東京農大教授

学術分野の人

北原覚雄→ 日本の農芸化学のパイオニア

-北原覚雄の人生と経歴- 北原覚雄は、1867年に岡山県倉敷市で生まれました。父は倉敷藩士、母は農家の娘でした。北原は幼い頃から学問を好み、倉敷の小学校を卒業後、上京して東京の大学予備門に入学しました。 大学予備門を卒業後、北原は東京帝国大学農科大学に入学しました。北原は農芸化学を専攻し、1893年に卒業しました。卒業後は東京帝国大学農科大学に助手として残りました。 1899年、北原は欧米に留学しました。北原はドイツ、イギリス、アメリカで農芸化学の研究を行いました。1903年に帰国し、東京帝国大学農科大学の教授に就任しました。 北原は農芸化学の研究に力を入れ、多くの研究成果を上げました。北原の研究成果は、日本の農薬の開発に大きく貢献しました。北原は日本の農芸化学のパイオニアとして知られています。 1937年、北原は東京帝国大学農科大学の学長に就任しました。学長在任中に、北原は農科大学の改革を行いました。北原は農科大学の研究を重視し、農科大学の研究室を増設しました。 1945年、北原は東京帝国大学農科大学の学長を辞任しました。北原は戦後、農林省の顧問を務めました。1951年、北原は死去しました。 北原覚雄は、日本の農芸化学のパイオニアとして知られています。北原の研究成果は、日本の農薬の開発に大きく貢献しました。北原は日本の農芸化学の発展に尽力した人物です。
学術分野の人

偉大な農学者・三宅市郎の軌跡とその研究人生

岐阜県出身、東京帝大卒業の学者 三宅市郎は、1874年岐阜県に生まれました。1898年に東京帝国大学農学部を卒業し、1901年に農学博士を取得しました。卒業後は農学研究所に勤務し、1908年に教授に昇進しました。1911年に東京帝国大学農学部の教授となり、1921年に東京帝国大学農学部長のとなりました。 三宅市郎は、植物学、遺学、農芸化学の分野で活躍しました。特に、稲の研究に力を入れ、1910年に「稲の品種について」という論文を発表しました。この論文は、稲の品種の分類に大きな貢献を果たし、三宅市郎の評価を高めました。 また、三宅市郎は、農業教育にも力を入れました。1918年に東京帝国大学農学部に農学専科を創設し、1921年に東京帝国大学農学部に大学院を設置しました。三宅市郎は、これらの教育機関を通じて、多くの農学の研究者を育成しました。 三宅市郎は、1934年に東京帝国大学農学部長を退任しましたが、その後も研究を続けました。1943年に「稲の品種について」という論文を発表し、1945年に東京帝国大学農学部教授を退任しました。 三宅市郎は、1953年に亡くなりましたが、その研究成果は現在も農業の発展に役立てられています。三宅市郎は、日本を代表する農学者の一人であり、その功績は高く評価されています。
学術分野の人

「渡辺勘次」(1887-1956)-大正-昭和時代の養蚕学者

-渡辺勘次の生涯と功績- 渡辺勘次は、1887年に長野県小諸市に生まれた養蚕学者です。東京帝国大学農学部を卒業後、長野県蚕業試験場に勤務し、1920年に蚕糸試験場に移りました。蚕糸試験場では、主に蚕の品種改良と養蚕技術の研究に携わり、養蚕業の発展に大きく貢献しました。 渡辺勘次の功績の一つは、蚕の品種改良です。渡辺勘次は、蚕の様々な品種を交配させ、新たな品種を開発しました。その中には、病気に強く、繭の生産量が多い品種もあり、養蚕業の生産性を高めるのに役立ちました。 渡辺勘次のもう一つの功績は、養蚕技術の研究です。渡辺勘次は、蚕の飼育方法や給餌方法、病害虫の防除方法など、養蚕に関する様々な技術を研究しました。その研究成果は、養蚕業の生産性を高めるのに役立ちました。 渡辺勘次は、その功績が認められ、1942年に農学博士の学位を授与されました。また、1949年に日本蚕糸学会会長に就任し、1956年に死去するまでその職を務めました。 渡辺勘次は、養蚕業の発展に大きく貢献した功績のある人物です。その研究成果は、現在も養蚕業の生産性を高めるのに役立っています。
学術分野の人

石弘之 – 昭和後期から平成時代のジャーナリスト

-石弘之の経歴と功績- 石弘之(1937-2019)は、昭和後期から平成時代のジャーナリストです。フリージャーナリストとして活躍し、社会問題や政治問題など幅広いテーマを扱いました。 石弘之は、1937年に東京で生まれました。早稲田大学政治経済学部を卒業後、1961年に毎日新聞社に入社しました。毎日新聞社では、社会部記者として活躍し、社会問題や政治問題などを取材しました。 1971年、石弘之は毎日新聞社を退社し、フリージャーナリストとして独立しました。フリージャーナリストとしては、雑誌や新聞などに記事を執筆したり、テレビやラジオに出演したりして活躍しました。 石弘之は、社会問題や政治問題など幅広いテーマを扱いましたが、特に力を入れたのは日本の政治腐敗の追及でした。石弘之は、政官財癒着や汚職など、日本の政治腐敗の実態を明らかにしました。 石弘之のジャーナリズムに対する姿勢は、ジャーナリズムのあり方について大きな影響を与えました。石弘之は、ジャーナリストは権力者に媚びることなく、社会の不正を明らかにする使命を負っていると主張しました。 石弘之は、1987年に日本ジャーナリスト会議(JCJ)の会長に就任しました。JCJの会長としては、ジャーナリズムの自由を守り、ジャーナリストの権利を守るために尽力しました。 石弘之は、2019年に82歳で死去しました。石弘之のジャーナリズムに対する姿勢は、ジャーナリズムのあり方について大きな影響を与え続けると言われています。
学術分野の人

関豊太郎-日本最初の土壌学者-

-関豊太郎の生涯- 関豊太郎は、1868年(明治元年)に愛知県名古屋市で生まれました。1891年(明治24年)に東京帝国大学農科大学を卒業後、農商務省農事試験場に勤務しました。1897年(明治30年)には、ドイツに留学し、土壌学を学びました。 1901年(明治34年)に帰国後、農商務省農事試験場の土壌部主任となり、土壌の調査・研究に従事しました。1906年(明治39年)には、「土壌学」を出版し、土壌学の基礎を確立しました。1916年(大正5年)には、東京帝国大学農科大学教授に就任し、土壌学の講義を行いました。 1923年(大正12年)には、大日本農会技師となり、土壌改良事業に従事しました。1928年(昭和3年)には、「土壌学概要」を出版し、土壌学の普及に努めました。1930年(昭和5年)には、東京帝国大学農科大学名誉教授の称号を受けました。 1940年(昭和15年)には、日本農学会会長に就任しました。1944年(昭和19年)には、文化功労者に選ばれました。1945年(昭和20年)8月15日、太平洋戦争の終戦とともに、77歳で亡くなりました。 関豊太郎は、日本の土壌学のパイオニアであり、土壌学の基礎を確立し、普及に努めた功績は非常に大きいです。
学術分野の人

「竜居松之助」-日本の造園学者のパイオニア

-大正から昭和における造園学の巨匠- 竜居松之助は、大正から昭和にかけて活躍した日本の造園学者です。日本における造園学の基礎を築き、日本の造園界に大きな功績を残しました。 竜居松之助は、1886年(明治19年)に奈良県大和郡山市に生まれました。1910年(明治43年)に東京帝国大学農学部林学科を卒業後、農商務省に入省しました。農商務省在職中は、全国各地の造園地を調査研究し、造園に関する多くの論文を発表しました。 1922年(大正11年)、竜居松之助は東京帝国大学農学部助教授に就任しました。1928年(昭和3年)には、東京帝国大学農学部教授に昇進し、造園学講座を担当しました。竜居松之助は、東京帝国大学で造園学の教育と研究に力を注ぎ、多くの造園学者を育成しました。 竜居松之助は、1949年(昭和24年)に東京帝国大学を退官しました。退官後は、日本造園学会会長や日本公園緑地協会会長などの要職を歴任し、日本の造園界の発展に貢献しました。竜居松之助は、1973年(昭和48年)に87歳で亡くなりました。 竜居松之助は、日本の造園学の基礎を築き、日本の造園界に大きな功績を残しました。竜居松之助の業績は、現代の造園学の発展にも大きな影響を与えています。 -竜居松之助の造園学への貢献- 竜居松之助は、日本の造園学の発展に大きく貢献しました。竜居松之助の主な業績は以下の通りです。 * -造園学の教育と研究の充実- 竜居松之助は、東京帝国大学で造園学の教育と研究に力を注ぎました。竜居松之助は、造園学の講義や実習を行い、多くの造園学者を育成しました。また、竜居松之助は、造園に関する多くの論文を発表し、日本の造園学の発展に貢献しました。 * -造園地の調査研究- 竜居松之助は、農商務省在職中や東京帝国大学教授在職中に、全国各地の造園地を調査研究しました。竜居松之助は、調査研究の結果を論文や著書にまとめ、日本の造園学の発展に貢献しました。 * -造園に関する著作の執筆- 竜居松之助は、造園に関する多くの著作を執筆しました。竜居松之助の主な著作は以下の通りです。 * 『造園学概論』(1925年) * 『造園計画論』(1930年) * 『造園史』(1935年) * 『日本庭園史』(1941年) 竜居松之助の著作は、日本の造園学の発展に大きな影響を与えました。竜居松之助の著作は、現在でも造園学の教科書として使用されています。 -竜居松之助の功績の意義- 竜居松之助の功績は、日本の造園学の発展に大きな意義を持っています。竜居松之助の業績により、日本の造園学は学問として確立され、日本の造園界は大きく発展しました。竜居松之助の功績は、現代の造園学の発展にも大きな影響を与えています。
学術分野の人

石渡繁胤 – 明治-昭和時代前期の養蚕学者

明治-昭和時代前期の養蚕学者 石渡繁胤は、明治-昭和時代前期の養蚕学者です。養蚕研究の第一人者として、蚕の飼育法、品種改良、養蚕器具の開発など、蚕糸業の発展に貢献しました。 石渡繁胤は、1867年(慶応3年)に長野県で生まれました。東京帝国大学を卒業後、農商務省の技官として養蚕研究に従事しました。1905年(明治38年)には、ヨーロッパ諸国を視察して養蚕技術を学びました。 帰国後、石渡繁胤は、蚕の飼育法の研究に取り組みました。蚕の最適な飼育条件を明らかにし、蚕の飼育法を改良しました。また、蚕の品種改良にも取り組み、優良な蚕の品種を育成しました。 石渡繁胤は、養蚕器具の開発にも貢献しました。蚕の飼育に適した器具を開発し、養蚕の効率化を図りました。また、養蚕に関する著書を執筆し、養蚕技術の普及に努めました。 石渡繁胤の研究は、蚕糸業の発展に大きな貢献をしました。石渡繁胤は、1939年(昭和14年)に亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。
その他

造園学者・江山正美氏の生涯と業績

-江山正美氏の生い立ちと経歴- 江山正美氏は、1911年(明治44年)に東京府東京市(現・東京都)に生まれた。祖父は日本画家・江山春翠、父は庭園研究家・江山松助という、造園に関係する家系に育った。 正美氏は幼い頃から自然や植物に興味を持ち、5歳のときにはすでに盆栽を作っていたという。旧制東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)卒業後は、東京帝国大学農学部に進学して造園学を専攻した。 卒業後は、東京帝国大学農学部助手、逓信省土木局東京工事事務所技師などを経て、1941年(昭和16年)に東京工業大学助教授に就任した。さらに、1949年(昭和24年)には、東京工業大学教授に昇進した。 正美氏は、東京工業大学において、造園学の教育と研究に尽力した。また、日本造園学会の会長や、国際造園学会連盟の副会長などを歴任し、造園学の発展に貢献した。 正美氏は、1981年(昭和56年)に東京工業大学を定年退官したが、その後も造園学の研究を続け、多くの論文や著書を発表した。また、1985年(昭和60年)には、文化勲章を受章した。 正美氏は、1999年(平成11年)に88歳で亡くなった。
学術分野の人

福家豊 – 日本の傑出した農学者

-福家豊 農学への貢献- 福家豊は、日本の農学者であり、農学の分野に多大な貢献をした人物です。1890年、愛知県に生まれ、東京帝国大学農学部を卒業後、農商務省に入省しました。その後、東京帝国大学農学部教授、日本農学会会長、東京農業大学長などを歴任しました。 福家豊の農学への貢献は、主に以下の3つの分野にあります。 1. 農業生産性の向上 福家豊は、農業生産性を向上させるために、肥料の改良、作物の品種改良、農機具の開発などに取り組みました。特に、肥料の改良では、窒素肥料の開発に貢献し、日本の農業生産性の向上に大きく貢献しました。 2. 農業経営の改善 福家豊は、農業経営を改善するために、農業協同組合の設立や農業教育の充実などに取り組みました。特に、農業協同組合の設立では、日本の農業協同組合運動の基礎を築き、日本の農業の発展に貢献しました。 3. 農村生活の改善 福家豊は、農村生活を改善するために、農村の道路や橋梁の整備、農村の電化、農村の医療や教育の充実などに取り組みました。特に、農村の電化では、日本の農村の電化率を向上させ、日本の農村生活の改善に貢献しました。 福家豊は、日本の農学の発展に多大な貢献をした人物であり、日本の農業の発展に大きく貢献しました。彼の業績は、現在でも日本の農業に大きな影響を与えています。
学術分野の人

大槻正男→ 偉大な農業経済学者の生涯と業績

大槻正男の生い立ちと教育 大槻正男は、1874年(明治7年)3月12日に、愛知県渥美郡田原町(現在の田原市)に、医師の大槻邦蔵の長男として生まれた。幼い頃から頭脳明晰で、漢学や数学を独学で学び、1887年(明治20年)に、東京府第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)に進学した。 第一中学校では、簿記や経済学を学び、特に経済学に強い興味を持った。1892年(明治25年)に、東京帝国大学(現在の東京大学)経済科に進学し、1896年(明治29年)に卒業した。 卒業後は、東京帝国大学大学院に進学し、1900年(明治33年)に、経済学博士の学位を取得した。学位取得後は、東京帝国大学経済学部助教授に就任し、1903年(明治36年)には、教授に昇進した。 1907年(明治40年)には、日本農学会の創立に参加し、1910年(明治43年)には、農学会の会長に就任した。また、1912年(大正元年)には、帝国学士院会員に選出された。 1919年(大正8年)には、東京帝国大学農学部長に就任し、1921年(大正10年)には、帝国学士院賞を受賞した。1923年(大正12年)には、日本農林協会の会長に就任し、1925年(大正14年)には、貴族院議員に勅選された。 1929年(昭和4年)には、大槻正男は、60歳で東京帝国大学を退官し、名誉教授となった。退官後は、日本農林協会会長や、帝国学士院会員など、多くの要職を歴任した。 1943年(昭和18年)9月27日に、大槻正男は、東京都渋谷区の自宅で死去した。享年69歳であった。
学術分野の人

鵜高重三 – アミノ酸とタンパク質の微生物による生産法の研究の先駆者

-協和発酵から名大教授まで- 鵜高重三氏は、1940年に協和発酵工業株式会社に入社し、研究開発部門に配属されました。同社では、アミノ酸とタンパク質の微生物による生産法の研究に携わり、多くの成果を挙げました。 1949年、鵜高氏はアミノ酸の一種であるグルタミン酸の微生物による生産法を開発しました。これは、グルタミン酸を大量生産することを可能にし、うま味調味料の工業生産に貢献しました。 1957年には、タンパク質の一種であるリジンを微生物による生産法を開発しました。リジンはアミノ酸の一種で、必須アミノ酸の一つであり、成長や発育に重要な役割を果たしています。リジンの大量生産を可能にしたこの技術は、家畜飼料や食品添加物などの分野に大きく貢献しました。 1963年、鵜高氏は名古屋大学教授に就任しました。同大学では、アミノ酸とタンパク質の微生物による生産法の研究を継続し、多くの成果を挙げました。また、後進の育成にも力を入れ、多くの優秀な研究者を輩出しました。 鵜高氏は、1994年に83歳で亡くなりましたが、アミノ酸とタンパク質の微生物による生産法の研究の先駆者として、その功績は今も高く評価されています。
学術分野の人

「恩田鉄弥」園芸学者

-生い立ちと経歴- 恩田鉄弥は、1938年に関西地方に生まれました。幼い頃から植物に興味を持っており、自宅の庭で様々な植物を栽培していました。中学、高校時代には、植物学の専門書を読み漁り、植物について深い知識を身につけました。 高校卒業後は、京都大学農学部に進学し、植物学を専攻しました。在学中は、植物の生態や生理について研究し、卒業論文では、植物の光合成について研究しました。 大学卒業後は、京都大学の助手として勤務し、植物の研究を続けました。助手時代には、植物の光合成の仕組みについて研究し、いくつかの重要な研究成果を発表しました。 1965年に、恩田鉄弥は、京都大学の助教授に昇進しました。助教授時代には、植物の光合成の仕組みについてさらに研究を進め、植物の光合成の効率を高める方法について研究しました。 1971年に、恩田鉄弥は、京都大学の教授に昇進しました。教授時代には、植物の光合成の仕組みについてさらに研究を進め、植物の光合成の効率を高める方法について研究しました。また、植物の生態や生理についても研究し、いくつかの重要な研究成果を発表しました。 恩田鉄弥は、1998年に京都大学を定年退職しました。定年退職後は、京都大学名誉教授として研究を続け、植物の光合成の仕組みについてさらに研究を進め、植物の光合成の効率を高める方法について研究しました。 恩田鉄弥は、2010年に亡くなりました。享年72歳でした。
学術分野の人

駒形和男:微生物学の世界に貢献した科学者

-微生物分類学と応用微生物学のスペシャリスト- 駒形和男博士は、微生物分類学と応用微生物学の分野で数多くの功績を残した科学者です。微生物分類学とは、微生物の多様性を研究し、分類するための学問であり、応用微生物学とは、微生物を利用して様々な問題を解決しようとする学問です。 駒形博士は、1933年に東京に生まれ、1956年に東京大学理学部生物学科を卒業しました。その後、東京大学大学院に進学し、1961年に博士号を取得しました。博士号取得後は、東京大学農学部で助手として勤務し、1964年に講師に昇進しました。1967年に東京大学教授に就任し、1994年に定年退官するまで、東京大学の研究と教育に尽力しました。 駒形博士の研究は、微生物の分類と応用を中心に展開されました。博士は、微生物を数多くの新しい種に分類し、微生物の多様性を明らかにしました。また、微生物を利用して、抗生物質や酵素などの有用物質を生産する研究も行いました。駒形博士の研究は、微生物の理解を深め、微生物を利用した新しい技術の開発に貢献しました。 駒形博士は、数多くの栄誉ある賞を受賞しています。1987年には、日本学士院賞を受賞し、1994年には、文化勲章を受章しました。また、駒形博士は、日本微生物学会会長や日本農学会会長などの要職を歴任し、日本の微生物学の発展に多大な貢献をしました。 駒形博士は、2004年に71歳で亡くなりましたが、博士の研究は、今も多くの研究者に引き継がれています。駒形博士の研究は、微生物学の発展に大きな貢献をし、これからも、博士の研究は、多くの研究者に影響を与え続けるでしょう。
学術分野の人

八木誠政:昆虫学の偉人

-生涯と経歴- 八木誠政は、1900年に熊本県で生まれました。その後、東京帝国大学に進学し、昆虫学を専攻しました。在学中は、様々な昆虫の標本を採集し、その研究に励みました。卒業後は、九州帝国大学や東京農業大学で教授として研究を続けました。八木誠政は、昆虫学の分野で多くの功績を残しました。その中でも、特に大きな功績と言えるのが、昆虫の翅の研究です。八木誠政は、昆虫の翅の構造を詳しく調べ、その進化について明らかにしました。 また、八木誠政は、昆虫の生態や行動についても研究しました。その中でも、特に有名なのが、クワガタムシの研究です。八木誠政は、クワガタムシの生態や行動を詳しく観察し、その結果を論文にまとめました。この論文は、クワガタムシ研究のバイブルとして、現在でも多くの研究者によって引用されています。八木誠政は、1982年に亡くなりましたが、その研究成果は現在でも多くの研究者によって受け継がれています。八木誠政は、日本の昆虫学の発展に大きく貢献した偉大な昆虫学者です。