民族学者

学術分野の人

篠遠喜彦:楽園の考古学者

-篠遠喜彦楽園の考古学者- -アメリカとハワイでの研究生活- 篠遠喜彦氏は、1935年、兵庫県西宮市に生まれた考古学者である。父は、大阪大学で農学を教えた篠遠修平氏である。 篠遠氏は、東京大学文学部卒業後、1960年にアメリカ合衆国に渡り、ハワイ大学人類学部で研究を始めた。ハワイ大学の教授として教鞭をとりながら、1985年に、同大学の総長となった。 ハワイ大学での研究生活では、太平洋諸島の考古学を中心に研究を行った。特に、ハワイ諸島の先住民族であるハワイアンの考古学的研究に力を注ぎ、ハワイアンの生活様式や文化を解明した。 ハワイ大学退任後は、神戸大学教授として教鞭をとり、太平洋諸島の考古学の研究を続けた。また、2011年から2015年まで、国立民族学博物館の館長を務めた。 篠遠氏は、太平洋諸島の考古学の研究において、第一人者として知られており、多くの重要な業績を残した。また、太平洋諸島の考古学の研究を世界に広めることに貢献した。 篠遠氏の研究は、太平洋諸島の先住民族の生活様式や文化を明らかにし、太平洋諸島の考古学の発展に大きく貢献した。また、太平洋諸島の先住民族の文化を世界に紹介し、太平洋諸島の理解を深めることに役立った。
学術分野の人

松本信広 – 日本の神話と東南アジアの民族文化

松本信広の生涯と業績 松本信広は、1911年(明治44年)に愛媛県に生まれました。文学部史学科を卒業後、1940年(昭和15年)に南洋群島に渡り、1945年(昭和20年)まで日本軍の広報官として従事しました。戦後は、中央大学で東南アジア史を講義し、1959年(昭和34年)からは千葉大学で教授を務めました。1976年(昭和51年)に定年退職しましたが、その後も盛んに研究活動を続け、1997年(平成9年)に逝去しました。 松本信広は、東南アジアの民族文化の研究で大きな功績を残しました。特に、インドネシアのジャワ島に伝わる影絵芝居"ワヤン"の研究で知られています。松本信広は、ワヤンを単なる芸能ではなく、ジャワ島の歴史や文化を伝える重要な史料であると考え、その収集と研究に力を注ぎました。また、ワヤンに関する著書や論文を数多く執筆し、ワヤンを日本に紹介する役割を果たしました。 松本信広の研究は、東南アジアの民族文化の理解に大きな貢献をしました。また、松本信広は、東南アジアの研究者との交流にも積極的で、多くの研究者に影響を与えました。松本信広は、東南アジア研究のパイオニアとして、その功績は高く評価されています。
学術分野の人

移川子之蔵 – 日本の人類学者であり、台北帝国大学の教授

-移川子之蔵の経歴と功績- 移川子之蔵は、1878年(明治11年)に東京府(現在の東京都)に生まれた。1902年(明治35年)に東京帝国大学文科大学哲学科を卒業し、1904年(明治37年)にフランス政府の招聘によりパリ大学に留学した。留学中は、人類学者のマルセル・モーリスとレヴィ=ブリュールに師事し、社会学の研究に従事した。 1908年(明治41年)に帰国後、東京帝国大学文科大学講師に就任し、1912年(大正元年)に同大学助教授に昇進した。1917年(大正6年)には、台北帝国大学の教授に就任し、1922年(大正11年)まで同大学で教鞭を執った。 移川子之蔵は、日本の人類学者であり、台北帝国大学の教授として台湾の先住民である「高山族」の研究に尽力したことで知られている。1917年(大正6年)に発表した「高山族の社会組織」は、台湾の先住民の社会組織を詳細に分析した画期的な論文であり、台湾の先住民研究の基礎を築いた。 また、移川子之蔵は、日本の社会学の研究にも貢献した。1914年(大正3年)に発表した「社会学の基礎概念」は、社会学の基礎概念を体系的に整理したもので、日本の社会学の発展に大きな影響を与えた。 移川子之蔵は、1923年(大正12年)に亡くなったが、その研究成果は今日でも高く評価されている。移川子之蔵は、台湾の先住民研究のパイオニアであり、日本の社会学の研究にも大きな貢献をした偉大な学者である。
学術分野の人

大林太良 – 日本の著名な民族学者

- 大林太良の生涯と経歴 大林太良は、1930年3月15日に愛知県名古屋市に生まれた日本の民族学者である。彼は、1955年に東京大学文学部を卒業し、1958年に東京大学大学院社会学研究科博士課程を修了した。その後、東京大学助手、東京外国語大学助教授、東京大学教授を歴任し、1993年に定年退官した。 大林太良は、1960年代から1970年代にかけて、アフリカのケニアやエチオピア、南米のペルーやブラジルなどの各地でフィールドワークを行い、多数の民族誌を発表した。彼は、特にケニアの先住民族であるマサイ族の文化や社会構造について研究を行い、その成果を1970年に『マサイ族の社会と文化』として出版した。この著書は、マサイ族の社会と文化を包括的に分析した画期的な研究であり、現在でもアフリカ研究の必読書となっている。 大林太良は、1980年代以降は、日本の民俗学についても研究を行い、多数の論文を発表した。彼は、日本の伝統的な文化や社会構造について研究を行い、その成果を1988年に『日本の伝統文化と社会』として出版した。この著書は、日本の伝統文化や社会構造を包括的に分析した画期的な研究であり、現在でも日本研究の必読書となっている。 大林太良は、1993年に定年退官した後も、精力的に研究を続け、多数の著書や論文を発表した。彼は、2006年に文化功労者に選ばれ、2008年に逝去した。 大林太良は、日本の民族学を代表する学者であり、その業績は国内外で高く評価されている。彼の著書や論文は、現在でも多くの研究者や学生に読まれ、日本の民族学の発展に大きな影響を与えている。
学術分野の人

岡正雄 – 昭和時代の民族学者

柳田国男のもとでの活動 岡正雄は、1927年に柳田国男の弟子として民俗学の調査を開始しました。柳田の国産玩具調査に協力し、全国各地の玩具を集めました。岡は、柳田の指導のもと、民俗学の理論と方法を学び、民俗学の研究者としての道を歩み始めました。 岡は、柳田の指導のもと、民俗学の理論と方法を学び、民俗学の研究者としての道を歩み始めました。岡は、柳田の指導のもと、民俗学の理論と方法を学び、民俗学の研究者としての道を歩み始めました。 1932年、岡は柳田の依頼を受けて、鳥取県の民俗調査を行いました。この調査は、2年間にわたり、岡は県内の各地を調査し、多くの民俗資料を集めました。この調査の成果は、1934年に『鳥取県郷土誌』として出版されました。 岡は、柳田のもとで民俗学の研究を続け、1938年に東京帝国大学を卒業しました。卒業後は、柳田の推薦で、日本民俗学会の助手となりました。岡は、助手として、柳田の研究を助け、民俗学の研究の発展に貢献しました。 岡は、1941年に日本民俗学会の会員となり、1944年には、学会の評議員に選出されました。岡は、学会の運営に参画し、民俗学の研究の発展に貢献しました。
学術分野の人

民族学者・言語学者 久保寺逸彦

- 民族学者・言語学者 久保寺逸彦 -# 久保寺逸彦の生涯と足跡 久保寺逸彦は、1933年4月25日、大阪府に生まれました。1957年に京都大学文学部を卒業後、1960年に同大学院博士課程を満了しました。その後、京都大学、東京大学、国立民族学博物館などで教鞭をとり、1998年に定年退職しました。 久保寺逸彦は、アイヌ文化や沖縄文化、中国少数民族文化などの研究で知られています。アイヌ文化については、1960年代から北海道に長期滞在して調査を行い、アイヌの神話や伝承、アイヌ語の研究成果をまとめました。沖縄文化については、1970年代から沖縄に滞在して調査を行い、沖縄の民俗や芸能、沖縄語の研究成果をまとめました。中国少数民族文化については、1980年代から中国に滞在して調査を行い、中国少数民族の社会や文化、中国少数民族語の研究成果をまとめました。 久保寺逸彦は、アイヌ文化や沖縄文化、中国少数民族文化の研究を通じて、多民族共生の重要性を説き、民族差別を批判しました。また、久保寺逸彦は、アイヌ語や沖縄語、中国少数民族語などの言語の研究を通じて、言語の多様性の重要性を説き、言語の消滅を防ぐために努力しました。 久保寺逸彦は、2010年12月25日に東京都で亡くなりました。久保寺逸彦の死は、アイヌ文化や沖縄文化、中国少数民族文化の研究に大きな損失となりました。
学術分野の人

「梅棹忠夫」

-梅棹忠夫の業績- 梅棹忠夫は、日本の文化人類学者、生態学者、文明史家、思想家です。梅棹は、その多様な分野にわたる研究業績で知られており、彼の仕事は、日本の学術界に大きな影響を与えています。 梅棹忠夫の最も有名な業績の1つは、1960年に発表された『文明の生態史観』です。この書物の中で、梅棹は、文明は環境との相互作用によって進化するという仮説を提唱しました。梅棹の仮説は、当時の学術界の主流の考え方を覆すものであり、大きな議論を巻き起こしました。しかし、梅棹の仮説は、その後の研究によって裏付けられ、現在では、文明と環境との関係を理解するための重要な理論のひとつとなっています。 梅棹忠夫のもう一つの重要な業績は、1970年代に創設された「国際日本文化研究センター」の設立です。このセンターは、日本の文化を世界に紹介することを目的としたもので、梅棹は、その初代所長を務めました。センターは、梅棹の指導の下、日本の文化に関する貴重な研究成果を数多く発表し、日本の文化研究の発展に大きく貢献しました。 梅棹忠夫の業績は、日本の学術界に大きな影響を与え、彼の仕事は、現在でも多くの研究者によって研究されています。梅棹は、その多様な分野にわたる研究業績で知られており、彼の仕事は、日本の学術界に大きな影響を与えています。
学術分野の人

鈴木中正 – 昭和時代の東洋史学者

-# 学歴と職歴 鈴木中正は、1905年(明治38年)に東京府に生まれた。1927年(昭和2年)に東京帝国大学文学部東洋史学科を卒業し、同年、東京帝国大学文学部副手となる。1930年(昭和5年)に東京帝国大学助教授となり、1933年(昭和8年)には東京帝国大学教授に就任した。1943年(昭和18年)には東京帝国大学総長に就任し、1945年(昭和20年)まで務めた。 戦後は、東京大学名誉教授として研究活動を続け、1972年(昭和47年)には文化勲章を受章した。著書に「中国古代史研究」「中国史概説」「東洋史概説」などがある。 鈴木中正は、中国古代史研究の第一人者として知られている。また、東洋史の研究にも大きな功績を残した。鈴木中正の研究は、中国古代史や東洋史の理解に大きな影響を与えた。 鈴木中正は、1991年(平成3年)に85歳で死去した。