果樹

歴史上の人物

宮田辰次-江戸時代後期の園芸家

-柑子に温州ミカンの接ぎ穂を接ぎ木して成功- 宮田辰次は、江戸時代後期に活躍した園芸家です。彼は、柑子に温州ミカンの接ぎ穂を接ぎ木して成功したことで知られています。この接ぎ木法は、現在でも広く用いられており、柑橘類の生産に欠かせない技術となっています。 宮田辰次は、1770年に越後国佐渡郡(現在の新潟県佐渡市)に生まれました。彼は幼い頃から園芸に興味を持ち、独学で園芸の知識を身に着けました。やがて、彼は佐渡郡の園芸家として知られるようになりました。 1810年頃、宮田辰次は柑子に温州ミカンの接ぎ穂を接ぎ木するという大胆な試みを行いました。当時は、柑子と温州ミカンは異なる品種であり、接ぎ木は不可能だと考えられていました。しかし、宮田辰次は接ぎ木に成功し、柑子に温州ミカンの果実を実らせることができました。 この接ぎ木法は、柑橘類の生産に大きな影響を与えました。それまでは、柑橘類は限られた地域でしか栽培されていませんでしたが、この接ぎ木法のおかげで、柑橘類の栽培地域は広がりました。また、柑橘類の品種改良も盛んになり、さまざまな柑橘類が誕生しました。 宮田辰次の接ぎ木法は、現在でも広く用いられており、柑橘類の生産に欠かせない技術となっています。また、彼の功績は、園芸の発展に大きく貢献したとして称賛されています。
歴史上の人物

伊達邦宗 – 明治・大正時代の華族

伊達邦宗の生涯 伊達邦宗は、1869年(明治2年)に伊達宗城と八重子の次男として仙台城内で誕生しました。幼名は邦之助。 1874年(明治7年)に東京へ移り住み、学習院で教育を受けました。1889年(明治22年)に学習院を卒業後、英国に留学し、ケンブリッジ大学で哲学を学びました。1894年(明治27年)に帰国し、外務省に入省しました。 1895年(明治28年)に清国公使館に勤務し、1898年(明治31年)にフランス公使館に転任しました。1900年(明治33年)に外務省を退職し、貴族院議員に就任しました。 1912年(明治45年)、父の死去に伴い伊達家の家督を相続し、侯爵を襲爵しました。1915年(大正4年)には侍従長に就任し、1921年(大正10年)まで務めました。 1923年(大正12年)には枢密顧問官に就任し、1934年(昭和9年)まで務めました。1935年(昭和10年)に死去。享年65。 伊達邦宗は、明治・大正時代の華族として、外務省や宮内省で要職を歴任し、日本の近代化に貢献しました。
学術分野の人

松本鹿蔵 – 果樹栽培の害虫防除に尽力した農学者

松本鹿蔵の生涯と業績 松本鹿蔵は、1876年(明治9年)に山形県北村山郡山元村(現在の村山市)に生まれました。1902年(明治35年)に東京帝国大学(現在の東京大学)農学部を卒業し、農商務省に入省しました。 松本鹿蔵は、農商務省在職中に、主に果樹栽培の害虫防除に関する研究に従事しました。1908年(明治41年)には、日本のリンゴ栽培の害虫であるリンゴアブラムシの天敵であるテントウムシをアメリカ合衆国から導入し、その普及に努めました。 1911年(明治44年)には、松本鹿蔵は農商務省を退官し、東京帝国大学教授に就任しました。東京帝国大学では、害虫学と果樹栽培学を講義し、多くの学生を指導しました。 松本鹿蔵は、1944年(昭和19年)に脳溢血のため死去しました。享年68歳でした。 松本鹿蔵は、果樹栽培の害虫防除に尽力した農学者でした。その業績は、日本の果樹栽培の発展に大きく貢献しました。 松本鹿蔵の主な業績は以下の通りです。 * リンゴアブラムシの天敵であるテントウムシをアメリカ合衆国から導入し、その普及に努めた。 * 果樹栽培における害虫防除の方法を研究し、その成果を多くの農家に普及させた。 * 果樹栽培学の教科書を執筆し、果樹栽培の技術の発展に貢献した。 * 多くの学生を指導し、日本の果樹栽培の発展に貢献した。
文学分野の人

「秋庭俊彦」

-秋庭俊彦の生涯と業績- 秋庭俊彦は、1915年(大正4年)3月16日に東京府東京市(現在の東京都千代田区)で生まれた。父は秋庭一郎、母は秋庭ちよ。一郎は、日本画家であり、秋庭画塾を主宰していた。秋庭は、4歳から一郎に絵を学び始め、1929年(昭和4年)に東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)を卒業後は、東京美術学校(現在の東京藝術大学)絵画科に入学した。 東京美術学校では、藤島武二に師事し、1935年(昭和10年)に卒業した。卒業後は、東京美術学校助教授となり、1943年(昭和18年)に教授に昇進した。1945年(昭和20年)に、日本美術院同人に推挙され、1946年(昭和21年)には国画院会員となった。1950年(昭和25年)に、東京美術学校を退官し、日本大学芸術学部教授に就任した。1951年(昭和26年)には、日本美術院理事となり、1952年(昭和27年)には国画院理事となった。 秋庭は、1968年(昭和43年)に日本芸術院会員となり、1972年(昭和47年)には文化勲章を受章した。1981年(昭和56年)には、日本美術院院長に就任した。1992年(平成4年)11月28日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。享年77。 秋庭は、日本画の分野において、写実主義を基調とした独自の作風を確立し、高く評価されている。また、教育者としても多くの後進を育て、日本画の発展に貢献した。
歴史上の人物

菊池六朔 – 江戸後期から明治時代にかけて活躍した偉大な農政家

-菊池六朔の生い立ちと経歴- 菊池六朔は、1809年(文化6年)3月23日、現在の福島県郡山市に生まれました。父は菊池六三郎、母は川口みの。六朔は幼い頃から頭が良く、読書を好み、書道にも優れていました。12歳の時に郡山藩の藩校である安積学舎に入学し、そこで儒学や兵学を学びました。 1832年(天保3年)、六朔は藩主の命により江戸に遊学して、昌平坂学問所で儒学を学びました。江戸では、佐藤一斎や梁川星巌などの著名な学者に師事し、学問に励みました。1835年(天保6年)に郡山藩に帰国した後、六朔は藩の要職を歴任し、藩政の改革に尽力しました。 1854年(嘉永7年)、六朔は藩主の命により、安政の大獄で処刑された志士たちを慰霊するために、郡山城下に顕彰碑を建立しました。1868年(明治元年)、戊辰戦争が起こると、六朔は郡山藩の軍勢を率いて、新政府軍と戦いました。新政府軍に敗北した後、六朔は郡山藩の降伏を仲介し、戊辰戦争の終結に貢献しました。 戊辰戦争後、六朔は新政府に出仕し、民部省や大蔵省などの要職を歴任しました。1873年(明治6年)には、大蔵卿に就任し、日本の財政改革に取り組みました。六朔は、紙幣の発行や国債の発行など、日本の近代財政制度の確立に尽力しました。 1879年(明治12年)、六朔は病気を理由に大蔵卿を辞任しました。1883年(明治16年)には、子爵に叙せられました。1887年(明治20年)3月27日に死去しました。
歴史上の人物

『、「菴原菡斎」』

-開拓者としての生涯- 庵原菡斎は、1749年に現在の広島県福山市に生まれました。幼い頃から学問に励み、17歳で江戸に出て、医師として働き始めました。その後、長崎に渡り、西洋医学を学びました。1783年に帰郷し、福山藩の藩医となりました。 菡斎は、蘭学の知識を活かして、福山藩の産業振興に尽力しました。1784年には、藩内に西洋式の製鉄所を建設し、鉄炮の製造を始めました。また、1786年には、藩内に西洋式の造船所を建設し、西洋式の帆船を建造しました。これらの取り組みは、福山藩の産業振興に大きく貢献しました。 菡斎は、産業振興だけでなく、教育にも尽力しました。1787年に、藩内に西洋式の学校である「洗心洞」を開設しました。この学校では、西洋の学問を教え、多くの優秀な人材を輩出しました。 菡斎は、1817年に亡くなりましたが、彼の残した功績は今もなお福山に残っています。福山には、菡斎を祀った神社があり、毎年多くの参拝者が訪れています。また、福山には、菡斎が開設した学校である「洗心洞」を復元した施設があり、多くの観光客が訪れています。 菡斎は、福山の発展に大きく貢献した偉大な人物です。彼の功績は、今もなお福山の人々に語り継がれています。
学術分野の人

池田伴親:明治時代の園芸学者

池田伴親の生涯 池田伴親は、1845年(弘化2年)に岡山県に生まれました。1865年(慶応元年)に大坂の蘭学塾である適塾に入学し、オランダの園芸書を勉強しました。1870年(明治3年)に適塾を卒業し、1872年(明治5年)に東京農学校(現・東京大学農学部)の教授となります。 1876年(明治9年)に池田は欧米を視察し、最新の園芸技術を学びました。この視察をもとに池田は、1879年(明治12年)に東京農学校の附属植物園の設立を提案し、1880年(明治13年)に植物園が完成しました。植物園には、国内外から集められた様々な植物が栽培され、研究が行われました。 池田は1885年(明治18年)に東京農学校の校長となり、1896年(明治29年)まで校長を務めました。校長在任中は、農学校の教育内容の充実や研究の振興に取り組みました。1896年(明治29年)に校長を退任した後は、東京農学校の名誉教授となり、園芸に関する研究を続けました。 1911年(明治44年)、池田は東京で亡くなり、岡山県の菩提寺に葬られました。池田の死後、日本園芸学会が池田の功績を称えて池田伴親記念賞を設けました。池田伴親記念賞は、園芸に関する研究で優れた業績をあげた人に贈られる賞です。 池田伴親は、明治初期に欧米の園芸技術を日本に紹介し、日本の園芸の発展に貢献した功績のある人物です。池田の功績は、今日の日本の園芸の発展の基礎となっています。