歴史上の偉人

「喜早清在」について

喜早清在の生涯 喜早清在は、1539年に丹後国(現在の京都府北部)で生まれたとされています。父は丹後守護代・細川頼春、母は細川頼春に仕える小坂清綱の娘です。幼名は「清貞」と言いましたが、後に「清在」と改名しました。 喜早清在は、幼い頃から剣術や馬術、弓術など武芸全般に秀でていました。1559年に元服してからは、細川頼春に仕えて数々の戦いで活躍しました。1563年には、丹後で挙兵した赤井直正を破り、丹後の平定に貢献しました。 1565年、細川頼春が三好三人衆に攻められて自害すると、喜早清在は細川家の家臣団を率いて三好三人衆と戦いました。しかし、三好三人衆は勢力が強く、喜早清在は丹後から播磨国(現在の兵庫県南部)に逃亡しました。 1567年、織田信長が播磨に侵攻すると、喜早清在は織田信長に臣従しました。織田信長は、喜早清在の武勇を気に入り、丹後の平定を命じました。喜早清在は、織田信長の命令を受けて丹後に帰国し、赤井直正を破って丹後の平定に成功しました。 1570年、喜早清在は丹後一国を与えられて丹後守護に任命されました。喜早清在は、丹後守護として丹後の統治に努め、領内の治安を回復させました。また、丹後の文化振興にも尽力し、丹後の地に寺社を建立しました。 1573年、織田信長が越前国(現在の福井県)の朝倉義景を攻めると、喜早清在は織田信長に従って越前に出陣しました。喜早清在は、織田信長の軍勢とともに朝倉義景を破り、越前平定に貢献しました。 1582年、本能寺の変で織田信長が死去すると、喜早清在は丹後国に帰国しました。喜早清在は、丹後国で独立して勢力を維持しようとしましたが、豊臣秀吉に攻められて降伏しました。喜早清在は、豊臣秀吉に臣従して丹後国を与えられ、丹後国を統治しました。 1595年、喜早清在は死去しました。喜早清在の死後、丹後は豊臣秀吉の直轄地となりました。