松平親善

歴史上の人物

戦国-織豊時代の武将・松平清善とは

-松平清善の生涯- 松平清善(まつだいらきよよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。三河国岡崎城主。松平広忠の嫡男。徳川家康の異父兄。 -生い立ち- 松平清善は、永禄3年(1560年)、三河国岡崎城主・松平広忠の嫡男として誕生する。母は正室・於大の方。清善は、幼少期から聡明な子供として評判が高く、家臣たちからも厚い信頼を得ていた。 -桶狭間の戦い- 永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いで父・広忠が戦死。12歳となった清善が家督を継承する。織田信長による三河侵攻を防ぐため、清善は家臣たちと一致団結して戦った。 -三河一向一揆- 永禄6年(1563年)、三河一向一揆が発生する。一向一揆は、浄土真宗の門徒を主体とした農民の反乱で、清善の領国である岡崎城を包囲した。清善は、家臣の酒井忠次や本多忠勝らとともに奮戦し、一揆勢を退けた。 -徳川家康による三河統一- 永禄7年(1564年)、清善の弟である徳川家康が成人し、三河統一を志す。家康は、清善の協力を得て、今川氏や武田氏を相手に戦い、三河を統一した。 -清善の死- 永禄10年(1567年)、清善は病死する。享年18。家督は、弟の家康が継承した。 -清善の功績- 清善は、幼少の頃から家督を継承し、三河一向一揆や織田信長による三河侵攻など、数々の危機を乗り越えた。清善の死は、家康にとって大きな痛手となり、家康は清善の墓前で「兄上、兄上」と泣き崩れたと伝えられている。