武蔵野女子大学

作家

松本徹-昭和後期から平成時代にかけて活躍した文芸評論家

昭和8年8月19日に北海道で生まれた松本徹は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した文芸評論家です。彼は、東京大学文学部を卒業後、新聞社に勤務しましたが、その後、文筆業に専念するようになりました。 松本徹の評論は、鋭い洞察力と豊かな文才で知られていました。彼は、日本の近代文学や現代文学を論じた多くの評論を発表しましたが、その中でも特に注目されるのは、昭和50年に発表された「昭和文学史」です。この評論は、昭和時代の文学を総括したもので、その後の昭和文学研究に大きな影響を与えました。 松本徹は、評論家としてだけでなく、小説家としても活躍しました。彼の小説は、人間の内面を深く掘り下げたもので、多くの読者に共感されました。代表作としては、「砂の女」や「風の歌を聴け」などがあります。 松本徹は、昭和60年に亡くなりましたが、彼の作品は今もなお多くの人々に読み継がれています。彼は、昭和文学を代表する作家の一人であり、その功績は高く評価されています。
研究者

ー早島鏡正

-早島鏡正の生涯- -生い立ちと学生時代- 早島鏡正は、1894年(明治27年)、岡山県浅口郡早島村(現・早島町)に生を受ける。幼い頃から秀才の誉れが高く、早島尋常小学校、岡山県立第一中学校(現・岡山県立岡山朝日高等学校)を経て、1915年(大正4年)に東京帝国大学法科大学(現・東京大学法学部)に入学。在学中は、民法を専攻し、後に民法学の泰斗となる末弘厳太郎教授に師事。 -司法官としての経歴- 1918年(大正7年)に東京帝国大学を卒業し、司法官試験に合格。東京地方裁判所、東京高等裁判所、大審院(現・最高裁判所)などの裁判所で判事として勤務。在大審院時代は、民法、商法、民事訴訟法などの分野で多くの判決を手がけ、その裁判官としての力量は高く評価された。 -学界での活躍と法改正への貢献- 1932年(昭和7年)に東京帝国大学法科大学教授に就任。民法、商法、民事訴訟法などを講義し、多くの法曹界人を育成。また、法制審議会委員として、民法、商法、民事訴訟法などの法改正にも携わり、日本の法制の発展に貢献。 -戦後の活躍と晩年- 戦後は、法制審議会会長、最高裁判所長官、司法大臣などを歴任。特に、最高裁判所長官時代には、戦後の司法制度の再建に尽力。1959年(昭和34年)には、法学における業績が評価され、文化勲章を受章。1960年(昭和35年)に退官後も、法曹界での活動は続き、1969年(昭和44年)に93歳で死去。 早島鏡正は、近代日本の法曹界を代表する人物の一人であり、その生涯は、日本の法制の発展に大きく貢献したと評される。
作家

大河内昭爾 – 文芸評論界の巨人

-文芸評論家として活躍した大河内昭爾- 大河内昭爾は大正5年(1916年)に東京に生まれ、昭和62年(1987年)に亡くなった文芸評論家です。東京帝国大学文学部国文科を卒業後、朝日新聞社に入社し、文芸部記者として活躍しました。その後、日本大学芸術学部教授、東京大学教養学部教授を歴任し、昭和49年(1974年)に日本芸術院会員に選出されました。 大河内昭爾は、文芸評論家として活躍しただけでなく、小説家、詩人、脚本家としても活躍しました。また、映画評論家としても知られ、昭和34年(1959年)にキネマ旬報ベストテンの創設に携わりました。 大河内昭爾の文芸評論は、文学作品の分析と解釈に重点を置いたもので、その鋭い洞察力と豊かな想像力は多くの読者を魅了しました。また、大河内昭爾は、文学史や文学理論にも通じており、その評論は文学研究者にも高く評価されています。 大河内昭爾は、日本の文芸評論界に大きな貢献をした人物であり、その功績は今もなお高く評価されています。
歴史上の偉人

後藤環爾-明治初期から昭和初期にかけて貢献した僧侶

-後藤環爾の生涯- 後藤環爾は、明治2年(1869年)10月3日に、石川県金沢市で生まれた。幼名は亀吉。本願寺の寺子屋で学び、12歳の時に得度して「環爾」と名を改めた。その後、京都の龍谷大学で仏教の研鑽を積んだ。 大学卒業後は、曹洞宗の僧侶として活動を始め、明治34年(1901年)には、日本仏教青年会を設立した。この青年会は、仏教の普及と社会改革を目指して活動し、多くの若者たちを惹きつけた。 大正元年(1912年)には、曹洞宗の管長に就任し、宗務を統理した。また、大正10年(1921年)には、帝国議会に勅選議員として出馬し、当選した。在任中は、教育、社会問題、国際問題など、幅広い分野で活躍した。 大正15年(1926年)には、曹洞宗管長を辞任し、昭和2年(1927年)には、帝国議会も辞職した。その後は、執筆活動に専念し、仏教に関する多くの著作を残した。 昭和16年(1941年)には、病のため死去した。享年73。 後藤環爾は、明治初期から昭和初期にかけて活躍した僧侶であり、仏教の普及と社会改革に貢献した人物である。その功績は、現在も高く評価されている。
研究者

前田專學 – 昭和後期から平成時代のインド哲学者

-前田專學の経歴と生涯- 前田專學は、1918年に兵庫県に生まれました。彼は、京都帝国大学で哲学を学び、1943年に卒業しました。その後、同大学の講師として教鞭をとりました。1949年に、彼はインドに留学し、ベンガル大学でサンスクリット語を学びました。1952年に帰国後は、京都大学の教授として教鞭をとりました。1969年に、彼は京都大学を退職し、インドに渡りました。1970年に、彼はバナーラス・ヒンドゥー大学で教授として教鞭をとりました。1974年に、彼はインド哲学会の会長に就任しました。1989年に、彼はインド哲学会の名誉会員に選ばれました。1994年に、彼はインドで亡くなりました。 前田專學は、インド哲学の研究に大きな貢献をしました。彼は、インド哲学の文献を翻訳し、解説しました。また、インド哲学の思想を現代の哲学の観点から解釈しました。彼の研究は、インド哲学の理解に大きな影響を与えました。 前田專學は、インド文化にも大きな貢献をしました。彼は、インドの宗教や文化を紹介する講演会やシンポジウムを数多く開催しました。また、インドの伝統音楽や舞踊を日本に紹介しました。彼の活動は、インド文化の理解に大きな影響を与えました。 前田專學は、インド哲学とインド文化の研究に生涯を捧げた偉大な学者でした。彼の研究と活動は、インド哲学とインド文化の理解に大きな貢献をしました。