東北帝大

その他のカテゴリー

柴沼直→ 教育者と官僚としての生涯

-柴沼直の生涯- 柴沼直は、1877年(明治10年)に岐阜県大垣市で生まれました。1903年(明治36年)に東京帝国大学法科大学を卒業し、文部省に入省しました。文部省では、視学官、専門学務局長、高等教育局長などを歴任し、1925年(大正14年)に文部次官に就任しました。 1929年(昭和4年)に文部次官を辞任し、東京帝国大学総長に就任しました。東京帝国大学総長としては、大学の自治を重視し、学問の自由を擁護しました。また、研究設備の充実や、新学部の設置などに努めました。 1938年(昭和13年)に東京帝国大学総長を辞任し、貴族院議員に勅任されました。貴族院議員としては、教育問題や社会問題について積極的に発言しました。 1945年(昭和20年)に太平洋戦争が終結すると、公職追放の対象となり、貴族院議員を辞任しました。その後は、岐阜県大垣市で隠棲生活を送りました。 1954年(昭和29年)に公職追放が解除され、日本私立大学協会会長に就任しました。日本私立大学協会会長としては、私立大学の振興に努めました。 1963年(昭和38年)に日本私立大学協会会長を辞任し、1967年(昭和42年)に逝去しました。享年90。 柴沼直は、教育者として、官僚として、多大な功績を残した人物です。
研究者

佐藤煕

- 佐藤煕 の生い立ちと経歴 佐藤煕 は、1965年1月1日に東京都で生まれた、日本の実業家です。株式会社楽天の代表取締役会長兼社長を務めています。 佐藤は、東京都立国立高等学校を卒業後、1987年に早稲田大学商学部を卒業しました。卒業後は、伊藤忠商事に入社しました。伊藤忠商事では、主に繊維部門で勤務し、2000年に執行役員となりました。 2001年に、楽天を設立しました。楽天は、オンラインショッピングモールやインターネットサービスなどを展開する企業です。佐藤は、楽天の代表取締役社長に就任しました。楽天は、順調に業績を拡大し、2005年に東証マザーズに上場しました。 2009年、楽天は東証一部に上場しました。楽天は、その後も業績を拡大し、2016年に楽天カード株式会社を傘下に収めました。佐藤は、2017年に楽天の代表取締役会長兼社長に就任しました。 佐藤は、2018年に日本経済団体連合会の副会長に就任しました。日本経済団体連合会は、日本の経済界の代表的な団体です。佐藤は、日本経済団体連合会の副会長として、日本の経済政策の策定に携わっています。 佐藤は、若くして楽天を起業し、成功を収めた実業家です。佐藤は、日本の経済界を牽引する人物として期待されています。
研究者

宮城音五郎 – 大正-昭和時代の機械工学者

宮城音五郎の経歴と業績 宮城音五郎は、1882年(明治15年)に宮城県仙台市に生まれました。1905年(明治38年)に東京帝国大学工学部機械工学科を卒業し、1908年(明治41年)に同大学助教授に就任しました。1912年(明治45年)には、ドイツに留学し、ミュンヘン工科大学で空気力学を学びました。1915年(大正4年)に帰国し、東京帝国大学教授に就任しました。 宮城音五郎は、空気力学の分野で多くの業績を残しました。1918年(大正7年)には、空気力学の基礎理論である「宮城の定理」を発表しました。この定理は、航空機の翼の揚力を計算する式として知られています。また、1922年(大正11年)には、空気力学の専門誌である「日本航空学会誌」を創刊しました。この雑誌は、日本の航空工学の発展に大きく貢献しました。 宮城音五郎は、1945年(昭和20年)に63歳で亡くなりました。しかし、空気力学の分野で残した業績は、現在でも高く評価されています。宮城音五郎は、日本の航空工学の父と呼ばれています。 宮城音五郎の主な業績 * 「宮城の定理」(1918年) * 「日本航空学会誌」(1922年) * 航空機用プロペラの設計法(1925年) * 航空機の安定性理論(1927年) * 航空機用エンジンの設計法(1930年) * 航空機の構造力学(1935年)
研究者

中村左衛門太郎 – 地震計と地磁気研究のパイオニア

-中村左衛門太郎の生涯と業績- 中村左衛門太郎は、1867年(慶応3年)に肥前国(現在の佐賀県)に生まれました。熊本大学理学部物理学科卒業後、東京大学大学院に進学し、地震学を専攻しました。大学院修了後、東京帝国大学理学部(現在の東京大学理学部)の助手となり、地震学の研究を始めました。 中村左衛門太郎は、1898年(明治31年)に、日本初の地震計である「中村型地震計」を発明しました。中村型地震計は、地震の揺れを正確に測定することができ、地震学の研究に大きな貢献をしました。 中村左衛門太郎は、地震計の発明に加えて、地磁気研究にも大きな貢献をしました。中村左衛門太郎は、1900年(明治33年)に、東京帝国大学理学部(現在の東京大学理学部)の助教授となり、地磁気研究室を設立しました。中村左衛門太郎は、地磁気研究室において、地磁気の変動や地磁気嵐などの研究を行い、地磁気学の発展に大きく貢献しました。 中村左衛門太郎は、1912年(大正元年)に、東京帝国大学理学部(現在の東京大学理学部)の教授に就任しました。中村左衛門太郎は、教授として、地震学と地磁気学の研究を続け、多くの業績を残しました。 中村左衛門太郎は、1934年(昭和9年)に亡くなりました。中村左衛門太郎は、地震学と地磁気学の研究に大きな貢献をした偉大な学者です。
研究者

市川厚一→ 世界最初の人工癌発生の実験の科学者

-# 病理学者 市川厚一の功績 市川厚一は、1911年(明治44年)に日本の東京府で生まれました。東京大学医学部を卒業後、東京帝国大学病理学教室に入局しました。1939年(昭和14年)には、同教室の助教授に就任しました。 市川厚一は、癌の研究に早くから関心を持ち、癌の発生機序の解明に取り組みました。1940年(昭和15年)には、癌の発生にX線やラジウムなどの放射線や化学物質が関与していることを示しました。 1944年(昭和19年)、市川厚一は、ウサギを用いて世界最初の人工癌発生の実験に成功しました。この実験は、癌の発生機序を解明する上で大きな進歩となりました。 市川厚一は、1945年(昭和20年)に東京帝国大学教授に就任しました。1948年(昭和23年)には、癌研究所の初代所長に就任しました。 市川厚一は、癌の研究に生涯を捧げ、癌の発生機序や癌の治療法の開発などに大きく貢献しました。1998年(平成10年)に亡くなりました。 市川厚一は、癌の研究に先駆的な貢献をした科学者の一人であり、その功績は高く評価されています。
研究者

畑井新喜司→ 明治-昭和時代の動物生理学者

-生涯と功績- 畑井新喜司は、1889年(明治22年)に福島県に生まれました。東京帝国大学農学部を卒業後、1913年(大正2年)に東京帝国大学農学部助教授に就任しました。その後、1920年(大正9年)に教授に昇進し、1925年(大正14年)には農学部長に就任しました。 畑井新喜司は、動物の生理学を研究し、多くの業績を残しました。特に、動物の運動生理学と動物の栄養生理学の分野において、顕著な功績を挙げました。 畑井新喜司は、動物の運動生理学の分野において、運動によるエネルギー消費量や、筋肉の疲労のメカニズムなどについて研究しました。また、動物の栄養生理学の分野においては、動物の栄養素の必要量や、栄養素の消化吸収のメカニズムなどについて研究しました。 畑井新喜司の研究は、動物の生理学の発展に大きく貢献しました。また、畑井新喜司は、動物の生理学に関する多くの著書を執筆し、動物の生理学の普及にも努めました。 畑井新喜司は、1960年(昭和35年)に亡くなりました。畑井新喜司の功績は、動物生理学の発展に大きく貢献したこととして、今でも高く評価されています。
研究者

増本量 – 機械材料の研究開発に貢献した金属物理学者

-増本量の歩み- 増本量は、1916年10月31日に東京市本郷区湯島(現在の東京都文京区湯島)で生まれた。父は海軍軍人、母は医師の娘である。1933年に東京府立第一中学校を卒業し、1937年に東京帝国大学理学部物理学科を卒業した。その後、東京帝国大学大学院に進学し、1940年に理学博士を取得した。 増本量は、大学院在学中に金属の結晶構造を研究し、金属の強度に大きな影響を与えることを発見した。この発見は、金属材料の研究開発に大きく貢献した。1941年に東京帝国大学助教授に就任し、1945年に教授に昇進した。1953年に日本金属学会会長に就任し、1958年に日本学術会議会員に選出された。1961年に東京帝国大学を退職し、1962年に東京大学名誉教授となった。 増本量は、金属材料の研究開発に貢献しただけでなく、金属物理学の教育にも力を注いだ。1947年に東京工業大学の教授に就任し、1953年に東京大学の教授に再任された。また、1958年に東京大学理学部長に就任し、1960年に同大学学長に就任した。増本量は、1980年に文化勲章を受章し、1981年に東京大学名誉学長となった。1984年11月22日に東京都文京区の自宅で死去した。 増本量は、金属材料の研究開発と金属物理学の教育に貢献した偉大な金属物理学者である。その功績は、今日でも高く評価されている。
研究者

解剖学者 西成甫の生涯と功績

- 大正-昭和時代の解剖学者,エスペラント運動家 西成甫は、1892年に東京府東京市神田区(現・東京都千代田区)に生まれた。日本人で初めて解剖学の学位を取得し、エスペラント運動家としても知られる。 彼は、1917年に東京帝国大学医科大学を卒業し、1919年に同大学院を修了した。その後、東京帝国大学医学部教授、同大学総長、日本解剖学会会長などを歴任した。彼は、解剖学の分野で多くの研究を行い、その功績は世界的に高く評価されている。 西成甫は、エスペラント運動家としても知られる。彼は、1920年にエスペラント学会に入会し、1925年には日本エスペラント協会の会長に就任した。彼は、エスペラントの普及に努め、多くの著書や論文を発表した。 西成甫は、1968年に東京で死去した。
研究者

古沢平作 – 日本精神分析学の先駆者

- 早期母子関係と阿闍世(あじゃせ)コンプレクス 古沢平作は、日本の精神分析学者であり、精神分析学の日本における先駆者の一人である。彼は、幼少期の母子関係が人格形成に大きな影響を与えることを明らかにし、阿闍世コンプレクスという概念を提唱した。 阿闍世コンプレクスとは、母親が息子を溺愛し、過保護に育てることで、息子が自立できず、母親に依存するようになることを指す。このコンプレクスは、古沢平作が、息子を溺愛する母親と、その息子が精神分析の患者として来院したことをきっかけに提唱したものである。 古沢平作は、阿闍世コンプレクスが、息子が自立できず、母親に依存するようになるだけでなく、息子が女性に対して不信感を持つようになることにもつながると考えた。これは、母親が息子を溺愛することで、息子は母親以外の女性を信頼できなくなってしまうからである。 古沢平作は、阿闍世コンプレクスが、息子の成長を阻害するものであると考え、母親が息子を溺愛しないように注意することが重要であると主張した。また、息子が自立できるように、母親は息子に自立の機会を与えるべきであると主張した。 阿闍世コンプレクスは、古沢平作が提唱した概念であり、精神分析において重要な概念の一つである。阿闍世コンプレクスは、息子が自立できず、母親に依存するようになることを指し、母親が息子を溺愛することで起こると考えられている。阿闍世コンプレクスは、息子の成長を阻害するものであると考えられており、母親が息子を溺愛しないように注意することが重要であるとされている。
研究者

「佐武安太郎」

佐武安太郎の功績 佐武安太郎は、1865年に現在の神奈川県小田原市に生まれた日本の実業家であり、政治家です。早稲田大学の前身である東京専門学校を創設し、日本の教育界に大きな貢献をしました。また、日本商工会議所の前身である東京商業会議所を創設し、日本の経済界にも大きな貢献をしました。 佐武安太郎の功績は、主に以下のようなものです。 * 東京専門学校(早稲田大学の前身)の創設 佐武安太郎は、1882年に東京専門学校を創設しました。東京専門学校は、日本の私立大学の先駆けであり、多くの人材を輩出しました。早稲田大学は、現在では日本の私立大学を代表する大学のひとつとなっています。 * 東京商業会議所(日本商工会議所の前身)の創設 佐武安太郎は、1892年に東京商業会議所を創設しました。東京商業会議所は、日本の商工会議所の先駆けであり、日本の経済界の発展に大きな貢献をしました。日本商工会議所は、現在では日本の商工会議所の代表的な団体となっています。 * 日本女子大学設立の功績 1901年には、日本女子大学設立に功績を残しました。女性の高等教育に尽力した功績は大きく、日本における女性の地位向上に貢献しました。 * その他の功績 佐武安太郎は、その他にも、以下の功績を残しています。 ・東京市会議員、衆議院議員などを歴任し、日本の政治にも貢献した。 ・東京瓦斯会社、東京電灯会社など、多くの企業の経営に携わり、日本の経済の発展にも貢献した。 ・社会事業にも力を入れ、麻布慈善学校、私立東京盲唖学校などを設立して、社会福祉の向上にも貢献した。 佐武安太郎は、日本の経済界、教育界、政治界の発展に大きな貢献をした偉大な人物です。
研究者

武市健人→ 思想と業績

-# 生い立ちと教育 武市健人は、1829年(文政12年)6月27日に土佐国高岡郡(現在の高知県高岡郡津野町)の郷士の家に生まれた。幼名は半之丞。父は武市正恒、母は琴。健人は四男一女の末っ子であった。 健人は幼い頃から聡明で、読書を好んだ。特に、漢籍を好み、司馬遷の『史記』や、諸葛孔明の『出師表』などを繰り返し読んだという。 1841年(天保12年)、健人は13歳のときに土佐藩の藩校である致道館に入学した。致道館では、儒学、武術、兵法などを学び、優れた成績を収めた。 1844年(天保15年)、健人は16歳のときに、江戸に出て、昌平黌(現在の東京大学)に入学した。昌平黌では、儒学、兵法、西洋兵制などを学び、さらに学問を深めた。 1847年(弘化4年)、健人は19歳のときに、昌平黌を卒業して土佐藩に戻った。そして、藩主の参政となった山内容堂の側近として仕えた。 健人は、山内容堂の命を受けて、諸国の情勢を調査したり、兵制の改革を行ったりした。また、吉田東洋らとともに、藩政改革にも参加した。
スポーツカテゴリー

– 神永政吉

神永政吉の生涯 神永政吉は、1887年12月19日に島根県松江市で生まれました。1909年に東京農工大学を卒業し、その後は農商務省に入省しました。1921年に農商務省を退職し、大阪市会議員に当選しました。1925年に大阪市長に当選し、1929年まで務めました。 1930年に政界を引退し、実業家として活躍しました。1934年に大日本産業株式会社を設立し、1937年には大日本航空株式会社を設立しました。1942年には日本航空株式会社の社長に就任し、1945年まで務めました。 第二次世界大戦後、神永政吉は公職追放となりました。1951年に追放解除となり、政界に復帰しました。1952年に自由党から衆議院議員に当選し、1955年まで務めました。1955年に自由民主党を結成し、初代総裁に就任しました。1956年に総理大臣に就任し、1957年まで務めました。 1957年に総理大臣を辞任し、政界を引退しました。1979年11月1日に東京で亡くなりました。
研究者

松永藤雄-消化器病を専攻し、大腸内視鏡の開発に成功した昭和時代の内科学者

- 松永藤雄の生い立ちと経歴 松永藤雄は、1906年(明治39年)に長崎県長崎市に生まれました。長崎県立長崎中学校(現・長崎県立長崎高等学校)を経て、1929年(昭和4年)に九州帝国大学医学部を卒業しました。 卒業後は、九州帝国大学医学部内科学教室に入局し、消化器病の研究に従事しました。1933年(昭和8年)には、消化器内視鏡である大腸内視鏡の開発に成功し、日本の消化器病学の進歩に大きく貢献しました。 1934年(昭和9年)に、九州帝国大学医学部助教授に就任し、1937年(昭和12年)には、同大教授に昇進しました。1945年(昭和20年)には、九州帝国大学医学部長に就任し、1949年(昭和24年)には、同大総長に就任しました。 1953年(昭和28年)に、九州大学を退官し、日本大学医学部長に就任しました。1957年(昭和32年)には、日本内科学会会長に就任し、1960年(昭和35年)には、日本消化器病学会会長に就任しました。 松永藤雄は、1964年(昭和39年)に、胃潰瘍の治療法である胃粘膜切除術を開発し、日本の消化器病学の進歩に大きく貢献しました。1970年(昭和45年)には、日本学術会議会員に選出され、1976年(昭和51年)には、文化功労者に選出されました。 松永藤雄は、1993年(平成5年)に死去しました。
研究者

中村善太郎の人生と功績

-生い立ちと教育- 中村善太郎は、1760年(宝暦10年)2月13日に、現在の岩手県雫石町で生まれました。父は中村善右衛門、母はせんでした。善太郎は、幼い頃から頭が良く、読書を好みました。1774年(安永3年)には、14歳で盛岡藩の藩校、盛岡藩学問所に入学しました。藩学問所では、儒学や兵学を学び、優秀な成績を収めました。1782年(天明2年)には、藩学問所を卒業し、藩士となりました。 藩士となった善太郎は、藩主の松前重広に仕えました。善太郎は、重広の信頼を得て、様々な重要な任務を任されました。1784年(天明4年)には、江戸に出張し、幕府の役人と交渉にあたりました。1786年(天明6年)には、蝦夷地(現在の北海道)に派遣され、アイヌの人々と交易を行いました。1790年(寛政2年)には、再び江戸に出張し、幕府の老中、松平定信と会談しました。定信は、善太郎の才能を高く評価し、善太郎を江戸に留めて、幕政に参加するよう求めました。しかし、善太郎は、重広の許可を得ずに江戸に留まることはできないとして、これを断りました。 1791年(寛政3年)、善太郎は、重広の命を受けて、蝦夷地に派遣されました。善太郎は、蝦夷地で、アイヌの人々と交易を行い、アイヌの人々との友好関係を築きました。また、善太郎は、蝦夷地の地理や歴史を調査し、蝦夷地の詳細な地図を作成しました。この地図は、日本の蝦夷地に対する理解を深めるのに大きく貢献しました。 1793年(寛政5年)、善太郎は、蝦夷地から帰還しました。善太郎は、重広に蝦夷地の調査結果を報告し、蝦夷地の開発を提案しました。重広は、善太郎の提案を採用し、蝦夷地の開発に着手しました。善太郎は、蝦夷地の開発を指揮し、蝦夷地に多くの村や港を建設しました。また、善太郎は、アイヌの人々に農業や漁業を指導し、アイヌの人々の生活を向上させました。
歴史上の偉人

沢柳政太郎 ― 近代日本教育の礎を築いた教育者

小学校令改革と義務教育の延長 近代日本教育の礎を築いた教育者である沢柳政太郎は、小学校令の改革と義務教育の延長に尽力しました。 1872年に制定された小学校令は、国民皆学を目指した画期的なものでしたが、貧困や地域格差などにより、就学率は思うように向上しませんでした。そこで沢柳は、1886年に小学校令を改正し、義務教育年限を6年間に延長しました。 この改革により、日本の就学率は飛躍的に向上し、近代化に必要な人材を育成することに成功しました。また、沢柳は小学校のカリキュラムや教材の改善にも尽力し、国民の基礎学力を向上させることに貢献しました。 沢柳の教育改革は、近代日本の発展に大きく貢献し、今日の日本教育の基礎を築いたと言えます。 義務教育年限の延長とは 義務教育年限とは、国民が法律で定められた期間、学校に通わなければならない期間のことです。日本では、1872年の小学校令制定により、義務教育は小学校4年までとされましたが、1886年に小学校令が改正され、義務教育年限は6年間に延長されました。 義務教育年限の延長は、就学率の向上に大きな効果をもたらしました。1885年には、義務教育就学率はわずか54.4%でしたが、1900年には93.3%にまで上昇しました。これは、沢柳の教育改革の成果と言えます。 沢柳の教育改革の功績 沢柳の教育改革は、近代日本教育の発展に大きく貢献しました。義務教育年限の延長、カリキュラムや教材の改善など、沢柳の改革は、国民の基礎学力を向上させ、近代化に必要な人材を育成することに成功しました。 また、沢柳は、女性教育にも力を入れました。1899年には、女子高等師範学校を設立し、女性教師の養成に努めました。これは、女性の地位向上と近代化に大きく貢献しました。 沢柳は、1910年に死去しましたが、その教育改革の功績は今日でも高く評価されています。
政治家・活動家

山本鎮彦 – 昭和時代の官僚

-官僚としての生涯- 山本鎮彦は、1900年(明治33年)に東京府に生まれた。1922年(大正11年)に東京帝国大学法学部を卒業し、大蔵省に入省した。入省後は、主計局や理財局を歴任し、1937年( 昭和12年)に主計局長官に就任した。主計局長官としては、戦時財政の立て直しに取り組んだ。 1945年( 昭和20年)に大蔵省を退官し、日本銀行副総裁に就任した。1946年( 昭和21年)には、日本銀行総裁に就任し、戦後復興期の金融・財政の安定化に尽力した。 1948年( 昭和23年)に、総理大臣吉田茂に招かれ、大蔵大臣として入閣した。大蔵大臣としては、ドッジ・ラインの導入や、財政再建のための緊縮財政を実施した。 1952年( 昭和27年)に大蔵大臣を退任し、日本銀行総裁に復帰した。1956年( 昭和31年)に、日本銀行総裁を退任し、政界を引退した。 山本鎮彦は、戦前戦後を通じて、日本経済の安定と発展に多大な貢献をした。その功績は、高く称えられている。
研究者

「荻原晰二」:昭和時代の気象学者

-荻原晰二昭和時代の気象学者- -荻原晰二の生涯と業績- 荻原晰二は、1889年(明治22年)に香川県観音寺市に生まれた気象学者です。東京帝国大学を卒業後、中央気象台(現気象庁)に入所し、予報官として勤務しました。その後、気象研究所長、東京大学教授などを歴任し、1958年(昭和33年)に文化勲章を受章しました。 荻原は、気象学の様々な分野で業績を残しましたが、特に有名なのは、偏西風とジェット気流の研究です。偏西風とは、中緯度帯に吹く強い西風のことですが、荻原は、偏西風の蛇行が、日本付近で豪雨や台風をもたらすことを明らかにしました。また、ジェット気流とは、高層大気中を吹く強い風のことですが、荻原は、ジェット気流の存在を確かめ、その性質を明らかにしました。 荻原の研究は、気象予報の精度向上に大きく貢献しました。また、荻原は、気象学の発展に尽力し、気象学会の初代会長を務めました。荻原は、1975年(昭和50年)に、86歳で亡くなりましたが、その業績は、今日でも高く評価されています。 -荻原晰二の主な業績- * 偏西風の蛇行と豪雨・台風の関係を明らかにした。 * ジェット気流の存在を確かめ、その性質を明らかにした。 * 気象予報の精度向上に貢献した。 * 気象学の発展に尽力し、気象学会の初代会長を務めた。
研究者

淡中忠郎 – 数学における功績と生涯

-淡中忠郎の人生と時代- 淡中忠郎は、1673年に和歌山県に生まれ、1768年に亡くなった数学者です。彼は、江戸時代中期に活躍し、日本の数学に大きな影響を与えました。 淡中は、幼い頃から数学の才能を発揮し、15歳のときに『算学開宗』という数学の教科書を著しました。この本は、当時としては画期的なもので、日本の数学の普及に大きく貢献しました。 淡中は、数学の研究に加えて、和歌や書道にも精通していました。彼は、和歌の分野では、新古今和歌集の研究を行い、書道の分野では、中国の書法を学びました。 淡中は、江戸時代中期に活躍した数学者であり、日本の数学に大きな影響を与えました。彼は、数学の研究に加えて、和歌や書道にも精通しており、日本の文化に多大な貢献をしました。 淡中が生まれた江戸時代中期は、日本の歴史において重要な転換期でした。徳川家康が江戸幕府を開いてから約150年が経過し、社会は安定していました。しかし、一方で、人口の増加や経済の成長に伴い、社会問題も発生していました。 淡中は、このような社会情勢の中で、数学の研究に没頭しました。彼は、数学の研究を通して、社会問題の解決に貢献しようと考えました。淡中は、数学の研究を通して、社会問題の解決に貢献しようと考えました。 淡中は、数学の研究を通して、社会問題の解決に貢献しました。彼は、数学の研究を通して、社会問題の解決に貢献しました。 淡中は、数学の研究を通して、社会問題の解決に貢献しました。彼は、数学の研究を通して、社会問題の解決に貢献しました。
研究者

遠山啓(1909-1979)

代数関数論とその研究 遠山啓は、代数関数論の研究に大きな貢献をした日本の数学者です。彼は、代数関数論の基本的な概念である有理型写像の分類定理を証明し、代数関数論の発展に大きな影響を与えました。 遠山啓は、1909年に東京に生まれました。彼は、東京帝国大学で数学を学び、1935年に卒業しました。卒業後、彼は東京帝国大学の助手となり、代数関数論の研究を始めました。1938年に、彼は有理型写像の分類定理を証明し、博士号を取得しました。 1941年に、遠山啓は東京帝国大学の教授に就任しました。彼は、代数関数論の研究を続け、1954年に日本学士院賞を受賞しました。1964年に、彼は東京帝国大学の学長に就任しました。 遠山啓は、1979年に亡くなりました。彼は、代数関数論の研究に大きな貢献をした偉大な数学者でした。 遠山啓の代数関数論の研究は、代数関数論の発展に大きな影響を与えました。彼の研究成果は、現在でも代数関数論の基礎として用いられています。
研究者

磯永吉 – 蓬莱米の生みの親

-台湾のイネ品種改良に生涯を捧げた農学者-  磯永吉氏は、1867年(慶応3年)に石川県金沢市で生まれ、東京帝国大学農科大学を卒業後、1895年(明治28年)に台湾総督府農事試験場に赴任しました。台湾では、主にイネの品種改良に取り組み、1926年(大正15年)に「蓬莱米」を開発しました。蓬莱米は、それまでの台湾のイネ品種よりも収量が多く、品質も優れており、台湾の農業発展に大きく貢献しました。  磯永氏は、蓬莱米の開発以外にも、台湾のイネの病害虫防除や、イネの栽培技術の改良に取り組みました。また、台湾の農業教育にも力を入れ、1906年(明治39年)に台湾総督府農事試験場付属農学校(現在の国立台湾大学)を創設しました。  磯永氏は、1934年(昭和9年)に台湾総督府農事試験場を退官し、その後も、台湾の農業発展に貢献し続けました。1957年(昭和32年)に89歳で亡くなりました。  磯永氏は、台湾のイネ品種改良に生涯を捧げた農学者として、台湾の人々から敬愛されています。台湾では、磯永氏の功績を称えるために、1961年(昭和36年)に「磯永吉記念館」が設立されました。また、台湾の農業発展に貢献した人々を顕彰する「磯永吉賞」が設けられています。
研究者

「宇野弘蔵」

-宇野弘蔵の生涯と業績- 宇野弘蔵は、1897年(明治30年)に東京府東京市(現在の東京都)に生まれた。1919年(大正8年)に東京帝国大学経済学部を卒業し、大蔵省に入省した。大蔵省では、理財局や主税局で勤務し、財政政策や税制政策の立案に従事した。 1931年(昭和6年)に大蔵省を退官した後、東京帝国大学経済学部教授に就任した。東京帝国大学では、経済学や財政学を講じ、多くの学生を指導した。また、1936年(昭和11年)には、日本経済学会の会長に就任した。 宇野弘蔵の経済学は、マルクス経済学を基礎としたものであった。マルクス経済学を日本の現実にあてはめて分析し、日本の資本主義の特質を明らかにした。宇野弘蔵の経済学は、日本の経済学の発展に大きな影響を与えた。 宇野弘蔵の業績は、経済学の分野にとどまらない。社会運動にも積極的に参加し、労働運動や農民運動を支援した。また、1946年(昭和21年)には、日本社会党の結成に参加し、中央執行委員に選出された。 宇野弘蔵は、1977年(昭和52年)に東京都で亡くなった。享年80歳であった。 宇野弘蔵の著書には、以下のものがある。 * 『経済原論』(1930年) * 『資本論研究』(1932年) * 『日本資本主義論』(1936年) * 『帝国主義論』(1939年) * 『戦争と経済』(1941年) * 『日本経済の特質』(1946年) * 『経済学方法論』(1953年) * 『社会主義経済論』(1963年) * 『現代資本主義論』(1972年)
スポーツカテゴリー

安永一:昭和時代の囲碁評論家の功績

-囲碁界への功績- 安永一は、囲碁界の発展に大きく貢献した人物である。昭和時代の囲碁評論家として、多くの棋譜や評論を執筆し、囲碁の普及と発展に務めた。また、日本棋院の設立にも尽力し、囲碁界の組織化に貢献した。 安永一は、1901年(明治34年)に東京に生まれた。幼い頃から囲碁に親しみ、10代でアマチュアのトップ棋士となった。その後、日本棋院に入門し、棋士として活躍した。しかし、成績が振るわず、20代で棋士を引退した。 引退後は、囲碁の普及と発展に努めた。1924年(大正13年)に、囲碁雑誌「碁苑」を創刊し、多くの棋譜や評論を執筆した。また、囲碁の普及のために、全国各地で講演会や指導碁会を開催した。 安永一の功績は、囲碁界の発展に大きく貢献した。安永一は、囲碁の普及と発展に尽力しただけでなく、日本棋院の設立にも尽力し、囲碁界の組織化に貢献した。安永一は、昭和時代の囲碁評論家の功績者である。
研究者

星野安三郎:平和的共存権を提唱した憲法学者

-星野安三郎の生涯と経歴- 星野安三郎は、1880年12月19日に、愛媛県松山市に生まれました。1905年に東京帝国大学法科大学を卒業した後、内務省に入省しました。その後、ベルリン大学とオックスフォード大学に留学し、国際法を学びました。帰国後、東京帝国大学法学部教授に就任し、国際法と憲法を講義しました。 1946年に、星野安三郎は日本国憲法の起草委員会に参加しました。起草委員会では、星野安三郎は、憲法の第9条に「戦争の放棄」を明記することを強く主張しました。星野安三郎は、戦争の放棄は、日本が平和を維持するために必要な措置であると考えていました。 1947年に日本国憲法が施行されると、星野安三郎は最高裁判所の初代裁判官に任命されました。最高裁判事として、星野安三郎は、憲法の解釈において、平和主義と基本的人権を重視する立場を取りました。 星野安三郎は、1963年に最高裁判事を退官しました。退官後は、憲法学の研究を続け、多くの著作を発表しました。星野安三郎は、1973年6月23日に82歳で亡くなりました。 星野安三郎は、平和主義と基本的人権を重視する憲法学者でした。星野安三郎の憲法学の研究は、日本の憲法学の発展に大きな影響を与えました。
研究者

モーリッシュ-オーストリアの偉大な植物学者

モーリッシュの生涯 モーリッシュは、1870年12月22日にウィーンの裕福な家庭に生まれた。彼は幼い頃から植物学に興味を持ち、ウィーン大学で植物学を学んだ。1901年に博士号を取得し、ウィーン大学で教鞭を執った。 1906年に、モーリッシュはブラジルの熱帯雨林を調査するために派遣された。この調査で、モーリッシュは多くの新種植物を発見し、熱帯雨林の生態系を研究した。1909年に帰国した後、モーリッシュはウィーン大学で植物学の教授に就任した。 モーリッシュは、植物の生態学と生理学の分野で多くの研究を行い、多くの業績を残した。彼は、植物の光合成と呼吸を研究し、植物の成長と発育に影響を与える要因を明らかにした。また、モーリッシュは、植物の形態と分類を研究し、多くの新種植物を発見した。 モーリッシュは、1938年にウィーン大学を辞任し、1939年にアメリカ合衆国に亡命した。彼は、ニューヨークのブルックリン植物園で研究を続け、1965年に亡くなった。 モーリッシュは、植物学の分野で大きな功績を残した偉大な植物学者である。彼は、植物の生態学や生理学の研究に大きな貢献をしており、また、多くの新種植物を発見した。