桑名藩士

歴史上の偉人

「梨本徹」-明治時代の囲碁棋士

-囲碁棋士梨本徹の経歴- * 梨本徹は、1873年10月13日に東京府東京市京橋区(現在の東京都中央区)に生まれました。 * 1886年13歳の頃に、方円社に入門し、本因坊秀栄に師事しました。 * 1890年17歳の頃には、初段となり、1893年20歳の頃には、三段に昇格しました。 * 1896年23歳の頃には、四段に昇格し、1898年25歳の頃には、五段に昇格しました。 * 1900年27歳の頃には、六段に昇格し、1902年29歳の頃には、七段に昇格しました。 * 1904年31歳の頃には、八段に昇格しました。 * 1906年に日露戦争が勃発し、梨本徹は軍務に就きました。 * 1908年に日露戦争が終結し、梨本徹は囲碁の世界に戻りました。 * 1910年37歳の頃には、九段に昇格し、1912年39歳の頃には、十段に昇格しました。 * 1915年42歳の頃には、名人となり、1917年44歳の頃には、本因坊となりました。 * 1920年47歳の頃には、引退しました。 * 1921年48歳の頃には、囲碁の普及と発展に貢献した功績により、勲五等に叙勲されました。 * 1938年65歳の頃には、死去しました。 梨本徹は、名人、本因坊の両方でタイトルを獲得した史上唯一の囲碁棋士です。また、九段、十段の両方で昇段した史上唯一の囲碁棋士でもあります。
歴史上の偉人

幕末から明治時代の武士、政治家・町田武須計とは?

-戊辰戦争での活躍と新政府軍への降伏- 幕末から明治時代にかけて活躍した武士、政治家である町田武須計は、戊辰戦争においても重要な役割を果たしました。 戊辰戦争は、1868年(慶応4年)に勃発した、明治政府軍と旧幕府軍の間の戦いでした。町田武須計は、当初は旧幕府軍に属して戦いましたが、後に新政府軍に降伏しました。 町田武須計が戊辰戦争で活躍したのは、上野戦争でした。上野戦争は、1868年(慶応4年)7月に、新政府軍と旧幕府軍が上野公園で戦った戦いでした。町田武須計は、旧幕府軍として上野戦争に参加し、新政府軍と激戦を繰り広げました。 しかし、町田武須計は、上野戦争で敗北し、新政府軍に降伏しました。町田武須計が新政府軍に降伏した理由は、幕府がもはや勝機がないと判断したためでした。 町田武須計は、新政府軍に降伏した後、明治政府の官僚として活躍しました。町田武須計は、内務省や大蔵省などの省庁で勤務し、明治政府の近代化に貢献しました。 町田武須計は、戊辰戦争で活躍し、新政府軍に降伏した後、明治政府の官僚として活躍した武士、政治家でした。