正室

歴史上の偉人

おこ – 井伊直政正室で井伊直孝の母

-# 悲運の女性・おこの生涯 おこは、井伊直政の正室であり、井伊直孝の母である。 彼女は、遠江国掛川城の城主である山内一豊の娘として生まれた。 幼い頃から聡明で、和歌や茶道を嗜んだ。 1582年、直政と結婚。 1585年に直孝を産む。 しかし、1590年に直政が小田原征伐で戦死。 おこは、わずか25歳で未亡人となった。 直政の死後、おこは直孝を連れて掛川城に戻った。 1600年の関ケ原の戦いの際には、直孝が東軍に属したため、掛川城は西軍の攻撃を受けた。 おこは、城に籠って西軍と戦ったが、城は落城。 おこは、直孝とともに捕らえられ、京都の六条河原で処刑された。 享年35。 おこは、直政の死後、幼い直孝を育て上げ、戦乱の中で命を落とした悲運の女性である。 彼女の生涯は、戦国時代の女性の生きざまを象徴している。
歴史上の偉人

– 天英院(1662年?-1741年)

-天英院の生涯- 天英院は、1662年頃に岡山藩主池田光政の側室として生まれました。名は操と名づけられ、幼名は「おちょう」でした。 光政は、直参旗本・池田長幸の娘である光子(しょうし)と正室であり、その光子との間に池田綱政、池田光仲らの男子が誕生していました。 おちょうは、17歳で光政の側室となり、1680年に女の子(亀姫)を出産しました。 亀姫は、1685年に水戸藩主・徳川綱條の世子徳川光圀に嫁ぎました。亀姫は1698年に女子(礼姫)を産みましたが、この礼姫こそが後の「月光院」です。 おちょうは、その後も光政の寵愛を受け、1690年に女子、1694年には男子と相次いで出産しました。 その男子こそ、後に岡山藩主となる、池田治政です。 光政は治政を、正室・光子との間に生まれた嫡男・綱政よりも可愛がったと言います。 1700年、光政が亡くなり、綱政が岡山藩主を継ぎました。 綱政は、庶母であるおちょうとその子供たちを疎んじ、おちょうを「常盤殿」と呼び、冷遇しました。 一方、治政は綱政と対立し、1702年に綱政は、治政とその母・おちょうを岡山城から追放しました。 おちょうと治政は、江戸に暮らし、1711年に治政が岡山藩主を継ぎました。 おちょうは、治政の死後、京都に移り住み、1741年に亡くなりました。 おちょうは、光政の側室として、生涯を光政と過ごしました。 そして、その死後も、治政の死まで、岡山藩主の生母として、藩政に影響を与え続けたとされています。
歴史上の偉人

「喜佐姫」

-喜佐姫とは- 喜佐姫(きさひめ)とは、長野県松本市安曇4丁目に本社を置く三輪酒造が製造販売している純米酒である。 喜佐姫は喜佐姫酒造が1960年に製造を開始した。喜佐姫酒造は1887年に創業した老舗の酒蔵で、喜佐姫は大正時代から発売されている。 喜佐姫は、信州産の米と水を使用して醸造されている。信州は良質の米と水に恵まれた地域であり、喜佐姫はその恵まれた環境を生かしたお酒である。 喜佐姫は、スッキリとした飲み口とフルーティーな香りのするお酒である。そのため、幅広い料理に合わせることができ、女性にも人気がある。 喜佐姫は、世界各国で受賞されている。2012年には、アメリカの国際酒類コンクールで金賞を受賞した。2013年には、イギリスの国際酒類コンクールで金賞を受賞した。 喜佐姫は、信州を代表するお酒として全国的に愛されている。信州を訪れた際には、ぜひ喜佐姫を味わってみてほしい。
歴史上の偉人

「心観院」

-心観院の生涯- 心観院は、記紀に名を残す女性としては最古の人物である。また、夫である倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)と共に日本書紀の第一巻に記載された人物でもある。 心観院の出生については、諸説ある。一説には、穀倉院の祖である美和君の娘だったとも言われている。 心観院の事績については、日本書紀に記載されているものがほとんどである。それによると、心観院は、成務天皇の時代、高野新笠という人物と結婚した。高野新笠は、成務天皇の弟である武埴安彦命(たけはにやすひこのみこと)の息子だった。 成務天皇の死後、武埴安彦命は天皇位を継承したが、心観院は武埴安彦命の即位に反対した。武埴安彦命は、心観院を殺害しようとしたが、心観院は逃亡した。 心観院は、逃亡中に、草薙剣を発見した。草薙剣は、天孫降臨の際に、天照大神から邇邇芸命(ににぎのみこと)に授けられたとされる神剣である。心観院は、草薙剣を武埴安彦命に突き刺し、武埴安彦命を倒した。 武埴安彦命の死後、心観院は、景行天皇に草薙剣を献上した。景行天皇は、心観院を皇后に冊立した。心観院は、景行天皇との間に、日本武尊(やまとたけるのみこと)を儲けた。 日本武尊は、東夷平定や熊襲征伐など、数々の功績を立てた。日本武尊の死後、心観院は、日本武尊の陵墓を築いた。 心観院は、景行天皇の崩御後、垂仁天皇の時代に薨去した。心観院の陵墓は、奈良県明日香村にある。 心観院は、日本武尊の母として、また、景行天皇の皇后として、日本の歴史に大きな影響を与えた女性である。