杵屋六左衛門

歴史上の人物

杵屋六左衛門(9代):江戸時代後期の長唄三味線方

9代杵屋六左衛門の生涯 9代杵屋六左衛門は、江戸時代後期の長唄三味線方である。六左衛門の祖先は、近江国蒲生郡日野郷の出身で、元禄年間(1688年 - 1703年)に江戸に出て、三味線方として活躍した。その孫の4代杵屋六左衛門は、長唄の大家である杵屋勘五郎に師事し、長唄の技量を磨いた。そして、4代六左衛門の息子である5代杵屋六左衛門は、尾張藩御抱えとなり、江戸城で演奏する機会も多かった。 6代杵屋六左衛門は、5代六左衛門の息子で、享保年間(1716年 - 1735年)に生まれた。6代六左衛門もまた、杵屋勘五郎に師事し、長唄の技量を磨いた。そして、6代六左衛門は、江戸城で演奏する機会も多かった。 7代杵屋六左衛門は、6代六左衛門の息子で、宝暦年間(1751年 - 1763年)に生まれた。7代六左衛門もまた、杵屋勘五郎に師事し、長唄の技量を磨いた。そして、7代六左衛門は、江戸城で演奏する機会も多かった。 8代杵屋六左衛門は、7代六左衛門の息子で、天明年間(1781年 - 1788年)に生まれた。8代六左衛門もまた、杵屋勘五郎に師事し、長唄の技量を磨いた。そして、8代六左衛門は、江戸城で演奏する機会も多かった。 9代杵屋六左衛門は、8代六左衛門の息子で、文化年間(1804年 - 1817年)に生まれた。9代六左衛門もまた、杵屋勘五郎に師事し、長唄の技量を磨いた。そして、9代六左衛門は、江戸城で演奏する機会も多かった。 9代杵屋六左衛門は、嘉永年間(1848年 - 1853年)に亡くなった。9代六左衛門は、江戸時代後期の長唄三味線方として活躍した。9代六左衛門は、杵屋六左衛門の9代目の当主であり、杵屋六左衛門の伝統を継承した。9代六左衛門は、杵屋六左衛門の名声を高め、江戸時代後期の長唄三味線方の代表的な人物の一人となった。
音楽分野の人

杵屋勘五郎(3代)-「杵屋六左衛門(きねや-ろくざえもん)(11代)」

-杵屋勘五郎の生涯- 杵屋勘五郎は、明治19年(1886年)11月1日に東京で生まれました。本名は金子勘五郎です。父は三味線奏者の杵屋勘十郎、母は芸者の杵屋勘寿です。勘五郎は、幼い頃から三味線を習い始め、10代の頃には頭角を現し始めました。19歳の頃には、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)に入学し、三味線を専攻しました。音楽学校卒業後は、杵屋勘五郎の名で演奏活動をスタートさせました。 勘五郎は、三味線の演奏技術に優れており、特に長唄と端唄を得意としていました。また、作曲の才能にも恵まれており、多くの楽曲を作曲しました。勘五郎の楽曲は、その優美なメロディーと抒情的な歌詞で人気を集め、広く演奏されるようになりました。 勘五郎は、1941年(昭和16年)に杵屋六左衛門を襲名しました。六左衛門は、杵屋一門の最高位の名跡であり、勘五郎はその重責を担うこととなりました。六左衛門襲名後は、ますます演奏活動を精力的に行い、全国各地を巡業しました。また、後進の指導にも力を入れ、多くの弟子を育て上げました。 六左衛門は、1970年(昭和45年)11月30日に東京で亡くなりました。享年84歳でした。六左衛門の死は、三味線音楽界に大きな損失を与えました。しかし、六左衛門の残した楽曲は、今もなお演奏され続け、三味線音楽の伝統を支え続けています。 六左衛門は、その優れた演奏技術と作曲の才能で、三味線音楽の発展に大きく貢献した偉大な邦楽家でした。六左衛門の功績は、いつまでも語り継がれることでしょう。
音楽分野の人

杵屋三郎助(4代)から杵屋六左衛門(10代)へ

-杵屋三郎助(4代)の生涯- 杵屋三郎助(4代)は、1833年に江戸で生まれました。本名は、市川市太郎。父は杵屋六左衛門(9代)、母は杵屋駒助(2代)の娘です。5歳の時に初代杵屋勝三郎の門下に入り、1846年に杵屋三郎助(4代)を襲名しました。 1851年に父が亡くなり、18歳で家督を継ぎます。1853年にアメリカ合衆国のペリー艦隊が来航し、その演奏を聴いて西洋音楽に興味を持ちました。1857年に渡米し、ニューヨークとサンフランシスコで演奏会を開きました。1859年に帰国後、江戸で西洋音楽の演奏会を開き、1861年に日本最初の西洋音楽学校である「東京音楽学校」を創立しました。 1868年に明治維新が起こり、新政府は西洋音楽を奨励しました。杵屋三郎助(4代)は、1871年に明治天皇の前で演奏し、1872年には「東京音楽会」を創立しました。「東京音楽会」は、西洋音楽の普及に努め、多くの演奏会を開催しました。 杵屋三郎助(4代)は、1873年にパリ万国博覧会に出場し、1876年にフィラデルフィア万国博覧会に出場しました。万国博覧会で日本の音楽を紹介し、日本の音楽文化の発展に貢献しました。 杵屋三郎助(4代)は、1891年に59歳で亡くなりました。杵屋三郎助(4代)は、日本の音楽史に大きな功績を残した人物の一人です。
音楽分野の人

江戸時代後期の長唄唄方、吉住瓢二(初代)について

- 吉住瓢二(初代)の生涯 吉住瓢二(初代)は、江戸時代後期の長唄唄方です。名は親清、号は瓢二。京都の富商、吉住市右衛門の子として生まれました。幼い頃から三味線を学び、のちに長唄を豊後節の吉田小三郎に師事しました。また、小唄では都一中と称された西川左近、筝曲では杵屋市松に師事しました。 瓢二は、その天性の美声と優れた演奏技術で、江戸の聴衆から人気を博しました。また、作曲家としても才能を発揮し、数多くの長唄の名曲を遺しました。その代表作には、「越後獅子の舞」、「寿式三番叟」、「梅の宿」、「松の緑」などがあります。 瓢二は、1843年に51歳で亡くなりました。しかし、その死後もその芸は弟子たちによって受け継がれ、現在でも長唄の世界で重要な地位を占めています。 瓢二の生涯は、まさに長唄発展の歴史そのものでした。彼の残した名曲は、今日もなお多くの人々に愛され続けています。
音楽分野の人

杵屋六左衛門(12代)の生涯と業績

杵屋六左衛門(12代)の生い立ちと家系 杵屋六左衛門(12代)は、1878年に京都に生まれました。本名は藤井久太郎と言います。杵屋六左衛門は、江戸時代から続く邦楽の名家で、12代目はその当主にあたります。 杵屋六左衛門の家系は、初代の杵屋六左衛門が、1787年に京都で生まれ、16歳で浄瑠璃の三味線方を始めました。その後、江戸に上り、杵屋六左衛門を名乗りました。杵屋六左衛門は、三味線の名手として知られ、多くの浄瑠璃の作曲を手掛けました。 杵屋六左衛門(12代)は、そんな家系に生まれ育ちました。父は杵屋六左衛門(11代)で、三味線の名手として知られていました。杵屋六左衛門(12代)は、幼い頃から父から三味線の指導を受け、早くから才能を開花させました。 15歳で三味線の演奏会にデビューし、その後は各地で演奏活動を行いました。19歳の時には、パリ万博にも参加して、日本音楽を紹介しました。 杵屋六左衛門(12代)は、三味線の名手としてだけでなく、浄瑠璃の作曲家としても活躍しました。多くの浄瑠璃の作曲を手掛け、その作品は現在でも多くの人々に親しまれています。 杵屋六左衛門(12代)は、1964年に亡くなりましたが、その功績は現在も語り継がれています。
音楽分野の人

杵屋六左衛門(10代) – 長唄三味線方の巨匠

杵屋六左衛門(10代)の生涯 杵屋六左衛門(10代)は、1893年(明治26年)に東京で生まれた。本名は佐野藤太郎。父は杵屋六左衛門(9代)、母は芸者であった。幼少の頃から三味線を習い始め、13歳の時に初舞台を踏んだ。1915年(大正4年)に杵屋六左衛門(10代)を襲名し、1920年(大正9年)には長唄三味線方の名取となった。 1930年代には、杵屋六左衛門(10代)は長唄三味線方の第一人者として活躍し、多くの名演奏を残した。また、後進の指導にも熱心に取り組み、多くの弟子を育て上げた。1955年(昭和30年)には、文化功労者に選ばれた。 1973年(昭和48年)に杵屋六左衛門(10代)は死去した。享年80歳であった。杵屋六左衛門(10代)は、長唄三味線方の巨匠として、その名を残した。 杵屋六左衛門(10代)の芸風は、力強く、華やかな演奏が特徴であった。また、長唄の伝統を重んじながらも、新しいことに挑戦する姿勢も持っていた。その演奏は、多くの人々を魅了し、長唄三味線方の発展に貢献した。 杵屋六左衛門(10代)は、長唄三味線方の巨匠として、その名を残した。その芸風は、力強く、華やかな演奏が特徴であった。また、長唄の伝統を重んじながらも、新しいことに挑戦する姿勢も持っていた。その演奏は、多くの人々を魅了し、長唄三味線方の発展に貢献した。
音楽分野の人

「杵屋六左衛門(14代)」 明治-昭和時代の長唄唄方

-杵屋六左衛門(14代)の生涯- 杵屋六左衛門(14代)は、明治-昭和時代の長唄唄方です。1881年(明治14年)に、東京で生まれました。本名は、相川六太郎です。 杵屋六左衛門家は、長唄の名門であり、14代六左衛門は、その4男として生まれました。幼い頃から、長唄を学び、1901年(明治34年)に、14代六左衛門を襲名しました。 14代六左衛門は、1910年(明治43年)に、東京音楽学校を卒業しました。卒業後は、長唄の演奏活動に専念し、多くの名曲を演奏しました。また、長唄の作曲にも力を入れ、多くの作品を残しました。 14代六左衛門は、1949年(昭和24年)に、68歳で亡くなりました。しかし、彼の残した作品は、現在でも、多くの長唄奏者に演奏され続けています。 14代六左衛門は、日本の長唄界に大きな功績を残した人物です。彼の作品は、長唄の伝統を継承し、発展させるのに大きく貢献しました。また、彼の演奏は、多くの人々に感動を与え、長唄の普及に努めました。 14代六左衛門は、日本の長唄界の宝であり、彼の残した作品は、これからも大切に演奏され続けることでしょう。
音楽分野の人

杵屋六左衛門(11代) – 長唄三味線方の巨匠

-# 杵屋六左衛門(11代)の生涯 杵屋六左衛門(11代)は、1910年(明治43年)に東京に生まれました。本名は谷崎仁太郎。祖父は杵屋六左衛門(8代)、父は杵屋六左衛門(10代)で、幼い頃から三味線を習い始めました。1926年(大正15年)に初舞台を踏み、1935年(昭和10年)に杵屋六左衛門(11代)を襲名しました。 杵屋六左衛門(11代)は、三味線の名手として知られ、その演奏は「流麗で優美」「力強く迫力がある」と評されました。また、作曲家としても活躍し、多くの長唄や三味線曲を作曲しました。 杵屋六左衛門(11代)は、1981年(昭和56年)に人間国宝に認定されました。1992年(平成4年)に死去するまで、三味線の普及と発展に尽力し、多くの後進を育てました。 杵屋六左衛門(11代)は、日本の伝統音楽界に大きな功績を残した偉大な三味線奏者であり、作曲家でした。その業績は、今もなお語り継がれています。
音楽分野の人

「和歌山富十郎(初代)」 初代の功績と特徴

-初代和歌山富十郎の功績と特徴 初代和歌山富十郎(1869-1939)は、明治から昭和にかけて活躍した歌舞伎役者である。本名は、岡崎治助。屋号は、河内屋。定紋は、四つ花菱である。 彼は、大阪で生まれ、14歳で芝居の世界に入る。1905年、27歳の時に、和歌山富十郎を襲名する。その後、京都、大阪、東京などで活躍し、1931年に、帝国劇場の歌舞伎座長に就任する。 初代和歌山富十郎は、歌舞伎界に大きな功績を残した人物である。まず、彼は、歌舞伎の演目を復活させた。例えば、彼は、『勧進帳』、『助六由縁江戸桜』、『仮名手本忠臣蔵』などの名作を復活させ、今日でも上演され続けている。 また、彼は、歌舞伎の様式を改良した。例えば、彼は、歌舞伎の音楽に西洋音楽を取り入れたり、歌舞伎の舞台装置をより豪華にしたりした。彼は、歌舞伎をより大衆的なものにし、歌舞伎の人気を高めたのである。 さらに、初代和歌山富十郎は、歌舞伎役者を養成する学校を設立した。1927年に、彼は、東京に歌舞伎座演劇学校を設立する。この学校は、現在も歌舞伎役者を養成しており、多くの名優を輩出している。 初代和歌山富十郎は、歌舞伎界に多大な功績を残した人物である。彼の功績は、今日でも高く評価されており、歌舞伎界の重鎮として尊敬されている。 * 初代の富十郎は、明治から昭和にかけて活躍した歌舞伎役者である。 * 屋号は河内屋、定紋は四つ花菱である。 * 14歳で芝居の世界に入り、27歳の時に和歌山富十郎を襲名。 * 京都、大阪、東京などで活躍し、1931年に帝国劇場の歌舞伎座長に就任。 * 歌舞伎の演目を復活させ、様式を改良した。 * 歌舞伎役者を養成する学校を設立し、多くの名優を輩出。 * 歌舞伎界に多大な功績を残した人物である。
音楽分野の人

杵屋勘五郎(2代) – 江戸時代前期の長唄三味線方の始祖

-杵屋勘五郎(2代)の生涯と功績- 杵屋勘五郎(2代)は、江戸時代前期の長唄三味線方の始祖として知られる人物です。名は勘兵衛、後に勘五郎と改名しました。生年と生地は不詳ですが、寛永年間(1624-1644)に江戸に出て、三味線の名手として名を馳せました。 勘五郎は、三味線の演奏技法に革命を起こしたことで知られています。それまでの三味線は、主に地歌や箏の伴奏として用いられていましたが、勘五郎は三味線を独奏楽器として確立しました。また、三味線の音色をより豊かにするために、駒の位置をそれまでの下駒から中駒に移し、撥の素材を竹から鼈甲に変更しました。 勘五郎の演奏は、当時の武家や公家、町人から絶賛され、三味線は一躍人気楽器となりました。勘五郎は、三味線の普及に努め、多くの弟子を育てました。その弟子たちの中から、杵屋六三郎、杵屋勘十郎、杵屋喜三郎など、後の長唄三味線界を代表する名手が輩出しました。 勘五郎は、三味線の演奏技法や楽器構造を改良し、長唄三味線の基礎を築きました。また、三味線の普及に努め、多くの弟子を育てた功績は計り知れません。勘五郎は、長唄三味線の始祖として、今日でもその名を残しています。
音楽分野の人

杵屋勘五郎(6代)

- 杵屋勘五郎(6代)の概要 杵屋勘五郎(6代)は、明治27年(1894年)に東京府浅草区(現在の東京都台東区)で生まれた、日本の俳優、映画監督、プロデューサーである。本名は岩間利夫。 幼少期に両親を亡くし、義父である杵屋勘五郎(5代)に育てられた。勘五郎(5代)は、明治・大正時代に活躍した歌舞伎の俳優であり、杵屋の名跡を継いでいた。 勘五郎(6代)は、昭和11年(1936年)に映画界に入り、松竹蒲田撮影所などで俳優として活躍。昭和15年(1940年)には、新興キネマに移籍し、映画監督としてデビューした。 勘五郎(6代)は、昭和28年(1953年)に新東宝に移籍し、映画プロデューサーとして活躍。昭和33年(1958年)には、新東宝が倒産した後も、独立して映画製作を続けた。 昭和47年(1972年)に、勘五郎(6代)は映画界を引退。昭和59年(1984年)に死去した。 勘五郎(6代)は、戦前・戦後の日本の映画界で活躍した、重要な人物である。映画監督としては、昭和20年(1945年)に公開された『妻』が傑作として知られている。また、映画プロデューサーとしては、昭和31年(1956年)に公開された『社長シリーズ』が大ヒットした。 勘五郎(6代)は、日本の映画史に功績を残した人物として、現在でも高く評価されている。
音楽分野の人

杵屋六一朗 – 長唄三味線方

- 杵屋六一朗のプロフィール 杵屋六一朗は、1954年1月13日生まれの長唄三味線方です。本名は、川口六美(かわぐち むつみ)。東京都出身。 六一朗は、1970年、杵屋六左衛門 (17代目) に入門して、六佐と名乗ります。1978年には、杵屋六三 (14代目) に師事して、六一朗を名乗りました。 六一朗は、1978年に長唄協会新人演奏会に出演して、デビューします。1983年には、国立劇場に出演して、話題を呼びます。1987年には、ニューヨーク公演に参加して、海外でも活躍します。 六一朗は、1992年に長唄協会最優秀新人賞を受賞します。1998年には、長唄協会賞を受賞します。2003年には、文化庁芸術祭優秀賞を受賞します。 六一朗は、現在、長唄協会理事、日本三曲協会会員、杵屋六一朗三味線教室主宰を務めています。後進の指導にも力を入れており、多くの弟子を育てています。 六一朗は、長唄三味線方を代表する演奏家の一人として、国内外で活躍しています。その卓越した演奏技術と、繊細な表現力は、多くの聴衆を魅了しています。
音楽分野の人

杵屋六左衛門(13代)(1870-1940)

- 杵屋六左衛門(13代)の生涯 杵屋六左衛門(13代)は、1870年に東京に生まれ、1940年に亡くなった日本の長唄三味線奏者です。本名は小森清七。 六左衛門は、6歳の頃から長唄三味線を始め、1881年に3代目杵屋六左衛門に入門しました。1891年に六左衛門を名乗り、1901年に13代杵屋六左衛門を襲名しました。 六左衛門は、長唄三味線の第一人者として活躍し、多くの名演奏を残しました。また、長唄の普及にも努め、1919年に長唄協会を設立し、初代会長に就任しました。 六左衛門は、1940年に70歳で亡くなりました。その死は、長唄界に大きな衝撃を与え、多くのファンが悲しみにくれました。 六左衛門は、長唄三味線の第一人者として活躍し、長唄の普及にも努めた功績から、1941年に人間国宝に認定されました。
音楽分野の人

 羽山八郎右衛門

-羽山八郎右衛門の生涯- 羽山八郎右衛門は、江戸時代前期に活躍した豪商であり、茶人としても知られています。1580年に京都に生まれ、1656年に亡くなりました。本名は木村重兵衛といい、羽山は屋号でした。 八郎右衛門は、もともと京都の呉服商でしたが、後に大阪に移り住み、そこで茶の湯の道に足を踏み入れました。茶の湯の師匠は、千利休の弟子である津田宗及でした。八郎右衛門は、宗及から茶の湯の奥義を学び、やがて茶人として名を馳せるようになりました。 八郎右衛門は、茶人としてだけでなく、豪商としても活躍しました。彼は、大阪で生糸や綿花の貿易を行い、莫大な財を築きました。八郎右衛門は、その財力を用いて、茶室や茶道具の収集を行い、茶の湯の文化の発展に貢献しました。 八郎右衛門は、また、書家としても知られています。彼は、茶室の襖や屏風に、自筆の和歌を揮毫しました。八郎右衛門の書は、気品のある美しい文字で、茶人や書道家に高く評価されています。 八郎右衛門は、1656年に77歳で亡くなりました。その死後、彼の茶道具や書は、多くの茶人に受け継がれました。八郎右衛門は、茶の湯の文化の発展に大きく貢献した人物であり、現在でも多くの人に尊敬されています。