植物病理学者

学術分野の人

「伊藤誠哉」の生涯と功績

植物病理学者としての功績 伊藤誠哉は、植物病理学の分野においても大きな功績を残しました。1900年に東京帝国大学農科大学を卒業後、植物病理学の研究のためアメリカ合衆国に留学しました。留学中は、カリフォルニア大学バークレー校で植物病理学を学び、植物病原菌の研究を行いました。 1903年に日本に帰国した後、東京帝国大学農科大学の植物病理学教室の助教授に就任しました。その後、1906年に教授に昇進し、1916年には農科大学長に就任しました。伊藤誠哉は、農科大学長在任中に、植物病理学の研究を推進し、多くの研究者を育成しました。 伊藤誠哉は、植物病理学の分野において、いくつかの重要な発見をしました。その一つは、植物病原菌の生理学と生化学に関する研究です。伊藤誠哉は、植物病原菌が分泌する毒素の性質を明らかにし、その毒素が植物に病気を引き起こすメカニズムを解明しました。 もう一つの重要な発見は、植物の抵抗性に関する研究です。伊藤誠哉は、植物が病原菌に感染した場合に、抵抗性を示すことを発見しました。そして、植物の抵抗性を向上させるための方法を研究しました。 伊藤誠哉の植物病理学の研究は、日本の農業の発展に大きな貢献をしました。伊藤誠哉の研究成果は、植物病害の防除法の開発に役立ち、日本の農業生産の向上に貢献しました。また、伊藤誠哉の研究は、植物病理学の発展にも大きな影響を与え、多くの研究者に影響を与えました。
学術分野の人

四方英四郎 – 昭和後期から平成時代にかけて活躍した植物病理学者

-植物ウイルスの昆虫体内の増殖を確認- 四方英四郎は1970年代から植物ウイルスの昆虫体内の増殖について研究を行っていた。植物ウイルスは、植物に感染するウイルスの総称である。植物ウイルスは、昆虫を介して植物に感染することが多く、昆虫は植物ウイルスの重要な媒介者である。四方英四郎は、昆虫体内で植物ウイルスがどのように増殖するかを明らかにする研究を行った。 四方英四郎は、まず、植物ウイルスを昆虫に感染させた。そして、昆虫の体内からウイルスを分離し、ウイルスの増殖を調べた。その結果、四方英四郎は、昆虫体内で植物ウイルスが盛んに増殖することを明らかにした。また、四方英四郎は、昆虫体内で植物ウイルスが増殖する部位を特定し、その部位がウイルスの増殖にとって重要な役割を果たしていることを明らかにした。 四方英四郎の研究は、植物ウイルスと昆虫の関係を明らかにする上で大きな貢献をした。四方英四郎の研究成果は、植物ウイルス病の防除に役立てられている。
学術分野の人

→「坂本正幸」

坂本正幸の生涯 坂本正幸は、1837年(天保8年)に播磨国明石(現在の兵庫県明石市)に生まれた。父は播州赤穂藩の家老を務めた坂本龍馬の叔父である坂本直寛、母は播州姫路藩の家老を務めた河合正元の娘である河合歌子である。 正幸は幼い頃から聡明で、学問を好み、剣術や槍術にも秀でていた。1853年(嘉永6年)、17歳の時に江戸に出て、昌平黌に入学して儒学を学んだ。昌平黌で正幸は、後に維新の三傑の一人となる木戸孝允や大久保利通らと親交を結んだ。 1858年(安政5年)、正幸は昌平黌を卒業して播州赤穂藩に戻り、藩主である森忠徳に仕えた。正幸は藩の財政改革や軍制改革などに尽力し、藩政の改革に貢献した。 1868年(慶応4年)、戊辰戦争が起こると、正幸は赤穂藩の軍勢を率いて官軍に参加した。正幸は奥羽越列藩同盟と戦って功績を挙げ、明治政府から賞された。 明治維新後は、正幸は明治政府に出仕して、文部大輔や農商務大輔などを歴任した。正幸は学制の制定や産業の振興などに尽力し、近代日本の発展に貢献した。 正幸は1901年(明治34年)に死去した。享年65歳であった。正幸は、維新の三傑の一人である木戸孝允や大久保利通らと親交を結んだ幕末の志士であり、明治維新後は明治政府に出仕して、学制の制定や産業の振興などに尽力した近代日本の発展に貢献した偉人である。
学術分野の人

逸見武雄 – 大正-昭和時代の植物病理学者

-# 大正-昭和時代の植物病理学者 - 逸見武雄が学問の世界に貢献 逸見武雄は、大正-昭和時代に活躍した植物病理学者です。1892年、現在の大阪府に生まれ、大阪高等農林学校、東京帝国大学農学部を卒業後、同大学大学院に進んで植物病理学を専攻しました。卒業後は、東京帝国大学農学部助教授、教授を歴任し、1937年に京都帝国大学農学部教授に就任しました。 逸見武雄は、植物病理学の分野で多くの業績を上げました。特に、水稲の病害である稲熱病と紋枯病の研究で知られています。稲熱病は、稲の生育に大きな被害を与える病気であり、逸見武雄は、稲熱病菌の生活史を明らかにし、防除法を確立しました。紋枯病も、稲の生育に大きな被害を与える病気であり、逸見武雄は、紋枯病菌の生活史を明らかにし、防除法を確立しました。 逸見武雄の研究は、稲作の増産に大きく貢献しました。また、逸見武雄は、植物病理学の分野で多くの後進を育成し、日本の植物病理学の発展に貢献しました。 逸見武雄の学問の世界への貢献は、以下の点にまとめることができます。 * 水稲の病害である稲熱病と紋枯病の研究で大きな業績を上げ、稲作の増産に貢献した。 * 植物病理学の分野で多くの後進を育成し、日本の植物病理学の発展に貢献した。 * 植物病理学の分野で多くの論文を発表し、その研究成果を広く公開した。 * 植物病理学の分野で多くの学会や研究会を組織し、植物病理学の発展に貢献した。
学術分野の人

中田覚五郎(1887-1939)

-中田覚五郎(1887-1939)- 1. -中田覚五郎の経歴- 中田覚五郎は、1887年に兵庫県神戸市に生まれました。1907年に東京高等商業学校(現・一橋大学)を卒業し、三井銀行に入行しました。1918年に三井銀行を退職し、映画製作会社「日活」を設立しました。日活は、日本初の映画製作会社であり、中田覚五郎は日本映画の父と呼ばれています。 中田覚五郎は、日活で多くの映画を製作し、日本映画の発展に貢献しました。1920年に公開された映画「人情紙風船」は、日本映画初の長編映画であり、大ヒットしました。1925年に公開された映画「雄呂血」は、日本映画初のトーキー映画であり、話題になりました。 中田覚五郎は、1939年に死去しました。52歳でした。中田覚五郎の死後、日活は倒産しましたが、1954年に再建されました。現在の東宝の前身である。 中田覚五郎は、日本映画の発展に貢献した偉大な映画人です。彼の功績は、今もなお語り継がれています。
学術分野の人

「今井三子」

-「今井三子」- -今井三子の生涯と功績- 今井三子(1878-1938)は、日本初の女性医師の一人であり、女性のための医療と教育に尽力した人物です。彼女は、1878年に山口県に生まれ、1899年に東京女子医学校を卒業しました。その後、東京大学医学部に進学し、1903年に日本で初めての女性医師となりました。 今井三子は、卒業後は東京女子医学校に戻り、助教授として教鞭を執りました。1908年には、日本赤十字社の看護婦養成所を設立し、看護婦の養成に尽力しました。また、1912年には、日本初の女性のための病院である「今井三子医院」を開設しました。 今井三子医院は、女性のための総合病院として、産婦人科、小児科、内科、外科など、幅広い診療科目を備えていました。また、今井三子は、女性医師の育成にも力を入れ、多くの女性医師を輩出しました。 今井三子は、1938年に、59歳で亡くなりました。しかし、彼女の功績は、女性のための医療と教育の発展に大きな影響を与え、現在でも多くの女性医師や看護師が活躍しています。 今井三子の生涯と功績をまとめると、以下のようになります。 * 1878年、山口県に生まれる。 * 1899年、東京女子医学校を卒業。 * 1903年、日本で初めての女性医師となる。 * 1908年、日本赤十字社の看護婦養成所を設立。 * 1912年、日本初の女性のための病院である「今井三子医院」を開設。 * 1938年、59歳で亡くなる。 今井三子は、女性のための医療と教育に尽力した偉大な女性であり、彼女の功績は現在でも多くの女性医師や看護師が活躍する礎となっています。
学術分野の人

堀正太郎 – 明治・昭和前期の植物病理学者

堀正太郎の生涯 堀正太郎は、1874年(明治7年)1月1日に、愛媛県松山で生まれた。1893年(明治26年)、第四高等中学校を卒業し、1897年(明治30年)に東京帝国大学農科大学を卒業した。堀は、在学中に植物病理学の大家である宮部金吾の指導を受け、植物病理学の基礎を学んだ。 堀は、卒業後、東京帝国大学農科大学に助手として勤務し、1902年(明治35年)には助教授に昇進した。堀は、助手および助教授として勤務している間、植物病理学の研究を続け、多くの業績を上げた。堀の業績には、イネいもち病やナス青枯病などの重要病害の病原菌の発見や、病害の防除方法の確立などが含まれる。 1906年(明治39年)、堀は東京帝国大学農科大学教授に昇進した。堀は、教授として勤務している間、植物病理学の研究と教育に尽力した。堀は、植物病理学の教科書を執筆したり、学生を指導したりして、植物病理学の発展に貢献した。 堀は、1935年(昭和10年)に東京帝国大学農科大学を退官した。堀は、退官後も植物病理学の研究を続け、多くの業績を上げた。堀の業績には、細菌性萎凋病の病原菌の発見や、病害の防除方法の確立などが含まれる。 堀は、1945年(昭和20年)8月15日に、71歳で永眠した。堀は、日本における植物病理学の草分け的存在であり、植物病理学の発展に大きな貢献をした。
学術分野の人

植物病理学者・栃内吉彦の生涯

栃内吉彦の生い立ちと経歴 栃内吉彦は、1905年(明治38年)4月25日、長野県小諸市に生まれました。父は医師、母は看護師でした。子供のころから自然を愛し、昆虫や植物に親しんでいました。 旧制松竹中学校(現・松竹高等学校)を経て、1924年(大正13年)に東京帝国大学農学部植物病理学科に入学しました。大学では、植物病理学の権威である本郷英一教授に師事し、植物病理学の基礎を学びました。 1928年(昭和3年)に大学卒業後、農林省農事試験場(現・農業・食品産業技術総合研究機構)に勤務しました。農事試験場では、水稲のいもち病の研究に従事し、いもち病菌の生理生態や防除法の研究を行いました。 1934年(昭和9年)には、留学のためにアメリカ合衆国に渡り、ウィスコンシン大学で植物病理学を学びました。ウィスコンシン大学では、植物病理学の権威であるジョン・クリストファー・ウォーカー教授に師事し、植物病理学の最先端の研究に触れました。 1937年(昭和12年)に日本に帰国し、農林省農事試験場に戻りました。農事試験場では、引き続き水稲のいもち病の研究に従事し、いもち病菌の遺伝学や生理生態の研究を行いました。 1941年(昭和16年)に、東京帝国大学農学部植物病理学科の助教授に就任しました。東京帝国大学では、植物病理学の講義を担当し、多くの学生を指導しました。 1945年(昭和20年)には、東京帝国大学農学部植物病理学科の教授に就任しました。東京帝国大学では、植物病理学の研究を続け、多くの研究成果を発表しました。また、多くの学生を指導し、日本の植物病理学の発展に貢献しました。 1962年(昭和37年)には、東京大学農学部長に就任しました。東京大学農学部長としては、農学部の教育と研究の充実を図りました。 1968年(昭和43年)には、東京大学を退官し、名誉教授となりました。退官後は、日本植物病理学会の会長や国際植物病理学会の会長などの要職を歴任しました。 1987年(昭和62年)12月6日、東京都世田谷区の自宅で、心筋梗塞のため逝去しました。享年82歳でした。
学術分野の人

与良清

-# 与良清の経歴 与良清は、1935年(昭和10年)に生まれた奄美大島の民謡歌手である。本名は、与良清登(よら きよと)。奄美大島の名瀬町出身。日本伝統芸能保存会会員、奄美大島振興会会員。 1950年(昭和25年)に、奄美大島で民謡歌手としてデビュー。その後、1955年(昭和30年)に上京し、日本コロムビアと契約。1956年(昭和31年)に、「ハナサン・サンサシ」でレコードデビューを果たした。以後、数々のヒット曲を歌い、奄美大島の民謡を全国に広めることに貢献した。 与良清の唄声は、力強く伸びやかで、奄美大島の自然と人情を歌い上げる。代表曲は、「奄美大島節」「ワイド節」「ディヤレ節」「シマ唄」「チュライ(花)」などである。また、奄美大島以外では、「イシュカリ(石炭節)」も知られている。 与良清は、1971年(昭和46年)に日本レコード大賞の「ロングセラー賞」を受賞。1978年(昭和53年)に「日本伝統芸能保存会会員」となり、1979年(昭和54年)には「奄美大島振興会会員」となった。 与良清は、奄美大島の民謡を全国に広めることに貢献し、日本の伝統芸能を保存する活動に尽力した功績が認められ、1995年(平成7年)に「勲四等瑞宝章」を受章した。 与良清は、2003年(平成15年)に亡くなったが、奄美大島の民謡歌手として、今もなお多くの人々に愛され続けている。
学術分野の人

福士貞吉:植物ウイルス病の研究に尽力した病理学者

福士貞吉の生涯と業績 福士貞吉は、1891 年に長野県に生まれ、1976 年に亡くなりました。彼は、植物ウイルス病の研究に尽力した病理学者です。福士貞吉は、東京帝国大学農学部を卒業後、農林省に就職しました。彼は、農林省在職中に、植物ウイルス病の研究を行いました。福士貞吉は、植物ウイルス病の原因となるウイルスを分離し、その性質を明らかにしました。彼はまた、植物ウイルス病の防除法を開発しました。福士貞吉の研究は、植物ウイルス病の研究に大きな貢献をしました。 福士貞吉の主な業績は以下の通りです。 * 植物ウイルス病の原因となるウイルスを分離し、その性質を明らかにしました。 * 植物ウイルス病の防除法を開発しました。 * 植物ウイルス病の研究に大きな貢献をしました。 福士貞吉の研究は、現在も植物ウイルス病の研究に役立っています。彼の業績は、植物ウイルス病の研究の歴史に大きな足跡を残しました。
学術分野の人

明日山秀文:戦後日本の植物病理学のパイオニア

-植物バイラス病研究の第一人者- 明日山秀文は、植物バイラス病研究の第一人者として知られています。彼は、1922年に長野県に生まれ、1945年に東京帝国大学を卒業しました。その後、農林省研究所に勤務し、植物バイラス病の研究を始めました。 明日山は、植物バイラス病の病原体であるバイラスの性質を明らかにし、バイラス病の防除法の開発に貢献しました。また、彼は、バイラス病の診断法や薬剤の開発にも力を入れ、植物バイラス病の研究に大きな功績を残しました。 明日山の研究は、植物バイラス病の防除に大きく貢献し、日本の農業の発展に寄与しました。また、彼の研究は、植物バイラス病の研究の発展にも貢献し、世界中の研究者に影響を与えました。 明日山は、1985年に亡くなりましたが、彼の研究は、現在でも植物バイラス病の研究に役立てられています。また、彼の功績を讃えて、明日山秀文賞が設立されました。明日山秀文賞は、植物バイラス病の研究に貢献した研究者に贈られる賞で、毎年、数名の研究者に贈られています。
学術分野の人

土居養二 – 植物病理学者

-土居養二の功績- 土居養二は、植物病理学の分野において多くの功績を残した。その中でも特に重要なものとしては、以下の3つが挙げられる。 -1. 馬鈴薯疫病の防疫法の確立- 土居養二は、馬鈴薯疫病の防疫法を確立した。馬鈴薯疫病は、馬鈴薯を枯死させる病気であり、当時は世界中で大流行していた。土居養二は、馬鈴薯疫病の原因となる菌を特定し、その菌を駆除する方法を開発した。この方法は、馬鈴薯疫病の蔓延を食い止めることに成功し、大きな被害を防止した。 -2. 病害虫の防除法の開発- 土居養二は、病害虫の防除法を開発した。病害虫は、農作物に被害を与える生物であり、当時は大きな問題となっていた。土居養二は、病害虫の生態を調査し、その弱点を利用した防除法を開発した。この方法は、病害虫の被害を軽減することに成功し、農作物の生産量を増加させた。 -3. 植物病理学の教育・研究の振興- 土居養二は、植物病理学の教育・研究の振興に尽力した。土居養二は、東京帝国大学に植物病理学教室を設立し、多くの学生を育てた。また、土居養二は、植物病理学に関する多くの著書を執筆し、植物病理学の普及に貢献した。 土居養二の功績は、世界中の農業に大きな影響を与えた。土居養二の研究成果は、今日でも活用されており、多くの農作物を病害虫から守っている。
学術分野の人

西門義一:植物病理学の巨匠

西門義一の人生と経歴 西門義一は、1877年(明治10年)6月22日、鹿児島県阿久根市に生まれました。1899年(明治32年)に東京帝国大学農科大学を卒業し、1901年(明治34年)に農学博士号を取得しました。1902年(明治35年)に農事試験場に入り、1907年(明治40年)に東京帝国大学農科大学の教授に就任しました。1921年(大正10年)に農科大学長に就任し、1927年(昭和2年)に農林大臣に就任しました。1934年(昭和9年)に東京帝国大学総長に就任し、1939年(昭和14年)に退任しました。1945年(昭和20年)に故郷の鹿児島県阿久根市で死去しました。 西門義一は、植物病理学の研究に大きな貢献をしました。1904年(明治37年)に、「稲のいもち病菌の生活史」を発表し、いもち病菌の生活史を明らかにしました。1906年(明治39年)には、「稲のいもち病菌の生態」を発表し、いもち病菌の生態を明らかにしました。1910年(明治43年)には、「稲のいもち病菌の防除法」を発表し、いもち病の防除法を確立しました。 西門義一は、植物病理学の研究だけでなく、農学教育にも大きな貢献をしました。1911年(明治44年)に、農科大学に植物病理学講座を開設し、植物病理学の教育を始めました。1917年(大正6年)には、農林省農事試験場に植物病害研究所を開設し、植物病理学の研究を始めました。1921年(大正10年)には、農科大学長に就任し、農学教育の改革に取り組みました。 西門義一は、植物病理学の研究と農学教育に大きな貢献をした、日本の農学者の先駆者です。
学術分野の人

平塚直秀 – 昭和・平成期の植物病理学者

-平塚直秀の経歴と業績- 平塚直秀は、1887年(明治20年)1月15日に新潟県高田市(現上越市)に生まれた。1907年(明治40年)に東京帝国大学農科大学農学部を卒業し、農商務省農事試験場勤務となった。1911年(明治44年)にアメリカ合衆国に留学し、コロンビア大学で学び、1913年(大正2年)に帰国した。 帰国後は、農商務省農事試験場に戻り、植物病理学の研究を続けた。1914年(大正3年)には、稲のイモチ病の病原菌を発見し、その病名を「イモチ病菌」と命名した。1915年(大正4年)には、稲の穂発芽病の病原菌を発見し、その病名を「穂発芽病菌」と命名した。 1917年(大正6年)には、東京帝国大学農科大学農学部教授に就任し、1937年(昭和12年)までその職にあった。その間、1924年(大正13年)には、日本植物病理学会を設立し、その初代会長に就任した。1925年(大正14年)には、農学博士の学位を取得した。 1937年(昭和12年)には、東京帝国大学を退官し、日本大学教授に就任した。1945年(昭和20年)には、帝国学士院会員に選出された。1951年(昭和26年)には、日本学士院賞を受賞した。 1952年(昭和27年)10月2日に東京都で死去した。享年66歳。 平塚直秀は、日本の植物病理学の分野で活躍した先駆者の一人である。稲のイモチ病や穂発芽病の病原菌を発見し、その病名を命名したことは、植物病理学の分野で大きな功績を残したと言える。また、日本植物病理学会の設立や、日本学士院賞の受賞など、日本の植物病理学の発展に貢献した。