歌手

エンターテインメント

武田鉄矢-歌手、俳優、そして国民的スター

フォーク歌手としてのデビューから国民的俳優へ 武田鉄矢は、1949年1月11日に福岡県福岡市に生まれた。大学時代にフォークソング同好会に参加した彼は、やがてフォークグループ「海援隊」を結成する。1972年に「母に捧げるバラード」でレコードデビューを果たし、1974年に「思えば遠くへ来たもんだ」が大ヒットを記録する。海援隊はフォーク界のトップグループとなり、武田鉄矢はフォークシンガーとして国民的人気を獲得した。 俳優としてデビューしたのは1977年、「幸福の黄色いハンカチ」に出演した。その後も、映画やドラマに出演し、国民的俳優となった。代表作には「蒲田行進曲」「男はつらいよ」「寅次郎物語」などがある。 武田鉄矢はフォーク歌手、俳優としてだけでなく、作家としても活躍している。1991年に発表した小説「金八先生」はベストセラーとなり、ドラマ化もされた。ドラマ「3年B組金八先生」は長期にわたって放送され、社会現象を巻き起こした。 武田鉄矢は、フォーク歌手、俳優、作家として、国民に愛される国民的スターである。彼は、日本文化に大きな貢献をした人物の一人である。
エンターテインメント

大屋政子:昭和後期-平成時代の経営者

-大屋政子昭和後期-平成時代の経営者- -歌手としてデビュー- 大屋政子さんは、1947年(昭和22年)に東京都で生まれました。父は大手商社の経営者で、母は元教師でした。政子さんは幼い頃から音楽好きで、10歳のときにピアノを始めました。また、声楽レッスンも受けていました。 政子さんは、1965年(昭和40年)に高校を卒業後、大学に進学せず、歌手デビューを果たしました。デビュー曲は「恋はあせらず」で、この曲はオリコンチャートで1位を獲得するなど大ヒットとなりました。また、この曲はNHK紅白歌合戦でも歌われ、政子さんは一躍人気歌手となりました。 政子さんは、その後も「白い流れの果て」「愛のさざなみ」など、数々のヒット曲をリリースしました。また、映画やテレビドラマにも出演するなど、活躍の場を広げていきました。 しかし、1980年代後半になると、政子さんの人気は徐々に下降していきました。これは、新しい音楽ジャンルが登場したことや、政子さんの年齢による衰えなどが原因と考えられています。 1990年代になると、政子さんは歌手活動を休止し、実業家として活動するようになりました。政子さんは、化粧品会社や飲食店など、数々の会社を経営し、成功を収めました。 政子さんは、2010年(平成22年)に死去しました。享年63歳でした。政子さんは、昭和後期から平成時代にかけて、歌手や実業家として活躍した、稀代のスターでした。
エンターテインメント

– 草笛光子

-# 松竹歌劇団への入団とスリー・パールズ結成 1941年、草笛光子は松竹歌劇団(SKD)のオーディションに合格し、入団しました。同期には、後に女優として活躍する久仁京子、上月晃などがいました。草笛は、入団後すぐに頭角を現し、1942年には松竹歌劇団のレビュー『アラビアン・ナイト』で初舞台を踏み、大好評を博しました。 1944年には、同期の久仁京子、上月晃とトリオ「スリー・パールズ」を結成し、SKDの看板スターとして活躍しました。スリー・パールズは、キュートで華やかな歌とダンスで人気を集め、全国各地を公演して大いに賑わせました。 1945年、第二次世界大戦の終戦に伴い、松竹歌劇団は解散しました。しかし、草笛とスリー・パールズは、戦後も活動を続け、1946年にアメリカ公演を行い、大成功を収めました。1947年には、スリー・パールズは解散しましたが、草笛はその後も女優、歌手として活躍を続け、現在も日本の芸能界の第一線で活躍しています。
ミュージシャン

細川たかし:歌謡界の巨匠

-クラブの歌手からスターダムへ細川たかしの音楽の旅- 細川たかしは、日本の音楽業界で最も成功した歌手の1人です。彼は40年以上にわたって活躍し、その間に4000万枚以上のレコードを売り上げ、数々の賞を受賞しています。彼の楽曲は、日本の音楽チャートで何度も1位を獲得し、彼のコンサートはいつも満員になります。 細川たかしは、1950年に福岡県に生まれました。彼は幼い頃から歌が大好きで、10代の頃からクラブやバーで歌っていました。1973年に、彼は「心のこり」でデビューし、この曲は瞬く間に大ヒットとなりました。このヒットをきっかけに、細川たかしは瞬く間にスターダムにのし上がり、多くの賞を受賞しました。 細川たかしの音楽は、日本の伝統的な歌謡曲と西洋のポップスやロックを融合させたものです。彼の楽曲は、普遍的なテーマである愛や人生を歌ったものが多く、多くの人々に共感を得ています。また、細川たかしは、ライブパフォーマンスでも知られており、彼のコンサートはいつも熱狂的です。 細川たかしは、日本の音楽業界に多大なる貢献をしてきました。彼は、多くのヒット曲を生み出し、多くの賞を受賞しています。また、彼は若い歌手の育成にも力を注いでおり、多くのスターを輩出しています。細川たかしは、まさに歌謡界の巨匠であり、日本の音楽史にその名を刻んだ偉大な歌手です。 -細川たかしの音楽の軌跡- * 1973年「心のこり」でデビュー。この曲は瞬く間に大ヒットとなり、細川たかしは瞬く間にスターダムにのし上がりました。 * 1975年「矢切の渡し」がヒットし、この曲は日本の音楽チャートで1位を獲得しました。 * 1976年「北国列車」がヒットし、この曲は日本の音楽チャートで1位を獲得しました。 * 1977年「浪花節だよ人生は」がヒットし、この曲は日本の音楽チャートで1位を獲得しました。 * 1978年「昭和枯れすすき」がヒットし、この曲は日本の音楽チャートで1位を獲得しました。 * 1979年「望郷酒場」がヒットし、この曲は日本の音楽チャートで1位を獲得しました。 * 1980年「すすき野」がヒットし、この曲は日本の音楽チャートで1位を獲得しました。 * 1981年「千年の恋歌」がヒットし、この曲は日本の音楽チャートで1位を獲得しました。 * 1982年「酒場川」がヒットし、この曲は日本の音楽チャートで1位を獲得しました。 * 1983年「演歌一代」がヒットし、この曲は日本の音楽チャートで1位を獲得しました。 細川たかしは、日本の音楽業界で最も成功した歌手の1人であり、彼の楽曲は多くの賞を受賞しています。彼は、日本の音楽史にその名を刻んだ偉大な歌手です。
ミュージシャン

「坂本九」

-坂本九の生涯- 坂本九(さかもと きゅう)は、1941年12月10日に神奈川県川崎市に生まれた歌手、俳優、タレントです。 1958年に「アキラのうた」でデビューし、1961年に「上を向いて歩こう」が大ヒットしました。この曲は、アメリカでも「スキ・ヤキ」としてヒットし、坂本九は日本人で初めての海外進出を果たしました。 1963年には、映画「キューポラのある街」に出演し、俳優としても活躍しました。また、1966年には、NHKの人気番組「夢であいましょう」の司会を務め、国民的なタレントとなりました。 しかし、1985年に日本航空123便墜落事故で亡くなり、43歳の若さで生涯を閉じました。 坂本九の死後、彼の功績を讃えて、川崎市に「坂本九記念館」が設立されました。また、毎年12月10日には、川崎市で「坂本九まつり」が開催されています。 坂本九は、日本を代表する歌手、俳優、タレントとして、今も多くの人々に愛され続けています。 -坂本九の主な功績- * 1961年「上を向いて歩こう」が大ヒットし、日本人で初めての海外進出を果たす。 * 1963年映画「キューポラのある街」に出演し、俳優としても活躍する。 * 1966年NHKの人気番組「夢であいましょう」の司会を務め、国民的なタレントとなる。 * 1982年勲四等旭日小綬章を受章する。 * 1999年「上を向いて歩こう」が日本の歌100選に選ばれる。 * 2003年「坂本九記念館」が川崎市に設立される。 * 2011年「坂本九まつり」が川崎市で初開催される。
エンターテインメント

工藤静香

工藤静香のプロフィール 工藤静香は、1970年4月14日東京都生まれのタレント、歌手、女優、実業家である。1987年にアイドルグループ「おニャン子クラブ」のメンバーとしてデビューし、その後ソロ歌手としても成功を収めた。1995年に俳優の木村拓哉と結婚し、2児の母となった。 工藤静香は、1970年4月14日東京都に生まれた。父は会社員、母は専業主婦である。彼女は一人っ子である。工藤静香は幼い頃から芸能界に興味を持っていた。彼女は中学1年生の時に、劇団つかこうへいのオーディションを受け、合格した。しかし、彼女は両親の反対もあり、芸能界入りを断念した。 工藤静香は高校卒業後、OLとして働きながら、モデルの仕事をしていた。1987年、彼女はテレビ番組「夕やけニャンニャン」のオーディションを受け、合格した。彼女は「おニャン子クラブ」のメンバーとしてデビューし、アイドルとして人気を集めた。 1988年、工藤静香はソロデビューを果たした。彼女のデビューシングル「禁断のテレパシー」は、オリコンチャートで1位を獲得し、大ヒットした。その後、彼女は「恋一夜」「黄昏のビギン」「FU-JI-TSU」「KISS ME QUICK」などのヒット曲を連発し、トップアイドルの仲間入りを果たした。 1995年、工藤静香は俳優の木村拓哉と結婚した。2人は、ドラマ「ロングバケーション」で共演したことをきっかけに交際を始めた。結婚後、工藤静香は芸能活動を休止し、専業主婦となった。2000年、彼女は長女を出産し、2003年には次女を出産した。 2007年、工藤静香は芸能活動を再開した。彼女は、ドラマ「花より男子2(リターンズ)」に出演し、女優としてカムバックした。その後、彼女は「華麗なるスパイ」「ナポレオンの村」「ストロベリーナイト」などのドラマに出演した。 工藤静香は、タレント、歌手、女優、実業家として活躍している。彼女は、夫の木村拓哉と2児の母でもある。彼女は、芸能界で長年活躍している人気者である。
ミュージシャン

「大津美子」

- 大津美子 -# クモ膜下出血からのカムバック 大津美子は、元競泳選手で、1964年東京オリンピックに出場した。1967年にクモ膜下出血を発症し、生死の境をさまよったが、奇跡的に生還。その後、リハビリを続けて1972年、ミュンヘンオリンピックに出場した。 大津美子は、東京都出身。1946年、13歳の時に競泳を始める。1964年、東京オリンピックに出場し、100m自由形、200m自由形で5位入賞を果たした。 1967年、大津美子はクモ膜下出血を発症した。クモ膜下出血とは、脳を覆っている薄い膜であるクモ膜の下で出血が起こる病気である。大津美子さんは、意識不明になり、一時は脳死状態と診断された。しかし、医師の懸命な治療により、奇跡的に生還した。 大津美子は、リハビリを続けて1972年、ミュンヘンオリンピックに出場した。ミュンヘンオリンピックでは、200m自由形で22位、400m自由形で23位となった。 大津美子のクモ膜下出血からのカムバックは、多くの人々に勇気を与えた。大津美子は、その後、スポーツコメンテーターとして活躍した。2014年、67歳で死去した。 大津美子さんは、逆境を乗り越えて夢を叶えた、偉大なアスリートであった。
エンターテインメント

歌謡界のレジェンド、島倉千代子の生涯

-昭和歌謡を代表する歌手- 島倉千代子は、昭和20年代から60年代にかけて活躍した日本の歌手である。昭和歌謡を代表する歌手の一人で、その歌は現在でも多くの人々に愛され続けている。 島倉千代子は、1938年に北海道夕張市に生まれた。幼い頃から歌が好きで、15歳の時に上京して歌手デビューを果たした。デビュー後は、数々のヒット曲をリリースし、瞬く間にスターダムにのし上がった。 島倉千代子の歌は、その伸びやかな歌声と、心に響く歌詞が特徴である。特に、「からたちの花」や「人生いろいろ」などの曲は、昭和歌謡の名曲として知られている。島倉千代子は、昭和歌謡を代表する歌手として、多くの人々に愛され続けた。 島倉千代子は、2013年に75歳で亡くなった。しかし、その歌は現在でも多くの人々に歌い継がれている。昭和歌謡を代表する歌手として、島倉千代子は永遠に不滅の存在である。 -島倉千代子の代表曲- * からたちの花 * 人生いろいろ * 大都会の孤独 * 愛のさざなみ * 涙の河をこえて * 逢いたいなァあの人に * だんな様 * 与作 * そして、神戸
エンターテインメント

「山田邦子」

-昭和35年生まれタレントの山田邦子- 山田邦子は、1960年7月15日生まれの日本の女優、タレント、歌手です。大阪府大阪市出身。吉本興業所属。 1980年に「花王名人劇場」でテレビデビューを果たし、1982年に「欽ちゃんの週刊欽曜日」で準レギュラーに抜擢され、バラエティ番組を中心に活躍するようになりました。 1985年に「山田邦子のお菓子放浪記」でドラマ初主演を果たし、その後も「山田邦子のおかしな夫婦」「山田邦子のしあわせにしてね」などのドラマに出演しました。 1987年に「抱いて」で歌手デビューを果たし、1988年に「邦ちゃんの週刊いいTV」で初の冠番組を持つことになりました。 1990年代には「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」でブレークし、以降ドラマ、バラエティ番組、CMなど幅広く活躍しました。 2000年代には「山田邦子のひとりごと」などでの毒舌芸で人気を博し、バラエティ番組を中心に活動しました。 2010年代には「徹子の部屋」などでのトーク番組に出演したり、エッセイ「山田邦子の介護日記」を出版したりするなど、幅広く活躍しています。 山田邦子は、ユーモアに富んだ毒舌芸で多くの人々に愛されているタレントです。
ミュージシャン

リンゴの唄で一世を風靡した歌手・並木路子の人生

-波瀾万丈な人生- 並木路子は、1930年、東京都で生まれた。幼い頃から歌が大好きで、1949年に日劇ダンシングチームに入団。その後、1951年にコロムビアレコード専属歌手となり、1952年に「リンゴの唄」でデビュー。同曲はミリオンセラーを記録し、並木路子は一夜にしてスターとなった。 しかし、その後、並木路子の芸能生活は波瀾万丈だった。1954年には、テレビ番組中に倒れ、緊急入院。一時は危篤状態に陥ったが、奇跡的に回復した。 1955年には、俳優の石原裕次郎と結婚。しかし、二人の結婚生活はわずか2年で破局した。その後、並木路子は、作曲家の服部良一と再婚。二人の間には、1959年に長男が誕生した。 1960年代には、並木路子は映画やドラマに多数出演。また、歌手としても活躍し、1962年に「いつでも夢を」がヒットした。 しかし、1970年代に入ると、並木路子の芸能活動は下降線をたどる。1975年に服部良一と離婚。その後は、生活のために様々な仕事をして生計を立てた。 1980年代後半、並木路子は芸能界に復帰。1989年に「リンゴの唄」を再録音し、再びヒットさせた。その後も、テレビ番組やコンサートに出演し、活躍を続けた。 2000年、並木路子は脳梗塞で倒れ、入院。2002年には、肺炎を併発し、死去した。享年72歳だった。 並木路子は、波瀾万丈な人生を歩んだ歌手だった。しかし、彼女は決して諦めず、常に前向きに生きていた。その生き方は、多くの人々に勇気を与えた。
ミュージシャン

平野忠彦 – 日本を代表するバリトン歌手

平野忠彦は、日本を代表するバリトン歌手です。彼のオペラ歌手としての人生は、さまざまな成功と挑戦で彩られていました。 平野は、1914年東京都に生まれました。彼は、幼い頃から音楽に興味を持ち、小学校から中学校まで合唱団に参加していました。高校卒業後は、東京藝術大学に入学し、声楽を学びました。 大学の卒業後、平野はオペラ歌手としてデビューを果たし、その後すぐに大きな成功を収めました。彼は、日本におけるオペラ歌手として、先駆者的な存在となり、多くのファンの心を魅了しました。 1937年には、平野はヨーロッパに渡り、世界のオペラハウスで歌い始めました。彼は、ミラノ・スカラ座、ロンドン・ロイヤル・オペラハウス、パリ・オペラ座など、世界有数のオペラハウスで歌い上げ、世界のオペラ界で日本のオペラ歌手として初めて成功を収めた一人です。 戦後、平野は日本に戻り、オペラ界の発展に貢献しました。彼は、東京藝術大学の教授を務め、多くのオペラ歌手や音楽家を育て上げました。また、彼は、国立オペラ劇場の創設に尽力し、日本のオペラ界の発展に大きな貢献をしました。 平野は、1995年に死去しましたが、彼の功績は今もなお語り継がれています。彼は、昭和のオペラ界を牽引した偉大なオペラ歌手として、日本の音楽史にその名を刻んでいます。 平野忠彦の軌跡を振り返ると、彼はオペラ歌手として数多くの功績を残した人物であることがわかります。彼は、日本のオペラ歌手として初めてヨーロッパのオペラハウスで活躍し、また日本におけるオペラ界の発展に貢献しました。平野は、日本のオペラ界を牽引した偉大なオペラ歌手として、日本の音楽史にその名を刻んでいます。
エンターテインメント

加山雄三

-加山雄三- -若大将シリーズで人気スターに- 加山雄三は、1937年4月11日に横浜市に生まれた日本の男性歌手、俳優、タレント、レーサーである。本名は、池端 哲朗(いけはた てつろう)。 加山は、1957年に俳優としてデビューした。1961年に公開された映画『若大将』シリーズで主演を務め、一躍人気スターとなった。若大将シリーズは、1965年まで全19作が公開された。加山は、若大将シリーズで演じた「若大将」のイメージで親しまれるようになった。 加山は、俳優としてだけでなく、歌手としても活躍した。1962年に発売したシングル「お嫁においで」が大ヒットし、国民的なスターとなった。加山は、その後も「君といつまでも」「海・その愛」「蒼い星屑」など、多くのヒット曲を発売した。 加山は、1973年にレーサーとしてデビューした。1977年には、ル・マン24時間レースに出場し、総合優勝を果たした。加山は、レーサーとしてだけでなく、ヨットマンとしても活躍した。2004年には、ヨットレースの単独無寄港世界一周を達成した。 加山は、2015年に芸能界を引退した。しかし、2019年に芸能界に復帰した。加山は、現在も俳優や歌手として活躍している。 加山雄三は、日本の芸能界を代表するスターである。彼の功績は、今後長く語り継がれることだろう。
エンターテインメント

「三浦秀波」(⇒佐藤清臣(さとう-きよおみ))について

三浦秀波について 三浦秀波は、昭和初期に活躍した日本の俳優である。本名佐藤清臣。1904年1月14日、東京府東京市浅草区に生まれる。 1923年に東京帝国大学法学部を卒業後、弁護士として活動を開始する。しかし、その後俳優に転身し、1925年に日活に入社する。 1926年に公開された映画「生ける人形」でデビューし、その後も多くの映画に出演する。1930年には、松竹の専属俳優となり、1931年に公開された映画「忠臣蔵」で大石内蔵助役を演じて一躍スターとなる。 その後も、1932年に公開された映画「刺青」「白蛇伝」、1933年に公開された映画「人情紙風船」などに出演し、人気俳優として活躍する。 しかし、1934年に松竹を退社し、フリーランスの俳優として活動を開始する。その後も、1935年に公開された映画「新撰組」、1936年に公開された映画「坊っちゃん」などに出演するが、1937年に33歳の若さで亡くなる。 三浦秀波は、端正な容姿と演技力で人気を博した俳優である。また、現代劇や時代劇など、幅広いジャンルの映画に出演し、名優として知られている。
エンターテインメント

深津絵里 – 日本を代表する女優の軌跡

-女優としての歩み- 深津絵里は、1991年に映画「キリコの風景」で主演デビューを果たしました。この映画で、深津は主人公のキリコを演じ、高い評価を受けました。その後、深津は数々の映画やテレビドラマに出演し、数々の賞を受賞するなど、活躍を続けています。 深津の女優としての特徴は、その透明感あふれる美しさです。また、役柄によって様々な表情を見せる演技力も高く評価されています。深津は、映画「LOFT」では、狂気に陥った女性を演じ、映画「嫌われ松子の一生」では、松子という女性の人生を演じました。また、テレビドラマ「北の国から」では、主人公の蛍を演じ、ドラマ「JIN -仁-」では、主人公の咲を演じました。 深津は、その演技力と美しさで、多くのファンを魅了しています。また、その作品選びにも定評があり、常に新しい役柄に挑戦し続けています。深津は、これからも日本の映画界を代表する女優として活躍し続けるでしょう。 ここでは、深津絵里が出演した主な作品を紹介します。 * 映画「キリコの風景」(1991年) * 映画「LOFT」(2005年) * 映画「嫌われ松子の一生」(2006年) * テレビドラマ「北の国から」(1981年-1989年) * テレビドラマ「JIN -仁-」(2009年) * テレビドラマ「花子とアン」(2014年)
エンターテインメント

近藤真彦:昭和後期の歌手、タレントの軌跡

- 3年B組金八先生でデビュー 近藤真彦は、1979年に「3年B組金八先生」の生徒役としてデビューしました。ジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川氏にスカウトされ、芸能界入りが決まったのです。 このドラマは大ヒットとなり、近藤真彦は一躍人気者になりました。その後、1980年に「スニーカーぶる~す」でソロデビューを果たし、オリコンチャート1位を獲得。1981年には「ギンギラギンにさりげなく」が大ヒットし、近藤真彦は不動の人気を確立しました。 近藤真彦は、歌手としてだけでなく、俳優としても活躍しました。1982年に公開された映画「セーラー服と機関銃」では、主演を務めました。この映画も大ヒットし、近藤真彦はさらに人気者になりました。 1980年代後半には、近藤真彦はアイドルとしてだけでなく、アーティストとしても評価されるようになりました。1986年には、アルバム「BLUE」がオリコンチャート1位を獲得。このアルバムには、近藤真彦自身が作詞作曲した曲が収録されており、彼の音楽性の高さを証明しました。 1990年代以降も、近藤真彦は歌手や俳優として活躍を続けました。2000年には、ジャニーズ事務所を退社して独立しました。独立後は、音楽活動や舞台出演などを中心に活動しています。 近藤真彦は、昭和後期の歌手、タレントとして、多くの人々に愛されました。彼の残した功績は、今もなお語り継がれています。
エンターテインメント

– 加藤喜美枝

美空ひばりの母 加藤喜美枝は、美空ひばりの母として知られています。1918年(大正7年)6月2日に兵庫県神戸市に生まれました。旧姓は加藤菊枝です。 加藤喜美枝は、1934年(昭和9年)に、当時の名を加藤和夫といった加藤増雄と結婚しました。そして翌1935年(昭和10年)5月29日に、長女となる美空ひばりが誕生しています。 加藤喜美枝は、美空ひばりが幼い頃からその才能を見抜き、歌のレッスンを受けさせたり、舞台に立たせたりするなど、積極的にサポートしました。また、美空ひばりが家出をした時には、彼女を連れ戻すために奔走したというエピソードも残されています。 加藤喜美枝は、美空ひばりがスターダムにのし上がるまで、常に彼女の傍らにいて、支え続けました。そして、美空ひばりが1989年(平成元年)に亡くなった後も、彼女の墓参りなどを行い、その死を悼みました。 加藤喜美枝は、2006年(平成18年)5月11日に、87歳で亡くなりました。美空ひばりの母として、その功績は高く評価されています。
エンターテインメント

松田聖子:昭和・平成を代表する歌姫

-松田聖子のプロフィール- 松田聖子は、1962年3月10日に福岡県久留米市に生まれた日本の歌手、女優、タレントである。愛称は「セイコ」「聖ちゃん」。身長は159cm、血液型はB型。所属事務所はソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)、所属レコード会社はソニー・ミュージックレーベルズ(SME)。 1980年にシングル「裸足の季節」でデビューし、1981年のセカンドシングル「青い珊瑚礁」が大ヒット。その後、「赤いスイートピー」「夏の扉」「制服」「チェリーブラッサム」「瞳はダイヤモンド」「Rock'n Rouge」「小麦色のマーメイド」「瑠璃色の地球」「秘密の花園」「赤いスイートピー」など数々のヒット曲をリリースし、1980年代を代表する歌手となった。 1990年代以降も「あなたのすべてになりたい」「あなたに逢いたくて~Missing You~」「誰よりも愛を込めて」「あなたのすべてになりたい」などヒット曲をリリースし、現在も歌手、女優、タレントとして活躍している。 松田聖子は、日本の歌謡界を代表する歌手の一人であり、その歌声とパフォーマンスは多くの人々に愛されている。また、ドラマや映画、バラエティ番組などにも出演し、女優やタレントとしても活躍している。 松田聖子の私生活では、1985年に俳優の神田正輝と結婚し、一男をもうけるが、1997年に離婚。2002年に音楽プロデューサーの片山博一と再婚するが、2012年に離婚している。
ミュージシャン

「伊藤ユミ」

伊藤ユミのプロフィール 「伊藤ユミ」は、日本の女性歌手。歌手デビューは1971年で、主に演歌を歌っている。 伊藤ユミは、1952年1月1日に東京都で生まれた。本名は「伊藤裕美子」。血液型はA型。身長は158cm。体重は48kg。スリーサイズはB83cm、W58cm、H85cm。 伊藤ユミは、幼い頃から歌が好きで、15歳の時に「日本テレビ・あなたのメロディー」に出場し、ベストヒット賞を受賞した。1971年に「東京のバスガール」で歌手デビュー。翌1972年に「命預けます」がヒットし、一躍人気歌手となった。その後、「おんなの化粧」、「命くれない」、「愛の終着駅」など、数々のヒット曲をリリースした。 伊藤ユミは、演歌歌手としての実力が高く評価されており、数々の賞を受賞している。1974年に「日本レコード大賞」を受賞。1977年に「日本有線大賞」を受賞。1981年に「NHK紅白歌合戦」に初出場を果たした。 伊藤ユミは、プライベートでは1983年に結婚し、一男一女をもうけた。現在は、東京都内で家族と暮らしている。 伊藤ユミは、今でも現役で歌手活動を続けており、全国各地でコンサートを開催している。また、テレビ番組にも多数出演しており、幅広く活躍している。
エンターテインメント

小林旭-昭和後期-平成時代の俳優,歌手

小林旭の生い立ちとデビュー 小林旭は、1938年11月3日、東京都武蔵野市に生まれた。本名は小野旭。父は医師、母は主婦。弟が一人いる。 小林旭は幼い頃から歌うことが好きで、中学時代にはバンドを結成していた。また、映画にも興味を持ち、よく映画館に通っていた。 高校卒業後、小林旭は慶應義塾大学文学部に進学した。しかし、大学在学中に音楽の道に進むことを決意し、中退した。 1959年、小林旭は日本コロムビアと契約し、歌手としてデビューした。デビュー曲は「ダイナミックマン」。この曲はヒットし、小林旭は一躍人気歌手となった。 1960年、小林旭は映画「社長道中記」で俳優デビューした。この映画はヒットし、小林旭は俳優としても人気を博した。 その後、小林旭は歌手と俳優の二足のわらじで活躍し、多くのヒット曲と映画に出演した。 1970年代に入ると、小林旭はテレビドラマにも出演するようになった。また、1973年には「男と女のブルース」で日本レコード大賞を受賞した。 1980年代に入ると、小林旭は映画やテレビドラマへの出演が減ったが、歌手としては活動を続けている。 1990年代に入ると、小林旭は再び映画やテレビドラマへの出演が増えた。また、1998年には「浪花節だよ人生は」で第13回日本ゴールドディスク大賞を受賞した。 2000年代に入ると、小林旭は再び映画やテレビドラマへの出演が減ったが、歌手としては活動を続けている。 2010年、小林旭は旭日小綬章を受章した。 2015年、小林旭は芸能生活60周年を迎えた。 小林旭は、歌手として、俳優として、長きにわたって活躍してきた。その功績は高く評価されており、国民的人気スターとして愛されている。
エンターテインメント

郷ひろみ-昭和後期-平成時代の歌手であり、俳優

郷ひろみ、歌手デビューから俳優としての活躍まで 郷ひろみは、1955年10月18日生まれの歌手であり、俳優でもある。1971年に歌手としてデビューし、「男の子女の子」「花とみつばち」「お嫁サンバ」など数々のヒット曲をリリースした。1975年には俳優デビューを果たし、「前略おふくろ様」「岸辺のアルバム」「3年B組金八先生」など数々のドラマや映画に出演した。 郷ひろみは、歌手としてだけでなく、俳優としても活躍し、その端正なルックスと爽やかな歌唱力で人気を集めた。1980年代には、「言えないよ」「おでかけ」「2億4千万の瞳」など数々のヒット曲をリリースし、トップアイドルとしての地位を確立した。 1990年代に入ると、郷ひろみは歌手としてだけでなく、俳優としても活躍し、1995年には「砂の器」で主演を務めた。また、2000年代以降も精力的に活動し、2006年には「ポプラの秋」で主演を務めた。 郷ひろみは、歌手としてだけでなく、俳優としても活躍し、その端正なルックスと爽やかな歌唱力で人気を集めた。1980年代には、「言えないよ」「おでかけ」「2億4千万の瞳」など数々のヒット曲をリリースし、トップアイドルとしての地位を確立した。 1990年代に入ると、郷ひろみは歌手としてだけでなく、俳優としても活躍し、1995年には「砂の器」で主演を務めた。また、2000年代以降も精力的に活動し、2006年には「ポプラの秋」で主演を務めた。
エンターテインメント

満島ひかりの軌跡- 沖縄出身の女優の魅力

-映画『デスノート』で注目を集める- 満島ひかりが映画『デスノート』で注目を集めたのは2006年のこと。彼女は作中で、ヒロインの弥海砂を演じた。弥海砂は、夜神月がデスノートを使って犯罪者を裁いていく姿に共感し、彼を支持するようになった女性である。満島ひかりは、弥海砂の純粋さと狂気を巧みに演じ分け、高い評価を得た。 『デスノート』は、大ヒット映画となり、満島ひかりの名前も一躍全国区になった。彼女は、その後も『告白』『淵に立つ』『海街diary』など、数々の話題作に出演。日本を代表する女優としての地位を確立していった。 満島ひかりは、沖縄県出身の女優である。1985年生まれ。2002年に、ミスセブンティーンコンテストでグランプリを受賞して芸能界デビューを果たした。その後、ドラマや映画などに出演し、2006年の映画『デスノート』で注目を集めた。以降、『告白』『淵に立つ』『海街diary』など、数々の話題作に出演。日本を代表する女優としての地位を確立していった。 満島ひかりの魅力は、その演技力の高さにある。彼女は、どのような役柄でもその人物になりきり、感情をリアルに表現することができる。また、彼女の透明感のある美しさも魅力の一つである。その美貌は、多くの映画監督や俳優から絶賛されている。 満島ひかりは、日本を代表する女優として、今後も活躍し続けるだろう。彼女の今後の活躍に期待したい。
エンターテインメント

– 奈良光枝

奈良光枝の生涯 奈良光枝は、1928年1月1日に東京都で生まれました。父親は医師、母親は看護師でした。4人兄弟の末っ子として育ち、幼い頃からピアノやバレエなどの習い事をさせられていたと言います。 1945年、奈良光枝は17歳で東京音楽学校に入学します。ピアノ科を専攻し、優秀な成績を収めて1949年に卒業しました。卒業後は、ピアニストとして演奏活動を開始し、国内外で活躍しました。 1955年、奈良光枝は、アメリカのピアニスト、ヴァン・クライバーンと結婚します。クライバーンは、1958年にモスクワ国際音楽コンクールで優勝し、世界的なピアニストとして脚光を浴びました。奈良光枝は、クライバーンのマネージャーとして、彼の演奏活動のサポートに努めました。 1973年にクライバーンが亡くなった後も、奈良光枝は、彼の遺志を継いで、音楽活動を続けました。1980年には、NHK交響楽団と共演して、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」を演奏しました。また、1985年には、モスクワ国際音楽コンクールの審査員を務めました。 1990年代以降、奈良光枝は、演奏活動から引退しました。しかし、音楽界への貢献が認められ、1995年に文化功労者に選ばれました。また、2005年には、東京芸術大学の客員教授に就任しました。 奈良光枝は、2017年11月1日に、90歳で永眠しました。彼女は、日本を代表するピアニストとして、世界中で活躍しました。彼女の死は、音楽界に大きな損失となりました。
エンターテインメント

葦原邦子 – 宝塚のスターから多才な芸術家へ

-宝塚の男役スターとして活躍- 葦原邦子は宝塚歌劇団53期生として入団し、男役スターとして活躍しました。1934年に初舞台を踏み、1940年に月組のトップスターに就任しました。男役スターとして活躍した時代には、「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラや、「カルメン」のカルメンなど、多くの名作に出演しました。 葦原邦子は、男役スターとして活躍しているときから、すでに多才な才能を発揮していました。1935年には、宝塚歌劇団内で行われた文芸部の懸賞小説に当選し、作家としてのデビューを果たしました。また、1937年には、宝塚歌劇団の研究誌に「宝塚歌劇と演劇」という論文を寄稿し、演劇評論家としてもデビューしました。 葦原邦子は、1946年に宝塚歌劇団を退団しました。退団後は、女優として活躍する一方、作家や演劇評論家としての活動も続けました。また、1956年には、夫である作家の豊島与志雄とともに、児童文学の出版社である「童話春秋社」を設立しました。 葦原邦子は、1998年に85歳で亡くなりました。宝塚歌劇団の男役スター、女優、作家、演劇評論家、児童文学の出版社の創立者など、さまざまな分野で活躍した多才な芸術家でした。
エンターテインメント

越路吹雪→ 歌手と女優の生涯

-宝塚歌劇団の娘役からミュージカル女優へ- 越路吹雪は、宝塚歌劇団の娘役からミュージカル女優へと転身し、日本の歌謡界で大きな功績を残した歌手・女優です。 越路は、1924年(大正13年)に東京都に生まれました。本名は小山せい子です。1940年(昭和15年)に宝塚音楽学校に入学し、1942年(昭和17年)に宝塚歌劇団に入団します。同期には、乙羽信子や淡島千景がいました。 越路は、娘役として活躍し、1944年(昭和19年)には『宝塚歌劇団創立40周年記念公演』で初主演を果たします。その後も、数多くの舞台に出演し、人気を博しました。 1951年(昭和26年)、越路は宝塚歌劇団を退団し、ミュージカル女優として活動を始めます。1953年(昭和28年)には、ミュージカル『南太平洋』で主演を務め、大ヒットを記録しました。 その後も、越路は数多くのミュージカルに出演し、その歌唱力と演技力で高い評価を得ました。また、1960年(昭和35年)には、映画『カルメン故郷に帰る』で主演を務め、女優としてもデビューしました。 越路は、1980年(昭和55年)に乳がんのため亡くなりましたが、その功績は今なお語り継がれています。1993年(平成5年)には、越路吹雪没後10年を記念して、宝塚歌劇団で『越路吹雪メモリアル・コンサート』が開催されました。 越路吹雪は、日本の歌謡界に大きな功績を残した偉大な歌手・女優です。その歌声と演技力は、今も多くの人々に愛されています。