杵屋勝三郎

音楽分野の人

– 「杵屋勝三郎(4代)」

-明治から昭和前期の長唄三味線方- 杵屋勝三郎 (4代)は、明治から昭和前期にかけて活躍した長唄三味線方である。 生年月日は不明であるが、本名は勝蔵。杵屋勝三郎の4代目であり、初代杵屋巳之助の弟である。 明治初年に長唄の名取を取得し、杵屋定次郎の門下となる。 その後、杵屋佐助の門下となり、杵屋佐吉の名を襲名する。 明治20年(1887年)に再度、杵屋勝三郎の名を襲名する。 明治24年(1891年)に大阪歌舞伎座専属となり、その後、東京、名古屋の劇場でも活躍する。 杵屋六四郎、杵屋佐吉、杵屋勝丸など多くの弟子を育てた。 杵屋勝三郎 (4代)は、明治から昭和前期にかけて活躍した長唄三味線方の第一人者である。 その演奏は、力強く、華麗であり、多くのファンを魅了した。 杵屋勝三郎 (4代)は、昭和19年(1944年)に死去した。 その死は、長唄三味線方にとって大きな損失となった。 杵屋勝三郎 (4代)の残した演奏は、現在でも多くの人々に愛されている。
音楽分野の人

杵屋勝三郎(5代) – 明治-昭和時代前期の長唄三味線方

-杵屋勝三郎(5代)の生涯- 杵屋勝三郎(5代)は、明治30年(1897年)に東京に生まれた。本名は熊井栄之助。幼少の頃から音楽に興味を持ち、10歳の頃に三味線を始める。師匠は杵屋清之輔。清之輔は、杵屋勝三郎(4代)の息子であり、勝三郎(5代)は4代の孫弟子にあたる。 勝三郎(5代)は、清之輔から長唄三味線の基礎を学び、15歳で初舞台を踏む。その後、清之輔の死後は杵屋勝三(6代)に師事し、研鑽を積む。20歳の頃には、すでに一流の三味線奏者として活躍していた。 勝三郎(5代)は、長唄三味線の名手として知られ、その演奏は力強く、かつ繊細であり、多くの聴衆を魅了した。特に、端唄や小唄の演奏には定評があり、その歌唱力も高く評価された。 勝三郎(5代)は、また、後進の育成にも力を注いだ。多くの弟子を育て上げ、その中には杵屋勝三郎(6代)、杵屋勝三郎(7代)、杵屋勝三郎(8代)など、後の長唄三味線の第一人者となった人物もいる。 勝三郎(5代)は、昭和32年(1957年)に59歳で死去した。しかし、その演奏は今もなお人々に愛され続けている。 勝三郎(5代)の主な功績は以下の通りである。 * 長唄三味線の名手として、多くの聴衆を魅了した。 * 端唄や小唄の演奏にも定評があり、その歌唱力も高く評価された。 * 後進の育成にも力を注ぎ、多くの弟子を育て上げた。 * 長唄三味線の発展に貢献した。