権大納言

歴史上の偉人

源顕雅 – 平安時代後期の公卿

-公卿とは何だったのか?- 公卿とは、平安時代後期に朝廷で政務を取り仕切った官僚の最高位である。公卿は、天皇に直接仕え、政務や裁判を担当した。公卿は、貴族階級から選ばれ、そのほとんどが藤原氏の一族であった。 公卿は、天皇の諮問機関である政務会議に出席し、政務について議論した。また、公卿は、裁判所を主宰し、裁判を担当した。公卿は、貴族階級の最高位であり、その地位は非常に高かった。 公卿は、天皇に仕えることを通じて、政治権力を掌握していた。公卿は、政務会議に出席して政務について議論することで、政治の方向性を決定していた。また、公卿は、裁判所を主宰して裁判を担当することで、社会の秩序を維持していた。 公卿は、平安時代後期に朝廷で政務を取り仕切った官僚の最高位であり、その地位は非常に高かった。公卿は、天皇に仕えることを通じて、政治権力を掌握していた。
歴史上の偉人

久我信通 – 江戸時代中期の公卿

-久我信通 - 江戸時代中期の公卿- -血筋と家柄- 久我信通は、江戸時代中期の公卿。久我光通の子。母は三条西実澄の娘。官位は従一位左大臣。 久我氏は、藤原北家閑院流の公家。藤原忠通の三男・雅定を祖とする。雅定は、久我を号し、以後久我氏を称した。久我氏は、鎌倉時代から江戸時代にかけて栄え、室町時代には、久我通雄が摂政、久我信通が左大臣に就任するなど、朝廷で重要な役割を果たした。 久我信通の父・光通は、従二位権大納言まで昇進し、久我氏の家格を維持した。信通は、光通の長男として誕生し、幼い頃から公卿としての教育を受けた。信通は、明正天皇の信任を得て、左大臣に任命された。信通は、公卿として、朝廷の儀式や行事を執り行い、公家の間の争いを調停するなど、朝廷の運営に尽力した。 久我信通は、左大臣の官位を以って、久我氏の家格を守り抜いた。信通の子孫は、江戸時代を通じて、公卿として朝廷で活躍し、久我氏は、江戸時代を通じて、公家として朝廷で活躍した。
歴史上の偉人

– 葉室光忠

# 葉室光忠 - 葉室光忠の生涯 葉室光忠は、鎌倉時代中期の武士です。南北朝時代の武将である楠木正成の側近として活躍しました。 1302年に京都で生まれ、父は葉室光家、母は北条時宗の娘である安嘉門院七条殿です。葉室氏は、源頼朝の家臣であった葉室宗行を祖とする武家です。 光忠は、幼い頃から弓矢や馬術などの武芸を学び、13歳で鎌倉幕府に仕えました。1331年に鎌倉幕府が倒されると、光忠は楠木正成の元に身を寄せました。 楠木正成は、後醍醐天皇の忠臣であり、鎌倉幕府を倒すために戦っていました。光忠は、楠木正成の側近として、各地を転戦し、活躍しました。 1336年に楠木正成が湊川の戦いで戦死すると、光忠は楠木正成の遺児である楠木正行を奉じて、河内国に潜伏しました。1348年に楠木正行が自害すると、光忠は出家して、僧侶となりました。 1361年に京都で死去しました。享年60歳でした。 葉室光忠は、楠木正成の忠臣として、最後まで楠木正成を支え続けた人物です。義理堅く、武勇に優れた人物として、後世に語り継がれています。
歴史上の偉人

三条西季知 – 幕末から明治にかけて活躍した公卿

-三条西季知の生涯- 三条西季知は、幕末から明治にかけて活躍した公卿である。1819年、権中納言・三条西公弼の三男として生まれる。幼名は元忠。1826年、父・公弼が薨去すると、家督を継承する。 1834年、従五位上・侍従に叙任。1837年、権右中弁に任じられる。その後、右中弁、左中弁、中納言を歴任。1863年、大納言に昇進する。 1864年、外国奉行に任じられる。この頃、幕府は長州藩の処分を巡って朝廷と対立していた。三条西季知は、幕府の意向を受けて朝廷に長州藩の処分を求めたが、朝廷はこれを拒否した。 1866年、三条西季知は権大納言に昇進する。同年、薩長同盟が締結され、幕府は倒壊に向かった。三条西季知は、幕府の崩壊を予感して朝廷に接近し、新政府への協力を表明した。 1868年、王政復古が行われ、明治政府が成立する。三条西季知は、参与に任命された。その後、民部卿、大蔵卿、内務卿を歴任。1871年、太政大臣に就任する。 三条西季知は、太政大臣として明治政府の近代化政策を推進した。地租改正、学制の制定、徴兵令の制定など、数多くの改革を断行した。また、1872年には岩倉使節団を欧米に派遣し、欧米の文明を視察させた。 1873年、三条西季知は太政大臣を辞任し、元老院議長に就任する。1883年、薨去。享年65。 三条西季知は、幕末から明治にかけて活躍した公卿である。明治政府の近代化政策を推進するなど、近代日本の発展に大きな貢献をした。
歴史上の偉人

洞院実夏-南北朝時代の公卿

-洞院実夏の生涯- 洞院実夏は、南北朝時代の公卿で、権大納言・洞院実世の子です。幼名は花山宮家より「実」の字を賜り、実明と名乗りました。建武4年(1337年)に元服し、実夏と改名しました。父と同じく公卿に列し、従四位上・左中将に叙任されました。 後醍醐天皇の建武政権が崩壊すると、実夏は北朝に仕えます。延元2年(1337年)に正四位下・左近衛少将に叙任され、翌延元3年(1338年)には従三位・左近衛中将に昇進しました。 正平6年(1351年)には権中納言に任命されました。正平7年(1352年)には正三位に叙され、正平8年(1353年)には権大納言に昇進しました。正平11年(1356年)には正二位に叙され、正平14年(1359年)には従一位に叙されています。 正平15年(1360年)には内覧に任命されました。内覧は、天皇を補佐する最高位の官職であり、実夏は北朝の事実上の最高権力者となりました。 正平19年(1364年)、実夏は60歳で薨去しました。 実夏は、公卿として北朝に仕え、内覧まで務めた名門貴族でした。また、和歌にも優れ、数多くの和歌を残しています。
歴史上の偉人

藤原経任(2)-鎌倉時代の公卿

# 藤原経任(2)の生涯 藤原経任(2)は、鎌倉時代前期の公卿である。藤原北家勧修寺流、権中納言藤原家良の子。官位は正二位権大納言。 * -幼少期- 経任(2)は、寛喜3年(1231年)に藤原家良の子として誕生した。幼名は玄猷。幼少期は出家して延暦寺で修学し、僧として過ごした。 * -出家後- 天福元年(1233年)に13歳で出家し、延暦寺で修学する。寛元2年(1244年)に権律師に任ぜられるが、翌建長元年(1249年)に還俗した。 * -還俗後- 還俗後は、父である家良の跡を継いで勧修寺流の当主となる。文永9年(1272年)に36歳の時に蔵人頭に任ぜられ、弘安2年(1279年)に中納言に昇進した。弘安7年(1284年)には権大納言に任ぜられた。 * -晩年- 正応元年(1288年)、58歳で薨去した。法名は玄祐。 * -人物- 経任(2)は、学者としても知られており、多くの著作を残している。『古事記』『日本書紀』『万葉集』などの注釈書や、仏教に関する著作などである。また、彼は和歌にも優れており、勅撰和歌集に数多く入選している。 経任(2)は、鎌倉時代前期を代表する公卿であり、学者として、歌人としても活躍した。
歴史上の偉人

大炊御門家信- 幕末の公卿(くぎょう)の軌跡

-公卿としての功績と生涯- 大炊御門家信(1815-1886)は、幕末の公卿(くぎょう)で、幕末の動乱期に活躍しました。位階は正二位、官職は右大臣まで昇りました。 家信は、1815年に京の公家・大炊御門家信の三男として生まれました。1836年に従五位下に叙せられ、公家としての道を歩み始めました。家信は、早くから頭角を現し、1846年に右近衛少将に任命されました。1853年にペリーが浦賀に来航すると、朝廷は家信を全権大使としてペリーと交渉させました。家信は、ペリーと会談し、日米修好通商条約に調印しました。 家信は、幕末の動乱期にあって、朝廷の重鎮として活躍しました。1862年に長州藩が朝廷に兵を向けると、家信は朝廷を代表して長州藩と交渉し、長州藩を説得して兵を退かせました。1867年に大政奉還が行われると、家信は新政府の議定に任命されました。家信は、新政府の要職にあって、明治維新に尽力しました。 家信は、1886年に東京で亡くなりました。71歳でした。家信は、公卿として幕末の動乱期に活躍し、明治維新に尽力した功労者です。 家信の公卿としての功績は、大きく分けて二つあります。一つ目は、ペリーと交渉し、日米修好通商条約に調印したこと。二つ目は、長州藩と交渉し、長州藩を説得して兵を退かせたことです。 家信は、公卿として、朝廷の重鎮として活躍しました。家信は、幕末の動乱期にあって、朝廷を代表して外国と交渉し、また、長州藩と交渉して兵を退かせました。家信の公卿としての功績は、日本の近代化に大きな貢献を果たしました。
歴史上の偉人

外山光顕

- 外山光顕とは? 外山光顕は、1882年(明治15年)に東京府で生まれた日本の政治家、経済人です。外務省や大蔵省で官僚として働き、1936年(昭和11年)に第32代内閣総理大臣に就任しました。また、日本銀行の第2代総裁や帝国生命保険の初代社長も務めました。 外山光顕は、1904年(明治37年)に東京帝国大学法科大学を卒業し、外務省に入省しました。その後、大蔵省に転じ、1924年(大正13年)に主計局長に就任しました。1927年(昭和2年)には、若槻礼次郎内閣で蔵相に任命されました。 1931年(昭和6年)に、満州事変が勃発すると、外山光顕は、幣原喜重郎外相とともに、不拡大方針を主張しました。しかし、陸軍の強硬な態度により、日本は満州に侵攻し、満州国を建国しました。 1936年(昭和11年)、外山光顕は、広田弘毅内閣の総理大臣に就任しました。外山光顕は、政党との協調を図り、社会政策を推進しましたが、陸軍の圧力が強まり、1937年(昭和12年)に総理大臣を辞任しました。 外山光顕は、1938年(昭和13年)に、日本銀行の総裁に就任しました。外山光顕は、金融政策を緩和し、経済の拡大を図りました。また、外山光顕は、帝国生命保険の初代社長も務め、日本の保険事業の発展に貢献しました。 外山光顕は、1946年(昭和21年)に、公職追放となり、1956年(昭和31年)に死去しました。
歴史上の偉人

園基福 – 江戸時代前期の公卿

-園基福の生涯- 園基福(そのもと もとよし)は、江戸時代前期の公卿。権大納言・園基任の子。官位は内大臣・右大臣。 慶長10年(1605年)、権大納言・園基任の子として生まれる。母は松殿光広の娘・盈子。同族の姉・基子を徳川秀忠の側室としており、甥に徳川家光がいる。異母兄・基音の養子となった。 元和9年(1623年)、従五位上・侍従に叙任し、以降侍従・左近衛権少将・右近衛権少将を歴任する。寛永4年(1627年)に従三位・権中納言に進む。寛永8年(1631年)に権大納言。寛永13年(1636年)3月に内大臣、12月に右大臣に任じられた。 寛永14年(1637年)、薨去。享年33。 基福は、公家と武家の融和に尽力し、徳川家光とも親密な関係にあった。また、和歌にも優れ、勅撰和歌集に多数入集されている。 基福の死後、その子である実福と基貞が相次いで早世したため、園家は絶家となった。しかし、基福の姉である基子が徳川秀忠の側室となって生んだ子の徳川光友が松平姓から園姓に改姓し、園家を再興した。
歴史上の偉人

「難波宗勝」

-難波宗勝の生涯- 難波宗勝は、1545年に尾張国海東郡難波村(現在の愛知県海部郡蟹江町)に生まれた。幼名は万五郎。織田信長に仕えて、永禄11年(1568年)には、信長の妹であるお市の方の輿入れの際に、その付き添いを務めた。翌元亀元年(1570年)、姉川の戦いでは、武田信玄の軍勢と戦い、功績を挙げた。 天正元年(1573年)、信長が浅井長政と朝倉義景を滅ぼした後は、近江国の長浜城の城主となった。天正3年(1575年)、長篠の戦いでは、徳川家康の軍勢に加わり、武田勝頼の軍勢を破った。天正6年(1578年)、荒木村重が信長に反旗を翻した際には、有岡城の攻略に参加した。 天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が横死した後は、羽柴秀吉に仕えた。天正13年(1585年)、賤ヶ岳の戦いで、柴田勝家軍を破った。天正14年(1586年)、九州平定に功績を挙げ、肥後国熊本城の城主となった。 天正15年(1587年)、秀吉が関白に就任した後は、五奉行の1人となり、豊臣政権の中枢で活躍した。天正18年(1590年)、小田原征伐に参加し、北条氏を滅ぼした。 文禄元年(1592年)、秀吉が朝鮮出兵を開始すると、宗勝は総大将として出陣した。しかし、明軍・朝鮮軍の反撃に遭い、苦戦を強いられた。文禄3年(1594年)、秀吉の命により、朝鮮から撤退した。 慶長3年(1598年)、秀吉が死去すると、宗勝は石田三成らと組んで、豊臣政権の掌握を目指した。しかし、慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで、徳川家康に敗北し、捕らえられた。 慶長6年(1601年)、宗勝は伏見で斬首された。享年57。 難波宗勝は、織田信長、豊臣秀吉に仕えて、数々の武功を挙げた名将であった。しかし、関ヶ原の戦いで敗北し、悲劇的な最期を遂げた。
歴史上の偉人

広幡基豊-江戸時代後期の公卿

-広幡基豊の生涯- 広幡基豊は、江戸時代後期の公卿です。1822年(文政5年)に広幡忠礼の子として生まれ、1843年(天保14年)に叙爵されて以来、権大納言、内大臣、右大臣を歴任しました。1883年(明治16年)に薨去しました。 広幡基豊は、尊王攘夷派の公卿として知られており、幕末には攘夷運動の中心人物として活躍しました。1863年(文久3年)に起こった天誅組の変では、天誅組の挙兵を支持し、資金援助を行いました。また、1864年(元治元年)には、禁門の変で長州藩の軍勢を率いて京都御所に攻め込みました。 禁門の変の後、広幡基豊は朝敵とされ、長州藩に幽閉されました。しかし、1869年(明治2年)に明治維新が起こると赦され、参議に任命されました。その後、宮中顧問官、枢密顧問官を歴任し、1883年(明治16年)に薨去しました。 広幡基豊は、尊王攘夷派の公卿として、幕末の動乱期に活躍した人物です。禁門の変で長州藩の軍勢を率いて京都御所に攻め込んだことは、幕末の政局に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

滋野井公澄 江戸時代中期の公卿

-滋野井公澄の生涯- 滋野井公澄の生涯 滋野井公澄は、江戸時代中期の公卿である。滋野井家の一門で、江戸幕府の将軍・徳川家光の側近として活躍した。公澄は、1611年に京都で生まれた。父は滋野井公房、母は山科言経の娘である。公澄は、幼少期から秀才として知られ、1627年に17歳の若さで従五位下に叙され、侍従に任じられた。その後、公澄は順調に昇進を続け、1640年には従三位に叙され、権中納言に任じられた。 1641年、公澄は徳川家光の上洛に随行し、江戸に赴いた。家光は、公澄の才能を高く評価し、側近として重用した。公澄は、家光の政治を支え、幕政に大きな影響力を及ぼした。家光の死後は、徳川家綱の補佐を務めた。 公澄は、1675年に65歳の生涯を閉じた。公澄の死後、滋野井家は断絶した。公澄の業績を称えて、1676年に従一位を追贈された。 公澄は、公卿として活躍しただけでなく、学者、歌人としても知られている。公澄は、歌道を好み、多くの和歌を残した。また、公澄は、儒学にも通じており、多くの儒書を著した。公澄の著書は、後世の学者に大きな影響を与えた。
歴史上の偉人

勧修寺教秀とは?

-# 勧修寺教秀の生涯 勧修寺教秀は、1170年頃、平安末期に生まれたとされる。出家して法名を教秀と称し、京都にある栂尾山高山寺に住した。教秀は、歌人として知られ、藤原定家らと交流があった。また、源平合戦の際には、平家方についたが、壇ノ浦の戦いで敗れて捕らえられ、鎌倉に送られた。しかし、まもなく恩赦により釈放され、栂尾山高山寺に戻った。 教秀は、その後も歌人として活躍し、1228年に亡くなった。法名は、後白河法皇から贈られた「正法明覚禅師」である。教秀の和歌は、現在も多くの歌集に収録されており、その歌風は、優美で洗練されたものと評されている。 教秀は、平家方についたため、鎌倉幕府から敵視されることもあった。しかし、教秀の歌才は認められ、幕府からも庇護を受けていた。また、教秀は、後白河法皇からも寵愛を受け、法名も後白河法皇から贈られたものである。 教秀は、歌人としてだけではなく、仏教者としても活躍した。教秀は、栂尾山高山寺に多くの仏像や経典を寄進し、寺の伽藍を整備した。また、教秀は、多くの弟子を育て、仏教の教えを広めた。 教秀は、平安末期から鎌倉時代にかけて、歌人として、仏教者として活躍した。教秀の和歌は、現在も多くの歌集に収録されており、その歌風は、優美で洗練されたものと評されている。また、教秀は、栂尾山高山寺の伽藍を整備し、仏教の教えを広めるなど、仏教者としても活躍した。
歴史上の偉人

一条内経 – 鎌倉時代の名歌人

一条内経の生涯と経歴 一条内経は、鎌倉時代前期の歌人です。 1218年、一条家当主の一条実経の娘として生まれました。名字は藤原氏、法名は慈文院。父の実経は、優れた政治家であり、歌人でもあったことから、内経も幼い頃から和歌を学びました。 内経は、13歳で従三位に叙せられ、内侍所に出仕しました。そして、20歳で中宮大進に任命されました。内経は、中宮大進として、天皇や皇后の側近として仕えました。 内経は、歌人としても活躍しました。1241年、内経は、藤原定家の主催した「賀茂別雷社歌合」に参加しました。この歌合で、内経は、入道前関白藤原良経や、藤原光俊らと対戦し、見事な和歌を詠みました。 1246年、内経は、従一位に叙せられ、准三宮に昇進しました。内経は、鎌倉幕府からも重んじられ、1257年には、幕府の命により、春日若宮社に奉納する和歌を詠みました。 内経は、1272年に55歳で亡くなりました。内経の歌は、『新古今和歌集』、『続古今和歌集』、『続拾遺和歌集』などの勅撰和歌集に多く入集しています。また、内経は、私家集『一条内経集』も残しています。 内経の和歌は、優美で繊細な表現が特徴です。また、内経は、恋の歌だけでなく、自然を詠んだ歌も数多く残しています。 内経は、鎌倉時代前期を代表する歌人であり、その和歌は、現在でも多くの人々に愛されています。
歴史上の偉人

広幡豊忠の生涯と軌跡

-公卿としての広幡豊忠- 広幡豊忠は、天保4年(1833年)に京都で生まれた。公家の家柄に生まれ、幼い頃から公卿としての教育を受けた。安政3年(1856年)に24歳で公卿となり、幕末の政局に参画した。 豊忠は、公卿として幕府と朝廷の関係改善に尽力した。文久2年(1862年)には、幕府の老中と朝廷の公卿の間で交渉を行う「公議政体」の設置に尽力し、幕府と朝廷の協力体制の構築に努めた。しかし、幕府と朝廷の対立は激化し、公議政体はわずか1年で崩壊した。 慶応2年(1866年)、豊忠は朝廷の最高官職である太政大臣に就任した。しかし、幕府と朝廷の対立はさらに激化し、慶応4年(1868年)に戊辰戦争が勃発した。豊忠は、戊辰戦争で朝廷軍の総帥を務め、幕府軍を破った。 戊辰戦争後、豊忠は明治政府で要職を歴任した。明治2年(1869年)には内務卿に就任し、明治政府の地方行政を担った。明治4年(1871年)には文部卿に就任し、明治政府の教育政策を担った。明治6年(1873年)には右大臣に就任し、明治政府の最高官職を務めた。 豊忠は、明治11年(1878年)に46歳で死去した。豊忠は、公卿として幕末の政局に参画し、明治維新後の日本近代化に尽力した。
歴史上の偉人

東坊城恒長の生涯と功績

生い立ちと家系 東坊城恒長は、室町時代の公卿です。応永23年(1416年)に誕生しました。父は権大納言の東坊城益長、母は日野家光の娘です。東坊城家は、藤原北家閑院流の公家であり、代々朝廷で重要な役職を歴任してきました。恒長も、幼い頃から公卿としての実務を学び、順調に官職を昇進していきました。 恒長は、永享5年(1433年)に参議に任命され、その後、権大納言、内大臣、左大臣を歴任しました。また、応仁元年(1467年)には、太政大臣に任命され、朝廷のトップに上り詰めました。恒長は、太政大臣を10年以上務め、延徳2年(1490年)に薨去するまで、朝廷の運営に大きな影響を与えました。 恒長は、公卿としての功績だけでなく、文化人としても活躍しました。和歌や連歌に秀でており、多くの作品を残しています。また、書道にも長けており、その作品は現在でも高く評価されています。恒長は、室町時代の公卿として、政治、文化の両面で大きな業績を残した人物です。
歴史上の偉人

【東園基雅】-江戸時代前期に活躍した公卿

-# 東園基雅の生涯 東園基雅は、江戸時代前期に活躍した公卿です。1605年、京都に生まれました。父は東園基音、母は勧修寺晴豊の娘・以登子です。東園家は、藤原北家閑院流の公家であり、基雅は代々続く名門の出身でした。 基雅は幼少期から聡明で、1619年に15歳で元服します。1623年には従五位下に叙され、以降順調に出世を重ねます。1637年には参議となり、1641年には権中納言に昇進しました。1650年には内大臣となり、1653年には右大臣に就任しました。1658年には左大臣に任命され、公家としての頂点に上り詰めました。 基雅は、藤氏長者の地位にもありました。藤氏長者は、藤原氏一門の最長老であり、公家社会における最高位とされていました。基雅は1658年に藤氏長者となり、1672年に亡くなるまでその地位を維持しました。 基雅は、公家社会において重要な役割を果たした人物でした。彼は、朝廷の儀礼や政務を司り、公家社会の秩序を維持するのに貢献しました。また、学問や文化にも造詣が深く、歌人としても知られていました。 基雅は、1672年、68歳で亡くなりました。彼の死は、公家社会に大きな衝撃を与え、多くの人が悲しみました。基雅は、公家社会において重要な役割を果たした人物であり、彼の死は大きな損失とされました。
歴史上の偉人

東坊城長維 – 江戸時代前期の公卿

東坊城長維の人となり 東坊城長維は、江戸時代前期の公卿である。徳川秀忠の娘・東福門院の養父として知られている。 長維は、1581年に生まれ、関白・九条道孝の養子となった。1604年に参議となり、1611年には権中納言に昇進した。1616年には東福門院の養父となり、それ以降は東福門院とともに、徳川家との関係を深めた。 長維は、穏和で温厚な性格の人物として知られていた。また、学問にも優れ、和歌や蹴鞠をよくしたという。 長維は、1646年に薨去した。享年66。
歴史上の偉人

醍醐忠順(1830~1900) 幕末、明治期の公卿(くぎょう)、官僚

-# 幕末期の功績 醍醐忠順は、幕末期の公卿(くぎょう)として活躍し、数々の功績を残した。 1858年(安政5年)、日米修好通商条約の締結をめぐる議論において、忠順は条約締結に賛成する立場を表明し、条約締結に貢献した。 1862年(文久2年)、忠順は公武合体派の中心人物として朝廷と幕府の融和を図り、同年に発生した生麦事件では、幕府の謝罪を朝廷に働きかけて事態の収拾に努めた。 1863年(文久3年)、忠順は参与会議議長に任命され、朝廷の政務を総覧した。忠順は、参与会議議長として朝廷の改革を進め、公武合体の実現を目指した。 1864年(元治元年)、忠順は京都守護職に任命され、京都の治安維持にあたった。忠順は、京都守護職として尊攘浪士の取り締まりや治安維持に努め、京都の治安を維持した。 1866年(慶応2年)、忠順は辞官し、公職から退いた。しかし、その後も忠順は朝廷や幕府に助言し、幕末の政局に影響を与え続けた。 醍醐忠順は、幕末期の公卿として、日米修好通商条約の締結、公武合体の実現、京都の治安維持など、数々の功績を残した。忠順は、幕末の政局を左右した重要な人物の一人である。
歴史上の偉人

「源雅親」

「源雅親の生涯」 源雅親は、平安時代中期の貴族。雅信公卿の子。官位は正二位・権大納言。 雅信公卿の長男として誕生。幼名は「敦親」。 元慶7年(883年)叙爵し、元慶8年(884年)従五位下に叙せられ、右近衛少将に任ぜられる。 仁和元年(885年)右近衛中将、仁和3年(887年)右衛門督と、昇進を続ける。 寛平2年(890年)従四位上・左兵衛督に叙任。 寛平6年(894年)正四位下・右近衛権中将に叙任。 昌泰元年(898年)従三位・右衛門督に叙任。 昌泰2年(899年)参議に任ぜられる。 昌泰3年(900年)正三位・左兵衛督に叙任。 延喜元年(901年)権中納言に任ぜられる。 延喜4年(904年)従二位・権大納言に叙任。 延喜5年(905年)正二位に叙任され、権大納言に留任。 延喜8年(908年)薨去。
歴史上の偉人

広幡忠幸とは?江戸時代前期の公卿で、智仁親王の第3王子。徳川義直の娘と結婚し、のちに権大納言に上り詰めた人物。

-広幡忠幸の経歴と生涯- 広幡忠幸は、1617年に智仁親王の第3王子として京都に生まれました。幼名は竹千代丸、のちに忠幸と改名しました。1638年に徳川義直の娘である勝姫と結婚し、1641年に従三位に叙され、左近衛権少将に任じられました。その後、1647年に権中納言に、1651年に権大納言に昇進しました。1668年には内大臣に任じられ、1672年に右大臣に昇進しました。 広幡忠幸は、徳川幕府と朝廷の間の調整役として重要な役割を果たしました。1651年に起こった明暦の大火では、幕府の命を受けて江戸に赴き、復興事業を監督しました。また、1663年に起こった寛文事件では、朝廷と幕府の間に立って調停にあたりました。 広幡忠幸は、1681年に75歳で死去しました。死後、従一位を追贈され、墓所は京都の東寺にある常楽寺です。 広幡忠幸は、江戸時代前期を代表する公卿の一人であり、徳川幕府と朝廷の間の調整役として重要な役割を果たしました。また、学問にも通じており、多くの著作を残しています。
歴史上の偉人

西園寺実俊 – 南北朝時代の公卿

- 西園寺実俊の生涯 西園寺実俊は、南北朝時代の公卿である。太政大臣・西園寺公宗の子で、母は鷹司基通の娘・中納言局。兄は西園寺公永、弟は西園寺公勝。妻は一条経通の娘で、後陽成天皇の乳母となった。 西園寺実俊は、1358年に権中納言に任じられた。1361年には内大臣に昇進し、1364年には左大臣となった。1367年には太政大臣になり、1370年まで務めた。 西園寺実俊は、後園天皇の側近として活躍した。後園天皇の譲位に際しては、後小松天皇の擁立に尽力した。また、室町幕府との関係にも尽力し、1378年には室町幕府の将軍・足利義満と和睦を結んだ。 西園寺実俊は、1379年に薨去した。享年は53歳であった。 西園寺実俊は、公卿として活躍しただけでなく、歌人としても知られている。彼の作品は、勅撰和歌集『新続古今和歌集』に収録されている。
歴史上の偉人

四辻季保

-四辻季保の生涯- 四辻季保(よつじ すえやす)は、江戸時代前期の公卿、大納言。贈太政大臣。伏見宮貞清親王の第二王子。伏見宮貞康親王は異母兄にあたる。 -生い立ち- 1593年(文禄2年)、京都で伏見宮貞清親王の第二王子として生まれる。母は勧修寺晴豊の娘・秀子。幼名は覚法。 -公家としての経歴- 1598年(慶長3年)、6歳で元服し、従五位下に叙され、左近衛少将に任じられる。1605年(慶長10年)、従四位上に昇叙され、左近衛権中将に任じられる。1611年(慶長16年)、正四位下に昇叙され、左近衛中将に任じられる。1615年(元和元年)、従三位に昇叙され、権中納言に任じられる。1619年(元和5年)、正三位に昇叙される。1620年(元和6年)、大納言に任じられる。 -大納言として- 大納言に任じられてからは、朝廷の重要事項に参画し、幕府との交渉にもあたった。1623年(元和9年)には、後水尾天皇の勅命を受けて、徳川秀忠に謁見し、朝廷の意向を伝えた。また、同年に発生した島原の乱では、幕府に援軍を要請する勅書を起草した。 -晩年- 1626年(寛永3年)に薨去。享年34。墓所は京都の泉涌寺。 -人物- 四辻季保は、聡明で学問に秀でた人物であったと言われている。また、和歌に優れ、その歌は『新古今和歌集』に収められている。
歴史上の偉人

– 日野資勝

日野資勝とは? 日野資勝(ひのすけかつ)は、平安末期から鎌倉時代初期にかけての武将。 尾張国(愛知県)の豪族。 上総介に任じられる。 通称は三郎。 重盛の子・重衡の偏諱を受け、資勝と名乗る。 実名は資朝(すけとも)。 承安3年(1173年)、藤原季能の次男として誕生。出家して、寂心と号した。 寿永4年(1185年)の寿永の乱では、鎌倉方として活躍(『吾妻鏡』寿永4年3月1日条)。 源頼朝の挙兵に加わり、平家との戦いで功績を挙げ、源範頼の郎党となる。 建久4年(1193年)、源頼朝に従って上洛。 建久6年(1195年)、平家滅亡後の九州平定に従軍。 建久8年(1197年)、源頼朝の死後、北条時政の専横を恐れて鎌倉を離れ、尾張国に隠棲する。 建保6年(1218年)、承久の乱では、後鳥羽上皇方に加わり、幕府軍と戦うが、敗北。 1221年に子の重継が鎌倉に攻め入ったため、幕府に逮捕されて鎌倉に連行され、処刑された。