椎谷藩主

歴史上の偉人

堀直宣 – 江戸時代中期の大名

江戸時代中期の越後椎谷藩主 堀直宣(ほりなおのぶ)は、江戸時代中期の越後椎谷藩の第2代藩主。実質的には、椎谷藩唯一の藩主である。 直宣は、元禄16年(1703年)、越後椎谷藩初代藩主・堀直宥(ほりなおひろ)の長男として江戸城内の藩邸で生まれた。正徳4年(1714年)、父の死去により、12歳で家督を相続した。 直宣は、享保元年(1716年)に椎谷藩に帰国し、藩政を開始した。直宣は、施政の方針として、藩財政の再建と殖産興業を掲げた。そして、藩内の農地開発や、棉花や紅花の栽培を奨励した。また、藩の特産品である椎谷紙の生産を拡大し、販売網を整備した。 直宣の施政により、椎谷藩の財政は好転し、藩民の生活も向上した。また、椎谷紙は、全国的に高い評価を得るようになり、藩の貴重な収入源となった。 直宣は、明和8年(1771年)に、69歳で死去した。家督は、養子の直央(なおあき)が相続した。 直宣は、椎谷藩の発展に尽力した名君として知られている。また、直宣は、江戸城内で生まれた藩主であり、椎谷藩で生まれた藩主はいない。そのため、直宣は、椎谷藩唯一の藩主と言える。
歴史上の偉人

– 堀直起

堀直起の生涯 堀直起は、1905年(明治38年)6月22日に京都府で生まれ、1980年(昭和55年)1月11日に東京都で亡くなった日本の実業家・政治家です。 堀直起は、早稲田大学政治経済学部を卒業後、1930年(昭和5年)に大日本印刷に入社しました。大日本印刷では、営業畑を歩み、1945年(昭和20年)に取締役、1947年(昭和22年)に専務取締役、1950年(昭和25年)に社長に就任しました。 堀直起は、社長に就任後、大日本印刷の経営を近代化し、印刷業界のトップ企業に育て上げました。また、堀直起は、日本経済団体の会長や日本商工会議所の会頭など、経済界の要職を歴任し、日本経済の発展に貢献しました。 堀直起は、1963年(昭和38年)に政界に進出し、参議院議員に当選しました。参議院議員としては、経済産業委員会の委員長や自民党政務調査会長などを歴任しました。 堀直起は、1974年(昭和49年)に参議院議員を辞職し、政界を引退しました。政界引退後は、実業界に戻り、大日本印刷の相談役や日本経済団体の顧問などを歴任しました。 堀直起は、1980年(昭和55年)1月11日に東京都で亡くなりました。享年74歳でした。
歴史上の偉人

堀直旧 – 江戸時代中期の大名

堀直旧の生涯 堀直旧は、江戸時代中期の大名で、越前国福井藩の第4代藩主。堀直澄の長男として生まれ、1691年に家督を継いだ。直旧は、藩政改革を行い、藩財政を立て直した。また、儒教を奨励し、藩校「明道館」を創設した。直旧は、1725年に死去し、跡を養子の直央が継いだ。 直旧は、1677年に京都で生まれた。幼名は亀麿。堀直澄の長男として生まれ、1688年に世子となった。1691年、堀直澄が死去し、直旧が家督を継いだ。直旧は、藩政改革を行い、藩財政を立て直した。また、儒教を奨励し、藩校「明道館」を創設した。 直旧は、1725年に死去し、跡を養子の直央が継いだ。直央は、直旧の藩政改革を引き継ぎ、藩政を安定させた。また、明道館を整備し、藩士の教育に力を注いだ。直央は、1762年に死去し、跡を養子の直升が継いだ。 直旧は、藩政改革を行い、藩財政を立て直した。また、儒教を奨励し、藩校「明道館」を創設した。直旧は、藩政を安定させ、藩士の教育に力を注いだ。直旧の藩政改革は、福井藩の発展に大きく貢献した。
歴史上の偉人

堀直央 – 江戸時代中期の大名

堀直央の生涯 堀直央は、江戸時代中期の大名です。1655年、堀直寄の子として生まれ、1671年に家督を継ぎました。上総国久留里藩の2代藩主となり、1701年に亡くなりました。 直央は、藩政改革に力を入れました。藩財政を立て直すために、倹約令を出し、藩士の俸禄を削減しました。また、藩士の教育にも力を入れ、藩校「有徳館」を創設しました。 直央は、学問を好みました。特に、儒学に詳しく、藩士に儒学を奨励しました。また、和歌や俳句にも精通しており、多くの作品を残しました。 直央は、庶民にも親しまれました。藩内を巡視して、民情を視察しました。また、藩士に命じて、庶民を救済する政策を実施させました。 堀直央は、藩政改革に成功し、久留里藩を繁栄させました。また、学問を奨励し、庶民にも親しまれました。直央は、江戸時代中期を代表する名君の一人です。
歴史上の偉人

堀直恒を紐解く- 江戸時代中期の大名の人生と功績

堀直恒の生涯- 生誕から享保15年12月10日の死去まで 堀直恒は、1670年(寛文10年)8月25日、上野国高崎藩主・堀直宥の長男として生まれました。幼名は亀之丞。母は、家老・酒井忠朝の娘です。直恒は、1674年(延宝2年)に父が病死したため、わずか5歳で家督を相続しました。 直恒は、幼少期から学問に励み、特に儒学を好みました。また、武術にも優れ、弓馬の達人としても知られていました。1685年(貞享2年)に元服し、堀直恒と名乗りました。 1695年(元禄8年)、直恒は徳川綱吉の側近である柳沢吉保の娘・光子を正室に迎えました。綱吉との関係を強めることで、高崎藩の地位をより盤石なものとすることを狙ったものでした。 直恒は、1700年(元禄13年)に大老に就任し、享保元年(1716年)までその職にありました。大老在任中は、綱吉の命令を受けて、赤穂浪士の討ち入りを裁いたり、新田開発事業を推進したりするなど、多くの功績をあげました。 また、直恒は学問と文化を奨励し、藩内に多くの学校や図書館を設立しました。また、儒学者・新井白石を招いて、学問所を設けました。白石は、直恒の命を受けて『藩翰譜』や『皇統譜』などの著作を執筆し、歴史学の発展に大きく貢献しました。 直恒は、享保15年(1730年)12月10日、江戸藩邸で死去しました。享年61歳。家督は、長男の直央が相続しました。 直恒は、江戸時代中期を代表する大名の一人です。学問と文化を奨励し、藩内の発展に尽くした名君として知られています。