東宮侍従

歴史上の偉人

ー「本多正復」

「本多正復」 先祖を辿る 本多正復は、江戸時代前期の武将・大名です。徳川家康の旗本として仕え、関ヶ原の戦いでは功績を挙げ、江戸幕府成立後は、備中松山藩主となりました。本多正復の先祖を辿ると、戦国時代の武将・本多忠勝にたどり着きます。本多忠勝は、徳川家康の譜代家臣であり、関ヶ原の戦いでは、徳川軍の左翼を担い、戦勝に貢献しました。また、大阪冬の陣・夏の陣でも徳川軍で活躍しています。 本多忠勝の父は、本多忠高です。本多忠高は、松平清康に仕えていましたが、清康が尾張守護・斯波義統に殺害された後、徳川家康に仕えました。本多忠高は、家康の東三河統一に貢献し、三河一向一揆の鎮圧にも功績を挙げました。 本多忠高の父は、本多忠政です。本多忠政は、松平広忠に仕えていましたが、広忠が家康に謀殺された後、家康に仕えました。本多忠政は、家康の三河統一に貢献し、一向一揆の鎮圧にも功績を挙げました。 本多忠政の父は、本多忠重です。本多忠重は、松平氏の一族であり、松平親忠に仕えていました。本多忠重は、親忠の死後、家康に仕えました。本多忠重は、家康の三河統一に貢献し、一向一揆の鎮圧にも功績を挙げました。 本多忠重の父は、本多忠直です。本多忠直は、松平信光に仕えていましたが、信光が尾張守護・斯波義統に殺害された後、家康に仕えました。本多忠直は、家康の三河統一に貢献し、一向一揆の鎮圧にも功績を挙げました。 本多忠直の父は、本多忠元です。本多忠元は、松平氏の一族であり、松平清康に仕えていました。本多忠元は、清康の死後、家康に仕えました。本多忠元は、家康の三河統一に貢献し、一向一揆の鎮圧にも功績を挙げました。
歴史上の偉人

日野資秀 – 明治時代の華族

日野資秀の生涯 日野資秀は、1840年に生まれ、明治時代の華族であった。彼は、江戸幕府の老中である日野資愛の子として生まれ、幼名は資明であった。1862年に従五位下侍従に叙任され、1867年に伯爵に叙せられた。1876年に貴族院議員に当選し、1889年に子爵に叙せられた。1891年に貴族院議長に就任し、1894年に公爵に叙せられた。1903年に死去した。 日野資秀は、明治維新後華族公議人として活動し、1871年に華族令制定委員会の委員長を務め、華族令の制定に貢献した。また、1873年に東京府知事に就任し、1875年に文部卿に就任するなど、政府要職を歴任した。 日野資秀は、1889年に貴族院議長に就任し、1894年に公爵に叙せられた。貴族院議長としては、帝国議会の運営に尽力し、日清戦争や日露戦争の際に、政府の政策を支持した。公爵としては、皇室と華族の親睦を深めるために尽力し、皇室の行事に積極的に参加した。 日野資秀は、明治時代の華族として、政治や社会に大きな影響を与えた人物である。彼は、華族令の制定に貢献し、政府要職を歴任し、貴族院議長として帝国議会の運営に尽力した。また、公爵としては、皇室と華族の親睦を深めるために尽力し、皇室の行事に積極的に参加した。
歴史上の偉人

有馬純文 – 明治・大正時代の官吏

-1. 有馬純文の経歴- 有馬純文(ありま すみふみ、1853年12月4日 - 1923年5月23日)は、明治・大正時代の官吏、民話学者。 有馬純文は、1853年12月4日に、鹿児島県鹿児島市に生まれた。1871年に上京し、東京開成学校に入学。1875年に卒業後、文部省に奉職した。文部省では、学務局長、官房長などを歴任し、1906年に文部次官に就任した。1912年に退官し、貴族院勅選議員に任じられ、1923年まで務めた。 有馬純文は、民話学者としても知られ、1908年に『日本民話集』を出版した。『日本民話集』は、日本各地の民話を集めたもので、民話研究の基礎となった。 有馬純文は、1923年5月23日に死去した。享年69。
歴史上の偉人

多久乾一郎とは?明治時代の官吏について解説

- 多久乾一郎の生い立ちと経歴 多久乾一郎は、1855年(安政2年)に肥前国佐賀藩(現在の佐賀県)で生まれた。父は多久邦太郎、母は多久琴子。幼名は鉄三。 1871年(明治4年)に藩校である弘道館に入学。1873年(明治6年)に上京し、東京大学予備門に入学。1877年(明治10年)に東京大学法学部を卒業。 卒業後は内務省に入省。1880年(明治13年)に警保局長に就任。1882年(明治15年)に警視総監に就任。1885年(明治18年)には内務次官に就任。 1891年(明治24年)に内務大臣に就任。内務大臣在任中は、地方制度の改革や警察制度の整備などを行った。1898年(明治31年)に内務大臣を辞任。 1899年(明治32年)には貴族院議員に勅選。1900年(明治33年)には東京市長に就任。1903年(明治36年)には貴族院副議長に就任。 1908年(明治41年)には内大臣に就任。1911年(明治44年)には首相に就任。首相在任中は、日露戦争後の日本経済の復興や日韓併合などを推進した。1913年(大正2年)に首相を辞任。 1914年(大正3年)には枢密院議長に就任。1922年(大正11年)に死去。
歴史上の偉人

勘解由小路資承 – 明治・大正時代の華族

勘解由小路家とは? 勘解由小路家は、江戸時代以前から続く、日本の公卿の家柄である。家名は、平安京の勘解由使庁の近くに邸宅を構えていたことに由来する。 勘解由小路家の祖である勘解由小路通明は、1113年に生まれた。彼は、太政大臣を歴任するなど、朝廷で活躍した。通明は、1177年に死去し、その子の勘解由小路雅顕が家督を継いだ。 雅顕は、1180年に太政大臣に就任した。彼は、平氏政権を打倒した源頼朝と親しく、頼朝が鎌倉幕府を開くと、幕府と朝廷の連絡役を務めた。雅顕は、1199年に死去し、その子の勘解由小路頼基が家督を継いだ。 頼基は、1202年に太政大臣に就任した。彼は、朝廷と幕府の調停に努め、両者の関係を円滑にした。頼基は、1206年に死去し、その子の勘解由小路実基が家督を継いだ。 実基は、1218年に太政大臣に就任した。彼は、承久の乱で朝廷が幕府に敗北すると、幕府に恭順し、朝幕関係の再建に努めた。実基は、1221年に死去し、その子の勘解由小路教基が家督を継いだ。 勘解由小路家は、平安時代から室町時代にかけて、朝廷で重要な役割を果たした。しかし、戦国時代になると、朝廷の権威が衰退し、勘解由小路家もその影響を受けた。 江戸時代になると、勘解由小路家は、徳川将軍家と親しく、幕府の官職を歴任した。勘解由小路資承は、その一人である。資承は、1858年に生まれ、1923年に死去した。彼は、明治・大正時代に、宮内大臣や枢密院議長を歴任した。
歴史上の偉人

甘露寺受長(1880~1977)

-伯爵としての人生- 甘露寺受長は、1914年に伯爵に叙され、華族の仲間入りを果たしました。彼は貴族院議員として、政治の世界で活躍しました。また、実業家としても成功を収め、数多くの企業の経営に携わりました。 甘露寺受長は、伯爵として華やかな生活を送りました。彼は、東京の麻布に邸宅を構え、多くの使用人を抱えていました。また、彼は旅行を好み、世界各地を巡りました。 しかし、甘露寺受長の伯爵としての生活は、必ずしも順風満帆ではありませんでした。彼は、第一次世界大戦や世界恐慌などの激動の時代を生き抜かなければなりませんでした。また、彼は貴族院議員として、様々な政治問題に取り組まなければなりませんでした。 甘露寺受長は、伯爵としての人生を全うし、1977年に亡くなりました。彼は、日本の近代史にその名を刻んだ人物として、記憶されています。 甘露寺受長は、伯爵として華やかな生活を送った一方で、政治家や実業家として、日本の近代化に貢献しました。彼は、日本の歴史にその名を刻んだ人物として、記憶されています。
政治家・活動家

重田保夫 – 昭和後期から平成時代の官僚

昭和天皇の侍従として 重田保夫は、1966年から1972年まで昭和天皇の侍従を務めました。侍従として、重田は天皇の公務を支援し、天皇の日常生活を管理しました。また、重田は天皇の側近として、天皇の政治的見解や政策決定に影響を与えました。 重田は、昭和天皇の侍従として、多くの重要な出来事を経験しました。その中には、1971年の沖縄返還や、1972年の田中角栄首相による訪中があります。重田は、これらの出来事において、天皇の秘書官として、天皇の公務を支援しました。 また、重田は、昭和天皇の侍従として、天皇の側近として、天皇の政治的見解や政策決定に影響を与えました。例えば、重田は、1972年の田中角栄首相による訪中の際に、天皇が訪中を支持する声明を出すことを提案しました。この提案は、天皇が訪中を支持する声明を出すことにつながり、田中首相の訪中を成功させるのに貢献しました。 重田は、昭和天皇の侍従として、天皇の公務を支援し、天皇の日常生活を管理しました。また、重田は、天皇の側近として、天皇の政治的見解や政策決定に影響を与えました。重田は、昭和天皇の侍従として、多くの重要な出来事を経験し、天皇の側近として、天皇の公務を支援し、天皇の日常生活を管理しました。
歴史上の偉人

原恒太郎:宮内省で活躍した明治-昭和前期の官吏

-原恒太郎宮内省で活躍した明治-昭和前期の官吏- -原恒太郎の生涯と業績- 原恒太郎(1859-1937)は、明治-昭和前期に宮内省で活躍した官吏である。宮内官僚として、明治天皇の侍従長を務め、昭和天皇の侍従として側近として仕えた。また、宮内省の内部改革に尽力し、宮内省の近代化に貢献した。 -原恒太郎の官僚としての経歴- 原恒太郎は、1859年(安政6年)に、現在の静岡県で生まれた。1879年(明治12年)に、東京大学法学部を卒業し、宮内省に入省した。宮内省では、侍従、式部官、宮内次官などを歴任し、1916年(大正5年)には侍従長に就任した。侍従長として、明治天皇の側近として仕え、天皇の日常業務を監督した。また、宮内省の内部改革に尽力し、宮内省の近代化に貢献した。 -原恒太郎の昭和天皇との関係- 1926年(大正15年)に、明治天皇が崩御し、昭和天皇が即位した。原恒太郎は、昭和天皇の侍従として側近として仕えた。天皇の日常業務を監督するとともに、天皇の相談役として活動した。また、天皇の皇太子時代の教育にも関わり、天皇の成長を支えた。 -原恒太郎の死- 原恒太郎は、1937年(昭和12年)に、78歳で死去した。原恒太郎は、明治-昭和前期に宮内省で活躍した官吏であり、宮内省の近代化に貢献した。また、昭和天皇の側近として仕え、天皇の成長を支えた。原恒太郎の功績は、今日でも高く評価されている。
歴史上の偉人

稲葉正縄 – 明治・大正時代の華族

稲葉正縄の生涯 稲葉正縄は、1840年(天保11年)に稲葉正守の長男として上総国高根藩(現在の千葉県長生郡長生村)に生まれた。幼名は英之助。1852年(嘉永5年)に父が死去し、家督を相続して高根藩主となった。 正縄は、藩政改革に尽力した。藩校の振興や産業の振興などを行い、藩の財政を立て直した。また、幕末の動乱期には、佐幕派として薩摩藩や長州藩と戦った。しかし、1868年(慶応4年)に戊辰戦争が勃発すると、新政府軍に降伏した。 戊辰戦争後、正縄は高根藩を版籍奉還し、華族に列せられた。その後、1871年(明治4年)に元老院議官に任命された。また、1884年(明治17年)には伯爵に叙せられた。 正縄は、1909年(明治42年)に死去した。享年70。 正縄は、明治・大正時代の華族として、藩政改革や産業の振興など、様々な功績を残した。また、戊辰戦争後も元老院議官などとして活躍し、日本の近代化に尽力した。