また、ドイツ文学に関する著書も残しています。 -歌人としての活動- 茅野蕭々は、歌人としても知られています。1911年(明治44年)に第一歌集『草の葉』を刊行しました。 茅野蕭々の歌は、ドイツ浪漫主義の影響を受けた叙情的な歌が多く、近代短歌の革新に貢献しました。 1933年(昭和8年)5月27日に、脳出血のため東京府東京市四谷区(現在の東京都新宿区四谷)で死去しました。享年53歳でした。
学術分野の人

バールセン – ドイツの鉱山学者

-バールセンの生涯- バールセンは1774年8月11日、ドイツのハノーファーで生まれた。父親は鉱山技師であり、バールセンも子供の頃から鉱山に興味を持っていた。18歳でハノーファーの鉱山学校に入学し、鉱山学を学び始めた。 1804年に卒業した後、バールセンはドイツ各地の鉱山を巡回して実地調査を行った。1810年には、ハノーファーの鉱山局の技師に任命された。この頃、バールセンは鉱山の採掘方法を改善する方法を研究し、いくつかの新技術を開発した。 1825年、バールセンは鉱山学の教授として、フライベルク鉱山学校に招かれた。フライベルク鉱山学校は、ヨーロッパで最も有名な鉱山学校の一つであり、バールセンはここで多くの優秀な学生を育てた。 1845年にバールセンはフライベルク鉱山学校の校長に就任した。この頃、バールセンは鉱山の安全性を向上させるための研究にも取り組んだ。1850年には、鉱山坑内で発生する火災を防ぐための新技術を開発した。 1855年、バールセンはフライベルク鉱山学校の校長を退任し、ハノーファーに戻った。その後も、バールセンは鉱山学の研究を続け、1865年に「鉱山の採掘方法論」という著書を出版した。この著書は、鉱山の採掘方法に関する包括的なものであり、世界中の鉱山技術者に大きな影響を与えた。 1875年、バールセンはハノーファーで死去した。享年81歳。バールセンは、鉱山学の発展に多大な貢献をした人物であり、鉱山学の父とも呼ばれている。
学術分野の人

– 松本唯一(1892-1984)

- 松本の研究活動 松本唯一は、日本における精神医学の草分け的存在であり、日本精神神経学会の創設者である。東京帝国大学医学部を卒業後、精神病理学を学び、精神科医として活躍した。また、精神医学の普及と発展に尽力し、多くの著書や論文を発表した。 松本の研究活動は、大きく分けて三つに分類される。第一は、精神病理学に関する研究である。松本は、精神病理学を「精神障害の発生、推移、転帰に関する学問」と定義し、精神障害を「人格の崩壊」と捉えて研究した。第二は、精神療法に関する研究である。松本は、精神療法を「精神障害を治療するための心理学的アプローチ」と定義し、精神分析や行動療法など、様々な精神療法を研究した。第三は、精神衛生に関する研究である。松本は、精神衛生を「精神障害を予防するための取り組み」と定義し、精神衛生の普及と発展に尽力した。 松本の研究活動は、日本における精神医学の発展に大きな貢献をした。松本の研究成果は、精神病理学、精神療法、精神衛生の分野において、今日でも高く評価されている。 - 松本の研究成果 松本の研究成果は、以下のようなものである。 * 精神病理学に関する研究 松本は、精神病理学において、精神障害を「人格の崩壊」と捉えて研究した。松本は、精神障害は、人格の統合が失われることで発生すると考え、精神障害の発生、推移、転帰を研究した。 * 精神療法に関する研究 松本は、精神療法において、精神分析や行動療法など、様々な精神療法を研究した。松本は、精神療法は、精神障害を治療するための有効な手段であると考え、精神療法の普及と発展に尽力した。 * 精神衛生に関する研究 松本は、精神衛生において、精神障害を予防するための取り組みを研究した。松本は、精神衛生は、精神障害を予防するために重要な取り組みであると考え、精神衛生の普及と発展に尽力した。 松本の研究成果は、日本における精神医学の発展に大きな貢献をした。松本の研究成果は、精神病理学、精神療法、精神衛生の分野において、今日でも高く評価されている。
文学分野の人

戸川秋骨-文学界創刊同人,エッセイスト,随筆家

- 文学界創刊同人としての戸川秋骨 戸川秋骨は、明治から大正にかけて活躍した文芸評論家であり、作家です。1874年(明治7年)に東京で生まれ、早稲田大学英文科を卒業した後、雑誌『文芸界』を創刊しました。『文芸界』は、自然主義文学の拠点として知られる雑誌であり、戸川秋骨は創刊同人として活躍しました。 戸川秋骨は『文芸界』において、自然主義文学の理論を展開し、自然主義文学の作品を掲載しました。また、戸川秋骨はエッセイストとしても活躍し、社会問題や文化問題などについて多くのエッセイを発表しました。戸川秋骨のエッセイは、文体が優美で、内容が深く、多くの読者に愛読されました。 戸川秋骨は、自然主義文学の理論を確立し、自然主義文学の作品を掲載したことで、日本の近代文学の発展に貢献しました。また、戸川秋骨のエッセイは、文体が優美で、内容が深く、多くの読者に愛読されました。戸川秋骨は、日本の近代文学を代表する作家の一人です。 戸川秋骨は、日本の近代文学の発展に大きな影響を与えました。戸川秋骨の自然主義文学の理論は、多くの作家に影響を与え、日本の近代文学の発展に貢献しました。また、戸川秋骨のエッセイは、多くの読者に愛読され、日本の近代文学の発展に貢献しました。戸川秋骨は、日本の近代文学を代表する作家の一人であり、その功績は今日でも高く評価されています。