機織りが上手な姫

文学分野の人

人名辞典「瓜子姫」について

-瓜子姫とは- 瓜子姫とは、中国の古典小説『西遊記』に登場する架空の人物である。瓜子国(別名・車遅国)の国王の娘。三蔵法師の一行が車遅国に訪れた際、国中の桃を食べ尽くすという妖魔と対決することとなる。法師は、妖魔の正体の骨精を倒して瓜子姫を救い、国王は法師に褒美を与え、その国から立ち去ることとなる。 瓜子姫は、中国の古典小説『西遊記』に登場する架空の人物である。瓜子国(別名・車遅国)の国王の娘。瓜子姫は、容姿端麗な美女として描かれ、その美しさは、国中の人々を魅了していた。瓜子姫は、ある日、国中の桃を食べ尽くすという妖魔に襲われた。妖魔は、瓜子姫をさらって、洞窟に閉じ込めてしまった。 瓜子姫は、妖魔に捕らわれ、毎日、桃を食べさせられていた。瓜子姫は、妖魔の洞窟から脱出する方法を考え、ある日、ついに妖魔を倒すことに成功した。瓜子姫は、妖魔を倒したことで、瓜子国の王様から褒美を授かった。瓜子姫は、褒美として、銀の杯を授かった。瓜子姫は、銀の杯を大切に保管し、毎日、銀の杯を使って水を飲んでいた。瓜子姫は、銀の杯を使って水を飲むことで、長寿を保つことができた。瓜子姫は、100歳まで生きた。 瓜子姫は、中国で人気のあるキャラクターである。瓜子姫は、勇気と知恵を持った女性として描かれ、多くの人々から愛されている。瓜子姫は、中国の古典小説『西遊記』だけでなく、テレビドラマや映画にも登場している。