東正英

その他

東正英(東梅竜軒)

-東正英(東梅竜軒)の生い立ちと経歴- -生い立ち- 東正英は1937年4月10日、東京都中央区日本橋に生まれた。本名は東英治。父は日本橋で呉服商を営んでいたが、正英が1歳のときに亡くなった。母は正英と姉を女手一つで育て上げた。 正英は幼い頃から体が弱く、よく熱を出していた。そのため、学校を休みがちになり、成績は良くなかった。しかし、正英は勉強が好きで、家ではよく本を読んでいた。 正英が12歳のとき、母が再婚した。正英は繼父ともうまくやっていき、勉強にも力を入れ始めた。やがて、正英は都立高校に入学した。 -経歴- 正英は高校卒業後、1956年に東京大学経済学部に入学した。大学在学中に、正英は演劇部に所属し、芝居に出演したり、脚本を書いたりしていた。 1960年に大学を卒業した正英は、就職せずに、劇団を旗揚げした。劇団名は「東梅竜軒」。正英は、座長として、舞台に立ったり、脚本を書いたりした。 1962年、東梅竜軒は解散した。正英は、その後、フリーの脚本家として活動した。1964年、正英は、映画「駆逐艦雪風」の脚本を担当した。この映画は大ヒットし、正英は脚本家として一躍有名になった。 正英は、その後も多くの映画やテレビドラマの脚本を手がけた。代表作には、「燃えよ剣」、「仁義なき戦い」、「水戸黄門」などがある。正英は、1993年、56歳のときに亡くなった。