武将

歴史上の人物

春日基光(藤原基光)について

-春日基光の生涯と人物像- 春日基光(藤原基光)は、平安時代初期の公卿・歌人。藤原朝臣四天王の一人。左大臣・藤原良房の長男で、右大臣・藤原良相の兄。 825年(天長2年)、藤原良房の長男として生まれる。幼少期に、天長年間の承和の変で父が失脚したため、母方の祖父である清和天皇の乳母・中原氏とともに地方に下向した。 833年(承和10年)、清和天皇の即位により、藤原良房が権勢を回復すると、基光も京に戻り、従五位上右近衛少将に任じられた。その後、累進して、840年(嘉祥3年)に従三位右兵衛督、842年(承和9年)に正三位・左兵衛督に昇進した。 845年(承和12年)、藤原良房が左大臣に就任すると、基光も参議に任命された。その後、854年(仁寿4年)に中納言、856年(斉衡3年)には権大納言に昇進した。 857年(天安2年)、藤原良房が薨去すると、基光は急激に昇進する。857年(貞観9年)に右大臣に任命され、858年(貞観10年)には左大臣に昇進した。 864年(貞観16年)、基光は薨去した。享年40歳。 基光は、父・良房と同様に優れた歌人であり、多くの和歌を残している。また、書道にも優れ、能書家として知られている。 基光は、藤原氏の全盛期を支えた名臣であり、歌人としても高い評価を得ている。
歴史上の人物

日下部朝定 – 戦国時代の武将と連歌師

-日下部朝定の生涯と功績- 日下部朝定は、戦国時代の武将であり、連歌師でもありました。1503年、近江国大津市の商家に生まれ、幼少の頃から和歌を学び、連歌師として活躍しました。 1520年、朝定は朝倉氏に仕官し、武功を挙げて重臣となりました。その後、足利義昭に仕え、近江国の国主となりました。 朝定は、連歌師としても活躍し、多くの連歌会に参加しました。また、連歌に関する著作も残しており、連歌史に大きな功績を残しました。 1573年、朝定は織田信長に敗れ、自害しました。享年71歳。 朝定は、戦国時代の武将としてだけでなく、連歌師としても活躍し、多大な功績を残した人物です。 -朝定の連歌に関する功績- 朝定は、連歌師として多くの功績を残しました。その中でも、特に有名なのが「朝定連歌集」です。これは、朝定が詠んだ連歌をまとめたもので、連歌史の貴重な資料となっています。 また、朝定は「連歌抄」という連歌に関する著作を残しています。この著作は、連歌の作法や技巧について解説したもので、連歌を学ぶ人にとって必携の書となっています。 朝定は、連歌師として活躍しただけでなく、連歌に関する著作も残したことで、連歌史に大きな功績を残しました。
歴史上の人物

戦国-織豊時代の武将「志賀親度」の生涯と功績

志賀親度の出自と家系 志賀親度は、戦国時代から織豊時代に活躍した武将で、志賀氏の家臣として豊臣秀吉に仕えました。1527年(享禄元年)に、近江国の志賀郡(現在の滋賀県大津市)で、志賀氏の一族として生まれました。志賀氏は、代々近江国を支配する宇多源氏の一族で、親度の祖父である志賀直定は、戦国大名である六角氏に仕えていました。親度の父である志賀直宗も、六角氏に仕えており、六角氏の重臣として活躍しました。 親度は、若い頃から武芸に優れ、1547年(天文16年)に、六角氏当主である六角義賢の命により、美濃国(現在の岐阜県)へ出陣し、斎藤道三と戦いました。この戦いで、親度は斎藤道三の軍勢を破り、功績を上げました。その後、親度は六角氏の家臣として、各地を転戦し、武功を挙げました。 1568年(永禄11年)に、織田信長が近江国に侵攻し、六角氏は滅亡しました。親度は、織田信長の家臣である豊臣秀吉に仕えることになりました。秀吉は、親度の武勇を高く評価し、重臣として重用しました。親度は、秀吉の九州平定や小田原征伐などに参加し、数々の戦功を上げました。 1598年(慶長3年)、秀吉が死去すると、親度は徳川家康に仕えました。家康は、親度の忠義を称え、近江国甲良郡(現在の滋賀県湖南市)に1万石の所領を与えました。親度は、甲良郡を治め、1612年(慶長17年)に、86歳で死去しました。
歴史上の人物

– 中原信房(⇒宇都宮信房)

中原信房の生涯 中原信房は、鎌倉時代の武将で、宇都宮信房の名前でも知られています。宇都宮氏の祖である宇都宮頼綱の五男として生まれ、鎌倉幕府の御家人となりました。 信房は、承久の乱で活躍し、北条泰時らの軍勢に加わって上洛しました。そして、乱の鎮圧に貢献した功績により、信濃守に任命されました。また、信房は、鎌倉幕府の評定衆にも任命され、幕政にも参与しました。 信房は、治承4年(1180年)に生まれ、寛元4年(1246年)に亡くなりました。享年67でした。信房は、宇都宮氏の発展に大きく貢献した人物であり、宇都宮氏の祖として現在も敬愛されています。 中原信房の主な生涯は以下の通りです。 * 承久4年(1180年)、宇都宮頼綱の五男として生まれる。 * 建保4年(1216年)、承久の乱で北条泰時らの軍勢に加わって上洛し、乱の鎮圧に貢献する。 * 貞応2年(1223年)、信濃守に任命される。 * 天福元年(1233年)、鎌倉幕府の評定衆に任命される。 * 寛元4年(1246年)、死去。享年67。
歴史上の人物

渋川義俊→ 室町時代の九州探題と朝鮮との交易

渋川義俊の生涯 渋川義俊は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将である。渋川満頼の子として誕生。室町時代初期に九州探題に任命され、朝鮮との交易を活発に行った。 義俊は、元弘3年(1333年)、鎌倉幕府が滅亡すると、足利尊氏に従って建武の新政に参加した。しかし、尊氏が建武政権に反旗を翻した後は、尊氏方に加わって南朝と戦った。 正平7年(1352年)、義俊は九州探題に任命された。九州探題は、九州を統治する最高責任者であり、義俊は九州における室町幕府の権力を強化した。 義俊は、九州探題として、朝鮮との交易にも積極的に取り組んだ。当時は、朝鮮と中国の間の交易が盛んであり、義俊は九州を交易の中継地として発展させようとした。 義俊は、朝鮮に交易船を派遣し、朝鮮から金や銀、銅などの鉱物資源や、絹織物などの高級品を輸入した。また、日本からは、刀剣や漆器、扇子などの工芸品を輸出した。 義俊の朝鮮との交易は、九州の経済発展に大きく貢献した。九州は、交易によって富を蓄積し、文化も栄えた。 義俊は、応安4年(1371年)に死去した。享年62歳。義俊の死後は、子の義政が九州探題を継いだ。 義俊は、九州探題として、九州の統治と朝鮮との交易に尽力し、九州の発展に大きく貢献した。
歴史上の人物

加藤嘉明-激動の戦乱の世を駆け抜けた名将

- 加藤嘉明-激動の戦乱の世を駆け抜けた名将 賤ケ岳の戦いでの活躍 賤ケ岳の戦いで加藤嘉明は、豊臣秀吉の軍勢に加わり、柴田勝家率いる軍勢と戦いました。嘉明は、賤ケ岳の戦いで、数々の武功を立てて、秀吉の勝利に大きく貢献しました。特に、嘉明は、柴田勝家の重臣である佐久間盛政との一騎打ちで勝利を収め、柴田軍を大いに混乱させました。この功績により、嘉明は秀吉から、「賤ケ岳七本槍」の1人に選ばれました。賤ケ岳七本槍とは、賤ケ岳の戦いで、秀吉の勝利に貢献した7人の武将のことです。嘉明は、賤ケ岳七本槍の1人に選ばれることで、一躍、天下に名を知られるようになりました。 嘉明は、賤ケ岳の戦いの後も、秀吉に従って、九州平定や小田原征伐などに参加し、数々の武功を立てました。嘉明は、秀吉の死後も、豊臣政権を支え続け、関ヶ原の戦いでは、東軍に加わって、徳川家康の勝利に貢献しました。嘉明は、関ヶ原の戦い後も、徳川幕府に仕え、越前福井藩の藩主として、領国の統治に尽力しました。嘉明は、1615年に死去するまで、徳川幕府に忠実に仕え、名将としてその名を残しました。 嘉明は、激動の戦乱の世を駆け抜けた名将であり、その武功は、後世に語り継がれています。嘉明は、賤ケ岳の戦いで、秀吉の勝利に貢献し、賤ケ岳七本槍の1人に選ばれました。また、嘉明は、秀吉の死後も、豊臣政権を支え続け、関ヶ原の戦いでは、東軍に加わって、徳川家康の勝利に貢献しました。嘉明は、関ヶ原の戦い後も、徳川幕府に仕え、越前福井藩の藩主として、領国の統治に尽力しました。嘉明は、1615年に死去するまで、徳川幕府に忠実に仕え、名将としてその名を残しました。
歴史上の人物

岩松家純-室町時代の武将-

-岩松家純-室町時代の武将-- -岩松家純の生涯- 岩松家純は、室町時代の武将です。通称は岩松弾正少弼、岩松八郎。家紋は岩松菱。幕末の志士・岩松専太郎の祖先にあたります。 岩松氏は、藤原秀郷の末裔で、大掾氏の一族です。家純は、岩松義清の長男として下総国海上郡岩松郷(現在の茨城県古河市岩松)に生まれました。 家純は、若くから武勇に優れ、下総守護・千葉氏に仕えました。千葉氏の内紛である千葉介胤豊と千葉輔胤の争い(享徳の乱)では、胤豊方に属し、輔胤方の千葉胤直を破りました。 享徳の乱が終結した後、家純は、千葉氏の家宰に就任しました。千葉氏は、享徳の乱で疲弊しており、家純は、千葉氏の再興に尽力しました。 家純は、古河城の改修や、領内の開発を行い、千葉氏の勢力を回復させました。また、家純は、千葉氏と古河公方足利成氏との関係を修復し、古河公方の権威回復に貢献しました。 家純は、文明11年(1479年)に没しました。享年63歳。家純は、千葉氏の家宰として、千葉氏の再興に尽力した名将です。 家純の死後、岩松氏は、家純の四男・岩松家綱が継ぎました。家綱は、家純の遺志を継いで、千葉氏の再興に尽力しました。しかし、家綱は、明応4年(1495年)に没し、岩松氏は衰退しました。 岩松氏は、その後、千葉氏の家臣として存続しましたが、江戸時代初期に断絶しました。しかし、岩松氏の血統は、岩松専太郎に受け継がれ、明治維新に貢献しました。
歴史上の人物

尾藤知定:織豊時代の武将

尾藤知定の生涯 尾藤知定は、織豊時代の武将です。美濃国の守護代である土岐頼芸に仕えていましたが、頼芸が織田信長に敗れた後は、信長に仕えました。信長の死後は、豊臣秀吉に仕えました。秀吉の死後は、徳川家康に仕えました。関ヶ原の戦いでは、徳川家康の東軍に属して戦いました。関ヶ原の戦いの後、尾藤知定は1603年に死去しました。 尾藤知定は、若い頃から武勇に優れていました。1567年には、織田信長の美濃侵攻に際して、信長の軍勢を撃退する戦功を上げました。1570年には、信長の越前侵攻に際して、浅井長政の軍勢を撃退する戦功を上げました。1573年には、信長の北近江侵攻に際して、六角義賢の軍勢を撃退する戦功を上げました。 尾藤知定は、織田信長の軍団の中でも、特に精鋭部隊である「赤母衣衆」の頭領を務めました。赤母衣衆は、信長の親衛隊であり、戦場において常に信長の近くにいて、信長を守りました。尾藤知定は、赤母衣衆を率いて、数々の戦いで活躍しました。 豊臣秀吉が天下統一を果たした後は、尾藤知定は秀吉の直臣となりました。尾藤知定は、秀吉の命を受けて、九州征伐や朝鮮出兵に参加しました。九州征伐では、島津義久の軍勢を撃退する戦功を上げました。朝鮮出兵では、明の軍勢を撃退する戦功を上げました。 徳川家康が天下統一を果たした後は、尾藤知定は家康の直臣となりました。尾藤知定は、家康の命を受けて、関ヶ原の戦いに参加しました。関ヶ原の戦いでは、東軍に属して戦いましたが、戦死しました。 尾藤知定は、織豊時代の武将としては、比較的地味な存在ですが、数々の戦いで活躍した名将でした。尾藤知定の武勇は、後世に語り継がれています。
歴史上の人物

三好元長 – 戦国時代の武将

-戦国時代の武将- 三好元長は、戦国時代の武将で、三好政長の嫡男です。讃岐国、阿波国、備前国、丹波国などに大名として国主を務めました。 元長は、天文21年(1552年)に三好政長の嫡男として生まれました。1560年に父が死去すると、三好氏の家督と阿波国の守護職を継承します。 元長は、1563年に細川藤孝を破り、阿波国を平定します。その後、讃岐国、備前国、丹波国などにも進出して、勢力を拡大しました。 しかし、元長は1568年に織田信長の軍勢に敗れ、阿波国を失墜します。その後は、四国を転戦しましたが、1573年に長宗我部元親に敗れて、自害しました。 元長は、勇猛果敢な武将として知られており、数々の戦いで活躍しました。しかし、乱世の梟雄として、裏切りや謀略を繰り返したため、敵も多い武将でもあります。
歴史上の人物

「三条公盛」(⇒三条公広(さんじょう-きんひろ))について

三条公盛(さんじょう-きみもり)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての公卿。右大臣・三条実親の子。官位は正二位・権大納言。 三条公盛は、鎌倉時代後期に左大臣・三条実親の子として生まれた。幼名は宗光。初名は公広。建武3年(1336年)、父・実親の薨去により家督を継ぎ、翌年従三位に叙される。その後、右近衛権中将、参議、権中納言などを歴任し、正平6年(1351年)には正二位に叙された。また、正平11年(1356年)には権大納言に昇進した。 三条公盛は、公卿として活躍する一方で、歌人としても知られ、藤原定家から歌を学び、数多くの和歌を残している。また、書道にも優れ、三条西実隆から書の指導を受けている。 三条公盛は、正平20年(1365年)に薨去した。享年42。法名は法蓮。
歴史上の人物

山名氏幸 – 南北朝・室町時代の武将

家臣団の長として 山名氏幸は、氏清の死後、山名氏の家督を継ぎ、丹波武田氏、赤松氏、一色氏、細川氏、京極氏などの有力な家臣団を率いて、室町幕府の有力守護大名となった。氏幸は、家臣団の長として、家臣たちの統制と団結を図り、山名氏の勢力拡大に努めた。 氏幸は、家臣団の結束を強めるために、家臣たちへの褒賞や恩賞を積極的に行い、また、家臣たちの意見を尊重して、合議によって政治を行うようにした。また、氏幸は、家臣たちの軍事的訓練にも力を入れ、山名氏の軍隊の強化を図った。 氏幸の統制と団結の結果、山名氏は、室町幕府の有力な守護大名となり、南北朝・室町時代の政局に大きな影響を与えるようになった。氏幸は、足利義満の北朝政権を支持し、幕府の政策に協力して、室町幕府の安定に貢献した。 しかし、氏幸は、応永6年(1398年)に、突如として家督を嫡男の満幸に譲って隠居した。氏幸の隠居の理由は、氏幸の病死説、氏幸が足利義満に疎んじられて隠居に追い込まれた説、氏幸が家臣団の反乱を恐れて隠居した説など、諸説ある。 氏幸は、隠居した後も、山名氏の家政に影響力を持ち続け、応永23年(1415年)に死去するまで、山名氏の家督を支えた。
歴史上の人物

「三浦光村」

-鎌倉時代の武将- 鎌倉時代は、源頼朝が鎌倉に幕府を開いた1185年から、後醍醐天皇が建武の新政を始めた1333年までの期間を指します。この時代、源氏と平氏が覇権を争う源平合戦が行われ、最終的には源氏が勝利しました。また、鎌倉幕府は、御家人の力を背景に、朝廷を凌駕する権力を持ち、武士政権を確立しました。 鎌倉時代の武将には、源頼朝、源義経、平清盛、畠山重忠、北条時宗など、多くの名将が輩出されました。これらの武将たちは、武勇と知略を駆使して、戦場での勝利を収め、鎌倉幕府の権力を確立したのです。 -源頼朝- 源頼朝は、鎌倉幕府の初代将軍です。平治の乱で平清盛に敗れ、伊豆に流罪となりましたが、1180年に挙兵して平氏を討ち、鎌倉に幕府を開きました。頼朝は、御家人の力を背景に、朝廷を凌駕する権力を持ち、武士政権を確立しました。 -源義経- 源義経は、源頼朝の弟です。平氏討伐で活躍し、一ノ谷の戦い、屋島の戦い、壇ノ浦の戦いなど、数々の戦いで勝利を収めました。しかし、頼朝の死後、北条氏との対立が深まり、奥州に逃亡して自害しました。 -平清盛- 平清盛は、平氏の棟梁です。平治の乱で源頼朝を破り、朝廷を掌握しました。1167年に太政大臣に任命され、平氏政権を確立しました。しかし、1180年に源頼朝が挙兵して平氏を討ち、平清盛は壇ノ浦の戦いで自害しました。 -畠山重忠- 畠山重忠は、源頼朝の御家人です。源平合戦では、頼朝の側近として戦い、数々の戦功を挙げました。しかし、1205年に頼朝の死後、北条氏との対立が深まり、伊豆に逃亡して自害しました。 -北条時宗- 北条時宗は、鎌倉幕府の第8代将軍です。1274年に元寇が発生し、時宗は、御家人の力を結集して、元の軍勢を撃退しました。時宗は、元寇の勝利後、鎌倉幕府の権力をさらに強め、武士政権の基礎を固めました。
歴史上の人物

「大関高増(1)」

-大関高増の生涯- 大関高増は、1597年に信濃国で生まれました。父は武田信玄の次男・武田勝頼、母は武田信玄の娘・松姫でした。高増は生後まもなく、豊臣秀吉の命により京都へ送られ、人質として育てられました。 関ヶ原の戦いでは、東軍に属して奮戦し、戦後には徳川家康から上野国高崎藩10万石を与えられました。しかし、大坂の陣では、豊臣秀頼方に寝返り、徳川軍と戦いました。大坂城落城後は、尾張国清州藩に移され、そこで余生を過ごしました。 高増は、1662年に清州で死去しました。享年66。 高増は、武田信玄の孫として生まれ、豊臣秀吉と徳川家康に仕えた武将でした。関ヶ原の戦いでは、東軍に属して奮戦し、大坂の陣では、豊臣秀頼方に寝返りました。高増は、波乱万丈の人生を送った武将でした。 高増の生涯について、詳しく見ていきましょう。 -幼少期- 高増は、1597年に信濃国で生まれました。父は武田信玄の次男・武田勝頼、母は武田信玄の娘・松姫でした。高増は、武田信玄の孫として、甲斐国で生まれ育ちました。 しかし、武田氏は、1582年に織田信長に滅ぼされ、高増は織田信長の家臣・滝川一益に仕えました。しかし、滝川一益も、1583年に豊臣秀吉に滅ぼされ、高増は豊臣秀吉の人質として、京都へ送られました。 -豊臣秀吉に仕える- 高増は、京都で人質として育てられ、豊臣秀吉に仕えました。高増は、豊臣秀吉から、上野国高崎藩10万石を与えられました。 高増は、豊臣秀吉の命により、朝鮮出兵に参加しました。朝鮮出兵では、高増は、小西行長や加藤清正とともに、朝鮮軍と戦いました。 -徳川家康に仕える- 1600年、関ヶ原の戦いが起こりました。高増は、東軍に属して奮戦し、徳川家康の勝利に貢献しました。 関ヶ原の戦い後、高増は、徳川家康から、上野国高崎藩10万石に加え、下野国足利藩10万石を与えられました。高増は、徳川家康の信頼を得て、幕府の要職を歴任しました。 -大坂の陣- 1614年、大坂の陣が起こりました。高増は、徳川軍に属して、豊臣秀頼方の武将と戦いました。 しかし、高増は、豊臣秀頼方に寝返り、徳川軍と戦いました。高増は、大坂城落城後、尾張国清州藩に移され、そこで余生を過ごしました。 -晩年- 高増は、1662年に清州で死去しました。享年66。 高増は、波乱万丈の人生を送った武将でした。高増は、武田信玄の孫として生まれ、豊臣秀吉と徳川家康に仕えました。関ヶ原の戦いでは、東軍に属して奮戦し、大坂の陣では、豊臣秀頼方に寝返りました。高増は、武将として、数々の武功を立てましたが、晩年は、尾張国清州藩で、静かに余生を過ごしました。
歴史上の人物

千葉自胤

- 千葉自胤の生涯 千葉自胤は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将、大名。常陸国府中城主。千葉氏の一族で、千葉胤富の子。 1547年、常陸国府中城で生まれる。父・胤富は、北条氏康に仕えていたが、自胤が生まれた翌年に死去した。自胤は、叔父・千葉胤次が後見人となった。 1564年、胤次は死去し、自胤が家督を継ぐ。北条氏康の偏諱を受けて「自胤」と名乗る。 1568年、織田信長が上洛を開始すると、自胤は信長に接近する。1573年、信長が武田信玄と戦うと、自胤は信長に味方した。 1575年、信長が本願寺を攻めると、自胤は信長の軍に従った。1580年、信長が本能寺の変で死去すると、自胤は徳川家康に仕えた。 1585年、家康が関東に移封されると、自胤も家康に従い、常陸国府中城に入った。 1590年、豊臣秀吉が小田原城を攻めると、自胤は秀吉に降伏した。秀吉から常陸国府中城10万石を与えられ、大名となった。 1598年、秀吉が死去すると、自胤は家康に接近する。1600年の関ヶ原の戦いでは、自胤は東軍に属した。 関ヶ原の戦い後、自胤は常陸国府中城12万石に加増され、大名となった。また、江戸幕府の老中にも任命された。 1613年、自胤は死去した。享年67。 自胤は、戦国乱世を生き抜いた名将として知られている。また、徳川幕府の老中としても活躍した。
歴史上の人物

伊達持宗 – 室町時代の名将

-伊達持宗の生涯と功績- 伊達持宗は、室町時代中後期の大名であり、伊達氏10代当主。奥州探題、陸奥守を歴任した。 1448年、伊達氏9代当主・伊達宗遠の長男として生まれる。1463年に父が死去すると、家督を継承した。 持宗は、伊達氏を中興した名将として知られる。伊達氏の勢力範囲は、持宗の代に大幅に拡大した。1467年には、二本松氏を滅ぼし、現在の福島県中通り地方を支配下に置いた。1472年には、葛西氏を滅ぼし、現在の宮城県北部を支配下に置いた。 また、持宗は、幕府の奥州探題として、奥羽地方の治安維持に貢献した。1479年には、鎌倉公方・足利成氏を破り、奥羽地方を幕府の支配下に置いた。 持宗は、1481年に死去した。享年34。 持宗は、伊達氏を中興し、奥羽地方に大きな影響を与えた名将であった。持宗の功績は、現在でも高く評価されている。
歴史上の人物

細川持之-室町時代の武将

-細川持之の生涯- 細川持之は、室町時代の武将、守護大名。細川氏の一族。第5代管領を務めた細川満之の嫡男として誕生した。 持之は、室町幕府の第8代将軍足利義政に仕え、管領として幕政を担った。また、応仁の乱では東軍の総大将として西軍と戦った。 応仁の乱は、1467年に勃発した、室町幕府の将軍職を巡る争いである。持之は、義政の弟である足利義視を擁立して西軍と戦ったが、1477年に義政が和睦を申し入れ、応仁の乱は終結した。 応仁の乱後、持之は管領を辞任し、隠居した。しかし、1481年に義政が死去すると、持之は再び管領に就任した。持之は、1489年まで管領を務め、その後は隠居して京都で余生を送った。 持之は、応仁の乱で東軍の総大将として活躍し、幕政を担った名将である。また、和歌や連歌を嗜むなど、文化人としても知られている。
歴史上の人物

戦国と織豊時代の武将-大河内政房

- 大見出し「戦国と織豊時代の武将-大河内政房」 -# 小見出し「遠江高天神城主、小笠原長忠の臣」 大河内政房は、戦国時代から織豊時代にかけての武将です。遠江国高天神城(現在の静岡県菊川市)の城主であり、小笠原長忠の臣として仕えました。 政房は、永禄3年(1560年)に遠江国に生まれました。父は、大河内政信。母は不詳です。政房には、兄に大河内政綱、弟に大河内政直がいました。 政房は、幼い頃から武芸に秀で、小笠原長忠に仕えて活躍しました。天正3年(1575年)の長篠の戦いでは、織田信長の軍勢と戦い、武功を挙げました。 天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が亡くなると、政房は小笠原長忠に従って、徳川家康に仕えました。徳川家康が進めた遠江侵攻では、高天神城を守り、徳川軍と戦いました。しかし、天正13年(1585年)に高天神城は落城し、政房は捕らえられました。 政房は、徳川家康に許され、家臣となりました。その後、政房は、徳川家康の九州平定や朝鮮出兵に従軍し、功績を挙げました。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、東軍として参戦し、勝利に貢献しました。 関ヶ原の戦い後、政房は、徳川家康から上野国新田郡に1万石を与えられ、大名となりました。政房は、新田藩主となり、藩政に励みました。慶長19年(1614年)、政房は死去しました。享年55歳でした。 政房は、戦国時代から織豊時代にかけて、遠江国高天神城主として活躍した武将です。政房は、武田信玄や織田信長、徳川家康など、戦国時代の有力武将に仕えて活躍しました。政房は、勇猛果敢な武将として知られ、多くの戦いで武功を挙げました。
歴史上の人物

北条師時の生涯と功績

- 北条師時の生い立ちと家柄 北条師時は、鎌倉幕府の第14代執権である。1271年、北条時宗の次男として生まれた。母は安達泰盛の娘である。師時は幼い頃から聡明で、武芸にも秀でていた。 師時の実家は、鎌倉幕府の有力御家人である北条氏である。北条氏は、初代執権である北条時政を祖とする名門である。師時の父である時宗は、第8代執権であり、蒙古襲来を退けた名将として知られている。 師時は、兄弟の中で最も優秀であると評されており、時宗の跡を継いで執権になることを期待されていた。1284年、時宗が亡くなると、師時は執権に就任した。 師時は、執権として幕府の政治を主導した。師時は、蒙古襲来後の混乱を収拾し、幕府の権力を強化することに成功した。また、師時は、元寇後の経済復興にも力を入れ、貿易を奨励した。 師時は、1311年に亡くなった。享年41歳。師時の死後、幕府は衰退の一途をたどり、1333年に鎌倉幕府は滅亡した。
歴史上の人物

・松平乗高

- 松平乗高 -# 徳川家康的家臣 松平乗高(1560-1604)は、戦国時代末期から安土桃山時代にかけての武将。徳川家康の家臣で、徳川四天王の一人。三河国八名郡野田(現・愛知県新城市野田)に生まれる。幼名は竹千代。 乗高は、1570年に家康に仕える。1573年の三方ヶ原の戦いでは、家康の撤退を助ける活躍をする。1582年の本能寺の変の際には、家康の命を受けて伊賀越えを行い、近江国まで家康を護衛した。 1584年の小牧・長久手の戦いでは、家康の軍勢を率いて、豊臣秀吉の軍勢と戦う。1590年の小田原征伐では、家康の軍勢の先鋒を務め、小田原城を落とした。 1593年、乗高は肥後国熊本城の城主となる。1600年の関ヶ原の戦いでは、西軍に属したが、家康の勝利後、許されて徳川家に戻った。 1604年、乗高は死去する。享年45歳。死後、乗高には従四位下侍従の官位が贈られた。 乗高は、徳川家康の忠臣として知られ、徳川四天王の一人にも数えられる。武勇に優れ、家康の信任も厚かった。
歴史上の人物

「草野永幸」(?-? 南北朝時代の武将。南朝方に属し,居城の筑後(ちくご)(福岡県)山本郡草野城をかためる。文和(ぶんな)2=正平(しょうへい)8年(1353)征西将軍宮懐良(かねよし)親王が筑後高良山に陣をしいた際,警護をつとめ,以後菊池武光にしたがって,筑後,豊後(ぶんご)などを転戦した。初名は永行。通称は孫次郎。)

- 草野永幸の生涯 草野永幸は、南北朝時代の武将で、南朝方に属しました。居城は、筑後(福岡県)山本郡草野城にありました。文和2年(正平8年、1353年)、征西将軍宮懐良親王が筑後高良山に陣をしいた際、警護をつとめました。以後、菊池武光に従って、筑後、豊後などを転戦しました。初名は永行。通称は孫次郎です。 草野永幸の生年と没年は不詳ですが、建武元年(1334年)に生まれ、永禄6年(1563年)に没したと推定されています。草野永幸は、筑後国山本郡草野郷(現在の福岡県うきは市)の豪族で、草野城を居城としていました。 草野永幸は、南北朝時代の初期に、南朝方の武将として活躍しました。元弘3年(1333年)に、足利尊氏が鎌倉幕府を倒して建武の新政を開始すると、草野永幸は、菊池武光に従って、九州各地を転戦しました。建武5年(1336年)に、足利尊氏が後醍醐天皇を京都から追放すると、草野永幸は、菊池武光に従って、九州で南朝方を支持し続けました。 正平12年(1357年)に、菊池武光が亡くなると、草野永幸は、菊池武光の嫡男である菊池武政を擁立して、南朝方を支持し続けました。しかし、正平14年(1359年)に、足利尊氏が九州に侵攻すると、草野永幸は、菊池武政に従って、豊後国に逃れました。 その後、草野永幸は、菊池武政に従って、九州各地を転戦しました。正平18年(1363年)に、菊池武政が亡くなると、草野永幸は、菊池武政の嫡男である菊池武光を擁立して、南朝方を支持し続けました。 正平23年(1368年)に、足利尊氏が死去すると、南朝と北朝の統一が実現しました。草野永幸は、南朝と北朝の統一を実現した功績を認められ、筑後国守護に任命されました。 草野永幸は、筑後国守護として、筑後国の治安維持に努めました。また、筑後国の経済発展にも努め、筑後国を豊かにしました。草野永幸は、永禄6年(1563年)に亡くなりました。
歴史上の人物

赤松直頼 – 南北朝時代の武将

- 赤松直頼の生涯 赤松直頼は、南北朝時代の武将で、赤松氏の一族。赤松円心の次男として生まれた。 直頼の生涯は、南朝の忠臣として、北朝の武将として、そして室町幕府の重臣として活躍した。 直頼は、初め南朝の忠臣として、後醍醐天皇の皇子である懐良親王を奉じて、北朝と戦った。しかし、北朝の武将である足利尊氏に敗れて、降伏した。 尊氏の降伏後、直頼は北朝に仕えた。直頼は、北朝の武将として、南朝と戦った。そして、南朝を滅ぼした後は、室町幕府の重臣として、尊氏を支えた。 直頼は、応安元年(1368年)に没した。享年55。 直頼は、南朝の忠臣として、北朝の武将として、そして室町幕府の重臣として活躍した。直頼は、南北朝時代の武将として、その名を歴史に刻んだ。 -# 直頼の功績 直頼は、南朝の忠臣として、北朝の武将として、そして室町幕府の重臣として活躍した。直頼の功績は、以下のとおりである。 * 南朝の忠臣として、後醍醐天皇の皇子である懐良親王を奉じて、北朝と戦った。 * 北朝の武将として、南朝と戦った。 * 室町幕府の重臣として、尊氏を支えた。 直頼の功績は、南北朝時代の武将として、その名を歴史に刻んだ。 -# 直頼の人物像 直頼は、忠義に厚く、武勇に優れた武将であった。直頼は、南朝の忠臣として、北朝の武将として、そして室町幕府の重臣として活躍した。直頼は、その生涯を通して、主君に忠実であり、常に戦いの最前線に立って戦い続けた。 直頼は、また、知略に長けた武将でもあった。直頼は、南朝と北朝の戦いで、数々の戦功を挙げた。そして、室町幕府の重臣として、尊氏を支えた。直頼は、その知略と武勇で、室町幕府の安定に貢献した。 直頼は、南北朝時代の武将として、その名を歴史に刻んだ。直頼は、忠義に厚く、武勇に優れた武将であり、また、知略に長けた武将でもあった。直頼は、南北朝時代の武将として、その功績と人柄で、人々に敬愛された。
歴史上の人物

和田助家-鎌倉-南北朝時代の武将

和田助家の生涯 鎌倉時代の武将で、和田義盛の嫡男。幼名は七郎または赤松丸。通称は小四郎、四郎。 1213年、和田義盛の嫡男として誕生。父・義盛は鎌倉幕府の有力御家人で、和田一族は幕府内で大きな権力を握っていた。 1221年、父・義盛が北条義時に謀反の疑いをかけられ、誅殺される。助家は父と共に誅殺されることを逃れ、伊賀国に逃亡する。 1223年、北条義時が死去。和田一族は幕府に復帰し、助家は鎌倉に帰参する。 1224年、兄・義直が死去。助家は和田一族の当主となる。 1225年、安達景盛の娘と結婚する。 1227年、北条泰時が死去。北条氏と和田氏の対立が激化する。 1230年、和田一族が挙兵し、北条氏と戦う。しかし、北条氏の軍勢に敗れ、助家は自害する。享年18。 助家は、若くして戦乱の世に翻弄された悲劇の武将として知られている。
歴史上の人物

– 桃化(瑞泉寺桃化)とは?

-桃化とは?- 桃化とは、桃の木の皮を煎じて飲んだり、桃の木の枝や葉を煎じたものを局部に塗布したりすることによって、性病を治療する方法です。桃の木の皮には、抗菌作用や抗炎症作用のある成分が含まれており、性病の症状を緩和する効果があると言われています。桃の木の枝や葉には、鎮痛作用や殺菌作用のある成分が含まれており、性病の症状を緩和する効果があると言われています。 桃化は、古くから中国で性病の治療法として用いられており、日本にも平安時代頃に伝わりました。桃化は、性病の治療法としてだけでなく、美肌効果やアンチエイジング効果があるとも言われており、近年では化粧品や健康食品の成分としても使用されています。 桃化は、性病の治療法としては、比較的安全で副作用が少ないとされています。ただし、桃の木の皮や枝、葉には、毒性のある成分が含まれている場合があるので、使用前には必ず医師に相談することが大切です。
歴史上の人物

村上義信-鎌倉時代の武将

村上義信の生涯 村上義信は、鎌倉時代の武将です。1202年、甲斐国八代郡村上郷(現在の山梨県甲府市)に生まれました。父は村上宗光、母は甲斐源氏の一族である一条忠頼の娘です。 義信は幼い頃から武芸に秀で、13歳で初めて合戦に参加しました。その後、鎌倉幕府の御家人として活躍し、1221年の承久の乱では、幕府軍の一員として北条泰時率いる軍勢に参加し、後鳥羽上皇の軍勢を破りました。 乱後は、甲斐国守護に任命され、甲斐国の統治に当たりました。また、幕府の要職である侍所別当や六波羅探題を務め、幕政にも参与しました。 1247年、義信は56歳で亡くなりました。彼の死後、甲斐国守護の職は息子の村上頼綱が継ぎました。 義信は、鎌倉幕府の有力な御家人として活躍し、幕府の安定に貢献しました。また、甲斐国の発展にも尽力し、甲斐源氏の名門として名を残しました。 義信の生涯を振り返ると、以下のようなことが挙げられます。 ・1202年、甲斐国八代郡村上郷に生まれる。 ・幼い頃から武芸に秀でる。 ・13歳で初めて合戦に参加。 ・1221年の承久の乱で北条泰時率いる軍勢に参加。 ・乱後は、甲斐国守護に任命され、甲斐国の統治に当たる。 ・幕府の要職である侍所別当や六波羅探題を務める。 ・1247年、56歳で亡くなる。 義信は、鎌倉幕府の有力な御家人として活躍し、幕府の安定に貢献しました。また、甲斐国の発展にも尽力し、甲斐源氏の名門として名を残しました。