杵屋会

音楽分野の人

杵屋喜三郎(15代) – 長唄唄方の名匠

- 杵屋喜三郎(15代)の生い立ちと経歴 杵屋喜三郎(15代)は、1923年1月15日に東京で生まれた。本名は石井喜三郎。父は杵屋喜三郎(14代)、母は杵屋勝三郎の娘である。3歳の頃から父に長唄を学び始め、10歳の時に初舞台を踏んだ。15歳の時に父が亡くなり、16歳で家元を継いだ。 杵屋喜三郎(15代)は、若い頃からその才能を発揮し、数多くの賞を受賞した。1941年には、第1回日本長唄コンクールで第1位を受賞。1949年には、第3回日本芸術院賞を受賞した。1955年には、重要無形文化財「長唄」の保持者に認定された。 杵屋喜三郎(15代)は、長唄の第一人者として、国内外で広く活躍した。1956年には、ニューヨークのカーネギーホールで公演を行い、大好評を博した。1964年には、東京オリンピックの開会式で長唄を披露した。1970年には、日本芸術院会員に選出された。 杵屋喜三郎(15代)は、長唄の伝統を継承し、発展させることに尽力した。1985年には、杵屋喜三郎(15代)長唄道場を開設し、後進の指導にあたった。1991年には、長唄三味線方と共同で「長唄三味線方保存会」を設立し、三味線の保存と普及に努めた。 杵屋喜三郎(15代)は、2007年11月24日に東京都内で亡くなった。享年84歳。杵屋喜三郎(15代)の死は、長唄界に大きな衝撃を与えた。杵屋喜三郎(15代)は、長唄の第一人者として、日本の伝統芸能に多大な貢献をした偉大な芸術家である。
音楽分野の人

杵屋勘五郎(6代)

- 杵屋勘五郎(6代)の概要 杵屋勘五郎(6代)は、明治27年(1894年)に東京府浅草区(現在の東京都台東区)で生まれた、日本の俳優、映画監督、プロデューサーである。本名は岩間利夫。 幼少期に両親を亡くし、義父である杵屋勘五郎(5代)に育てられた。勘五郎(5代)は、明治・大正時代に活躍した歌舞伎の俳優であり、杵屋の名跡を継いでいた。 勘五郎(6代)は、昭和11年(1936年)に映画界に入り、松竹蒲田撮影所などで俳優として活躍。昭和15年(1940年)には、新興キネマに移籍し、映画監督としてデビューした。 勘五郎(6代)は、昭和28年(1953年)に新東宝に移籍し、映画プロデューサーとして活躍。昭和33年(1958年)には、新東宝が倒産した後も、独立して映画製作を続けた。 昭和47年(1972年)に、勘五郎(6代)は映画界を引退。昭和59年(1984年)に死去した。 勘五郎(6代)は、戦前・戦後の日本の映画界で活躍した、重要な人物である。映画監督としては、昭和20年(1945年)に公開された『妻』が傑作として知られている。また、映画プロデューサーとしては、昭和31年(1956年)に公開された『社長シリーズ』が大ヒットした。 勘五郎(6代)は、日本の映画史に功績を残した人物として、現在でも高く評価されている。