比叡山延暦寺

芸術家

香取正彦 – 昭和を代表する鋳金家

-香取正彦の生涯と功績- 香取正彦は、1909年に東京に生まれ、1974年に亡くなった日本の鋳金家です。彼は、日本の鋳金界の第一人者として知られ、その作品は国内外で高く評価されています。 香取正彦は、東京美術学校を卒業後、鋳金家として活動を始める。1937年に、国画展に出品した作品が特選入選し、一躍その名を轟かせた。その後も、数々の展覧会に出品し、その作品は国内外で高く評価されることとなる。 香取正彦の鋳金作品は、その精緻な技巧と、独創的なデザインで知られている。彼は、伝統的な鋳金技法を用いながらも、独自の作風を確立した。彼の作品は、日本の鋳金界に大きな影響を与え、多くの鋳金家を育て上げた。 香取正彦は、鋳金家としてだけでなく、教育者としても活躍した。彼は、東京藝術大学で教鞭を執り、多くの学生を育て上げた。また、日本鋳金家協会の会長も務め、日本の鋳金界の発展に貢献した。 香取正彦は、日本の鋳金界の第一人者として、その名を歴史に刻んだ偉大な芸術家である。
歴史上の偉人

→ 朝日丹波(1705-1783)

生い立ちと家系 朝日丹波は、1705年、備中国芳井郡(現在の岡山県倉敷市)に生まれました。家は代々町医者で、父は朝日範意。弟に朝日寛、朝日友成。叔父に朝日友貞がいます。医師としての一族でありました。 若い頃から医学を学び、1726年に江戸に上って伊藤玄朴に師事しました。伊藤玄朴は、当時、日本における医学の第一人者であり、朝日丹波は、伊藤玄朴から、西洋医学の基礎を学びました。 1730年に、朝日丹波は、江戸から帰国した後、大阪に開業しました。しかし、朝日丹波は、西洋医学を積極的に取り入れ、従来の漢方医学とは異なる医学を展開したため、他の医師たちから反発を受けました。 1738年、朝日丹波は、大阪を離れて、京都に移住しました。京都では、朝日丹波は、西洋医学の普及に努め、多くの弟子を育てました。また、朝日丹波は、多くの医学書を執筆し、西洋医学の普及に貢献しました。 1783年、朝日丹波は、京都で死去しました。享年79歳でした。朝日丹波は、西洋医学の普及に努めた功績により、日本における医学の発展に大きな貢献をした人物として評価されています。
歴史上の偉人

教真-平安時代中期-後期の僧侶

-# -比叡山延暦寺の学僧- 比叡山延暦寺は、平安時代中期から後期にかけて、多くの学僧を輩出し、日本の仏教界をリードした。その代表的な学僧には、以下の3人が挙げられる。 -1.慈覚大師円仁(794~864)- 円仁は、桓武天皇の勅命を受けて、804年に唐に渡り、天台宗を学び、806年に帰国した。帰国後は、比叡山延暦寺に止観院を建立し、天台宗の教えを広めた。また、多くの弟子を育成し、比叡山延暦寺を日本仏教の中心地とした。 -2.智証大師円珍(814~891)- 円珍は、円仁の弟子の一人で、838年に唐に渡り、847年に帰国した。帰国後は、比叡山延暦寺に円宗寺を建立し、天台宗の教えを広めた。また、多くの弟子を育成し、比叡山延暦寺を日本仏教の中心地とした。 -3.良源(844~918)- 良源は、円仁の弟子の一人で、868年に比叡山延暦寺に入山した。907年に比叡山延暦寺の座主となり、天台宗の教えを広めた。また、多くの弟子を育成し、比叡山延暦寺を日本仏教の中心地とした。 以上、3人の学僧が、比叡山延暦寺の学僧として、日本の仏教界をリードした。
歴史上の偉人

平安時代の僧侶「義海」の生涯

-平安時代の僧侶「義海」の生涯- -義海の生い立ちと修行時代- 義海は、平安時代前期の僧侶です。822年、下野国河内郡(現在の栃木県河内郡上三川町)に生まれました。幼名は海雄(かいゆう)です。父は、河内郡司の藤原常永(ふじわらつねなが)です。母は、常永の妻の藤原広子(ふじわらひろこ)です。義海は、夫婦の間に生まれた9人兄弟の末子でした。 義海は幼い頃に聡明さを発揮し、7歳の時に、下野国の国分寺に入寺しました。15歳の時に、京都の東寺に留学し、密教を学びました。東寺では、空海(くうかい)の弟子である恵運(えうん)に師事しました。 恵運は、義海に密教の奥義を授け、義海は密教の行者としてすぐれた才能を発揮しました。恵運が亡くなった後は、義海が東寺の密教の指導者となりました。 義海は、密教に加えて、法華経の研究にも励みました。法華経は、大乗仏教の経典の一つであり、義海は法華経の教えを人々に説いて、教化活動を行いました。 義海は、902年に亡くなりました。享年81歳でした。義海は、密教と法華経の両方の行者として活躍した、平安時代前期の代表的な僧侶の一人です。