杵屋宗家

歴史上の人物

杵屋六左衛門(9代):江戸時代後期の長唄三味線方

9代杵屋六左衛門の生涯 9代杵屋六左衛門は、江戸時代後期の長唄三味線方である。六左衛門の祖先は、近江国蒲生郡日野郷の出身で、元禄年間(1688年 - 1703年)に江戸に出て、三味線方として活躍した。その孫の4代杵屋六左衛門は、長唄の大家である杵屋勘五郎に師事し、長唄の技量を磨いた。そして、4代六左衛門の息子である5代杵屋六左衛門は、尾張藩御抱えとなり、江戸城で演奏する機会も多かった。 6代杵屋六左衛門は、5代六左衛門の息子で、享保年間(1716年 - 1735年)に生まれた。6代六左衛門もまた、杵屋勘五郎に師事し、長唄の技量を磨いた。そして、6代六左衛門は、江戸城で演奏する機会も多かった。 7代杵屋六左衛門は、6代六左衛門の息子で、宝暦年間(1751年 - 1763年)に生まれた。7代六左衛門もまた、杵屋勘五郎に師事し、長唄の技量を磨いた。そして、7代六左衛門は、江戸城で演奏する機会も多かった。 8代杵屋六左衛門は、7代六左衛門の息子で、天明年間(1781年 - 1788年)に生まれた。8代六左衛門もまた、杵屋勘五郎に師事し、長唄の技量を磨いた。そして、8代六左衛門は、江戸城で演奏する機会も多かった。 9代杵屋六左衛門は、8代六左衛門の息子で、文化年間(1804年 - 1817年)に生まれた。9代六左衛門もまた、杵屋勘五郎に師事し、長唄の技量を磨いた。そして、9代六左衛門は、江戸城で演奏する機会も多かった。 9代杵屋六左衛門は、嘉永年間(1848年 - 1853年)に亡くなった。9代六左衛門は、江戸時代後期の長唄三味線方として活躍した。9代六左衛門は、杵屋六左衛門の9代目の当主であり、杵屋六左衛門の伝統を継承した。9代六左衛門は、杵屋六左衛門の名声を高め、江戸時代後期の長唄三味線方の代表的な人物の一人となった。
音楽分野の人

杵屋六左衛門(11代) – 長唄三味線方の巨匠

-# 杵屋六左衛門(11代)の生涯 杵屋六左衛門(11代)は、1910年(明治43年)に東京に生まれました。本名は谷崎仁太郎。祖父は杵屋六左衛門(8代)、父は杵屋六左衛門(10代)で、幼い頃から三味線を習い始めました。1926年(大正15年)に初舞台を踏み、1935年(昭和10年)に杵屋六左衛門(11代)を襲名しました。 杵屋六左衛門(11代)は、三味線の名手として知られ、その演奏は「流麗で優美」「力強く迫力がある」と評されました。また、作曲家としても活躍し、多くの長唄や三味線曲を作曲しました。 杵屋六左衛門(11代)は、1981年(昭和56年)に人間国宝に認定されました。1992年(平成4年)に死去するまで、三味線の普及と発展に尽力し、多くの後進を育てました。 杵屋六左衛門(11代)は、日本の伝統音楽界に大きな功績を残した偉大な三味線奏者であり、作曲家でした。その業績は、今もなお語り継がれています。
芸能分野の人

杵屋六左衛門(2代) – 江戸長唄の杵屋宗家2代目

杵屋六左衛門(2代)の生涯 杵屋六左衛門(2代)は、江戸長唄の杵屋宗家2代目である。1804年、江戸に生まれる。本名は鈴木六左衛門。 六左衛門は、幼い頃から長唄を学び、16歳の時に杵屋六左衛門(初代)に入門する。1829年、初代の死により、25歳で杵屋宗家を継ぐ。 六左衛門は、長唄の新しい曲や演奏法を次々と生み出し、長唄界の発展に貢献した。また、1851年には、幕府から「長唄方御用」の称号を授与される。 六左衛門は、1867年に亡くなった。享年63歳。 六左衛門は、長唄界の巨匠として、現在でも尊敬されている。その曲や演奏法は、多くの長唄演奏家によって受け継がれている。
音楽分野の人

杵屋弥三郎(4代) – 江戸後期から明治にかけての名三味線方

-杵屋弥三郎(4代)の生涯と功績- 杵屋弥三郎(4代)は、江戸後期から明治にかけて活躍した名三味線方です。本名は西久保豊吉。1819年、江戸の日本橋に生まれました。幼い頃から三味線を始め、15歳のときに杵屋弥三郎(3代)に入門しました。 弥三郎は、師匠である3代から三味線の弾き方を学び、その才能をすぐに開花させました。18歳で初舞台を踏み、20代で早くも一流の三味線方として認められるようになりました。 弥三郎は、江戸の芝居小屋で活躍し、数多くの歌舞伎役者と共演しました。特に、市川団十郎(9代)とは親交が深く、多くの舞台で共演しました。団十郎は、弥三郎の三味線の腕前を絶賛し、弥三郎を「三味線の神様」と呼んでいました。 弥三郎は、三味線の演奏だけでなく、作曲にも才能を発揮しました。数多くの楽曲を作曲し、その中には、今日でも多くの人が知っている「六段の調べ」や「越後獅子」などがあります。 弥三郎は、1900年に81歳で亡くなりました。弥三郎の死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くの人がその死を悼みました。 弥三郎は、江戸後期から明治にかけて活躍した名三味線方であり、作曲家です。弥三郎の三味線の演奏は、数多くの人々を魅了し、その楽曲は今日でも多くの人々によって演奏されています。弥三郎は、日本の音楽史に大きな足跡を残した偉大な芸術家です。
芸能分野の人

「杵屋宇右衛門」

# 杵屋宇右衛門 - 杵屋宇右衛門とは 杵屋宇右衛門は、江戸時代から明治時代にかけて活躍した、日本の伝統芸能である落語家の名跡である。 初代杵屋宇右衛門は、文化15年(1818年)に江戸で生まれた。本名は、宇右衛門。 初代杵屋宇右衛門は、幼い頃から落語に興味を持ち、13歳の時に三代目翁家さん馬の門下入りし、三代目翁家丑之助を名乗った。 18歳の時に、初代杵屋宇右衛門を襲名し、江戸の寄席で活躍するようになった。 初代杵屋宇右衛門は、落語の名人として知られ、特に人情噺を得意とした。 初代杵屋宇右衛門は、安政6年(1859年)に52歳の若さで死去した。 初代杵屋宇右衛門の没後、二代目杵屋宇右衛門が襲名したが、二代目杵屋宇右衛門は初代杵屋宇右衛門ほどの活躍はできず、明治20年(1887年)に死去した。 二代目杵屋宇右衛門の没後、三代目杵屋宇右衛門が襲名した。 三代目杵屋宇右衛門は、初代杵屋宇右衛門の孫であり、本名は、宇太郎。 三代目杵屋宇右衛門は、1867年に江戸で生まれた。 三代目杵屋宇右衛門は、幼い頃から落語に興味を持ち、15歳の時に七代目立川談志の門下入りし、七代目立川談志の弟子となった。 三代目杵屋宇右衛門は、1893年に三代目杵屋宇右衛門を襲名し、江戸の寄席で活躍するようになった。 三代目杵屋宇右衛門は、落語の名人として知られ、特に人情噺を得意とした。 三代目杵屋宇右衛門は、1953年に86歳の若さで死去した。 三代目杵屋宇右衛門の没後、四代目杵屋宇右衛門が襲名したが、四代目杵屋宇右衛門は、三代目杵屋宇右衛門ほどの活躍はできず、1967年に死去した。 四代目杵屋宇右衛門の没後、五代目杵屋宇右衛門が襲名した。 五代目杵屋宇右衛門は、三代目杵屋宇右衛門の孫であり、本名は、裕之。 五代目杵屋宇右衛門は、1939年に東京で生まれた。 五代目杵屋宇右衛門は、幼い頃から落語に興味を持ち、18歳の時に五代目三遊亭圓生の門下入りし、五代目三遊亭圓生の弟子となった。 五代目杵屋宇右衛門は、1971年に五代目杵屋宇右衛門を襲名し、江戸の寄席で活躍するようになった。 五代目杵屋宇右衛門は、落語の名人として知られ、特に人情噺を得意とした。 五代目杵屋宇右衛門は、2013年に74歳の若さで死去した。 五代目杵屋宇右衛門の没後、六代目杵屋宇右衛門が襲名し、現在も江戸の寄席で活躍している。
音楽分野の人

「杵屋六左衛門(14代)」 明治-昭和時代の長唄唄方

-杵屋六左衛門(14代)の生涯- 杵屋六左衛門(14代)は、明治-昭和時代の長唄唄方です。1881年(明治14年)に、東京で生まれました。本名は、相川六太郎です。 杵屋六左衛門家は、長唄の名門であり、14代六左衛門は、その4男として生まれました。幼い頃から、長唄を学び、1901年(明治34年)に、14代六左衛門を襲名しました。 14代六左衛門は、1910年(明治43年)に、東京音楽学校を卒業しました。卒業後は、長唄の演奏活動に専念し、多くの名曲を演奏しました。また、長唄の作曲にも力を入れ、多くの作品を残しました。 14代六左衛門は、1949年(昭和24年)に、68歳で亡くなりました。しかし、彼の残した作品は、現在でも、多くの長唄奏者に演奏され続けています。 14代六左衛門は、日本の長唄界に大きな功績を残した人物です。彼の作品は、長唄の伝統を継承し、発展させるのに大きく貢献しました。また、彼の演奏は、多くの人々に感動を与え、長唄の普及に努めました。 14代六左衛門は、日本の長唄界の宝であり、彼の残した作品は、これからも大切に演奏され続けることでしょう。
音楽分野の人

 羽山八郎右衛門

-羽山八郎右衛門の生涯- 羽山八郎右衛門は、江戸時代前期に活躍した豪商であり、茶人としても知られています。1580年に京都に生まれ、1656年に亡くなりました。本名は木村重兵衛といい、羽山は屋号でした。 八郎右衛門は、もともと京都の呉服商でしたが、後に大阪に移り住み、そこで茶の湯の道に足を踏み入れました。茶の湯の師匠は、千利休の弟子である津田宗及でした。八郎右衛門は、宗及から茶の湯の奥義を学び、やがて茶人として名を馳せるようになりました。 八郎右衛門は、茶人としてだけでなく、豪商としても活躍しました。彼は、大阪で生糸や綿花の貿易を行い、莫大な財を築きました。八郎右衛門は、その財力を用いて、茶室や茶道具の収集を行い、茶の湯の文化の発展に貢献しました。 八郎右衛門は、また、書家としても知られています。彼は、茶室の襖や屏風に、自筆の和歌を揮毫しました。八郎右衛門の書は、気品のある美しい文字で、茶人や書道家に高く評価されています。 八郎右衛門は、1656年に77歳で亡くなりました。その死後、彼の茶道具や書は、多くの茶人に受け継がれました。八郎右衛門は、茶の湯の文化の発展に大きく貢献した人物であり、現在でも多くの人に尊敬されています。
音楽分野の人

杵屋喜三郎(8代)

杵屋喜三郎(8代)の生涯 杵屋喜三郎(8代)は、1863年に東京に生まれました。本名は菊太郎と言います。杵屋喜三郎家は、江戸時代初期から続く長唄の宗家であり、喜三郎は当家の8代目を襲名しました。 喜三郎は幼い頃から長唄を学び、1882年に初舞台を踏み、1891年に名跡を襲名しました。以降、長唄の第一人者として活躍し、多くの名演を残しました。 喜三郎は、長唄の演奏だけでなく、作曲や後進の指導にも力を入れました。彼は、長唄の新しい曲を発表したり、古い曲にアレンジを加えたりして、長唄の発展に貢献しました。また、喜三郎は長唄の演奏を世界各地に広めることに努め、ヨーロッパやアメリカでも演奏を行いました。 喜三郎は、1941年に他界しましたが、彼の残した業績は現在もなお、長唄の世界に大きな影響を与えています。 杵屋喜三郎(8代)の主な功績 * 長唄の新しい曲を発表し、古い曲にアレンジを加え、長唄の発展に貢献した。 * 長唄の演奏を世界各地に広め、ヨーロッパやアメリカでも演奏を行った。 * 長唄の後進の指導に力を入れ、多くの名演奏家を育てた。 * 杵屋喜三郎家は、江戸時代初期から続く長唄の宗家であり、喜三郎は当家の8代目を襲名した。 * 喜三郎は幼い頃から長唄を学び、1882年に初舞台を踏み、1891年に名跡を襲名した。以降、長唄の第一人者として活躍し、多くの名演を残した。 杵屋喜三郎(8代)は、長唄の発展に貢献した偉大な音楽家であり、彼の功績は現在もなお、長唄の世界に大きな影響を与えています。
音楽分野の人

杵屋作十郎(初代)

-# 杵屋作十郎(初代) -杵屋宗家7代喜三郎に師事- 杵屋作十郎(初代)は、元文6年(1741年)に江戸市ヶ谷中野町に生まれる。本名は田中清蔵。 幼少期から長唄に才能を発揮し、糠屋七郎兵衛に師事。その後、杵屋宗家7代喜三郎に入門し、杵屋作十郎を名乗る。 喜三郎は長唄の名手で、作十郎は喜三郎から長唄の技術を徹底的に学ぶ。また、喜三郎からは長唄の精神も学び、長唄の真髄を体得する。 喜三郎の門下からは、杵屋六四郎、杵屋栄蔵、杵屋勝介など、多くの名手が輩出されたが、作十郎は喜三郎の門下の中でも特に優れた一人であった。 作十郎は、長唄の名手として江戸で活躍し、多くの弟子を育てた。また、長唄の普及にも努め、長唄の振興に貢献した。 作十郎は、享和3年(1803年)に63歳で亡くなった。 作十郎の死後、彼の弟子たちは杵屋作十郎派を形成し、長唄の発展に尽力した。杵屋作十郎派は、現在でも長唄の世界で重要な流派として知られている。
音楽分野の人

杵屋勘五郎(5代) – 明治-大正時代の長唄三味線方

-杵屋勘五郎(5代)の生涯と功績- 杵屋勘五郎(5代)は、明治-大正時代に活躍した長唄三味線方の名手です。本名は高橋与市といい、1863年10月27日に東京府日本橋区に生まれました。幼い頃から三味線を始め、1877年に杵屋六左衛門(2代)に入門しました。1889年に名取となり、杵屋勘五郎を襲名しました。 勘五郎は、師匠である六左衛門(2代)の薫陶を受け、長唄三味線の技を磨きました。また、当時の人気三味線奏者である杵屋正次郎(3代)や杵屋巳之助(3代)らとも交流があり、彼らから多くのことを学んだと言われています。 勘五郎は、長唄三味線の演奏で高い評価を得て、明治-大正時代を代表する名手として活躍しました。特に、1914年に開催された大正博覧会では、長唄三味線の演奏を披露し、その技量を高く評価されました。 勘五郎は、長唄三味線の演奏だけでなく、後進の育成にも尽力しました。1919年に杵屋勘五郎三味線研究所を設立し、長唄三味線の指導を行いました。また、多くの名演奏家を育て、長唄三味線の発展に貢献しました。 勘五郎は、1939年12月20日に東京府日本橋区で亡くなりました。享年76歳でした。勘五郎の死は、長唄三味線界に大きな衝撃を与え、彼の死を悼む声が数多く寄せられました。 勘五郎は、長唄三味線の発展に多大な貢献をした名手であり、その功績は今もなお語り継がれています。
音楽分野の人

杵屋勘五郎(6代)

- 杵屋勘五郎(6代)の概要 杵屋勘五郎(6代)は、明治27年(1894年)に東京府浅草区(現在の東京都台東区)で生まれた、日本の俳優、映画監督、プロデューサーである。本名は岩間利夫。 幼少期に両親を亡くし、義父である杵屋勘五郎(5代)に育てられた。勘五郎(5代)は、明治・大正時代に活躍した歌舞伎の俳優であり、杵屋の名跡を継いでいた。 勘五郎(6代)は、昭和11年(1936年)に映画界に入り、松竹蒲田撮影所などで俳優として活躍。昭和15年(1940年)には、新興キネマに移籍し、映画監督としてデビューした。 勘五郎(6代)は、昭和28年(1953年)に新東宝に移籍し、映画プロデューサーとして活躍。昭和33年(1958年)には、新東宝が倒産した後も、独立して映画製作を続けた。 昭和47年(1972年)に、勘五郎(6代)は映画界を引退。昭和59年(1984年)に死去した。 勘五郎(6代)は、戦前・戦後の日本の映画界で活躍した、重要な人物である。映画監督としては、昭和20年(1945年)に公開された『妻』が傑作として知られている。また、映画プロデューサーとしては、昭和31年(1956年)に公開された『社長シリーズ』が大ヒットした。 勘五郎(6代)は、日本の映画史に功績を残した人物として、現在でも高く評価されている。
音楽分野の人

木村源次郎 – 江戸時代中期の長唄唄方

-杵屋宗家7代喜三郎の門弟として- 木村源次郎は、杵屋宗家7代喜三郎の門弟として、長唄唄方の道を歩み始めました。喜三郎は、当時屈指の長唄の名手で、源次郎は喜三郎から熱心に指導を受けました。源次郎は喜三郎から長唄の基礎を学び、その才能を開花させていきました。 源次郎が喜三郎の門弟として活躍していた頃には、長唄の世界に大きな変化が起きていました。それまでは、長唄は主に歌舞伎の伴奏音楽として演奏されていましたが、この頃になると、長唄が独立した芸術として演奏される機会が増えてきました。 源次郎は、この変化を敏感に察知し、長唄を独立した芸術として演奏することに取り組みました。源次郎は、長唄の新しい演奏スタイルを確立し、長唄の普及に尽力しました。源次郎の努力により、長唄は独立した芸術として認められるようになりました。 源次郎は、長唄の名手としてだけではなく、長唄の作曲家としても活躍しました。源次郎は、多くの長唄を作曲し、その作品は今日でも演奏され続けています。源次郎の長唄は、その美しいメロディーと歌詞で、多くの人々に愛されています。 源次郎は、長唄の発展に大きな貢献をした偉大な人物です。源次郎が長唄の世界に残した功績は、今日でも高く評価されています。
芸能分野の人

杵屋勘五郎(初代)

# 杵屋勘五郎(初代) - 江戸長唄杵屋宗家の始祖 杵屋勘五郎(初代)は、江戸時代後期に活躍した長唄三味線奏者である。杵屋宗家の始祖であり、杵屋六左衛門(初代)の長男として生まれた。幼名は熊吉。 杵屋勘五郎は、父である杵屋六左衛門(初代)に長唄三味線を習い、早熟の天才として知られた。10代の頃には、江戸の町で演奏活動を始める。1754年には、歌舞伎座で初めて演奏し、人気を博した。 杵屋勘五郎は、長唄三味線の新しい奏法を編み出し、長唄界に革命を起こした。それまでの長唄三味線は、単に歌舞伎の伴奏をする役割であったが、杵屋勘五郎は、長唄三味線を独立した音楽として確立させた。 杵屋勘五郎は、1760年に杵屋勘五郎(初代)を襲名し、杵屋宗家を興した。杵屋宗家は、江戸長唄の三大宗家の一つとして、現在も活躍している。 杵屋勘五郎は、1780年に39歳で亡くなったが、その短い生涯の中で、長唄界に大きな足跡を残した。杵屋勘五郎の功績を記念して、1998年には東京都中央区に杵屋勘五郎(初代)顕彰碑が建立された。
音楽分野の人

杵屋喜三郎(15代) – 長唄唄方の名匠

- 杵屋喜三郎(15代)の生い立ちと経歴 杵屋喜三郎(15代)は、1923年1月15日に東京で生まれた。本名は石井喜三郎。父は杵屋喜三郎(14代)、母は杵屋勝三郎の娘である。3歳の頃から父に長唄を学び始め、10歳の時に初舞台を踏んだ。15歳の時に父が亡くなり、16歳で家元を継いだ。 杵屋喜三郎(15代)は、若い頃からその才能を発揮し、数多くの賞を受賞した。1941年には、第1回日本長唄コンクールで第1位を受賞。1949年には、第3回日本芸術院賞を受賞した。1955年には、重要無形文化財「長唄」の保持者に認定された。 杵屋喜三郎(15代)は、長唄の第一人者として、国内外で広く活躍した。1956年には、ニューヨークのカーネギーホールで公演を行い、大好評を博した。1964年には、東京オリンピックの開会式で長唄を披露した。1970年には、日本芸術院会員に選出された。 杵屋喜三郎(15代)は、長唄の伝統を継承し、発展させることに尽力した。1985年には、杵屋喜三郎(15代)長唄道場を開設し、後進の指導にあたった。1991年には、長唄三味線方と共同で「長唄三味線方保存会」を設立し、三味線の保存と普及に努めた。 杵屋喜三郎(15代)は、2007年11月24日に東京都内で亡くなった。享年84歳。杵屋喜三郎(15代)の死は、長唄界に大きな衝撃を与えた。杵屋喜三郎(15代)は、長唄の第一人者として、日本の伝統芸能に多大な貢献をした偉大な芸術家である。
音楽分野の人

永島富士蔵について

-永島富士蔵の生涯- 永島富士蔵は、1859年に熊本県阿蘇郡(現・阿蘇市)で生まれました。幼い頃から武器の扱いに関心があり、16歳の時に軍人となることを決意。兵役期間中は、西南戦争で活躍し、傷を負いながらも生き残りました。 西南戦争後は、陸軍士官学校に入り、卒業後は陸軍歩兵第18聯隊に配属されました。日露戦争では、旅順攻囲戦に参加し、負傷しながらも戦い続けました。 日露戦争後、永島富士蔵は陸軍大学校に入学。卒業後は、参謀本部員としてドイツに派遣され、軍事研究を行いました。帰国後は、陸軍省軍務局長を務め、日本の軍事近代化に貢献しました。 1914年に勃発した第一次世界大戦では、永島富士蔵は陸軍中将に昇進し、第5師団長としてヨーロッパ戦線に派遣されました。永島富士蔵は、西部戦線で戦い、ドイツ軍を相手に多くの勝利を収めました。 第一次世界大戦後、永島富士蔵は陸軍大将に昇進し、陸軍参謀総長に就任しました。永島富士蔵は、日本の軍備拡張を推進し、関東軍の創設にも関与しました。 1936年に永島富士蔵は退役し、1942年に死去しました。永島富士蔵は、日本の近代化に貢献した偉大な軍人として知られています。
芸能分野の人

杵屋六三郎 – 江戸時代前期から中期の三味線方

-杵屋六三郎の生涯と業績- 杵屋六三郎は、江戸時代前期から中期の三味線方である。本名は澤田六三郎。京都生まれ。沢田六三郎は、都万太夫の門弟であったといわれる。三世杵屋六三郎沢田備中守と同一人物である。六三郎の弾く三味線は、浮雲流と呼ばれた。浮雲流とは、三味線の音色が浮雲のように情緒深く、聴いていて心地よいことから名付けられたといわれている。杵屋六三郎は、非常に優れた三味線方で、当時の歌舞伎、浄瑠璃、長唄など、さまざまな舞台で活躍した。杵屋六三郎は、また、三味線の教授者としても知られており、多くの弟子を育てた。この弟子の中には、三世杵屋六三郎沢田備中守、四世杵屋六三郎沢田備前守、五世杵屋六三郎沢田丹波守など、後に著名な三味線方となった人物も少なくない。杵屋六三郎は、江戸時代前期から中期の三味線方の発展に大きく貢献した、大変重要な人物である。 杵屋六三郎は、宝永年間(1704-1711年)に、京都で生まれた。幼い頃から三味線を学び、都万太夫の門弟となった。杵屋六三郎は、非常に優れた三味線方で、当時の歌舞伎、浄瑠璃、長唄など、さまざまな舞台で活躍した。杵屋六三郎は、また、三味線の教授者としても知られており、多くの弟子を育てた。この弟子の中には、三世杵屋六三郎沢田備中守、四世杵屋六三郎沢田備前守、五世杵屋六三郎沢田丹波守など、後に著名な三味線方となった人物も少なくない。杵屋六三郎は、江戸時代前期から中期の三味線方の発展に大きく貢献した、大変重要な人物である。 杵屋六三郎は、享保20年(1735年)に、江戸で亡くなった。享年32歳。杵屋六三郎の墓は、東京都台東区にある谷中霊園にある。杵屋六三郎は、江戸時代前期から中期の三味線方の発展に大きく貢献した、大変重要な人物である。杵屋六三郎の業績は、今日でも高く評価されている。
音楽分野の人

杵屋喜三郎 (9代)と江戸時代後期の長唄三味線方

-杵屋喜三郎 (9代)の生い立ちと経歴- 杵屋喜三郎 (9代)は、江戸時代後期の長唄三味線方です。本名は中村喜三郎。1794年、江戸の生まれ。幼少の頃より長唄を学び、天保11年(1840年)に杵屋喜三郎を襲名しました。 喜三郎は、杵屋六左衛門 (8代)の門下で、江戸の長唄三味線界で活躍しました。天保13年(1842年)には、江戸城で演奏を行い、将軍徳川家慶から褒美を賜りました。また、安政4年(1857年)には、孝明天皇の即位式で演奏を行いました。 喜三郎は、長唄三味線の名手として知られ、その演奏は「杵屋の喜三郎の三味線は、天神が舞うようだ」と評されました。また、杵屋六左衛門 (8代)の門下で、杵屋正次郎 (2代)や杵屋勘五郎 (5代)など、数多くの名演奏家を輩出しました。 喜三郎は、明治9年(1876年)に死去しました。享年83。 喜三郎は、江戸時代後期の長唄三味線界を代表する人物の一人です。その演奏は多くの人々を魅了し、長唄三味線の発展に貢献しました。