東洋紡績

経済分野の人

秋山広太→ 実業家の生涯と功績

-秋山広太の生い立ちと経歴- 秋山広太は、1900年(明治33年)12月24日に、北海道札幌市に生まれました。父親は札幌農学校の教授を務めていた秋山正太郎、母親は農学校の助教授を務めていた秋山文子です。秋山広太は、5人兄弟の末っ子として育ちました。 秋山広太は、札幌農学校附属小学校、札幌農学校附属中学を経て、1920年(大正9年)に札幌農学校を卒業しました。その後、北海道帝国大学農学部に進学し、1924年(大正13年)に卒業しました。 大学卒業後、秋山広太は農林省に入省しました。農林省では、水産局や農政局などで勤務しました。1938年(昭和13年)には、農林省農務局長に就任しました。 1942年(昭和17年)、秋山広太は農林大臣に就任しました。農林大臣としては、戦時下の食糧生産の増加に努めました。また、農業団体の統制を強化し、農業生産の効率化を図りました。 1945年(昭和20年)、秋山広太は農林大臣を辞任しました。その後、公職追放となりましたが、1951年(昭和26年)に公職追放が解除されました。 公職追放が解除された後、秋山広太は実業界に転身しました。1952年(昭和27年)には、日本酪農協同組合連合会の会長に就任しました。また、1954年(昭和29年)には、農林中金総裁に就任しました。 秋山広太は、実業界で活躍する一方で、農業政策の提言や講演活動などにも積極的でした。1976年(昭和51年)には、日本農業賞を受賞しました。 秋山広太は、1982年(昭和57年)11月20日に、81歳で亡くなりました。
経済分野の人

種田健蔵 – 大正-昭和時代の日本の実業家

-種田健蔵とは誰か?- 種田健蔵は、大正昭和時代の日本の実業家である。 1880年(明治13年)に、大阪府大阪市に生まれる。1903年(明治36年)に、東京高等商業学校(現・一橋大学)を卒業。1907年(明治40年)に、三井物産に入社する。 1919年(大正8年)に、三井物産のニューヨーク支店長に就任する。1925年(大正14年)には、三井物産の常務取締役に就任する。1934年(昭和9年)には、三井物産の専務取締役に就任する。1939年(昭和14年)には、三井物産の副社長に就任する。 1941年(昭和16年)に、三井物産を退社する。1942年(昭和17年)には、経済同友会を設立する。1946年(昭和21年)には、日本商工会議所会頭に就任する。1956年(昭和31年)には、日本経済団体連合会を設立する。 1957年(昭和32年)に、死去。77歳没。 種田健蔵は、三井物産を率いて日本の経済界をけん引した人物である。また、戦後日本の経済界の復興に尽力した人物である。
経済分野の人

阿部孝次郎→ 昭和の産業人

阿部孝次郎の生涯と功績 阿部孝次郎は、1887年(明治20年)に山形県東置賜郡高畠町(現・高畠町)に生まれました。1909年(明治42年)に東京高等商業学校(現・一橋大学)を卒業し、三菱商事に就職しました。 三菱商事では、横浜支店、ロンドン支店、ニューヨーク支店などに勤務し、1927年(昭和2年)に取締役、1935年(昭和10年)に常務取締役、1941年(昭和16年)に社長に就任しました。 阿部孝次郎は、三菱商事の社長として、戦時下の日本経済を支えました。また、戦後も三菱商事の再建に尽力し、1951年(昭和26年)には経済団体連合会(経団連)の会長に就任しました。 経団連会長として、阿部孝次郎は、日本の経済成長に貢献しました。また、海外との経済協力にも尽力し、1964年(昭和39年)には国際商工会議所(ICC)の会長に就任しました。 阿部孝次郎は、1979年(昭和54年)に死去しました。享年92歳でした。阿部孝次郎は、日本の経済界に大きな足跡を残した人物として、現在でも高く評価されています。
経済分野の人

実業家 阿部房次郎

金巾製織の発起人 阿部市太郎の養子 阿部房次郎は、日本の実業家であり、金巾製織の発起人である阿部市太郎の養子である。房次郎は、1883年に岡山県に生まれ、1904年に東京高等工業学校を卒業した。卒業後は、阿部市太郎の経営する阿部商会に入社し、金巾の製造に従事した。 房次郎は、阿部商会の経営に貢献し、1918年には同社の社長に就任した。房次郎は、社長就任後も金巾の製造に注力し、1923年には金巾の生産量を10倍に増加させた。房次郎の努力により、阿部商会は日本の金巾業界をリードする企業となった。 房次郎は、金巾の製造だけでなく、他の事業にも進出した。房次郎は、1925年に阿部製糸株式会社を設立し、製糸業にも参入した。また、房次郎は1927年に阿部倉庫株式会社を設立し、倉庫業にも参入した。 房次郎は、1939年に阿部商会の社長を退任し、会長に就任した。房次郎は、会長就任後も阿部商会の経営に参画し、1945年まで会長を務めた。房次郎は、1945年に死去した。 房次郎は、金巾製織の発起人として日本の金巾業界の発展に貢献した。房次郎は、また、他の事業にも進出し、日本の産業の発展に貢献した。房次郎は、日本の実業界を代表する人物の一人である。
経済分野の人

奥田正香 – 明治・大正時代の産業人

-弘化4年生まれ 名古屋出身- 奥田正香は、弘化4年(1847年)に名古屋に生まれた。父は尾張藩士の奥田半八郎、母は須磨。正香は幼い頃から頭が良く、藩校の明倫堂で学んだ後、1862年に江戸に出て、昌平黌に入学した。昌平黌では、儒学や兵学を学び、1868年に卒業した。 卒業後、正香は尾張藩に戻り、藩の役人として仕えた。1869年には、藩の命でアメリカ合衆国に派遣され、1871年まで滞在した。アメリカでは、共和主義や自由主義を学び、大きな影響を受けた。 帰国後、正香は明治政府に出仕し、大蔵省で働いた。1873年には、大蔵卿の大隈重信の秘書官になり、大隈の改革を支えた。1875年に大隈が下野すると、正香も大蔵省を辞職した。 大蔵省を辞職後、正香は実業界に転身した。1877年に、三井物産の前身である三井組の支配人に就任し、1881年には、三井組の社長に就任した。三井組は、正香の経営の下で急速に成長し、日本の近代化に貢献した。 1887年に、正香は三井組の社長を辞任し、政界に転身した。1889年に衆議院議員に当選し、1892年には、第2次伊藤内閣で農商務大臣に就任した。農商務大臣在任中は、産業の振興に努めた。 1894年に、正香は農商務大臣を辞任し、政界を引退した。その後は、実業家として活躍し、1900年に日本郵船の社長に就任した。日本郵船は、正香の経営の下で、日本の海運業の発展に貢献した。 正香は、1904年に死去した。享年57歳。正香は、日本の近代化に大きく貢献した産業人であった。
経済分野の人

山辺丈夫とその多大な功績

- 山辺丈夫の渡英に伴うロンドンでの生活と学び 山辺丈夫は、1924年(大正13年)に東京帝国大学医学部を卒業後、すぐにロンドンに留学し、ロンドン大学キングスカレッジで学び始めました。ロンドンでの生活は、山辺にとって大きなカルチャーショックだったようです。ロンドンは、東京とはまったく違う大都市であり、人々も生活様式も言語もすべて異なっていました。山辺は、最初はロンドンでの生活に馴染めず、ホームシックにかかったこともありました。しかし、次第にロンドンでの生活に慣れ、英語も上達し始めました。また、キングスカレッジでの学びにも熱心に取り組み、優秀な成績を収めました。 山辺は、キングスカレッジで医学の基礎を学び、また、臨床医学の研修も行いました。特に、内科や外科の研修に熱心に取り組み、多くの症例を経験しました。また、山辺は、キングスカレッジで多くの著名な医師や研究者に出会い、彼らから多くのことを学びました。特に、内科医のウィリアム・オズラーや、外科医のフレデリック・トレヴズから大きな影響を受けました。 山辺は、ロンドン大学キングスカレッジで6年間学び、1930年(昭和5年)に医学博士号を取得しました。その後、山辺は、ロンドン大学附属病院で内科医として働き始めました。山辺は、ロンドン大学附属病院で多くの患者を診察し、貴重な経験を積みました。また、山辺は、ロンドン大学附属病院で多くの研究を行い、多くの論文を発表しました。 山辺は、ロンドンで10年間生活した後、1934年(昭和9年)に日本に帰国しました。山辺は、帰国後、東京帝国大学医学部内科学教室の助教授に就任し、内科の研究と教育に尽力しました。また、山辺は、多くの医学書や論文を執筆し、日本の医学の発展に大きく貢献しました。 山辺丈夫は、日本の医学の発展に多大な功績を残した医師です。山辺のロンドン留学は、山辺の医学者としてのキャリアに大きな影響を与えました。ロンドンで学んだ知識と経験を活かし、山辺は、日本の医学の発展に大きく貢献しました。
経済分野の人

薩摩治兵衛の人生と功績

-薩摩治兵衛の人生と功績- -江戸時代の呉服木綿商- 薩摩治兵衛は、江戸時代にかつて存在した木綿商です。薩摩治兵衛は、元和9年(1622年)に薩摩国(現在の鹿児島県)に生まれました。家は代々木綿商を営んでいましたが、薩摩治兵衛は幼い頃から商才を発揮し、10代の頃には単身で江戸に出て、木綿の仲買いを始めました。 薩摩治兵衛は、江戸で成功を収め、元禄12年(1699年)には、江戸の呉服商の最高位である「呉服元締」に就任しました。呉服元締は、江戸の呉服商を統括する立場にあり、薩摩治兵衛は、この立場を利用して、江戸の呉服市場を掌握しました。 薩摩治兵衛は、江戸の呉服市場を掌握しただけでなく、木綿の生産量を増やすための政策も推進しました。薩摩治兵衛は、薩摩藩に木綿の生産奨励策を働きかけ、薩摩藩は、木綿の生産量を増やすための政策を実施しました。薩摩治兵衛の努力により、薩摩藩の木綿の生産量は大幅に増加し、薩摩木綿は、江戸の呉服市場で大きなシェアを占めるようになりました。 薩摩治兵衛は、江戸の呉服市場を掌握し、木綿の生産量を増やすための政策を推進しただけでなく、木綿の品質向上にも努めました。薩摩治兵衛は、薩摩藩に木綿の品質向上策を働きかけ、薩摩藩は、木綿の品質向上のための政策を実施しました。薩摩治兵衛の努力により、薩摩木綿の品質は大幅に向上し、薩摩木綿は、江戸の呉服市場で高い評価を受けるようになりました。 薩摩治兵衛は、江戸の呉服市場を掌握し、木綿の生産量を増やすための政策を推進し、木綿の品質向上にも努めたことで、江戸時代の木綿産業の発展に大きく貢献しました。薩摩治兵衛は、江戸時代の木綿産業の功労者として、現在でもその功績が称えられています。
経済分野の人

– 庄司乙吉 人生哲学

-大正-昭和時代前期の実業家の生涯- 庄司乙吉は、大正から昭和時代前期にかけて活躍した実業家です。 1882年、岡山県に生まれ、貧しい農家の長男として育ちます。 しかし、幼い頃から聡明で勉強熱心な少年でした。 1899年、東京商科大学(現一橋大学)に進学します。 大学卒業後、三菱合資会社に就職し、貿易部門でキャリアを積みます。 1914年、三菱商事株式会社の取締役に就任し、1918年には常務取締役に昇進します。 1920年、三菱商事株式会社の社長に就任します。 社長在任中は、欧米への進出を積極的に推進し、三菱商事株式会社を世界有数の総合商社に成長させました。 1934年、三菱商事株式会社の会長に退きます。 1936年、政界に転身し、衆議院議員に当選します。 太平洋戦争中は、商工大臣や大蔵大臣を歴任します。 1946年、公職を辞任し、私生活に戻ります。 1960年、死去します。 庄司乙吉は、日本の近代化に貢献した偉大な実業家でした。 貧しい農家の長男から身を立て、三菱商事株式会社の社長にまで上り詰めたその生涯は、まさにドラマチックです。 また、太平洋戦争中には、商工大臣や大蔵大臣を歴任するなど、政治家としても活躍しました。 庄司乙吉は、日本経済の発展に大きく貢献した人物であり、その功績は今もなお語り継がれています。
学術分野の人

角南俊輔とは?

角南俊輔の経歴 角南俊輔は、1966年12月27日に大阪府茨木市で生まれました。幼い頃から音楽に興味を持ち、小学6年生の時にはすでにギターを演奏していました。中学卒業後は大阪府立茨木高校に進学し、軽音部に入部。高校卒業後は、大阪音楽大学に入学し、音楽を学びました。 大学卒業後は、音楽業界で働き始めます。最初はレコード会社に勤務し、その後はライブハウスの経営も経験しました。1997年に、角南俊輔は自身の音楽事務所である「角南プロダクション」を設立し、独立しました。 角南俊輔は、シンガーソングライターとして、数多くの作品を発表してきました。1998年にリリースした「恋しくて」は、大ヒットとなり、角南俊輔の名前を世間に知らしめました。その後も、「君が好きだから」「愛は勝つ」など、数々のヒット曲を発表し、人気シンガーソングライターとなりました。 角南俊輔は、シンガーソングライターとしてだけでなく、音楽プロデューサーとしても活躍しています。角南俊輔がプロデュースしたアーティストには、松田聖子、中森明菜、倖田來未などがいます。角南俊輔プロデュースによるこれらのアーティストの作品も、数多くヒットしました。 角南俊輔は、日本の音楽界に大きな貢献をした音楽プロデューサーの一人です。角南俊輔がプロデュースした作品は、多くの人々に愛され、今もなお歌い継がれています。
経済分野の人

– 斎藤恒三 (1858-1937)

-斎藤恒三の経歴と人物像- 斎藤恒三は、1858年(安政5年)4月1日に、肥後国(現在の熊本県)熊本市に生まれた。幼名は久米次郎で、18歳頃までは田崎姓を名乗っていた。父は肥後細川藩士であり、斎藤は幼い頃から武芸の鍛錬を積んだ。 18歳になると、斎藤は西南戦争に参加する。西南戦争は、明治政府と薩摩藩を中心とする反乱軍の間で起こった内戦であり、斎藤は反乱軍として戦った。しかし、反乱軍は明治政府軍に敗北し、斎藤は捕らえられた。 斎藤は、捕らえられた後も明治政府に抵抗を続け、1880年(明治13年)には北海道でアイヌ人と共に蜂起する。しかし、この蜂起も明治政府軍に鎮圧され、斎藤は再び捕らえられた。 その後、斎藤は1883年(明治16年)に釈放される。釈放後は、熊本市で剣術の道場を開き、剣術の指導に当たった。また、1894年(明治27年)には日清戦争に参加し、軍功をあげた。 日清戦争の後、斎藤は熊本市で実業家として活躍する。1898年(明治31年)には、熊本市に株式会社斎藤合名会社を設立し、酒造業や製糸業を営んだ。斎藤は、実業家としても成功し、大きな財産を築いた。 斎藤は、1937年(昭和12年)10月27日に、熊本市で死去した。享年79歳。 斎藤恒三は、西南戦争や日清戦争に参加し、熊本市で剣術の道場を開き、実業家としても活躍した人物である。斎藤は、熊本市の名士として知られ、現在でも熊本市には斎藤を記念した銅像が残されている。
経済分野の人

「宇野収」

-経営者としての活躍- 宇野収氏は、日本の実業家として、松下電器産業(現パナソニック)の第4代社長を務めました。また、日本経済団体連合会(経団連)の第7代会長としても活躍しました。 宇野氏は、1913年に大阪府で生まれ、1936年に東京電気学校(現東京電機大学)を卒業後、松下電器産業に入社しました。1961年に社長に就任し、1986年まで務めました。社長在任中、宇野氏は松下電器産業を世界有数の大手家電メーカーに育て上げました。 宇野氏は、経営者として、以下のような功績を残しました。 * 松下電器産業の海外展開を推進し、1960年代には米国や東南アジアに工場を建設しました。 * 1970年代には、VTRや電子レンジなどの新製品を発売し、松下電器産業の業績を拡大しました。 * 1980年代には、半導体事業や情報通信事業に参入し、松下電器産業の事業領域を拡大しました。 宇野氏は、経営者としてだけでなく、社会貢献活動にも積極的でした。1986年から1990年まで経団連の会長を務め、日本の経済界を代表する立場として、政府の経済政策に影響を与えました。また、財団法人松下政経塾を設立し、日本の将来を担う人材の育成に貢献しました。 宇野氏は、2006年に亡くなりましたが、その経営者としての功績は今もなお高く評価されています。
経済分野の人

伊藤伝七(10代):三重県出身の実業家

-伊藤伝七の生い立ちと功績- 伊藤伝七は、1915年(大正4年)に三重県四日市市で生まれた実業家である。父は伊藤伝右衛門、母は伊藤とくで、伝七は長男として生まれた。幼少期は貧しく、伝七は小学4年の頃から新聞配達や魚屋の配達などをして家計を助けていた。 伝七は、1933年(昭和8年)に四日市商業学校を卒業後、大阪の毛織物会社に就職した。しかし、1937年(昭和12年)に日中戦争が勃発すると、伝七は志願して兵役に就いた。伝七は、中国戦線で活躍し、数々の武功を立てて勲章を授与された。 1945年(昭和20年)に終戦を迎えた伝七は、故郷の四日市市に戻り、繊維会社を設立した。伝七の会社は、順調に業績を伸ばし、やがて大手繊維会社へと成長した。伝七は、四日市市の経済界でも活躍し、四日市商工会議所の会頭を務めた。 伝七は、1982年(昭和57年)に四日市市長に就任した。伝七は、市長として四日市市の発展に尽力し、四日市港の整備や、四日市ドームの建設などを行った。また、伝七は、四日市市と中国の友好都市である無錫市との交流を促進し、両市の友好関係を深めた。 伝七は、1990年(平成2年)に四日市市長を退任し、政界を引退した。しかし、伝七は、その後も四日市市の発展に尽力し、四日市商工会議所の顧問や、四日市市教育委員会委員長などを務めた。 伝七は、2007年(平成19年)に92歳で四日市市内の病院で死去した。伝七の死は、四日市市だけでなく、三重県や日本の経済界にも大きな影響を与えた。
経済分野の人

西口利平

-# 西口利平 -- 三重紡績に勤めた西口 西口利平は、三重紡績に25年間勤めました。彼は、1919年に三重紡績に入社し、工員として働きました。その後、彼は昇進を重ねて、工場長までになりました。西口は、三重紡績の発展に貢献した重要な人物の一人です。 西口は、三重紡績に入社してすぐに、その才能を認められました。彼は、工員として働きながら、新しい機械の導入や生産性の向上に取り組みました。その結果、三重紡績は業績を上げ、業界でトップクラスの企業になりました。 西口は、1940年に工場長に就任しました。彼は、工場長として、三重紡績のさらなる発展に尽力しました。彼は、新しい工場の建設や生産設備の近代化を進め、三重紡績を業界のリーディングカンパニーにしました。 西口は、1964年に三重紡績を退職しました。しかし、彼はその後も三重紡績の発展に関心を持ち続けました。彼は、三重紡績の相談役を務め、同社の経営に助言を与えました。 西口は、2000年に亡くなりました。しかし、彼の三重紡績への貢献は、今もなお語り継がれています。三重紡績は、西口の功績を称えて、工場内に彼の銅像を建立しています。 西口は、三重紡績の発展に貢献しただけでなく、地域の社会貢献活動にも積極的に参加しました。彼は、地元の小学校や中学校の建設に協力し、また、社会福祉施設の運営にも尽力しました。 西口は、地元の人々から尊敬され、慕われる人物でした。彼は、三重紡績の発展に貢献しただけでなく、地域社会の発展にも貢献した偉大な人物です。
経済分野の人

服部俊一

服部俊一の経歴 服部俊一は、1958年4月27日、東京都に生まれました。父親は、服部正和、母親は、服部富美です。服部正和は、音楽プロデューサー、作曲家、編曲家で、服部富美は、歌手です。服部俊一は、3人兄弟の末っ子です。 服部俊一は、幼い頃から音楽に親しみ、4歳からピアノを習い始めました。10歳の頃には、作曲を始め、14歳の頃には、バンドを結成しました。18歳の頃には、音楽プロデューサーとしてデビューし、数々のヒット曲をプロデュースしました。 服部俊一は、1983年に、歌手デビューを果たしました。デビュー曲は、「初恋」で、オリコンチャートで1位を獲得しました。その後も、「東京物語」、「夏の扉」などのヒット曲を連発し、国民的歌手となりました。 服部俊一は、1990年代には、俳優としても活躍しました。1991年に、映画「天国と地獄」で主演を務め、1993年には、NHK大河ドラマ「信長KING」で主演を務めました。また、1994年には、日本テレビ系ドラマ「家なき子」で主演を務め、高視聴率を記録しました。 服部俊一は、2000年代に入ると、再び歌手として活動を始めました。2001年に、アルバム「翼」をリリースし、2003年には、シングル「君のために歌おう」をリリースしました。また、2004年には、ライブツアー「服部俊一コンサートツアー2004」を開催しました。 服部俊一は、2007年に、食道がんを患っていることを公表しました。2008年に、手術を受け、2009年に、ステージ4の食道がんを克服したことを公表しました。 服部俊一は、2010年に、アルバム「希望の絆」をリリースし、2011年には、シングル「愛のうた」をリリースしました。また、2012年には、ライブツアー「服部俊一コンサートツアー2012」を開催しました。 服部俊一は、現在も、歌手として活動しており、毎年、ライブツアーを開催しています。また、テレビ番組やラジオ番組にも出演しています。
経済分野の人

関桂三-実業家・俳人としての生涯

-実業家としての活躍- 関桂三は、1881年に三重県に生まれました。1902年に大阪の商業学校を卒業後、三井物産に入社しました。三井物産では、ニューヨーク支店やロンドン支店で勤務し、海外でのビジネス経験を積みました。 1911年に関桂三は、三井物産を退職し、独立しました。その後、彼は様々な事業を展開し、成功を収めました。彼は、日中貿易の拡大に貢献し、日本の財界人として活躍しました。 関桂三は、実業家として活躍する一方で、俳人としても知られています。俳句の同人誌「ホトトギス」に句を投稿し、高い評価を受けました。1941年には、俳人として最初の文化勲章を受賞しました。 関桂三は、1963年に82歳で死去しました。彼は、実業家として、俳人として、日本の近代化に貢献した人物です。 -実業家としての功績- 関桂三は、実業家として様々な事業を展開し、成功を収めました。彼は、日中貿易の拡大に貢献し、日本の財界人として活躍しました。 関桂三は、1911年に三井物産を退職後、独立して日本貿易株式会社を設立しました。日本貿易株式会社は、日本の物産を中国に輸出する事業を行っていました。关桂三は、日本貿易株式会社の社長として、日中貿易の拡大に努めました。 关桂三は、1919年に、日本製糸株式会社を設立しました。日本製糸株式会社は、日本の生糸を中国に輸出する事業を行っていました。关桂三は、日本製糸株式会社の社長として、日本の製糸業の発展に貢献しました。 关桂三は、1922年に、日本毛織株式会社を設立しました。日本毛織株式会社は、日本の毛織物を中国に輸出する事業を行っていました。关桂三は、日本毛織株式会社の社長として、日本の毛織物業の発展に貢献しました。 关桂三は、1923年に、日本綿花株式会社を設立しました。日本綿花株式会社は、日本の綿花を中国に輸出する事業を行っていました。关桂三は、日本綿花株式会社の社長として、日本の綿花業の発展に貢献しました。 关桂三は、1924年に、日本商船株式会社を設立しました。日本商船株式会社は、日本の船舶を中国に運航する事業を行っていました。关桂三は、日本商船株式会社の社長として、日本の海運業の発展に貢献しました。 関桂三は、実業家として活躍する傍ら、俳人としても活躍しました。彼は、俳句の同人誌「ホトトギス」に句を投稿し、高い評価を受けました。1941年には、俳人として最初の文化勲章を受賞しました。 関桂三は、1963年に82歳で死去しました。彼は、実業家として、俳人として、日本の近代化に貢献した人物です。
経済分野の人

田附政次郎-明治-昭和時代前期の実業家

-田附政次郎の生い立ちと大阪での事業- 田附政次郎は、1856年(安政3年)12月11日に、現在の愛媛県西条市で生まれました。幼い頃より勉学に励み、1872年(明治5年)に上京して慶應義塾に入学しました。慶應義塾卒業後は、三井物産に入社し、1882年(明治15年)には大阪支店の支店長に就任しました。 大阪支店長として田附政次郎は、三井物産の事業拡大に尽力しました。1885年(明治18年)には、大阪商工会議所の会頭にも就任し、大阪の経済界の発展に貢献しました。 1893年(明治26年)、田附政次郎は三井物産を退社し、田附商店を設立しました。田附商店は、綿花や砂糖などの貿易事業を営み、大阪の商業界で一躍有名になりました。 1900年(明治33年)、田附政次郎は、大阪商工会議所の会頭に再任されました。大阪商工会議所会頭として田附政次郎は、大阪の経済界の発展にさらに尽力しました。 1912年(明治45年)、田附政次郎は、大阪市長に就任しました。大阪市長として田附政次郎は、大阪の都市基盤整備や社会福祉事業の発展に尽力しました。 1916年(大正5年)、田附政次郎は、大阪市長を退任しました。大阪市長退任後は、政界を引退し、実業界で活躍しました。1923年(大正12年)、田附政次郎は、勲二等旭日重光章を受章しました。 1929年(昭和4年)、田附政次郎は、東京で死去しました。享年73歳でした。
経済分野の人

鈴木万平 – 昭和時代の成功を収めた実業家と政治家

-鈴木万平の生涯と功績- 鈴木万平は、1870年に東京に生まれました。幼い頃から頭脳明晰で、東京大学法学部を卒業後、大蔵省に入省しました。大蔵省では、主計局長や次官を歴任し、日本の財政政策に大きな影響を与えました。 1924年に政界に転身し、衆議院議員に当選しました。その後、商工大臣や大蔵大臣を歴任し、1940年には内閣総理大臣に就任しました。第二次世界大戦中には、日本の総力を挙げて戦争を遂行しましたが、1945年に敗戦を迎えて辞任しました。 敗戦後、鈴木万平は公職から追放されましたが、1951年に追放解除となり、再び政界に戻ってきました。1952年に自由党総裁に就任し、1953年には内閣総理大臣に再任されました。この間、経済復興に尽力し、日本の復興を成し遂げました。 鈴木万平は、1956年に内閣総理大臣を辞任し、政界を引退しました。その後は、財界や教育界で活躍し、1965年に84歳で亡くなりました。 鈴木万平は、昭和時代を代表する実業家であり、政治家でした。日本の財政政策や経済復興に大きな貢献を果たし、日本の近代化に尽力しました。