横綱

スポーツカテゴリー

太刀山峰右衛門 – 生涯と功績

- 小見出し 横綱太刀山峰右衛門の生涯 太刀山峰右衛門は、1909年1月25日に山形県東置賜郡(現・高畠町)で生誕しました。本名は峯右衛門です。 7歳の時に旧制高畠尋常小学校に在学中に周囲が勧めるまま入部した相撲クラブ。ここで頭角をあらわし、地元後援会が東京の相撲部屋を紹介。東京の荒汐部屋に入門しました。 1927年5月場所に初土俵。その後は順調に出世し、1930年1月場所に新入幕を果たしました。幕内最下位ながら4勝11敗と奮闘。場所中に師匠の荒汐が死去し朝日山部屋に移籍。 1932年1月場所で11勝4敗の成績を収め、大関に昇進しました。その後も活躍を続け、1934年5月場所に14勝1敗の成績を収めて横綱に昇進しました。 横綱となった太刀山は、大横綱双葉山定次を相手に名勝負を展開し、1936年1月場所では双葉山を破って優勝しました。しかし、双葉山の強さは圧倒的で、太刀山はその後も双葉山に敗れることが多く、1937年5月場所限りで現役を引退しました。 太刀山は、身長181cm、体重112kgと小柄ながら、スピードとテクニックを兼ね備えた相撲巧者でした。また、人間性に優れており、ファンからの人気も高かったです。 太刀山は、引退後は年寄・荒汐を襲名し、後進の指導に当たりました。1961年に日本相撲協会理事長に就任し、相撲界の発展に尽力しました。 1974年1月22日に死去。享年64。
スポーツカテゴリー

貴乃花光司 – 平成の相撲のレジェンド

-貴乃花光司の栄光に満ちたキャリア- 貴乃花光司は、平成を代表する相撲のレジェンドです。1972年8月17日、東京都墨田区に生まれ、本名は貴乃花光司。父は元横綱の初代若乃花幹士、母は元宝塚歌劇団星組トップスターの藤間紫。 貴乃花は、1988年3月に初土俵を踏み、1993年5月に新入幕を果たします。1994年11月に大関に昇進し、1995年5月に横綱に昇進します。横綱在位中は、11回の優勝を果たし、1998年5月には、史上最多の69連勝を記録しています。 貴乃花は、1998年9月に引退し、年寄貴乃花を襲名して日本相撲協会に残ります。2002年1月、師匠である藤島審判部長(元大関貴ノ花利彰)が死去したため、貴乃花一門を継承します。 貴乃花は、2004年1月に日本相撲協会の理事長に就任します。理事長在任中は、相撲界の改革を積極的に推進し、2007年1月に八百長問題が発覚した際には、八百長に関与した力士の引退勧告処分を下しました。 貴乃花は、2008年12月に理事長を辞任し、2009年1月に年寄貴乃花を廃業して日本相撲協会を退職します。その後は、タレントとしてテレビや雑誌に出演するなど、幅広く活躍しています。 貴乃花は、平成を代表する相撲のレジェンドであり、その栄光に満ちたキャリアは、これからも語り継がれるでしょう。
スポーツカテゴリー

鶴竜力三郎 – 平成時代の力士

- 鶴竜力三郎 - 平成時代の力士 -# プロフィール 鶴竜力三郎(かくりゅう りきさぶろう、1985年8月11日 - )は、モンゴル・ウランバートル出身で、日本の元大相撲力士。第71代横綱。所属部屋は阿武松部屋。血液型はA型。 本名は「ムンフバト・ダワージャルガ(モンゴル語 Мөнхбатын Даваажаргал)」。結婚後、本名の頭文字である「MD」に、横綱名の「鶴竜」を合わせて、「MD鶴竜」の愛称で呼ばれている。 身長190cm、体重155kg。得意技は左四つ、右四つ、寄り切り、送り出し。 1998年に来日し、2001年1月場所で初土俵を踏む。2004年1月場所で新十両に昇進。2005年5月場所で新入幕を果たす。2006年1月場所で関脇に昇進。2008年3月場所で小結に昇進。2009年1月場所で新三役に昇進。2012年1月場所で新大関に昇進。そして、2015年3月場所で新横綱に昇進した。 横綱昇進後は、2015年9月場所で初優勝、2016年1月場所で2度目の優勝、2017年3月場所で3度目の優勝を果たしている。しかし、2018年以降は怪我に悩まされ、優勝争いに加わることができなくなった。2021年3月場所で現役を引退した。 鶴竜は、平成の時代に活躍した力士の中で最も成功した一人である。横綱として3度の優勝を果たし、平成の横綱の中では最多記録となっている。また、大相撲史上初のモンゴル人力士の横綱であり、モンゴルで大相撲の人気を高めることに貢献した。
スポーツカテゴリー

小野川喜三郎とは?

- 小野川喜三郎とは? 小野川喜三郎(こんがわきさぶろう)は、江戸時代中期に活躍した陸奥国磐城郡(現在の福島県いわき市)出身の大相撲力士である。本名は小野川喜三郎(初代)。享保7年(1722年)に生まれ、宝暦12年(1762年)に40歳で没した。最高位は横綱。現役時代は12場所11回優勝を記録し、死後もその功績が称えられ、1957年に大相撲の殿堂入りを果たした。 - 名力士小野川喜三郎の功績と生い立ち 小野川喜三郎は、貧しい農家の長男として生まれたとされる。幼い頃から体が大きく、力も強かったため、相撲に興味を持ち、地元の相撲大会で活躍するようになった。18歳の時、江戸に出て相撲取りとなり、すぐに頭角を現した。24歳の時、横綱に昇進し、その後、12場所11回優勝という輝かしい成績を残した。 小野川喜三郎は、その強さと豪快な相撲で人気を集め、江戸の町を沸かせた。しかし、38歳の時に突然引退し、郷里のいわき市に戻った。引退後は、農業や酒造業を営み、地元の名士として親しまれた。 小野川喜三郎は、相撲界に大きな足跡を残した名力士である。その功績を称え、1957年に大相撲の殿堂入りを果たした。また、出身地のいわき市には、小野川喜三郎の銅像が建立されている。
スポーツカテゴリー

不知火諾右衛門 – 江戸時代後期の偉大な力士

-不知火諾右衛門の生い立ちと入門- 不知火諾右衛門は、江戸時代後期の偉大な力士です。元禄8年(1695年)、肥後国宇土郡(現在の熊本県宇土市)に生まれました。本名は市右衛門といい、不知火の海にちなんで「不知火」の四股名を名乗りました。 不知火諾右衛門は幼い頃から体が大きく、腕力も強かったです。また、気性も荒く、喧嘩に明け暮れていました。そんな不知火諾右衛門を心配した両親は、相撲取りになることを勧めました。 不知火諾右衛門は、元禄21年(1708年)に江戸に出て、相撲部屋に入門しました。当時の相撲界は、年寄と呼ばれる相撲の師匠が部屋を運営しており、入門者はその年寄に弟子入りする形でした。不知火諾右衛門は、年寄の式守伊之助に入門し、相撲の稽古を積みました。 不知火諾右衛門は、入門後すぐに才能を発揮し、頭角を現しました。元禄24年(1711年)には、大関に昇進し、享保元年(1716年)には、横綱に昇進しました。横綱昇進後は、天下無敵の強さを誇り、8年間連続で優勝しました。 不知火諾右衛門は、引退後も相撲界で活躍し、年寄となり、多くの弟子を育てました。また、相撲の技法をまとめた「不知火諾右衛門伝」を著し、相撲界の発展に貢献しました。
スポーツカテゴリー

照国万蔵 – 昭和の伝説的横綱

-- 生い立ちと入門 -- 照国万蔵は、1900年6月26日、鹿児島県大隅郡国分町(現・国分市)に生まれた。本名は石倉幸右衛門。父親は刀鍛冶、母親は農家の娘だった。 照国は幼い頃から相撲が好きで、近所の子供たちとよく取っ組み合っていた。12歳のとき、地元の相撲大会に出場し、優勝した。この大会で照国を見た大阪相撲の行司が、大阪相撲への入門を勧めた。 照国は、父親の反対を押し切って、1914年3月に大阪相撲に入門した。入門後は、大阪相撲の力士として活躍し、1920年に横綱に昇進した。 照国は、大阪相撲の横綱として、1920年から1930年まで10年間在位した。在位中は、109回の優勝を果たし、幕内通算1518勝という大記録を打ち立てた。 照国は、1930年に引退したが、その後も相撲界で活躍し、1955年には日本相撲協会の理事長に就任した。1965年には、相撲界の発展に貢献した功績により、国民栄誉賞を受賞した。 照国は、1975年11月22日に死去した。享年75歳だった。
スポーツカテゴリー

「大ノ海久光」から「花籠昶光」へ→ から知る力士の改名物語

-改名する理由とは?- 力士が改名する理由は様々だが、大きく分けて4つの理由がある。 1. -縁起を担いで- 力士にとって、名前は縁起を担ぐ重要な要素である。そのため、調子が悪い力士は、名前を変えて運気上昇を狙うことがある。 2. -師匠や後援者の意向で- 力士によっては、師匠や後援者の意向で改名することがある。師匠が縁起のいい名前をつけてくれる場合もあれば、後援者が宣伝効果を狙って改名させる場合もある。 3. -結婚や離婚で- 力士が結婚したり離婚したりすると、名前を変えることがある。これは、新しい人生のスタートを切るという意味が込められている。 4. -差別やいじめを避けるため- 力士の中には、差別やいじめを避けるために改名する人もいる。例えば、日本人力士が外国人力士に改名したり、本名に由来する差別的なあだ名が付けられることを避けて改名したりする例がある。
スポーツカテゴリー

海と相撲人生を駆け抜けた男 安芸ノ海節男

安芸ノ海節男とは? 安芸ノ海節男(あきのにうみ せつお、1942年(昭和17年)12月21日 - 2018年(平成30年)3月22日)は、和歌山県出身の元大相撲力士、元大関。本名は中山節男。 身長190cm、体重125kg。得意技は右四つ、上手投げ、叩き込み、吊り上げ。 1961年(昭和36年)に角界入り。1964年(昭和39年)に新入幕し、1967年(昭和42年)には大関に昇進。 大関在位10場所は安藝の海節男の大関時代で最長であり、さらに大関昇進以来10場所連続勝ち越しを達成は、千代の富士以来41年ぶりの偉業である。 1968年(昭和43年)に引退し、年寄・安芸ノ島を襲名。1992年(平成4年)に日本相撲協会を退職した。 2018年(平成30年)3月22日、呼吸不全のため75歳で死去。 安芸ノ海は、和歌山県出身の元大相撲力士、元大関である。本名は中山節男。 1942年(昭和17年)12月21日に和歌山県日高郡印南町(現・日高町)に生まれる。父親は漁師で、母親は農業をしていた。 安芸ノ海は、幼い頃から相撲が大好きで、よく地元の相撲大会に出場していた。1958年(昭和33年)、中学卒業後に大阪にある阿武松部屋に入門する。 安芸ノ海は、入門当初からその才能を発揮し、1961年(昭和36年)に初土俵を踏む。1964年(昭和39年)には新入幕を果たし、1967年(昭和42年)には大関に昇進する。 安芸ノ海は、大関在位10場所は安藝の海節男の大関時代で最長であり、さらに大関昇進以来10場所連続勝ち越しを達成は、千代の富士以来41年ぶりの偉業である。 しかし、1968年(昭和43年)に引退し、年寄・安芸ノ島を襲名する。1992年(平成4年)に日本相撲協会を退職した。 安芸ノ海は、2018年(平成30年)3月22日に呼吸不全のため75歳で死去した。
スポーツカテゴリー

大木戸森右衛門 (1876-1930) – 明治から大正時代に活躍した力士

大木戸森右衛門の生い立ちと入門 大木戸森右衛門は、1876年(明治9年)8月15日に、現在の福井県敦賀市に生まれました。本名は森右衛門でした。幼少期から相撲好きで、地元の相撲大会では常に優勝していました。体が大きかったことから、周囲の人々から「大木戸」と呼ばれていました。 1896年(明治29年)、19歳で上京し、相撲部屋に入門しました。入門当時は、体重が100kg以上あり、身長も180cm以上あったため、すぐに注目を集めました。入門後は、熱心に稽古を重ね、1902年(明治35年)には、わずか25歳で関脇に昇進しました。 大木戸森右衛門は、左四つからの押し相撲が得意でした。押し相撲とは、相手を土俵際まで押し出す相撲のことです。大木戸森右衛門は、相手の懐に入り込んで、徐々に押し出すことで、勝利を収めていました。 大木戸森右衛門は、1904年(明治37年)には、横綱に昇進しました。横綱は、相撲の最高位であり、大相撲界の頂点に立つ力士のことを指します。大木戸森右衛門は、横綱として活躍し、1915年(大正4年)に引退するまで、数々の優勝を飾りました。
スポーツカテゴリー

「双葉山定次」

-双葉山定次の生涯- 双葉山定次(1912年1月14日 - 1969年3月11日)は、日本の元大相撲力士、第40代横綱。本名は田中定次。石川県石川郡野々市町(現・野々市市)出身。楯山部屋所属。身長184cm、体重135kg。 双葉山は、1930年1月に楯山部屋に入門した。1931年1月に出羽ノ花と三番相撲で対戦し、これを制して関取に昇進した。1935年1月に大関昇進。1937年1月に横綱昇進。 双葉山は、1936年1月から1945年11月まで69連勝という大記録を樹立した。これは、現在でも破られていない大相撲記録である。双葉山は、1945年11月に引退するまでに、優勝49回、幕内通算成績351勝15敗12休。 双葉山は、1950年に大相撲の理事長に就任した。1958年に大相撲の会長に就任し、1969年まで務めた。双葉山は、1969年3月11日に死去した。享年57。 双葉山は、大相撲史上最高の力士の一人とされている。双葉山の功績を称えて、石川県野々市市には双葉山記念館が建てられている。
スポーツカテゴリー

磯風音次郎:明治時代の偉大な力士

-磯風音次郎の輝かしい経歴- 磯風音次郎は、明治時代の偉大な力士です。彼は、1874年に石川県金沢市で生まれ、1934年に死去しました。身長183cm、体重120kgの巨漢で、その強さは「鬼力」と称されました。 磯風は、1895年に初土俵を踏み、1898年に幕下、1900年に十両、1902年に幕内へと昇進しました。1903年には、横綱に昇進し、1908年に引退するまで横綱として活躍しました。 磯風は、横綱として活躍した期間中、48連勝を記録するなど、多くの偉大な記録を残しました。また、彼は、1903年に開催された第一回の世界選手権大会で優勝し、日本の力士として初めて世界チャンピオンの称号を手にしました。 磯風は、引退後も、相撲界に貢献し続けました。1912年には、日本相撲協会の理事長に就任し、1920年には、大日本相撲協会の会長に就任しました。磯風は、1934年に死去するまで、相撲界の発展に尽力しました。 磯風は、その強さと功績から、日本の相撲界を代表する偉大な力士の一人として知られています。彼の名は、今もなお、日本の相撲界に語り継がれています。
スポーツカテゴリー

「安井儀」についてー安井金竜に改名した謎に迫る!

-安井儀の生い立ちと経歴- 安井儀は、1840年(天保11年)に、江戸郊外の農家に生まれました。幼い頃から頭脳明晰で、読書を好み、神童と呼ばれていました。 16歳のとき、安井儀は江戸に出て、剣術と柔術の修行を始めました。そのかたわら、漢学や医学を学び、儒学者や医師として活躍するようになりました。 1868年(明治元年)に明治維新が起こると、安井儀は新政府に参加して、軍務局に出仕しました。しかし、1871年(明治4年)に西南戦争が勃発すると、安井儀は政府軍に加わり、従軍しました。 西南戦争後、安井儀は政府を退職して、郷里に戻りました。1873年(明治6年)に、安井儀は自由民権運動に参加して、各地を遊説しました。 1880年(明治13年)に、安井儀は朝鮮に渡り、李氏朝鮮政府の顧問になりました。1882年(明治15年)に、安井儀は帰国し、自由民権運動を再開しました。 1885年(明治18年)に、安井儀は第1回衆議院議員総選挙に立候補して、当選しました。その後、安井儀は数回にわたって衆議院議員を務めました。 1890年(明治23年)に、安井儀は安井金竜に改名しました。その理由は、安井儀が「安」という字を「安」という字と間違えて書いたためだと言われています。 安井金竜は、1910年(明治43年)に死去しました。享年71歳でした。
歴史上の偉人

大達羽左衛門:明治時代の力士

-大達羽左衛門の生涯- 大達羽左衛門は、明治時代の力士です。右四つ、寄り、押しを得意とし、明治23年(1890年)に横綱免許を獲得しました。 大達羽左衛門は、嘉永元年(1848年)、現在の福島県いわき市に生まれました。本名は関口源蔵です。幕末の戊辰戦争では、会津藩に従軍し、戊辰戦争後には、郷里の福島県に戻って農業を営んでいました。 明治9年(1876年)、上京して角界入りし、春日山部屋に入門しました。明治13年(1880年)には、三段目に昇進し、明治17年(1884年)には、幕下まで昇進しました。 明治20年(1887年)には、十両に昇進し、明治21年(1888年)には、入幕を果たしました。入幕後も、着実に番付を上げ、明治23年(1890年)には、横綱免許を獲得しました。 横綱昇進後は、明治24年(1891年)から明治26年(1893年)まで、3連覇を達成しました。しかし、明治27年(1894年)に、右膝を負傷して、引退を余儀なくされました。 引退後は、年寄・尾車として後進の指導にあたりました。明治36年(1903年)に死去しました。 大達羽左衛門は、明治時代の相撲界を代表する力士の一人です。土俵の上では、右四つ、寄り、押しを得意とし、豪快な相撲で人気を集めました。また、人格者としても知られ、後輩力士から慕われていました。
スポーツカテゴリー

若島権四郎

-明治時代の力士- 明治時代は、日本の近代化が急速に進んだ時代です。政治、経済、文化、社会など、あらゆる分野で大きな変革が起こりました。相撲界も例外ではなく、大きな変化を遂げました。 明治時代初期は、まだ江戸時代の伝統が残っていました。力士は、髷を結い、丁髷を結っていました。しかし、明治中期以降になると、洋装が普及し始め、力士も洋装で土俵に上がるようになりました。 明治時代は、力士の地位が向上した時代でもあります。江戸時代には、力士は身分が低く、差別を受けていました。しかし、明治時代になると、力士の地位が向上し、尊敬されるようになりました。 明治時代は、相撲界が近代化された時代でもあります。明治政府は、相撲を国技として奨励し、相撲大会を開催しました。また、相撲のルールも近代化され、現在の相撲のルールが確立されました。 明治時代は、相撲界にとって大きな変革の時代でした。力士の地位が向上し、相撲が近代化され、相撲界は国民に親しまれるようになりました。 -明治時代の代表的な力士- 明治時代には、数多くの名力士が活躍しました。その中でも、特に有名なのが、以下の人物です。 -・若島権四郎- 明治時代の横綱です。当代の横綱級力士の実力がどの程度のものかを視聴者へ示したり、また相撲界に威厳を与えたりする役割としての横綱として最初の人物であり、江戸相撲の力士で最後の人物でもある。名古屋市に生まれ、本名は田中権四郎。16歳で力士として初土俵を踏んだ。1884年(明治17年)に大関に昇進し、1890年(明治23年)に横綱に昇進した。1896年(明治29年)に引退するまで、横綱として君臨し続けた。 -・常陸山谷右エ門- 明治時代後半から大正時代にかけて活躍した力士です。1884年(明治17年)に大関に昇進し、1890年(明治23年)に横綱に昇進した。1896年(明治29年)に引退するまで、横綱として活躍した。 -・梅ヶ谷藤太郎- 明治時代後半から大正時代にかけて活躍した力士です。1895年(明治28年)に大関に昇進し、1898年(明治31年)に横綱に昇進した。1903年(明治36年)に引退するまで、横綱として活躍した。 -・太刀山峰右エ門- 明治時代末期から大正時代にかけて活躍した力士です。1909年(明治42年)に大関に昇進し、1914年(大正3年)に横綱に昇進した。1920年(大正9年)に引退するまで、横綱として活躍した。
スポーツカテゴリー

「琴錦登」

-琴錦登の生涯- -幼少期- 琴錦登は、1949年3月23日に和歌山県西牟婁郡白浜町で生まれた。本名は、鎌田曙彦(かまだ あきひこ)。幼少期から相撲を始め、中学時代には全国中学校相撲選手権大会で優勝した。 -入門と活躍- 1967年3月、琴錦登は入門し、師匠は16代横綱・琴櫻であった。1968年1月、初土俵を踏む。1970年1月に新入幕を果たし、1972年3月に大関に昇進した。1973年1月、横綱に昇進し、大横綱・大鵬の引退後、相撲界の第一人者となった。 -横綱時代- 琴錦登は、横綱として10年間活躍した。その間、幕内優勝10回、横綱在位68場所は歴代第2位、総計1245勝は歴代第4位の記録を樹立した。1983年9月、引退した。 -引退後- 引退後は、年寄・佐渡ヶ嶽を襲名し、佐渡ヶ嶽部屋の師匠となった。部屋からは、大関・琴光喜、関脇・琴勇輝、前頭・琴奨菊らを輩出した。2002年12月、日本相撲協会理事長に就任した。 -功績- 琴錦登は、相撲界に大きな功績を残した。その功績を称え、1985年11月に国民栄誉賞を受賞した。また、2003年10月には、和歌山県田辺市に「琴錦登記念館」が開館した。 -死- 琴錦登は、2007年1月19日に心不全のため、和歌山県田辺市の病院で死去した。享年57。
スポーツカテゴリー

相撲界の偉人「梅ケ谷藤太郎(初代)」

-明治時代の横綱- 梅ケ谷藤太郎(初代)は大正時代に活躍し、明治時代の横綱として大相撲史上初となる「六場所連続優勝」を果たした偉大な力士でした。梅ケ谷藤太郎(初代)は、1874年(明治7年)に石川県金沢市で生まれ、1895年(明治28年)に東京相撲に初土俵を踏みました。 梅ケ谷藤太郎(初代)は、1897年(明治30年)に新入幕を果たし、1900年(明治33年)には大関に昇進しました。そして、1903年(明治36年)には、大相撲史上初となる「六場所連続優勝」を達成し、横綱に昇進しました。梅ケ谷藤太郎(初代)は、1908年(明治41年)に引退するまで、大相撲界の第一人者として活躍しました。 梅ケ谷藤太郎(初代)は、身長183センチ、体重113キロと、当時としては恵まれた体格の持ち主でした。また、梅ケ谷藤太郎(初代)は、怪力と俊敏さを兼ね備えた力士で、相手を圧倒する力強い相撲を得意としていました。梅ケ谷藤太郎(初代)は、大相撲界に多くの偉業を残し、日本の国技である相撲の発展に貢献しました。 梅ケ谷藤太郎(初代)は、1939年(昭和14年)に65歳で亡くなりましたが、その功績は今もなお大相撲界で語り継がれています。梅ケ谷藤太郎(初代)は、大相撲史上を代表する偉大な横綱の一人であり、日本の国技である相撲の発展に貢献した功績は、永遠に語り継がれるでしょう。
スポーツカテゴリー

北の湖敏満→ 昭和の横綱

-若き天才の台頭- 昭和40年代、大相撲界はまさに北の湖敏満の天下であった。大関に昇進して間もない昭和43年(1968年)9月場所、北の湖は横綱柏戸と全勝で並び、史上初の優勝決定戦を制して初優勝を果たした。翌44年(1969年)3月場所では、新横綱の北の富士を破って2度目の優勝を飾り、同年7月場所では横綱輪島を破って3度目の優勝を飾った。 北の湖は、身長190cm、体重118kgの恵まれた体格を誇り、右四つ相撲を得意とした。相手を組み止めて一気に寄り切る相撲は「北天の押し」と呼ばれ、ファンを魅了した。また、北の湖は冷静沈着な性格で、若手時代から大舞台に強いと言われていた。 北の湖の台頭は、それまで横綱として君臨していた柏戸や大鵬の時代を終わりにし、昭和40年代から50年代にかけての相撲界を北の湖の時代へと導いた。北の湖は、昭和50年(1975年)11月場所に引退するまで、通算24回優勝、横綱在位86場所という輝かしい成績を残し、昭和の大横綱と呼ばれた。
スポーツカテゴリー

「男女ノ川登三」-昭和時代前期の伝説の力士

- 天竜事件と男女ノ川登三 男女ノ川登三は、昭和時代前期に活躍した伝説の力士である。その中でも、天竜事件は男女ノ川登三のキャリアの中で最も物議を醸した出来事である。 天竜事件は、1935年(昭和10年)に発生した相撲に関する八百長事件である。この事件は、天竜三郎が男女ノ川登三に八百長を依頼したことが発覚し、天竜三郎が引退に追い込まれたことで有名である。 この事件の発端は、天竜三郎が男女ノ川登三に八百長を依頼したことにある。天竜三郎は、男女ノ川登三に「負けてくれれば、大金を払う」と持ちかけた。男女ノ川登三は、当初はこれを断ったが、天竜三郎の熱心な説得に根負けして、八百長に応じることになった。 男女ノ川登三は、天竜三郎との対戦で、故意に敗北した。この八百長は、すぐに発覚し、天竜三郎は引退に追い込まれた。また、男女ノ川登三も、この事件に関与したとして、相撲界から追放された。 天竜事件は、相撲界に大きな衝撃を与えた。この事件をきっかけに、八百長に対する取り締まりが強化され、相撲界の風紀が改善された。 男女ノ川登三は、天竜事件で相撲界から追放されたが、その後も相撲に対する情熱を失わず、指導者として後進の育成に尽力した。男女ノ川登三は、1988年(昭和63年)に死去したが、その功績は現在でも称えられている。
スポーツカテゴリー

宮古路薗八(3代)(春富士正伝)

-宮古路薗八(3代)の生涯- 宮古路薗八(3代)は、1863年に東京都で生まれた相撲力士です。本名は、小野寺薗八です。身長180センチ、体重113キロの巨漢で、右四つ、寄り、上手投げを得意としました。 1885年に初土俵を踏み、1890年に十両に昇進。1894年に新入幕を果たし、1896年に最高位である大関に昇進しました。1898年に引退するまでの間に、28回優勝し、横綱昇進も期待されましたが、果たせませんでした。 引退後は、年寄・宮城野を襲名し、宮城野部屋を創設。横綱・宮城山福松や横綱・常陸山谷右エ門、横綱・大鵬幸喜など、多くの名力士を育てました。1933年に逝去。 宮古路薗八(3代)は、明治時代の相撲界を代表する力士の一人であり、宮城野部屋の礎を築いた功労者です。
スポーツカテゴリー

→ 琴桜傑将

琴桜傑将の経歴と功績 琴桜傑将は、1939年(昭和14年)3月3日に愛知県名古屋市に生まれた。本名は伊藤秀男。身長170cm、体重95kg。血液型はAB型であった。 琴桜は、1957年(昭和32年)に中京高校を卒業後、日本大学へ進学。同大学在学中に、1959年(昭和34年)に全日本学生選手権大会で優勝。1960年(昭和35年)には、日本大学を中退して、日本相撲協会に入門した。 琴桜は、1961年(昭和36年)に初土俵を踏み、1964年(昭和39年)に新入幕を果たした。1967年(昭和42年)には、大関に昇進。1970年(昭和45年)には、横綱に昇進した。 琴桜は、横綱として10回の優勝を果たし、1970年(昭和45年)には、年間最多勝を記録した。また、1971年(昭和46年)には、日本プロレスとタッグを組んで、テレビマッチに出場した。 琴桜は、1974年(昭和49年)に引退。引退後は、日本相撲協会の理事や、年寄・花籠を務めた。また、相撲解説者としても活躍した。 琴桜は、2000年(平成12年)10月22日に、61歳で死去した。
スポーツカテゴリー

横綱大錦大五郎の栄光を学ぶ

- 幕末から明治にかけての相撲の歴史 幕末から明治にかけての相撲の歴史は、激動の時代であった。幕府の衰退と明治維新、そしてそれによる社会の大きな変化の中で、相撲もまた大きな影響を受けた。 幕末期には、相撲は江戸を中心に盛んに行われていた。しかし、明治維新後は、廃藩置県や文明開化の波を受けて、相撲も一時衰退した。しかし、明治10年代に入ると、相撲は再び盛り返し始め、明治20年代には、大相撲の近代化が進んだ。 明治20年代には、それまでの相撲の興行形態である「勧進相撲」から、「本場所制度」へと移行した。本場所制度とは、一定の場所と期間で相撲興行を行うという制度である。この制度の導入によって、相撲はより組織化され、安定した興行が行われるようになった。 また、明治20年代には、それまでの相撲のルールである「押し相撲」から、「投げ相撲」へと移行した。投げ相撲とは、相手を投げて倒すことを目的とした相撲のスタイルである。このルールの変更によって、相撲はよりダイナミックで、見応えのあるものになった。 明治30年代には、大相撲の六大関制度が確立した。六大関制度とは、大関の地位を6人に限定するという制度である。この制度の確立によって、大関の地位がより権威のあるものとなり、大相撲の番付制度もより整備された。 明治40年代には、大相撲の横綱制度が確立した。横綱制度とは、横綱の地位を1人に限定するという制度である。この制度の確立によって、横綱の地位が最高位となり、大相撲の番付制度もより厳格なものとなった。 幕末から明治にかけての相撲の歴史は、激動の時代であった。しかし、この時代を経て、相撲は近代化され、今日の姿へと発展していった。
スポーツカテゴリー

大乃国康

-大乃国康の生い立ちと入門- 大乃国康は、1968年9月29日に東京都墨田区向島で生まれた。本名は、小林康宏。父は元大相撲力士の小林貞雄(最高位は東幕下2枚目)。母は元大相撲力士の小林千代司(最高位は東幕下2枚目)。祖父は元大相撲力士の小林千代吉(最高位は東前頭9枚目)。大叔父は元大相撲力士の小林千代の富士(最高位は横綱)。 大乃国は、幼い頃から相撲を始め、小学校4年生の時に日本相撲連盟主催の全国小学生相撲選手権大会で優勝した。中学校卒業後は、日大相撲部に入部。大学では、2年生の時に全日本学生選手権大会で優勝し、4年生の時に学生横綱に輝いた。 1991年3月、日大を卒業して大相撲に入門。師匠は、二子山部屋(現・九重部屋)の二子山親方(元大関・貴ノ花)。入門時のしこ名は、小林康宏。同年5月場所で初土俵を踏んだ。 入門当初は、小兵ながら粘り強い相撲で好成績を収めた。しかし、1993年1月に右膝十字靱帯断裂の大怪我を負い、長期休場を余儀なくされた。怪我からの復帰後は、しばらく不調が続いたが、1995年7月場所で十両に昇進した。 1996年7月場所で新入幕を果たし、翌1997年1月場所で初優勝を果たした。その後も、2000年3月場所、2001年11月場所、2002年3月場所と3度の優勝を果たし、2003年1月に大関に昇進した。 2005年7月場所後、横綱昇進が期待されたが、2006年1月場所を全休し、同年3月場所限りで引退した。引退後は、年寄・九重を襲名し、九重部屋の師匠を務めている。
スポーツカテゴリー

宮城山福松 – 大正-昭和時代前期の力士

宮城山福松の生い立ちと入門 宮城山福松は、1895年(明治28年)1月18日、宮城県登米郡鬼首村(現在の登米市)に生まれた。本名は福地吉次郎。父は福地清五郎、母はふく。6人兄弟の5番目であった。 幼い頃は体が弱く、よく病気になっていた。そのため、両親は福松を強くするために相撲を勧め、地元の相撲道場に通わせた。福松は相撲の才能を発揮し、すぐに頭角を現した。 1911年(明治44年)、16歳のときに、上京して二所ノ関部屋に入門した。師匠は、二所ノ関宗五郎。四股名は、宮城山福松と名付けられた。 二所ノ関部屋では、厳しい稽古に励み、実力をつけた。1915年(大正4年)に新十両に昇進し、1917年(大正6年)には新入幕を果たした。 宮城山は、立ち合いが早く、押しも強かった。また、足腰が強く、土俵際でも粘り強く立ち会っていた。 宮城山は、1920年(大正9年)には大関に昇進し、1924年(大正13年)には横綱に昇進した。 横綱として活躍した宮城山は、1931年(昭和6年)に引退した。引退後は、年寄・宮城山を襲名し、相撲界に残った。 宮城山は、1976年(昭和51年)に81歳で死去した。
歴史上の偉人

雲竜久吉 – 江戸時代の偉大な力士

-雲竜久吉の生い立ちと経歴- 雲竜久吉は、江戸時代中期の1702年に越後国(現在の新潟県)で生まれました。幼い頃から相撲の才能を発揮し、1723年に江戸に出て、浅草相撲の立行司・雷電五郎に入門しました。 雲竜久吉は、1729年に27歳で横綱に昇進しました。横綱は、江戸相撲の最高位であり、雲竜久吉は2代目の横綱となりました。雲竜久吉は、身長184cm、体重110kgの大柄な体格で、怪力と素早い動きを兼ね備えた力士でした。 雲竜久吉は、横綱として15年間活躍し、43回も優勝しました。雲竜久吉は、1744年に42歳で引退しましたが、その後も相撲界に残り、大相撲の運営に貢献しました。 雲竜久吉は、1765年に63歳で亡くなりました。雲竜久吉は、江戸時代を代表する偉大な力士であり、その功績は今日でも語り継がれています。 雲竜久吉は、越後国で農家の息子として生まれました。幼い頃から相撲の才能を発揮し、近所の子供たちとよく相撲を取っていました。1720年に18歳で江戸に出て、浅草相撲の立行司・雷電五郎に入門しました。 雲竜久吉は、入門後すぐに頭角を現し、1723年に21歳で十両に昇進しました。1729年に27歳で横綱に昇進し、江戸相撲の最高位に就きました。 雲竜久吉は、横綱として15年間活躍し、43回も優勝しました。雲竜久吉は、怪力と素早い動きを兼ね備えた力士で、対戦相手を圧倒しました。 雲竜久吉は、1744年に42歳で引退しましたが、その後も相撲界に残り、大相撲の運営に貢献しました。雲竜久吉は、1765年に63歳で亡くなりました。