東大教授

研究者

– 『竜粛』の人物像と功績

-竜粛の生涯と経歴- 竜粛は、中国後漢末の武将・政治家である。字は伯皐。司隷河内郡温県の出身。 竜粛は、若い頃から文武両道に秀で、郡内の名士として知られていた。桓帝の永寿2年(156年)、挙孝廉に推挙されて郎中となる。その後、尚書郎、侍御史、中郎将などを歴任した。 中平5年(188年)、董卓が洛陽を掌握すると、竜粛は董卓に仕えた。董卓から河内太守に任命され、河内郡の治安維持に努めた。しかし、董卓の横暴を嫌悪して、董卓打倒のために密かに袁紹と連絡を取った。 建安元年(196年)、袁紹が董卓を討伐すると、竜粛は河内郡で挙兵して董卓に呼応した。しかし、董卓は李傕・郭汜ら部下に殺害され、袁紹は洛陽を占拠した。竜粛は袁紹に帰順し、河内太守に復帰した。 その後、竜粛は袁紹の配下として、官渡の戦いで曹操と戦った。曹操の弟の曹洪を破り、曹操の本陣まで迫る活躍を見せた。しかし、曹操の反撃を受けて敗退し、官渡から撤退した。 官渡の戦いの後、竜粛は袁紹に嫌われ、冀州から追放された。荊州に逃れ、劉表に仕えた。劉表は竜粛を厚遇し、南陽郡太守に任命した。竜粛は南陽郡の治安維持に努め、劉表の信頼を得た。 建安13年(208年)、曹操が荊州を攻めると、竜粛は劉表の命を受けて、曹操の軍勢を迎え撃った。しかし、曹操の軍勢は強大で、竜粛は敗れて逃走した。劉表も曹操に降伏し、竜粛は曹操に仕えることとなった。 曹操は竜粛を中郎将に任命し、荊州の平定に協力させた。竜粛は、曹操の命を受けて、江陵城を攻め落とし、荊州の残党を掃討した。曹操は竜粛の功績を賞賛し、安陽亭侯に封じた。 建安21年(216年)、竜粛は曹操に従って、漢中を攻めた。しかし、曹操の軍勢は、漢中の守将である張魯の軍勢に敗れて退却した。竜粛も曹操に従って退却し、その後、洛陽に帰還した。 竜粛は、建安23年(218年)に死去した。享年64。曹操は竜粛の死を悼み、その功績を称えた。 竜粛は、文武両道に秀でた名将であり、政治家としても優れた手腕を発揮した。曹操に仕えた後は、荊州の平定に協力し、漢中を攻めた。その功績は曹操に賞賛され、安陽亭侯に封じられた。
研究者

建築家 槇文彦

# 建築家 槇文彦 - 槇文彦の生涯と業績 槇文彦は、1928年に東京に生まれて、2021年に日本で亡くなりました。彼は、日本の近代建築を代表する建築家であり、多くの公共建築や住宅を手掛けました。槇文彦の作品は、その繊細なディテールや、周辺環境との調和を重視した設計で知られています。 槇文彦は、1957年に東京大学を卒業した後、1958年に槇総合計画事務所を設立しました。1983年には、第14回高松宮殿下記念世界文化賞を受賞しました。槇文彦の作品は、国内外で高く評価されており、多くの建築賞を受賞しています。 槇文彦の代表作には、東京都庁舎(1991)、京都国立博物館(1994)、東京スピリット・オブ・ファイア(2003)、麻生会病院(2009)などがあります。槇文彦は、公共建築だけでなく、住宅のデザインにも力を注ぎました。槇文彦の住宅作品は、その自由な発想と、自然との調和を重視した設計で知られています。 槇文彦は、日本の近代建築を代表する建築家であり、その作品は国内外で高く評価されています。槇文彦の作品は、その繊細なディテールや、周辺環境との調和を重視した設計で知られています。槇文彦は、多くの公共建築や住宅を手掛け、その作品は、日本の近代建築に大きな影響を与えました。
研究者

「伊藤四十二」

-伊藤四十二の生い立ちと経歴- 伊藤四十二は、1865年10月14日に山口県萩市に生まれました。父は伊藤博文、母は伊藤梅子です。伊藤博文は、明治政府の初代総理大臣を務めた政治家であり、伊藤四十二は彼の三男として生まれました。 伊藤四十二は、幼い頃から聡明で、学業に優れていました。1881年に東京大学に入学し、1885年に卒業しました。卒業後は、外務省に入省し、外交官としてのキャリアをスタートさせました。 1890年に、伊藤四十二はイギリスに留学し、ケンブリッジ大学で国際法を学びました。1893年に帰国し、外務省に戻りました。1894年に日清戦争が勃発すると、伊藤四十二は戦地特派員として従軍しました。 1895年に日清戦争が終結すると、伊藤四十二は外務省を退官し、政界に転じました。1898年に衆議院議員に当選し、1900年に第4次伊藤内閣の文部大臣に就任しました。 1901年には、伊藤四十二は第5次伊藤内閣の逓信大臣に就任しました。逓信大臣として、伊藤四十二は電信・電話の改革を進め、日本の通信インフラの整備に貢献しました。 1903年に伊藤博文が暗殺されると、伊藤四十二は政界を引退しました。その後は、実業家として活動し、1930年に死去しました。 伊藤四十二は、外交官、政治家、実業家として活躍した人物であり、日本の近代化に貢献しました。
研究者

牧野巽-昭和時代の社会学者

-牧野巽の経歴- 牧野巽は、1910年に東京都に生まれ、1975年に亡くなった日本の社会学者です。東京帝国大学経済学部を卒業後、同大学院で社会学を専攻し、1936年に博士号を取得しました。その後、東京帝国大学経済学部助教授、同教授を歴任し、1950年には同大学社会学部初代学部長に就任しました。1958年には東京大学社会学部長に就任し、1963年に退官するまでその職にありました。 牧野巽は、社会学の研究において、社会を構成する諸集団や組織を分析し、それらの相互作用を明らかにすることに重点を置きました。また、社会変動や社会問題を分析し、それらの解決策を探ることも重要な研究テーマとしました。牧野巽の研究は、日本の社会学の発展に大きく貢献し、多くの社会学者に影響を与えました。 牧野巽の主な著作には、次のようなものがあります。 * 『社会学概論』(1948年) * 『社会変動論』(1952年) * 『社会問題論』(1956年) * 『日本の社会学』(1963年) 牧野巽は、1975年に亡くなりましたが、その業績は今もなお多くの人々に影響を与え続けています。
研究者

大島泰雄(たいしまやすお)-つくり育てる漁業の推進者

-人工魚礁と魚介種苗育成の研究- 大島泰雄は、人工魚礁と魚介種苗の育成の研究において、大きな功績を残した。人工魚礁は、海の生物のすみかとなる場所を増やし、漁場の拡大と漁獲量の増加に役立つ。魚介種苗の育成は、水産業の持続可能性を確保するために不可欠である。 大島は、1950年代に、人工魚礁の研究を始めた。当時は、人工魚礁の効果は十分に知られておらず、大島の研究は画期的だった。大島は、人工魚礁の形状、材料、設置場所を検討し、人工魚礁の有効性を実証した。大島の研究により、人工魚礁は、漁業の振興に効果的なことがわかり、現在では、日本各地に人工魚礁が設置されている。 また、大島は、魚介種苗の育成の研究にも取り組んだ。大島は、魚介類の産卵やふ化のしくみを研究し、魚介種苗を人工的に育成する方法を開発した。大島の研究により、魚介種苗の生産量が増加し、水産業の振興に貢献した。 大島の研究は、漁業の振興と水産業の持続可能性の確保に大きく貢献した。大島の功績は、現在でも高く評価されている。
研究者

持田栄一 – 教育行政学の権威

生涯と経歴 持田栄一は、1925年(大正14年)に静岡県で生まれました。1948年(昭和23年)に東京高等師範学校(現・筑波大学)を卒業後、東京都立高校の教諭として勤務しました。1958年(昭和33年)に東京大学大学院教育学研究科博士課程を修了し、教育学博士の学位を取得しました。1964年(昭和39年)に筑波大学教授に就任し、1986年(昭和61年)まで同大学で教鞭を執りました。1986年(昭和61年)に筑波大学を定年退職後、桜美林大学教授に就任し、1995年(平成7年)まで同大学で教鞭を執りました。 持田栄一は、教育行政学の権威として知られており、教育行政学に関する多くの著書や論文を発表しました。また、教育行政学の研究団体である日本教育行政学会の会長を歴任しました。持田栄一は、2003年(平成15年)に逝去しました。
研究者

「時実利彦」とその業績

-「時実利彦氏を知っていますか?」- 時実利彦氏は、日本の実業家で、三井物産株式会社の元会長兼社長です。1930年、東京生まれ。東京大学経済学部卒業後、三井物産に入社。1990年に社長に就任し、2002年まで務めました。在任中には、三井物産を世界有数の総合商社に発展させました。 時実利彦氏は、日本の経済界を代表する人物の一人であり、その業績は高く評価されています。1998年には、経済同友会の代表幹事に就任し、日本の経済政策に大きな影響力を与えました。また、2002年には、財界総理大臣に就任し、日本の経済界を代表して政府と交渉を行いました。 時実利彦氏は、2006年に三井物産を退任しましたが、その後も日本の経済界で活躍を続けています。現在、三菱商事株式会社の取締役会長を務めています。また、東京大学経済学部の客員教授も務めており、後進の指導にあたっています。 時実利彦氏は、日本の経済界を代表する人物の一人であり、その業績は高く評価されています。その功績は、日本の経済界の発展に大きく貢献しており、今後も日本の経済界を牽引していくことが期待されています。
研究者

人物辞典-小嶋稔

小嶋稔の生涯と経歴 小嶋稔(こじま みのる、1889年5月2日 - 1966年1月26日)は、日本の政治家。衆議院議員(9期)、自治庁長官(第8・10代)、北海道開発庁長官(第7代)、内閣官房長官(第2代)、自由民主党副総裁、社会党委員長を歴任。 東京府東京市牛込区(現・東京都新宿区)出身。旧制第一高等学校、東京帝国大学法学部卒業。司法試験に合格後、朝鮮総督府の判事になるが、まもなく退官して弁護士を開業した。1919年、第14回衆議院議員総選挙に立候補して当選し、衆議院議員となる。 以後、1955年の第27回衆議院議員総選挙まで9回連続当選。その間、1946年、吉田内閣で自治庁長官、北海道開発庁長官に就任し、1948年には鳩山一郎内閣で内閣官房長官に就任した。1956年、岸内閣の財務大臣に就任したが、翌1957年に退任。1960年、自由民主党副総裁に就任。1961年、社会党委員長に就任し、1966年まで務めた。 1966年1月26日、議員在職中に逝去。享年76。
研究者

– 「西義之」

-西義之の生涯と経歴- -生い立ち- 西義之は、1967年1月3日に石川県金沢市に生まれる。幼い頃は、父親の仕事の都合で転校が多く、石川県、愛知県、東京都など様々な地方に住んだ。1982年、東京都立八王子高等学校に進学。高校時代は、野球部に所属し、エースピッチャーとして活躍した。 -大学進学と学生運動- 1985年、早稲田大学社会科学部に入学。大学在学中は、学生運動に参加し、反戦運動や労働運動に取り組む。1987年、早稲田大学新聞会に入会し、記者として活動を開始。1989年、早稲田大学新聞会編集長に就任。 -ジャーナリストとしての活動- 1990年、早稲田大学を卒業後、フリージャーナリストとして活動を開始。1992年、TBSテレビに入社。報道局に配属され、記者として活躍する。2004年、TBSテレビを退社し、フリーランスのジャーナリストとなる。 -テレビでの活躍- フリーランスのジャーナリストとなってからは、テレビ番組に出演する機会が増える。2005年、テレビ朝日系「報道ステーション」のコメンテーターに就任。2007年、フジテレビ系「とくダネ!」のコメンテーターに就任。2008年、TBSテレビ系「NEWS23」のメインキャスターに就任。 -活動評価- 西義之は、鋭い切り口のコメントや、粘り強い取材で知られるジャーナリストである。テレビ番組では、政治や経済、社会問題など幅広いテーマについてコメントしている。また、ジャーナリストとしての活動だけでなく、著書も多数執筆している。 -論議となった発言- 西義之は、ジャーナリストとして活動する中で、論議を呼ぶような発言をすることも少なくない。2013年、テレビ朝日系「報道ステーション」で、福島第一原子力発電所の事故について、「政府が国民に情報を隠し続けている」と発言し、大きな反響を呼んだ。2016年、フジテレビ系「とくダネ!」で、東京電力福島第一原子力発電所の事故について、「民主党政権の責任は重大だ」と発言し、民主党側から抗議を受けた。 -私生活- 西義之は、2009年に一般女性と結婚。2011年に、第一子が誕生した。
研究者

地球物理学者・松野太郎の経歴と功績

松野太郎の生い立ちと学歴 松野太郎は、1940年12月25日に東京都で生まれた。父は物理学者の松野一郎、母は数学者の松野花子である。松野太郎には姉と弟がいて、それぞれ物理学者と数学者になっている。 松野太郎は幼い頃から科学に興味を持ち、小学校の頃から科学実験セットで遊んでいた。また、読書も好きで、特に科学小説を好んで読んでいた。中学に進学すると、科学部の部長を務め、科学コンテストに出場して入賞するなど、科学への才能を発揮した。 高校に進学すると、理系クラスに進み、物理と数学を専攻した。成績は常にトップクラスで、特に物理は秀でていた。高校卒業後は、東京大学理学部物理学科に進学した。 東大での松野太郎は、物理学の基礎をしっかりと身につけた。また、物理学の最先端の研究にも触れ、物理学の面白さに魅せられた。大学卒業後は、大学院に進学し、物理学の研究を続けた。 大学院での松野太郎は、地球物理学を専攻した。地球物理学とは、地球の物理的な性質や地球の内部構造を研究する学問である。松野太郎は、地球の内部構造を解明するため、地震波の研究を行った。 松野太郎は、地震波の研究において、多くの成果を上げた。特に、地震波の速度を測定することで、地球の内部構造を推定する手法を開発したことは、画期的な成果であった。この成果により、松野太郎は、地球物理学の権威として認められるようになった。 松野太郎は、大学院卒業後は、東京大学の助教授に就任した。その後、准教授、教授と昇進し、2000年には東京大学の総長に就任した。総長在任中は、大学の改革を進め、東京大学の国際化に貢献した。 松野太郎は、地球物理学の研究において、多くの成果を上げただけでなく、教育者としても活躍した。また、総長として大学の改革を進め、東京大学の国際化に貢献した。
研究者

井口洋夫:有機半導体、有機導体、有機超伝導体のパイオニア

- 有機半導体の発見と開発- 井口洋夫教授は、有機半導体の研究において、数多くの画期的な成果を収めました。1977年、井口教授は、有機分子であるテトラチアノキノジメタン(TCNQ)とテト ratio311で混合させた結晶が、室温で半導体として振る舞うことを発見しました。これは、有機分子が半導体として機能するという世界初の報告であり、有機半導体研究の幕開けとなりました。 井口教授は、その後も有機半導体の研究を続け、さまざまな有機分子を用いて半導体を作製することに成功しました。1980年には、有機分子であるポリチオフェン(PTh)を用いて、世界初の有機電界効果トランジスタ(OFET)を作製しました。これは、有機分子を用いた電子デバイスとして世界初の成功例であり、有機エレクトロニクス研究の礎を築きました。 井口教授の研究は、有機半導体の基礎を築くと同時に、有機エレクトロニクス分野の飛躍的な発展にもつながりました。有機エレクトロニクスは、有機分子を材料として用いた電子デバイスの総称であり、有機半導体、有機導体、有機超伝導体など、さまざまな有機材料を用いて作製することができます。 有機エレクトロニクスは、従来のシリコン半導体に比べて、軽量、柔軟、低コスト、環境負荷が低いなどの利点があり、次世代の電子デバイスとして大きな期待を集めています。有機エレクトロニクス技術の応用分野は、有機太陽電池、有機発光ダイオード(OLED)、有機トランジスタ、有機センサーなど多岐にわたっており、今後さらに発展していくことが期待されています。 井口教授の研究は、有機半導体の発見と開発という画期的な成果をもたらし、有機エレクトロニクスという新しい分野を切り拓きました。井口教授の研究は、世界中の研究者たちに影響を与え、有機エレクトロニクス研究の飛躍的な発展に貢献しています。
研究者

相良守次 – ゲシュタルト心理学の日本への紹介者

-相良守次とはどんな人か?- 相良守次は、1907年に熊本県に生まれた心理学者です。東京帝国大学を卒業後、ドイツに留学し、ゲシュタルト心理学を学びました。帰国後は、東京帝国大学で教鞭をとり、ゲシュタルト心理学を日本に紹介しました。相良守次は、ゲシュタルト心理学の研究を日本に広めただけでなく、ゲシュタルト心理学を教育心理学や社会心理学に応用した研究も行いました。また、相良守次は、哲学や宗教にも関心を持っており、人間の精神について独自の考えを持っていました。相良守次は、1991年に亡くなりましたが、ゲシュタルト心理学の研究や教育心理学、社会心理学への応用研究など、その業績は高く評価されています。 相良守次のゲシュタルト心理学への貢献は、主に以下の3点です。 1. ゲシュタルト心理学の日本への紹介 相良守次は、ドイツに留学してゲシュタルト心理学を学び、帰国後は東京帝国大学で教鞭をとりながら、ゲシュタルト心理学を日本に紹介しました。相良守次の功績により、ゲシュタルト心理学は日本の心理学界に広く知られるようになり、多くの研究者がゲシュタルト心理学の研究を行うようになりました。 2. ゲシュタルト心理学の教育心理学への応用 相良守次は、ゲシュタルト心理学を教育心理学に応用した研究を行いました。相良守次は、ゲシュタルト心理学の洞察学習の理論に基づいて、新しい学習方法を開発しました。この学習方法は、生徒が問題を解決するために必要な洞察を獲得するのを助けることを目的としており、従来の学習方法よりも効果的であることが示されています。 3. ゲシュタルト心理学の社会心理学への応用 相良守次は、ゲシュタルト心理学を社会心理学に応用した研究も行いました。相良守次は、ゲシュタルト心理学の場の理論に基づいて、人間の行動を説明する理論を開発しました。この理論は、人間の行動は、その人が置かれている状況によって決定されると主張しており、従来の社会心理学の理論よりも人間の行動をよりうまく説明することができることが示されています。 相良守次は、ゲシュタルト心理学の研究や教育心理学、社会心理学への応用研究など、その業績は高く評価されており、日本の心理学の発展に大きく貢献した人物の一人です。
研究者

宮園浩平→ 天才医学者が解き明かしたがん細胞の秘密

-がん細胞の新しい作用機構の発見- 東京大学医科学研究所の宮園浩平教授は、がん細胞の新しい作用機構を発見しました。この発見は、がんの治療法の開発に大きな影響を与える可能性があります。 宮園教授らは、がん細胞が周囲の正常細胞と異なる糖代謝を行っていることを突き止めました。正常細胞は、ブドウ糖をエネルギー源として利用していますが、がん細胞はブドウ糖を乳酸に変換して利用しています。この乳酸は、がん細胞の増殖を促進する働きを持ち、がんの進行に重要な役割を果たしています。 宮園教授らは、がん細胞が乳酸を産生するメカニズムを解明し、乳酸の産生を阻害する薬剤を開発しました。この薬剤は、がん細胞の増殖を抑制し、がんの進行を遅らせる効果を持っています。 この発見は、がんの治療法の開発に大きな影響を与える可能性があります。乳酸の産生を阻害することで、がんの進行を遅らせることができれば、がん患者の生存率を向上させることができるかもしれません。また、乳酸の産生を阻害する薬剤は、がんの早期発見や診断にも役立つ可能性があります。 宮園教授の発見は、がんの治療法の開発に大きな一歩であり、がん患者に希望を与えるものです。
作家

上田勤-昭和時代の英文学者

-上田勤-昭和時代の英文学者- -上田勤の生涯と功績- 上田勤は、1874年に東京で生まれた英文学者である。1896年に東京帝国大学卒業後、イギリスに留学し、ケンブリッジ大学で英文学を学んだ。1899年に帰国後、東京帝国大学講師となり、1901年に教授に昇進した。1923年に東京帝国大学総長となり、1933年に退官した。 上田勤は、英文学の研究と紹介に大きな功績を残した。シェイクスピア研究の第一人者であり、シェイクスピア全集の翻訳を手がけた。また、イギリス文学史の研究にも業績を残しており、イギリス文学史の教科書を執筆した。 上田勤は、英文学の研究と紹介だけでなく、教育にも力を注いだ。東京帝国大学総長時代には、大学教育の改革を行い、大学の自治を強化した。また、大学院制度の創設にも尽力した。 上田勤は、1941年に67歳で死去した。英文学者として、教育者として、大きな功績を残した人物である。 -上田勤の主要著作- * シェイクスピア全集(1912-1922) * イギリス文学史(1923) * 英文学講義(1929) * 英文学史概説(1932)
研究者

柳田友道-微生物学における足跡

-柳田友道の生い立ちと経歴- 柳田友道は、1900年(明治33年)1月1日、大分県大分市に生まれた。旧制大分中学校(現・大分県立大分上野丘高等学校)を卒業後、1922年(大正11年)に東京帝国大学理学部植物学科に入学。1926年(大正15年)に卒業し、東京帝国大学理学部助手となった。 柳田は、助手として働いていた1928年(昭和3年)に、微生物学の権威である北里柴三郎と出会い、その感化を受け、微生物学の研究を志すようになった。1930年(昭和5年)に北里柴三郎の指導の下、東京帝国大学理学部で学位を取得した。 1931年(昭和6年)に、柳田は東京帝国大学理学部教授に昇進。1936年(昭和11年)には、理学部長に就任した。1941年(昭和16年)には、日本学術院会員に選出された。 柳田は、微生物学の研究に没頭し、多くの業績を残した。その中でも有名なのが、1938年(昭和13年)に発表した「微生物の遺伝と変異」という論文である。この論文は、微生物の遺伝と変異について体系的にまとめたものであり、微生物学の基礎理論の確立に大きな貢献をした。 柳田は、1960年(昭和35年)に東京帝国大学を退官。その後は、東京大学名誉教授として、微生物学の研究を続けた。1970年(昭和45年)に、文化勲章を受章。1975年(昭和50年)に逝去した。
研究者

小柴昌俊→ ニュートリノの発見でノーベル賞を受賞した物理学者

小柴昌俊の業績 小柴昌俊氏は、1949年に東京大学理学部物理学科を卒業後、東京大学大学院理学研究科に進学しました。1955年に東京大学大学院理学研究科博士課程を修了し、東京大学理学部助手となりました。1960年に東京大学助教授に昇進し、1963年に東京大学教授に昇進しました。 小柴昌俊氏の主な業績は以下の通りです。 * ニュートリノの発見小柴昌俊氏は、1998年にニュートリノの発見でノーベル物理学賞を受賞しました。ニュートリノは、物質を構成する基本粒子の一つですが、非常に数が少なく、観測が困難です。小柴昌俊氏は、カミオカンデという巨大な地下実験施設を建設し、ニュートリノの観測に成功しました。カミオカンデは、ニュートリノが太陽や大気から飛来していることを明らかにしました。 * 超新星爆発の観測小柴昌俊氏は、1987年に超新星爆発の観測に成功しました。超新星爆発は、星の最後を飾る大爆発です。超新星爆発は、非常に明るく、宇宙の遠くからも観測することができます。小柴昌俊氏は、カミオカンデを使用して、1987年に超新星爆発 SN 1987A を観測しました。SN 1987A の観測は、超新星爆発の仕組みを解明する上で重要な役割を果たしました。 * 素粒子物理学の発展小柴昌俊氏は、素粒子物理学の発展にも貢献しました。小柴昌俊氏は、1963年に素粒子物理学の理論であるゲージ理論を提唱しました。ゲージ理論は、素粒子間の相互作用を統一的に説明する理論です。ゲージ理論は、素粒子物理学の発展に大きな影響を与えました。 小柴昌俊氏は、ニュートリノの発見、超新星爆発の観測、素粒子物理学の発展など、多くの業績を残した偉大な物理学者です。
研究者

浅田敏 – 地震予知に尽力した地震学者

浅田敏の生い立ちと経歴 浅田敏は、1934年10月23日に大阪府大阪市で生まれた。幼い頃から理科が好きで、特に天文学に興味を持っていたという。中学卒業後は、大阪府立天王寺高等学校に進学し、理数科で学んだ。高校卒業後は、京都大学理学部に進学し、物理学を専攻した。京都大学卒業後は、京都大学大学院理学研究科に進学し、地球物理学を専攻した。大学院卒業後は、京都大学理学部地球物理学教室の助手となり、地震学の研究を始めた。1969年、京都大学理学部地球物理学教室の助教授に就任した。1975年、京都大学理学部地球物理学教室の教授に就任した。1989年、京都大学理学部地球物理学教室の主任教授に就任した。 浅田敏は、地震学の分野で多くの功績を残した。特に、地震予知の研究に尽力し、多くの成果を上げた。1978年、浅田敏は、地震予知の研究成果をもとに、地震予知研究協議会を設立した。地震予知研究協議会は、地震予知の研究を推進し、成果を社会に還元することを目的とした組織である。地震予知研究協議会は、浅田敏の尽力により、地震予知の研究を推進し、多くの成果を上げてきた。 浅田敏は、1994年に京都大学を退官した。退官後は、関西大学理学部地球物理学教室の客員教授に就任した。関西大学理学部地球物理学教室では、地震学の研究を続け、多くの成果を上げた。浅田敏は、2019年2月16日に死去した。享年84歳であった。
研究者

清水博(2):生命関係学を提唱した薬学者・生物物理学者

清水博(2)生命関係学を提唱した薬学者・生物物理学者 清水博の生い立ちと経歴 清水博は、1930年(昭和5年)1月18日、大阪府大阪市に生まれた。幼少の頃から科学に興味を持ち、小学校では理科クラブに所属していた。 1945年(昭和20年)、大阪府立北野高等学校に入学。高校時代には、物理学と数学を専攻し、1948年(昭和23年)に卒業した。 1948年(昭和23年)、京都大学理学部化学科に入学。大学では、物理化学を専攻し、1952年(昭和27年)に卒業した。 1952年(昭和27年)、京都大学大学院理学研究科博士前期課程に入学。大学院では、物理化学を専攻し、1954年(昭和29年)に博士前期課程を修了した。 1954年(昭和29年)、京都大学大学院理学研究科博士後期課程に入学。大学院では、物理化学を専攻し、1957年(昭和32年)に博士後期課程を修了した。 1957年(昭和32年)、京都大学助手として採用された。1960年(昭和35年)に、京都大学講師に就任した。 1963年(昭和38年)、京都大学助教授に就任した。 1969年(昭和44年)、京都大学教授に就任した。 1974年(昭和49年)、京都大学大学院理学研究科長に就任した。 1977年(昭和52年)、京都大学退官。 1977年(昭和52年)、龍谷大学教授に就任した。 1980年(昭和55年)、龍谷大学退官。 1980年(昭和55年)、京都光華女子大学教授に就任した。 1983年(昭和58年)、京都光華女子大学退官。 1983年(昭和58年)、京都産業大学教授に就任した。 1988年(昭和63年)、京都産業大学退官。 清水博は、1998年(平成10年)10月13日に、京都市内の病院で死去した。享年68歳。
研究者

伊原康隆:昭和後期の数学者

-伊原康隆昭和後期の数学者- -昭和13年5月3日生まれ- 伊原康隆は、1938年5月3日に東京で生まれた数学者です。東京大学理学部数学科を卒業後、同大学院に進学し、1971年に博士号を取得しました。その後、東京大学助教授、教授を歴任し、1994年に定年退官しました。 伊原康隆は、代数幾何学の分野で活躍した数学者です。特に、代数多様体の分類や、代数多様体上のベクトル束の研究で重要な業績を残しました。その研究は、代数幾何学の発展に大きく貢献したとされています。 伊原康隆は、1996年に紫綬褒章を受章し、2005年に日本学士院会員に選出されました。また、2010年には文化功労者に選ばれました。 伊原康隆は、2017年12月27日に東京都内で亡くなりました。79歳でした。
研究者

奥平康弘→ 憲法と表現の自由の擁護者

-# 思想と功績 奥平康弘は、日本の法学者であり、憲法学の大家であり、早稲田大学名誉教授である。憲法と表現の自由の擁護者として知られる。 奥平は、1929年に東京で生まれ、1952年に早稲田大学法学部を卒業した。その後、同大学院で学び、1956年に博士課程を修了した。1958年に早稲田大学法学部の専任講師となり、1961年に助教授、1965年に教授に昇進した。1995年に定年退職した後も、名誉教授として研究を続けている。 奥平の憲法学の研究は、表現の自由を巡る議論に大きな影響を与えた。奥平は、表現の自由は民主主義の根幹をなす権利であり、国家は表現の自由を最大限に保障する義務があると主張した。また、表現の自由は単に意見を表明する権利ではなく、情報を収集し、発信し、受ける権利も含むと主張した。 奥平の研究は、最高裁判所の判決にも影響を与えた。1986年の「島田事件」判決では、最高裁判所は、刑法230条(名誉毀損罪)の適用範囲を狭く解釈し、表現の自由を広く保障した。この判決は、奥平の研究を引用したものであり、奥平の研究が最高裁判所の判例に影響を与えたことを示している。 奥平は、憲法学の分野で数多くの著作を発表している。代表作には、『表現の自由の理論と実際』(1981年)、『憲法の理論と実際』(1987年)、『法治国家の原理と現実』(1995年)などがある。これらの著作は、憲法学の研究に大きな影響を与え、奥平は憲法学の大家として広く認められている。 奥平の功績は、憲法学の分野にとどまらない。奥平は、1993年に発足した「表現の自由を守る会」の初代会長を務め、表現の自由の擁護活動に積極的に取り組んだ。また、奥平は、2001年に発足した「日本学術会議」の第21期会長を務め、日本の学術の振興に尽力した。 奥平は、憲法と表現の自由の擁護者として、日本の法学の発展に大きな貢献をした。奥平の研究は、最高裁判所の判決に影響を与え、また、奥平の著作は、憲法学の研究に大きな影響を与えた。奥平の功績は、憲法学の分野にとどまらず、日本の学術の振興にも大きく貢献した。
研究者

哲学者・今道友信の生涯と業績

-哲学者・今道友信の生涯と業績- -今道友信の生い立ちと学歴- 今道友信は、1906年(明治39年)4月2日に、大阪府大阪市で父・今道三郎、母・テルの長男として生まれた。父は、大阪商船株式会社の社員で、母は、主婦であった。友信は、幼少期から読書を好み、特に歴史書や文学書を好んで読んだ。 1919年(大正8年)に、大阪市立扇町商業学校に入学。在学中は、弁論部や文学部に所属し、活発に活動した。1924年(大正13年)に、同校を卒業後、大阪商船株式会社に入社。しかし、1927年(昭和2年)に、結核のため退社を余儀なくされた。 その後、友信は、京都帝国大学文学部哲学科に入学。在学中は、西田几多郎、田辺元、梅原猛らに師事し、哲学を学んだ。1931年(昭和6年)に、同大学を卒業。卒業後、同大学大学院に進学。1934年(昭和9年)に、同大学院を修了した。 1935年(昭和10年)に、京都帝国大学文学部哲学科の助手となる。1938年(昭和13年)に、同大学講師に就任。1941年(昭和16年)に、同大学助教授に就任。1946年(昭和21年)に、同大学教授に就任した。 1951年(昭和26年)に、京都大学を退官。その後、同志社大学教授、関西学院大学教授、大阪大学教授を歴任。1976年(昭和51年)に、大阪大学を退官。1977年(昭和52年)に、文化勲章を受章。1993年(平成5年)1月22日に、死去した。
研究者

「加藤一郎(1)」

加藤一郎(1) 民法学者としての功績 加藤一郎は、明治16年(1883年)に東京で生まれ、昭和31年(1956年)に亡くなった民法学者です。東京帝国大学法科大学を卒業後、同大学助教授、教授を歴任し、法制局参事官、最高裁判事などを務めました。 加藤一郎の民法学への貢献は多大なものがあり、特に物権法と債権法の分野における業績は高く評価されています。物権法の分野では、所有権の理論を体系的に整理し、占有や担保物権の研究にも大きな足跡を残しました。債権法の分野では、契約法の理論を構築し、不法行為法の研究にも貢献しました。 加藤一郎の民法学における業績は、日本の民法学の発展に大きな影響を与えました。彼の著作は多くの研究者や実務家によって引用されており、今日もなお民法学の研究・教育に大きな影響を与えています。 以下、加藤一郎の民法学における主な業績を紹介します。 * 物権法の分野 所有権の理論の体系的整理 占有の研究 担保物権の研究 * 債権法の分野 契約法の理論の構築 不法行為法の研究 これらの業績は、加藤一郎が民法学の大家であり、日本の民法学の発展に大きな貢献をしたことを示しています。
研究者

「石田雄」

-石田雄- -日本政治思想史を専攻- 石田雄は、1963年生まれの日本の政治学者、歴史学者である。東京大学法学部卒業後、同大学院法学研究科博士課程修了。博士(法学)。東京大学法学部助手、早稲田大学法学部専任講師、助教授を経て、現在は早稲田大学法学部教授。専門は日本政治思想史。 石田雄は、日本政治思想史を専攻する政治学者、歴史学者である。東京大学法学部卒業後、同大学院法学研究科博士課程修了。博士(法学)。東京大学法学部助手、早稲田大学法学部専任講師、助教授を経て、現在は早稲田大学法学部教授を務めている。 石田雄の研究は、日本政治思想史の幅広い分野をカバーしているが、特に近代日本のナショナリズムと民主主義の思想に焦点を当てている。彼の代表的な著作には、『近代日本のナショナリズムと民主主義』(岩波書店、2000年)、『日本政治思想史講義』(東京大学出版会、2005年)、『日本ナショナリズムの思想史』(岩波書店、2012年)などがある。 石田雄は、日本政治思想史の研究において、思想と政治の相互作用に注目している。彼は、思想が政治に影響を与えるだけでなく、政治が思想に影響を与えることも指摘している。石田雄は、思想と政治の相互作用を考察することで、日本の政治思想史の展開を明らかにしようとしている。 石田雄の研究は、日本政治思想史の研究に大きな貢献をしている。彼の著作は、日本政治思想史の研究者や学生に広く読まれ、高い評価を得ている。石田雄の研究は、日本政治思想史の研究の発展に寄与している。
研究者

近藤次郎 → 航空力学者,システム工学者

航空力学とシステム工学のパイオニア 近藤次郎氏は、航空力学とシステム工学のパイオニアであり、日本の航空宇宙工学の発展に大きな貢献をした。1929年に東京帝国大学工学部航空学科を卒業し、すぐに航空業界に就職した。1937年には、航空機メーカーの中島飛行機に入社し、設計エンジニアとして活躍した。設計エンジニアとして活躍していた時期には、戦闘機「零戦」の開発にも携わり、同機の成功に貢献した。 1945年の終戦後、近藤氏は東京大学に移り、航空力学の教授に就任した。東京大学では、航空力学の研究に従事し、多くの重要な発見をした。また、航空力学の教科書を執筆し、多くの学生を育てた。 1958年に、近藤氏は東京大学を退官し、日本航空宇宙工業会の会長に就任した。日本航空宇宙工業会では、日本の航空宇宙産業の発展に尽力し、日本の航空宇宙産業の基礎を築いた。 近藤氏は、1999年に亡くなったが、その功績は今もなお語り継がれている。航空力学とシステム工学の分野において、近藤氏は世界的な権威であり、日本の航空宇宙工学の発展に大きな貢献をした。 近藤氏の業績は、航空力学とシステム工学の分野に大きな影響を与え、日本の航空宇宙工学の発展に大きく寄与した。近藤氏の功績を称え、1999年に日本航空宇宙学会は「近藤次郎賞」を創設した。この賞は、航空宇宙工学の分野で優れた業績を上げた研究者に贈られる。