殺人事件

歴史上の人物

板茂安麻呂-奈良時代の官吏

-奈良時代の官吏-板茂安麻呂- 奈良時代は、日本の歴史の中で最も重要な時代のひとつである。この時代には、律令制度が整備され、中央集権国家が確立された。また、仏教が盛んになり、多くの寺院が建立された。こうした社会の変化に伴い、官吏の役割も大きく変わった。 奈良時代の官吏は、中央政府と地方政府の両方に存在した。中央政府の官吏は、太政官や八省に所属し、国家の政治や行政を担った。地方政府の官吏は、国司や郡司に所属し、地方の行政を担った。 官吏の身分は、貴族、官人、庶民の3つに分けられた。貴族は、天皇や皇族、公卿など、生まれながらにして高い身分を持つ人々である。官人は、官位を授けられた人々である。庶民は、官位を持たない人々である。 官吏の任用方法は、貴族と官人では異なっていた。貴族は、天皇や皇族、公卿の推薦によって任命された。官人は、試験によって任命された。試験は、文章道、明経道、算道、医道の4科目で実施された。 官吏の待遇は、身分によって異なっていた。貴族は、俸禄や叙位、叙勲など、さまざまな特権を与えられた。官人は、俸禄や叙位、叙勲など、貴族よりも少ない特権を与えられた。庶民は、俸禄や叙位、叙勲など、ほとんど何も与えられなかった。 奈良時代の官吏は、国家の政治や行政を担う重要な役割を果たした。官吏の身分や任用方法、待遇は、身分によって異なっていた。
歴史上の人物

津山30人殺し事件-都井睦雄の生い立ちと悲劇

都井睦雄の生い立ちと家庭環境 津山30人殺し事件の加害者、都井睦雄は、1945年10月19日に岡山県津山市で生まれた。父親の都井亀吉は、もとは農業を営んでいたが、睦雄の出生後、備前窯業に就職した。母親のヨシは、主婦であった。睦雄には、3歳下の妹と5歳下の弟がいた。 都井家は、貧しいながらも仲の良い家庭であった。しかし、睦雄が小学3年生のとき、父親が病死した。母親は、女手一つで3人の子供を育てなければならなくなった。生活は苦しく、睦雄は学校を休みがちになった。 睦雄は、小学校を卒業後、中学校には進学せず、家業を手伝うようになった。しかし、睦雄は家業に興味がなく、すぐに辞めてしまった。その後、睦雄は、様々なアルバイトを転々とした。 睦雄は、アルバイトをしながら、短大に通っていた。しかし、睦雄は大学を中退し、アルバイトをしながら生活するようになった。睦雄は、アルバイトをしながら、小説を書いたり、詩を書いたりしていた。 睦雄は、孤独な生活を送っていた。睦雄には、友人や恋人がおらず、相談する相手もいなかった。睦雄は、次第に精神的に追い詰められていった。そして、1972年2月21日、睦雄は30人を殺害する事件を起こした。
歴史上の人物

「大伴道足」

大伴道足の政治的活動 大伴道足は、奈良時代の政治家で、右大臣まで昇進した人物です。持統天皇の死に伴い即位した文武天皇を擁立し、壬申の乱を鎮圧して朝廷内で大きな権力を握りました。 道足は、文武天皇の死後、元明天皇、元正天皇の両天皇の在位中も朝廷で大きな影響力を持ち続けました。そして、聖武天皇の即位とともに右大臣に任命され、政権の中枢を担いました。 道足は、政治家として、律令制の整備や、遣唐使の派遣など、多くの業績を残しました。また、道足は、文人としても知られ、多くの和歌を残しています。 道足の政治的活動は、奈良時代の政治史において、大きな意義を持っています。道足は、律令制の整備や、遣唐使の派遣など、多くの業績を残しました。また、道足は、文人としても知られ、多くの和歌を残しています。 道足の政治的活動は、奈良時代の政治史において、大きな意義を持っています。道足は、律令制の整備や、遣唐使の派遣など、多くの業績を残しました。また、道足は、文人としても知られ、多くの和歌を残しています。 道足の政治的活動は、奈良時代の政治史において、大きな意義を持っています。道足は、律令制の整備や、遣唐使の派遣など、多くの業績を残しました。また、道足は、文人としても知られ、多くの和歌を残しています。 道足の政治的活動は、奈良時代の政治史において、大きな意義を持っています。道足は、律令制の整備や、遣唐使の派遣など、多くの業績を残しました。また、道足は、文人としても知られ、多くの和歌を残しています。
歴史上の人物

―小林カウの生涯とその犯罪

-小林カウの生い立ちと背景- 小林カウは、1963年1月1日に東京都で生まれた。小林家に4人兄弟の末っ子として産まれた小林カウは、幼少期から活発で、好奇心旺盛な子供だった。しかし、両親は小林カウがまだ幼い頃に離婚し、小林カウは母親に引き取られて育った。 母親は小林カウを厳しく育て、小林カウは母親の前ではいつも気を遣っていた。そのため、小林カウは母親に反発するようになり、小・中学生時代は学校をさぼり、不良グループとつるんで問題を起こすようになった。 高校進学後は、不良グループと決別し、真面目に勉強に取り組むようになった。大学進学後は、法律を専攻し、司法試験に合格した。その後、弁護士として働き始め、順調な人生を送っていた。 しかし、30歳の時に小林カウの人生は一変する。小林カウは、依頼人の男性とトラブルになり、相手に怪我をさせてしまった。小林カウは傷害罪で起訴され、有罪判決を受けて刑務所に入ることになった。 刑務所を出所後、小林カウは弁護士を廃業し、ヤクザの組織に入った。小林カウは組織の中で頭角を現し、すぐに幹部の一員となった。小林カウは組織の資金洗浄や恐喝などを担当し、組織の資金源確保に大きく貢献した。 小林カウは、ヤクザの組織で10年以上活動していたが、2023年に組織から破門された。小林カウは組織の金を横領したとして告発され、逮捕された。小林カウは横領罪で起訴され、懲役10年の実刑判決を受けて現在服役中である。
歴史上の人物

坂名井子縄麻呂とは?平安時代の農民、信濃の人、仁和元年885年辛犬甘秋子家人殺害事件

坂名井子縄麻呂とは?平安時代の農民、信濃の人、仁和元年885年辛犬甘秋子家人殺害事件
その他

池田亀太郎(2)の事件と仮出所

-人名辞典ー池田亀太郎(2)の紹介- 池田亀太郎(2)は、1936年に福井県で生まれました。1954年に上京し、銀座のバーで働き始めました。1958年に銀座のバー「キラリ」のオーナーとなり、銀座の夜は彼を中心に動いていました。 池田亀太郎(2)は、1964年に銀座のクラブ「ニューラテン」でホステスをしていた女性を殺害しました。この事件は「銀座クラブ殺人事件」と呼ばれ、大きな話題になりました。池田亀太郎(2)は、1966年に死刑判決を受けましたが、1968年に無期懲役に変更されました。 池田亀太郎(2)は、1999年に仮出所しました。仮出所後は、銀座のクラブ「ニューラテン」の跡地に「キラリ」というバーを開店しました。池田亀太郎(2)は、その後も銀座で暮らし続け、2011年に亡くなりました。 池田亀太郎(2)は、銀座の夜を代表する人物でした。彼は、華やかな銀座の生活を謳歌し、多くの女性と交際しました。しかし、彼は同時に、銀座の闇も知っていました。銀座クラブ殺人事件は、銀座の闇を浮き彫りにした事件でした。 池田亀太郎(2)は、仮出所後も銀座で暮らし続けました。彼は、銀座のクラブ「キラリ」のオーナーとして、銀座の夜を盛り上げました。池田亀太郎(2)は、銀座の夜を代表する人物として、多くの人々に慕われていました。
その他

岩淵熊次郎

- 岩淵熊次郎 江戸時代後期に千葉県多古町で起きた「鬼熊事件」で知られる猟師。熊に襲われてもなお、立ち向かい、熊を仕留めたという逸話で有名。 -# 多古町鬼熊事件 1855年12月12日、岩淵熊次郎は多古町の山中で狩猟中に、突然熊に襲われた。熊は熊次郎の顔をひっかくなどして激しく襲い掛かり、熊次郎も必死に抵抗したが、次第に熊に押されてしまった。しかし、熊次郎は諦めずに熊に反撃し、ついに熊を仕留めることに成功した。 この逸話は、多古町鬼熊事件として語り継がれ、熊次郎の勇気と強さが称賛されている。また、この事件は、熊次郎が「鬼熊」と呼ばれた熊を仕留めたことから、「鬼熊事件」と呼ばれるようになった。 -# 事件の真相 熊次郎が熊に襲われたという話は、熊次郎が自分自身で語ったものであり、その真偽は不明である。また、熊次郎が仕留めたとされる熊の死骸も発見されていない。そのため、この事件は実際に起きた事件なのか、それとも熊次郎が作り上げた話なのかは定かではない。 しかし、熊次郎の勇気と強さは疑いなく、多古町鬼熊事件は、熊次郎の武勇伝として語り継がれている。
歴史上の人物

「野口男三郎」

- 野口男三郎 野口男三郎(のぐち だんざぶろう、1872年(明治5年)11月29日 - 1944年(昭和19年)3月8日)は、明治から昭和にかけての日本の漢詩人、新聞記者、編集者、政治家、実業家である。旧姓は後藤。号は寧斎。 野口男三郎は、1872年(明治5年)11月29日、滋賀県大津市に生まれた。後藤家の長男として生まれ、幼名は小太郎。1874年(明治7年)に父が亡くなり、1876年(明治9年)に母が亡くなったため、叔父に引き取られた。1881年(明治14年)に大津市立大津商業高等学校の前身である大津商業学校に入学。1886年(明治19年)に卒業後、大阪に出て、大阪朝日新聞社に入社した。 大阪朝日新聞社では、記者として活躍。1894年(明治27年)には、日清戦争に従軍記者として派遣された。1895年(明治28年)には、大阪朝日新聞社の論説委員に就任。1897年(明治30年)には、大阪朝日新聞社の主筆に就任した。 1900年(明治33年)、大阪朝日新聞社を辞めて、東京に移住。1901年(明治34年)に、漢詩誌「寧斎詩集」を創刊。1902年(明治35年)には、政治団体「東亜同盟会」を結成。1903年(明治36年)には、衆議院議員に当選。1907年(明治40年)には、貴族院議員に勅選された。 1912年(大正元年)、内務大臣に就任。1913年(大正2年)には、文部大臣に就任。1914年(大正3年)には、外務大臣に就任。1916年(大正5年)には、首相に就任した。 1918年(大正7年)、首相を辞任。1920年(大正9年)に、貴族院議員を辞任。1922年(大正11年)に、衆議院議員に再選された。1924年(大正13年)には、衆議院議員を辞任。1925年(大正14年)に、貴族院議員に再選された。 1928年(昭和3年)に、貴族院議員を辞任。1932年(昭和7年)に、大日本帝国文学芸術協会の会長に就任。1934年(昭和9年)に、大日本帝国詩人協会の会長に就任。1937年(昭和12年)には、大日本帝国漢詩人協会の会長に就任した。 1944年(昭和19年)3月8日、東京都世田谷区の自宅で死去。71歳没。 - 漢詩人・野口寧斎殺害 1932年(昭和7年)11月19日、漢詩人・野口寧斎が東京・渋谷の自宅で殺害された。犯人は、野口寧斎の弟子の一人である山田秀次は、漢詩人・野口寧斎を自宅で殺害した。山田秀次は、野口寧斎の弟子の一人であったが、野口寧斎の詩を批判するなど、師弟関係は良好ではなかった。 犯人の山田秀次は、野口寧斎の自宅に忍び込み、野口寧斎を絞殺した。その後、山田秀次は野口寧斎の詩集を床に撒き散らし、現場を荒らした。野口寧斎の遺体は、翌朝、野口寧斎の妻によって発見された。 野口寧斎の殺害は、当時の文壇に大きな衝撃を与えた。警察は、すぐに捜査を開始したが、犯人はなかなか逮捕されなかった。野口寧斎の殺害は、昭和の三大ミステリーの一つとされている。 この事件は新聞などでも大きく取り上げられ、世間の注目を集めた。警察は捜査を開始したが、犯人はなかなか逮捕されなかった。野口寧斎の殺害は、昭和の三大ミステリーの一つとされている。