東芝

学術分野の人

西堀栄三郎-生涯と功績

-西堀栄三郎の生い立ちと初期のキャリア- 西堀栄三郎は、1897年(明治30年)1月1日、石川県金沢市に生まれました。彼の父親は、地元の農業協同組合の会長を務めていた人物で、母親は、専業主婦でした。西堀栄三郎は、6人兄弟の末っ子として育ちました。 西堀栄三郎は、幼い頃から頭脳明晰で、成績優秀でした。彼は、金沢第一中学校を卒業後、東京帝国大学に進学しました。東京帝国大学では、経済学部で学び、1921年(大正10年)に卒業しました。 大学卒業後、西堀栄三郎は、日本銀行に入行しました。日本銀行では、為替課に配属され、外貨の売買や為替レートの管理を担当しました。西堀栄三郎は、為替課で着実に実績を積み、1932年(昭和7年)に次長に昇進しました。 1936年(昭和11年)、西堀栄三郎は、日本銀行を退職し、商工省に入省しました。商工省では、産業政策局に配属され、産業振興政策の立案や実施を担当しました。西堀栄三郎は、商工省で活躍し、1941年(昭和16年)に局長に昇進しました。
経済分野の人

岩田弐夫 – 昭和-平成時代の経営者

-岩田弐夫の功績と生涯- 岩田弐夫は、1915年(大正4年)に愛知県名古屋市に生まれました。東京帝国大学経済学部を卒業後、1940年(昭和15年)に三菱重工業に入社しました。三菱重工業では、航空機部門の技術者として働いていました。1945年(昭和20年)の終戦後、三菱重工業を退社し、翌年の1946年(昭和21年)に、名古屋市で岩田鉄工所を創業しました。 岩田鉄工所は、自動車部品の製造会社としてスタートしました。岩田弐夫は、自動車産業の将来性を早くから見抜き、自動車部品の製造に特化することで、会社の成長を図りました。岩田鉄工所は、品質の高い自動車部品を製造することで評判を呼び、業績を伸ばしていきました。 1950年代に入ると、岩田鉄工所は、自動車部品の製造に加えて、自動車の製造も開始しました。岩田弐夫は、自社で開発した小型トラック「ライトバン」を発売し、大きな成功を収めました。ライトバンは、その優れた性能とデザインで、多くの人から愛されました。岩田鉄工所は、ライトバンの発売によって、自動車メーカーとしての地位を確立しました。 1960年代に入ると、岩田弐夫は、岩田鉄工所を株式会社に改組し、社名を岩田自動車に変更しました。岩田自動車は、乗用車やバスの製造にも参入し、事業を拡大していきました。1970年代には、岩田自動車は、日本を代表する自動車メーカーのひとつとなりました。 岩田弐夫は、1980年(昭和55年)に、岩田自動車の会長に退任しました。しかし、その後も経営に参画し続け、岩田自動車の発展に尽くしました。岩田弐夫は、1995年(平成7年)に、80歳で亡くなりました。 岩田弐夫は、日本の自動車産業の発展に大きく貢献した人物です。岩田自動車を創業し、ライトバンを発売することで、自動車産業の近代化に貢献しました。また、岩田弐夫は、経営者として優れた手腕を発揮し、岩田自動車を日本を代表する自動車メーカーのひとつに育て上げました。
その他

池貝庄太郎 – 日本近代産業の発展に貢献した実業家

池貝庄太郎の生い立ちと旋盤工としてのキャリア 1860年(万延元年)2月22日、池貝庄太郎は長崎県南高来郡小浜村(現・南島原市小浜町)に生まれた。父は小浜村役場の役人、母は専業主婦であり、庄太郎は長男であった。庄太郎は幼い頃から学業優秀で、村の学校を卒業後、長崎市の県立長崎中学校(現・長崎県立長崎東高等学校)に進学した。しかし、庄太郎は中学校を中退し、1876年(明治9年)に長崎市の三菱造船所に入所した。 三菱造船所では、庄太郎は旋盤工として働いた。旋盤工とは、旋盤という機械を使って金属を加工する職人のことである。庄太郎は旋盤工として卓越した技術を持ち、すぐに頭角を現した。1884年(明治17年)、庄太郎は三菱造船所を退職し、自分の旋盤工場を設立した。 庄太郎の旋盤工場は、当初は小規模なものであったが、庄太郎の技術と経営手腕により、すぐに発展した。庄太郎は旋盤工場を経営しながら、旋盤工の養成にも力を注いだ。庄太郎は、1887年(明治20年)に旋盤工養成所を開設し、多くの旋盤工を輩出した。 庄太郎が育てた旋盤工たちは、日本の近代産業の発展に大きく貢献した。庄太郎の旋盤工場で働いていた旋盤工の中には、後に独立して自分の旋盤工場を設立した者も少なくなかった。また、庄太郎の旋盤工場で働いていた旋盤工の中には、後に三菱造船所や川崎造船所などの大手造船会社で重役を務めた者もいる。 庄太郎は、1939年(昭和14年)に死去した。しかし、庄太郎が育てた旋盤工たちは、日本の近代産業の発展に大きく貢献し、庄太郎の遺志を継いだ。
学術分野の人

岸敬二郎と日本の電化 – 明治・大正時代における近代化への貢献者

-岸敬二郎の生涯と功績- 岸敬二郎は、1873年(明治6年)5月16日、長野県上田市に生まれました。1896年(明治29年)に東京帝国大学工科大学電気工学科を卒業し、1898年(明治31年)に電機メーカーの芝浦製作所に入社しました。岸は、芝浦製作所で、日本の初の交流発電機や変圧器を開発するなど、日本の電気事業の発展に大きく貢献しました。 1905年(明治38年)、岸は芝浦製作所を退社して、自分自身の電力会社である日本電力株式会社を設立しました。日本電力株式会社は、日本の最初の民間電力会社であり、岸は日本の電力事業のパイオニアの一人として知られるようになりました。 岸は、日本電力株式会社の社長として、日本の電化を推進しました。岸は、全国各地に火力発電所や水力発電所を建設し、日本の電力網を整備しました。また、岸は、電化製品の普及にも努め、日本の電気事業の発展に大きく貢献しました。 岸は、1935年(昭和10年)まで日本電力株式会社の社長を務め、その後、同社の会長に就任しました。岸は、1945年(昭和20年)まで会長を務め、その後、相談役に就任しました。岸は、1950年(昭和25年)に死去しました。 岸敬二郎は、日本の電化に大きく貢献した人物であり、日本の近代化に貢献した一人でもあります。岸の功績は、日本の産業発展や経済成長に大きく貢献しました。
経済分野の人

青井舒一:東芝を率いた経営者

-東芝機械のココム規制違反事件- 1987年、東芝機械は、ココム(対共産圏輸出統制委員会)の規制に違反して、工作機械をソ連に輸出していたことが発覚した。この事件は、東芝機械の経営陣の責任を問う声が高まり、同社の社長と専務が引責辞任する事態となった。 ココムは、冷戦時代に、西側諸国が共産圏諸国への輸出を統制するために設立された機関である。ココムの規制は、軍事転用可能な製品や技術の輸出を禁止しており、工作機械も規制対象となっていた。 東芝機械は、1982年から1987年にかけて、工作機械をソ連に輸出していた。同社は、この輸出がココムの規制に違反していることを知っていたにもかかわらず、輸出を続けたとされる。 この事件が発覚したきっかけは、1987年にソ連の工作機械工場で、東芝機械製の工作機械が発見されたことである。ソ連当局は、この工作機械がココムの規制に違反して輸出されたものであると主張した。 日本の政府は、ソ連当局の主張を認めて、東芝機械に輸出許可を与えていなかったことを明らかにした。これを受けて、東芝機械は、輸出を停止して、捜査に協力することになった。 捜査の結果、東芝機械は、ココムの規制に違反して、工作機械をソ連に輸出していたことが判明した。同社は、この輸出によって、100億円以上の利益を得ていたとされる。 この事件は、日本の企業によるココム規制違反事件としては、最大規模の事件となった。この事件は、日本の企業の海外進出に対する規制の強化を招いた。
経済分野の人

佐波正一 – 昭和時代後期の経営者

-佐波正一の人生と経歴- 佐波正一は、1922年(大正11年)1月1日に、東京府東京市(現在の東京都)で生まれた。父は佐波正次郎、母は佐波きくである。正一は、四男四女の末っ子であった。 佐波は、1934年(昭和9年)に東京高等師範学校附属小学校(現在の筑波大学附属小学校)に入学し、1940年(昭和15年)に卒業した。その後、東京高等学校(現在の東京大学教養学部)に進学し、1944年(昭和19年)に卒業した。 佐波は、1944年(昭和19年)に東京帝国大学経済学部(現在の東京大学経済学部)に入学した。しかし、1945年(昭和20年)に召集され、陸軍に入隊した。佐波は、満州に派遣され、終戦までそこで過ごした。 佐波は、1946年(昭和21年)に復員し、東京帝国大学経済学部に復学した。1948年(昭和23年)に卒業し、日本興業銀行(現在のみずほ銀行)に入行した。日本興業銀行では、調査部、資金部、営業部などで勤務した。 佐波は、1963年(昭和38年)に日本興業銀行を退職し、キヤノンに入社した。キヤノンでは、取締役、常務取締役、専務取締役を歴任し、1975年(昭和50年)に代表取締役社長に就任した。佐波は、キヤノンの社長在任中に、カメラのデジタル化を推進し、キヤノンを世界有数のカメラメーカーに育て上げた。 佐波は、1995年(平成7年)にキヤノンの社長を退任し、代表取締役会長に就任した。2003年(平成15年)に代表取締役会長を退任し、相談役に就任した。佐波は、2012年(平成24年)に相談役を退任し、2018年(平成30年)12月24日に死去した。享年96歳であった。
学術分野の人

舛岡富士雄→ フラッシュEEPROMの開発者

-舛岡富士雄の生涯と功績- 舛岡富士雄(1934年1月15日 - 2015年7月13日)は、日本の電気工学者であり、フラッシュEEPROMの開発者である。 1934年1月15日、大阪府生まれ。1959年東京工業大学大学院修了後、日立製作所に入社。同社中央研究所で半導体メモリの研究に従事し、1980年にフラッシュEEPROMの開発に成功した。 フラッシュEEPROMは、電気を流すことによってデータを書き換え られる不揮発性メモリである。従来のEEPROM(電気的消去型プログラマブルROM)と比較して、データの書き換え速度が速く、書き換え回数も多いため、携帯電話やデジタルカメラなどの電子機器に広く使用されている。 舛岡富士雄は、フラッシュEEPROMの開発により、1989年に米国電気電子学会(IEEE)から固体回路賞を受賞した。また、2001年には、フラッシュEEPROMの開発と商用化における功績で、日経BPテクノロジー賞を受賞した。 舛岡富士雄は、2015年7月13日、81歳で死去した。
経済分野の人

平田篤次郎 → 三井物産の取締役から東京芝浦電気の社長へ

-平田篤次郎の生い立ちと経歴- 平田篤次郎は、1841年(天保12年)に、肥前国松浦郡平戸(現在の長崎県平戸市)で生まれた。平戸は、ポルトガル、スペイン、オランダなどの外国船が寄港する貿易港として栄えており、篤次郎は幼い頃から外国文化に興味を持っていた。 1853年(嘉永6年)、ペリーが黒船で浦賀に来航し、日本は開国を迫られた。篤次郎は、日本の将来を憂慮し、海外に出て世界情勢を学ぶことを決意した。1857年(安政4年)、篤次郎は長崎から上海に渡り、そこで英語と中国語を学んだ。 1861年(文久元年)、篤次郎は、三井物産の前身である三井組の上海支店に入社した。三井組は、日本の貿易を独占していた会社であり、篤次郎はそこで貿易のノウハウを学んだ。1865年(慶応元年)、篤次郎は、三井組の本社のある東京に移り、そこで取締役を務めた。 1875年(明治8年)、篤次郎は、三井物産を退職し、東京芝浦電気の社長に就任した。東京芝浦電気は、日本の重電メーカーであり、篤次郎はそこで日本の産業発展に貢献した。篤次郎は、1908年(明治41年)に死去するまで、東京芝浦電気の社長を務めた。 篤次郎は、日本の近代化に貢献した偉大な人物である。彼は、海外に出て世界情勢を学び、日本の産業発展に尽力した。篤次郎の功績は、今もなお語り継がれている。
経済分野の人

山口喜三郎の人生と功績

-山口喜三郎の生い立ちと学歴- 山口喜三郎は、1893年2月11日、広島県広島市に生まれた。父は山口喜一郎、母はトキ。喜三郎は3人兄弟の末っ子であった。喜三郎は幼少期から、父から漢学を学び、読書を好む。また、剣道や柔道をたしなみ、身体を鍛えた。 1905年、日露戦争が勃発。喜三郎は、父と同じく兵役に就き、満州に派遣された。喜三郎は、戦場で活躍し、勲章を授与された。 1907年、日露戦争が終結。喜三郎は、広島市に戻り、広島県立第一中学校に入学した。喜三郎は、成績優秀で、特に数学と理科を得意とした。 1911年、喜三郎は、広島県立第一中学校を卒業し、東京帝国大学工学部に進学した。喜三郎は、工学部で応用化学を専攻し、1915年に卒業した。 卒業後、喜三郎は、三菱合資会社に入社した。三菱合資会社では、化学工業部門に配属され、肥料や火薬の製造に従事した。喜三郎は、研究開発に熱心に取り組み、多くの特許を取得した。 1920年、喜三郎は、三菱合資会社を退社し、独立して山口喜三郎化学研究所を設立した。山口喜三郎化学研究所では、化学肥料の開発に注力し、多くの成果を上げた。 1930年、喜三郎は、帝国学士院会員に選出された。また、1938年には、名古屋帝国大学工学部教授に就任した。喜三郎は、名古屋帝国大学で、応用化学を講義し、多くの学生を指導した。 1945年、太平洋戦争が終結。喜三郎は、公職追放処分を受けた。しかし、1951年に公職追放が解除され、喜三郎は、名古屋大学工学部教授に復職した。 喜三郎は、1955年に名古屋大学を退官した。退官後は、山口喜三郎化学研究所の所長を務め、化学肥料の開発に尽力した。喜三郎は、1972年に死去した。
経済分野の人

金子堅次郎-明治から昭和にかけて活躍した日本の経営者

-金子堅次郎の生い立ち- 金子堅次郎は、1863年(文久3年)5月20日、愛知県渥美郡蒲郡町大塚(現・蒲郡市大塚町)で、森善兵衛(森清兵衛)の三男として生まれた。森家は、代々酒造業を営んでいたが、堅次郎が誕生した当時には没落しており、父親は農家で日雇い稼業を営んでいた。 堅次郎は、幼い頃から勤勉で、8歳の時に小学校に入学すると、成績優秀で、常に学級トップの成績を維持した。12歳の時に父親を亡くし、母親と姉、弟の4人で貧しい生活を送ることになった。しかし、堅次郎は学業を諦めず、16歳の時に小学校を卒業し、親戚の援助を受けて、愛知県師範学校(現・愛知教育大学)に入学した。 -金子堅次郎の学歴- 金子堅次郎は、愛知県師範学校を卒業後、1883年(明治16年)に上京し、東京師範学校(現・筑波大学)に入学した。東京師範学校では、西洋史を専攻し、首席で卒業した。卒業後は、東京府第一中学校(現・日比谷高等学校)の教諭に就任したが、1889年(明治22年)に退職し、第3回衆議院議員総選挙に立候補して当選した。 堅次郎は、衆議院議員として活躍する傍ら、1898年(明治31年)に東洋経済新報社を創立し、社長に就任した。東洋経済新報社は、日本の経済界を代表する新聞社となり、堅次郎は日本の経済界のリーダーとして活躍した。また、1906年(明治39年)には、東京商工会議所の初代会頭にも就任し、日本の商工業の発展に貢献した。 堅次郎は、1942年(昭和17年)に死去するまで、日本の政界、経済界で活躍し、日本の近代化に貢献した。
経済分野の人

五島昇 – 東芝から東急グループを率いた経営者

五島昇の生涯と功績 五島昇は、1907年(明治40年)に福岡県福岡市で生まれました。1930年に東京帝国大学経済学部を卒業後、東芝に入社しました。東芝では、電機部門のリーダーとして活躍し、1946年に常務取締役、1949年に専務取締役を務めました。しかし、1950年に東芝を退社し、東急グループの総帥となります。 東急グループは、五島昇の経営の下で、鉄道、不動産、ホテルなど幅広い事業を展開し、日本の大手企業グループに成長しました。五島昇は、東急グループの経営者として、多くの功績を上げています。その一つは、東急電鉄の経営再建です。東急電鉄は、戦後混乱期の経営難に陥っていましたが、五島昇は合理化と経営改革を断行し、経営を軌道に乗せました。 また、五島昇は、東急電鉄の路線を延伸したり、東急百貨店や東急ホテルを開業したりするなど、東急グループの事業を拡大しました。さらに、五島昇は、東急グループの社員の待遇を改善し、福利厚生制度を充実させるなど、社員の生活を向上させるための施策を打ち出しました。 五島昇は、1982年(昭和57年)に東急グループの総帥を退任し、1990年(平成2年)に亡くなりました。五島昇は、日本の経済界に大きな足跡を残した経営者の一人です。
経済分野の人

– 小山五郎

-経営者としての大島五郎- 大島五郎は、日本の実業家であり、産業技術総合研究所の第13代理事長を務めました。経営者としては、革新的な経営理念と大胆な経営改革で知られています。 大島五郎は、1941年、兵庫県生まれ。東京大学工学部を卒業後、産業技術総合研究所に入所しました。その後、同研究所の研究員、部長、常務理事などを歴任し、2011年に理事長に就任しました。 大島五郎は、理事長就任後、研究所の経営改革を断行しました。それまでの研究所は、政府からの補助金に依存した経営でしたが、大島五郎は、産業界との連携を強化し、研究所の収益性を高めることを目指しました。その結果、研究所の収益は大幅に増加し、財務基盤が強化されました。 また、大島五郎は、研究所の研究開発の方向性を大きく転換しました。それまでの研究所は、基礎研究に重点を置いていましたが、大島五郎は、応用研究や実用化研究に重点を置くようにしました。その結果、研究所から多くの革新的な技術が生まれ、日本の産業発展に貢献しました。 大島五郎は、2017年に理事長を退任しました。しかし、その後も、産業技術の振興に尽力し、2020年には日本産業技術振興協会の会長に就任しました。 大島五郎は、革新的な経営理念と大胆な経営改革で、日本の産業技術の振興に大きく貢献した経営者です。
スポーツ分野の人

伊丹安広:野球界に貢献した徳島県出身の伝説

伊丹安広の野球人生 伊丹安広は、1939年2月24日に徳島県美馬郡美馬町に生まれた。子供の頃から野球好きで、地元の小学校や中学校で野球部に所属していた。高校は徳島県立徳島商業高等学校に進学し、野球部に所属した。 徳島商業高等学校では、エースピッチャーとして活躍し、1956年の夏の甲子園大会に出場した。徳島商業高等学校は、初戦で敗退したが、伊丹のピッチングはスカウトの目に留まり、卒業後は読売ジャイアンツに入団することになった。 読売ジャイアンツでは、1959年に一軍デビューを果たし、1961年にリーグ優勝に貢献した。1962年には、オールスターゲームにも出場した。しかし、故障もあり、1964年に現役を引退した。 引退後は、読売ジャイアンツのコーチやスカウトを歴任し、1988年には徳島県野球連盟の会長に就任した。徳島県野球連盟の会長として、徳島県の野球の普及と発展に貢献した。 2019年2月24日に80歳で逝去した。伊丹安広は、徳島県出身の野球選手として、野球界に大きな貢献をした。