歌舞伎役者

芸能分野の人

名優の軌跡 十二代目市村羽左衛門

-歌舞伎界を彩った天才役者- 十二代目市村羽左衛門は、歌舞伎界に名を残す天才役者でした。1874年、東京に生まれ、幼い頃から歌舞伎の英才教育を受けました。1903年に初舞台を踏み、その後、数々の名作に出演し、歌舞伎界のトップスターとなりました。 羽左衛門の演技は、その類まれなる美貌と華やかさで、観客を魅了しました。また、その演技力は、歌舞伎の伝統を重んじながらも、新しい風を吹き込むものでした。羽左衛門は、歌舞伎界の革新に貢献した偉大な役者の一人です。 羽左衛門は、1945年に69歳で亡くなりました。しかし、その演技は、今もなお人々の記憶に残っています。羽左衛門は、歌舞伎界に永遠に語り継がれる名優です。 -羽左衛門の代表作- 羽左衛門は、数多くの名作に出演しましたが、その中でも特に有名なのが、以下の作品です。 * 「勧進帳」の弁慶 * 「義経千本桜」の義経 * 「菅原伝授手習鑑」の菅原道真 * 「仮名手本忠臣蔵」の堀部安兵衛 * 「鏡獅子」の獅童 これらの作品で、羽左衛門は、その卓越した演技力で、観客を圧倒しました。羽左衛門の演技は、歌舞伎の伝統を重んじながらも、新しい風を吹き込むものでした。羽左衛門は、歌舞伎界の革新に貢献した偉大な役者の一人です。 -羽左衛門の人柄- 羽左衛門は、歌舞伎界のトップスターでありながら、その人柄は、とても温厚で、誰からも慕われていました。羽左衛門は、後輩の面倒見もよく、歌舞伎界の発展に尽力しました。 羽左衛門は、1945年に69歳で亡くなりました。しかし、その演技は、今もなお人々の記憶に残っています。羽左衛門は、歌舞伎界に永遠に語り継がれる名優です。
芸能分野の人

「沢村田之助(6代)」とは?

-生い立ち- 澤村田之助(6代)は、1949年(昭和24年)1月1日に東京都中央区日本橋で生まれた。本名は澤村太郎。父は歌舞伎役者の澤村藤十郎(12代)、母は元女優の澤村千賀子。祖父は俳優の澤村宗之助。 幼い頃から歌舞伎の稽古を始め、1959年(昭和34年)に6歳で初舞台を踏む。1962年(昭和37年)に澤村宗十郎の門下となり、澤村太郎の名で活動する。 1969年(昭和44年)に澤村十之助を襲名。1970年(昭和45年)に父が死去したため、澤村藤十郎の名跡を継ぐ。 1972年(昭和47年)には、歌舞伎座で『勧進帳』の弁慶を演じ、大評判をとる。1975年(昭和50年)には、父が創設した澤村宗之助賞を受賞する。 1980年(昭和55年)には、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で『勧進帳』を上演し、絶賛される。1982年(昭和57年)には、フランスのパリ・オペラ座で『歌舞伎』を上演し、大成功を収める。 1984年(昭和59年)には、歌舞伎座で『義経千本桜』の義経を演じ、大当たりをとる。1986年(昭和61年)には、再びニューヨークのメトロポリタン歌劇場で『勧進帳』を上演し、大盛況となる。 1990年(平成2年)には、歌舞伎座で『勧進帳』の弁慶を演じ、再び大好評を博す。1992年(平成4年)には、フランスのパリ・オペラ座で『歌舞伎』を上演し、大成功を収める。 1994年(平成6年)には、歌舞伎座で『義経千本桜』の義経を演じ、再び大ヒットとなる。1995年(平成7年)には、再びニューヨークのメトロポリタン歌劇場で『勧進帳』を上演し、大盛況となる。 1996年(平成8年)には、歌舞伎座で『勧進帳』の弁慶を演じ、再び大評判をとる。1998年(平成10年)には、再びフランスのパリ・オペラ座で『歌舞伎』を上演し、大成功を収める。 1999年(平成11年)には、歌舞伎座で『義経千本桜』の義経を演じ、再び大ヒットとなる。2000年(平成12年)には、再びニューヨークのメトロポリタン歌劇場で『勧進帳』を上演し、大盛況となる。 2001年(平成13年)には、歌舞伎座で『勧進帳』の弁慶を演じ、再び大評判をとる。2019年(令和元年)には、歌舞伎座で『勧進帳』の弁慶を演じ、大絶賛される。
芸能分野の人

3代目中村勘三郎 – 江戸時代前期の歌舞伎役者,座元

- 3代目中村勘三郎の生涯 大坂の役者、中村勘三郎の門弟で、大坂で頭角を現す(存命のうちに中村姓を許されるのは、当時の大坂では三代目だけである)。 1683年(天和3年)に江戸へ下る。2代目市川團十郎と江戸歌舞伎の二大双璧となり、中村座や森田座の座元として活躍した。1712年(正徳2年)、東大関を勤める。その銀(当時の通貨)、いくらであったかは不詳であるが、金銭よりも、その社会的地位が注目されるべきである。 1713年(正徳3年)、将軍徳川家宣の御前で、秀吉が死ぬ場面(「判官物語」)を演じたが、そのあまりのリアルさに、将軍の怒りを買って、20日間の芝居停止を命じられた。 1714年(正徳4年)に没し、翌年、中村座に「坂田藤十郎の墓」の墓碑が建立された。
芸能分野の人

歌舞伎の大御所、五代中村明石の生涯

芸の道を極めた歌舞伎役者 五代中村明石は、江戸時代後期から明治時代にかけて活躍した歌舞伎役者である。その芸は高く評価され、歌舞伎の大御所として君臨した。 明石は、1829年(文政12年)に江戸で生まれた。幼少期から歌舞伎の世界に憧れ、10歳の時に市川鰕十郎の門下に入った。しかし、その素質はすぐに認められず、下働きや雑用をする日々が続いた。 明石は、そんな状況にもめげずに努力を続けた。1843年(天保14年)に初舞台を踏み、その後も着実に実力をつけ、1852年(嘉永5年)には四代目中村明石を襲名した。 明石は、荒事、和事、世話事など、歌舞伎のさまざまなジャンルで活躍した。特に、和事を得意とし、その演技は「明石節」と呼ばれるほど独特の風格があった。また、明石は舞踊にも優れており、その舞は「明石踊り」と呼ばれて人気を博した。 明石は、1895年(明治28年)に66歳で死去した。その死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くのファンが悲しみに暮れた。しかし、明石が残した芸は、現在でも高く評価されており、多くの歌舞伎役者の模範となっている。 明石の芸は、その高い技術と、観客の心に響く演技力が特徴である。明石は、どんな役を演じても、その役になりきることができた。また、明石の演技は、いつも新鮮で、観客を飽きさせなかった。 明石は、歌舞伎界に多大な功績を残した偉大な役者である。その芸は、現在でも多くの歌舞伎役者の模範となっている。
芸能分野の人

中村富十郎(初代)

-初代中村富十郎の生涯- 初代中村富十郎は、1688年(元禄元年)に江戸で生まれた歌舞伎役者です。本名は中村清蔵といい、父は歌舞伎座の座頭を務めていた Nakamura Sayemon III でした。富十郎は幼い頃から歌舞伎に親しみ、13歳で初舞台を踏みました。 富十郎は、その優れた演技力と端正な容姿でたちまち人気者となり、1714年(正徳4年)に中村座の座頭になりました。以降、富十郎は歌舞伎界を代表する役者として活躍し、多くの名作に出演しました。特に、1741年(寛保元年)に上演された「仮名手本忠臣蔵」における大星由良之助の役は、富十郎の代表作として知られています。 富十郎は、1758年(宝暦8年)に70歳で死去しました。彼の死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くのファンが悲しみに暮れました。富十郎の墓は、東京都港区の青松寺にあります。 富十郎は、歌舞伎界の発展に大きな貢献をした功績が認められ、1996年(平成8年)に国立劇場歌舞伎俳優にて「名優中村富十郎」として顕彰されています。 -初代中村富十郎の芸風- 初代中村富十郎の芸風は、写実と華麗さを兼ね備えたものと評されていました。富十郎は、歌舞伎の演目を忠実に再現することに努め、その一方で、独自の工夫を凝らして舞台を華やかに演出しました。また、富十郎は、役柄によって異なる声色や身ぶりを用い、観客を魅了しました。 富十郎の芸風は、後の歌舞伎役者に大きな影響を与えました。特に、富十郎の写実的な演技は、後の歌舞伎役者が役柄をより深く理解し、よりリアルに演じることにつながりました。 -初代中村富十郎の代表作- 初代中村富十郎の代表作は、以下の通りです。 ・仮名手本忠臣蔵(1741年) ・義経千本桜(1743年) ・菅原伝授手習鑑(1746年) ・勧進帳(1757年) これらの作品は、富十郎の優れた演技力と華麗な演出によって、歌舞伎史に残る名作として知られています。
芸能分野の人

坂東又太郎

初代坂東又太郎の子 * -坂東又蔵- (1653-1714) 初代坂東又太郎の長男。若くして歌舞伎の道に入り、1675年に二代目を襲名。初代が得意とした荒事・豪傑物を継承し、また舞踊にも秀でて、歌舞伎の完成に大きく貢献した。 * -坂東三津五郎- (1660-1720) 初代坂東又太郎の次男。父と同じく歌舞伎役者となり、1691年に三代目坂東又太郎を襲名。初代・二代目と同様に荒事・豪傑物が得意であり、また舞踊も巧みだった。 * -坂東彦三郎- (1663-1733) 初代坂東又太郎の三男。歌舞伎役者となり、1694年に四代目坂東又太郎を襲名。父や兄と同様に荒事・豪傑物が得意であり、また舞踊も巧みだった。 * -坂東新蔵- (1668-1733) 初代坂東又太郎の四男。歌舞伎役者となり、1698年に五代目坂東又太郎を襲名。父や兄と同様に荒事・豪傑物が得意であり、また舞踊も巧みだった。 初代坂東又太郎の子たちは皆、歌舞伎役者として活躍し、初代の芸を継承し、歌舞伎の発展に貢献した。
芸能分野の人

佐野川花妻(2代):江戸時代中期の歌舞伎役者

初代の養子として、2代を襲名 佐野川花妻(2代)は、江戸時代中期の歌舞伎役者です。初代佐野川花妻の養子として、2代を襲名しました。 佐野川花妻(2代)は、享保11年(1726年)に生まれました。本名は坂東佐之丞(2代目)です。初代佐野川花妻の門下生となり、花妻の芸を学びました。 享保20年(1735年)、初代佐野川花妻が死去すると、2代を襲名しました。以降、江戸の歌舞伎界で活躍しました。 佐野川花妻(2代)は、女方を得意としました。特に、傾城や遊女などの役を演じるのが上手でした。また、舞踊にも優れており、多くの舞踊を創作しました。 宝暦14年(1764年)、佐野川花妻(2代)は死去しました。享年39歳でした。 佐野川花妻(2代)は、初代佐野川花妻の芸を継承し、江戸の歌舞伎界で活躍した役者でした。女方として、多くの名演を残しました。
芸能分野の人

5代目尾上芙雀-江戸時代後期の歌舞伎役者

-大坂、京都の若女方としての人気を獲得- 5代目尾上芙雀は、江戸時代後期の歌舞伎役者であり、女方として活躍しました。本名は浅野鐘五郎といい、1790年に江戸で生まれました。はじめは沢村宗次郎と名乗っていましたが、のちに尾上芙雀を襲名しました。 芙雀は、1804年に江戸の中村座で初舞台を踏みました。その後、大坂、京都に巡業し、若女方としての人気を獲得しました。芙雀は、容姿端麗で、演技力も高く、特に世話物の役を得意としていました。 芙雀は、1818年に江戸に戻り、中村座で「傾城反魂香」の八ツ橋の役を演じて大当たりをとりました。この舞台は、芙雀の代表作として知られるようになりました。 芙雀は、その後も活躍を続け、1828年に中村座の座頭となりました。しかし、1831年に病気のため、一時的に舞台を引退しました。 芙雀は、1833年に舞台に復帰し、再び中村座の座頭を務めました。しかし、1837年に再び病気のため、舞台を引退しました。芙雀は、1852年に江戸で亡くなり、享年63でした。 芙雀は、江戸時代後期の歌舞伎界を代表する女方の一人であり、多くの芝居で活躍しました。芙雀の舞台は、多くの観客を魅了し、今でも語り継がれています。
芸能分野の人

– 小川吉太郎(初代)

-小川吉太郎(初代)- -生い立ちと修業時代- 小川吉太郎は、1847年(弘化4年)に現在の埼玉県大里郡寄居町の農家に生まれた。幼い頃から相撲が大好きで、近所の子供たちとよく取っ組み合っていたという。16歳の時、大阪・難波新地の相撲茶屋「高砂屋」の角打ちで働いていたところを、大阪相撲の年寄・陣幕久五郎に見出され、入門が決まった。 大阪相撲では、小兵ながらその強さで頭角を現し、1874年(明治7年)には関脇に昇進した。しかし、大阪相撲は東京相撲に比べて規模が小さく、吉太郎の才能を発揮するには限界があった。そこで、1877年(明治10年)に大阪相撲を脱走し、東京相撲に鞍替えした。 東京相撲では、当初は幕下からのスタートだったが、その実力はすぐに認められ、1880年(明治13年)には小結に昇進した。そして、1884年(明治17年)には関脇に、1888年(明治21年)には大関に昇進した。 大関昇進後は、横綱・梅ヶ谷藤太郎と優勝を争い、1890年(明治23年)には見事横綱に昇進した。吉太郎は、小兵ながらその強さと技の巧みさで、東京相撲を代表する大横綱として君臨した。 吉太郎は、1896年(明治29年)に引退するまで、横綱として10年間君臨し、その間10回の優勝を記録した。引退後は年寄・朝日山を襲名し、東京相撲の重鎮として後進の指導に当たった。 吉太郎は、1914年(大正3年)に68歳で死去した。その功績を称え、1956年(昭和31年)には大相撲の殿堂「相撲博物館」に顕彰された。
芸能分野の人

5代松本幸四郎 – 江戸時代中期から後期の歌舞伎役者

-5代松本幸四郎の生涯と芸歴- 5代松本幸四郎は、江戸時代中期から後期の歌舞伎役者です。初代松本幸四郎の孫であり、3代松本幸四郎の養子です。 1721年、京都で生まれました。幼名は富三郎。1725年、4歳の時に江戸の市村座で初舞台を踏みました。 1736年、15歳の時に中村座で「傾城浅間嶽」の梅川を演じ、一躍人気役者となりました。その後、市村座、中村座、森田座などで活躍しました。 1750年には、江戸の歌舞伎の最高位である「大看板」に昇進しました。そして、1761年、40歳の時に5代松本幸四郎を襲名しました。 5代松本幸四郎は、立役から女形まで幅広い役柄を演じ、いずれも高い評価を受けました。特に、女形の演技には定評があり、「お岩さん」や「お半さん」など、数多くの当たり役を生み出しました。 1793年、72歳の時に隠居しました。その後も、老練な芸を披露し、1803年に82歳で亡くなりました。 5代松本幸四郎は、江戸歌舞伎の発展に大きく貢献した名優です。その芸は、後世の役者たちに大きな影響を与えました。
芸能分野の人

2代目市川猿之助-華麗なる歌舞伎界の革新者-

-名門の歌舞伎役者の家柄に生まれる-  2代目市川猿之助は、1975年11月30日に東京都に生まれました。父親は2代目市川猿翁、母親は藤間紫。つまり、名門の歌舞伎役者の家系に生まれたのです。猿之助の父である猿翁は、歌舞伎界の重鎮として知られ、その芸は多くの観客を魅了してきました。そして母である紫も、日本舞踊界で活躍する名取として知られていました。  猿之助は幼少期から、歌舞伎や日本舞踊に親しみ、その才能を早くから発揮していました。5歳の時には、歌舞伎座の舞台で初お目見えを果たし、その後も順調に芸を磨いていきました。1991年には、15歳という若さで歌舞伎デビューを果たし、その華やかな舞台姿が話題となりました。  猿之助は、歌舞伎界の伝統を重んじながらも、新しいことに挑戦する革新的な俳優として知られています。2005年には、歌舞伎の公演を海外で開催し、その成功を収めました。また、歌舞伎以外の分野でも活躍しており、映画やテレビドラマにも出演しています。  猿之助は、歌舞伎界の未来を担う若手俳優として期待されており、その活躍に注目が集まっています。彼の華麗な舞台姿は、これからも多くの人々を魅了し続けることでしょう。
芸能分野の人

二代目小川吉太郎-華やかな舞台を彩った歌舞伎界の残星

-歌舞伎界の残星、二代目小川吉太郎- 歌舞伎界の残星と呼ばれた二代目小川吉太郎は、1884年に東京に生まれました。父は初代小川吉太郎、母は川上貞奴。幼少の頃から歌舞伎に親しみ、1900年に初舞台を踏みました。1910年には二代目小川吉太郎を襲名し、以降、歌舞伎界の第一線で活躍しました。 吉太郎は、端正な容貌と華麗な演技で、多くの観客を魅了しました。特に、女形を得意とし、その美しさは「芸の世界の宝」と称されました。また、舞踊にも優れ、その優雅な舞姿は「天女の舞」と絶賛されました。 吉太郎は、歌舞伎界の伝統を重んじながら、新しい演劇にも積極的に取り組みました。1921年には、帝劇で「椿姫」を上演し、大成功を収めました。また、1926年には、松竹で「心中天の網島」を上演し、こちらも大きな話題となりました。 吉太郎は、1958年に74歳で亡くなりました。その死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くの人々がその死を惜しみました。吉太郎は、歌舞伎界の伝統を重んじながら、新しい演劇にも積極的に取り組み、歌舞伎界の発展に大きな貢献をした人物として、今もなお語り継がれています。
芸能分野の人

「山田甚八」

-山田甚八 - 江戸時代初期から中期の歌舞伎役者- 山田甚八(やまだ じんぱち、生没年不詳)は、江戸時代初期から中期にかけて活躍した歌舞伎役者である。 山田甚八は、元和元年(1615年)に京都で生まれた。幼い頃から歌舞伎に親しみ、寛永2年(1625年)に江戸に上り、中村勘三郎一座に加わった。その後、市川団十郎一座、森田勘弥一座などを経て、寛文2年(1662年)に江戸中村座の座本となった。 山田甚八は、歌舞伎界の大御所として知られ、多くの名優を輩出した。また、歌舞伎の脚本の執筆や演出にも携わり、歌舞伎の発展に大きく貢献した。 山田甚八の芸風は、豪快で迫力のあるもので、観客から絶大な人気を得た。特に、演目「勧進帳」の弁慶役は、彼の当たり役として知られ、多くの人々に愛された。 山田甚八は、元禄12年(1699年)に死去した。享年は84歳。歌舞伎の発展に貢献した功績を称えられ、歌舞伎界では、今もなお語り継がれている。
芸能分野の人

市村竹之丞(5代)(⇒市村羽左衛門(12代)) について知りたいことはすべてここにある

-市村竹之丞(5代)の生涯- 市村竹之丞(5代)は、1906(明治39)年2月5日、東京市芝区新銭座(現在の東京都港区新橋)に、市村竹松(のちの市村竹之丞(4代))の長男として生まれる。本名は市村吉右衛門。 1913(大正2)年、6歳の時に初舞台を踏み、1918(大正7)年に市村竹之丞(5代)を襲名。1924(大正13)年に歌舞伎座に初出演し、以降、歌舞伎の舞台で活躍する。 1931(昭和6)年に市村羽左衛門(12代)を襲名し、歌舞伎界の重鎮として活躍。1946(昭和21)年に人間国宝に認定され、1960(昭和35)年に文化勲章を受章する。 1979(昭和54)年1月3日、肝硬変のため死去。享年72。 市村竹之丞(5代)は、歌舞伎界において最も成功した俳優の一人であり、その演技は高い評価を受けている。また、歌舞伎の伝統を継承し、発展させることに尽力した功績も大きい。 市村竹之丞(5代)の代表作には、以下のようなものがある。 * 『勧進帳』の弁慶 * 『義経千本桜』の義経 * 『仮名手本忠臣蔵』の大星由良助 * 『菅原伝授手習鑑』の菅原道真 * 『歌舞伎十八番』の様々な役柄 市村竹之丞(5代)は、歌舞伎界の発展に大きく貢献した偉大な俳優であり、その功績は今もなお語り継がれている。
芸能分野の人

初代中村鶴助(⇒4代中村歌右衛門) 人物紹介

初代中村鶴助の生い立ち 初代中村鶴助は、1811年(文化8年)3月28日に大坂の材木商の家に生まれました。幼名は、清次郎(せいじろう)と言いました。 7歳の時に父が亡くなったため、母と姉と一緒に芝居小屋に通うようになります。そこで、歌舞伎の舞台に魅了され、役者になることを志します。 10歳の時に、片岡市蔵(かたおか いちぞう)に入門し、市太郎 (いちたろう) の名前で初舞台を踏みます。1826年(文政9年)には、中村鶴助 (なかむら つるすけ) に改名します。 鶴助は、1832年(天保3年)に大坂の道頓堀にある角座で初めて顔見世興行に出演します。この時、三世中村歌右衛門 (さんせい なかむら うたえもん) と共演し、評判を呼びます。 1835年(天保6年)には、江戸の河原崎座に出演します。この時、五世松本幸四郎 (ごせい まつもと こうしろう) と共演し、二枚目の花形役者として人気を集めます。 1841年(天保12年)には、三世中村歌右衛門の養子となり、四世中村歌右衛門 (よんせい なかむら うたえもん) を襲名します。 四世中村歌右衛門は、その後も歌舞伎界で活躍を続け、1881年(明治14年)に69歳で亡くなります。
芸能分野の人

大島嘉十郎 – 江戸時代中期の歌舞伎役者

- 道外方の名手として活躍 大島嘉十郎は、道外方を最も得意とした役者の一人として知られています。道外方とは、江戸時代の歌舞伎で、歌舞伎十八番の一つである「勧進帳」に登場する熊谷次郎直実の家来である道外記直行を演じる役のことです。道外方は、主に二枚目役を演じる役者によって演じられますが、嘉十郎は立役として道外方を演じ、その演技は多くの人から絶賛されました。 嘉十郎の道外方の演技は、主に三つの特徴がありました。一つは、その華やかな衣装と化粧です。嘉十郎は、道外方を演じる際には、豪奢な着物や頭飾りなどを身に着けており、その姿は観客の目を引きました。二つ目は、その豪快な立ち回りです。嘉十郎は、道外方を演じる際には、切れ味鋭い刀捌きを披露しており、その立ち回りには迫力がありました。三つ目は、その繊細な演技です。嘉十郎は、道外方を演じる際には、その内心の葛藤を繊細に表現しており、その演技には深みがありました。 嘉十郎の道外方の演技は、多くの観客から絶賛され、嘉十郎は江戸時代中期の歌舞伎界を代表する役者の一人となりました。嘉十郎の道外方の演技は、現在でも多くの歌舞伎役者によって受け継がれており、その伝統は今もなお続いています。
芸能分野の人

嵐猪三郎(初代) – 江戸時代後期の歌舞伎役者

- 生い立ちと入門 嵐猪三郎は、1800年(寛政12年)、江戸下谷の薬種問屋の家に生まれました。幼名は寅治郎といい、父を早くに亡くし、母と妹の3人で暮らしていました。 寅治郎は幼い頃から芝居好きで、よく河原の芝居小屋に通っていました。また、絵の才能にも優れていて、役者の似顔絵を描いては友達に見せていました。 1813年(文化10年)、寅治郎は13歳のとき、二代目嵐猪三郎に入門しました。二代目猪三郎は、当時の人気歌舞伎役者で、寅治郎は彼を師匠として非常に尊敬していました。 入門後は、二代目猪三郎の指導の下で厳しい稽古に励みました。寅治郎は努力家で、すぐに頭角を現しました。1816年(文化13年)、16歳のときには、二代目猪三郎の当たり役である「勧進帳」の弁慶を演じました。 寅治郎は、弁慶の役を演じながら、次第に自分の芸を確立していきました。そして、1822年(文政5年)、22歳のときに、三代目嵐猪三郎を襲名しました。
芸能分野の人

「嵐三右衛門(9代)」

嵐三右衛門(9代)の生涯 嵐三右衛門(9代)は、1801年(享和元年)に江戸で生まれました。本名は、中田仁右衛門といいます。父は、嵐三右衛門(8代)です。三右衛門は、幼い頃から父に歌舞伎を学び、1817年(文化14年)に初舞台を踏みました。1822年(文政5年)には、父から三右衛門の名を襲名しました。 三右衛門は、歌舞伎界で活躍し、多くの名作に出演しました。特に、河竹黙阿弥の「勧進帳」や「仮名手本忠臣蔵」などの作品で、その演技が高く評価されました。三右衛門は、歌舞伎界を代表する名優として、多くのファンから愛されました。 しかし、三右衛門は、1868年(明治元年)に、67歳で亡くなりました。三右衛門の死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くの人々が悲しみました。 三右衛門は、歌舞伎界に大きな功績を残した名優です。三右衛門の演技は、多くの人々に感動を与え、歌舞伎の魅力を伝えることに貢献しました。三右衛門の死は、歌舞伎界にとって大きな損失となりましたが、三右衛門が残した功績は、今もなお語り継がれています。
芸能分野の人

片岡仁左衛門 (13代) – 歌舞伎の継承者

-# 上方歌舞伎の継承につとめた名優 片岡仁左衛門 (13代) は、上方歌舞伎の継承につとめた名優です。彼は1925年に大阪に生まれ、1941年に初舞台を踏みました。1949年に3代目実川延若を襲名し、1962年に13代目片岡仁左衛門を襲名しました。 仁左衛門は、上方歌舞伎の伝統を重んじながらも、新しい演出や作品にも積極的に取り組んでいました。彼はまた、歌舞伎の普及にも尽力し、海外公演にも積極的に参加しました。 仁左衛門は、1995年に文化勲章を受章し、2000年に死去しました。しかし、彼の残した芸は、現在でも多くの歌舞伎役者たちに受け継がれています。 仁左衛門は、上方歌舞伎の代表的な演目である「菅原伝授手習鑑」や「義経千本桜」など多くの名作に出演し、その演技は高く評価されました。彼はまた、歌舞伎の普及にも尽力し、海外公演にも積極的に参加しました。 仁左衛門は、1995年に文化勲章を受章し、2000年に死去しました。しかし、彼の残した芸は、現在でも多くの歌舞伎役者たちに受け継がれています。 仁左衛門は、上方歌舞伎の継承につとめた名優として、その名を歴史に刻んでいます。
芸能分野の人

尾上新七(3代)とは?芸歴や経歴、出演作品など

-尾上新七(3代)の芸歴や経歴- 尾上新七(3代)は、1954年12月25日生まれ、東京都出身の歌舞伎役者です。屋号は音羽屋、定紋は丸に違い鷹の羽。本名は尾上信宏。 1966年、11歳の時に尾上新七(2代)に入門し、1968年に歌舞伎座で「新七」の名を襲名。同年、映画『若者たち』で俳優デビューを果たしました。 1970年代には、映画『野性の証明』や『犬神家の一族』などに出演。また、テレビドラマ『水戸黄門』や『大岡越前』などの時代劇にも数多く出演しました。 1980年代には、歌舞伎界で活躍。1983年には、国立劇場で「義経千本桜」の源義経役を演じ、その演技が高く評価されました。 1990年代には、映画『忠臣蔵外伝 四谷怪談』や『壬生義士伝』などに出演。また、テレビドラマ『半沢直樹』や『真田丸』などの現代劇にも出演しました。 2000年代には、歌舞伎界で活躍。2001年には、歌舞伎座で「勧進帳」の弁慶役を演じ、その演技が高く評価されました。 2010年代には、映画『のぼうの城』や『忍びの者』などに出演。また、テレビドラマ『軍師官兵衛』や『いだてん』などの時代劇にも数多く出演しました。 2020年代には、歌舞伎界で活躍。2022年には、歌舞伎座で「助六由縁江戸桜」の助六役を演じ、その演技が高く評価されました。 尾上新七(3代)は、歌舞伎界と映画界で活躍する実力派俳優です。その演技は、多くの人々から支持されています。
芸能分野の人

嵐冠十郎(4代)とは?

嵐冠十郎(4代)の生い立ち 嵐冠十郎(4代)は、1979年12月29日に東京都に生まれた。本名は、中島勝彦。 父は、歌舞伎俳優の中島広司(2代目嵐冠十郎)、母は、元女優の勝見弥生である。 冠十郎は、3歳から日本舞踊を習い始め、6歳で初舞台を踏んだ。 1993年、13歳の時に、祖父である初代嵐冠十郎の襲名を許され、4代目嵐冠十郎を名乗った。 冠十郎は、歌舞伎の伝統を重んじながらも、新しいことに挑戦する姿勢で知られている。 2003年には、歌舞伎座で上演された「スーパー歌舞伎II ワンピース」に出演し、ルフィ役を演じた。 この公演は、歌舞伎とアニメのコラボレーションとして話題を集め、大きな成功を収めた。 冠十郎は、歌舞伎以外にも、映画やドラマに出演している。 2010年には、映画「十三人の刺客」に出演し、土井半蔵役を演じた。 この映画は、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞するなど、高い評価を受けた。 冠十郎は、歌舞伎界を代表する俳優として、活躍を続けている。
芸能分野の人

坂東国五郎(4代)→ 江戸時代後期の歌舞伎役者

坂東国五郎(4代)の経歴と功績 坂東国五郎(4代)は、江戸時代後期に活躍した歌舞伎役者です。1804年、江戸で生まれ、初代坂東三津五郎の門下に入門しました。1817年、市村座で初舞台を踏み、その後、中村座、森田座などに出演を重ねました。 1825年、四代目坂東三津五郎を襲名し、江戸歌舞伎界の中心的な役者として活躍するようになります。1832年には、江戸三座の顔見世興行で、石切梶原の梶原平三役を演じ、大当たりをとりました。 坂東国五郎(4代)は、立役として活躍しましたが、特に荒事を得意としました。荒事とは、歌舞伎の演目のうち、荒々しい演出を特徴とするものです。坂東国五郎(4代)は、荒事の舞台で、力強い演技と派手な演出で観客を魅了しました。 坂東国五郎(4代)は、1859年に死去しました。享年56歳でした。坂東国五郎(4代)は、江戸歌舞伎界を代表する役者の一人として、現在も語り継がれています。
芸能分野の人

坂田藤十郎(2代) – 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者- 知られざる名優の生涯

-初代藤十郎の弟分としての歩み- 坂田藤十郎(2代)は、江戸時代前期-中期の歌舞伎役者である。初代坂田藤十郎の弟分として活躍し、歌舞伎の発展に貢献した。 藤十郎は、大阪の生まれ。本名は、田中(のちに坂田)三郎右衛門。若い頃から歌舞伎に親しみ、初代藤十郎の門下に入った。初代藤十郎は、歌舞伎界の大御所であり、藤十郎は、その弟分として、初代藤十郎の薫陶を受け、演技の腕を磨いた。 藤十郎は、初代藤十郎の死後、その跡を継いで、坂田藤十郎(2代)を襲名した。藤十郎は、初代藤十郎に匹敵する演技力と人気を誇り、歌舞伎界のトップスターとなった。藤十郎は、歌舞伎十八番にも数えられる「勧進帳」の弁慶役を当たり役とし、その豪快な演技で観客を魅了した。 また、藤十郎は、新しい歌舞伎の演目を創作し、歌舞伎の発展に貢献した。藤十郎は、従来の歌舞伎の演目に加えて、浄瑠璃や人形浄瑠璃の演目を歌舞伎にとり入れた。藤十郎は、歌舞伎の演目を多様化し、歌舞伎の人気を高めた。 藤十郎は、江戸時代前期-中期の歌舞伎界を代表する役者であり、歌舞伎の発展に大きな貢献をした。藤十郎の演技は、後世の歌舞伎役者に大きな影響を与え、歌舞伎の伝統を継承するのに役立った。
芸能分野の人

沢村宗十郎(8代):伝説の女方役者

- 沢村宗十郎(8代)の生涯と功績 沢村宗十郎(8代)は、1874年(明治7年)に東京都に生まれた女方役者です。本名は、澤村良太郎です。6歳の時に、澤村宗之助を襲名し、歌舞伎の舞台に立ちました。1894年(明治27年)に、8代目の沢村宗十郎を襲名しました。 沢村宗十郎は、女方役を得意とし、その美貌と演技力で、多くの観客を魅了しました。特に、1903年(明治36年)に上演された、歌舞伎十八番の一つである『勧進帳』の静御前の役は、彼の代表作の一つとして知られています。 沢村宗十郎は、歌舞伎界に多くの功績を残しました。1911年(明治44年)に、歌舞伎座の支配人に就任し、歌舞伎の改革に取り組みました。また、1919年(大正8年)には、帝国劇場の支配人に就任し、歌舞伎の普及に努めました。 沢村宗十郎は、1942年(昭和17年)に死去しました。享年68歳でした。しかし、彼の功績は、今日でも高く評価されており、歌舞伎界の重鎮として、その名を残しています。