武田信虎

歴史上の偉人

– 小幡虎盛

小幡虎盛とは 小幡虎盛(おばた とらもり、生年不詳 - 永禄6年12月13日(1564年1月9日))は、戦国時代の武将。遠江国磐田郡小幡城を拠点とした国衆。氏郷流藤原姓小幡氏の当主、遠江守。 小幡虎盛の生涯 小幡虎盛の生年は不詳であるが、永正14年(1517年)に父・小幡昌盛が死去した際に家督を継いだと思われる。小幡氏は、遠江国磐田郡小幡郷(現在の静岡県磐田市小幡)を本拠とする国衆で、代々駿河国の今川氏に従っていた。 虎盛は、今川義元の重臣として数々の戦いに参加し、功績を挙げた。永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いでは、今川義元が織田信長に敗れ戦死したが、虎盛は生き延びて小幡城に帰還した。 永禄4年(1561年)、虎盛は武田信玄と同盟を結び、今川氏に対して謀反を起こした。しかし、今川氏の本拠地である駿府城を攻め落とすことができず、最終的に降伏した。 永禄6年(1564年)、虎盛は武田信玄の命により、徳川家康を攻め滅ぼすべく三河国に侵攻した。しかし、徳川家康の軍勢に敗れ、戦死した。 小幡虎盛の功績 小幡虎盛は、今川氏に従って数々の戦いに参加し、功績を挙げた。特に、永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いでは、今川義元を討ち取った織田信長軍と戦い、奮戦した。 また、虎盛は武田信玄と同盟を結んで今川氏に叛旗を翻し、駿府城を攻めた。しかし、最終的には降伏し、武田信玄の命により徳川家康を攻めたが、戦死した。 小幡虎盛の最期 永禄6年(1564年)、小幡虎盛は武田信玄の命により、徳川家康を攻め滅ぼすべく三河国に侵攻した。しかし、徳川家康の軍勢に敗れ、戦死した。 虎盛の死後、小幡氏は滅亡した。
歴史上の偉人

戦国の名将武田信玄の母、を読む「大井夫人」

大井夫人の生涯 大井夫人の生誕については史料が少なく不明な点が多い。 武田信玄は1521年に甲斐国守護・武田信虎と信虎の側室大井の方との間に生まれた。 大井夫人は、武田信玄の母の他、武田信繁、武田信廉、武田信実、武田信千代の母でもある。 甲斐源氏・武田信昌の長女として誕生し、信虎に嫁いだ。清心が強い女性で、夫・信虎と共に武田氏の一門を統率した。彼女は子女の教育にも力を入れ、特に信玄の教育には厳格だった。 信玄が12歳の時、信虎は病気を理由に隠居した。信玄は家督を継ぎ、大井夫人は隠居した信虎を支えた。 1541年、信虎は信玄を廃嫡し、信繁を家督にたてようとした。 しかし、大井夫人が信玄を擁護し、信繁の謀反を阻止した。 1543年、信虎は信玄を攻めたが、信玄はこれを撃退した。信虎は甲斐国を追放され、信玄は甲斐国の支配を確立した。 大井夫人は信玄の死後も甲斐国に残った。彼女は信玄の子どもたちの教育に力を入れ、武田氏の一門を支えた。 1567年、大井夫人は死去した。享年67歳。 彼女の死は武田氏に大きな衝撃を与え、武田氏の衰退を招いた。 大井夫人は、戦国の名将武田信玄の母として知られる。彼女は清心が強く、子女の教育にも力を入れ、武田氏の発展に貢献した。
歴史上の偉人

武田信顕 – 戦国から織豊時代にかけての武将

-武田信顕の生涯- 武田信顕は、戦国時代から織豊時代にかけての武将である。甲斐武田氏の家臣で、武田信玄の弟である。通称は弥三郎、官位は従五位下左京大夫。 信顕は、永正16年(1519年)に武田信虎の三男として生まれた。信玄の異母弟にあたる。幼名は三郎、のちに弥三郎を称した。信玄が家督を継ぐと、信顕は信玄の右腕として働いた。 天文11年(1542年)、信顕は信玄に従って諏訪侵攻に参加した。天文17年(1548年)、信玄に従って今川義元と戦い、桶狭間の戦いで今川軍を破った。永禄4年(1561年)、信玄に従って川中島で上杉謙信と戦い、川中島4度の戦いで功を挙げた。 元亀3年(1572年)、信玄が没すると、信顕は信玄の嫡男である武田勝頼を補佐した。天正10年(1582年)、織田信長が本能寺の変で横死すると、信顕は勝頼を説得して織田氏と和睦した。しかし、天正11年(1583年)、信顕は羽柴秀吉の軍勢に敗れて自害した。享年65。 信顕は、武勇に優れた武将であり、信玄の右腕として活躍した。しかし、勝頼の死後は、武田氏をまとめることができず、武田氏は滅亡した。
歴史上の偉人

板垣信形→ 戦国時代の甲斐武田氏の重臣

-板垣信形とは- 板垣信形(いたがき のぶかた)は、戦国時代の甲斐武田氏の重臣。武田四天王の一人。諱は信方、官途は甲斐守、侍従、弾正忠。甲斐国八代郡板垣郷(現在の山梨県笛吹市一宮町)出身。 信形は、武田信虎の代に仕え始め、信玄の代には譜代家老として重用された。武田信玄の弟武田信繁の岳父であり、信玄の叔父武田信縄やその子武田信豊とは従兄弟にあたる。 信形は、武勇に優れ、武田軍の主力部隊の一つである右翼軍団を率いた。また、優れた軍略家でもあり、武田氏の多くの戦いで活躍した。 信形は、永禄4年(1561年)の川中島合戦では、上杉謙信の軍勢を相手に奮戦し、武田軍の勝利に貢献した。 信形は、天正3年(1575年)の長篠の戦いで、武田軍が織田・徳川連合軍に大敗を喫した際、殿軍を務めて戦死した。
歴史上の偉人

武田信実(2)の歴史的功績と戦い

-武田信実(2)の生涯と背景- 武田信実は、室町時代前期の武将で、甲斐武田氏の第12代当主である。武田信昌の嫡男として生まれた。信実は幼い頃から聡明で、武芸にも秀でていた。15歳で元服し、武田氏の家督を継いだ。 信実が家督を継いだ頃は、甲斐国内は混乱しており、国内の諸将が争っていた。信実は、この混乱を収拾するために、国内の諸将を懐柔し、甲斐統一を進めた。また、信実は、甲斐の国境を固めるために、城を築いたり、道路を整備したりした。 信実は、甲斐統一を成し遂げた後、領国の拡大を図った。信実は、信濃国に侵攻し、諏訪氏を滅ぼして信濃の一部を領有した。また、信実は、駿河国に侵攻し、今川氏と戦った。しかし、信実は、今川氏を破ることができず、甲斐に撤退した。 信実は、甲斐に撤退した後、病に倒れ、急死した。信実の死後、武田氏は衰退し、甲斐国内は再び混乱に陥った。 武田信実は、甲斐統一を成し遂げた名将であり、甲斐武田氏の基礎を築いた。しかし、信実の死後、武田氏は衰退し、甲斐国内は再び混乱に陥った。
歴史上の偉人

天桂禅長 – 室町-戦国時代の曹洞宗僧

竜泉寺での修行と慈照寺での師事 天桂禅長は、室町-戦国時代の曹洞宗の僧です。諱は月清、号は禅長。 天桂禅長は、出雲の国人、尼子経久の三男として生まれました。母は、尼子氏家臣・山中幸盛の娘です。幼名は、孫四郎。 天桂禅長は、12歳の時に出雲国松江の竜泉寺に入寺し、修行を始めました。竜泉寺は、曹洞宗の古刹で、天桂禅長の祖父尼子経久によって開かれた寺です。天桂禅長は、竜泉寺で、禅の修行に励み、曹洞宗の教えを学びました。 16歳の時、天桂禅長は、京都の慈照寺に遊学し、以心崇伝の弟子である春屋妙葩に師事しました。慈照寺は、室町幕府の将軍足利義政によって開かれた寺で、曹洞宗の有力な寺でした。天桂禅長は、慈照寺で、禅の修行をさらに深め、曹洞宗の教えを学びました。 ※小見出し以外にも記載あり
歴史上の偉人

武田信繁 – 武田信玄の弟、そして良き相談役

- 武田信繁とは 武田信繁(たけだしげしげ)は、戦国時代の武将であり、武田信玄の弟です。信玄とは兄弟でありながら良き相談役として活躍し、武田家の中興の祖として知られています。 信繁は永正16年(1519年)に、武田信虎の次男として誕生しました。兄の信玄とは3歳違いで、幼い頃から共に育ちました。信繁は聡明で武勇に優れており、信玄の信頼も厚かったとされています。 信繁は信玄の父である信虎が信玄を廃嫡して家督を信繁に伝えようとした際、信玄を擁護して信虎を追放しました。これにより、信玄は武田家の家督を継ぐことができ、信繁は信玄の忠実な家臣として仕えることになりました。 信繁は武田家の重臣として、信玄の軍師として活躍しました。信玄は信繁の意見を重んじ、常に相談を持ちかけました。信繁は信玄の野望を理解し、それを支えました。 信繁は、信玄とともに数々の戦いに勝利し、武田家の版図を拡大しました。信玄は信繁の功績を高く評価し、信濃国の伊那郡と高遠郡を与えました。 信繁は、永禄4年(1561年)に川中島で行われた第四次川中島合戦で戦死しました。この合戦は、武田軍と上杉軍が戦った激戦であり、信繁は武田軍の総大将として出陣しました。信繁は、上杉軍の猛攻の前に戦死しましたが、その死は武田軍に大きな衝撃を与えました。 信繁の死は、武田家にとって大きな損失であり、武田家の衰退を招いたとされています。信繁は、武田信玄の弟であり、良き相談役として活躍した名将でした。
歴史上の偉人

飯富虎昌-武田氏の重臣として活躍した戦国武将

-飯富虎昌の生涯- 飯富虎昌は、戦国時代の武田氏の家臣です。甲斐国八代郡飯富郷(現在の山梨県笛吹市)を本拠とし、武田二十四将の一人に数えられました。 虎昌は、武田信玄の父である武田信虎に仕え、信州侵攻や信濃国への侵攻などで活躍しました。信虎が追放された後は、信玄に仕え、川中島の戦いなどに参加しました。 虎昌は、武田氏の名将として知られており、その勇猛果敢な戦いぶりは「飯富の鬼虎」と呼ばれていました。また、虎昌は、信玄の信頼が厚く、多くの重要な任務を任されていました。 永禄12年(1569年)、虎昌は、武田信玄の命により、伊達氏と同盟を結ぶため、東北地方に派遣されました。虎昌は、伊達氏との同盟を成功させ、武田氏の勢力拡大に貢献しました。 元亀3年(1572年)、虎昌は、武田信玄の命により、甲斐国と信濃国の国境にある鉢形城の城主となりました。虎昌は、鉢形城を拠点に、武田氏の領土を守りました。 天正元年(1573年)、武田信玄が没すると、虎昌は、信玄の長男である武田勝頼に仕えました。虎昌は、勝頼の重臣として、武田氏の勢力拡大に貢献しました。 天正10年(1582年)、武田氏が織田信長に滅ぼされると、虎昌は、勝頼とともに自害しました。虎昌は、武田氏の名将として、その名を残しました。
歴史上の偉人

武田信廉:戦国-織豊時代の武将の生涯と業績

-武田信廉の生い立ちと背景- 武田信廉(たけだしんれん)は、戦国-織豊時代の武将です。武田信玄の従弟であり、武田氏の一族として生まれました。武田信廉の父親は武田信繁(たけだしげしげ)であり、母親は不明です。武田信廉には武田信豊(たけしのぶとよ)という兄弟がいました。 武田信廉は、永禄2年(1559年)に武田信玄の養子となりました。武田信玄は、武田信廉の武勇を高く評価しており、武田信廉を自分の後継者にすることを考えていました。武田信廉は、武田信玄から武術や兵法を学び、武田家の武将として活躍しました。 元亀2年(1571年)、武田信玄が病死すると、武田信廉は武田家の家督を継ぎました。しかし、武田信廉は、武田信玄ほどの武勇や謀略はなく、武田家は弱体化していきました。武田信廉は、織田信長と同盟を結び、織田信長の支援を受けて武田家を維持しようとしましたが、天正10年(1582年)、織田信長が本能寺の変で横死すると、武田信廉は織田氏との同盟を解消しました。 武田信廉は、織田信長の死後、豊臣秀吉に臣従しました。豊臣秀吉は、武田信廉に信濃国上田城を与え、武田信廉は上田城を居城としました。武田信廉は、豊臣秀吉の配下として、九州征伐や小田原征伐に参加しました。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが勃発すると、武田信廉は徳川家康に味方しました。武田信廉は、徳川家康の勝利に貢献し、徳川家康から信濃国小諸城を与えられました。武田信廉は、元和3年(1617年)に死去しました。 武田信廉は、武田信玄の養子として武田家を継ぎ、豊臣秀吉や徳川家康に臣従して活躍した武将でした。武田信廉の生涯は、戦国-織豊時代の動乱の時代を反映しており、武田信廉の業績は、戦国-織豊時代の歴史を理解するために重要です。
歴史上の偉人

戦国大名の重臣-原虎胤-

-原虎胤-武田信虎,武田信玄に仕えた武将-- 原虎胤(はらとらたね)は、戦国大名の武田氏に仕えた武将です。武田氏の家臣団の中でも、特に武勇に優れ、知謀にも長けた人物として知られています。 原虎胤は、永正5年(1508年)に、甲斐国巨摩郡で生まれました。幼少期から、武芸の才能を発揮し、武田氏の家督を継いだ武田信虎に仕えるようになりました。 武田信虎は、原虎胤の武勇を高く評価し、重臣として重用しました。原虎胤は、武田氏の軍勢を率いて、数々の戦で勝利を収め、武田氏の領土を広げることに貢献しました。 武田信玄は、武田信虎の子であり、原虎胤は武田信玄の重臣として重用されました。原虎胤は、武田信玄の軍勢を率いて、川中島などの戦で勝利を収め、武田氏の勢力拡大に貢献しました。 原虎胤は、永禄10年(1567年)に、60歳で亡くなりました。原虎胤の死後、武田氏は衰退していきます。 原虎胤は、武田氏に仕えた武将の中で、最も武勇に優れ、知謀にも長けた人物の一人でした。原虎胤の活躍は、武田氏の勢力拡大に大きく貢献しました。
歴史上の偉人

武田信虎(1494-1574):戦国時代の甲斐の守護大名

武田信虎の生涯 武田信虎は、戦国時代の甲斐の守護大名です。武田信玄の父として知られています。 信虎は、1494年に武田信縄の嫡男として生まれました。1521年に信縄が死去すると、家督を継いで甲斐の守護大名となりました。 信虎は、戦国大名として数々の戦いに臨み、領土を拡大しました。1541年には、信濃の諏訪氏を滅ぼして諏訪地方を支配下に置きました。また、1548年には、越後の上杉謙信と川中島で戦いました(川中島合戦)。 しかし、信虎は、家臣団の不満を招き、1541年に家督を嫡男の武田信玄に譲りました。信玄は、父である信虎を追放し、信虎は、駿河の今川氏を頼りました。 信虎は、駿河で、今川氏と協力して、信玄と戦いましたが、1554年に和睦しました。その後、信虎は、甲斐に戻り、隠居しました。 信虎は、1574年に死去しました。享年は81歳でした。 信虎は、戦国大名として、数々の戦いに臨み、領土を拡大しました。しかし、家臣団の不満を招き、家督を嫡男の信玄に譲りました。信虎は、戦国時代の甲斐を代表する大名の一人です。
歴史上の偉人

今川氏輝1513-1536年戦国時代の武将

武勇に長けた戦国武将 今川氏輝は、戦国時代に駿河国を治めた戦国大名です。今川義元の子として生まれ、1526年に家督を継ぎました。氏輝は武勇に長けた武将として知られ、数々の戦いで勝利を収めました。 氏輝が最初に戦ったのは、1529年の花倉の乱です。この乱は、駿河国の有力国衆である花倉城城主・花倉重澄が、氏輝に対して反旗を翻したものです。氏輝は重澄の軍を破り、乱を鎮圧しました。 1532年には、氏輝は甲斐国の武田信虎と対戦します。この戦いは、信虎が駿河国に侵攻してきたことから始まりました。氏輝は信虎の軍を破り、信虎を甲斐国に撤退させました。 1536年には、氏輝は信濃国の村上義清と対戦します。この戦いは、村上義清が信濃国から駿河国に侵攻してきたことから始まりました。氏輝は村上義清の軍を破り、村上義清を信濃国に撤退させました。 氏輝は、これらの戦いで勝利を収めたことで、戦国大名としての名声を高めました。氏輝は、武勇に長けた武将であるだけでなく、政治にも優れた人物でした。氏輝は、駿河国を治めるにあたって、領民の生活を重視し、多くの政策を実施しました。氏輝の政策は、駿河国を繁栄させ、氏輝は領民から慕われていました。 氏輝は、1536年に早世しました。氏輝の死は、駿河国の大きな損失となりました。氏輝の後を継いだのは、息子の今川義元でした。義元は父である氏輝と同様に武勇に長けた武将であり、駿河国を繁栄させました。
歴史上の偉人

戦国武将の原昌俊:知勇兼備の甲斐の猛将

-知将として名を馳せた原昌俊- 原昌俊は、武田信玄の重臣であり、知勇兼備の武将として名を馳せた。昌俊は、永正10年(1513年)に甲斐国で生まれた。父は原虎胤、母は武田信虎の妹である。昌俊は幼少の頃から聡明で勇猛果敢な性格であり、早くから武田信玄にその才能を見出された。 昌俊は、武田信玄の側近として、数々の戦いで活躍した。特に、天文10年(1541年)の信濃侵攻では、昌俊が率いる軍勢が、村上義清の軍勢を撃破し、信濃を平定する大きな功績を上げた。また、永禄4年(1561年)の川中島合戦では、昌俊が率いる軍勢が、上杉謙信の軍勢を撃退し、武田軍の勝利に大きく貢献した。 昌俊は、武勇に優れていただけでなく、知将としても知られていた。昌俊は、常に武田信玄の相談役を務め、武田軍の戦略立案や戦術の決定に大きな役割を果たした。昌俊は、特に、奇襲や謀略を得意とし、敵を翻弄して勝利を収めた。 昌俊は、天正3年(1575年)に、武田信玄が死去すると、武田勝頼の重臣として引き続き武田氏を支えた。しかし、天正10年(1582年)に起こった本能寺の変により、武田氏は滅亡した。昌俊は、武田氏滅亡後、徳川家康に仕え、天正18年(1590年)に死去した。享年78。
歴史上の偉人

山県虎清の軌跡 ~武田氏の家臣として、その生と死~

乱世に生きた山県虎清 山県虎清は、武田信玄に仕えた武将で、その勇猛さから「武田の赤備えの鬼将」と称されました。 戦国時代の甲斐国に生まれ、幼い頃から武術を学び、弓矢や槍術に優れていました。 18歳のときに武田信玄に仕官し、以後、信玄の側近として数々の戦で活躍しました。 永禄4年(1561年)の川中島の合戦では、虎清は先鋒として敵陣に突撃し、大いに奮戦しました。 信玄の死後は武田勝頼に仕え、天正3年(1575年)の長篠の合戦では、虎清は武田軍の総大将として織田・徳川連合軍と戦いました。 しかし、織田・徳川連合軍の鉄砲隊の猛攻を受け、武田軍は大敗を喫し、虎清も戦死しました。 虎清の死は、武田氏の衰退を象徴するものでした。 虎清は、武田氏の家臣として、乱世に生きた武将でした。 その勇猛さは、後世に語り継がれています。
歴史上の偉人

平賀源心とは?戦国時代の武将の生涯と功績

-平賀源心の生い立ちと出自- 平賀源心は、戦国時代の甲斐国(現在の山梨県)武田信玄の重臣であり、信玄四天王の一人と呼ばれています。信玄の死後は武田家を支え続け、武田勝頼の滅亡後も生き延びましたが、最終的には徳川家康に仕え、江戸時代まで生き延びました。 平賀源心の出自については、諸説ありますが、甲斐国八代郡平賀庄(現在の山梨県笛吹市一宮町)の出身であることが有力視されています。父は、平賀忠勝または平賀頼勝、母は、武田信玄の叔父である武田信友の娘であるといわれています。源心は、幼い頃から武田家に出仕し、信玄の側近として仕えました。 信玄の死後は、武田勝頼を支え続けましたが、勝頼の滅亡後は徳川家康に仕えました。家康のもとでは、甲斐国の統治を任され、江戸幕府の成立に貢献しました。源心は、1614年に死去し、甲斐国八代郡平賀村(現在の笛吹市一宮町)にある平賀神社に葬られました。
歴史上の偉人

多田満頼 – 戦国時代の武将

- 多田満頼 - 戦国時代の武将 -# 美濃出身の武将 多田満頼は、戦国時代の武将です。美濃国出身で、斎藤道三に仕えました。斎藤利治の次男で、多田政済の養子となります。 斎藤道三は、美濃国の戦国大名です。1511年に斎藤妙椿の養子となって斎藤氏を継ぎ、1513年に美濃守護に任じられます。その後、美濃国内を統一し、1542年に岐阜城を築城しました。 多田満頼は、斎藤道三の重臣として活躍しました。1542年の天文の乱では、斎藤道三軍の主力として活躍し、美濃国守護代を拝命しました。1556年の長良川の戦いで斎藤道三が討たれると、斎藤義龍に仕えました。 斎藤義龍は、斎藤道三の嫡男です。1556年に斎藤道三が討たれると、家督を継いで美濃国を統一しました。1560年に上洛して足利義輝から叙任を受け、1561年に美濃国守護に任じられます。 多田満頼は、斎藤義龍の重臣として活躍しました。1560年の桶狭間の戦いでは、斎藤義龍軍の主力として活躍し、織田信長軍を破りました。しかし、1561年の美濃攻めで斎藤義龍が討たれると、織田信長に降伏しました。 多田満頼は、織田信長に仕えて、1567年の稲葉山城の戦いで活躍しました。1568年に織田信長が上洛すると、織田信長軍の主力として活躍し、京都を制圧しました。 多田満頼は、1570年に織田信長に叛旗を翻し、美濃国を占拠しました。しかし、織田信長軍に敗れて美濃国を追われました。その後、毛利輝元に仕えて、1573年に備中高松城の戦いで活躍しました。 多田満頼は、1575年に毛利輝元に背いて、織田信長に降伏しました。その後、織田信長の家臣として活躍し、1582年の本能寺の変で討たれました。
歴史上の偉人

「横田高松」

-「横田高松」人物概要- * 本名横田 高松(よこた たかまつ) * 生年月日1887年11月20日 * 出生地愛知県碧南市 * 没年月日1956年10月26日 * 享年69歳 * 職業政治家 * 政党立憲民政党、日本自由党、民主自由党 * 衆議院議員在任期間1920年5月10日 - 1946年4月10日 * 内閣総理大臣在任期間1929年7月2日 - 1931年4月14日 * その他の役職文部大臣、農林大臣、大蔵大臣、外務大臣 -人物像- 横田高松は、1887年に愛知県碧南市に生まれる。立憲民政党の政権に期待を寄せて、1920年の第14回衆議院議員総選挙に立候補し当選する。1929年に浜口雄幸内閣で文部大臣に任命され、1931年には第29代内閣総理大臣に就任する。内閣総理大臣在任中には、金解禁政策を実施し、世界恐慌への対応に努める。しかし、金解禁政策は経済に悪影響を及ぼし、1931年に満州事変が勃発すると退陣に追い込まれる。その後は野党として政府を批判し、1946年に政界を引退する。1956年に死去する。 横田高松は、自由主義を信奉する政治家で、議会制民主主義の確立を目指していた。また、社会政策にも熱心で、労働者や農民の生活改善に努めていた。その一方で、金解禁政策や満州事変への対応など、多くの失敗も犯している。 -業績- 横田高松の業績としては、次のようなものがある。 * 文部大臣として、学校教育の改革や大学教育の充実を図る。 * 農林大臣として、農産物価格の安定化や農村振興政策を推進する。 * 大蔵大臣として、金解禁政策を実施する。 * 外務大臣として、日ソ基本条約の締結に尽力する。 横田高松は、日本の近代化に貢献した政治家の一人である。