比宮

歴史上の人物

「お幸の方」

「お幸の方」とは、江戸時代中期の徳川家重の側室で、徳川家治の生母である。家重は、徳川吉宗の六男として生まれ、享保20年(1735年)に将軍職を継いだ。家重は、体質が弱く、病気がちであったため、政治は側用人である田沼意次らに任せていた。 お幸の方は、享保13年(1728年)に江戸で生まれた。本名は、久留島喜多。旗本である久留島通嘉の娘であった。お幸の方は、容姿端麗で、性格も温厚であったため、家重の寵愛を得た。 お幸の方は、延享3年(1746年)に、家治を生んだ。家治は、家重の三男であり、若くして将軍職を継いだ。お幸の方は、家治の生母として、江戸城の大奥で権勢を誇った。 お幸の方は、宝暦13年(1763年)に亡くなった。享年36歳であった。お幸の方は、家重の側室の中で最も愛された女性であり、その死は家重に大きな悲しみを与えた。 お幸の方は、江戸時代中期の徳川将軍家の歴史の中で、重要な役割を果たした女性である。お幸の方の生涯は、徳川将軍家の興亡を物語る貴重な史料となっている。
歴史上の人物

徳川家重の妻「証明院」

証明院の生涯 証明院(1706年 - 1784年)は、江戸時代中期の女性。徳川家重の正室。俗名は千代姫。父は越前福井藩主・松平吉品。母は家重の兄・家宣の娘・政子。 千代姫は、1706年に江戸城で生まれた。1721年、16歳の時に家重と結婚し、大奥に入った。家重は、1716年に将軍に就任したが、生来病弱で、政務にはあまり関心がなかった。そのため、実権は側用人たちの手に委ねられていた。 千代姫は、家重の病気を看病し、大奥を取り仕切った。1735年、家重の死後、落飾して証明院と号した。証明院は、江戸城に隠居し、1784年に79歳で死去した。 証明院は、生前、聡明で慈悲深い人物として知られていた。また、和歌や書道をよくし、多くの作品を残した。証明院の生涯は、江戸時代中期の女性の生き方を示す貴重な資料となっている。