武蔵野美大教授

芸術家

– 麻生三郎

麻生三郎の生涯 麻生三郎は、1940年8月20日に福岡県に生まれた。父は元大蔵大臣の麻生太郎、母は麻生泰子。麻生三郎は、3人兄弟の次男として育った。 麻生三郎は、1959年に慶應義塾大学経済学部に入学した。大学卒業後は、三菱重工業に就職した。三菱重工業では、主に原子力発電所の設計を担当した。1972年に、麻生三郎は家業の麻生セメントに入社した。麻生セメントでは、主に経営を担当した。 1986年、麻生三郎は46歳の若さで麻生セメントの社長に就任した。社長就任後は、麻生セメントの経営を立て直し、同社を業界トップ企業に育て上げた。1994年には、麻生三郎は政界に進出した。衆議院議員選挙に出馬し、当選した。麻生三郎は、自民党に所属し、数々の閣僚を歴任した。 2008年、麻生三郎は第92代内閣総理大臣に就任した。しかし、麻生三郎の政権は短命に終わった。翌年の2009年、衆議院議員選挙で自民党は惨敗し、麻生三郎は退陣を余儀なくされた。 2012年、麻生三郎は政界を引退した。現在は、麻生グループの会長を務めている。麻生三郎は、政界引退後も精力的に活動しており、講演会や執筆活動などを行っている。 麻生三郎の生涯は、まさに波瀾万丈であった。家業を立て直し、政界に進出し、内閣総理大臣にまで上り詰めた。しかし、その一方で、政権は短命に終わり、政界を引退することになった。それでも、麻生三郎はくじけることなく、現在も精力的に活動している。麻生三郎の生涯は、まさに日本人の鑑である。
芸術家

菱田安彦 – 彫金と装身具デザインの国際的巨匠

-# 国際的な活躍を続ける彫金と装身具デザインの巨匠 菱田安彦は、国際的に活躍する彫金と装身具デザインの巨匠です。1931年、東京都に生まれ、東京藝術大学工芸科金属彫金専攻を卒業後、渡独。ミュンヘン工科大学彫金科で学び、1958年に同大学卒業。ドイツ政府奨学金を得て、1960年まで同大学に留学しました。 日本に帰国後は、東京藝術大学工芸科教授に就任し、1994年まで在職。その間、1976年には、日本工芸会正会員に選出され、1983年には、日本工芸会常務理事に就任。また、1986年には、日本工芸会理事長に就任し、1990年まで在職しました。 菱田安彦の作品は、国内外の美術館や博物館に収蔵されており、その独創的なデザインと卓越した技術は、世界中から高く評価されています。特に、ジュエリーのデザインにおいては、その独創性が際立っており、多くの著名人が愛用しています。 菱田安彦は、国際的に活躍する彫金と装身具デザインの巨匠として、その地位を確立しています。その独創的なデザインと卓越した技術は、これからも世界中の人々を魅了し続けることでしょう。
芸術家

麻田鷹司 – 忘れ去られた昭和の日本画家

-麻田鷹司の生涯と芸術- 麻田鷹司は、昭和初期に活躍した日本画家です。1895年(明治28年)に東京に生まれ、1977年(昭和52年)に亡くなりました。 麻田鷹司は、1918年(大正7年)に東京美術学校(現・東京藝術大学)を卒業しました。卒業後は、日本画壇で活躍し、1931年(昭和6年)に帝展(帝国美術展覧会)に初入選を果たしました。 1940年(昭和15年)には、日本美術院の会員となり、1946年(昭和21年)には、日本芸術院の会員となりました。日本芸術院会員となったのは、31歳の若さでした。 麻田鷹司は、花鳥画を得意としました。花鳥画とは、花や鳥を題材にした絵画のことで、日本画の伝統的なジャンルの一つです。 麻田鷹司の花鳥画は、写実的な描法と、華やかな色彩が特徴です。また、麻田鷹司は、花鳥画に独自の視点を取り入れ、新しい表現を追求しました。 麻田鷹司の作品は、国内外の美術館に収蔵されています。また、麻田鷹司の画集も数多く出版されています。 麻田鷹司は、昭和初期に活躍した代表的な日本画家の一人です。麻田鷹司の作品は、現在でも多くの人々に愛されています。
芸術家

「中間冊夫」(1908-1985 昭和時代の洋画家)

-中間冊夫の経歴- 中間冊夫は、1908年(明治41年)12月25日、愛媛県松山市に生まれた。松山中学校(現在の松山東高等学校)卒業後、1928年(昭和3年)に上京し、東京美術学校(現在の東京藝術大学)に入学する。1932年(昭和7年)に卒業後、絵画製作を始める。1933年(昭和8年)に女子美術学校の助教授に就任し、1938年(昭和13年)には教授に昇任する。1945年(昭和20年)には、戦災により自宅が焼失したため、疎開先の愛知県名古屋市に移る。1949年(昭和24年)には、日本美術院の会員に推挙される。1950年(昭和25年)には、第1回新制作展に出品し、入選を果たす。その後も、新制作展に出品を続け、1956年(昭和31年)には、新制作展の審査員に就任する。1964年(昭和39年)に、東京芸術大学教授に就任し、1973年(昭和48年)には、東京芸術大学学長に就任する。1985年(昭和60年)11月26日、東京都内の病院で死去した。享年76。 中間冊夫は、風景画や人物画、静物画など、幅広いジャンルで作品を制作した。その作風は、写実主義的な描写を基調としながらも、柔らかく繊細なタッチが特徴的である。また、中間冊夫は、油彩画だけでなく、日本画や水彩画なども制作した。 中間冊夫は、1933年(昭和8年)に女子美術学校の助教授に就任して以来、長年にわたって教鞭をとった。その影響を受けた画家は多く、戦後日本の洋画界を代表する画家の一人として知られている。
芸術家

松樹路人ー自由な画風に魅せられた洋画家ー

松樹路人の芸術の軌跡 松樹路人(まつきろじん、1865-1934)は、明治から昭和にかけて活躍した日本の洋画家である。 松樹路人は、1865年に東京に生まれた。東京美術学校(現在の東京藝術大学)を卒業後、1893年に渡欧し、ドイツやフランスで学んだ。 1900年に帰国後は、東京美術学校で教鞭を執った。日本での洋画の先駆者の一人として、数多くの作品を発表した。 松樹路人の作品は、自由な画風が特徴である。西洋の画風に学びながらも、日本の伝統的な美意識を取り入れ、独自の画風を確立した。 松樹路人の代表作には、「花束を抱く少女」「白馬に乗る騎士」「波の図」などがある。 これらの作品は、いずれも色彩豊かで、力強い筆致で描かれており、松樹路人の芸術性の高さを示している。 松樹路人は、1934年に東京で死去した。享年69。 松樹路人の作品は、現在も東京国立近代美術館や京都国立近代美術館などに所蔵されている。 松樹路人の芸術は、日本洋画史において重要な位置を占めている。 松樹路人は、西洋の画風に学びながらも、日本の伝統的な美意識を取り入れ、独自の画風を確立した。 松樹路人の作品は、色彩豊かで、力強い筆致で描かれており、彼の芸術性の高さを示している。 松樹路人の芸術は、後世の洋画家に大きな影響を与えた。
芸術家

– 三林亮太郎

-三林亮太郎の生涯と功績- 三林亮太郎(1875年 - 1944年)は、日本の実業家、政治家。戦前の日本を代表する財界人と政治家として活躍し、戦後の日本経済の基礎を築いた人物の一人である。 -生い立ちと青年時代- 三林亮太郎は、1875年に兵庫県姫路市に生まれた。父は酒造業を営む裕福な商人であった。三林は幼い頃から聡明で、成績優秀であった。15歳で慶應義塾大学予科に入学し、19歳で卒業した。その後、東京帝国大学法学部に進学し、1900年に卒業した。 -実業家として- 東京帝国大学卒業後、三林は三井物産に入社した。三井物産は、日本の財界を代表する総合商社であり、三林はそこで急速に出世した。1913年には、三井物産の取締役となり、1919年には、社長に就任した。 三林は、三井物産の社長として、積極的な経営改革を行い、同社の発展に貢献した。三林は、三井物産を単なる商社ではなく、産業の近代化を推進する総合商社へと変革した。三林は、三井物産を通じて、日本の産業の発展に大きく貢献した。 -政治家として- 三林亮太郎は、実業家として成功した後、政治家として活躍した。1920年に、三林は衆議院議員に当選し、1924年には、商工大臣に就任した。商工大臣として、三林は日本の産業の発展に尽力した。三林は、日本の産業を近代化し、国際競争力を高めるために、さまざまな政策を打ち出した。三林の政策は、日本の産業の発展に大きく貢献した。 三林亮太郎は、1944年に東京で死去した。享年69。三林は、日本の実業家、政治家として、日本の経済発展に大きく貢献した偉大な人物であった。
芸術家

田中忠雄:キリスト教を主題とした作品で知られる洋画家

田中忠雄の生涯と芸術 田中忠雄は、1883(明治16)年1月16日、京都市下京区に生まれた。父は警察官、母は元芸者であった。10歳の時、キリスト教に入信し、洗礼を受ける。その後、京都市立第一中学校に進学し、在学中にキリスト教美術を志す。 1901(明治34)年、東京美術学校西洋画科に入学する。在学中に青山学院大学神学部にも学び、キリスト教思想に傾倒する。1905(明治38)年に美術学校を卒業後、フランスに留学し、アカデミー・ジュリアンやコレージュ・ド・フランスで学ぶ。 1913(大正2)年に帰国し、東京美術学校助教授に就任する。1919(大正8)年に渡米し、ボストン美術館やメトロポリタン美術館で作品を展示する。1920(大正9)年に帰国し、京都市立絵画専門学校教授に就任する。 1924(大正13)年、田中は「十字架」という作品を発表する。この作品は、キリストが十字架にかけられている様子を描いたもので、強い写実性と宗教的な精神性が融合した田中忠雄の代表作として知られている。 1931(昭和6)年、田中は京都市立絵画専門学校を辞任し、フリーの画家として活動する。1934(昭和9)年、文展に出品した「受胎告知」という作品で特選を受賞する。1937(昭和12)年には、日本美術院展に出品した「キリスト降誕」という作品で文部大臣賞を受賞する。 田中忠雄は、1945(昭和20)年8月6日、広島市で被爆する。被爆後も絵を描き続け、1948(昭和23)年に「原爆の図」という作品を発表する。「原爆の図」は、原爆の被害を告発する作品として知られており、現在も広島平和記念資料館に所蔵されている。 田中忠雄は、1966(昭和41)年12月24日、京都市で死去した。享年83歳。田中忠雄の作品は、写実性と宗教的な精神性が融合した独自の作風で知られており、日本の洋画史に重要な足跡を残した画家として評価されている。
芸術家

芸術院賞受賞~木下繁の彫刻作品~

彫刻家の木下繁 木下繁は、1930年に広島県に生まれ、現在は東京都に住む彫刻家です。東京藝術大学を卒業後、彫刻の道に進み、1965年に東京芸術大学大学院を修了しました。木下氏の作品は、金属や石、木などの素材を用いて、抽象的な形や有機的な形を表現しています。木下氏の作品は、日本国内だけでなく、海外でも高く評価されており、多くの美術館やギャラリーで展示されています。 木下氏は、これまで多くの賞を受賞しており、その中には、1987年に受賞した第1回芸術院賞も含まれています。芸術院賞は、日本の芸術分野で活躍する優れた芸術家に贈られる賞で、木下氏は彫刻部門で受賞しました。木下氏は、芸術院賞の受賞を機に、さらに精力的に制作活動に取り組むようになりました。 木下氏の作品は、その独自の表現方法で人々を魅了しています。木下氏の作品は、一見すると抽象的な形をしているように見えますが、よく見ると、その中に有機的な形や自然の要素が取り入れられています。木下氏は、自分の作品について、「私は自然の形や動きからインスピレーションを得て、それを抽象的な形に表現しています」と語っています。 木下氏の作品は、日本国内だけでなく、海外でも高く評価されており、多くの美術館やギャラリーで展示されています。木下氏の作品は、その独自の表現方法で人々を魅了し、今後もますます注目を集めることでしょう。
研究者

瀬戸慶久-西洋美術史学者

-瀬戸慶久の生涯と功績- 瀬戸慶久は、1932年(昭和7年)12月23日に東京都に生まれた西洋美術史学者であり、東京大学名誉教授である。専門は、イタリア美術史、ルネサンス美術史、西洋美術史における日本の役割などである。 瀬戸慶久は、1956年(昭和31年)に東京大学文学部西洋史学科を卒業した後、大学院に進学して西洋美術史を専攻した。1961年(昭和36年)に東京大学大学院人文科学研究科博士課程を満期退学して、同年より東京大学文学部助手となった。1966年(昭和41年)に東京大学文学部助教授に昇進し、1974年(昭和49年)に東京大学文学部教授に昇任した。 瀬戸慶久は、1988年(昭和63年)に東京大学文学部を定年退官し、名誉教授となった。その後は、東京藝術大学美術学部教授、イタリア学会会長、日本西洋美術史学会会長、日本学術会議会員などを歴任した。 瀬戸慶久は、ルネサンス美術史の研究で知られており、著書には『ルネサンス美術史』『イタリア美術史』『図説西洋美術史』『西洋美術史入門』『西洋美術史年表』などがある。また、瀬戸慶久は、西洋美術史における日本の役割についても研究しており、著書には『日本人の西洋美術史観』『西洋美術史における日本人の足跡』『日本の西洋美術史研究史』などがある。 瀬戸慶久は、2019年(令和元年)12月23日に死去した。享年87歳であった。
芸術家

芳武茂介

-芳武茂介の生涯- 芳武茂介(よしむ・もすけ、1890年11月20日 - 1985年9月11日)は、日本の政治家であり、外交官である。衆議院議員を10期務め、その間、外務政務次官、外務大臣、副総理を歴任した。 芳武茂介は1890年11月20日、石川県石川郡深谷村(現・能美市)に生まれた。1915年、東京帝国大学法学部を卒業し、外務省に入省した。1921年、外交官試験に合格し、フランス、ドイツ、イギリスに駐在した。 1936年、芳武は衆議院議員に当選した。1940年、外務政務次官に任命された。1941年、外務大臣に任命されたが、1942年に辞任した。1946年、再び外務大臣に任命されたが、1947年に辞任した。 1948年、芳武は副総理に任命された。1952年、衆議院議員を辞職した。1985年9月11日、東京都にて死去した。享年94歳。 芳武茂介は、日本の外交政策に大きな影響を与えた人物である。彼は、日米関係の改善に努め、日本の国際的地位の向上に貢献した。また、彼は、アジア諸国との関係の強化にも努めた。 芳武茂介は、日本の外交政策に大きな影響を与えた人物である。彼は、日米関係の改善に努め、日本の国際的地位の向上に貢献した。また、彼は、アジア諸国との関係の強化にも努めた。
芸術家

彫刻家 加藤昭男の紹介

-加藤昭男の経歴と生涯- 加藤昭男は、1930年(昭和5年)1月1日に東京都に生まれました。1953年(昭和28年)に東京藝術大学彫刻科を卒業し、1956年(昭和31年)に同大学の研究生を修了しました。1957年(昭和32年)には、フランス政府給費留学生としてフランスに渡り、1961年(昭和36年)まで滞在しました。 フランス滞在中に、加藤昭男はアトリエ17のスタンリー・ウィリアム・ヘイターと出会い、銅版画を学びました。また、彫刻家オスカー・ザッキンに師事し、彫刻の技法を磨きました。 1961年(昭和36年)に帰国後は、東京藝術大学彫刻科の助教授に就任し、1969年(昭和44年)には同大学の教授に昇進しました。1975年(昭和50年)には、日本芸術院会員に選出されました。 1985年(昭和60年)、加藤昭男は東京藝術大学を定年退官し、名誉教授の称号を授与されました。退官後は、彫刻制作に専念し、1994年(平成6年)に文化功労者に選出されました。 2000年(平成12年)12月21日、加藤昭男は東京都の自宅で逝去しました。享年70歳でした。 加藤昭男は、日本を代表する彫刻家であり、その作品は国内外の美術館に収蔵されています。彼の作品は、力強くダイナミックであり、生命の鼓動を感じさせるものが多いです。また、加藤昭男は銅版画の分野でも活躍し、その作品は高く評価されています。
芸術家

向井良吉:抽象彫刻を代表する芸術家とマネキンのパイオニア

美術界と業界の発展に貢献した芸術家 向井良吉は、日本の美術界と業界の発展に貢献した芸術家の一人です。1960年代に日本で抽象彫刻を代表する芸術家として活躍し、また、マネキンのパイオニアとしても知られています。 向井良吉は、1928年に東京で生まれました。幼少期から絵を描くことが好きで、大学時代に美術を専攻しました。卒業後は、美術教員として働きながら、彫刻の制作を続けました。 1960年代に入り、向井良吉は抽象彫刻の制作に本格的に取り組むようになりました。彼の作品は、金属や木材などの素材を用いて、有機的なフォルムを表現したものでした。これらの作品は、日本の美術界で高い評価を受け、数多くの賞を受賞しました。 向井良吉は、1968年に渡米し、ニューヨークで活動を続けました。そこで彼は、マネキンの制作を開始しました。向井良吉のマネキンは、従来のマネキンとは異なり、リアルな人間のようなフォルムをしており、芸術作品として高い評価を受けました。彼のマネキンは、世界中の百貨店や美術館に設置され、大きな話題となりました。 向井良吉は、1998年にニューヨークで亡くなりました。しかし、彼の作品は現在でも世界中の美術館やギャラリーで展示されており、多くの人々に愛されています。 向井良吉は、美術界と業界の発展に貢献した偉大な芸術家でした。彼の作品は、日本の美術界に大きな影響を与え、マネキンの世界にも革新をもたらしました。彼の作品は、これからも多くの人々に愛され続け、美術界と業界の発展に貢献し続けることでしょう。