松平信貞

歴史上の偉人

大久保忠茂-戦国時代の武将

松平清康に仕える 大久保忠茂は、戦国時代の武将です。松平清康に仕え、数々の戦功を挙げました。忠茂は、永正13年(1516年)に三河国額田郡大久保郷(現在の愛知県岡崎市大久保町)で生まれました。幼名は千代松丸と言い、父は大久保忠員、母は奥山氏の娘でした。忠茂は、幼い頃から武芸に秀でており、特に槍術に長けていました。 天文3年(1534年)、忠茂は19歳のときに松平清康に仕えました。清康は、三河国を統一した戦国大名で、忠茂は清康の旗本衆として活躍しました。忠茂は、清康の命を受けて各地を転戦し、数々の戦功を挙げました。 天文5年(1536年)、忠茂は清康の命を受けて尾張国に侵攻し、織田信秀と戦いました。この戦いで、忠茂は織田軍を破り、清康の尾張侵攻を成功させました。天文7年(1538年)、忠茂は清康の命を受けて遠江国に侵攻し、今川義元と戦いました。この戦いで、忠茂は今川軍を破り、清康の遠江侵攻を成功させました。 天文8年(1539年)、清康が家臣の謀反により暗殺されました。忠茂は、清康の死後も松平氏の家臣として仕え、清康の遺児である広忠を補佐しました。忠茂は、広忠の命を受けて各地を転戦し、数々の戦功を挙げました。 天文18年(1549年)、忠茂は広忠の命を受けて尾張国に侵攻し、織田信秀と戦いました。この戦いで、忠茂は織田軍を破り、広忠の尾張侵攻を成功させました。天文20年(1551年)、忠茂は広忠の命を受けて遠江国に侵攻し、今川義元と戦いました。この戦いで、忠茂は今川軍を破り、広忠の遠江侵攻を成功させました。 忠茂は、永禄9年(1566年)に死去しました。享年51でした。忠茂は、戦国時代に活躍した名将であり、松平氏の家臣として数々の戦功を挙げました。