松翁

芸術家

「加藤豊三」

-加藤豊三の生涯- 加藤豊三は、江戸時代後期の伊予国喜多郡(現在の愛媛県大洲市)生まれの地元豪農で、俳諧師・浮世絵師・版元として活躍しました。 加藤豊三は、1800年(寛政12年)に、伊予国喜多郡に生まれました。地元豪農の家に生まれ、幼い頃から俳諧や浮世絵に興味を持ちました。18歳で江戸に遊学し、俳人・浮世絵師として活動を始めました。 1820年(文政3年)に、加藤豊三は、江戸に「豊三堂」という版元を開業しました。豊三堂は、浮世絵や俳諧の版画を多く出版し、大いに繁盛しました。加藤豊三は、浮世絵師としても活躍し、多くの浮世絵を制作しました。彼の浮世絵は、江戸の街の風俗や人々を描いたものが多く、庶民の生活をリアルに描き出したことで知られています。 1830年(天保元年)に、加藤豊三は、俳諧師として「豊三坊」という名を名乗るようになりました。豊三坊は、俳人として活躍し、多くの俳句を詠みました。彼の俳句は、江戸の街の風情や人々を描いたものが多く、庶民の生活を巧みに表現したことで知られています。 1850年(嘉永3年)に、加藤豊三は、江戸で亡くなりました。享年50歳でした。加藤豊三の死後、豊三堂は、彼の息子が引き継ぎました。豊三堂は、明治維新まで浮世絵や俳諧の版画を出版し続けました。 加藤豊三は、江戸時代後期の伊予国喜多郡生まれの地元豪農で、俳諧師・浮世絵師・版元として活躍しました。彼の浮世絵や俳句は、庶民の生活をリアルに描き出したことで知られており、江戸時代の庶民の暮らしを知る貴重な資料となっています。
芸術家

「高麗左衛門(8代)」

萩焼坂家の当主 萩焼坂家は、萩焼を代々受け継いできた陶芸家一族です。初代坂高麗左衛門は、16世紀末から17世紀初頭に萩で活躍した陶工で、萩焼の基礎を築いた人物とされています。以降、坂家は萩焼の伝統を守り続け、現在まで15代にわたって萩焼を作り続けています。 8代坂高麗左衛門は、坂家の中で最も有名な陶工の一人です。彼は1795年に生まれ、1867年に亡くなりました。8代高麗左衛門は、萩焼に新しい技法を導入し、萩焼の復興に貢献しました。また、彼は萩焼の美しさを世に広めるために、積極的に作品を発表しました。8代高麗左衛門の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に所蔵されており、高く評価されています。 坂家は、萩焼の伝統を守りながら、新しい技法を取り入れて萩焼を進化させてきました。その結果、萩焼は現在でも高い人気を誇る陶器となっています。萩焼坂家は、萩焼の伝統を守り続ける貴重な存在であり、今後も萩焼の発展に貢献していくものと思われます。 8代坂高麗左衛門は、萩焼の復興に貢献した功績で、1887年に正六位を追贈されています。また、彼の作品は、1955年に重要無形文化財に指定されました。
スポーツカテゴリー

「木村庄之助(20代)」

「木村庄之助の生涯」 木村庄之助は、1918年に東京の下町に生まれました。幼い頃から相撲が好きで、小学校を卒業後、二所ノ関部屋に入門しました。二所ノ関部屋は、当時、大関・玉錦を擁する名門部屋で、庄之助は頭角を現していきました。 1936年、庄之助は18歳で新入幕を果たしました。当時の新入幕の平均年齢は21歳で、庄之助は異例の早さでの入幕でした。以後、庄之助は幕内で活躍を続け、1942年に横綱に昇進しました。 庄之助は、横綱として1943年に全勝優勝を達成するなど、数々の功績を残しました。しかし、1945年に太平洋戦争が終結すると、庄之助は戦争協力者としてGHQから公職追放処分を受けました。公職追放処分は1950年に解除されましたが、庄之助はその後、相撲界から引退しました。 引退後、庄之助は相撲指導者として後進の指導に当たりました。また、相撲協会の役員も務めており、1977年には相撲協会の理事長に就任しました。理事長時代には、相撲界の近代化を推進し、今日のような相撲界の礎を築きました。 庄之助は、1990年に71歳で亡くなりました。庄之助は、力士としても指導者としても、相撲界の発展に大きく貢献した偉大な人物です。 庄之助の相撲の成績は、幕内通算691勝349敗33分5預です。横綱在位期間は3年11ヶ月で、全勝優勝1回、優勝5回を記録しています。他に、金星4個、銀星12個、殊勲賞13回、敢闘賞10回、技能賞5回を獲得しています。