歌舞伎

芸能分野の人

佐野川花妻 – 江戸時代中期の歌舞伎役者

- 佐野川花妻の生涯 佐野川花妻(さのがわはなづま)は、江戸時代中期の歌舞伎役者です。享保2年(1717年)に京都で生まれ、享和元年(1801年)に大坂で亡くなりました。 幼い頃から歌舞伎役者として活躍し、二代目市川團十郎に師事して花妻の名を授かりました。その後、大坂で活躍し、大坂の歌舞伎の中心人物として活躍しました。 花妻は、優れた演技力と美しい容姿で人気を集めました。特に、傾城や遊女などの役を演じさせると、その妖艶な演技で観客を魅了しました。また、花妻は舞踊にも優れており、多くの舞踊を創作しました。 花妻は、私生活では波瀾万丈な人生を送りました。2度結婚しましたが、いずれも離婚しています。また、多くの愛人がおり、その中には大名や豪商も含まれていました。 花妻は、享和元年(1801年)に大坂で亡くなりました。享年84歳でした。花妻の死は、大坂の歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くの役者が花妻を追悼する興行を行いました。 花妻は、江戸時代中期を代表する歌舞伎役者の一人です。優れた演技力と美しい容姿で人気を集め、大坂の歌舞伎界の中心人物として活躍しました。花妻の死は、大坂の歌舞伎界に大きな影響を与え、多くの役者が花妻を追悼する興行を行いました。
文学分野の人

桜田治助(4代)

-桜田治助(4代)の生涯- 桜田治助(4代)は、1851年(嘉永4年)に、信濃国信濃町(現在の上田市)に生まれました。父は、桜田治助(3代)、母は、たつでした。治助には、兄の治右衛門、弟の治三郎がいました。 治助は、幼い頃から武道を好み、剣術や柔術を学びました。1868年(慶応4年)、戊辰戦争が勃発すると、治助は、政府軍に加わり、各地を転戦しました。 戊辰戦争が終結した後、治助は、上田市に戻り、農業を営みました。1874年(明治7年)、治助は、上田町会議員に当選し、町政に参画しました。 1878年(明治11年)、治助は、上田町長に就任しました。治助は、町長として、上田の近代化に尽力しました。治助は、上田に、学校、病院、道路、橋を建設し、上田の発展に貢献しました。 1882年(明治15年)、治助は、上田町長を辞任しました。治助は、その後、上田の商人たちと協力して、上田に銀行を設立しました。治助は、銀行の頭取を務め、上田の経済界の発展に貢献しました。 1901年(明治34年)、治助は、71歳で死去しました。治助は、上田の発展に貢献した功績を称えられ、正五位を追贈されました。 治助の墓は、上田市の常光寺にあります。
芸能分野の人

浅尾為十郎(3代) -天保時代を彩った歌舞伎役者-

初代浅尾為十郎の門弟として歌舞伎の世界に足を踏み入れる。 浅尾為十郎(3代)は、天保時代を彩った歌舞伎役者である。本名は立花為三郎。初代浅尾為十郎の門弟として歌舞伎の世界に足を踏み入れる。1826年(文政9年)に江戸中村座で初舞台を踏み、その後、江戸、大阪、京都の各座で活躍する。 初代浅尾為十郎は、歌舞伎の三大名優の一人として知られる。その芸風は、華やかで派手なもので、観客を魅了した。3代目の為十郎も、初代譲りの華やかさと、初代にはなかった繊細さを兼ね備えた役者として人気を集めた。 3代目の為十郎は、特に若衆役を得意とした。その美しさは、観客をうっとりさせたと言われている。また、女役も得意とし、その女形は、当代随一と称された。 3代目の為十郎は、1844年(天保15年)に29歳の若さで亡くなった。その死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与えた。3代目の為十郎の死後、歌舞伎界はしばらく低迷したが、その後、4代目の為十郎が活躍し、歌舞伎界は再び盛り上がった。 3代目の為十郎は、その短い生涯の中で、歌舞伎界に大きな足跡を残した。その芸風は、後世の役者に大きな影響を与えた。そして、その美しさは、今もなお人々に語り継がれている。
芸能分野の人

宝山左衛門(3代)とは – 生涯や功績を解説

-宝山左衛門(3代)の生い立ちと家系- 宝山左衛門(3代)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将である。通称は左衛門尉、諱は景綱、後に豊光と改める。 宝山氏は、応仁の乱の際に東軍に属し、功績を挙げて越前国に所領を与えられた。左衛門尉の父である宝山左衛門(2代)は、越前国坂井郡宝山城主であり、越前国守護代を務めていた。 左衛門尉は、大永7年(1527年)に宝山左衛門(2代)の長男として誕生する。幼名は次郎千代。 左衛門尉は、幼い頃から武芸に秀で、15歳の時に初陣を果たし、武功を挙げる。その後、父の左衛門(2代)が死去したため、家督を相続し、宝山左衛門(3代)となる。 左衛門尉は、越前国守護代として、越前国の治安維持に努め、また、織田信長に仕えて、信長の天下統一に貢献した。 天正10年(1582年)の本能寺の変の際に、左衛門尉は、信長の次男である織田信雄に仕え、信雄の越前国入国に協力した。 しかし、その後、左衛門尉は、信雄に離反し、豊臣秀吉に仕えるようになった。 左衛門尉は、豊臣秀吉の天下統一に貢献し、豊臣氏から越前国坂井郡4万石の領地を与えられた。 慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの際には、左衛門尉は、東軍に属して、西軍と戦った。 戦後、左衛門尉は、所領を安堵され、越前国坂井郡の領主として、豊臣氏に仕え続けた。 慶長20年(1615年)の大坂夏の陣の際には、左衛門尉は、豊臣秀頼に味方して、徳川家康と戦った。 しかし、大坂夏の陣は、徳川方が勝利し、豊臣氏は滅亡した。 左衛門尉は、大坂夏の陣の後に、家康に降伏し、所領を没収された。 その後、左衛門尉は、越前国を離れ、摂津国に移り住んだ。 元和元年(1615年)に、左衛門尉は、摂津国尼崎で死去した。享年89。
芸能分野の人

市村亀蔵~市村羽左衛門(9代)の歴史

-市村亀蔵の生涯- 市村亀蔵は、1871年(明治4年)9月17日に東京で生まれ、1945年(昭和20年)3月26日に東京で亡くなりました。本名は市村亀次郎といい、俳号は亀翁でした。 亀蔵は、1883年(明治16年)に市村座で初舞台を踏み、1890年(明治23年)に市村亀蔵を襲名しました。1905年(明治38年)には市村羽左衛門(9代)を襲名し、生涯にわたって歌舞伎の名優として活躍しました。 亀蔵は、1891年(明治24年)に創設された帝国劇場の初代座主となり、1909年(明治42年)には帝国劇場を再建しました。1911年(明治44年)には、帝国劇場の付属施設として歌舞伎座を建設し、歌舞伎の発展に大きく貢献しました。 また、亀蔵は、映画界にも進出し、1913年(大正2年)に松竹キネマ(後の松竹映画)を創設しました。松竹キネマは、日本の映画産業の発展に大きな役割を果たし、亀蔵は日本の映画界の父とも呼ばれています。 亀蔵は、歌舞伎と映画界の両方で大きな功績を残した偉大な人物であり、日本の演劇界の発展に大きく貢献しました。
歴史上の人物

「小桜千之助(2代)」⇒村山平右衛門(3代)について

-小桜千之助(2代)- 小桜千之助(2代)は、江戸時代前期の浄瑠璃太夫。本名は大野采女良重。通称は、八郎右衛門。初名は、大野八郎右衛門。俗に大野采女と呼ばれた。出生地は、豊後国日田郡(現・大分県日田市)。生年は不詳。 小桜千之助(2代)は、もとは武士であったが、江戸で浄瑠璃を学び、寛永19年(1642年)に浄瑠璃座に加入した。寛永21年(1644年)に3代目竹本義太夫の門に入り、芸名を竹本采女と改めた。 采女は、竹本義太夫の門弟の中でも特に才能があり、義太夫から「千之助」の名を許された。千之助は、その後、浄瑠璃座の看板太夫となり、人気を集めた。 千之助は、浄瑠璃の台本も執筆しており、その作品数は300以上と言われている。代表作には、『曽根崎心中』、『義経千本桜』、『菅原伝授手習鑑』などがある。 千之助は、延宝3年(1675年)に竹本座を創設し、浄瑠璃の普及に努めた。千之助は、元禄11年(1698年)に死去した。
芸能分野の人

→「山村舞扇斎(2代)」

山村舞扇斎(2代)の生涯 山村舞扇斎(2代)は、1953年(昭和28年)に大阪府大阪市で生まれました。1977年(昭和52年)に大阪芸術大学短期大学部を卒業し、舞扇斎の門下生となりました。舞扇斎の舞踊を学び、舞扇斎の芸風を継承しました。 1985年(昭和60年)に山村舞扇斎(2代)を襲名し、舞扇斎の名跡を継承しました。舞扇斎の舞踊を全国各地で公演し、舞扇斎の舞踊の普及に努めました。また、舞扇斎の舞踊の研究にも取り組み、舞扇斎の舞踊の理論と技術を体系化しました。 2000年(平成12年)に大阪芸術大学教授に就任し、舞扇斎の舞踊の教育と研究に携わりました。また、舞扇斎の舞踊の振付も行い、舞扇斎の舞踊の新作を発表しました。 2020年(令和2年)に大阪芸術大学を退職し、舞扇斎の舞踊の普及と研究に専念しました。舞扇斎の舞踊の公演や舞扇斎の舞踊の研究を行い、舞扇斎の舞踊の振付も行いました。 2023年(令和5年)に舞扇斎の舞踊の振付である「花筏」が、文化庁芸術祭優秀賞を受賞しました。舞扇斎の舞踊の振付が、文化庁芸術祭優秀賞を受賞したのは、これが初めてでした。 山村舞扇斎(2代)は、舞扇斎の舞踊の普及と研究に努め、舞扇斎の舞踊の発展に貢献しました。舞扇斎の舞踊の振付である「花筏」が、文化庁芸術祭優秀賞を受賞したことは、舞扇斎の舞踊の振付が、国内で高い評価を得ていることを示すものでした。
芸能分野の人

初代山村若(やまむらじゃく)桙と2代山村舞扇斎(ぶせんさい)について

初代山村若(やまむらじゃく)桙の生涯 山村若は、1651年(慶安4年)に京都で誕生した。本名は、山村藤左衛門景正。幼少の頃から舞を学び、1673年(延宝元年)に江戸に下って、歌舞伎役者としてデビューした。若は、優れた容姿と演技力に加え、華麗な舞いで評判となり、すぐに人気役者となった。1685年(貞享2年)、若は歌舞伎座の座頭に就任し、1702年(元禄15年)までその座に就いた。若は、歌舞伎座の経営を立て直し、歌舞伎の興隆に貢献した。 若は、歌舞伎の演目にも大きな影響を与えた。1687年(貞享4年)に上演した「仮名手本忠臣蔵」は、歌舞伎の代表作として現在も上演されている。また、若は浄瑠璃にも通じており、1697年(元禄10年)に上演した「浄瑠璃歌舞伎」は、浄瑠璃と歌舞伎を融合させた新しい演劇として話題となった。 若は、1706年(宝永3年)に死去した。56歳没。若の死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与えた。若の死後、歌舞伎座の座頭は、若の弟子である初代山村舞扇斎が継いだ。舞扇斎は、若の演目を引き継ぎ、歌舞伎の興隆に貢献した。 若は、歌舞伎の発展に大きな功績を残した名優である。若の演じた役は、現在でも多くの歌舞伎役者が演じており、若の芸は歌舞伎の伝統として受け継がれている。
芸能分野の人

若大夫の移り変わり

-三代豊竹呂太夫- 豊竹呂太夫は、義太夫節の太夫の名跡の一つである。初代は、1774年に若大夫から呂太夫を名乗った鶴澤友治郎である。四代目豊竹古靱太夫の弟子で、1820年に三代呂太夫を襲名した。1848年に四代古靱太夫を継ぎ、1860年に死去した。 -若大夫から呂太夫へ- 初代呂太夫は、もとは若大夫という名で活躍していた。若大夫は、義太夫節の太夫の入門名で、正式な名跡ではない。しかし、若大夫は、義太夫節の太夫の登竜門であり、若大夫として成功すれば、やがて正式な名跡を襲名することができた。 呂太夫は、若大夫として活躍している時に、四代目古靱太夫に見出され、弟子となった。古靱太夫は、呂太夫に義太夫節の奥義を伝授し、呂太夫は急速に実力をつけた。1820年、呂太夫は若大夫から呂太夫を名乗ることを許され、三代呂太夫を襲名した。 -三代呂太夫として- 三代呂太夫は、江戸で活躍した。三代呂太夫は、義太夫節の名手として知られ、多くの人々に愛された。三代呂太夫は、1848年に四代古靱太夫を継ぎ、1860年に死去した。 -呂太夫の系譜- 呂太夫の名跡は、三代呂太夫の死後も続き、現在まで続いている。現呂太夫は、八代呂太夫である。八代呂太夫は、1949年生まれで、1978年に四代呂太夫を襲名した。現在は、義太夫節の名手として活躍している。 -呂太夫の芸風- 呂太夫の芸風は、初代呂太夫以来、力強く豪快な芸風を受け継いでいる。しかし、三代呂太夫は、初代呂太夫よりも繊細な芸風であったと言われている。三代呂太夫は、義太夫節の奥義を極め、多くの名作を残した。
芸能分野の人

嵐雛助(初代) – 江戸時代歌舞伎の名役者

-波乱に満ちた生涯- 嵐雛助(初代)は、江戸時代歌舞伎の名役者である。1729年、京都に生まれた。本名は佐野喜左衛門。父は人形遣いで、母は芸者であった。10歳の頃から舞台に立ち、1748年に江戸に上った。1751年に嵐雛助を名乗り、1764年に中村座で初役を踏んだ。 雛助は、立役・女形・老役と幅広い役どころを演じ、特に女形を得意とした。彼は、優美な容貌と繊細な演技で、江戸の町民を魅了した。また、歌舞伎の台本も執筆し、多くのヒット作を生み出した。 しかし、雛助の生涯は波乱に満ちたものであった。1766年、彼は博打で多額の借金を作り、中村座から破門された。その後、彼は京都に逃亡し、そこで再起を図った。1773年に江戸に戻り、再び歌舞伎の世界で活躍した。しかし、1780年に再び博打で多額の借金を作り、中村座から再び破門された。 雛助は、その後も各地を転々とし、1782年に大坂で死去した。享年54歳。 雛助の波乱に満ちた生涯は、江戸時代の歌舞伎の世界の厳しさや、役者の苦労を物語っている。
芸能分野の人

「市川八百蔵(7代)」⇒「市川中車(7代)」について

7代市川八百蔵から7代市川中車へ 7代市川八百蔵は、歌舞伎役者です。本名は、中村豊八郎。屋号は、澤瀉屋。1928年6月24日生まれ、東京都出身。父は、6代市川八百蔵。子は、市川右近。 7代市川八百蔵は、1937年に、歌舞伎座で初舞台を踏みました。1952年に、父である6代市川八百蔵から、7代市川八百蔵を襲名しました。 7代市川八百蔵は、歌舞伎界で活躍し、数多くの舞台に出演しました。特に、歌舞伎十八番の「勧進帳」の武蔵坊弁慶役や「助六由縁江戸桜」の助六役など、数々の名演を残しました。 7代市川八百蔵は、2017年1月22日に、老衰のため、東京都内の病院で亡くなりました。享年88歳でした。 7代市川八百蔵の死後、長男の中村豊八郎が、7代市川中車を襲名しました。7代市川中車は、歌舞伎界で活躍し、数多くの舞台に出演しています。 7代市川中車は、2018年に、歌舞伎座で「勧進帳」の武蔵坊弁慶役を演じました。これは、父である7代市川八百蔵が、最後に演じた役と同じでした。7代市川中車は、父の死後も、歌舞伎界で活躍し、数多くの舞台に出演しています。
音楽分野の人

「難波利三」~経歴や功績、エピソードを解説~

難波利三とは?その生涯と功績 難波利三は、1844年(弘化元年)に紀伊国和歌山城下(現在の和歌山県和歌山市)で生まれました。家業は呉服商でしたが、幼い頃から武道を好み、14歳で家を出奔して諸国を遍歴しました。 1867年(慶応3年)、戊辰戦争が勃発すると、難波利三は薩摩藩の軍に加わり、各地を転戦しました。維新後は陸軍に入隊し、西南戦争にも参戦しました。 1877年(明治10年)、難波利三は大阪で警視総監に就任しました。大阪は当時、治安が悪く、難波利三は厳しい取り締まりを行いました。その結果、大阪の治安は改善され、難波利三は「難波の鬼」と呼ばれるようになりました。 1880年(明治13年)、難波利三は内務大臣に就任しました。内務大臣として、難波利三は地方自治制度の整備や警察制度の改革を行いました。また、学制の制定にも尽力しました。 1891年(明治24年)、難波利三は首相に就任しました。首相として、難波利三は日清戦争を勝利に導き、日本の近代化を推進しました。 1896年(明治29年)、難波利三は首相を辞任し、政界を引退しました。その後は、和歌山県知事を務め、1907年(明治40年)に東京で死去しました。 難波利三は、明治維新を成し遂げた功労者の一人であり、日本の近代化に大きく貢献しました。その功績は、現在でも高く評価されています。
芸能分野の人

坊主小兵衛 – 名人として活躍した歌舞伎役者

道外方の名人 坊主小兵衛は、道外方として名人として活躍した歌舞伎役者です。道外方とは、歌舞伎の演目の中で、主に浪人や盗賊、山賊などの役柄を務める役者のことです。坊主小兵衛は、その道外方の役柄で、その演技力と存在感で観客を魅了しました。 坊主小兵衛は、元々は浄瑠璃の三味線弾きでした。しかし、歌舞伎の役者として頭角を現し、江戸の芝居小屋を沸かせました。彼の代表的な演目には、「仮名手本忠臣蔵」の塩冶判官、「勧進帳」の弁慶、「義経千本桜」の源義経などがあります。 坊主小兵衛は、その演技力に加えて、その芸風も独特でした。彼は、歌舞伎の型にとらわれず、自分の個性を前面に出した演技をしました。また、彼は、役柄に合わせて、髪型や衣装を工夫するなど、ビジュアル面でも観客の目を引きました。 坊主小兵衛は、江戸歌舞伎の黄金期を支えた名優の一人です。その演技力と芸風は、後の歌舞伎役者に大きな影響を与えました。今日でも、彼の作品は多くの人々に愛され続けています。
芸能分野の人

市川寿美蔵(5代) 〜幕末と明治を駆け抜けた伝説の老役者〜

-市川寿美蔵(5代)の生涯と功績- 市川寿美蔵(5代)は、幕末と明治を駆け抜けた伝説の老役者です。1830年、江戸に生まれ、本名は市川寿太郎。幼い頃から歌舞伎の世界に親しみ、1846年に市川寿美蔵(3代)の門下生となり、1847年に初舞台を踏みました。 寿美蔵は、名優・市川団十郎(9代)に師事し、その芸風を受け継ぎました。また、河原崎権十郎(2代)からも薫陶を受け、歌舞伎の伝統と革新を融合した独自の芸風を確立していきました。 寿美蔵は、江戸歌舞伎の黄金期を支えた名優の一人であり、その演技は「寿美蔵節」と呼ばれるほどに絶賛されました。彼は、老役を得意とし、特に『勧進帳』の安宅の関の富樫左衛門、『義経千本桜』の佐藤忠信、『仮名手本忠臣蔵』の塩冶判官などの役柄を得意としました。 寿美蔵は、歌舞伎界の重鎮として活躍し、1868年に明治維新を迎えました。維新後は、歌舞伎の近代化に尽力し、1873年には東京座を設立しました。また、1887年には歌舞伎座の開場にも尽力し、歌舞伎の普及に貢献しました。 寿美蔵は、1894年に65歳で亡くなりました。彼の死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くのファンが悲しみに暮れました。寿美蔵は、歌舞伎の発展に多大な功績を残した名優として、今もなお語り継がれています。
芸能分野の人

「嵐来芝(初代)」から「嵐三五郎(2代)」へ改名した役者の物語

-初代嵐来芝の活躍と功績- 初代嵐来芝は、江戸時代初期の歌舞伎役者である。上方の役者として活躍し、歌舞伎の振興に貢献した。 来芝は、近江国(現在の滋賀県)に生まれた。本名は坂東吉三郎。幼少期から歌舞伎に親しみ、1624年に京都の芝居小屋で初舞台を踏んだ。その後、大坂に移り、道頓堀の芝居小屋で活躍した。 来芝は、端正な容貌と優れた演技力で人気を集めた。特に、舞踊を得意とし、華やかな舞で観客を魅了した。また、狂言作者としても活躍し、多くの作品を残した。 来芝は、歌舞伎の振興にも貢献した。1653年には、大坂に芝居小屋「嵐座」を創立した。嵐座は、歌舞伎の新しい拠点となり、多くの役者が輩出した。また、来芝は、歌舞伎役者の養成にも力を入れ、多くの弟子を育てた。 来芝は、1660年に71歳で死去した。歌舞伎の発展に大きな功績を残した名優として、その名は現在でも語り継がれている。
歴史上の人物

酒呑童子 – 日本の神話と伝説の鬼神

-酒呑童子の誕生と起源- 酒呑童子は、日本の神話と伝説に登場する鬼神である。その誕生と起源については、いくつかの異なる物語がある。 最も有名な物語のひとつは、酒呑童子は元々は人間の子供であったというものである。この子供は、酒を飲むことを非常に好んでおり、ある日、飲みすぎて死んでしまった。その後、鬼神として蘇り、酒呑童子と呼ばれるようになったという。 もうひとつの物語では、酒呑童子は鬼神と人間の女性の間に生まれた子供であるという。この母親は、鬼神に誘惑されて妊娠し、酒呑童子を産んだ。酒呑童子は、母親から鬼神の血を受け継いでおり、そのため、非常に強力な存在となった。 また、酒呑童子は、元々は山に住む神であったが、あるとき、人間に騙されて酒を飲まされ、酔っ払って山から落ちて死んでしまったという物語もある。その後、鬼神として蘇り、人間に復讐するために鬼ヶ島にやって来たという。 これらの物語は、いずれも酒呑童子の誕生と起源について語っている。しかし、これらの物語がどれだけの真実を含んでいるかは不明である。酒呑童子は、日本の神話と伝説の中で非常に人気のある鬼神であり、その誕生と起源については、多くの物語が語られてきた。
芸能分野の人

松たか子

-松たか子の生い立ちと家族- 松たか子は、1972年10月9日、東京都に生まれた。父は映画監督の松竹二枚目スター松方弘樹、母は女優の一文字ゆみである。 幼い頃から、両親の仕事の影響で芸能界に興味を持ち、子役として活動を開始した。1983年、11歳の時に、映画『雪の断章 -情熱-』でデビュー。1988年、16歳の時には、テレビドラマ『はいすくーる落書』で主演を務め、一躍人気女優の仲間入りを果たした。 1990年代以降は、映画やドラマ、舞台など、幅広く活躍している。代表作には、映画『失楽園』『四十九日のレシピ』『天地明察』、ドラマ『HERO』『のだめカンタービレ』『JIN-仁-』、舞台『かもめ』『三文オペラ』『マーキュリー・ファー』などがある。 プライベートでは、2007年に、俳優の反町隆史と結婚。2012年には、長女を出産した。仕事と子育てを両立しながら、女優として活躍を続けている。 松たか子は、日本の芸能界を代表する女優の一人である。女優としての実力はもちろんのこと、その美貌とチャーミングな性格も人気の理由である。これからも、松たか子の活躍に期待したい。
芸能分野の人

歌舞伎役者・尾上芙雀(3代)について

尾上芙雀(3代)の生涯 尾上芙雀(3代)は、1934年1月1日に東京で生まれました。幼い頃から歌舞伎に興味を持ち、1940年に初代尾上芙雀に入門しました。1947年に初舞台を踏み、1950年に二代目尾上芙雀を襲名しました。 1960年代には、テレビや映画にも出演するようになり、歌舞伎以外の分野でも活躍しました。1970年には、三代目尾上芙雀を襲名し、歌舞伎界の重鎮として活躍しました。 尾上芙雀(3代)は、歌舞伎の伝統を重んじながらも、新しい演出や新しい演目を積極的に取り入れるなど、歌舞伎の革新に努めました。また、歌舞伎の普及にも力を入れ、海外公演や歌舞伎教室の開催など、様々な活動を行いました。 尾上芙雀(3代)は、2020年11月23日に86歳で亡くなりました。歌舞伎界に多大な功績を残し、その功績は今もなお語り継がれています。
芸能分野の人

・並木千柳(2代)(⇒並木翁輔)

-並木翁輔の芸歴- 並木翁輔は、1905年(明治38年)に東京市京橋区(現在の東京都中央区)に生まれました。1923年(大正12年)に京橋区立京橋商業学校(現在の東京都立京橋高等学校)を卒業後、1924年(大正13年)に前進座に入団しました。 前進座では、1925年(大正14年)に初舞台を踏んで以来、数多くの舞台に出演しました。1931年(昭和6年)には、前進座の看板俳優の一人として知られるようになりました。 1935年(昭和10年)に前進座を退団した後、1936年(昭和11年)には、新劇団「築地小劇場」を結成しました。築地小劇場では、1937年(昭和12年)に初公演を行い、1938年(昭和13年)には、築地小劇場の看板俳優の一人として知られるようになりました。 1940年(昭和15年)に築地小劇場を解散した後、1941年(昭和16年)には、新劇団「新国劇」を結成しました。新国劇では、1942年(昭和17年)に初公演を行い、1943年(昭和18年)には、新国劇の看板俳優の一人として知られるようになりました。 1945年(昭和20年)に新国劇を解散した後、1946年(昭和21年)には、新劇団「芸術座」を結成しました。芸術座では、1947年(昭和22年)に初公演を行い、1948年(昭和23年)には、芸術座の看板俳優の一人として知られるようになりました。 1949年(昭和24年)に芸術座を解散した後、1950年(昭和25年)には、新劇団「近代劇場」を結成しました。近代劇場では、1951年(昭和26年)に初公演を行い、1952年(昭和27年)には、近代劇場の看板俳優の一人として知られるようになりました。 1954年(昭和29年)に近代劇場を解散した後、1955年(昭和30年)には、新劇団「劇団民藝」を結成しました。劇団民藝では、1956年(昭和31年)に初公演を行い、1957年(昭和32年)には、劇団民藝の看板俳優の一人として知られるようになりました。 1960年(昭和35年)に劇団民藝を解散した後、1961年(昭和36年)には、新劇団「劇団青俳」を結成しました。劇団青俳では、1962年(昭和37年)に初公演を行い、1963年(昭和38年)には、劇団青俳の看板俳優の一人として知られるようになりました。 1964年(昭和39年)に劇団青俳を解散した後、1965年(昭和40年)には、新劇団「劇団四季」を結成しました。劇団四季では、1966年(昭和41年)に初公演を行い、1967年(昭和42年)には、劇団四季の看板俳優の一人として知られるようになりました。 1968年(昭和43年)に劇団四季を解散した後、1969年(昭和44年)には、新劇団「劇団前進座」を結成しました。劇団前進座では、1970年(昭和45年)に初公演を行い、1971年(昭和46年)には、劇団前進座の看板俳優の一人として知られるようになりました。 1972年(昭和47年)
歴史上の人物

– 「山本土佐掾」

-山本土佐掾とは- 山本土佐掾(やまもととさのじょう)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。長宗我部氏の家臣。 土佐国の山本氏の一族で、父は山本帯刀。幼名は藤太郎。 永禄5年(1562年)、長宗我部元親が土佐国を平定すると、山本氏も元親に臣従。土佐掾は、元親の弟・長宗我部盛親に仕えた。 天正4年(1576年)、織田信長の四国攻めに対して、土佐掾は盛親に従って阿波国に侵攻。阿波三好氏を破り、阿波国の制圧に貢献した。 天正6年(1578年)、土佐掾は、元親の四国統一戦に参加。土佐国・阿波国・讃岐国を平定し、四国の統一に貢献した。 天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長が死去すると、土佐掾は、元親に従って京都に上洛。羽柴秀吉の軍に加わり、山崎の戦いで明智光秀を破った。 天正13年(1585年)、四国征伐で、土佐掾は、元親に従って豊臣秀吉の軍に加わり、香宗我部親泰の軍を破った。 天正15年(1587年)、九州征伐で、土佐掾は、元親に従って秀吉の軍に加わり、島津義久の軍を破った。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで、土佐掾は、元親に従って東軍に属し、西軍の石田三成の軍を破った。 関ヶ原の戦い後、土佐掾は、土佐国に帰国し、元親の死後は、長宗我部盛親に仕えた。 慶長20年(1615年)、大坂夏の陣で、土佐掾は、盛親に従って豊臣秀頼の軍に加わり、徳川家康の軍と戦った。 大坂夏の陣後、土佐掾は、盛親とともに土佐国に帰国し、元和2年(1616年)に死去した。
芸能分野の人

– 小稲・半兵衛

- 小稲と半兵衛の情死事件 小稲と半兵衛は、18世紀初頭、日本の江戸時代初期に起こった情死事件の主人公です。この事件は、歌舞伎や浄瑠璃、小説など、様々な形で後世に伝えられています。 小稲は、大坂の米屋の娘で、半兵衛は、江戸の武士の息子でした。二人は、小稲が江戸に奉公に出た際に知り合い、恋に落ちました。しかし、小稲には許嫁がいて、半兵衛には妻がいました。そのため、二人は恋を遂げることができず、駆け落ちして情死を遂げました。 小稲と半兵衛の情死事件は、当時の社会に大きな衝撃を与えました。二人は、身分違いの恋に殉じた悲劇の主人公として、人々の同情を集めました。また、この事件は、当時の武士階級と町人階級の身分差や、恋と結婚の葛藤を浮き彫りにした出来事として、後世の人々にも語り継がれています。 小稲と半兵衛の情死事件は、歌舞伎や浄瑠璃、小説など、様々な形で後世に伝えられています。中でも、1826年に上演された歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」は、小稲と半兵衛の情死事件を題材にした作品として有名です。この作品は、小稲と半兵衛の悲恋を美しい音楽と舞踊で表現し、観客を魅了しています。 小稲と半兵衛の情死事件は、日本の文化史において重要な出来事です。この事件は、当時の社会情勢や人々の価値観を反映しており、後世の人々に様々な示唆を与えています。
歴史上の人物

– 「白藤源太」

白藤源太とは 白藤源太は、日本の漫画家。福岡県出身。男性。 代表作は、『ONE PIECE』、『NARUTO -ナルト-』、『BLEACH』など。これらはいずれも少年ジャンプで連載され、いずれもアニメ化されている。 白藤源太の作風は、バトルアクションをメインとしたもので、主人公が強大な敵を倒していくという展開が多い。また、キャラクターの心情や成長を丁寧に描くことで、読者に共感を得るストーリー作りも特徴的である。 白藤源太は、1997年に『ONE PIECE』でデビュー。この作品は、グランドラインを舞台に、海賊王を目指す少年ルフィの冒険をを描いた作品で、連載開始当初から人気を博し、現在も連載が続いている。 2002年には、『NARUTO -ナルト-』の連載を開始。この作品は、忍者の世界を舞台に、火影を目指す少年ナルトの成長と冒険を描いた作品で、こちらも『ONE PIECE』と同様に人気を博し、現在は完結している。 2001年には、『BLEACH』の連載を開始。この作品は、死神の世界を舞台に、死神代理として活躍する少年黒崎一護の戦いを描いた作品で、こちらも『ONE PIECE』や『NARUTO -ナルト-』と同様に人気を博し、現在は完結している。 白藤源太は、これらの作品以外にも、多くの短編作品や読切作品を発表しており、そのどれもが高く評価されている。 白藤源太は、日本の漫画界を代表する漫画家として知られており、その作品は世界中に多くのファンを抱えている。
芸能分野の人

「沢村訥升(初代)」から「沢村宗十郎(5代)」について

沢村訥升(初代)のプロフィールと生涯 沢村訥升(初代)は、江戸時代前期の歌舞伎役者。初代中村勘三郎の門人。俳名として山城庵桐葉と称した。 1624年(寛永元年)、京都四条室町の呉服商に生まれる。幼名は重郎兵衛。 1642年(寛永19年)、初代中村勘三郎の門人となり、中村花之丞と名乗る。 1646年(正保3年)、中村富太郎と改名。 1650年(慶安3年)、中村訥升と改名。 1651年(慶安4年)、川原崎権十郎一座に参加し、女形として活躍。 1654年(承応3年)、中村訥升として江戸に下る。 1661年(寛文元年)、中村勘三郎の死後、坂田藤十郎、山下又四郎とともに中村座で活躍。 1666年(寛文6年)、江戸中村座の座本となり、初代沢村訥升を名乗る。 1673年(延宝元年)、江戸中村座を閉鎖し、京都に帰る。 1677年(延宝5年)、京都で死去。享年54。 沢村訥升は、江戸歌舞伎の基礎を築いた名優として知られている。女形として活躍し、その美貌と演技力で多くの観客を魅了した。また、歌舞伎の脚本にも優れ、多くの作品を残した。
学術分野の人

守随憲治→ 近世文芸研究の泰斗

上田万年と藤村作の影響 守随憲治は、上田万年と藤村作の影響を強く受けていた。上田万年は、守随憲治の恩師であり、藤村作は守随憲治の友人であった。守随憲治は、上田万年と藤村作から、文学研究の手法や思想を学び、近世文芸研究の泰斗へと成長していった。 上田万年と藤村作は、守随憲治に文学研究に対する情熱と、文学作品の奥深さを教えてくれた。守随憲治は、上田万年と藤村作から学んだことを活かして、近世文学を研究し、多くの業績を残した。守随憲治の研究は、近世文学の理解を深めることに大きく貢献している。 上田万年と藤村作は、守随憲治の生涯に大きな影響を与えた。守随憲治は、上田万年と藤村作から学んだことを活かして、近世文芸研究に貢献した。守随憲治の研究は、近世文学の理解を深めることに大きく貢献している。 上田万年と藤村作は、守随憲治の文学研究に大きな影響を与えた。上田万年と藤村作は、守随憲治に文学研究の手法や思想を教えた。守随憲治は、上田万年と藤村作から学んだことを活かして、近世文学を研究し、多くの業績を残した。守随憲治の研究は、近世文学の理解を深めることに大きく貢献している。