桓武天皇

歴史上の人物

「吉水神徳」について

-吉水神徳の生涯- 吉水神徳(1170~1227)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した僧侶、彫刻家である。 近江国(現在の滋賀県)に生まれ、幼い頃から仏教に傾倒し、出家して比叡山延暦寺に入山した。比叡山では、天台宗の教えを学び、研鑽を積んだ。 その後、吉水神徳は、比叡山を下って、諸国を巡歴し、仏教を弘めながら、彫刻の技を磨いた。各地の寺社で、仏像や仏画を制作し、その卓越した技術で人々を驚嘆させた。 吉水神徳は、特に、写実的な仏像の制作に優れ、その作品は「吉水仏」と呼ばれ、人々に親しまれた。吉水仏は、仏像の容貌や衣裳を細部まで丁寧に表現しており、その表情は、慈悲に満ち溢れている。 吉水神徳は、生涯を通じて、仏教の教えを弘め、人々を救うために尽力した。その功績は、後世にまで語り継がれ、今なお、人々に尊敬されている。 -吉水神徳の代表作- 吉水神徳の代表作には、以下のようなものがある。 * 釈迦如来坐像(京都府醍醐寺) * 阿弥陀如来坐像(京都府東福寺) * 薬師如来坐像(滋賀県延暦寺) * 四天王立像(京都府東寺) * 十二神将立像(京都府東寺) これらの作品は、いずれも吉水神徳の卓越した技術を遺憾なく発揮したものであり、仏像の傑作として、人々に親しまれている。
歴史上の人物

「良岑長松」(平安時代前期の官吏)

良岑長松とは

良岑長松(よしみねのながまつ)は、平安時代前期の官吏。左大臣・良岑安世の三男。母は橘嘉智子の末娘。大学頭・良峯有雄の弟。

良岑長松の生涯


良岑長松は弘仁2年(811年)、左大臣・良岑安世の三男として京都にて誕生した。母は橘嘉智子(万多親王の娘)の末娘。なお、兄に良峯有雄(大学頭)、弟に左京大夫・良岑安貞、良岑安縄がいる。 長松は父・良岑安世の庇護を受け、順調に出世を遂げる。弘仁8年(817年)、わずか7歳の若さで従五位下に叙爵。天長6年(829年)、左衛門少尉に任官。天長9年(832年)、従五位上に昇叙。承和元年(834年)、右衛門少尉に遷任。承和6年(839年)、従四位下に昇叙。承和7年(840年)、右衛門権佐に昇任。承和14年(847年)、従四位上に昇叙。嘉祥2年(849年)、右衛門権少将に昇任。仁寿2年(852年)、右衛門権中将に昇任。斉衡2年(855年)、正四位下に昇叙。天安2年(858年)、左衛門権中将に昇任。貞観2年(860年)、従三位に昇叙。貞観4年(862年)、左衛門権大将に昇任。貞観7年(865年)、正三位に昇叙。貞観12年(870年)、左衛門大将に昇任。貞観14年(872年)、正二位に昇叙。元慶元年(877年)、右近衛大将を兼任。元慶2年(878年)、従一位に昇叙。元慶4年(880年)、右近衛大将を辞任。元慶5年(881年)、左大臣を辞任。元慶7年(883年)、薨去。享年73。 長松は右大臣・藤原良房、左大臣・源融、右大臣・藤原基経の側近として仕え、文徳天皇、清和天皇、陽成天皇の3代に仕えた。その間、国政を司どるなど、平安時代前期の政界で重要な役割を果たした。また、歌人としても知られ、その歌は『古今和歌集』に収録されている。

長松の子孫

良岑長松には、以下の子供がいた。 * 長男良岑安世(右大臣) * 次男良岑安貞(左京大夫) * 三男良岑安縄(参議) * 四男良岑安行(右京大夫) * 五男良岑安経(参議) * 六男良岑安平(中納言) * 七男良岑安則(式部卿) * 八男良岑安明(参議) * 九男良岑安秀(参議) * 十男良岑安成(参議) * 十一男良岑安時(中納言) * 十二男良岑安宗(右京大夫) * 十三男良岑安良(左京大夫) * 十四男良岑安則(参議) * 十五男良岑安全(参議) * 十六男良岑安方(参議) * 十七男良岑安継(左京大夫) * 十八男良岑安盛(参議) * 十九男良岑安光(参議) * 二十男良岑安敦(参議) 長松の子孫は、平安時代後期以降も公家として活躍し、摂政・関白を輩出した。
歴史上の人物

多治比豊継

多治比豊継の生涯 多治比豊継は、奈良時代の貴族・政治家。参議・大納言・右大臣を歴任し、光明皇后の甥にあたる。氏は多治比朝臣、名は豊継。 天平13年(741年)、多治比池守の長男として生まれる。天平宝字3年(759年)、従五位下・右衛士佐に叙任される。天平宝字5年(761年)、従五位上に叙せられる。天平宝字8年(764年)、正五位下に叙せられる。 天平神護元年(765年)、神護景雲と改元され、豊継は右中弁に任じられる。神護景雲2年(766年)、従四位下に叙せられる。神護景雲3年(767年)、参議に任じられる。 宝亀元年(770年)、正四位下に叙せられる。宝亀2年(771年)、従三位に叙せられる。宝亀3年(772年)、大納言に任じられる。 宝亀6年(775年)、正三位に叙せられる。宝亀7年(776年)、右大臣に任じられる。宝亀9年(778年)、薨去。享年38。 多治比豊継は、光明皇后の甥にあたることから、聖武天皇の寵愛を受け、順調に出世を重ねた。右大臣にまで昇り詰めたが、38歳の若さで薨去した。 多治比豊継は、学問にも優れており、特に儒学に精通していた。また、和歌にも秀でており、勅撰和歌集『万葉集』に1首が入集している。
歴史上の人物

安濃内親王:平安時代前期の皇族

桓武天皇の第4皇女 安濃内親王は桓武天皇の第4皇女であった。母は藤原帯子である。安濃内親王は801年に生まれ、810年に女御となった。女御は天皇の后の一つで、皇后の次に位する。安濃内親王は嵯峨天皇の女御となり、811年に惟仁親王(後の仁明天皇)を産んだ。 安濃内親王は814年に逝去した。享年14歳であった。安濃内親王の死後、惟仁親王は仁明天皇として即位した。仁明天皇は安濃内親王の死を悼み、安濃内親王を贈皇太后とした。 安濃内親王は短命ではあったが、惟仁親王を産み、桓武天皇の孫にあたる仁明天皇が即位するなど、桓武天皇の皇統を継承するのに大きな役割を果たした。
歴史上の人物

「良岑安世」-平安時代前期の公卿(くぎょう),漢詩人

-桓武天皇の皇子として生まれる- 良岑安世は、平安時代前期の公卿、漢詩人です。桓武天皇の皇子として生まれ、母は藤原縄主の娘である藤原乙牟漏です。幼名は安文王といい、幼い頃から聡明で、和歌や漢詩の才能に恵まれていました。 安世は、延暦20年(801年)に出家して仏門に入り、空海の弟子となります。弘仁5年(814年)に還俗し、宮中に戻ってからは、参議、右大臣、左大臣などの要職を歴任しました。また、遣唐使としても活躍し、唐の文化を日本に伝播させました。 安世は、漢詩の才能にも優れており、唐の白居易や杜甫に影響を受けました。その詩は、繊細で優雅な作風であり、平安時代の代表的な漢詩人として知られています。 安世は、承和12年(845年)に薨去しました。享年63歳でした。安世の死は、朝廷に大きな衝撃を与え、桓武天皇や空海の死と並んで、平安時代前期の三大悲劇のひとつに数えられています。
歴史上の人物

平実雄→ 平安時代前期の官僚

平実雄の生涯と経歴 平実雄は、平安時代前期の官僚。清和源氏、平高望の長男。官位は従四位下・左少弁。 生年は不詳だが、承和15年(848年)以前の生まれとされる。承和8年(841年)父・高望が死去したため、以後は皇太后・藤原順子に奉仕した。嘉祥3年(850年)従五位下に叙爵され、仁寿3年(853年)右大史に任官。文徳天皇の治世には、文徳天皇の信任を受け、右中弁・左中弁を歴任した。斉衡3年(856年)に従四位上・左近衛権少将に叙任され、斉衡4年(857年)には左大弁に昇進。 貞観元年(859年)清和天皇が即位すると、実雄は右大弁に遷った。貞観2年(860年)には大納言・藤原良房の娘・盛子を娶って、藤原氏と姻戚関係を結んだ。貞観3年(861年)に従四位下に叙爵され、貞観4年(862年)には左少弁に任官した。 貞観11年(869年)に発生した応天門の変では、藤原良房の出頭により、左京大夫・伴善男が流罪に処された。この時、実雄は善男の求めに応じて、周防国に下向して善男を慰めたという。貞観16年(874年)に出家して、法名を証観と号した。 元慶3年(879年)10月19日に薨去。享年40余。 実雄は、文徳天皇から清和天皇にわたって信任を受け、官僚として頭角を現していたが、若くして出家して生涯を終えた。また、実雄は、歌人としても知られており、『古今和歌集』に1首の歌を残している。
歴史上の人物

百済教仁とは?-奈良・平安時代前期の女官

-百済教仁の生い立ちと家族- 百済教仁(くだら-きょうにん)は、奈良・平安時代前期の女官です。百済の王族の末裔とされ、その出自から孝謙天皇に仕えて女官として活躍しました。 百済教仁の生年や出生地は不明ですが、奈良時代の半ばに生まれたと考えられています。父は百済の最後の王である百済豊璋の末裔であり、母は日本の貴族の娘でした。教仁は、父方の祖父母である百済豊璋と王妃の間に生まれた百済武寧王の娘である可能性が高いとされています。 百済教仁は、幼い頃から聡明で、和歌や琴に秀でていました。また、容姿端麗で、宮中の女官の中でもひときわ美しい女性として知られていました。孝謙天皇は、教仁の才能と美貌を気に入り、彼女を女官として召し抱えました。 教仁は、女官として孝謙天皇に仕え、その寵愛を一身に受けました。孝謙天皇は、教仁を「我が妹」と呼び、彼女を深く信頼していました。教仁もまた、孝謙天皇に忠誠を尽くし、そのために多くの功績を上げました。 孝謙天皇が崩御した後、教仁は出家して尼僧となりました。そして、孝謙天皇の菩提を弔いながら、余生を過ごしました。教仁は、奈良・平安時代前期を代表する女官であり、その生涯は多くの伝説や逸話に彩られています。
歴史上の人物

槻本老 – 奈良時代の官吏

宝亀3年の皇后井上内親王の天皇のろう事件 宝亀3年(772年)12月22日、皇后井上内親王の寝室で、天皇のろうという事件が発生しました。ろうとは、陰部を盗み見ることです。この事件は、井上内親王と天皇の侍従であった槻本老との間に起きたとされています。 事件が発覚すると、井上内親王は天皇に報告し、槻本老は逮捕されました。槻本老は、井上内親王の寝室に忍び込み、井上内親王の陰部を盗み見たことを自白しました。槻本老は、井上内親王の侍従であったため、井上内親王の寝室に出入りすることができました。 槻本老は、井上内親王の陰部を盗み見た罪で、死刑に処されました。井上内親王は、槻本老の事件に連座したとして、皇后の地位を剥奪されました。井上内親王は、その後、出家しました。 この事件は、朝廷に大きな衝撃を与えました。井上内親王は、天皇の正妻であり、皇后の地位にありました。槻本老は、井上内親王の侍従であり、天皇に仕えていました。この事件は、井上内親王と槻本老の不倫事件であり、朝廷の秩序を乱すものでした。 この事件をきっかけに、朝廷では、宮中の秩序を厳格にするための改革が行われました。井上内親王と槻本老の事件は、朝廷の秩序を乱す行為であり、厳罰に処されるべきであるという認識が強まりました。この事件は、朝廷の秩序を守るための改革が行われるきっかけとなりました。
歴史上の人物

奈良-平安時代前期の僧侶、施暁

-施暁の生涯と業績- 施暁は、奈良-平安時代前期の僧侶です。798年に近江国で生まれ、10歳で出家しました。比叡山で修行した後、東大寺で法相宗を学びました。828年に東大寺の大勧進となり、833年に東大寺別当に就任しました。 842年、施暁は唐に留学しました。唐では、長安の青龍寺で法相宗を学び、華厳宗の奥義を極めました。847年に帰国した後、東大寺で華厳宗を講じ、多くの弟子を育てました。 施暁は、法相宗と華厳宗の両方を極めた高僧として知られ、多くの著作を残しました。代表的な著作として、『華厳経疏疏』『法華経疏』『維摩経疏』『倶舎論疏』などがあります。 施暁は、891年に亡くなりました。907年には、朝廷から僧正の称号を贈られました。施暁の著作は、法相宗と華厳宗の発展に大きな影響を与え、今日でも多くの仏教徒に読まれています。 施暁の業績は、大きく分けて以下のようなものがあります。 * 東大寺の大勧進として、東大寺の復興に尽力した。 * 東大寺別当として、東大寺の運営を統括した。 * 唐に留学して、華厳宗の奥義を学んだ。 * 帰国後、東大寺で華厳宗を講じ、多くの弟子を育てた。 * 多くの著作を残し、法相宗と華厳宗の発展に大きな影響を与えた。 施暁は、奈良-平安時代前期の仏教界を代表する高僧であり、その業績は今日でも高く評価されています。
歴史上の人物

神王 – 平安時代前期の公卿

-# 神王の生涯 神王は、平安時代前期の公卿です。桓武天皇の曾孫であり、嵯峨天皇の第一皇子として生まれました。母は、藤原良房の娘である藤原順子です。神王は、幼少期から聡明で、学問を好みました。12歳で元服し、右近衛権少将に任じられました。その後、右近衛権中将、右近衛中将、右衛門督、左兵衛督などを歴任しました。 神王は、父である嵯峨天皇の信任が厚く、皇太子の有力候補と目されていました。しかし、10代の頃に病にかかり、体調を崩しました。そのため、皇太子にはなれませんでした。神王は、その後も病弱な状態が続き、36歳の若さで亡くなりました。 神王は、短命でしたが、その生涯は波乱に満ちていました。父である嵯峨天皇の寵愛を受けながら、病に苦しみ、皇太子になる夢も叶わずに亡くなりました。しかし、神王は、優れた和歌の才能を持ち、数多くの秀歌を残しています。神王の和歌は、平安時代の文学に大きな影響を与えました。 神王の生涯は、平安時代前期の華やかな貴族社会の一端を垣間見ることができます。神王の和歌は、平安時代の人々の繊細な感情や美意識を表現しており、今も多くの人々に愛されています。
歴史上の人物

紀諸人- 飛鳥(あすか)時代の官吏

-紀氏の一族である紀諸人- 紀諸人は、飛鳥時代の人物であり、中央官僚として活躍しました。紀氏は古代日本の有力な豪族であり、諸人はその一族の一員として生まれました。 諸人は、推古天皇の時代に官僚として仕え始め、舒明天皇の時代には、摂政としての実権を握りました。諸人は有能な官僚であり、舒明天皇の治世において、日本の国政を安定させることに貢献しました。 しかし、皇太子だった皇極天皇が即位すると、諸人は失脚し、政治的地位を失いました。その後、諸人は、蘇我入鹿を暗殺した中大兄皇子を補佐し、壬申の乱において、天智天皇の勝利に貢献しました。 壬申の乱後、諸人は、天智天皇の側近として仕え、引き続き、日本の国政に参与しました。諸人は、天智天皇の時代において、日本の政治を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、天武天皇の時代には、引き続き、朝廷に仕え、天武天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、天武天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、持統天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、持統天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、持統天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、文武天皇の時代には、引き続き、朝廷に仕え、文武天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、文武天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、慶雲天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、慶雲天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、慶雲天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、和銅天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、和銅天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、和銅天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、元明天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、元明天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、元明天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、聖武天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、聖武天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、聖武天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、孝謙天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、孝謙天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、孝謙天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、淳仁天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、淳仁天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、淳仁天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、称徳天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、称徳天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、称徳天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、光仁天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、光仁天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、光仁天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、桓武天皇の時代にも、引き続き、朝廷に仕え、桓武天皇の側近として、政治に参与しました。諸人は、桓武天皇の時代において、日本の国政を安定させ、国家の基盤を固めることに貢献しました。 諸人は、聖武天皇の時代、728年に亡くなりました。
歴史上の人物

賀楽内親王-平安時代前期の皇女

賀楽内親王の生涯 皇室の娘である賀楽内親王は、平安時代前期の皇女でした。885年に清和天皇の第10皇女として生まれ、幼くして平安京の宮廷で育ちました。賀楽内親王は、幼い頃から聡明で、学問を好んだことで知られています。彼女は、様々な学問を学び、特に和歌に優れていました。賀楽内親王は、幼い頃から宮廷で教育を受け、書や和歌を学びました。また、彼女は、当時の女性としては珍しく、政治にも関心を持ち、天皇の諮問機関である院政にも参加していました。賀楽内親王は、914年に25歳の若さで亡くなりました。彼女の死は、平安京の宮廷に大きな衝撃を与え、多くの人が彼女を悼みました。賀楽内親王は、平安時代前期の皇女として、様々な功績を残し、その才能と品格で人々に愛され、敬われる存在でした。賀楽内親王は、931年に父帝の清和天皇が崩御すると、母である藤原高子の手を離れて、内裏に入り、皇太后の藤原温子の御世話となりました。賀楽内親王は、皇太后付きの女官として内裏で生活し、父帝の菩提を弔うとともに、皇太后の身の回りの世話をしていました。賀楽内親王は、非常に聡明で学問を好みました。特に和歌に優れていて、多くの歌が残されています。賀楽内親王の歌は、平安時代の和歌集「古今和歌集」にも収められています。賀楽内親王は、954年に70歳で崩御しました。彼女は、平安時代前期の皇女として、数多くの功績を残し、その才能と品格で人々に愛され、敬われる存在でした。
歴史上の人物

「藤原旅子」 奈良時代の桓武天皇の夫人

-藤原旅子の生い立ちと家系- 藤原旅子は、奈良時代の桓武天皇の夫人で、嵯峨天皇の母である。藤原氏の出身であり、父は藤原種継、母は紀古奈良麻呂の娘である。 藤原氏は、奈良時代から平安時代にかけて活躍した貴族の一族で、藤原旅子の父である藤原種継は、桓武天皇の有力な側近であった。しかし、藤原種継は785年に暗殺され、藤原旅子は母の実家である紀氏に引き取られて養育された。 紀氏は、代々皇族や貴族と姻戚関係を結んでおり、藤原旅子もまた桓武天皇の寵愛を受け、788年に女御となり、789年に嵯峨天皇を産んだ。また、桓武天皇の死後は、嵯峨天皇の摂政を務めた。 藤原旅子は、桓武天皇の死後も嵯峨天皇の摂政を務め、政治の実権を掌握した。また、仏教を篤く信仰し、薬師寺や清水寺など、数多くの寺院の建立に寄与した。 藤原旅子は、824年に没し、嵯峨天皇の陵墓である野陵に葬られた。
歴史上の人物

百済永継とは?

百済永継の生涯 百済永継は、百済の第31代、そして最後の王である。本名は扶餘永継。551年に百済の聖明王の子として生まれた。599年に父王の死を受けて即位した。 永継の治世は、高句麗と新羅の二大勢力に挟まれた百済にとって非常に困難な時期であった。高句麗は永継の即位直後に百済に侵攻し、首都の泗沘城を陥落させた。百済は新羅に救援を求め、新羅軍は高句麗軍を撃退したが、新羅は百済に莫大な賠償金を要求した。 永継は高句麗と新羅の二大勢力に挟まれ、苦しい立場に立たされた。彼は高句麗と新羅のどちらにも恭順し、両国との友好関係を維持しようとした。しかし、永継の努力は実らず、660年に高句麗と新羅の連合軍が百済に侵攻し、百済は滅亡した。 永継は百済滅亡後、新羅に連行され、663年に処刑された。享年113歳。永継は百済最後の王として、百済の滅亡を阻止できなかった無能な王と評されることが多い。しかし、永継は高句麗と新羅の二大勢力に挟まれ、苦しい立場に立たされた中で、百済を維持するために努力した悲劇の王であった。 永継の生涯は、百済の滅亡という悲劇的な結末を迎えたが、彼の努力は決して無駄ではなかった。永継の努力は、百済の文化と歴史を後世に伝えることにつながり、百済は朝鮮の歴史の中で重要な役割を果たした国として記憶されている。
歴史上の人物

明日香親王 – 平安時代前期の皇族

-明日香親王の生涯- 明日香親王は、平安時代前期の皇族であった。大皇大后の尊称を得た文徳天皇の第四皇子(異説あり)である。 生年は不詳であるが、天安2年(858年)3月28日に、父である文徳天皇の死後、わずか10歳の時に皇太子となった。しかし、翌天安3年(859年)4月8日に、比叡山延暦寺の僧侶、円仁の密告によって、皇太子を廃され、伊豆国へ流罪となった。理由としては、明日香親王が円仁へ呪詛を加えたため、ということであったが、実際は藤原良房が皇太子としていた源信(のちの清和天皇)を擁立する目的があったとされる。 伊豆へ流罪となった明日香親王は、9年間を配所で過ごした。その間、藤原貞基と藤原元善の援助を受け、兵を集めて、再び皇位を奪還しようとした。しかし、嘉祥3年(850年)12月に、親王の謀反が露見し、捕縛された。 翌天安4年(861年)1月に、明日香親王は斬首された。享年は23歳であった。
歴史上の人物

多治比長野 – 奈良時代の公卿

-多治比長野の生涯- 多治比長野は、奈良時代の公卿であり、参議や大宰権帥などを歴任した。 684年に生まれ、幼い頃から学問に優れていた。 702年に従五位下に叙せられ、704年には右少弁に任じられた。 708年には右中弁に昇進し、翌年には参議に任命された。 710年には大宰権帥に任じられ、713年には従四位上に叙せられた。 715年には左中将に任じられ、716年には中納言に昇進した。 718年には大納言に任命され、720年には正四位上に叙せられた。 721年には右大臣に任じられ、724年には従三位に叙せられた。 729年には左大臣に任じられ、730年には正三位に叙せられた。 737年に薨去した。享年54。 多治比長野は、学問に優れ、政治的手腕にも長けた人物であった。 参議や大宰権帥など、重要な官職を歴任し、奈良時代の政界で活躍した。
歴史上の人物

「賀陽親王」

- 左大臣・葛原親王の同母弟 賀陽親王(かやしんのう)は、平安時代初期の皇族。桓武天皇の第十八皇子。母は藤原種継の娘・賀陽親王。右大臣・葛原親王の同母弟。 賀陽親王は、延暦24年(805年)に誕生。弘仁7年(816年)に、親王宣下を受けて賀陽親王となる。弘仁11年(820年)に、従三位に叙せられる。仁明朝では、左近衛中将、右衛門督などの要職を歴任。天長3年(826年)には、参議に任じられ公卿に列する。 承和5年(838年)、賀陽親王は、左大臣・葛原親王の薨去に伴い、右大臣に昇格。同年、内臣を兼任。翌承和6年(839年)、右大臣を辞任。嘉祥3年(850年)、従一位に叙せられる。仁寿4年(854年)に薨去。享年50。 賀陽親王は、博学で文章に優れ、書道を好んだ。また、和歌にも優れ、勅撰和歌集に多くの作品が収められている。 賀陽親王の墓は、京都市右京区嵯峨鳥居本の遍照寺にある。
歴史上の人物

嵯峨天皇 – 平安前期の第52代天皇

嵯峨天皇の生涯と業績 嵯峨天皇(さがてんのう)は、平安時代前期の第52代天皇である。在位期間は809年から823年までの15年間である。桓武天皇の第二皇子で、母は藤原薬子の妹・藤原乙牟漏である。諱は神野(かみの)。 嵯峨天皇は幼い頃から聡明で、学問を好んだ。桓武天皇の時代に皇太子となり、809年に即位した。即位後は、平安京遷都事業を推進し、平安時代という新しい時代を築いた。また、嵯峨天皇は仏教を篤く信仰し、空海や弘法大師など多くの高僧を遇し、仏教の振興に努めた。 嵯峨天皇は、政治においても優れた手腕を発揮した。彼は、朝廷の腐敗を正し、律令制度を整備した。また、蝦夷征討を成功させ、日本の版図を拡大した。嵯峨天皇は、平安時代前期の天皇として、政治・文化・宗教の各方面において大きな功績を残した。 嵯峨天皇は、823年に譲位し、太上天皇となった。その後も、政治に大きな影響力を持ち続けた。嵯峨天皇は、842年に崩御した。享年56歳であった。 嵯峨天皇の業績 嵯峨天皇は、平安時代前期の天皇として、政治・文化・宗教の各方面において大きな功績を残した。 政治においては、朝廷の腐敗を正し、律令制度を整備した。また、蝦夷征討を成功させ、日本の版図を拡大した。嵯峨天皇は、平安時代前期の天皇として、政治に大きな影響力を持ち続けた。 文化においては、平安京遷都事業を推進し、平安時代という新しい時代を築いた。また、嵯峨天皇は仏教を篤く信仰し、空海や弘法大師など多くの高僧を遇し、仏教の振興に努めた。 宗教においては、仏教を篤く信仰し、空海や弘法大師など多くの高僧を遇し、仏教の振興に努めた。また、嵯峨天皇は、儒教にも通じ、儒教に基づいた政治を行った。 嵯峨天皇は、平安時代前期の天皇として、政治・文化・宗教の各方面において大きな功績を残した。
歴史上の人物

高野新笠 – 光仁天皇の妃

光仁天皇の妃 光仁天皇の妃は、高野新笠(高野新笠女郎、藤原新笠、藤原朝狩、藤原安宿媛、藤原安宿内親王)である。藤原氏出身であり、藤原仲麻呂の娘である。 高野新笠は、光仁天皇の即位前に嫁いだ。光仁天皇が天皇に即位した後、皇后に冊立された。高野新笠は、光仁天皇との間に、桓武天皇、安殿親王、酒人内親王、他戸親王、能登内親王、五百枝内親王、を与良親王、巨勢内親王、長岡親王、賀楽内親王の10人の子供をもうけた。 高野新笠は、光仁天皇の在位中に亡くなった。光仁天皇は、高野新笠の死を悼み、彼女のために手厚い葬儀を執り行った。光仁天皇の死後、高野新笠は山陵に葬られた。 高野新笠は、光仁天皇の妃として、政治に大きな影響力を持った。彼女は、光仁天皇の側近として、政務を補佐した。また、彼女は、藤原仲麻呂と親密な関係を築き、藤原氏の勢力拡大に貢献した。 高野新笠は、光仁天皇の妃として、数多くの功績を残した。彼女は、光仁天皇との間に多くの子供をもうけ、皇室の繁栄に貢献した。また、彼女は、政治に大きな影響力を持って、国政の安定に貢献した。高野新笠は、光仁天皇の妃として、歴史に名を残す女性である。
歴史上の人物

菅原内親王 – 平安時代前期の皇族

桓武天皇の皇女 菅原内親王は、桓武天皇と藤原乙牟漏の間に生まれた皇女です。延暦24年(805年)に生まれ、弘仁14年(823年)に20歳で薨去しました。 桓武天皇の皇女として、菅原内親王は宮中において重要な役割を果たしました。彼女は桓武天皇の寵愛を受け、宮中での地位は高かったと考えられています。また、彼女は非常に聡明で、学問に秀でた人物であったと言われています。 菅原内親王は、平安時代前期における皇族の女性の典型的な生涯を送りました。彼女は宮中で育ち、桓武天皇の寵愛を受けて育ちました。そして、20歳の若さで薨去しました。 菅原内親王の生涯は、平安時代前期の皇族の女性の地位や生活を垣間見ることができます。また、菅原内親王は、非常に聡明で、学問に秀でた人物であったと言われています。このような彼女の生涯は、平安時代前期の皇族の女性の生き方を象徴しています。
歴史上の人物

「基世王」

-基世王の生涯- 基世王(きせいおう。紀元前373年 - 紀元前321年)は、日本の第5代の天皇(在位紀元前342年 - 紀元前321年)である。諱は倭姫命(やまとひめのみこと)。 基世王は、第4代天皇・綏靖天皇の第1皇子である。母は、綏靖天皇の妃である阿礼比売(あれひめ)。 基世王は、紀元前342年に綏靖天皇が崩御した後に、第5代天皇として即位した。即位当時はまだ幼少であったため、皇叔父である饒速日命(にぎはやひのみこと)が摂政として政務を執った。 基世王は、即位後まもなく、大和国の葛城山(かつらぎやま)の麓に宮殿を造営し、遷都した。葛城山は、大和国の東端に位置しており、東国への防衛拠点として適していた。 基世王の治世は、比較的平穏な時代であった。紀元前336年には、出雲国の熊野山(くまのやま)に神殿を建立して、天照大神を祀った。また、紀元前331年には、筑紫国の筑紫山(つくしやま)に神殿を建立して、祖霊を祀った。 基世王は、紀元前321年に崩御した。享年53(満52歳)であった。崩御後、大和国の畝傍山(うねびやま)に葬られた。 基世王は、在位期間が21年と比較的短かったが、大和国の葛城山に遷都して、東国への防衛を固め、また、出雲国と筑紫国に神殿を建立して、神道の基礎を築いた。
歴史上の人物

平潔行

平潔行の生涯 平潔行は、平安時代末期の武人であり、源義経の側近 として活躍しました。 平潔行は、伊勢国(現在の三重県)の豪族、平忠盛の三男として生まれました。 平忠盛は、平清盛の弟であり、源義経の父である源頼朝の叔父にあたります。 平潔行は、幼い頃から武芸に秀でており、 源頼朝が伊豆国に流刑された際には、頼朝に従って伊豆国に赴き、頼朝の側近として仕えました。 その後、頼朝が挙兵して平氏を倒した際には、平潔行も頼朝の軍勢に加わり、各地の戦いで奮戦しました。 頼朝が鎌倉幕府を開いた後、平潔行は頼朝 の側近として引き続き仕え、御家人として厚遇されました。 平潔行は、建久4年(1193年)に京都で起こった「 建久の政変」に巻き込まれ、頼朝の命により自害させられました。享年33歳でした。 平潔行は、その武勇と忠義で知られる名将であり、 源頼朝が鎌倉幕府を開くにあたって大きな貢献を果たした人物です。
歴史上の人物

滋野内親王(809-857):平安時代前期の皇女

-滋野内親王とは- 滋野内親王(しげの ないしんのう)とは、平安時代前期に活躍した皇女で、桓武天皇の皇女であり、嵯峨天皇の同母妹に当たります。母は藤原薬子で、高官の藤原冬嗣の養女として育てられました。 823年、15歳の時に賀茂斎院として卜定され、翌年に賀茂斎院として奉仕を開始しました。賀茂斎院とは、賀茂神社に仕える斎女で、皇女や高位の女官が任命されていました。滋野内親王は、賀茂斎院として10年間奉仕した後、834年に退下しました。 836年、28歳の時に淳和天皇の皇子である恒貞親王と結婚しました。恒貞親王は、淳和天皇の第二皇子で、仁明天皇の同母弟に当たります。滋野内親王と恒貞親王の間には、2人の子供が生まれました。 857年、49歳の時に薨去しました。
歴史上の人物

「関信兼」(⇒平信兼(たいらの-のぶかね))について

-関信兼の生涯- 関信兼(生年不詳 - 治承4年11月(1179年12月))は、平安時代末期の武将。源為義の弟源為仲の子。平信兼とも呼ばれる。 信兼は、清和源氏の一族で、源為義の弟である源為仲の子として生まれた。母は同族の源信明の娘、妹に三位局(藤原信西の妻)がいる。平治元年(1159年)の平治の乱では、源義朝の軍に従い、平清盛の軍と戦った。乱後、源義朝が敗死すると、信兼は逃亡し、信濃国に潜伏した。 その後、信兼は源頼朝の挙兵に参加し、鎌倉幕府の有力御家人となった。頼朝の信任が篤く、頼朝の側近として活躍し、頼朝が亡くなった後も、北条政子に仕えた。 治承4年(1179年)、信兼は平清盛の軍に攻められ、居城の信濃国伊那郡保科郷(長野県伊那市)で戦死した。 信兼の死後、その子孫は関氏を称し、鎌倉幕府の有力御家人として活躍した。