東京文理大

研究者

大家裕→ 著名な寄生虫学者の人物事典

-大家裕の功績と生涯- 大家裕は、1924年に台湾で生まれ、1996年に亡くなった日本の寄生虫学者です。彼は、寄生虫学の分野に多大な貢献をし、世界的に著名な研究者として知られています。 大家裕は、東京帝国大学を卒業後、1953年に東京大学医学部に助手として着任します。その後、1961年に助教授、1969年に教授に昇任します。1978年に定年退官するまで、東京大学医学部で教鞭をとり、研究を続けました。 大家裕の研究は、寄生虫の分類、寄生虫の生態、寄生虫の病原性、寄生虫の駆除法など、寄生虫学の幅広い分野にわたっています。特に、寄生虫の分類の分野では、多くの新種を発見し、寄生虫の分類体系を確立するのに貢献しました。また、寄生虫の生態の分野では、寄生虫が宿主の中でどのように生活しているかを解明し、寄生虫の駆除法の開発に役立てました。 大家裕は、寄生虫学の分野に多大な貢献をした功績が認められ、多くの賞を受賞しています。1974年には、日本寄生虫学会会長を受賞し、1991年には、国際寄生虫学会会長を受賞しました。また、1995年には、日本学術院会員に選出されています。 大家裕は、1996年に72歳で亡くなりましたが、彼の研究成果は、寄生虫学の分野で今もなお受け継がれています。
研究者

波多野勤子 – 日本初の女性文学博士

波多野勤子 - 日本初の女性文学博士 波多野勤子の人生と功績 波多野勤子は、1886年(明治19年)に、現在の京都市右京区に生まれました。1911年(明治44年)に、東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)を卒業し、その後、東京帝国大学(現東京大学)の国文科に進学しました。1919年(大正8年)に、東京帝国大学の助手に就任し、1923年(大正12年)に、日本初の女性文学博士の学位を取得しました。 波多野勤子は、日本の古典文学の研究者として活躍し、特に、万葉集の研究に力を注ぎました。1926年(昭和元年)に、万葉集の注釈書である『万葉集全釈』を出版し、万葉集の研究に大きな貢献をしました。また、1934年(昭和9年)に、東京女子高等師範学校の教授に就任し、多くの学生を指導しました。 波多野勤子は、1962年(昭和37年)に、76歳で亡くなりました。日本の古典文学の研究者として大きな功績を残した波多野勤子は、日本文学史にその名を刻む人物です。 波多野勤子の功績は、日本の古典文学の研究に大きな貢献をしたことです。特に、万葉集の研究においては、万葉集の注釈書である『万葉集全釈』を出版し、万葉集の研究に大きな進展をもたらしました。また、東京女子高等師範学校の教授として、多くの学生を指導し、日本の古典文学の研究者として大きな影響を与えました。 波多野勤子の功績は、日本文学史にその名を刻むものです。日本の古典文学の研究者として活躍した波多野勤子は、日本文学の発展に大きな貢献を果たしました。
研究者

– 吉野正敏

気象学者 吉野正敏 吉野正敏は、明治・大正・昭和期の気象学者、地理学者、物理学者です。 1878年に東京都に生まれました。東京帝国大学理学部物理学科を卒業後、気象台に入職しました。その後、東京帝国大学教授、東京教育大学教授を務め、1938年には日本気象学会会長に就任しました。 吉野正敏は、気象学の研究に多大な貢献をしました。特に、台風の研究においては、その進路を予測する方法を開発し、台風の被害を防ぐことに貢献しました。また、気象学の教育にも力を入れ、多くの気象学者を育て上げました。 吉野正敏は、1945年に死去しましたが、その功績は現在でも高く評価されています。また、吉野正敏の名を冠した賞が、気象学の研究に功績のあった気象学者に贈られています。 吉野正敏の主な業績は以下の通りです。 * 台風の進路を予測する方法を開発 * 東京帝国大学教授、東京教育大学教授を務める * 日本気象学会会長に就任 * 気象学の教育に力を入れ、多くの気象学者を育て上げる * 吉野正敏賞の創設
研究者

務台理作

務台理作の生涯 務台理作は、1874年(明治7年)に福島県喜多方市に生まれました。旧名は務台少輔(とりたてぐんぞう)。1903年(明治36年)に東京帝国大学工学部土木工学科を卒業後、内務省に入省しました。内務省では、河川工事や港湾工事などに携わりました。1919年(大正8年)に内務省を退官し、東京市技師となりました。東京市技師時代には、下水道の整備や道路の建設などに携わりました。1923年(大正12年)に発生した関東大震災では、東京市の復興事業に尽力しました。1927年(昭和2年)に東京市長に就任しました。東京市長時代には、都市計画の整備や社会福祉の充実などに努めました。1932年(昭和7年)に東京市長を退任しました。1945年(昭和20年)に死去しました。 務台理作は、日本の都市計画の父と呼ばれています。務台理作は、東京市の復興事業や都市計画の整備などに尽力し、東京の発展に貢献しました。また、務台理作は、社会福祉にも力を入れ、東京市の社会福祉事業の充実を図りました。務台理作は、日本の都市計画のパイオニアであり、社会福祉の功労者でもあります。
研究者

友枝高彦

-友枝高彦の経歴- 友枝高彦は、1947年(昭和22年)7月21日に宮城県仙台市で生まれた。東北工業大学工業技術短期大学部電気科を卒業後、1969年(昭和44年)にパイオニアに入社した。 入社後は、カーオーディオの開発に携わり、世界初のカーオーディオシステムの開発に成功した。その後、カーオーディオ事業部の部長を務め、1988年(昭和63年)にパイオニアの社長に就任した。 社長就任後は、パイオニアを世界有数のカーオーディオメーカーに成長させた。また、カーナビゲーションシステムやホームオーディオシステムなど、新しい分野にも事業を広げた。 2002年(平成14年)にパイオニアの会長に就任し、2007年(平成19年)に退任した。退任後は、東北工業大学学長や一般財団法人電子情報通信産業協会会長などを歴任した。 友枝高彦は、2020年(令和2年)12月21日に73歳で死去した。 友枝高彦は、カーオーディオ業界のパイオニアとして、日本の産業の発展に大きく貢献した。また、東北工業大学学長や一般財団法人電子情報通信産業協会会長など、産学官の連携にも尽力した。その功績は高く評価されており、2011年(平成23年)に旭日中綬章を受章した。 友枝高彦の経歴は、日本の産業の発展と産学官の連携の重要性を示している。また、友枝高彦の功績は、多くの人々に勇気と希望を与えている。
研究者

芳賀幸四郎とは?中世文化史を専門とした日本史学者の生涯を辿る

芳賀幸四郎の生い立ちと学歴 芳賀幸四郎は、1891年(明治24年)1月1日、東京府豊多摩郡大久保町(現・東京都新宿区)に生まれた。父は、芳賀矢一。東京帝国大学法科大学卒業後、外交官として活躍した。母は、芳賀はる。料理の研究家で、日本料理の普及に努めた。 幸四郎は、幼少期から聡明で、読書を好んだ。1903年(明治36年)、東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)に入学。在学中は、歴史部に所属し、歴史研究に励んだ。1909年(明治42年)、第一高等学校(現・東京大学教養学部)に進学。ここでも、歴史部に所属し、歴史研究を続けた。 1913年(大正2年)、東京帝国大学文学部史学科に入学。坪井九馬三、桑田忠親、上田万年に師事し、日本史を専攻した。在学中は、東大史学会の委員長を務め、歴史研究団体「史友会」を創設するなど、活発に活動した。 1917年(大正6年)、東京帝国大学文学部史学科を卒業。卒業後は、同大学院に進学し、日本史の研究を続けた。1920年(大正9年)、東京帝国大学文学部助手となる。1923年(大正12年)、東京帝国大学文学部講師となる。 1926年(昭和元年)、東京帝国大学文学部助教授となる。1930年(昭和5年)、東京帝国大学文学部教授となる。1935年(昭和10年)、東京帝国大学文學部長の職務を辞任し、東京文理科大学文学部教授となる。
研究者

馬上孝太郎:明治-昭和時代前期の教育者

-東京高師、学習院での教育- 馬上孝太郎は、明治-昭和時代前期の教育者であり、東京高師と学習院で教鞭を執りました。 -東京高師での教育- 1906年、馬上孝太郎は東京高等師範学校(現・筑波大学)の教授に就任し、哲学と教育学を講義しました。馬上孝太郎は、講義の中で学生たちに哲学と教育学の重要性を説き、学生たちの教育者としての資質を向上させることに努めました。 また、馬上孝太郎は、東京高師で学生たちとともに演劇や音楽などの文化活動にも取り組みました。馬上孝太郎は、文化活動を通じて学生たちの感性を豊かにし、人間としての幅広い教養を身に付けさせることを目指しました。 -学習院での教育- 1915年、馬上孝太郎は学習院の教授に就任し、哲学と教育学を講義しました。馬上孝太郎は、学習院でも東京高師と同様、学生たちに哲学と教育学の重要性を説き、学生たちの教育者としての資質の向上に努めました。 また、馬上孝太郎は、学習院で学生たちとともに演劇や音楽などの文化活動にも取り組みました。馬上孝太郎は、文化活動を通じて学生たちの感性を豊かにし、人間としての幅広い教養を身に付けさせることを目指しました。 -馬上孝太郎の教育思想- 馬上孝太郎の教育思想は、哲学と教育学の重要性を説き、学生たちの教育者としての資質の向上に努めることでした。また、馬上孝太郎は、文化活動を通じて学生たちの感性を豊かにし、人間としての幅広い教養を身に付けさせることを目指しました。 馬上孝太郎の教育思想は、現代の教育にも通じるものであり、多くの教育者から参考にされています。
研究者

岸野雄三→ 近代日本体育のパイオニア

岸野雄三の生涯と経歴 岸野雄三は、1857年9月24日に信濃国高遠藩(現在の長野県伊那市)で生まれました。幼い頃から柔道と剣道を始め、上京後は慶應義塾に入学しました。慶應義塾在学中は、野球やボートなどのスポーツにも親しみ、卒業後は体育教師として東京府尋常中学校(現在の東京都立竹早高等学校)に勤務しました。 その後、岸野雄三は東京帝国大学(現在の東京大学)に入学し、体育学科で学びました。東京帝国大学卒業後は、東京府尋常師範学校(現在の東京学芸大学)の教授に就任し、体育教育の普及に努めました。 1890年、岸野雄三は日本体育協会を創設し、初代会長に就任しました。また、1894年には、東京高等師範学校(現在の筑波大学)を創設し、体育学科を設置しました。岸野雄三は、日本体育協会と東京高等師範学校を通じて、体育教育の普及と発展に尽力しました。 岸野雄三は、1927年に70歳で亡くなりましたが、彼の業績は今日まで受け継がれています。日本体育協会は、現在も日本の体育・スポーツ界を統括する組織として活動しており、東京高等師範学校は、日本を代表する体育系大学として知られています。岸野雄三は、近代日本体育のパイオニアとして、その功績を称えられています。
研究者

川瀬一馬:偉大な書誌学者と国文学者の生涯と業績

-川瀬一馬の生涯と経歴- 川瀬一馬は、1881年(明治14年)10月1日に、東京市深川区に生まれました。東京専門学校(現・早稲田大学)英文科を卒業後、1906年(明治39年)に帝国図書館(現・国立国会図書館)に入館しました。 川瀬は、帝国図書館で書誌学と国文学の研究に従事し、1921年(大正10年)に「日本書籍分類法」を刊行しました。この分類法は、日本の書誌学の発展に大きな影響を与え、現在でも多くの図書館で利用されています。 川瀬はまた、1924年(大正13年)に「国書総目録」を刊行しました。この総目録は、日本の出版物約10万点を収録しており、国文学の研究に欠かせない資料となっています。 川瀬は、書誌学者としてだけでなく、国文学者としても活躍しました。1930年(昭和5年)に「日本文学史」を刊行し、日本の文学史研究に大きな貢献をしました。 川瀬は、1945年(昭和20年)10月1日に、東京都世田谷区で亡くなりました。享年64歳。川瀬の業績は、日本の書誌学と国文学の発展に大きな影響を与え、現在でも多くの人々に読み継がれています。
研究者

教育者 石三次郎

-明治時代の教育理念とは?- 明治時代は、日本の近代化が大きく進んだ時代でした。教育においても、それまでの伝統的な教育から近代的な教育へと大きく転換しました。 明治時代の教育理念は、大きく分けて3つあります。 1つ目は、「殖産興業」です。明治政府は、日本の近代化を進めるために、産業の発展を急務としていました。そのため、教育においても、産業に必要な知識や技術を教えることに重点が置かれました。 2つ目は、「富国強兵」です。明治政府は、日本の近代化を進めるためには、軍事力の強化が必要と考えていました。そのため、教育においても、軍事に関する知識や技術を教えることに重点が置かれました。 3つ目は、「国民皆教育」です。明治政府は、日本の近代化を進めるためには、国民の啓蒙が必要と考えていました。そのため、教育においても、国民に基礎的な知識や技能を教えることに重点が置かれました。 明治時代の教育理念は、日本の近代化を大きく推進する役割を果たしました。明治時代の教育制度は、現在でも日本の教育制度の基本となっている部分が多くあります。
研究者

地質学者・大塚弥之助の生涯と研究

大塚弥之助の生涯と経歴 大塚弥之助は、1857年に江戸の日本橋で生まれました。幼い頃から鉱物や化石に興味を持ち、1876年に東京大学理学部地質学科に入学しました。1881年に卒業後は、大学院に進学して地質学を研究し、1884年に博士号を取得しました。 1886年に、大塚弥之助は東京大学助教授に就任しました。1888年には、地質調査所技師に転任し、1893年には所長に就任しました。地質調査所では、日本の地質の調査や、鉱物や化石の研究を行いました。また、地質学に関する多くの著書や論文を発表しました。 1901年に、大塚弥之助は東京大学教授に就任しました。1906年には、帝国学士院会員に選出されました。1913年には、東京帝国大学総長に就任しました。東京帝国大学総長としては、大学の改革を進め、日本の学術の発展に貢献しました。 1928年に、大塚弥之助は脳溢血で亡くなりました。享年71歳でした。大塚弥之助は、日本の地質学の発展に大きな貢献をした偉大な地質学者でした。 大塚弥之助の研究 大塚弥之助は、日本の地質学の発展に大きな貢献をしました。彼の研究は、日本の地質構造や鉱物資源、化石などに関する幅広い分野に及びました。 大塚弥之助の最も重要な研究のひとつは、日本の地質構造に関する研究です。彼は、日本の地質構造は、ユーラシア大陸プレートと太平洋プレートの衝突によって形成されたものであることを明らかにしました。また、日本の地質構造は、プレートの沈み込みによって形成されたものであることも明らかにしました。 大塚弥之助は、日本の鉱物資源に関する研究も数多く行いました。彼は、日本の鉱物資源は、日本の地質構造と密接に関連していることを明らかにしました。また、日本の鉱物資源は、日本の経済発展に重要な役割を果たしていることも明らかにしました。 大塚弥之助は、化石に関する研究も数多く行いました。彼は、日本の化石は、日本の地質の歴史を解き明かすための重要な手がかりであることを明らかにしました。また、日本の化石は、日本の生物の進化の歴史を解き明かすための重要な手がかりであることも明らかにしました。 大塚弥之助の研究は、日本の地質学の発展に大きな貢献をしました。彼の研究は、日本の地質構造や鉱物資源、化石などに関する幅広い分野を網羅しており、日本の地質学の発展に欠かせないものです。
研究者

「成田成寿」について

成田成寿の生涯 成田成寿(なりたせいじゅ、1865年1月14日 - 1946年6月27日)は、日本の政治家、官僚。爵位は男爵。 1865年(慶応元年)1月14日、静岡県富士郡大宮村(現在の富士宮市)に生まれる。1884年(明治17年)、東京帝国大学法科大学を卒業。1886年(明治19年)、内務省に入り、地方官吏として各地を歴任する。1897年(明治30年)、内務次官となる。1900年(明治33年)、第2次山県有朋内閣で文部大臣に任命される。1901年(明治34年)、枢密顧問官に就任。 1906年(明治39年)、第1次桂太郎内閣で内務大臣に任命される。1908年(明治41年)、第2次桂太郎内閣で再び内務大臣に任命される。1911年(明治44年)、男爵を授けられる。1912年(大正元年)、第3次桂太郎内閣で内閣書記官長に任命される。1913年(大正2年)、第1次山本権兵衛内閣で内務大臣に任命される。1914年(大正3年)、第2次山本権兵衛内閣で再び内務大臣に任命される。 1916年(大正5年)、第1次寺内正毅内閣で内務大臣に任命される。1917年(大正6年)、第2次寺内正毅内閣で再び内務大臣に任命される。1918年(大正7年)、第3次寺内正毅内閣で内閣書記官長に任命される。1919年(大正8年)、第1次原敬内閣で内務大臣に任命される。1920年(大正9年)、第2次原敬内閣で再び内務大臣に任命される。 1921年(大正10年)、第1次高橋是清内閣で内閣書記官長に任命される。1922年(大正11年)、第2次高橋是清内閣で再び内閣書記官長に任命される。1923年(大正12年)、第1次加藤友三郎内閣で内閣書記官長に任命される。1924年(大正13年)、第2次加藤友三郎内閣で再び内閣書記官長に任命される。 1925年(大正14年)、第1次若槻礼次郎内閣で内閣書記官長に任命される。1926年(大正15年)、第2次若槻礼次郎内閣で再び内閣書記官長に任命される。1927年(昭和2年)、第1次田中義一内閣で内務大臣に任命される。1928年(昭和3年)、第2次田中義一内閣で再び内務大臣に任命される。 1929年(昭和4年)、第1次濱口雄幸内閣で内閣書記官長に任命される。1930年(昭和5年)、第2次濱口雄幸内閣で再び内閣書記官長に任命される。1931年(昭和6年)、第1次犬養毅内閣で内務大臣に任命される。1932年(昭和7年)、第2次犬養毅内閣で再び内務大臣に任命される。 1934年(昭和9年)、第1次岡田啓介内閣で内閣書記官長に任命される。1935年(昭和10年)、第2次岡田啓介内閣で再び内閣書記官長に任命される。1936年(昭和11年)、第1次広田弘毅内閣で内務大臣に任命される。1937年(昭和12年)、第2次広田弘毅内閣で再び内務大臣に任命される。 1938年(昭和13年)、第1次近衛文麿内閣で内務大臣に任命される。1939年(昭和14年)、第2次近衛文麿内閣で再び内務大臣に任命される。1940年(昭和15年)、第1次平沼騏一郎内閣で内閣書記官長に任命される。1941年(昭和16年)、第2次平沼騏一郎内閣で再び内閣書記官長に任命される。 1942年(昭和17年)、第1次東條英機内閣で内務大臣に任命される。1943年(昭和18年)、第2次東條英機内閣で再び内務大臣に任命される。1944年(昭和19年)、第1次小磯國昭内閣で内閣書記官長に任命される。1945年(昭和20年)、第2次小磯國昭内閣で再び内閣書記官長に任命される。 1946年(昭和21年)6月27日、死去。享年81。
研究者

小笠原義勝について

-# 小笠原義勝の学問と職歴 小笠原義勝は、1937年(昭和12年)に東京都で生まれました。父は小笠原長生、母は小笠原千代です。1953年(昭和28年)に東京大学経済学部に入学し、1957年(昭和32年)に卒業しました。大学卒業後は、日本銀行に入行し、勤務しました。 1960年(昭和35年)に、日本銀行を退職し、東京大学大学院経済学研究科に入学しました。1964年(昭和39年)に、東京大学大学院経済学研究科博士課程を修了し、経済学博士の学位を取得しました。 1964年(昭和39年)に、大阪市立大学経済学部助教授に就任しました。1967年(昭和42年)に、大阪市立大学経済学部教授に昇進しました。1987年(昭和62年)に、大阪市立大学経済学部長に就任しました。1990年(平成2年)に、大阪市立大学学長に就任しました。 1993年(平成5年)に、大阪市立大学を退職し、大阪経済大学経済学部教授に就任しました。1996年(平成8年)に、大阪経済大学経済学部長に就任しました。2002年(平成14年)に、大阪経済大学を退職しました。 小笠原義勝は、日本の経済学者であり、専門は経済学史です。日本の経済学史研究の第一人者であり、特に明治維新期の経済学史の研究で知られています。また、大阪市立大学学長や大阪経済大学学長を歴任するなど、日本の経済学界を代表する人物の一人です。
研究者

梅根悟:教育のパイオニア

-埼玉県の中学校長から東京文理大の助教授へ- 梅根悟は、1903年に埼玉県入間郡小川町に生まれ、1926年に東京高等師範学校を卒業しました。その後、埼玉県の中学校で教鞭をとり、1938年に東京文理大学の助教授に就任しました。 梅根は、中学校で教鞭をとっていた頃から、従来の詰め込み式教育に疑問を抱いていました。そして、生徒の自主性を重んじ、生徒が自ら学ぶことを促す教育法を模索するようになりました。 東京文理大学の助教授に就任してからも、梅根は教育法の研究を続けました。そして、1947年に『新しい教育法』を出版しました。この本は、梅根の教育理念をまとめたもので、教育界に大きな影響を与えました。 梅根の教育法は、生徒の自主性を重んじ、生徒が自ら学ぶことを促すものでした。梅根は、生徒に教科書を与えず、自分で資料を集めて調べさせました。そして、生徒同士で話し合い、議論させることで、生徒の思考力を養いました。 梅根の教育法は、従来の詰め込み式教育とは異なり、生徒の自主性を重んじるものでした。この教育法は、生徒の思考力を養い、生徒を自ら学ぶことができる人間に育て上げました。 梅根の教育法は、現在でも多くの学校で実践されています。そして、梅根の教育理念は、教育界に大きな影響を与え続けています。
研究者

阿武喜美子:女性として初めて東京帝大大学院に進学した先駆的化学者

-阿武喜美子の功績と生涯- 阿武喜美子は、1896年、福岡県に生まれました。東京女子高等師範学校理科専攻を卒業後、1921年に東京帝国大学大学院に進学し、女性として初めて東京帝大大学院に進学を果たしました。 大学院では、鈴木梅太郎教授の指導のもと、有機化学を専攻しました。1925年に学位を取得し、東京女子高等師範学校で講師を務めました。1927年、27歳で東京女子高等師範学校の助教授に就任しました。これは、女性として初めて、帝国大学系の官立学校で助教授の地位を得たことでした。その後、教授に昇進し、同校で有機化学の研究を続けました。 阿武喜美子は、有機合成化学の分野で多くの功績を残しました。アミノ酸の合成法を開発し、また、日本の伝統的な染料である藍の化学構造を解明しました。これらの研究は、日本の化学の発展に大きく貢献しました。 阿武喜美子は、1982年に亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。2011年、阿武喜美子の顕彰碑が、彼女の出身地である福岡県に建立されました。また、2016年には、阿武喜美子の生涯をモデルにしたテレビドラマが放送されました。 阿武喜美子は、女性として初めて東京帝大大学院に進学した先駆的化学者であり、日本の化学の発展に大きく貢献した人物です。その功績は今もなお、多くの研究者や学生に尊敬されています。
研究者

神保格:日本語音声学の礎を築いた言語学者

-神保格の生涯と業績- 神保格(1883~1950)は、日本の言語学者であり、日本語の音声学研究の礎を築いた人物です。1883年、長野県に生まれ、東京高等師範学校(現筑波大学)を卒業後、東京帝国大学大学院に進学しました。1911年、東京帝国大学の講師となり、1918年に教授に昇進しました。1935年には、日本初の言語学研究機関である東京帝国大学言語学教室を設立しました。 神保格の研究は、日本語の音声学に大きな影響を与えました。神保格は、日本語の音韻体系を分析し、日本語の音素と音節の構造を明らかにしました。また、日本語のアクセントを研究し、日本語のアクセント体系を確立しました。神保格の研究は、日本語の語彙、文法、意味論などの研究にも影響を与えました。 神保格は、日本語音声学の研究だけでなく、日本語教育にも貢献しました。神保格は、1923年に東京帝国大学に日本語教育課程を開設し、日本語教育の基礎を築きました。神保格の日本語教育の研究は、日本国内だけでなく、海外でも高く評価されました。 神保格は、1950年に67歳で亡くなりました。しかし、神保格の研究は、日本語音声学の発展に大きな影響を与え、今もなお高く評価されています。神保格は、日本語音声学の礎を築いた偉大な言語学者でした。
研究者

掛谷宗一 – 偉大な数学者の軌跡

-掛谷宗一の生涯と功績- 掛谷宗一は、1903年3月21日に、日本の東京で生まれました。彼は、東京帝国大学で数学を学び、1932年に博士号を取得しました。その後、東京帝国大学で教鞭をとり、1949年に教授に昇任しました。 掛谷宗一は、トポロジーの分野で多くの重要な業績を残しました。彼は、1939年に、トポロジーの基礎となる概念である位相空間の概念を導入しました。これは、トポロジーの発展に大きな影響を与えました。また、彼は、1941年に、トポロジーの重要な定理である同相定理を証明しました。この定理は、位相空間の性質を調べる上で重要な役割を果たしています。 掛谷宗一は、トポロジーの分野で多くの重要な業績を残した偉大な数学者でした。彼の業績は、現代数学の発展に大きな影響を与えました。 -掛谷宗一の数学的功績- * 位相空間の概念の導入(1939年) * 同相定理の証明(1941年) * ホモロジー理論の発展 * 微分幾何学への貢献 * 偏微分方程式論への貢献 * 数学教育への貢献 -掛谷宗一の数学的業績の重要性- * トポロジーの発展に大きな影響を与えた。 * 現代数学の発展に大きな影響を与えた。 * 数学教育の発展に貢献した。 * 科学技術の発展に貢献した。 -掛谷宗一の受賞歴- * 朝日賞(1956年) * 文化勲章(1960年)
研究者

生い立ちと経歴

- 教育心理学者としての貢献 - -# 生い立ちと経歴 -# ジョン・デューイは1859年にアメリカのバーモント州バーリントンで生まれた。父親は商人、母親は教師であった。子供のころのジョン・デューイは、読書と自然を好む少年であった。1878年にバーモント大学に入学し、1881年に卒業した。その後、ジョンズ・ホプキンス大学で哲学を学び、1884年に博士号を取得した。 ジョン・デューイは、1884年にミシガン大学で哲学の教授として働き始めた。1894年にシカゴ大学に移り、教育学部長を務めた。シカゴ大学でジョン・デューイは、教育理論の研究に力を入れ、多くの著作を発表した。1904年にコロンビア大学に移り、教育学部長を務めた。コロンビア大学でジョン・デューイは、教育理論の研究を続け、多くの著作を発表した。1929年に退職するまで、コロンビア大学で教育学部長を務めた。 ジョン・デューイは、1952年にニューヨークで死去した。享年92歳であった。ジョン・デューイは、20世紀を代表する教育心理学者であり、教育理論に大きな影響を与えた。 ジョン・デューイの教育理論は、経験主義とプラグマティズムに基づいている。ジョン・デューイは、知識は経験を通して得られるものであり、教育は経験を豊かにし、生徒が問題を解決する力を養うものであるべきだと考えた。また、ジョン・デューイは、教育は生徒の興味や関心に基づいて行われるべきだと考え、生徒が主体的に学習するような教育を提唱した。 ジョン・デューイの教育理論は、多くの教育者や学校に影響を与えた。ジョン・デューイの教育理論に基づいた教育方法は、現在でも多くの学校で実践されている。 以下は、ジョン・デューイの教育心理学者としての主な貢献である。 * 経験主義とプラグマティズムに基づく教育理論の確立 * 生徒の興味や関心に基づいた教育の提唱 * 生徒が主体的に学習するような教育の提唱 * 教育方法の改革 * 教育制度の改革
研究者

教育者・安部綱義について

-明治時代の背景- ​ 安部綱義の歩んだ明治時代は、日本にとって激動の時代であり、教育改革が行われた時代でもありました。  明治维新により、封建制度が廃止され、新政府が樹立されました。新政府は、近代化を推進するために、富国强兵を掲げ、西洋の文化や技術を積極的に導入しました。  教育改革も、近代化政策の一環として行われました。文部省が設置され、小学校、中学校、大学など、近代的な教育制度が整備されました。また、教育内容も、従来の儒教的なものから、西洋の科学や技術を重視したものへと改められました。  こうした教育改革は、日本の近代化に大きく貢献しました。日本の産業は急速に発展し、日本は世界有数の大国へと成長しました。  教育者として安部綱義が活躍した明治時代は、日本が近代国家として歩み始めた時代でした。安部綱義は、近代的な教育の実践者として、日本の教育の発展に貢献しました。
研究者

「乙竹岩造」

-生い立ちと経歴- 乙竹岩造は、1899年(明治32年)4月15日、石川県羽咋郡志雄町(現・羽咋市)に生まれた。父は乙竹岩太郎、母はくすの。岩造は、5人兄弟の3番目であり、幼い頃から利発で勉強熱心な子供であった。 1913年(大正2年)、乙竹は金沢市立第一中学校に入学。中学時代は、野球部に所属し、投手として活躍した。1919年(大正8年)に中学校を卒業すると、東京帝国大学法学部に進学した。 大学在学中は、学生運動に参加し、社会問題に関心を抱くようになった。1923年(大正12年)に大学を卒業すると、日本社会党に入党。労働運動に参加するようになった。 1928年(昭和3年)に、乙竹は日本労働組合評議会(評議会)の委員長に選出された。評議会は、当時の労働運動の中心組織であり、乙竹は労働運動の指導者として活躍した。 1931年(昭和6年)に、乙竹は第17回衆議院議員総選挙に立候補し、当選した。乙竹は、労働者階級の代表として国会で活躍し、労働問題の改善に尽力した。 1937年(昭和12年)に、乙竹は治安維持法違反の容疑で逮捕された。乙竹は、2年間投獄された後、1939年(昭和14年)に釈放された。 1940年(昭和15年)に、乙竹は日本労働組合総同盟(総同盟)の委員長に選出された。総同盟は、評議会と並ぶ労働運動の中心組織であり、乙竹は労働運動の指導者として活躍した。 1945年(昭和20年)、第二次世界大戦が終結すると、乙竹は日本社会党の委員長に選出された。乙竹は、戦後の労働運動の復興に尽力し、社会党の発展に貢献した。 1951年(昭和26年)に、乙竹は第2回参議院議員通常選挙に立候補し、当選した。乙竹は、参議院で活躍し、社会問題の改善に尽力した。 1959年(昭和34年)に、乙竹は参議院議員を辞職した。乙竹は、その後も労働運動に参加し、社会問題の改善に尽力した。 1972年(昭和47年)に、乙竹は死去した。享年73歳であった。乙竹は、労働運動の指導者として活躍し、社会問題の改善に尽力した人物であった。
研究者

唐沢富太郎 – 教育史の研究と唐沢博物館の設立

-唐沢富太郎の生涯と功績- 唐沢富太郎は、1880年(明治13年)12月21日に岡山県に生まれました。1906年(明治39年)に東京高等師範学校を卒業し、その後、中学校の教員として勤務しました。その後、1911年(明治44年)に東京帝国大学大学院に入学し、1914年(大正3年)に卒業しました。 唐沢富太郎は、1915年(大正4年)に東京高等師範学校教授に就任し、1922年(大正11年)には同校の校長に就任しました。その後、1929年(昭和4年)には東京文理科大学教授に就任し、1932年(昭和7年)には同大学の初代学長に就任しました。 唐沢富太郎は、教育史の研究に大きな功績を残しました。1917年(大正6年)に出版された「日本教育史」は、日本教育史の研究において大きな影響を与えました。また、1925年(大正14年)に出版された「西洋教育史」は、西洋教育史の研究において大きな影響を与えました。 唐沢富太郎は、1952年(昭和27年)に東京文理科大学学長を退任し、1954年(昭和29年)に死去しました。 唐沢富太郎は、教育史の研究に大きな功績を残し、日本の教育の発展に貢献しました。
作家

清水房雄

-生い立ちと経歴- 清水房雄は、1907年(明治40年)1月15日に東京都に生まれた。 父は清水徳太郎、母は清水久美。 徳太郎は、東京帝国大学工学部を卒業後、逓信省に入省。 その後、日本電信電話株式会社(NTT)の社長を務めた。 久美は、東京女子高等師範学校を卒業後、小学校教師として勤務。 房雄は、徳太郎と久美の長男として生まれた。 房雄は、幼い頃から成績優秀で、東京帝国大学工学部に進学。 大学卒業後は、逓信省に入省した。 その後、日本電信電話株式会社(NTT)に転籍し、研究開発部門で活躍した。 1960年(昭和35年)に、NTTの社長に就任。 社長在任中は、電話の普及や、通信技術の開発に尽力した。 1968年(昭和43年)に、NTTの社長を退任後は、郵政大臣を務めた。 1972年(昭和47年)に、郵政大臣を退任後は、日本電信電話公社(現・NTT)の社長に就任。 社長在任中は、電話の普及や、通信技術の開発に尽力した。 1977年(昭和52年)に、日本電信電話公社の社長を退任後は、日本経済団体連合会(経団連)の会長を務めた。 経団連会長在任中は、経済政策や、社会問題について発言を行い、日本の経済界を牽引した。 1986年(昭和61年)に、経団連会長を退任後は、日本経営者団体連盟(日経連)の会長を務めた。 日経連会長在任中は、経済政策や、社会問題について発言を行い、日本の経済界を牽引した。 2000年(平成12年)に、日経連会長を退任。 2002年(平成14年)に、95歳で亡くなった。
研究者

 牧二郎(1929-2005)

-牧二郎の生涯と功績- 1929年1月1日、牧二郎は北海道函館市に生まれた。 父は、牧二郎が生まれる前に他界し、母は彼を一人で育てた。 牧二郎は、少年時代は、貧しく苦労したが、勉学に励み、函館商業高等学校に入学した。 高等学校卒業後、牧二郎は、商社に就職したが、すぐに退職し、1950年に大学に入学した。 大学卒業後、牧二郎は、化学メーカーに就職して、研究開発に従事した。 1960年、牧二郎は、研究成果を論文にまとめ、博士号を取得した。 1965年、牧二郎は、大学を退職し、化学メーカーの研究所長に就任した。 1970年、牧二郎は、化学メーカーの社長に就任した。 1975年、牧二郎は、化学メーカーを退職し、独立して研究開発を行うようになった。 1980年、牧二郎は、研究成果を論文にまとめ、ノーベル化学賞を受賞した。 1985年、牧二郎は、文部科学省の大臣に就任した。 1990年、牧二郎は、文部科学省の大臣を退任した。 2005年12月7日、牧二郎は、北海道函館市で他界した。 牧二郎は、化学分野の研究に多大な貢献をした研究者であり、ノーベル化学賞を受賞した日本の化学者である。 彼の研究成果は、化学分野の発展に大きな影響を与え、現在でも彼の研究成果は、化学分野の研究の基礎となっている。
研究者

– 「阿部八代太郎」

-数学教育の発展に尽力した人物- 阿部八代太郎(あべ やしろたろう、1883年10月24日 - 1964年6月13日)は、日本の数学教育者、数学者。北海道大学名誉教授。岩手県盛岡市出身。 阿部は、1900年に北海道師範学校を卒業した後、北海道庁立第二師範学校(現・北海道教育大学釧路校)の教諭を務めた。その後、1906年に東京高等師範学校(現・筑波大学)を卒業し、北海道庁立第一師範学校(現・北海道教育大学札幌校)の教諭に就任した。 阿部は、数学教育の研究に熱心に取り組み、1911年に「数学教授法」を出版した。この本は、数学教育の理論と実践を体系的にまとめたもので、当時の数学教育界に大きな影響を与えた。 阿部は、1919年に北海道帝国大学(現・北海道大学)の教授に就任し、1930年には同大学の理学部長に就任した。阿部は、北海道大学の数学教育の発展に尽力し、1934年には同大学に数学教室を創設した。 阿部は、1945年に北海道大学を退官し、その後は東京理科大学で教鞭を執った。阿部は、1964年に逝去した。 阿部は、数学教育の発展に多大な貢献をした人物であり、その功績は高く評価されている。阿部の著書である「数学教授法」は、現在でも数学教育の研究者や実践者によって広く読まれている。