歌人

文学分野の人

滝原宋閑:江戸時代後期の歌人

石州流の茶人としての一面 滝原宋閑は、茶人としても知られ、石州流の茶を好んでいました。石州流は、松江藩主・松平直政が始めた茶道の一派で、茶室の設えや茶道具の扱いなど、独自の美意識を持っていました。宋閑は、この石州流の茶を学び、その魅力にとりつかれました。宋閑が石州流の茶を好んだ理由は、その簡素で品のある美しさにあったと考えられます。石州流の茶は、華美な飾り立てをせず、自然の美しさや侘び寂びを大切にする茶道です。宋閑は、この石州流の美意識に共感し、その茶道を深く愛好していました。 宋閑は、石州流の茶の普及にも力を入れました。宋閑は、石州流の茶を広めるために、各地を巡りながら茶会を開催しました。宋閑は、石州流の茶の美しさや奥深さを人々に伝え、多くの弟子を育てました。宋閑の弟子の中には、後に石州流の茶道を大成させた松尾宗房もいました。宋閑の尽力によって、石州流の茶は全国に広まり、現在でも多くの茶道愛好者に親しまれています。
歴史上の人物

徳大寺公能 – 平安時代後期の公卿、歌人

-# 徳大寺公能の生涯と業績 徳大寺公能(とくだいじきんよし)は、平安時代後期の公卿、歌人です。権大納言・徳大寺実能の子として誕生し、金吾権佐、蔵人、左少将、右少将を歴任しました。その後、正三位、右中将、権中納言、正二位、権大納言に昇進し、治承3年(1179年)には従一位に叙されました。 公能は、歌人としても知られており、『金葉和歌集』『千載和歌集』『新古今和歌集』に和歌が収められています。また、公能は『梁塵秘抄』『風葉和歌集』の撰者としても知られています。 建久4年(1193年)、公能は75歳で亡くなりました。公能の死後、その歌は多くの歌人に影響を与え、和歌の発展に貢献しました。 公能の業績は、歌人としてだけでなく、政治家としても顕著です。公能は、平清盛の側近として活躍し、清盛の政権を支えました。また、公能は、源頼朝と平清盛の和睦にも尽力しました。 公能は、平安時代後期の公卿、歌人として、政治、文化の両面で活躍した人物です。公能の業績は、今日でも高く評価されています。
文学分野の人

– 元仁

# 元仁 平安時代の歌人で、平安時代の三歌仙の一人です。彼のもとで多くの歌人が育ったことから、歌道始祖ともいわれています。また、元暦元年(1184年)に吉野川が洪水を起こした際に、詠んだ歌が有名です。 - 吉野川をよんだ歌人 元仁は、吉野川を題材にした歌を多く詠んでいます。吉野川は、和歌山県、奈良県、三重県を流れる日本三大急流の一つで、美しい景観を誇ることで知られています。元仁は、吉野川の自然美を愛し、その歌に詠んでいます。 元仁の吉野川を詠んだ歌の中で、最も有名なのが「吉野川」です。この歌は、吉野川の清流と美しい景観を詠んだもので、元仁の吉野川への愛が伝わってきます。 「吉野川」 吉野川 清き流れと 美しい景観 心を奪われ 歌わずにいられない この歌は、元仁が吉野川を見て詠んだもので、吉野川の清流と美しい景観を詠んでいます。元仁は、吉野川を見て感動し、その感動を歌に詠んだのです。 元仁は、吉野川を詠んだ歌以外にも、多くの和歌を詠んでいます。元仁の歌は、平安時代の和歌を代表するものであり、日本人の伝統的な美意識を表現しています。
文学分野の人

佐藤惣之助を求めて

-詩人、佐藤惣之助- 佐藤惣之助は、1901年(明治34年)に福島県に生まれた詩人である。1926年(昭和元年)に上京し、北原白秋に師事した。その後、詩誌『アカシア』を創刊し、同人に西脇順三郎、立原道造、村野四郎などがいた。 佐藤惣之助の詩は、叙情的でありながら、清新な感性に満ちている。彼の詩には、日本の伝統的な美意識や、自然への愛が色濃く反映されている。また、彼の詩は、戦後の日本の詩壇に大きな影響を与えた。 佐藤惣之助は、1953年(昭和28年)に49歳で亡くなった。しかし、 그의詩は、今もなお多くの人々に愛され続けている。 佐藤惣之助の詩の特徴は、以下の通りである。 * 叙情的でありながら、清新な感性に満ちている。 * 日本の伝統的な美意識や、自然への愛が色濃く反映されている。 * 戦後の日本の詩壇に大きな影響を与えた。 佐藤惣之助の代表的な詩には、以下のようなものがある。 * 「アカシアの花」 * 「白い馬」 * 「故郷」 * 「海」 * 「星」 佐藤惣之助は、日本の詩壇に大きな足跡を残した詩人である。彼の詩は、今もなお多くの人々に愛され続けている。
文学分野の人

梨木祐為 – 江戸時代中期の歌人、神職

梨木祐為の生涯 梨木祐為は、江戸時代中期の歌人、神職です。1721年(享保6年)、伊勢国度会郡中村(現在の三重県度会郡大紀町中村)に生まれました。幼名は藤八郎、通称は小太郎、祐為は法号です。17歳の時に伊勢神宮の禰宜となり、19歳の時には和歌の指導者として知られていた本居宣長の門人となりました。宣長の没後、祐為は宣長の和歌の教えを継承し、多くの歌人を育成しました。祐為は、また、伊勢神宮の禰宜として、伊勢神宮の祭祀を司るなど、重要な役割を果たしました。1795年(寛政7年)、伊勢神宮の禰宜を辞任し、75歳で亡くなりました。 祐為の歌は、穏やかで清らかな情趣をたたえたものが多く、江戸時代中期の歌壇に大きな影響を与えました。祐為は、また、和歌の理論家としても知られており、多くの和歌の評論書を著しました。これらの評論書は、江戸時代中期の和歌の理論の発展に大きな貢献をしました。 祐為は、伊勢神宮の禰宜として、伊勢神宮の祭祀を司るなど、重要な役割を果たしました。祐為は、伊勢神宮の禰宜を辞任した後も、伊勢神宮を度々参詣し、伊勢神宮への信仰を深めました。祐為の伊勢神宮への信仰は、祐為の歌にも表れており、祐為の歌には、伊勢神宮を詠んだものが多く見られます。 祐為は、江戸時代中期の歌人、神職として、大きな功績を残しました。祐為の歌は、穏やかで清らかな情趣をたたえたものが多く、江戸時代中期の歌壇に大きな影響を与えました。祐為の和歌の理論書は、江戸時代中期の和歌の理論の発展に大きな貢献をしました。祐為は、また、伊勢神宮の禰宜として、伊勢神宮の祭祀を司るなど、重要な役割を果たしました。祐為は、伊勢神宮への信仰を深め、祐為の歌にも伊勢神宮を詠んだものが多く見られます。
文学分野の人

「条果亭栗標」について

-条果亭栗標とは- 条果亭栗標(じょうかていりっきょう)は、江戸時代後期の俳人。alignSelf center;俳諧師。江戸の人。本姓は野村。幼名は信三郎。初名は辰五郎。字は月窗。通称は辰寿。別号に池上庵、栗花舎あり。 文化12年(1815年)に父・辰七が没した後、家督を継ぎ、版木問屋の主人となった。一方、幼少の頃から俳句を好み、十代で式亭三馬の門下に入って与謝蕪村の作風を学んでいる。 21歳のときには芝神明前に、条果亭という俳諧の結社を主宰。同年に2代市川團十郎の推挙で初世桜田治助と知り合い、以後は治助の身の回りの世話を行っている。 天保11年(1840年)には、治助の筆名を用いて『桜田治助全伝』を刊行。天保14年(1843年)には、治助の妹・小喜世と結婚している。 その後、治助の死後に『桜田治助後伝』を刊行し、治助の事績を広めることに努めた。 また、栗標は治助のほかに、式亭三馬、十返舎一九、山東京伝、曲亭馬琴らとも交流があり、文化人のサロン的な役割を果たしている。 栗標は、俳諧の分野でも活躍し、文政3年(1820年)に『いもがしら』を刊行。その後も、多くの句集を刊行している。 栗標は、安政3年(1856年)に64歳で没した。栗標の墓は、東京都港区の青山霊園にある。
文学分野の人

古泉千樫:近代日本を彩った歌人

-古泉千樫の生涯と功績- 1886年(明治19年)7月15日、古泉千樫は富山県西礪波郡福光町(現在の高岡市)に生まれた。幼い頃から和歌に親しみ、14歳のときに全国歌人大会で初入選を果たす。1904年(明治37年)に上京し、早稲田大学に入学。在学中から歌集を出版し、歌壇にその名を轟かせた。 1916年(大正5年)、機関誌「心の花」を創刊し、アララギ派の重鎮として活躍。1920年(大正9年)には、歌集「月草」が第1回芥川賞を受賞した。1932年(昭和7年)には、日本歌人会会長に就任。1956年(昭和31年)には、文化勲章を受章した。 1975年(昭和50年)12月18日、古泉千樫は東京都世田谷区で死去した。享年89歳。 古泉千樫は、大正から昭和にかけて活躍した歌人であり、昭和初期の文壇を代表する人物の一人である。庶民の生活を題材にした歌が多く、叙情性に富んだ作風で知られる。また、短歌の革新を唱えて、新派の歌人の育成に尽力した。 古泉千樫の功績は、大きく分けて二つある。 一つは、庶民の生活を題材にした歌を残したことである。古泉千樫は、庶民の生活をありのままに詠み、その歌は多くの人々の共感を呼んだ。庶民の生活を題材とした歌を世に送り出したことで、古泉千樫は近代日本を代表する歌人となった。 もう一つは、短歌の革新を唱えて、新派の歌人の育成に尽力したことである。古泉千樫は、短歌の革新を唱え、多くの歌人を育てた。古泉千樫の教えを受けた歌人は、近代日本を代表する歌人として活躍し、古泉千樫の短歌革新の理念は継承されていった。 古泉千樫は、近代日本を代表する歌人であり、庶民の生活を題材にした歌を残したこと、短歌の革新を唱えて、新派の歌人の育成に尽力したことなど、多くの功績を残した人物である。
文学分野の人

より「大島史洋」について

-大島史洋の生い立ちと経歴- 大島史洋は、日本の男性声優。愛知県出身。アクロスエンタテイメント所属。 1974年2月16日、愛知県に生まれる。小学生の頃からアニメや漫画が好きで、声優になることを志す。 高校卒業後、専門学校に進学し、声優としての基礎を学ぶ。卒業後は、養成所を経て、アクロスエンタテイメントに所属する。 2007年、テレビアニメ『らき☆すた』で声優デビューを果たす。その後、『けいおん!』『侵略!イカ娘』『中二病でも恋がしたい!』などの人気アニメに出演する。 2013年、第7回声優アワードで新人男優賞を受賞する。 2014年、テレビアニメ『ハイキュー!!』で日向翔陽役を演じる。この作品が大ヒットしたことで、大島史洋は一躍人気声優となる。 2015年、テレビアニメ『おそ松さん』で松野一松役を演じる。この作品も大ヒットし、大島史洋はさらに人気を博す。 2016年、テレビアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』で東方仗助役を演じる。この作品も大ヒットし、大島史洋は不動の人気声優の地位を確立する。 2017年、テレビアニメ『宝石の国』でフォスフォフィライト役を演じる。この作品も大ヒットし、大島史洋はさらに人気を博す。 2018年、テレビアニメ『ゴールデンカムイ』で杉元佐一役を演じる。この作品も大ヒットし、大島史洋は不動の人気声優の地位を確立する。 2019年、テレビアニメ『鬼滅の刃』で竈門炭治郎役を演じる。この作品は社会現象的な大ヒットとなり、大島史洋は国民的人気声優となる。 2020年、テレビアニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』で日向翔陽役を演じる。この作品も大ヒットし、大島史洋は不動の人気声優の地位を確立する。 2021年、テレビアニメ『呪術廻戦』で虎杖悠仁役を演じる。この作品も大ヒットし、大島史洋はさらに人気を博す。 2022年、テレビアニメ『SPY×FAMILY』でロイド・フォージャー役を演じる。この作品も大ヒットし、大島史洋は不動の人気声優の地位を確立する。
歴史上の人物

藤原敦忠の生涯と和歌

-藤原敦忠の人物像- 藤原敦忠は、平安時代後期の公家で、歌人。醍醐天皇の孫に当たる。官位は従二位、権中納言。和歌の才能に優れ、『後撰和歌集』に25首が入集している。 敦忠は、温厚で慈悲深い人物であり、人々から敬愛されていた。また、和歌の才能にも優れ、数々の名歌を残している。敦忠の歌は、自然を愛する心や、人生の無常観を詠んだものが多く、人々の心を打つ。 敦忠は、歌人としてのみならず、政治家としても活躍した。中納言に任ぜられ、朝廷の要職を歴任した。敦忠は、清廉潔白な人物であり、私利私欲に走ることなく、公務に励んだ。 敦忠は、和歌の才能と政治的手腕を兼ね備えた、平安時代後期の傑出した人物であった。敦忠の歌は、現在でも人々に愛されており、その功績は末永く語り継がれるであろう。 敦忠の人物像については、彼の和歌から窺うことができる。敦忠の歌は、自然を愛する心や、人生の無常観を詠んだものが多く、人々の心を打つ。敦忠は、温厚で慈悲深い人物であり、人々から敬愛されていた。また、和歌の才能にも優れ、数々の名歌を残した。敦忠の歌は、現在でも人々に愛されており、その功績は末永く語り継がれるであろう。
文学分野の人

– 落合直文(1861~1903)

- 明治時代の国文学者、歌人 明治時代の国文学者、歌人である落合直文は、1861年(文久元年)に江戸で生まれた。幼名は寅之助といい、号は竹渓である。東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)を経て、東京帝国大学文学部国文学科に入学した。在学中は、坪内逍遥や井上哲次郎に師事し、国文学の研究に励んだ。1885年(明治18年)に大学を卒業し、第一高等学校(現・東京大学教養学部)の教授となった。その後、東京帝国大学文科大学教授、東京音楽学校校長、文部省視学官などを歴任した。 落合直文は、国文学の研究において、古典文学のテキストの校訂や注釈に力を注ぎ、多くの業績を残した。特に、源氏物語の研究に優れ、『源氏物語評釈』、『源氏物語新釈』などの著作がある。また、歌人としても活躍し、正岡子規らとともに、明治新体詩の創始に尽力した。その歌風は、平明で叙情性に富むもので、多くの歌集を残している。 落合直文は、1903年(明治36年)に42歳で亡くなった。その死は、国文学界に大きな衝撃を与え、多くの追悼文が寄せられた。落合直文は、明治時代の国文学者、歌人として、高い評価を受けている。
歴史上の人物

藤原顕季 – 平安時代後期の公卿と歌人

- 藤原顕季の生涯 藤原顕季は、平安時代後期の公卿と歌人です。藤原俊成の次男として生まれ、母は高階基秀の娘・範子です。顕季は、1161年に従五位下に叙され、1167年に正五位下に昇叙されました。1171年には従四位下に昇叙され、1177年には従四位上に昇叙されました。1180年には正四位下に昇叙され、1182年には従三位に昇叙されました。1184年には正三位に昇叙され、1185年には権中納言に任じられました。1186年には中納言に任じられ、1189年には権大納言に任じられました。1190年には大納言に任じられ、1191年には内大臣に任じられました。1192年に従二位に昇叙され、1193年には正二位に昇叙されました。1194年に右大臣に任じられ、1195年に左大臣に任じられました。 顕季は、歌人としても知られ、新古今和歌集には12首の歌が収められています。顕季の歌は、優美で繊細な作風で知られ、多くの歌人に影響を与えました。顕季は、1201年に62歳で亡くなりました。 顕季は、平安時代後期の公卿と歌人として活躍しました。顕季の歌は、優美で繊細な作風で知られ、多くの歌人に影響を与えました。
文学分野の人

川田順-大正-昭和時代の歌人

川田順の生い立ちと経歴 川田順は、1885年(明治18年)8月23日に、東京府東京市浅草区(現在の東京都台東区)に生まれた。父は川田順之助、母は川田くに。順之助は、東京府の官吏であった。 順は、1898年(明治31年)に東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)に入学し、1902年(明治35年)に卒業した。その後、1903年(明治36年)に東京帝国大学(現在の東京大学)文科大学国文科に入学し、1907年(明治40年)に卒業した。 大学卒業後は、東京府立第一中学校の教諭を務めた。1912年(大正元年)には、詩誌「アララギ」に参加し、歌人としての活動を始めた。1919年(大正8年)には、アララギの同人となった。 1923年(大正12年)には、東京府立第一中学校を辞職し、歌人としての活動に専念した。1926年(大正15年)には、第一歌集『雲母集』を刊行した。雲母集は、叙情的な歌風の歌集で、高い評価を受けた。 1934年(昭和9年)には、第二歌集『曼珠集』を刊行した。曼珠集は、人生の苦悩と歓喜を歌った歌集で、さらに高い評価を受けた。 1941年(昭和16年)には、第三歌集『沈黙』を刊行した。沈黙は、戦争の悲惨さを歌った歌集で、大きな反響を呼んだ。 1945年(昭和20年)には、第四歌集『帰郷』を刊行した。帰郷は、戦争後の故郷への帰還を歌った歌集で、故郷への愛着を歌った歌集である。 川田順は、1966年(昭和41年)3月7日に、東京都台東区で死去した。享年80。
文学分野の人

上田甲斐子

-江戸時代後期の歌人-上田甲斐子- 上田甲斐子は、江戸時代後期の歌人です。文化12年(1816年)、加賀藩藩士・上田収の娘として生まれました。幼少期から和歌に親しみ、18歳のときに松崎慊堂に入門しました。慊堂は、甲斐子の才能を高く評価し、熱心に指導しました。 甲斐子は、25歳のときに初歌集『甲斐子歌集』を出版しました。この歌集は、当時の文壇に大きな反響を呼び、甲斐子は一躍有名になりました。その後も、甲斐子は精力的に歌集を出版し、その数は30冊以上に及びます。 甲斐子の歌は、清新で優美な作風であり、特に恋の歌に秀でていました。また、甲斐子は歌人としてだけでなく、優れた書家でもありました。その書体は、力強く端正であり、多くの書家に影響を与えました。 甲斐子は、安政4年(1857年)、42歳の若さで亡くなりました。しかし、その歌と書の功績は、今なお高く評価されています。 甲斐子の歌の一例を以下に示します。 * -春の夜の 月にかかれる 雲のうへに おぼろに花の 匂ひこそすれ- この歌は、春の夜の月を眺めていると、その向こうに雲がかかり、その雲の上に花の匂いが漂っているように感じられるというものです。甲斐子の清新で優美な作風がよく表れています。
文学分野の人

歌人・大野誠夫について

-歌人・大野誠夫の生涯- 歌人・大野誠夫は、1903年(明治36年)2月20日に静岡県田方郡伊久身村(現・掛川市)に生まれました。家は裕福で、恵まれた環境でのびのびと育ちました。 大野誠夫は、幼い頃から短歌に親しみ、小学校時代にはすでに短歌を作っていました。1921年(大正10年)に第一高等学校に入学し、そこで与謝野晶子と出会い、短歌の指導を受けました。 1925年(大正14年)に東京帝国大学文学部に入学し、短歌の勉強を続けました。1927年(昭和2年)に大学卒業後、実家の家業を継ぎました。 1929年(昭和4年)に処女歌集『花筺』を出版し、歌人としてデビューしました。1931年(昭和6年)に歌誌『心の花』を創刊し、主宰を務めました。 1933年(昭和8年)に、短歌結社「アララギ」に入会しました。アララギは、日本を代表する短歌結社の一つであり、大野誠夫はアララギの重鎮として活躍しました。 1936年(昭和11年)に第二歌集『草木塔』を出版し、短歌界に確固たる地位を築きました。1940年(昭和15年)に召集され、太平洋戦争に出征しました。 1945年(昭和20年)に終戦を迎えて復員し、短歌の創作を再開しました。1947年(昭和22年)に第三歌集『暁光』を出版し、1951年(昭和26年)には歌誌『心の花』を復刊しました。 1953年(昭和28年)にアララギを退会し、独自の短歌道を歩み始めました。1956年(昭和31年)に第四歌集『夕紅』を出版し、1959年(昭和34年)には短歌結社「花曜会」を創設しました。 1963年(昭和38年)に短歌研究誌『歌壇』を創刊し、主宰を務めました。1967年(昭和42年)に第五歌集『汐音』を出版し、1970年(昭和45年)には歌誌『心の花』を廃刊しました。 1973年(昭和48年)に第六歌集『鶴』を出版し、1976年(昭和51年)に歌誌『花曜会』を廃刊しました。1980年(昭和55年)に第七歌集『茜雲』を出版し、1983年(昭和58年)に第八歌集『炎天』を出版しました。 1988年(昭和63年)に第九歌集『花野』を出版し、1991年(平成3年)に第十歌集『残月』を出版しました。1993年(平成5年)に第十一歌集『遥かなる日』を出版し、1996年(平成8年)に第十二歌集『花影』を出版しました。 2001年(平成13年)に第十三歌集『夕焼小燒』を出版し、2004年(平成16年)に第十四歌集『暁に祈る』を出版しました。2007年(平成19年)に第十五歌集『晩鐘』を出版し、2010年(平成22年)に第十六歌集『花と人』を出版しました。 2013年(平成25年)に第十七歌集『いのちの歌』を出版し、2016年(平成28年)に第十八歌集『わが人生』を出版しました。2019年(令和元年)に第十九歌集『令和のうた』を出版し、2022年(令和4年)に第二十歌集『我が歌の旅路』を出版しました。 大野誠夫は、2023年(令和5年)1月1日に99歳で逝去しました。大野誠夫は、短歌界に大きな足跡を残した偉大な歌人でした。
歴史上の人物

藤原盛方 – 平安時代後期の官吏・歌人

藤原盛方の生涯と経歴 藤原盛方は、平安時代後期の官吏・歌人です。 1135年(保延元年)、藤原頼長の次男として生まれました。 母は藤原顕季の娘(顕季は藤原清光の孫)です。 1156年(保元元年)の保元の乱のあと後白河天皇に仕え、 1160年(仁安元年)に左近衛権少将に任じられました。 1165年(永万元年)には従五位下、右近衛権中将に昇任し、 1171年(安元3年)には備中介を兼ねました。 1179年(治承3年)には正五位下、右近衛中将に昇進し、 1180年(治承4年)には右近衛権大将に任じられました。 1185年(文治元年)には正四位下に昇叙され、 1186年(文治2年)には従三位に昇進しました。 その後、備前守、大蔵卿などを歴任しました。 1199年(建久10年)に65歳で亡くなりました。 盛方は和歌にも優れており、勅撰和歌集に25首が採録されています。 盛方は、平清盛に近侍した藤原頼長の次男で、歌人として知られています。 保元の乱後、後白河天皇に仕え、右近衛権中将まで昇進しました。 1185年(文治元年)に正四位下に昇叙され、 1186年(文治2年)には従三位に昇進しました。 その後、備前守、大蔵卿などを歴任し、 1199年(建久10年)に65歳で亡くなりました。
歴史上の人物

倉橋部女王 – 奈良時代の歌人

- 倉橋部女王 - 奈良時代の歌人 倉橋部女王(くらはしべのおおきみ)は、奈良時代の女性歌人で、万葉集に8首の歌が残されています。彼女は、天智天皇の皇子である大友皇子(弘文天皇)の妃であり、大友皇子の死後に出家して、悲しみを歌った挽歌が万葉集に収められています。 -# 万葉集におさめられた挽歌 倉橋部女王の挽歌は、夫である大友皇子の死を悼んだもので、その悲しみと絶望が強く表現されています。彼女は、夫の死を「我が背子が心ゆくまで生きずして、事果てて亡くなり給いし、悲しみは深く、悲しみのために死ぬに至るだろう」と嘆き悲しんでいます。 また、彼女は夫の死後に出家して、仏教に救いを求めています。彼女は、「仏の御法に帰依して、仏の教訓に従って生きよう。そうすれば、夫と再び会うことができるだろう」と歌っています。 倉橋部女王の挽歌は、奈良時代の女性歌人の心情を伝える貴重な作品です。その悲しみと絶望、そして仏教への救いを求める姿は、現代人にも共感できるものがあります。 以下に、倉橋部女王の挽歌を2首紹介します。 * -第1首- > 大御神 神風を聞きて 吾ともに 海原越え来て 愛しみしものよ 我が背子が心を尽くして 生きずして 事果てて逝きぬ 悲しも 悲しみざらめや 悲しみを以て 死なんとすらし * -第2首- > 仏の御法に 帰依りて 仏の教にし従ひ 生き延びむ 我が背子とふたり 再(ま)たび遇はむ 我が背子とふたり 再たび遇はむ
文学分野の人

土岐善麿 – 明治から昭和にかけて活躍した歌人

土岐善麿 - その生涯と功績 土岐善麿は、明治から昭和にかけて活躍した日本の歌人です。石川県金沢市に生まれ、早稲田大学卒業後、新聞記者として勤務しました。その後、歌誌「アララギ」に投稿をはじめ、歌人として活動を始めました。 土岐善麿は、口語自由律の歌風の歌人として知られています。彼は、伝統的な和歌の形式にとらわれず、自由に感情を表現した歌を作りました。その作風は、多くの歌人に影響を与え、近代短歌の発展に貢献しました。 土岐善麿は、1937年に「冬隣」で第1回迢空賞を受賞しました。また、1943年には日本芸術院会員に選出されています。1954年に東京都で死去しました。 土岐善麿の歌は、自然や人生を詠んだものが多く、その作風は清澄で温かいものが多いです。彼の歌は、多くの人に愛され、現代でも多くの人々に親しまれています。 土岐善麿は、近代短歌の発展に貢献した偉大な歌人です。彼の歌は、現代でも多くの人々に親しまれており、今後も長く読み継がれていくでしょう。
文学分野の人

中川長延の人生と作品

中川長延の生涯 中川長延は、1903年(明治36年)に北海道瀬棚郡瀬棚町で生まれました。家は農家で、父は新太郎、母はうめです。長延は、7人兄弟の末っ子でした。 長延は、幼い頃から絵を描くことが好きでした。小学校卒業後は、札幌の北海道工業学校に進学しましたが、すぐに中退して東京に向かいました。 東京では、日本橋の画塾「日本美術院」に入門しました。日本美術院は、横山大観、下村観山、菱田春草などが創設した画塾で、当時の日本画壇を代表する画家の多くが輩出されました。 長延は、日本美術院で日本画を学びましたが、やがて洋画に興味を持つようになりました。1927年(昭和2年)、長延は日本美術院を退会し、東京美術学校(現在の東京芸術大学)に入学しました。 東京美術学校では、洋画を学びましたが、やがて版画に興味を持つようになりました。1931年(昭和6年)、長延は東京美術学校を卒業しました。 卒業後は、東京で版画の制作を始めました。1933年(昭和8年)には、第1回日本版画協会展に出品し、入選を果たしました。 1934年(昭和9年)、長延はフランスに留学しました。フランスでは、パリのジュリアン画塾で版画を学びました。1937年(昭和12年)に帰国後は、東京で版画の制作を続けました。 1940年(昭和15年)、長延は徴兵されて中国に出征しました。中国では、戦地で版画を描きました。1945年(昭和20年)、長延は終戦を迎えて復員しました。 戦後、長延は東京で版画の制作を続けました。1951年(昭和26年)には、第1回ヴェネチア・ビエンナーレに出品し、銅賞を受賞しました。 長延は、1984年(昭和59年)に東京で亡くなりました。享年81歳でした。
歴史上の人物

「冷泉為村」 (1712-1774)

- 「冷泉為村とは?」 冷泉為村(れいてい ためむら、正徳2年(1712年) - 安永3年9月19日(1774年11月11日))は、江戸時代中期の公卿、歌人、書家。 冷泉家の分家にあたる権大納言・冷泉為久の子。権大納言・冷泉為久の子。 母は正一位・新宮定子。幼名は兼俊。官位は従一位・権大納言、内大臣。 冷泉為村は、江戸時代中期の公卿、歌人、書家です。彼は1712年に生まれ、1774年に62歳で亡くなりました。冷泉家は、平安時代から続く名門貴族であり、為村は冷泉家の分家にあたる権大納言・冷泉為久の子として生まれました。 為村は、幼い頃から和歌と書道を学び、16歳で歌会に出席するようになりました。その後、公卿として朝廷に出仕し、従一位・権大納言、内大臣まで昇進しました。また、歌人としても活躍し、1769年には勅撰和歌集『新勅撰和歌集』の撰者の一人に選ばれました。 為村の和歌は、情趣豊かで優美な作風で知られており、多くの歌人がその歌を模範としました。また、書家としても活躍し、草書を得意としました。彼の書は、力強く躍動感があり、多くの書家がその書を模範としました。 為村は、公卿、歌人、書家として活躍し、江戸時代中期の文化に大きな影響を与えた人物でした。
文学分野の人

間島琴山 – 明治・昭和期の歌人

-間島琴山とは- 間島琴山(1883年-1964年)は、明治・昭和期の歌人。本名は清一。奈良県生まれ。 早稲田大学国文科在学中に島崎藤村、坪内逍遥を知る。1907年に『明星』に歌を発表し、歌壇デビューを果たす。1910年に『琴声』を創刊し、短歌結社「アララギ」に参加する。1912年に『短歌選』を出版し、その後の短歌界に大きな影響を与える。 琴山は、写生と主観を調和させた作風で知られる。写生とは、自然や社会をありのままに描写することであり、主観とは、歌人の個人的な感情や思想である。琴山は、この二つの要素を巧みに調和させ、リアリティのある歌を詠んだ。 琴山は、また、短歌の理論家としても知られる。1925年に『短歌私論』を出版し、短歌の在り方について考察した。また、1931年に『万葉と短歌』を出版し、万葉集と短歌の関係について論じた。 琴山は、短歌界に多大な功績を残した歌人である。その作品は、今もなお多くの人々に愛読されている。
歴史上の人物

北畠師重の人生

- 北畠師重の人生 -# 北畠師重の経歴 北畠師重(きたばたけ もろしげ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代の公卿・武将。北畠氏の祖である。 建武の勤王に際しては、父・北畠親房と共に建武の新政に参加し、足利尊氏に味方して北条氏を討った。建武3年(1336年)、尊氏が後醍醐天皇に叛いて京都を占領すると、親房と共に吉野に逃れて南朝に仕えた。建武4年(1337年)、北畠顕家と共に九州に下り、尊氏の弟・足利直義を破って九州を平定した。 貞和4年(1348年)、直義が足利尊氏に叛くと、師重は尊氏方に付いた。尊氏と直義の和睦が成立した後、師重は鎌倉に下向し、直義の養子となった。直義の没後、その遺領を継いで相模国の守護となった。 正平23年(1368年)、南朝方の畠山国清が鎌倉を攻めると、師重は鎌倉を放棄して京都に逃れた。このとき、師重は尊氏の嫡男・足利義満に降伏し、その家臣となった。 師重の死後、子の北畠顕能が家督を継いだ。顕能は、南朝方の武将として活躍したが、明徳3年(1392年)、足利義満に降伏した。北畠氏は、足利氏の家臣として存続することになった。
文学分野の人

河野裕子-その生涯と歌人としての実績

生い立ちと歌人としての原点 河野裕子は1906年(明治39年)3月6日、岐阜県本巣郡根尾村(現・本巣市根尾)に、父・河野信一と母・トミの間に生まれた。裕子は8人兄弟の6番目の子で、幼い頃から歌が大好きだったという。 裕子の父親は、地元の小学校の教師で、裕子に「歌人になるように」と勧めた。裕子は父親の勧めもあって、歌人としての道を志すようになった。裕子は幼い頃から和歌を詠み始め、1924年には、「少女歌会」に参加した。その後、裕子は、「アララギ」の同人となった。 「アララギ」は、斎藤茂吉が主宰する歌誌で、裕子はここで、歌人としての基礎を学んだ。裕子は「アララギ」に多くの歌を発表し、1931年には、歌集『花冷え』を出版した。『花冷え』は、裕子の第一歌集で、この歌集で、裕子は、高い評価を得た。 裕子は1932年には、歌集『星座』を出版した。『星座』は、裕子の第二歌集で、この歌集で、裕子は、さらに高い評価を得た。裕子はその後も、歌集『花筺(はなくご)』、『石楠花(しゃくなげ)』、『深海魚』、『雲の峰』などを出版し、歌人としての実績をあげた。 裕子は1995年(平成7年)11月14日に89歳で亡くなった。裕子は、生涯にわたって、歌を詠み続け、多くの歌集を残した。裕子の歌は、素直で、澄んだ言葉で、多くの人々に親しまれた。裕子は、戦後を代表する歌人の一人として、高く評価されている。
歴史上の人物

斎藤瀏 – 激動の時代を歩んだ軍人と歌人

-斎藤瀏の生涯- 斎藤瀏は、1884年(明治17年)9月28日に石川県加賀市に、斎藤竹松、コウ夫妻の長男として生まれました。本名は「りゅう」ですが、「りゅうじ」と間違えられることが多く、本人公認で「りゅうじ」と名乗るようになりました。 幼少期から歌を詠み、東京に留学した後は、雑誌『アララギ』に参加し、島崎藤村や若山牧水らと親交を深めました。1912年(明治45年)に陸軍士官学校を卒業し、陸軍に入隊しました。 第一次世界大戦中は、ドイツに留学し、軍事工場で働きました。帰国後は、陸軍省参謀本部で勤務し、1932年(昭和7年)には、陸軍大学校を卒業しました。 1934年(昭和9年)に、満州に派遣され、関東軍参謀として勤務しました。1937年(昭和12年)に日中戦争が勃発すると、斎藤瀏は、第26師団長として出征しました。 日中戦争では、斎藤瀏は、武功を挙げ、1939年(昭和14年)には、陸軍中将に昇進しました。しかし、1941年(昭和16年)に、太平洋戦争が勃発すると、斎藤瀏は、第18軍司令官として、ビルマ方面の作戦を担当しました。 ビルマ方面の戦いは、日本軍にとって苦戦が続き、斎藤瀏は、1944年(昭和19年)に、陸軍大将に昇進しましたが、1945年(昭和20年)に、ビルマで戦死しました。 斎藤瀏は、軍人として活躍する傍ら、歌人としても活躍しました。1914年(大正3年)に、処女歌集『花影』を出版し、1922年(大正11年)に、第2歌集『海鳥』を出版しました。 斎藤瀏の歌は、戦場の悲惨さを訴えるものが多いですが、自然の美しさや人生の喜びを詠んだものもあります。斎藤瀏の歌は、多くの人々に愛され、現在でも歌い継がれています。
文学分野の人

「似雲」

似雲の生涯 似雲は、江戸時代後期の浮世絵師である。本名は歌川豊国で、似雲は号である。1786年、江戸に生まれる。幼少の頃から絵を好み、1801年に歌川豊国に入門する。その後、豊国の門下で修業を重ね、1811年に浮世絵師としてデビューする。 似雲の浮世絵は、美人画を得意とし、その作風は華やかで優美なことで知られている。また、役者絵や風景画も手がけている。似雲の浮世絵は、当時の江戸の人々に人気を博し、多くの作品が世に送り出された。 似雲は、1861年に亡くなった。享年76歳。似雲の浮世絵は、現在でも多くの人々に愛されており、浮世絵の歴史において重要な位置を占めている。 似雲の生涯を振り返ると、彼は浮世絵師として大きな成功を収めた人物である。彼の作品は、当時の江戸の人々に人気を博し、多くの作品が世に送り出された。また、似雲は浮世絵の普及に貢献した人物としても知られている。彼の作品は、現在でも多くの人々に愛されており、浮世絵の歴史において重要な位置を占めている。