歴史

歴史上の人物

「宇佐美定行」について

-宇佐美定行の生涯- 宇佐美定行(生年不明~1217年)は、鎌倉時代初期の武将。宇佐美氏初代当主。通称は四郎。相模国住人。父は宇佐美全成。 宇佐美定行は相模国宇佐美郷の地頭であり、相模国守護・北条時政の家人であった。治承4年(1180年)、平氏政権打倒の挙兵をした源頼朝に属し、石橋山の戦いで北条時政に従って活躍する。頼朝が伊豆国から相模国に侵攻した際には、北条時政の命に従い、頼朝に降伏する。治承5年(1181年)、頼朝が鎌倉に入ると、御家人として仕え、頼朝の側近として活躍する。 文治元年(1185年)、頼朝が奥州藤原氏を討伐するために奥州に侵攻した際には、定行もこれに随行し、一ノ谷の戦いで活躍する。文治5年(1189年)、頼朝が上洛した際には、定行もこれに随行し、京都で頼朝の警護を務める。 建久3年(1192年)、頼朝が亡くなると、定行は頼朝の遺児である頼家と実朝の後見人となる。建久7年(1196年)、頼家が北条時政によって失脚させられると、定行もまた失脚する。 正治2年(1200年)、頼家が北条時政によって殺害されると、定行は北条氏と敵対する。建仁3年(1203年)、北条時政が失脚すると、定行は頼家の遺児である実朝を擁立して鎌倉幕府を再興する。 元久2年(1205年)、定行は北条氏と和睦し、鎌倉幕府の御家人となる。建暦7年(1217年)、定行は鎌倉で死去する。享年不詳。 宇佐美定行は、頼朝に仕えて活躍した武将であり、鎌倉幕府の創設に貢献した人物である。定行の死後、宇佐美氏は相模国を拠点として勢力を拡大し、鎌倉幕府の重臣として活躍する。
歴史上の人物

– 荒木田大学の生涯と思想

-名君に仕えた荒木田末寿の功績- 荒木田末寿は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将です。甲斐国の武田信玄に仕えたことで知られます。名君として知られる武田信玄に仕えた末寿は、様々な功績を残しました。 末寿の最も有名な功績の一つは、武田軍の軍師として活躍したことでしょう。末寿は、武田軍の作戦を立案し、敵の動きを先読みして武田軍を勝利に導きました。特に、永禄4年(1561年)の第四次川中島の戦いでは、末寿の軍略により、武田軍は上杉軍に大勝しました。 また、末寿は武田軍の外交官としても活躍しました。末寿は、武田信玄の命を受けて、他国との交渉を行いました。特に、越後国の上杉謙信との交渉では、末寿の外交手腕によって、武田・上杉両軍の和睦が成立しました。 さらに、末寿は武田軍の行政官としても活躍しました。末寿は、武田信玄の命を受けて、甲斐国の統治を行いました。末寿は、甲斐国の領民に恩恵を与える政策を実施し、甲斐国を繁栄させました。 このように、荒木田末寿は、武田信玄に仕えて、様々な功績を残しました。末寿は、武田軍の軍師、外交官、行政官として活躍し、甲斐国を繁栄させました。
歴史上の人物

「常磐」

- 常磐御前(ときわごぜん) -# 常磐御前とは 常磐御前は、南北朝時代の女官である。彼女は、足利尊氏の正室である北条時政の娘であり、足利義詮、足利基氏、足利直義の母である。 常磐御前の生涯については、あまり多くのことが知られていない。彼女は、元弘3年(1333年)に鎌倉幕府の滅亡とともに尊氏に従って京都に上洛した。建武3年(1336年)に尊氏が後醍醐天皇に叛旗を翻した際には、彼女は尊氏を支えた。 尊氏が京都を制圧すると、常磐御前は北条時政の娘ということもあり、尊氏の正室として認められた。彼女は、尊氏との間に3人の男子をもうけた。 延文3年(1358年)に尊氏が死去すると、常磐御前は出家して尼となった。彼女は、正平22年/貞治6年(1367年)に死去した。 -# 常磐御前の功績 常磐御前は、足利尊氏の正室として、尊氏の政治を支えた。彼女は、尊氏との間に3人の男子をもうけ、足利氏の血統を維持した。また、彼女は、尊氏が死去した後も出家して尼となり、尊氏の菩提を弔った。 常磐御前は、南北朝時代の有力な女性の一人であり、足利氏の発展に貢献した。 -# 常磐御前のエピソード 常磐御前は、とても美しい女性だったと伝えられている。彼女は、尊氏に寵愛され、尊氏との間に多くの子供をもうけた。 また、常磐御前は、とても賢い女性だったとも伝えられている。彼女は、尊氏の政治を支え、尊氏の相談役として活躍した。 常磐御前は、南北朝時代の波乱の世を生き抜いた強い女性だった。彼女は、尊氏を支え、足利氏の発展に貢献した。
歴史上の人物

「日薩」は新居日薩を指す!? そもそも日薩とは?

人名辞典の「日薩」とは? 人名辞典の「日薩」とは、薩摩藩出身の新居日薩のことで、彼は江戸時代末期の幕臣であり、薩摩藩の重臣として活躍した人物です。新居日薩は、幕末の動乱期に薩摩藩の幕政改革を主導し、明治維新の立役者の一人となりました。 新居日薩は、1804年に薩摩藩の藩士の子として生まれ、幼少期から学問を学び、優れた才能を発揮しました。1826年に薩摩藩の藩校である明六舎に入学し、そこで儒学や兵学を学びました。1833年に薩摩藩の重臣である島津斉彬に見出され、その側近として仕えるようになりました。 島津斉彬は、薩摩藩の改革を推進しており、新居日薩は、その改革を支える重要な人物として活躍しました。新居日薩は、薩摩藩の財政改革や軍制改革を主導し、薩摩藩の近代化に貢献しました。 また、新居日薩は、幕末の動乱期に薩摩藩の幕政改革を主導しました。新居日薩は、薩摩藩を中心とした倒幕運動を推進し、明治維新の立役者の一人となりました。 新居日薩は、1867年に薩摩藩の兵を率いて京都に入り、倒幕軍の中核として活躍しました。戊辰戦争でも、新居日薩は薩摩藩の兵を率いて転戦し、幕府軍を破りました。 明治維新後は、新居日薩は薩摩藩の政府高官として活躍しました。新居日薩は、征韓論を主張しましたが、明治政府の反対に遭い、辞職しました。その後、新居日薩は、鹿児島県令や元老院議官などを歴任し、1880年に亡くなりました。
学術分野の人

田中義廉 – 明治時代の教科書編集者

蘭学と医学の学び 田中義廉は、蘭学と医学を学んだ人物でした。蘭学とは、江戸時代中期以降にヨーロッパから伝わった学問のことです。医学も、ヨーロッパから伝わった学問であり、蘭学の一種とされています。 田中義廉は、まず広島藩校の教授を務めていました。広島藩校は、藩主浅野長勲が設立した藩校で、広島藩の武士の子弟を教育する機関でした。田中義廉は、そこで主に蘭学と医学を教えていました。 その後、田中義廉は幕府の医学館の教授に任命されました。医学館は、幕府が設立した医学教育機関で、全国の医者を養成する目的で作られました。田中義廉は、そこで主に医学を教えていました。 田中義廉は、蘭学と医学を学んだことで、西洋の最新の学問を日本に紹介する役割を果たしました。また、彼は医学館の教授として多くの医師を養成し、日本の医療の発展に貢献しました。 田中義廉の蘭学と医学の学びは、明治時代の日本の近代化に大きな影響を与えました。彼の功績は、今日でも高く評価されています。
学術分野の人

「作並鳳泉」(1841-1915 幕末-大正時代の儒者)

作並鳳泉の生い立ちと学問 作並鳳泉は、1841年に仙台藩作並村(現在の宮城県仙台市太白区)に生まれました。幼名は熊蔵。父は作並藩士の作並作右衛門、母は清野氏の娘でした。鳳泉は10歳のときに藩校の養賢堂に入学し、漢学を学び始めました。15歳のときに江戸に遊学し、昌平坂学問所で佐藤一斎の門下生となりました。 昌平坂学問所では、朱子学を学び、同時に洋学にも関心を持ちました。18歳で大学寮の試験に合格し、翌年に昌平坂学問所の教授となりました。22歳のときに江戸幕府の蕃書調所に勤務し、1868年に明治維新を迎えます。 明治政府が成立すると、鳳泉は教育畑に進みました。1878年に東京大学文学部の助教授に任命され、1884年に正教授となりました。東京大学では、漢学と倫理学を担当し、多くの学生を育てました。1901年に東京帝国大学総長に就任し、1915年に亡くなるまで務めました。 鳳泉は、漢学と洋学の両方に通じた学者でした。儒教の倫理を重視し、同時に近代的な教育を推進しました。鳳泉の思想と学問は、明治時代の日本の教育制度の形成に大きな影響を与えました。
学術分野の人

– 「君尾」(⇒中西君尾(なかにし-きみお))について

- 中西君尾(なかにし-きみお)の生涯と経歴 中西君尾(なかにし-きみお)は、1906年5月4日に兵庫県川辺郡伊丹町(現・伊丹市)に生まれた。父は中西徳次郎、母はつる。兄姉が3人いた。 君尾は、幼少期から歌が好きで、よく歌っていたという。1927年に大阪音楽学校(現・大阪音楽大学)に入学し、声楽を学ぶ。卒業後は、東京音楽学校(現・東京藝術大学)に進学し、さらに声楽を学んだ。 1932年に、東京音楽学校を卒業した君尾は、オペラ歌手としてデビュー。翌1933年には、イタリアに留学し、ミラノ・スカラ座で歌った。その後、ドイツ、フランス、イギリスなど、ヨーロッパ各国でオペラを歌い、喝采を浴びた。 1939年に、君尾は日本に帰国。東京オペラ座の創設に参加し、その初代首席ソプラノ歌手となった。東京オペラ座では、プッチーニの「蝶々夫人」、ヴェルディの「椿姫」など、多くのオペラに出演した。 1944年に、君尾は戦争のためオペラ座を引退。しかし、その後もコンサートやリサイタルなどで歌い続けた。1980年には、紫綬褒章を受章。1986年には、勲四等瑞宝章を受章した。 君尾は、1994年11月26日に東京都内の病院で死去。享年88歳だった。 君尾は、日本のオペラ界を代表するソプラノ歌手の一人である。その美しい歌声と卓越した演技力で、多くの人々を魅了した。
歴史上の人物

和田正隆 – 南北朝時代の武将

-和田正隆 - 南北朝時代の武将- -南北朝時代の武将- 和田正隆は、南北朝時代の武将である。建武2年(1335年)、越前国今立郡和田郷(現在の福井県鯖江市)に生まれる。父は和田正武、母は建部助光の娘である。 正隆は若くして弓馬の術に秀で、15歳の時に父に従って奥州方面の戦いに参加する。その後、足利尊氏に仕え、建武3年(1336年)の箱根竹ノ下の戦いで初陣を飾る。以後、尊氏に従って転戦し、九州・四国・北陸など各地を転戦し、戦功を挙げる。 正平7年(1352年)、正隆は尊氏から越前国守護に任じられる。そして、正平10年(1355年)の越前国守護の任を解かれ、翌正平11年(1356年)に越前国に帰国する。 正平12年(1357年)、足利直義が尊氏に謀反を起こす。正隆は直義に味方して尊氏と戦う。しかし、直義は敗北し、正隆は尊氏に降伏する。 正平14年(1359年)、正隆は越前国守護に再任される。そして、正平19年(1364年)に越前国守護を辞任し、出家して宗碩と号する。 正平21年(1366年)、正隆は62歳で亡くなる。 正隆は、南北朝時代を代表する武将の一人である。弓馬の術に秀で、戦功を挙げて、越前国守護に任じられた。正隆の死後、和田氏は越前国守護として続いた。
歴史上の人物

– 紀少鹿女郎とは?

-紀少鹿女郎について- 紀少鹿女郎は、飛鳥時代の女性。名は波多比売(はたびひめ)。父は紀男麻呂、母は蘇我石敷麻呂の娘石媛で、斉明天皇の従兄弟にあたる。 641年、舒明天皇の側室となって草壁皇子を産んだが、乙巳の変で草壁皇子を殺され、後に斉明天皇の命令で自殺したという。 紀少鹿女郎は、斉明天皇の従兄弟であり、草壁皇子の母として知られている。しかし、彼女の生涯については、多くの謎に包まれている。 まず、彼女の生年は不詳である。生年は614年とする説、620年とする説、628年とする説などがあり、定説はない。 また、彼女の没年も不詳である。645年に斉明天皇の命令で自殺したという説、646年に斉明天皇を追って自害したという説、654年に斉明天皇の死後に自殺したという説などがあり、定説はない。 さらに、彼女の出自についても不詳である。父は紀男麻呂とされるが、母については蘇我石敷麻呂の娘石媛とする説、蘇我倉山田石川麻呂の娘乳母津媛とする説などがあり、定説はない。 紀少鹿女郎は、飛鳥時代の謎多き女性である。彼女の生涯については、今後も研究が進められると思われる。
歴史上の人物

「等貴」(⇒宗山等貴(しゅうざん-とうき))について

宗山等貴の生涯と業績 宗山等貴(1420-1502)は、室町時代後期の臨済宗の僧である。諱は等貴、字は宗山。号は寿福寺。 等貴は1420年、近江国野洲郡(現在の滋賀県野洲市)に生まれる。13歳の時に、寿福寺の住持である南化玄興のもとで出家した。15歳で受戒し、19歳で僧侶となった。その後、京都の建仁寺や南禅寺、鎌倉の円覚寺などで修行を積んだ。 等貴は1469年、寿福寺の住持となる。寿福寺は、鎌倉五山のひとつであり、臨済宗の重要な寺院であった。等貴は寿福寺の住持として、寺院の復興に努めた。また、等貴は優れた禅僧として知られ、多くの弟子を育てた。 等貴は1502年に死去した。享年83歳。等貴の死後は、弟子である雪江宗深が寿福寺の住持となった。 等貴は、鎌倉五山の住持を務めた著名な禅僧である。また、多くの弟子を育て、臨済宗の発展に貢献した。等貴の著作には、『寿福寺語録』、『宗山等貴集』などがある。 等貴の生涯を振り返ると、彼が臨済宗の発展に大きく貢献したことが分かる。等貴は、寿福寺の住持として寺院の復興に努め、また、優れた禅僧として多くの弟子を育てた。等貴の著作は、後世の禅僧に大きな影響を与えた。等貴は、臨済宗の歴史上、重要な人物である。
歴史上の人物

栽仁王とは?-「栽仁王(ありすがわのみや-たねひとおう)」について

-栽仁王の生涯- 栽仁王(ありすがわのみや-たねひとおう)は、江戸時代後期から明治時代初期にかけての皇族。光格天皇の第二皇子。母は典侍の岩倉具起子。 1792年(寛政4年)に誕生。幼名は兼仁。1796年(寛政8年)に一品に叙され、1797年(寛政9年)に親王宣下を受け、栽仁王と名乗る。 1801年(享和元年)に准后となり、1805年(文化2年)に中務卿に就任。1813年(文化10年)に権大納言に昇進する。 1817年(文化14年)に内大臣に就任。1818年(文政元年)に関白となる。1823年(文政6年)に仁孝天皇が崩御すると、皇太子となった幼い孝明天皇の摂政となる。 1846年(弘化3年)に辞職。1850年(嘉永3年)に薨去。享年60。 栽仁王は、皇室の傍流である有栖川宮家の出身ながら、優れた政治手腕と人柄で朝廷で重きをなし、孝明天皇の摂政として幕末の動乱期を乗り切った名君として知られている。
文学分野の人

「森田思軒」

森田思軒とは 森田思軒は、1881年(明治14年)に兵庫県に生まれた日本の哲学者、教育者です。本名は森田正馬。京都帝国大学を卒業後、東京帝国大学で哲学を学びました。その後、京都帝国大学助教授、東京帝国大学教授を歴任しました。1945年(昭和20年)に脳溢血で死去しました。 森田思軒は、日本の哲学者の中で最も影響力のある人物の一人です。彼の哲学は、人生の苦しみを克服する方法として「生きることの芸術」を提唱しました。森田思軒は、人生の苦しみは避けられないものであり、それを克服するためには「生きることの芸術」を学ぶ必要があると主張しました。 「生きることの芸術」とは、人生の苦しみを受け入れ、それを克服するための方法を身につけることです。森田思軒は、「生きることの芸術」を学ぶためには、まず自分の苦しみを認識することが重要であると主張しました。そして、自分の苦しみを認識したら、それを克服するための方法を身につける必要があると主張しました。 森田思軒の哲学は、多くの人々の人生に影響を与えました。彼の哲学は、人生の苦しみを克服するための方法として「生きることの芸術」を提唱しており、多くの人々に勇気と希望を与えました。
歴史上の人物

「宇考」について

佐々木宇考(ささき-うこう)とは 佐々木宇考(ささき-うこう、1992年12月27日-)は兵庫県尼崎市出身。2017年からYouTubeで動画配信を始める。和気あいあいとワイワイ盛り上がるというよりも、一人静かにまったりと楽しむ動画が中心である。 動画はゲーム実況・雑談・音楽など。 ゲーム実況は基本的にホラーゲームをメインにしており、「怪異症候群」では「喪失」という特殊な力を駆使するなど独特なプレイスタイルをする。 雑談は料理配信や、質問コーナー、日常の話など。 音楽は「よっちゃん」の愛称でラップを投稿するが、DTM初心者なので、DTMツールに関する解説動画も投稿している。 別名義「よっちゃん」としてマイクラや、スーパーマリオ64のRTAにも参戦していたことがある。 2019年10月12日、大晦日に配信される「第3回紅白歌合戦」の紅組に白猫のテーマソングを歌った「RIRIKO」として出場。 同時期に、人気声優の「古賀葵」とコラボの機会があり、緊張する中も、お互い和気あいあいと楽しそうにトークを展開させ100万再生するなど人気の動画となる。 2022年3月、チャンネル登録者数が100万人を突破。 2022年6月27日、YouTube Shortsの動画「【shorts】たった5秒で視聴者のハートを撃ち抜く」がTikTokから削除される。これは「有害または危険な行為を描いた動画」にあたるとされたためである。 佐々木宇考の人気動画 「YouTube Shorts」という短編動画を投稿し始めた2021年から人気に火が付き始める。様々な種類の動画を投稿しており、その中でも人気のある動画は以下の通り。 「【怪異症候群】力こそパワー!少女の想いを消し飛ばす!【第1話】」 「【Shorts】たった5秒で視聴者のハートを撃ち抜く」 「【Shorts】何ならこの世の全てを破壊出来るんだが…?」 「【歌ってみた】Mike One Rapper - 2way【佐々木宇考】」 「【検証】朝6時に鬼滅の刃の主題歌を全力で歌うとどうなるのか?【佐々木宇考】」 「【Shorts】ブラック企業に務めるサラリーマンが転職」
美術分野の人

曾我蕭白:江戸時代・中期の日本画家

蕭白の生涯 曾我蕭白は、1730年(享保15年)に肥前国島原半島南端の加津佐村(現在の長崎県南島原市)に生まれました。幼い頃から絵に興味を持ち、10代の頃には長崎に遊学して南蘋派の画家である沈南蘋に師事しました。その後、京都に移り住み、円山応挙や伊藤若冲らと交流しました。 蕭白は、1765年(明和2年)に京都で画塾を開き、多くの弟子を育てました。また、1770年(明和7年)には、江戸に移り住み、同地で活躍しました。蕭白は、1781年(天明元年)に52歳の生涯を閉じました。 蕭白は、山水画や花鳥画を得意とし、その画風は独創的でダイナミックなものでした。蕭白の作品は、現在も多くの美術館や博物館に所蔵されており、人々から愛されています。 蕭白は、江戸時代・中期の日本を代表する画家の1人であり、その画風は、後の画家たちに大きな影響を与えました。蕭白の作品は、日本美術の宝とも言えるものであり、これからも人々に愛され続けることでしょう。
歴史上の人物

– 「嵐蘭」(⇒松倉嵐蘭(まつくら-らんらん))

-松倉嵐蘭のプロフィール- 松倉嵐蘭(まつくら-らんらん)は、2005年2月16日生まれ。広島県出身。ジャニーズ事務所所属。 2019年11月12日、ジャニーズJr.内ユニット「美 少年」のメンバーとしてCDデビュー。 2021年4月23日、ドラマ「最高のオバハン 中間管理職・西口香の事件簿」で連続ドラマ初出演。 2022年10月11日、映画「おそ松さん」で映画初出演。 2023年3月24日、ドラマ「卒業式に、神谷詩子がいない」でドラマ初主演。 松倉嵐蘭は、美 少年のメンバーとして活躍するだけでなく、ドラマや映画にも出演するなど、幅広く活躍しています。 -松倉嵐蘭の魅力- 松倉嵐蘭の魅力は、そのキュートなルックスと、天真爛漫な性格にあります。 松倉嵐蘭は、美 少年のメンバーの中でも、特にキュートなルックスで人気があります。 松倉嵐蘭は、その天真爛漫な性格で、番組やライブではいつも元気いっぱいです。 松倉嵐蘭は、そのキュートなルックスと、天真爛漫な性格で、多くのファンを魅了しています。
歴史上の人物

【】浅野長興(⇒浅野長勲)

-浅野長興(あさの-ながおき)の人物像- -忠義と勇猛を兼ね備えた名将- 浅野長興は、織田信長・豊臣秀吉の時代から江戸時代にかけて活躍した戦国武将、大名です。浅野氏第14代当主。通称は左京大夫。号は宗円。官位は従四位下・左京大夫。 長興は、永禄元年(1558年)に尾張国で生まれました。父は浅野長勝、母は織田信秀の娘お犬の方です。長興は、叔父である織田信長の元で育てられ、幼少期から武芸に優れていました。 天正元年(1573年)、長興は元服し、織田信長に従って越前一向一揆の討伐に参加しました。この戦いで、長興は初陣を飾り、その勇猛さを示しました。 その後、長興は織田信長の側近として活躍し、天正10年(1582年)の本能寺の変では、明智光秀の軍勢と戦い、その功績を賞されて越前国大野郡を与えられました。 天正13年(1585年)、豊臣秀吉が賤ヶ岳の戦いで柴田勝家を破ると、長興は秀吉に臣従し、近江国長浜城を居城としました。 天正18年(1590年)、小田原征伐では、長興は秀吉の軍勢に加わり、北条氏政の籠る小田原城を攻めました。この戦いで、長興は先陣を務め、その功績を賞されて豊臣姓を下賜されました。 慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、長興は東軍に属して、石田三成の軍勢と戦いました。この戦いで、長興は西軍の猛将・島津義弘と一騎打ちを行い、その勇猛さを示しました。 関ヶ原の戦いの後、長興は徳川家康から常陸国笠間城を賜り、20万石の大名となりました。 長興は、大名として領国の統治に努め、家臣団の結束を固めました。また、長興は文武両道の武将で、学問を好み、和歌や連歌をたしなみ、多くの書物を残しました。 慶長19年(1614年)、長興は死去しました。享年57歳でした。 長興は、忠義と勇猛を兼ね備えた名将として知られており、その功績は現在でも語り継がれています。
歴史上の人物

「山県適処」(⇒山県篤蔵(やまがた-とくぞう))について

- 山県適処の生涯 山県適処は、1824年(文政7年)に久留米藩士・山県右仲の長男として生まれた。幼名は篤蔵。適処は、幼い頃から聡明で、漢学を学び、1844年には江戸に遊学し、島田虎之助について洋学を学んだ。 1853年、ペリーが浦賀に再来航すると、適処は、幕府の通詞としてペリーと会談し、その際に、ペリーから世界情勢や西洋の学問について多くのことを学んだ。 1854年、適処は、幕府の命を受けて、アメリカに渡航し、2年間滞留した。アメリカ滞在中は、アメリカの政治、経済、社会について学び、また、アダムス、ウェブスター、ペリーなどの要人と会談した。 1856年に帰国後、適処は、幕府の外国奉行に任命され、日米修好通商条約の交渉にあたった。適処は、交渉において、日本の利益を擁護し、条約に盛り込む内容について幕府と交渉し、条約を締結した。 1858年、適処は、幕府の命を受けて、ヨーロッパに渡航し、イギリス、フランス、ロシアなどの列強と条約を締結した。適処は、ヨーロッパ滞在中に、列強の軍備と外交政策について学び、また、ヨーロッパの文化や思想にも触れた。 1860年に帰国後、適処は、幕府の老中に任命され、幕府の外交政策を指導した。適処は、攘夷派の反対を押し切って、列強と条約を締結し、日本の開国を推進した。 1862年、適処は、老中職を辞任し、薩摩藩に寓居した。適処は、薩摩藩で、西郷隆盛、大久保利通らと親交を結び、倒幕運動に加わった。 1868年、戊辰戦争が勃発すると、適処は、薩摩藩軍を率いて、幕府軍と戦った。適処は、戊辰戦争で勝利し、江戸城を占領し、幕府を倒した。 戊辰戦争後、適処は、明治政府に出仕し、外務卿、内務卿、大蔵卿などの要職を歴任した。適処は、明治政府の近代化政策を推進し、日本の近代化に貢献した。 1892年(明治25年)、適処は、東京で死去した。享年69。
歴史上の人物

「固浄」(⇒河野固浄(こうの-こじょう))について

-河野固浄(こうの-こじょう) - 豪放にして、情にも厚い戦国の武将- 河野固浄は、戦国時代に活躍した武将で、河野氏第19代当主として、大和国における河野氏の全盛期を築いた人物です。その豪快な性格や、情にも篤い武人として知られています。 -戦国時代における活躍- 河野固浄は、1518年に河野氏第18代当主であった河野通直の子として誕生しました。河野家は、伊予国を本拠とする有力な国衆で、固浄もまた若くして戦に明け暮れました。 1540年、河野氏は陶晴賢が率いる毛利元就軍と戦い、大敗を喫します。固浄は、この戦いで父である通直とともに重傷を負い、辛くも生還しました。 その後、固浄は毛利氏と和睦し、毛利氏の傘下に入ります。そして、1551年に通直が死去すると、固浄は河野氏第19代当主を継ぎます。 固浄は、当主となってからも毛利氏に忠義を尽くし、毛利元就や毛利輝元の軍に従って数々の戦を戦いました。その武勇は敵対する武将からも一目置かれており、河野氏の名声を高めました。 -河野氏全盛期を築く- 1568年、毛利氏が織田信長と同盟を結ぶと、固浄も織田氏の家臣として活動するようになります。そして、1570年の姉川の戦いや、1573年の三方ヶ原の戦いなどに参加して、信長にその武勇を認められます。 固浄は、戦上手であるだけでなく、領国の統治にも手腕を発揮しました。領民たちには慈悲深く接し、産業を奨励して河野氏の領国を繁栄させました。 また、固浄は、文化にも造詣が深く、茶の湯を好み、俳諧や和歌にも親しみました。戦国武将としてだけでなく、教養人としても知られていました。 -晩年- 固浄は、1577年に60歳で死去します。その死は、河野氏のみならず、毛利氏にとっても大きな損失となりました。固浄の死後、河野氏はその勢力を衰退させ、最終的には豊臣秀吉の軍勢によって滅亡してしまいます。 しかし、固浄の武勇や功績は、今でも語り継がれています。豪放にして、情にも厚い戦国の武将として、固浄は人々の記憶に残り続けています。
歴史上の人物

汝は誰ぞ?―常牧の人物解剖

- 常牧とは何者か? 常牧は、紀元前6世紀から5世紀にかけて活躍した中国の思想家で、儒教の代表的な人物の一人です。春秋時代の魯国に生まれ、孔子の弟子として学びました。孔子没後、魯国で政治家として活躍し、魯の宰相を務めました。 常牧の思想は、孔子の思想を継承し、発展させたものです。常牧は、仁を人間の最高の徳とし、仁の実践こそが人間の幸福と社会の平和をもたらすと説きました。また、礼を社会秩序を維持する規範とし、義を人間の行動の規範としました。 常牧の思想は、中国の思想界に大きな影響を与え、儒教の形成に大きく貢献しました。常牧の思想は、現代でもなお多くの人々に影響を与え続けています。 - 常牧の略歴 * 紀元前522年、魯国に生まれる。 * 孔子の弟子となる。 * 孔子没後、魯国で政治家として活躍する。 * 紀元前486年、魯の宰相となる。 * 紀元前479年、死去。 - 常牧の思想 * 仁を人間の最高の徳とする。 * 礼を社会秩序を維持する規範とする。 * 義を人間の行動の規範とする。 * 人間の性善を説く。 * 教育の重要性を説く。 - 常牧の功績 * 儒教の形成に大きく貢献した。 * 孔子の思想を継承し、発展させた。 * 中国の思想界に大きな影響を与えた。 * 現代でもなお多くの人々に影響を与え続けている。
学術分野の人

随朝若水

-随朝若水の生涯- -生い立ち- 随朝若水は、1912年(明治45年)に東京府で生まれた。父は随朝東雲、母は随朝若葉。若水は、父東雲が東京帝国大学在学中に、母若葉との間に生まれた長男である。若水には、弟の朝霞と妹の夕霧がいた。 -少年時代- 若水は、幼い頃から頭脳明晰で、勉強好きだった。また、スポーツも得意で、特に野球を愛した。若水は、小学校時代から野球部に所属し、エースとして活躍した。 -学生時代- 若水は、旧制第一高等学校を卒業後、東京帝国大学法学部に進学した。若水は、大学在学中に、学生運動に参加し、政治に目覚めた。若水は、大学卒業後、内務省に入省し、官僚として働いた。 -官僚時代- 若水は、内務省で、地方自治や社会福祉を担当した。若水は、地方自治の振興に努め、社会福祉の充実を図った。若水は、1945年(昭和20年)に、内務省を退官した。 -戦後- 若水は、戦後、自由党に入党し、政治家として活動した。若水は、1946年(昭和21年)に、衆議院議員に当選し、以後、10期連続で当選した。若水は、衆議院議員時代、内閣総理大臣や大蔵大臣などを歴任した。 -晩年- 若水は、1989年(平成元年)に、脳卒中で倒れ、政界を引退した。若水は、1990年(平成2年)に、78歳で亡くなった。 -功績- 若水は、地方自治の振興や社会福祉の充実などに貢献した。また、若水は、自由党の要人として、 postwar Japan の政治をリードした。若水は、日本の近代化に大きな功績を残した政治家である。
学術分野の人

斎藤豊吉(1)

-斎藤豊吉の生涯- 斎藤豊吉は、1891年(明治24年)2月26日に、三重県津市で誕生しました。父は斎藤源蔵、母はハルの四男一女の末っ子でした。斎藤豊吉の幼少期については、あまり知られていませんが、小学校卒業後は、地元の呉服問屋に奉公に出ました。しかし、すぐに呉服問屋を辞めて、大阪の貿易商の支店に就職しました。斎藤豊吉は、貿易商の支店に就職してからは、順調に昇進を重ね、最終的には支店長の地位にまで上り詰めたそうです。 しかし、1929年(昭和4年)に世界恐慌が勃発すると、貿易商の支店は倒産してしまいました。斎藤豊吉は、貿易商の支店が倒産した後は、大阪市内の倉庫会社に就職しました。倉庫会社に就職した斎藤豊吉は、倉庫の管理や商品の出荷を担当していました。斎藤豊吉は、倉庫会社に勤務している間に、倉庫の管理や商品の出荷の方法について、独自のノウハウを身に着けました。 1932年(昭和7年)に、斎藤豊吉は倉庫会社を退職し、大阪市内で「斎藤倉庫」を創業しました。斎藤倉庫は、倉庫の管理や商品の出荷を主な業務としていましたが、斎藤豊吉は倉庫の管理や商品の出荷の他に、運送業や不動産賃貸業も営んでいました。斎藤倉庫は、順調に業績を伸ばし、1940年(昭和15年)には、東京証券取引所に株式を上場しました。 斎藤豊吉は、倉庫業や運送業、不動産賃貸業で成功を収めた後、1963年(昭和38年)に斎藤倉庫の社長を退任しました。斎藤倉庫の社長を退任した斎藤豊吉は、財界活動に専念し、1964年(昭和39年)には、大阪商工会議所の会頭にも就任しました。斎藤豊吉は、1973年(昭和48年)に82歳で亡くなるまで、精力的に財界活動に取り組み、大阪の経済界の発展に貢献しました。
歴史上の人物

―米屋平右衛門(殿村平右衛門)

米屋平右衛門の生涯と功績 米屋平右衛門(殿村平右衛門)は、江戸時代前期の商人であり、日本の通貨制度に多大な貢献をしました。平右衛門は、京都の米屋の長男として生まれ、米の取引に携わっていました。その後、江戸に出て、米の取引を拡大しました。 平右衛門は、米の取引で成功を収め、江戸の一大豪商となりました。平右衛門は、その財力を利用して、日本の通貨制度の改革に尽力しました。平右衛門は、江戸幕府に銀の通貨を発行するよう進言し、その実現に努めました。 平右衛門の尽力により、江戸幕府は銀の通貨を発行しました。これにより、日本の通貨制度は安定し、経済の発展に貢献しました。平右衛門は、日本の通貨制度の改革に貢献した功績により、江戸幕府から褒賞を受けました。 平右衛門は、江戸の町の発展にも貢献しました。平右衛門は、江戸の町に橋を架けたり、道路を整備したりしました。また、平右衛門は、江戸の町に学校を設立したり、病院を建設したりしました。 平右衛門は、日本の通貨制度の改革に貢献し、江戸の町の発展に貢献しました。平右衛門は、江戸時代前期の代表的な商人であり、その功績は現在も称えられています。
歴史上の人物

「友貞」

-井上友貞の生涯- 井上友貞は、日本の戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。近江国浅井郡友貞郷(現在の滋賀県長浜市友定町)に生まれ、浅井氏、織田氏、豊臣氏に仕えた。 友貞は、浅井久政の重臣であり、浅井氏の宿老として活躍した。1570年(元亀元年)、織田信長が浅井氏を攻撃した際、友貞は主君である浅井長政を諌めて織田氏に降伏することを勧めたが、長政は友貞の進言を退け、織田氏と戦うことを決意した。 1573年(元亀4年)、織田氏が浅井氏を滅ぼすと、友貞は織田信長に仕え、近江国を与えられた。友貞は、織田氏家臣として活躍し、1582年(天正10年)、本能寺の変で信長が本能寺で自害すると、豊臣秀吉に仕えた。 友貞は、豊臣秀吉のもとで、九州征伐、小田原征伐、朝鮮出兵などの戦いに従軍し、功績を挙げた。1596年(文禄5年)、朝鮮出兵の際に病に倒れ、57歳で亡くなった。 友貞は、浅井氏、織田氏、豊臣氏の三氏に仕えた名将であり、その武勇と忠義は広く知られている。
歴史上の人物

– 秋篠王

-秋篠王の功績- 1. -国際親善活動- 秋篠王は、皇太子時代から積極的に国際親善活動に努めてきた。2017年には、ベルギー、ルクセンブルク、スロベニアを訪問し、各国の首脳らと会談。2018年には、インドネシア、タイ、ベトナムを訪問し、各国の文化や社会を視察した。また、日本の伝統文化を海外に紹介するため、2019年には、イギリス、フランス、イタリアを訪問し、各地で講演や文化交流を行った。 2. -環境保護活動- 秋篠王は、環境問題にも積極的に取り組んでいる。2003年には、国際生物多様性年を記念して「秋篠宮自然保護基金」を設立。この基金は、生物多様性の保全や環境教育の普及を目的としている。また、秋篠王は、2010年に開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に出席し、生物多様性の保全の重要性について訴えた。 3. -皇室の伝統と文化の継承- 秋篠王は、皇室の伝統と文化の継承にも努めている。2016年には、皇太子時代の最長を更新。皇室の歴史や伝統を国民に伝える役割を担ってきた。また、秋篠王は、皇室の歌や舞踊を習得し、皇室の伝統芸能の継承にも努めている。 4. -国民との交流- 秋篠王は、国民との交流にも積極的に取り組んでいる。2017年には、沖縄県を訪問し、沖縄戦の慰霊碑に献花。2018年には、北海道を訪問し、北海道の自然や文化を視察した。また、秋篠王は、毎年、皇后陛下の誕生日に国民との茶会を開き、国民と交流を深めている。 これらの功績により、秋篠王は国内外から高く評価されている。2019年には、イギリスのエリザベス女王からガーター勲爵士の称号を授与された。ガーター勲爵士は、イギリスで最も高い栄誉とされる勲章であり、外国人に授与されることは極めてまれである。