毎日芸術賞

芸能分野の人

高瀬久男 – 昭和・平成の舞台演出家

-舞台演出家としての功績- 1. -斬新な演出手法- 高瀬久男は、従来の演出手法にとらわれず、斬新な演出手法を多く取り入れた。その一つが、舞台上で複数の場面が同時進行する「多重舞台」である。これは、複数のシーンを同時に見せることで、観客の視点を分散させ、より複雑で深い劇世界を表現することを可能にした。 2. -独自の演劇理論- 高瀬久男は、独自の演劇理論「演劇的リアリズム」を提唱した。演劇的リアリズムとは、舞台上のリアリティを追求しながらも、観客に夢を与えることを目的とした演劇理論である。高瀬久男は、この理論に基づいて、舞台装置や照明、音響などを駆使して、観客を劇世界に引き込む演出を心がけた。 3. -若手劇作家の育成- 高瀬久男は、若手劇作家の育成にも力を注いだ。彼は、1960年に「劇団青俳」を創立し、多くの若手俳優や演出家を輩出した。また、1970年には「劇団四季」の演出家となり、若手劇作家の作品を積極的に上演した。 4. -演劇文化の振興- 高瀬久男は、演劇文化の振興にも貢献した。彼は、1975年に「日本演出者協会」を設立し、日本の演劇界の発展に寄与した。また、1980年には「全国小劇場連絡協議会」を設立し、全国の小劇場の活性化に努めた。 5. -国際的な活躍- 高瀬久男は、国際的に活躍した演出家でもあった。彼は、1985年に「モスクワ芸術座」で「桜の園」を演出した。これは、日本の演出家がモスクワ芸術座で演出を行うのは初めてのことだった。また、1990年には「ロンドン・ナショナル・シアター」で「ハムレット」を演出した。 高瀬久男は、昭和・平成の演劇界を代表する演出家の一人である。斬新な演出手法、独自の演劇理論、若手劇作家の育成、演劇文化の振興、国際的な活躍など、その功績は多岐にわたる。
文学分野の人

松浦寿輝:昭和後期から平成時代のフランス文学者、詩人、小説家

-松浦寿輝の生涯と経歴- 松浦寿輝(1928-1998)は、昭和後期から平成時代のフランス文学者、詩人、小説家です。 1928年、東京に生まれる。1952年、東京大学文学部フランス文学科を卒業後、東京外国語大学専任講師、助教授を歴任。1966年、東京外国語大学教授に昇任、1989年まで勤める。1989年、定年退官後、東京大学名誉教授に就任。 松浦寿輝は、フランス文学の研究者として、ブレーズ・パスカルの研究に重点を置き、パスカルの思想と生涯を明らかにする重要な貢献をしました。また、フランス文学の翻訳家としても活躍し、マルセル・プルーストやポール・ヴァレリーの翻訳など、多くの作品を翻訳しました。 さらに、松浦寿輝は、詩人としても活躍し、1956年、第一詩集『言葉の季節』を発表。1962年、第二詩集『白鳥の歌』を発表。1969年、第三詩集『詩人の歩み』を発表。1976年、第四詩集『宇宙の風』を発表。1983年、第五詩集『人生の旅』を発表。1990年、第六詩集『風のささやき』を発表。 また、松浦寿輝は、小説家としても活躍し、1978年、長編小説『風たちの詩』を発表。1985年、長編小説『海の見える丘』を発表。1992年、長編小説『風の旅人』を発表。 松浦寿輝は、1998年に死去しました。
文学分野の人

長田弘(1939-2015)→ 人間と詩の世界

- 詩と評論の架け橋 長田弘は、詩人であり評論家でもありました。彼の作品は、その独自の視点と鋭い洞察力によって多くの読者を魅了しました。 長田弘は、1939年に東京に生まれました。幼い頃から文学に興味を持ち、高校時代には詩を書き始めました。早稲田大学に進学した後も、詩作を続けながら、評論活動にも力を入れ始めました。 1960年代後半には、詩集『言葉の宇宙』、『時間の詩学』などで注目を集めました。1970年代には、評論集『言語の構造』、『詩の理論』を発表し、詩人としての地位を確立しました。 長田弘の詩は、日常の風景や出来事を題材にしながら、その奥にある深い意味を追求したものでした。また、彼は評論においても、詩の理論や構造を分析しながら、詩の可能性を追求しました。 長田弘は、詩と評論の架け橋となり、多くの読者に詩の世界を身近なものとし、詩の可能性を広げた詩人であり評論家でした。 -# 長田弘の詩の特徴 長田弘の詩は、その独自の視点と鋭い洞察力によって多くの読者を魅了しました。彼の詩の特徴としては、以下のことが挙げられます。 * 日常の風景や出来事を題材にしながら、その奥にある深い意味を追求していること。 * 言葉の持つ力を重視しており、言葉の響きや意味を巧みに駆使していること。 * 伝統的な詩の形式にとらわれず、自由な発想で詩を創作していること。 長田弘は、詩においても評論においても、固定観念や常識にとらわれることなく、常に新しいものを追求し続けました。その姿勢は、多くの読者に影響を与え、詩の世界をより豊かなものにしました。 -# 長田弘の評論の特徴 長田弘の評論は、その詩に対する深い理解と鋭い洞察力によって多くの読者を魅了しました。彼の評論の特徴としては、以下のことが挙げられます。 * 詩の理論や構造を分析しながら、詩の可能性を追求していること。 * 伝統的な詩の批評にとらわれず、自由な発想で詩を論じていること。 * 詩人の作品を単独で論じるだけではなく、詩の歴史や社会との関係など、広い視野から詩を捉えていること。 長田弘は、評論においても詩においても、独自の視点と鋭い洞察力によって、読者に新しい視点を提示しました。彼の作品は、多くの読者に詩の世界を身近なものとし、詩の可能性を広げたものとなりました。
文学分野の人

清岡卓行-漂泊の詩人

-清岡卓行の生涯- 清岡卓行は、1910年(明治43年)3月19日に、東京市小石川区(現・文京区)に生まれた。父は清岡保治、母はヒサ。保治は1872年(明治5年)に千葉県に生まれ、1894年(明治27年)に國學院大學を卒業して法曹界に入ったが、1903年(明治36年)に弁護士を廃業して政治運動に投じた。1904年(明治37年)には、日本社会党の結成に参加し、1905年(明治38年)には、東京市会議員に当選した。しかし、1906年(明治39年)に日本社会党が解散すると、政治運動から引退し、郷里の千葉県に帰郷した。 ヒサは、1879年(明治12年)に東京都に生まれ、日本女子大学校を卒業後、保治の妻となった。卓行は、保治とヒサの長男として生まれた。卓行は、幼少期から文学に興味を持ち、小学校6年生の時には、作文が東京市児童文集に掲載された。1923年(大正12年)に東京府立第一中学校に進学し、在学中は文芸部に所属して文学活動を続けた。1929年(昭和4年)に東京帝国大学文学部に入学し、フランス文学を専攻した。大学在学中は、同人誌「反逆」を創刊し、小説や評論を発表した。 1932年(昭和7年)に東京帝国大学を卒業後、卓行は出版社に就職した。しかし、すぐに退職して自由な生活を送るようになった。1933年(昭和8年)には、小説「交叉点」を発表して作家としてデビューした。1935年(昭和10年)には、詩集「流転」を発表して詩人としてもデビューした。卓行は、詩人としては、特に散文詩に優れており、その作品は日本近代詩史上に残る名作とされている。 1937年(昭和12年)には、日中戦争が勃発し、卓行は兵役に召集された。卓行は、満州に派遣され、2年間の従軍生活を送った。1939年(昭和14年)に除隊後は、東京に戻り、執筆活動を再開した。1941年(昭和16年)には、小説「帽子」を発表して芥川賞を受賞した。1944年(昭和19年)には、詩集「廃墟の鳩」を発表した。1945年(昭和20年)には、東京大空襲により自宅を焼失した。戦後は、東京と千葉県浦安市を往復しながら執筆活動を続けた。1972年(昭和47年)には、詩集「いのちの」を発表して読売文学賞を受賞した。1974年(昭和49年)には、詩集「風土記」を発表した。 1981年(昭和56年)4月25日に、卓行は東京都内の病院で死去した。享年71。卓行の死後、彼の作品は再評価され、日本近代文学史上の重要人物として認められるようになった。
音楽分野の人

飯守泰次郎の音楽人生-世界にその名を馳せた日本の指揮者

ハンブルクからエンスヘデへ 1950年、飯守泰次郎はハンブルク交響楽団の指揮者となります。当時のハンブルク交響楽団は、第二次世界大戦で大きな打撃を受けていましたが、飯守泰次郎の指揮のもと、すぐに復興を果たしました。飯守泰次郎は、ハンブルク交響楽団をヨーロッパ各地に巡演させ、国際的な名声を高めました。 1955年、飯守泰次郎はオランダのブラバント管弦楽団(現、エンスヘデ交響楽団)の首席指揮者に就任します。エンスヘデ交響楽団は、飯守泰次郎の指揮のもと、すぐに世界有数のオーケストラへと成長しました。飯守泰次郎は、エンスヘデ交響楽団をヨーロッパ各地やアメリカに巡演させ、多くの録音をリリースしました。 飯守泰次郎は、ハンブルク交響楽団とエンスヘデ交響楽団の指揮者として、ヨーロッパのオーケストラ界に大きな影響を与えました。彼は、オーケストラの規律と技術の向上に努め、ヨーロッパのオーケストラの演奏水準を引き上げました。また、飯守泰次郎は、現代音楽の演奏にも熱心であり、多くの現代音楽作品を初演しました。 飯守泰次郎は、1977年にエンスヘデ交響楽団の首席指揮者を退任しますが、その後も客演指揮者として世界各地のオーケストラを指揮し続けました。飯守泰次郎は、1996年に83歳で亡くなりましたが、彼の音楽は今も世界中で演奏され続けています。
芸能分野の人

観世栄夫-多才な能楽師と俳優の生涯

観世栄夫-多才な能楽師と俳優の生涯 観世栄夫(1937-2016)は、伝統的な能楽の分野で多大な実績を残し、さらに俳優としても活躍した人物です。 能楽師としての実績 観世栄夫は、京都の能楽の名門「観世流」に生まれ、幼い頃から能を学び始めました。18歳のときに初シテ(演者のひとりで、重要人物)を務め、その才能を早くから発揮しました。 1966年に「人間国宝」に認定され、能楽の分野で最高峰の称号を得ました。観世栄夫は、シテのみならず、ワキ(演者のひとりで、物語の語り手)や囃子方の役も務め、その芸の幅広さと高さを評価されました。 特に、観世栄夫が得意とした演目に「石橋」があります。「石橋」は、高僧が石橋のふもとで、亡くなった妻との思い出に思いを馳せながら、やがて悟りを開くという物語です。観世栄夫は、この演目で、高僧の深い悲しみと悟りの境地を、繊細かつ力強く表現し、観客を魅了しました。 また、観世栄夫は、能楽の普及にも努めました。海外公演やワークショップを開催し、能楽の素晴らしさを世界に発信しました。また、テレビ番組に出演したり、映画や舞台で活躍したりするなど、能楽の枠を超えて活動しました。 観世栄夫は、伝統的な能楽の芸を継承しつつ、新しい表現にも挑戦した多才な能楽師でした。彼の残した功績は、能楽界のみならず、日本の芸能界全体に大きな影響を与えました。
芸能分野の人

坂東三津五郎(10代) – 数々の賞に輝く歌舞伎の名優

坂東三津五郎(10代) - 数々の賞に輝く歌舞伎の名優 歌舞伎界のレジェンド、坂東三津五郎(10代)の軌跡 坂東三津五郎(10代)は、歌舞伎界のレジェンドとして知られる名優です。初代坂東三津五郎を祖とする名門歌舞伎の家に生まれ、幼い頃から歌舞伎の世界に親しみました。1951年に初舞台を踏み、その卓越した演技力でたちまち頭角を現しました。 以降、坂東三津五郎(10代)は数多くの舞台に出演し、その名声を確立しました。歌舞伎の古典演目から新作歌舞伎まで幅広い演目をこなし、どの役柄も圧倒的な存在感で演じました。また、その演技力は国内のみならず、海外でも高く評価され、海外公演も数多く行いました。 坂東三津五郎(10代)は、その功績を認められ、数々の賞を受賞しています。1993年には人間国宝に認定され、2002年には文化勲章を受章しました。また、1995年には歌舞伎界最高峰の栄誉である「豊竹呂昇賞」を受賞し、歌舞伎界の頂点に登りつめました。 坂東三津五郎(10代)は、歌舞伎界を牽引するトップスターとして、常に第一線で活躍し続けました。その演技力は、歌舞伎ファンを魅了し、歌舞伎の世界に新たな息吹を吹き込みました。2017年に惜しまれつつ亡くなりましたが、その功績は歌舞伎界の歴史に永遠に刻まれるでしょう。
文学分野の人

「平岩弓枝」

-平岩弓枝の時代小説- 平岩弓枝は、日本の小説家であり、時代小説を中心に多くの作品を発表しました。その作品は、そのリアリティのある描写と、人間の本質を鋭く切り取った洞察力で、多くの読者から支持されています。ここでは、平岩弓枝の時代小説の特徴をご紹介します。 -リアリティのある描写- 平岩弓枝の時代小説は、そのリアリティのある描写が特徴です。その作品の中で描かれるのは、江戸時代の武家社会や庶民の暮らしであり、その描写は、まるでその場に自分がいるかのように感じさせるほどです。これは、平岩弓枝が、江戸時代の史料を綿密に調べ上げ、その時代の生活や風俗を再現しているためです。 -人間の本質を鋭く切り取った洞察力- 平岩弓枝の時代小説は、人間の本質を鋭く切り取った洞察力が特徴です。その作品の中で描かれるのは、様々な人間模様であり、その人間模様は、時代を超えて、現代の読者にも通じるものがあります。これは、平岩弓枝が、人間の本質を深く理解しており、その理解を作品の中で巧みに表現しているためです。 -歴史の視点からの時代小説- 平岩弓枝の時代小説は、歴史の視点から書かれています。平岩弓枝は、江戸時代の史料を綿密に調べ上げ、その時代の生活や風俗を再現しています。また、その作品の中で描かれるのは、様々な人間模様であり、その人間 模様は、時代を超えて、現代の読者にも通じるものです。これは、平岩弓枝が、歴史の視点から、人間の本質を見つめているためです。 -平岩弓枝の時代小説の魅力- 平岩弓枝の時代小説の魅力は、そのリアリティのある描写、人間の本質を鋭く切り取った洞察力、そして歴史の視点から書かれているところです。その作品は、読者を引き込み、江戸時代の武家社会や庶民の暮らしを体験させてくれます。また、その作品の中で描かれる人間模様は、時代を超えて、現代の読者にも通じるものがあり、共感することができます。平岩弓枝の時代小説は、そのリアリティのある描写、人間の本質を鋭く切り取った洞察力、そして歴史の視点から書かれているところで、読者に愛されています。
文学分野の人

「津島佑子」-昭和後期-平成時代の小説家

- 津島佑子の生い立ちと経歴 津島佑子は、1947年9月26日に大阪府大阪市に生まれました。父は大阪大学医学部教授の津島寿一、母は小説家の津島美知子です。佑子は、両親の長女として、裕福な家庭に育ちました。 佑子は、幼い頃から文学に親しみ、小学校高学年頃から小説を書き始めました。中学2年生の時に、母美知子の勧めで「津島佑子」というペンネームで小説「誕生日」を「女学生の友」に投稿し、入選を果たしました。高校時代には、同人誌「橋」に参加し、小説やエッセイを発表していました。 1966年、佑子は京都大学文学部に入学しました。在学中は、演劇部に所属し、学生運動にも積極的に参加していました。1970年、佑子は京都大学を卒業し、東京に上京しました。出版社に就職し、編集者として働きました。しかし、佑子は文学への情熱を捨てきれず、1972年に編集者を辞めて、専業作家となりました。 佑子は、1973年に小説「葎の母」で第34回女流文学賞を受賞し、一躍注目を浴びました。その後も、佑子はコンスタントに小説を発表し、多くの文学賞を受賞しました。1981年には、小説「火の山」で第80回芥川賞を受賞しました。 佑子の作品は、主に女性を主人公としたもので、女性の生き方や恋愛を繊細な筆致で描いています。佑子は、女性が社会の中で生きることの難しさを鋭く見つめ、女性解放の必要性を訴えてきました。 佑子は、2008年9月8日に東京都内で亡くなりました。享年60歳でした。佑子の死は、日本の文壇に大きな衝撃を与えました。佑子は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した、最も重要な小説家の1人です。
芸能分野の人

平成時代の演出家「熊林弘高」

劇場で新しい表現に挑戦し続けた演出家・熊林弘高は、1994年に創立されたシアタープロジェクト・東京(TPT)で活躍した。TPTは、熊林弘高をはじめとする演出家、俳優、スタッフが集まって設立された実験的な劇団であり、東京をはじめ、大阪、名古屋など各地で公演を行った。 熊林弘高はTPTで、さまざまな作品を演出した。その中でも特に注目を集めたのが、1995年に上演された『マクベス』である。この作品は、シェイクスピアの古典を現代風にアレンジしたもので、熊林弘高ならではの演出が光っていた。熊林弘高は、舞台を現代の東京に設定し、マクベスをサラリーマン、レディ・マクベスをOLという設定にした。また、音楽も現代的なロックを使用し、観客に衝撃を与えた。 『マクベス』の成功により、熊林弘高はTPTでの地位を確立した。熊林弘高はその後もTPTで精力的に活動し、数々の作品を演出した。その中でも特に代表的な作品としては、1998年に上演された『ハムレット』、2000年に上演された『リア王』などがある。 熊林弘高の演出は、常に新しい表現に挑戦する姿勢が特徴だった。熊林弘高は、古典を現代風にアレンジしたり、新しい音楽や舞台装置を使用したりすることで、観客に新しい演劇体験を提供した。熊林弘高の演出は、日本の演劇界に大きな影響を与え、多くの演出家が熊林弘高の演出を参考にしている。 熊林弘高は、2018年に亡くなったが、熊林弘高の演出は今もなお日本の演劇界で受け継がれている。熊林弘高の演出は、常に新しい表現に挑戦する姿勢が特徴であり、日本の演劇界に大きな影響を与えた。
美術分野の人

難波田竜起-昭和-平成時代の洋画家

高村光太郎に師事 昭和初期、難波田竜起は東京芸術大学を卒業して間もなく、彫刻家であり詩人でもある高村光太郎に師事しました。高村光太郎は、詩人として「智恵子抄」で知られ、彫刻家としては「道程」などの作品で知られています。高村光太郎の指導の下で、難波田竜起は芸術に対する深い理解と、独自のスタイルを確立していきました。 高村光太郎は、難波田竜起に芸術の基礎を教えるだけでなく、芸術に対する情熱と、芸術家の生き方について教えました。高村光太郎は、芸術家は社会の中で重要な役割を果たしており、芸術を通じて社会に貢献することが芸術家の使命であると考えていました。難波田竜起は、高村光太郎の教えを忠実に守り、生涯を通じて芸術を通じて社会に貢献し続けました。 高村光太郎は、難波田竜起の芸術を高く評価しており、難波田竜起の作品を「日本画壇の逸才」と評しました。高村光太郎は、難波田竜起の作品に、日本画の伝統と西洋画の技法を融合させた独自のスタイルを見出し、難波田竜起の芸術を高く評価しました。 難波田竜起は、高村光太郎の指導を受けながら、独自のスタイルを確立していきました。難波田竜起の作品は、日本画の伝統と西洋画の技法を融合させたもので、独特の雰囲気を持っています。難波田竜起の作品は、国内外で高く評価されており、多くの美術館や個人に所蔵されています。
文学分野の人

『桂信子』-現代俳句の叙情詩人

日野草城に師事した桂信子 桂信子は、1902年(明治35年)に兵庫県に生まれ、1980年(昭和55年)に亡くなった俳人です。現代俳句を代表する作家の一人で、叙情的な作風で知られています。 桂信子は、1921年(大正10年)に日野草城に入門します。日野草城は、当時ホトトギス派の重鎮であり、桂信子にとって大きな影響を与えました。桂信子は、日野草城から俳句の基礎を学び、また、叙情的な作風を身につけていきます。 桂信子は、1927年(昭和2年)に第一句集『早苗』を刊行します。この句集は、日野草城の影響を強く受けたものであり、叙情的な作風が特徴的です。桂信子は、この句集で俳壇に注目され、現代俳句を代表する作家の一人となります。 桂信子は、その後も精力的に作品を発表し、1954年(昭和29年)には第二句集『野菊』を刊行します。この句集では、より深みのある叙情的な作風が特徴的です。桂信子は、この句集で俳壇から高い評価を受け、現代俳句の第一人者としての地位を確立します。 桂信子は、1975年(昭和50年)に文化功労者に選ばれ、1980年(昭和55年)に亡くなるまで、精力的に作品を発表し続けました。桂信子は、叙情的な作風で現代俳句に大きな影響を与えた作家であり、その作品は今もなお多くの人々に愛されています。
音楽分野の人

沼尻竜典-日本が誇る世界的指揮者

-生い立ちと教育- 沼尻竜典は、1960年、東京に生まれた。幼少期から音楽に興味を持ち、4歳からピアノ、7歳からヴァイオリンを学び始める。12歳の時、桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室に入学し、本格的に音楽の勉強を始める。桐朋学園では、指揮を小澤征爾氏、ピアノを中村紘子氏、ヴァイオリンを江藤俊哉氏に師事する。 1978年、桐朋学園高校を卒業し、東京藝術大学音楽学部指揮科に入学する。東京藝術大学では、指揮を岩城宏之氏、ピアノを中村紘子氏に師事する。1982年、東京藝術大学を卒業し、指揮の道を歩み始める。 卒業後は、国内外のオーケストラで指揮を振り、1985年に、イタリアのスポレート音楽祭に招聘され、イタリアデビューを果たす。1987年には、ニューヨークのカーネギーホールで指揮を振り、米国デビューを果たす。その後、世界各地の主要なオーケストラで指揮を振り、国際的な指揮者として活躍するようになる。
美術分野の人

書家の船本芳雲について

- 書家の船本芳雲について -# 船本芳雲のプロフィール 船本芳雲(ふなもとほううん、1904年5月24日 - 2010年2月15日)は、昭和から平成期に活躍した日本の書家。本名は船本義勝。 1904年、岐阜県武儀郡生まれ。1924年、東京帝国大学文学部に入学。在学中に独学で書道を始める。1928年、東京帝国大学文学部卒業。1930年、第1回書道展に初入選。以後、数多くの展覧会に出品を重ねる。1954年、第1回毎日書道展に審査員として参加。1956年、毎日書道展理事に就任。1961年、日本書芸院会員に推挙される。1963年、日本書芸院理事長に就任。1965年、勲四等旭日小綬章を受章。1967年、日本芸術院会員に選出される。1971年、東京芸術大学教授に就任。1975年、東京芸術大学学長に就任。1976年、勲三等旭日中綬章を受章。1977年、東京芸術大学退官。1980年、日本書芸院総裁に就任。1984年、文化功労者に選出される。1987年、日本芸術院院長に就任。1991年、勲一等旭日大綬章を受章。2010年、肺炎のため死去。 船本芳雲は、漢字の美しさを追求した書家として知られる。漢字の成り立ちや意味を深く理解し、それを独自の書風に昇華させた。船本芳雲の書は、力強く躍動感があり、見る者を圧倒する迫力がある。また、船本芳雲は書道教育にも力を入れ、多くの弟子を育てた。船本芳雲の死後も、その書風は弟子たちによって受け継がれ、日本の書道界に大きな影響を与え続けている。
芸能分野の人

「平幹二朗」

-平幹二朗の生涯と功績- 平幹二朗(本名平幹二朗)は、1933年1月15日に京都府京都市で生まれた日本の俳優である。 1956年に劇団「俳優座」に入り、1958年に映画「黒い河」でデビューした。その後、数多くの映画やテレビドラマに出演し、1960年代には「平幹二朗の赤いシリーズ」と呼ばれるテレビドラマシリーズで人気を博した。 1970年代以降は、映画やテレビドラマだけでなく、舞台でも活躍し、1980年に「ハムレット」で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。また、1983年に「平幹二朗一座」を結成し、自ら座長として舞台公演を行った。 平幹二朗は、1990年代以降も映画やテレビドラマ、舞台に出演し続け、2016年12月13日に肺炎のため死去した。享年83歳であった。 平幹二朗は、日本の演劇界を代表する俳優の一人であり、その功績は大きく評価されている。1993年には、紫綬褒章を受章し、2003年には、旭日小綬章を受章した。 平幹二朗の代表作には、以下の作品がある。 * 映画「黒い河」(1958年) * 映画「キューポラのある街」(1962年) * 映画「赤ひげ」(1965年) * 映画「千利休 本覺坊遺文」(1989年) * テレビドラマ「平幹二朗の赤いシリーズ」(1966年) * テレビドラマ「白い巨塔」(1966年) * テレビドラマ「砂の器」(1974年) * テレビドラマ「黄金の日日」(1978年) * 舞台「ハムレット」(1980年) * 舞台「平幹二朗一座のハムレット」(1983年)
芸能分野の人

歌舞伎俳優中村吉右衛門(2代)

-中村吉右衛門(2代)の生い立ちと芸歴- 中村吉右衛門(2代)は、1885年(明治18年)1月17日、東京に生まれました。本名は、斎藤武郎です。父は、歌舞伎俳優の中村吉右衛門(初代)、母は、女優の沢村美穂です。 吉右衛門(2代)は、幼い頃から歌舞伎の舞台に親しみ、13歳の時に初舞台を踏みました。1903年(明治36年)に、父が亡くなり、19歳で中村吉右衛門(2代)を襲名しました。 吉右衛門(2代)は、父と同じく立役として活躍し、特に荒事・世話事を得意としました。1923年(大正12年)の関東大震災では、歌舞伎座が焼失しましたが、吉右衛門(2代)は、一座を率いて各地を巡業し、歌舞伎の存続に尽力しました。 1931年(昭和6年)、吉右衛門(2代)は、国民栄誉賞を受賞しました。1945年(昭和20年)の終戦後も、吉右衛門(2代)は、歌舞伎の発展に貢献し、1967年(昭和42年)に、文化勲章を受章しました。 吉右衛門(2代)は、1970年(昭和45年)1月28日に、84歳で亡くなりました。 -芸風- 吉右衛門(2代)は、立役として活躍し、特に荒事・世話事を得意としました。荒事では、豪快で勇壮な演技が特徴で、世話事では、繊細で心情を込めた演技が特徴でした。 吉右衛門(2代)は、また、新しい歌舞伎の演出にも積極的に取り組みました。1929年(昭和4年)には、坪内逍遥の戯曲『桐一葉』を歌舞伎化した『新版桐一葉』を上演し、大きな話題となりました。 -主な当たり役- 吉右衛門(2代)の主な当たり役には、以下のようなものがあります。 * 荒事 『勧進帳』の弁慶、『助六由縁江戸桜』の助六、『義経千本桜』の梶原景時 * 世話事 『曾根崎心中』のお初、『心中天の網島』のおさん、『女殺油地獄』のお吉
学術分野の人

大峰あきら

大峰あきら(1930年2月10日 - 2004年11月12日)は日本の俳優である。本名は杉本省吾。福岡県嘉穂郡糒町(現・嘉麻市)出身。 大峰あきらの生涯 幼少期 大峰あきら(杉本省吾)は、1930年(昭和5年)2月10日に福岡県嘉穂郡糒町(現・嘉麻市)で生まれた。父は炭鉱労働者、母は専業主婦であった。 中学校時代 大峰あきらは、糒町立糒中学校(現・嘉麻市立糒中学校)に入学した。中学校時代は、野球部に所属していた。 高校時代 大峰あきらは、福岡県立嘉穂高等学校に入学した。高校時代は、演劇部に所属していた。 大学時代 大峰あきらは、早稲田大学第一文学部に入学した。早稲田大学在学中は、演劇部に所属し、多くの舞台に立った。 俳優デビュー 大峰あきらは、1952年(昭和27年)、早稲田大学卒業後、東映に入社した。東映入社後は、多くの映画に出演し、人気俳優となった。 テレビドラマ出演 大峰あきは、1960年(昭和35年)、『七人の刑事』でテレビドラマデビューを果たした。その後、『大河ドラマ』や『水戸黄門』などの人気テレビドラマに出演し、国民的な俳優となった。 晩年 大峰あきは、2000年(平成12年)に脳梗塞で倒れ、俳優業を引退した。2004年(平成16年)11月12日、脳梗塞のため死去した。享年74歳。
音楽分野の人

鈴木雅明

-鈴木雅明の経歴- 鈴木雅明は、1960年生まれの日本の男性。銀行員、政治家として活躍した。法政大学経済学部を卒業後、1983年に日本勧業銀行(現みずほ銀行)に入行。1993年に金融庁企画審査室へ出向。2001年に日本勧業銀行を退任し、翌2002年に衆議院議員選挙に出馬し、初当選。2012年には内閣府副大臣に就任。2014年には金融担当大臣に就任。2020年まで金融担当大臣を務めた。 鈴木雅明のこれまでの経歴は、金融業界と政治の両方で活躍してきた。金融業界では、日本勧業銀行に入行後、企画審査室へ出向。また、金融庁で金融政策の立案や監督業務に携わった。政治の分野では、2002年に衆議院議員選挙に出馬し、初当選。その後、内閣府副大臣、金融担当大臣を歴任した。 鈴木雅明の金融政策は、金融の安定と成長を両立させることを目指している。金融の安定を確保するために、金融機関の健全性の維持と金融システムの安定性を重視している。金融の成長を促進するためには、企業への融資の円滑化や資本市場の活性化を重視している。 鈴木雅明は、金融界と政治界の両方で活躍してきた経験豊富な人物である。金融政策に精通しており、金融の安定と成長を両立させることを目指している。
文学分野の人

鍵和田秞子とは?-昭和後期から平成時代にかけて活躍した俳人の経歴と業績

鍵和田秞子は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した俳人です。1925年(大正14年)に東京府東京市(現在の東京都)に生まれ、2002年(平成14年)に死去しました。 鍵和田秞子は、本名を鍵和田正子といい、旧姓は須田です。父は子爵の須田河太郎、母はドイツで医師をしていたゲオルグ・コッホの娘です。秞子は、東京府立第五高等女学校(現在の東京都立小石川中等教育学校)を卒業後、東京女子医科大学に入学しました。しかし、結核を発症して中退し、療養生活を送りました。 療養中に俳句を始め、1941年(昭和16年)に「ホトトギス」に投句して、初めて入選しました。1945年(昭和20年)に「池袋」に投句して、高浜虚子に認められ、ホトトギス同人となりました。 1950年(昭和25年)に句集『玉虫』を出版し、俳壇にデビューしました。1954年(昭和29年)には、日本伝統俳句協会を設立し、会長に就任しました。1959年(昭和34年)には、句集『蒙古の歌』で第1回現代俳句協会賞を受賞しました。 1965年(昭和40年)には、句集『鳴海潟』で第1回俳人協会賞を受賞しました。1972年(昭和47年)には、句集『筑波嶺』で第2回現代俳句大賞を受賞しました。1980年(昭和55年)には、句集『月山」で第7回俳人協会賞を受賞しました。 1992年(平成4年)には、句集『望郷」で第24回現代俳句大賞を受賞しました。1997年(平成9年)には、句集『花氷」で第1回朝日俳壇大賞を受賞しました。 鍵和田秞子は、叙情的な作風で知られ、多くの名句を残しました。代表句としては、「恋しくて草を踏みつけし寝ころびぬ」「朝顔に日はともりけり種蒔く日」「海鳴りて空に星あり冬終らん」などがあります。 鍵和田秞子は、2002年(平成14年)に死去しましたが、その作品は今もなお多くの人に愛されています。
文学分野の人

辻原登- 昭和後期から平成時代の小説家

-辻原登の生涯と歩み- 辻原登は、1925年(大正14年)10月15日に東京で生まれた。父は小説家の辻原旋、母は俳人の辻原朝子である。1948年(昭和23年)に東京大学文学部日本文学科を卒業。同年、新潮社に入社し、雑誌『新潮』の編集者を務める。1953年(昭和28年)に「海」で芥川賞を受賞。1955年(昭和30年)には「花の降る午後」で直木賞を受賞。1965年(昭和40年)には、雑誌『文学界』の編集長に就任。1972年(昭和47年)には、早稲田大学教授に就任。1986年(昭和61年)には、日本芸術院会員に選出された。1996年(平成8年)10月24日に死去。70歳没。 辻原登は、1955年(昭和30年)に発表した長編小説『花の降る午後』を代表作とする。この作品は、戦争中に疎開先の田舎で過ごした少年の青春を描いたもので、その清新な文体と繊細な心理描写で高く評価された。辻原登は、この作品で直木賞を受賞し、一躍文壇の第一線に躍り出た。 辻原登は、1965年(昭和40年)に雑誌『文学界』の編集長に就任し、1980年代までその任を務めた。辻原登は編集長として、多くの新進気鋭の作家を育て、日本の文壇に大きな影響を与えた。辻原登は、1972年(昭和47年)に早稲田大学教授に就任し、1986年(昭和61年)に日本芸術院会員に選出された。辻原登は、優れた作家であり、また編集者としても文壇に貢献した。
美術分野の人

秋山陽(1953- )陶芸家

秋山陽の略歴 1953年、神奈川県横浜市に生まれる。 1978年、東京藝術大学大学院美術研究科陶芸専攻を修了する。 1980年、第5回日本伝統工芸展に入選する。 1981年、第6回日本伝統工芸展にて特選を受賞する。 1982年、第7回日本伝統工芸展にて再び特選を受賞する。 1983年、第8回日本伝統工芸展にて三賞を受賞する。 1984年、第9回日本伝統工芸展にて四賞を受賞する。 1985年、第10回日本伝統工芸展にて再び三賞を受賞する。 1986年、第11回日本伝統工芸展にて四賞を受賞する。 1987年、第12回日本伝統工芸展にて三賞を受賞する。 1988年、第13回日本伝統工芸展にて四賞を受賞する。 1989年、第14回日本伝統工芸展にて三賞を受賞する。 1990年、第15回日本伝統工芸展にて四賞を受賞する。 1991年、第16回日本伝統工芸展にて三賞を受賞する。 1992年、第17回日本伝統工芸展にて四賞を受賞する。 1993年、第18回日本伝統工芸展にて三賞を受賞する。 1994年、第19回日本伝統工芸展にて四賞を受賞する。 1995年、第20回日本伝統工芸展にて三賞を受賞する。 1996年、第21回日本伝統工芸展にて四賞を受賞する。 1997年、第22回日本伝統工芸展にて三賞を受賞する。 1998年、第23回日本伝統工芸展にて四賞を受賞する。 1999年、第24回日本伝統工芸展にて三賞を受賞する。 2000年、第25回日本伝統工芸展にて四賞を受賞する。
文学分野の人

竹西寛子

-竹西寛子の生涯- 竹西寛子は、明治42年(1909年)9月25日に千葉県夷隅郡岬村(現在の夷隅市)に生まれました。幼い頃から成績優秀で、1929年(昭和4年)に東京女子大学に入学し、英文科で学びました。卒業後は、1933年(昭和8年)に日本勧業銀行に入行しました。 日本勧業銀行では、外資部で勤務し、外国為替の取引を担当しました。1940年(昭和15年)には、満州国に出張し、満州中央銀行で勤務しました。1945年(昭和20年)に日本に帰国し、日本勧業銀行に復職しました。 1947年(昭和22年)には、日本勧業銀行の取締役となり、1951年(昭和26年)には、副頭取に就任しました。1955年(昭和30年)には、日本勧業銀行の頭取に就任し、日本の女性初の銀行頭取となりました。 竹西寛子は、頭取在任中に、日本勧業銀行の経営改革を進め、銀行の近代化に努めました。また、中小企業の振興にも力を入れ、中小企業金融公庫の設立に尽力しました。 1967年(昭和42年)に、竹西寛子は、日本勧業銀行の頭取を退任しました。退任後は、日本経済団体連合会の副会長や、日本国際貿易促進協会の会長などを務めました。 竹西寛子は、1997年(平成9年)12月29日に、老衰のため東京都内の病院で死去しました。享年88歳でした。 竹西寛子は、日本の女性初の銀行頭取として、日本の金融界に大きな足跡を残しました。また、中小企業の振興にも力を入れ、日本の経済発展に貢献しました。
美術分野の人

坂茂 - 紙の建築家

紙管建築で注目を集めた建築家坂茂 坂茂は、1957年東京都生まれの建築家です。1980年に東京大学工学部建築学科を卒業後、安藤忠雄氏のアトリエで働きます。1985年に独立し、坂茂建築設計事務所を設立しました。 坂茂は、紙管建築で注目を集めた建築家です。紙管建築とは、紙管を主な材料として使用した建築物のことをいいます。坂茂は、紙管の耐久性や耐火性に注目し、この素材を用いた建築物を数多く設計してきました。 坂茂の紙管建築で最も有名なのは、1995年に発生した阪神・淡路大震災の際に設計した仮設住宅「紙管ハウス」です。この住宅は、紙管を骨組みとして使用し、テント地で覆った簡易な構造となっています。しかし、この住宅は、居住者のプライバシーを確保し、冬でも暖かく過ごすことができるなど、高い評価を受けました。 坂茂は、紙管建築以外にも、竹や段ボールなどの再生可能な素材を使用した建築物も数多く設計しています。また、坂茂は、災害時の仮設住宅の設計にも積極的に取り組んでいます。坂茂の建築物は、環境に優しく、災害に強いという特徴を持っており、世界中から注目を集めています。 坂茂は、2014年にプリツカー賞を受賞しました。プリツカー賞は、建築界のノーベル賞とも呼ばれる権威ある賞です。坂茂は、紙管建築や再生可能な素材を使用した建築物などの功績が評価されて、この賞を受賞しました。 坂茂は、紙管建築を通じて、建築の可能性を広げ、社会に貢献しています。坂茂の建築物は、世界中から注目を集めており、今後も坂茂の活躍が期待されています。
美術分野の人

森山大道:写真界に多大なる影響を及ぼした昭和後期の傑出した写真家

森山大道日本写真界のパイオニア 森山大道は、昭和後期の傑出した写真家で、日本写真界に多大なる影響を与えました。1938年、大阪に生まれ、1961年に東京写真大学を卒業後、フリーランスの写真家として活動を開始しました。 森山大道は、スナップショットのようなストリートフォトグラフィーのスタイルで知られ、鋭い観察眼と独自の視点で社会の矛盾や人間の存在を捉えています。また、セルフポートレートやヌードなど、私的なテーマの写真も数多く制作しています。 森山大道の作品は、国内外で高く評価され、多くの賞を受賞しています。代表作には、写真集『三沢』『東京』『終末への道』などがあり、これらの作品は世界中の美術館やギャラリーで展示されています。 森山大道は、日本写真界のパイオニアであり、その作品は、写真という媒体の可能性を押し広げ、写真界に大きな変革をもたらしました。 森山大道の作品の特徴の一つは、モノクロ写真を多用していることです。モノクロ写真の特徴である光と影の明暗が、森山大道の写真に独特の緊張感を与えています。 また、森山大道の作品には、ボケやブレが生じている写真も多くあります。これは森山大道が手ブレやピントのズレを厭わずにシャッターを切るためです。森山大道の写真は、スナップショット的な要素が強いですが、背景には綿密な計算がなされています。構図や光の使い方、被写体の配置など、森山大道の作品は、写真としての完成度が高いのが特徴です。 森山大道の作品は、その鋭い観察眼と独自の視点で社会の矛盾や人間の存在を捉えています。森山大道の作品には、写真を通して世界を見つめ直すメッセージが込められています。