東京芸大

研究者

森田亀之助→ 日本における西洋美術史研究のパイオニア

* -人物紹介- 森田亀之助(1869~1945)は、東京美術学校で学び、その後フランスに留学。帰国後、東京高等師範学校、東京美術学校教授を経て、東京帝国大学教授、日本美術院院長などを歴任した美術史家です。日本における西洋美術史研究のパイオニア的存在です。西洋美術史の研究法を確立し、多くの研究者の育成に努めました。 森田亀之助は、1869年に岡山県の農家に生まれました。東京美術学校で日本画を学び、卒業後はフランスに留学しました。フランスでは、ソルボンヌ大学で美術史を学び、ルーブル美術館で美術品を研究しました。帰国後、東京高等師範学校、東京美術学校教授を経て、1919年に東京帝国大学教授となりました。1928年には、日本美術院院長に就任しました。 森田亀之助は、西洋美術史の研究法を確立し、多くの研究者の育成に努めました。西洋美術史の研究を、美術品の形式的な分析ではなく、美術品の社会的・歴史的背景を考慮した総合的な研究とすることを主張しました。また、美術史の研究には、実物を見ることの重要性を説きました。 森田亀之助の著書には、『西洋美術史論考』(1919年)、『西洋美術史概説』(1924年)、『西洋美術史要』(1931年)などがあります。これらの著書は、日本の西洋美術史研究の基礎を築き、多くの研究者の育成に貢献しました。 森田亀之助は、1945年に76歳で亡くなりました。しかし、彼の研究成果は、現在でも日本の西洋美術史研究に大きな影響を与えています。
芸術家

「渡辺武夫」

渡辺武夫の初期 渡辺武夫の初期は、彼の生涯において重要な時期であった。この期間中、彼は陸軍士官学校に入学し、日露戦争に参加した。また、彼はドイツに留学し、軍事研究を行った。 渡辺武夫は、1879年(明治12年)1月25日に、鳥取県東伯郡由良村(現・由良町)に生まれた。1894年(明治27年)に陸軍士官学校に入学し、1897年(明治30年)に卒業した。卒業後は、歩兵第1連隊に配属された。 1904年(明治37年)の日露戦争では、渡辺武夫は歩兵第1連隊の少尉として出征した。遼陽会戦、奉天会戦に参加し、戦功を挙げた。1905年(明治38年)に、渡辺武夫は、ドイツに留学した。ドイツでは、ベルリン大学で軍事研究を行った。1909年(明治42年)に帰国し、陸軍参謀本部員に任命された。 1912年(明治45年)に、渡辺武夫は、大正天皇の侍従武官に任命された。1915年(大正4年)に、欧州視察を命じられ、ドイツ、フランス、イギリスなどを訪問した。1916年(大正5年)に帰国し、陸軍省軍務局長に任命された。 渡辺武夫の初期は、彼の生涯において、重要な時期であった。この期間中、彼は陸軍士官学校に入学し、日露戦争に参加した。また、彼はドイツに留学し、軍事研究を行った。これらの経験は、彼が後に陸軍大臣や首相に就任する際に、大きな影響を与えた。
ミュージシャン

北村季晴:明治・大正期の作曲家の人生と作品

-北村季晴の生い立ちと音楽との出会い- 北村季晴は、1885年(明治18年)4月28日に、東京都麹町区内幸町に生まれた。父は、幕臣の北村清太郎、母は、香川県の旧高松藩士の娘である。季晴は、7人兄弟の長男として生まれた。 季晴は、幼い頃から音楽に興味を示し、3歳の時には、すでにピアノを弾いていたという。10歳の時には、東京音楽学校(現・東京藝術大学)に入学し、バイオリンを専攻した。在学中、季晴は、作曲家としての才能も発揮し、16歳の時には、最初の交響曲を作曲している。 1905年(明治38年)に東京音楽学校を卒業した後、季晴は、ヨーロッパに留学した。パリとベルリンで学び、1910年(明治43年)に帰国した。帰国後は、東京音楽学校教授となり、作曲と指導に当たった。 季晴は、1946年(昭和21年)に61歳で亡くなった。短命であったが、その生涯に多くの作品を残した。その中には、交響曲やオペラ、歌曲などがあり、日本の音楽史に大きな足跡を残した作曲家の一人である。
ミュージシャン

舘野泉:左手ピアニストとして復活した昭和後期 – 平成時代のピアニスト

-メシアン国際ピアノコンクールで第2位に輝く- 舘野泉は、1980年にフランスのパリで開催されたメシアン国際ピアノコンクールに出場し、第2位に入賞した。このコンクールは、フランスの作曲家オリヴィエ・メシアンの功績を称えて開催されたもので、舘野は唯一の日本人出場者であった。 舘野は、コンクールの第一予選でメシアンの「時の方舟」を演奏し、審査員の注目を集めた。第二予選では、モーツァルトの「ピアノ協奏曲第21番」を演奏し、さらに高い評価を得た。そして、決勝では、ラヴェルの「ピアノ協奏曲ト長調」を演奏し、審査員と聴衆を魅了した。 舘野は、コンクールで第2位に入賞したことで、世界的にその名が知られるようになった。また、このコンクールでの演奏は、舘野のピアニストとしてのキャリアを大きく前進させることになった。 舘野は、メシアン国際ピアノコンクールでの入賞後、世界各地で演奏会を開催するようになった。また、数多くの録音を残しており、その演奏は世界中の音楽愛好家に愛されている。 舘野は、日本のピアニストとして初めてメシアン国際ピアノコンクールで入賞したことで、日本の音楽界に大きな影響を与えた。また、舘野の演奏は、世界中の音楽愛好家に希望と勇気を与え続けている。
ミュージシャン

音楽界の巨人-藤山一郎の生涯

戦前のスター 藤山一郎は、日本の音楽界における戦前の偉大なスターとして知られています。彼は、1911年1月1日に青森県で生まれ、幼い頃から音楽の才能を発揮し、1933年にコロムビアレコードからデビューしました。 藤山一郎の歌声は、その美しさ、力強さ、表現力で多くの人々を魅了しました。彼は、映画やラジオに出演し、また、戦時中は軍隊慰問にも出かけ、国民に勇気を与え続けました。 藤山一郎が活躍した戦前の日本は、軍国主義の時代であり、国民は厳しい統制下で暮らしていました。音楽も、政府の厳しい検閲を受け、歌える曲や歌詞が制限されていました。 しかし、藤山一郎は検閲に屈せず、常に国民に寄り添った歌を歌い続けました。彼は、国民の生活を歌った『東京音頭』や『島の娘』、『リンゴの唄』などのヒット曲を次々と発表し、国民の心を勇気づけました。 藤山一郎は、戦後も活躍を続け、1979年に亡くなるまで歌手として活躍しました。彼は、生涯にわたって国民に愛され、日本の音楽史に大きな足跡を残した偉大な歌手でした。
作家

旗野十一郎 – 明治時代の国文学者

-# 旗野十一郎の生涯と経歴 旗野十一郎は、1862年(文久2年)12月8日に、肥前国長崎(現在の長崎県長崎市)に生まれました。幼名は義助と名付けられました。1868年(明治元年)に、長崎の済美学校に入学し、1874年(明治7年)に卒業しました。その後、1875年(明治8年)に、東京大学文学部国文学科に入学し、1879年(明治12年)に卒業しました。 卒業後は、東京大学の教授となり、国文学を講義しました。1886年(明治19年)に、文学博士の学位を取得し、1887年(明治20年)には、帝国学士院会員に選ばれました。1898年(明治31年)に、東京帝国大学文学部部長に就任し、1902年(明治35年)には、東京帝国大学総長に就任しました。 総長在任中は、大学の改革に尽力し、大学院の設置や、研究室の拡充などを行いました。また、1908年(明治41年)に、帝国学士院の総裁に就任し、1929年(昭和4年)まで務めました。 旗野十一郎は、1930年(昭和5年)11月26日に、東京で亡くなりました。享年67歳でした。 旗野十一郎は、国文学者として、日本の文学研究に大きな功績を残しました。特に、平安時代の文学を研究し、多くの著作を発表しました。また、帝国学士院の総裁として、学術の振興に尽力しました。
芸術家

「上野泰郎」

-昭和後期-平成時代の日本画家- 上野泰郎は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した日本画家です。1935年に東京都に生まれ、1959年に東京芸術大学を卒業しました。卒業後は、二紀展や日展を中心に作品を発表し、数々の賞を受賞しました。また、日本画の分野において、独自の画風を確立し、多くの後進を育てました。 上野泰郎は、日本画の伝統的な技法を駆使しながら、現代的な感覚を取り入れた作品を制作しました。その作品は、鮮やかな色彩と大胆な構図が特徴的で、見る人に強い印象を与えます。また、上野泰郎は、自然を愛し、その美しさを作品に表現することをテーマとしていました。彼の作品には、四季折々の自然の情景が描かれており、見る人に安らぎや感動を与えてくれます。 上野泰郎は、2017年に82歳で亡くなりましたが、その作品は現在も多くの美術館やギャラリーに収蔵されています。また、彼の作品は、国内外で高い評価を受けており、世界各地で展覧会が開催されています。 上野泰郎は、昭和後期から平成時代にかけて、日本画の発展に大きく貢献した偉大な画家です。彼の作品は、多くの人々に愛され、これからも長く人々に親しまれることでしょう。
芸術家

「新井完」

-新井完の人物と生涯- 新井完は、1942年に東京に生まれた日本の詩人、小説家、評論家である。東京大学文学部を卒業後、出版社に勤務し、1970年に詩集『虚無の塔』でデビューした。その後、多くの詩集、小説、評論を発表し、その独特な世界観と鋭い社会批判で注目を集めた。2012年に69歳で亡くなった。 新井完は、その詩の中で、現代社会の虚無と退廃を鋭く批判した。彼は、資本主義社会が人間を物として扱い、人間性を破壊していると主張した。また、彼は、現代人はテクノロジーに支配され、自然から乖離していると批判した。新井完の詩は、多くの読者に衝撃を与え、現代社会のあり方について考えさせるものとなった。 新井完は、小説家としても活躍した。彼の小説は、社会の矛盾や人間の心の闇を描いたものが多い。彼の小説は、そのリアリティのある描写と深い洞察力で評価されている。 新井完は、評論家としても活躍した。彼は、社会問題や文学について多くの評論を発表した。彼の評論は、その鋭い視点と独創的な思考で注目を集めた。新井完は、現代社会の矛盾と人間の心の闇を鋭く批判した詩人、小説家、評論家として、多くの読者に影響を与えた。 新井完は、1942年12月21日に東京に生まれた。父は詩人の新井静一郎、母は歌人の玉城佐智子である。新井完は、幼い頃から詩や小説が好きで、中学時代には同人誌を発行していた。 新井完は、1966年に東京大学文学部を卒業し、出版社に勤務した。1970年に詩集『虚無の塔』でデビューし、注目を集めた。その後、多くの詩集、小説、評論を発表し、その独特な世界観と鋭い社会批判で評価された。 新井完は、2012年11月18日に東京で亡くなった。享年69歳。
芸術家

明珍恒男 – 彫刻家、仏像の保存修理を手がけた明治・昭和前期の人物

- 高村光雲に師事して日本美術院へ 明珍恒男は、明治14年(1881年)に岡山県に生まれました。幼い頃から木彫りに興味を持ち、独学で彫像の技術を磨いていました。明治37年(1904年)に上京し、高村光雲に師事しました。高村光雲は、明治・大正期の日本を代表する彫刻家で、日本美術院の創立メンバーの一人でした。明珍恒男は、高村光雲のもとで彫刻の技術を学び、日本美術院の展覧会に出品するようになりました。 明治40年(1907年)に、明珍恒男は日本美術院の会員に推挙されました。以後、日本美術院展に出品を続け、大正10年(1921年)には文部省美術展覧会で特選を受賞しました。大正11年(1922年)には、日本芸術院会員に推挙されました。 明珍恒男は、高村光雲のもとで彫刻の技術を学び、日本美術院の展覧会に出品するようになりました。大正10年(1921年)には文部省美術展覧会で特選を受賞し、大正11年(1922年)には、日本芸術院会員に推挙されました。
芸術家

宮田亮平:現代工芸の巨匠

-初代宮田藍堂の孫として受け継いだ伝統- 宮田亮平は、現代工芸の巨匠として知られている。その由緒ある伝統は、初代宮田藍堂にまでさかのぼる。初代宮田藍堂は、明治時代に活躍した名工で、蒔絵の技法を極めた人物である。亮平は、藍堂の孫として生まれ、幼い頃から祖父の技を学び、その伝統を継承していった。 亮平の作品は、伝統的な蒔絵の技法を基にしながらも、独自の工夫やアレンジを加えた斬新なデザインが特徴である。また、自然をモチーフにした作品が多く、その繊細さと美しさは見る者を魅了する。亮平の作品は、国内外の美術館や博物館で所蔵されており、その功績は広く認められている。 亮平は、伝統工芸の重要性を説き、その継承に力を注いでいる。彼は、後進の指導に熱心であり、多くの弟子を育てている。また、伝統工芸の普及活動にも積極的に取り組んでおり、講演会やワークショップなどを行っている。 亮平の功績は、伝統工芸の分野において非常に大きく、その作品は多くの人々に愛されている。彼は、現代工芸の巨匠としてだけでなく、伝統工芸の継承者としても重要な役割を果たしている。
研究者

堀口捨己:日本の伝統と近代建築の調和を模索した建築家

堀口捨己の生涯と功績 堀口捨己は1885年、現在の愛知県名古屋市に生まれました。幼少期から絵画に興味を持ち、1907年に東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学します。その後、ヨーロッパに留学し、1913年に帰国しました。帰国後は建築家として活躍し、数多くの作品を残しています。 堀口捨己の建築作品は、日本の伝統と近代建築の調和を模索したもので、高い評価を受けています。代表作のひとつである東京国立博物館本館は、1937年に竣工しました。この建物は、日本の伝統的な建築様式である木造軸組構造と、西洋の近代建築の要素である鉄筋コンクリート造を組み合わせたもので、堀口捨己の独創性が発揮されています。 また、堀口捨己は、建築教育にも力を入れ、1923年に東京美術学校で建築科を創設しました。この学科は、日本の建築教育の発展に大きな貢献をしました。 堀口捨己は、1979年に逝世しました。しかし、彼の作品は現在もなお、日本の建築界に大きな影響を与えています。 堀口捨己の主な作品は以下の通りです。 * 東京国立博物館本館(1937年竣工) * 東大寺大仏殿(1952年再建) * 法隆寺金堂(1955年再建) * 国立西洋美術館(1959年竣工) * 渋谷区立松濤美術館(1973年竣工)
芸術家

中丸精十郎:日本の洋画における先駆者の軌跡

-中丸精十郎の生涯と功績- 中丸精十郎は、1838年に江戸(現東京)で生まれました。 1860年に渡欧し、パリで絵画を学びました。 その後、ヨーロッパ各地を巡り、西洋の最新の美術を吸収しました。 1873年に帰国し、日本で西洋画の普及に努めました。 中丸精十郎は、日本の洋画の発展に大きく貢献しました。 彼は、西洋の最新の美術を日本に紹介し、日本の画家に西洋画の描き方を教えました。 また、彼は日本初の洋画専門の学校である「東京美術学校」の設立にも尽力しました。 中丸精十郎の功績は、日本の洋画の発展に大きな影響を与えました。 彼の生涯は、日本の洋画の歴史において重要な意味を持っています。 -中丸精十郎の主な作品- * 『鮭』(1873年) * 『富士山』(1874年) * 『桜島』(1875年) * 『松島』(1876年) * 『厳島』(1877年) -中丸精十郎の関連書籍- * 『中丸精十郎著作集』(全2巻) * 『中丸精十郎研究』 * 『中丸精十郎と日本の洋画』
研究者

「小池岩太郎」

商工省工芸指導所技手から東京芸大教授へ 小池岩太郎は、1896年(明治29年)に東京府下荏原郡大井町(現・東京都品川区大井)に生まれた。1915年(大正4年)に東京高等工業学校(現・東京工業大学)を卒業後、商工省工芸指導所(現・東京芸術大学工芸学部)に入所した。 商工省工芸指導所では、工芸の指導や研究に従事した。1923年(大正12年)には、関東大震災で被災した工芸品を復元するために、復興事業の一環として「工芸復興委員会」を設立した。 1926年(昭和元年)に、商工省工芸指導所を退職し、東京芸術大学教授に就任した。東京芸術大学では、工芸の教育や研究に従事した。1935年(昭和10年)には、東京芸大教授に就任した。 1945年(昭和20年)に、東京大学名誉教授に就任した。1946年(昭和21年)には、日本工芸会会長に就任した。1948年(昭和23年)には、文化勲章を受章した。 小池岩太郎は、工芸の教育や研究に尽力し、日本の工芸の発展に貢献した。1967年(昭和42年)に死去した。
芸術家

赤羽雪邦:日本画の巨匠とその波瀾万丈な人生

巨匠赤羽雪邦の生涯と功績 赤羽雪邦(1871-1942)は、近代日本画壇を代表する巨匠の一人であり、その波瀾万丈な人生と卓越した芸術性は人々を魅了し続けています。 1871年、長野県に生まれた雪邦は、幼い頃から絵画の才能を発揮し、1893年に東京美術学校に入学しました。在学中に日本画の巨匠である横山大観や下村観山の薫陶を受け、1898年に卒業後は、日本画壇の第一線で活躍しました。 雪邦は、自然を愛し、その美しさを表現することに心血を注ぎました。彼の作品は、繊細な筆致と淡い色彩によって、自然の移ろいや季節の美しさを巧みに捉えています。また、雪邦は人物画にも優れており、その作品には、人々の内面を深く洞察した深い情感が込められています。 雪邦の人生は波瀾万丈でした。1918年に脳卒中で倒れ、右半身不随になりましたが、彼は不屈の精神でリハビリを続け、1920年には画壇に復帰を果たしました。また、1923年には関東大震災で自宅とアトリエを失いましたが、それでもなお、彼は絵画創作を続けました。 雪邦は、1942年に71歳で亡くなりましたが、その功績は後世に受け継がれています。彼の作品は、国内外の美術館で収蔵されており、今日もなお多くの人々に愛されています。また、雪邦は日本画の発展に大きな貢献をした人物として、高く評価されています。
芸術家

高橋英吉[2]-

木彫家として活躍 高橋英吉は、木彫家として活躍し、多くの作品を残しました。彼の作品は、写実的で精巧な作風が特徴で、特に人物像を得意としました。また、動物や植物を題材にした作品も多く、その豊かな表現力で人々を魅了しました。 高橋英吉の木彫作品は、国内外の美術館やギャラリーに所蔵されており、その価値は高く評価されています。また、彼の作品は、数多くの展覧会で展示され、多くの人々に親しまれています。 高橋英吉は、木彫家としてだけでなく、教育者としても活躍しました。彼は、東京芸術大学で彫刻科の教授を務め、多くの学生を指導しました。また、日本彫刻会や日本工芸会などの彫刻関連の組織で要職を歴任し、彫刻界の発展に尽力しました。 高橋英吉は、木彫家として、教育者として、彫刻界に多大な貢献をした偉大な芸術家でした。彼の作品は、今もなお多くの人々に愛され、その功績は長く語り継がれることでしょう。
芸術家

「高松次郎」について

-高松次郎の生涯- 高松次郎は、1877年12月10日に滋賀県大津市に生まれました。東京府警官、衆議院議員、鉄道大臣、大蔵大臣、内務大臣などを歴任し、戦前期の日本を代表する政治家の一人として活躍しました。 高松次郎は、1899年に東京府警官となり、警視庁警部まで昇進しました。1902年に衆議院議員に当選し、以後5期連続当選しました。1918年に鉄道大臣、1923年に大蔵大臣、1924年に内務大臣に就任しました。 高松次郎は、鉄道大臣として、鉄道国有化を実施し、鉄道網の整備に尽力しました。大蔵大臣として、財政改革を行い、国家財政の健全化を図りました。内務大臣として、治安維持法を制定し、治安の維持に努めました。 高松次郎は、1930年12月10日に死去しました。享年53でした。 高松次郎は、日本の近代化に貢献した政治家の一人として、その功績を称えられています。
芸術家

三谷吾一-日本の漆芸家

-三谷吾一-日本の漆芸家- -大正8年生まれの三谷吾一- 三谷吾一は、1923年(大正8年)に石川県金沢市に生まれた日本の漆芸家です。金沢美術工芸大学の前身である石川県立工業学校漆芸科を卒業後、人間国宝である輪島塗の宗家である輪島塗師、三谷勘四郎の養子となり、輪島塗の技術を学びました。 三谷吾一は、輪島塗の伝統的な技法を継承しながらも、独自の技法を開発し、新しい輪島塗を生み出しました。その代表作である「花鳥風月」は、金箔の上に漆で花鳥風月の図柄を描き、蒔絵で仕上げた作品です。この作品は、1955年(昭和30年)の第1回日本伝統工芸展で入選し、高い評価を受けました。 三谷吾一は、1962年(昭和37年)に人間国宝に認定され、1974年(昭和49年)には文化功労者に選ばれました。1997年(平成9年)に死去するまで、輪島塗の伝統と革新に尽力しました。 三谷吾一の作品は、東京国立博物館、京都国立博物館、金沢市立美術館など、国内外の多くの美術館に収蔵されています。また、海外でも高く評価されており、1989年(平成元年)にはフランスのパリで開催された「日本の工芸展」に出品され、グランプリを受賞しました。 三谷吾一は、輪島塗の伝統と革新に貢献した偉大な漆芸家です。その作品は、日本のみならず世界中の人々を魅了し続けています。
芸術家

「中沢弘光」(1874-1964 明治-昭和時代の洋画家)

中沢弘光の生涯 中沢弘光は、1874年(明治7年)11月24日に現在の東京都中央区日本橋で、父・中沢貞蔵、母・キセの長男として生まれました。弘光の父である貞蔵は、洋風の印刷技術を学んだ後に西洋画家の油彩画の複製画を製造・販売する会社を経営していました。そのこともあって弘光は幼少期から絵画に親しみ、1891年(明治24年)に東京美術学校に入学し、洋画を学び始めました。 1896年(明治29年)に東京美術学校を卒業した後、弘光はフランスに留学し、パリのアカデミー・ジュリアンとアカデミー・コラロッシで学びました。留学中は、印象派や後期印象派の絵画に影響を受け、写実的な絵画からより表現主義的な絵画へと移行しました。 1901年(明治34年)に日本に帰国した後、弘光は東京美術学校で教鞭を執り始め、洋画の発展に貢献しました。1914年(大正3年)には、第1回二科展に出品し、以降、二科展の常連作家として活躍しました。 弘光の絵画は、自然の美しさを表現した風景画が多く、また、人物画や静物画も描きました。弘光の絵画は、写実的でありながら、抒情的な雰囲気を帯びており、多くの人々に愛されました。 弘光は、1964年(昭和39年)2月15日に東京都中野区で死去しました。享年90歳でした。弘光の作品は、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、横浜美術館など、多くの美術館に収蔵されています。
ミュージシャン

安藤幸:明治-昭和時代のバイオリニスト

- 安藤幸明治-昭和時代のバイオリニスト -# ベルリンへの留学とヨアヒムとの出会い 安藤幸は、明治時代の日本のバイオリニストとして初めて、国際的な活躍をしました。ベルリンへの留学では、当時最高のバイオリニストと言われたヨアヒムに出会い、その指導を受けました。ヨアヒムは、安藤の才能を認め、集中したレッスンを行い、安藤の演奏技術は飛躍的に向上しました。 安藤がベルリンに留学した1897年、ヨアヒムは65歳になっていました。しかし、ヨアヒムは安藤の才能を認めており、集中したレッスンを行いました。安藤は、ヨアヒムの指導の下で、バイオリンの技術を磨きました。また、ヨアヒムから、音楽に対する深い理解と、演奏に対する情熱を学びました。 ヨアヒムは、安藤が留学する前に、安藤の演奏を聴いており、その才能を認めていました。ヨアヒムは、安藤に手紙を送り、ベルリンに留学して自分の指導を受けないかと誘いました。安藤は、ヨアヒムの誘いを受けて、ベルリンに留学しました。 安藤は、ベルリンでヨアヒムの指導を受けましたが、ヨアヒムは非常に厳しい教師でした。しかし、安藤はヨアヒムの指導を受けながら、バイオリンの技術を磨き、演奏家として成長しました。安藤は、ヨアヒムの指導の下で、国際的な演奏家としてデビューし、活躍するようになりました。 安藤は、ベルリンに留学してヨアヒムに出会ったことで、バイオリニストとして大きく成長することができました。ヨアヒムの指導は、安藤の演奏技術を磨き、音楽に対する深い理解と、演奏に対する情熱を養うのに役立ちました。安藤は、ヨアヒムに出会ったことで、国際的な演奏家として活躍する道が開けました。
ミュージシャン

小林道夫(1):チェンバロ奏者、ピアニスト

-小林道夫(1)チェンバロ奏者、ピアニスト- -生涯- 小林道夫は、1929年10月30日に東京に生まれた。父はヴァイオリニスト、母はピアニストであり、幼い頃から音楽に囲まれた環境で育った。4歳の頃からピアノを学び始め、12歳の時にはすでにソリストとしてコンサートに出演していた。 1947年に東京芸術大学に入学し、ピアノを学び始めた。在学中は、同大学の教授である高橋稀平に師事し、1951年に卒業した。卒業後は、東京交響楽団やNHK交響楽団のソリストとして演奏活動を開始した。 1953年にヨーロッパに留学し、パリ国立音楽院でチェンバロを学んだ。在学中は、同音楽院の教授であるロベール・ワイヨンに師事し、1957年に卒業した。卒業後は、ヨーロッパ各地でチェンバロ奏者として演奏活動を開始した。 1959年に帰国し、東京芸術大学の教授に就任した。その後、1964年に東京フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者に就任し、1970年まで指揮者を務めた。 1971年に、東京芸術大学の教授を辞職し、フリーランスの音楽家として活動を開始した。その後、世界各地でチェンバロ奏者やピアニストとして演奏活動を行い、1999年に亡くなるまで、音楽界に貢献し続けた。 小林道夫は、その卓越した演奏技術と音楽への深い理解で知られ、世界中から高い評価を受けていた。また、後進の指導にも熱心で、多くの才能ある音楽家を育て上げた。
芸術家

小松崎邦雄(1931-1992)-昭和後期-平成時代の洋画家

小松崎邦雄の生涯 小松崎邦雄は、1931年(昭和6年)に東京で生まれた。父は陸軍軍人で、母は元中学校の教師であった。小松崎は幼少期から絵を描くことが好きで、中学時代には美術部に所属していた。しかし、父が戦死したため、進学を諦め、働かなければならなくなった。 小松崎は、19歳で出版社に就職した。しかし、絵を描く夢を諦めきれず、夜は美術学校に通った。24歳のときに、日本アンデパンダン展に入選し、画家としての道を本格的に歩み始めた。 1960年(昭和35年)、小松崎は渡欧し、ヨーロッパ各地を巡った。ヨーロッパの芸術に触れ、小松崎の画風は大きく変化した。それまでの写実的な作風から、抽象的な作風へと移行したのである。 1964年(昭和39年)、小松崎は帰国し、翌年に初の個展を開催した。個展は成功し、小松崎は一躍注目を集める画家となった。その後も、小松崎は精力的に作品を発表し続け、多くの展覧会を開催した。 1992年(平成4年)、小松崎は肺がんで死去した。享年61歳であった。小松崎の作品は、現在も国内外の美術館に所蔵されており、多くの人々に愛されている。 小松崎邦雄は、日本の洋画界に大きな足跡を残した画家である。その独創的な作風は、多くの人々に影響を与えた。小松崎の死は、日本の美術界にとって大きな損失となった。
研究者

「ケーベル」

「ケーベル」の人となり 「ケーベル」は、1910年にドイツのハノーバーで生まれた。 本名は、カール・ハインリッヒ・ベッカー。 彼は、幼い頃から絵を描くことが好きだったとされる。 1920年代に、彼は美術学校に入学し、そこで絵画を学んだ。 その後、彼は、ベルリンに移住し、そこで画家として活動を開始した。 彼は、主に、風景画を描いた。 彼の作品は、ドイツ国内だけでなく、海外でも高く評価された。 1930年代に、彼は、ナチス党の迫害を受け、ドイツを離れざるを得なくなった。 彼は、スイスに移住し、そこで亡くなった。 「ケーベル」は、寡黙で、真面目な性格だったとされる。 彼は、絵を描くこと以外には、ほとんど興味を示さなかった。 彼は、いつも、アトリエにこもり、絵を描いていた。 彼は、絵を描くことが、生き甲斐だった。 彼は、絵を描くことで、自分の世界観を表現することができた。 彼は、絵を描くことで、自分の魂を解放することができた。 「ケーベル」は、偉大な画家だった。 彼の作品は、今でも多くの人々に愛されている。 彼の作品は、私たちに、自然の美しさや、人生の儚さなどを教えてくれる。 彼の作品は、私たちに、生きる勇気を与えてくれる。
芸術家

「寺田春弌」-昭和時代の洋画家・絵画修復家

-光風会展と一水会展に出展- 寺田春弌は、1923年(大正12年)に第1回光風会展に初入選し、1924年(大正13年)に第1回一水会展にも初入選した。以降、両展覧会に毎年出品し、1931年(昭和6年)には光風会展で特選を受賞した。1932年(昭和7年)には一水会展で特選を受賞し、1933年(昭和8年)には光風会展で文部大臣賞を受賞した。 光風会展と一水会展は、ともに日本の洋画壇を代表する展覧会である。光風会展は、1914年(大正3年)に洋画家・黒田清輝が創立した展覧会で、写実的な作風が特徴である。一水会展は、1920年(大正9年)に洋画家・中村彝が創立した展覧会で、写実主義と表現主義を融合させた作風が特徴である。 寺田春弌は、両展覧会で特選や文部大臣賞を受賞するなど、高い評価を受けていた。しかし、1941年(昭和16年)に太平洋戦争が勃発すると、展覧会は中止となり、寺田春弌も絵画制作を中断せざるを得なくなった。 戦後、寺田春弌は絵画制作を再開し、1946年(昭和21年)に光風会展に再び出品した。1947年(昭和22年)には一水会展に再出品し、1948年(昭和23年)には光風会展で再特選を受賞した。 寺田春弌は、戦後も両展覧会に毎年出品し、1963年(昭和38年)には光風会展で再度文部大臣賞を受賞した。また、1966年(昭和41年)には一水会展で特別賞を受賞し、1967年(昭和42年)には光風会展で再度特選を受賞した。 寺田春弌は、光風会展と一水会展に出品し続けることで、日本の洋画壇に大きな足跡を残した。
芸術家

吉田秋光:大正・昭和時代の日本画家

-吉田秋光の生涯と業績- 吉田秋光は、1880年(明治13年)に東京で生まれた日本画家です。1897年(明治30年)に東京美術学校に入学し、1902年(明治35年)に卒業しました。在学中は、小山正太郎や横山大観に師事し、日本画の技法を学びました。 卒業後は、日本美術院に加入し、日本画の制作活動を本格的に開始しました。1907年(明治40年)には、第1回文展に出品し、入選を果たしました。その後、文展でたびたび入選を重ね、1924年(大正13年)には帝室技芸員に任命されました。 吉田秋光の画風は、日本画の伝統的な技法と西洋画の技法を融合させたもので、独特の画風でした。人物画や風景画を得意とし、特に花鳥画は、繊細なタッチと鮮やかな色彩で知られていました。 吉田秋光は、1950年(昭和25年)に70歳で亡くなりました。彼の作品は、東京国立近代美術館や京都国立近代美術館などに所蔵されています。 吉田秋光は、大正・昭和時代の日本画坛を代表する画家の一人であり、その作品は現在でも多くの人々に愛されています。